月額1,000円台で利用できるポケットWiFiは?1,000円以下だと容量が少ないので実用的ではない

LTEポケットWiFiについて

通信費節約に有効なポケットWiFiですが、月3,000円以上かかるものがほとんど。

1,000円台や1,000円以下で探してもなかなか見つけることができません。

それもそのはず、ポケットWiFiを1,000円で使うには少し特殊な条件が必要です。

そこで今回は月額1,000程度で使用できるポケットWiFiやその方法を紹介していきます。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

ポケットWiFiは1,000円以下では使えない?

ルーター込で1,000円以下のポケットWiFiは残念ながら見つけることができませんでした。

ただし、ルーターをすでに持っている、中古で購入するということを前提に考えれば月1,000円以下で運用ができます。

中古のルーターは安いものなら数百円、そこそこのスペックのものでも3,000円程度から手に入れることが可能です。

赤ロムと白ロムの違いとは?中古スマホやルーター購入時の確認事項や気を付けること
格安SIMを契約した人の中には、中古でスマホの端末を購入する人も多いでしょう。 その際に絶対に注意しなければいけないのが「白ロム」と「赤ロム」です。 中古スマホを取り扱っている店舗の中には「赤ロム保証」と書いてあることもあります...

赤ロムと白ロムの違いとは?中古スマホやルーター購入時の確認事項や気を付けること

格安SIMを契約し、ポケットWiFiに入れることは可能

ポケットWiFiのルーターを所有していれば、そのルーターに格安SIMを挿し1,000円以下で使用することは理論上可能です。

ただしこの方法では、通信できる容量が少なく、とても実用的とは言い難いのが現状。

通信制限対策に月末の間少しだけ使うといった場合などには有効なので、毎月通信量を追加購入している人は検討してもいいかもしれません。

月額1,000円以下の格安SIM MVNO独自サービスを使ってお得に運用しよう

月額1,000円以下の格安SIMプランは以下の通りです。

手持ちのルーターに別途契約したSIMを入れる場合、SIMフリーの端末であっても双方の対応しているバンドがかみ合わないと速度がきちんと出ないこともあるため、SIMがルーターに対応していることをあらかじめ確認しておきましょう。

  格安SIM   通信量月額料金
回線
10GB980円Softbank
500MB/
3GB
620円
980円
3キャリア
2GB700円~3キャリア
1GB/2GB480~780円ドコモ
3GB980円au
900円ドコモ
900円~3キャリア
900円ドコモ/au
900円ドコモ
880円ドコモ
1~3GB600~840円ドコモ
660~880円ドコモ

380~900円ドコモ

1,000円以下で最もおすすめなのはFUJI WiFi。

他が多くても3GB程度のプランなのに対し、FUJIWifiは10GBを980円で使うことができます。

契約と同時にルーターを購入すると割引(12,800円→9,600円)となる点も魅力。

他のSIMはFUJIWifiに比べると魅力が下がってしまうものの、さらに維持費を安くすませたいという場合はありでしょう。

格安SIMでポケットWiFiを運用することのメリットの一つに、格安SIM事業者(MVNO)独自のサービスが受けられる点があります。

以下はすべて無料で受けられるため、特定の通信量が多い場合などにおすすめです。

  • mineoフリータンク:1GBまで他ユーザーから通信量をシェアしてもらえる
  • OCNモバイルONEミュージックフリー:AppleMusicやGooglePlayMusic、Spotifyなど対象音楽アプリの通信量がカウントされない
  • LINEモバイルLINEフリー:LINEの通信量がカウントされない

また、通信量は小さく設定し、カウントフリーの月額オプションをつけるという方法もあります。

たとえばLinksMate(1GB/380円)+カウントフリー(500円)であれば、月880円で対象サービスを10GB以上使用することが可能です。

ただしカウントフリーでは、対象サービス以外の通信は通常通りカウントされてしまうため、運用する際は十分注意しましょう。

カウントフリーとは?仕組みやカウントフリーオプションがあるおすすめ格安SIM、対象アプリやサービスまとめ
カウントフリーは一部のキャリアプランや格安SIMで利用できるサービスです。 うまく利用すれば、どれだけ動画やSNSを見ても通信制限にかからないとあって、通信費を節約したい人たちの間で人気が高まっています。 今回は各事業者ごとにカ...

カウントフリーとは?仕組みやカウントフリーオプションがあるおすすめ格安SIM、対象アプリやサービスまとめ

ポケットWiFiを月額1,000円台で使う方法

1,000円以下では格安SIMを利用するしか方法はありませんでしたが、1,000円台であればキャンペーンなどの条件付きで、端末込みの使用ができるポケットWiFiがあります。

中古端末を持っている場合やスマホに入れるSIMのみの利用をする場合だとさらに選択肢は広がります。

月額1,000円台のポケットWiFi及び格安SIMは以下の通り。

ポケットWiFi 
【通信容量】
月額料金初期費用契約期間
FUJI
Wifi
(SIM)
12GB
20GB
1,280円
1,600円
3,000円なし
KING
WiFi
(ルーター)
100GB3,600円
→1,000円
(※2)
1,000円
(※3)

なし

※2:お友達紹介による割引利用時

※3:当サイト限定クーポン利用時(kiwami-set)

【月1,280円/12GB~】FUJI WiFiのSIMプランが最安

プラン
【通信容量】
月額料金初期費用
SIM
プラン
12GB
20GB
1,280円
1,600円
3,000円

FUJIWifiは契約期間の縛りなし。12GBプランはauとdocomo回線、20GBプランはソフトバンク回線を使うことができます。

1,000円以下のSIMがどれも3GB程度だったのに比べ、FUJIWifiでは20GBも使えると考えるとかなりお得ですよね。

大容量の通信をこれほどまで安くできるデータSIMはなかなかありません。

前述した通り、ルーターの同事故乳ができますが、2,000円台になるとルーターがレンタルできるプランもあるので(30GB~:2,600円~)、ルーターが必要な場合はそちらがおすすめです。

FUJIWiFiの公式サイトはこちら

FUJIWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

【月1,000円~】KING WiFiのお友達紹介を利用

KING WiFiはSoftbank回線を無制限で利用できるポケットWiFiですが、本来は月額3,600円であり、2,000円以下で使うことはできません。

しかしKINGWiFiはポケットWiFiには珍しい「お友達紹介」による割引があります。

1人紹介するごとに月額料金が200円割引となり、最大で13人まで有効

そのため最大人数まで紹介することができれば、2,600円引きの月額1,000円で使い放題という破格のプランとなります。

また当サイトでは限定のクーポンコードを発行しています。これを使うことで、初期費用が3,800円から1,000円に安くなるので、ぜひ活用してください。

  ポケットWiFiルーター SIMのみ
限定
クーポン
コード
kiwami-setkiwami-sim

ただ正直13人も紹介するのは難しいので、1,000円代で使おうと思ったらやはりFUJIWifiという選択になりますね。

 

KING WiFiの公式サイトはこちら

KING WiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

月額1,000円台の格安SIM|UQモバイルとmineoの低速プランがおすすめ

2,000円台からは20~100GBのレンタルSIMの選択肢が増えますが、1,000円台では3~8GBの通信量の少ない格安SIMがほとんどです。

1,000円台の格安SIMプランは以下の通り。

  格安SIM   通信量月額料金
回線
5GB1,220円ドコモ
6GB

1,580円3キャリア
1,380円ドコモ
1,450円ドコモ/ソフバ
1,450円ドコモ/au
1,520円ドコモ/au
1,700円3キャリア
7GB1,600円ドコモ
1,500円ドコモ
6GB
8GB
1,480円
1,980円
ドコモ/au
4~7GB1,150円~
1,900円
ドコモ
4~8GB1,140円~
1,980円
ドコモ

また高画質動画の視聴など回線速度が必要な通信を行わないのであれば、低速で使用できるプランを使うという手もあります。

特におすすめなのがUQ mobilemineo

UQモバイルの「データ無制限プラン」は月1,980円で送受信最大500Kbpsの速度が使い放題(直近3日間6GB制限有)となります。

またmineoでは2020年3月から新しく「パケット放題オプション」を開始。月の基本料金に+350円でUQモバイル同様500Kbpsが無制限に使用可能

mineoの最安プランは月700円(500MB)のため、総額1,050円で運用できます。

ただ500Kbpsは低画質の動画ならぎりぎり見られる速度。快適に使うならあまりおすすめできるものではありません。

500Kbpsは回線速度として遅い?できることの目安と低速無制限プランSIMの使い道を紹介
一般的にスマホなどで通信する際の速度の目安は10Mbps以上となっています。 では10Mbpsより遅い速度だと通信ができないかと言われると、そういうわけでもありません。 使えないシーンさえ把握していれば、500Kbpsしか速度が...

500Kbpsは回線速度として遅い?できることの目安と低速無制限プランSIMの使い道を紹介

月1,000円台には落とし穴も。無制限WiFiの「初月料金」表記に要注意

ポケットWiFiの中には、初月や契約から3カ月間など割引を行っているものがあります。

それ自体は大変ありがたいことですが、問題は広告でその数カ月だけの料金を押し出し、宣伝している場合があるということです。

たとえば上記はカシモWiMAXのトップ画像ですが、この画像を見る限り月額1,380円で利用できると思ってしまう人も多いでしょう。

しかし実際は1,380円なのは初月のみで、2カ月目以降は3,580円と2,000円以上も高くなります。

長期契約を結ぶ場合は、契約期間内の総額料金を計算して比較するようにしましょう。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

結論:ポケットWiFiは1,000円以下だと使い道が限られる。予算は月1,000円台~で検討しよう

現状1,000円以下でポケットWiFiを使う場合は、ルーターを別に用意し、予算内の格安SIMを利用するしか方法がありません。

10GBを980円で使えるFUJIWifiのSIMが最も安くておすすめです。

他の1,000円以下のSIMはほとんどが3GBまでしか使えませんが、各MVNOごとに無料で受けられるサービスを有効活用すると、契約した容量以上に使用することも可能。

  • mineoフリータンク:1GBまで他ユーザーから通信量をシェアしてもらえる
  • OCNモバイルONEミュージックフリー:AppleMusicやGooglePlayMusic、Spotifyなど対象音楽アプリの通信量がカウントされない
  • LINEモバイルLINEフリー:LINEの通信量がカウントされない
  • LinksMate:カウントフリー加入(+500円)で対象サービスの通信量90%以上カット

また1,000円台にまで幅を広げると、ルーターも併せてレンタルできるポケットWiFiや、低速使い放題のSIMなどが出てきます。

  • KINGWiFi:友達紹介で無制限ポケットWiFiが月額1,000円
  • FUJIWiFi:12GBの格安SIMが月額1,280円

ちなみに2,000円台になると、50GBなどかなり幅が広がります。

自分がどれくらいの容量を使うのか考えて契約先を選ぶようにしましょう。

月2,000円台で使えるおすすめポケットWiFi。20GBから30GBなら意外と多い!
通信費節約のために予算2,000円くらいのポケットWiFiを探しても、初月のみの料金であったり通信量が少ないものばかりであまりお得なプランがないと困っていませんか? 実は2,000円台で使えるポケットWiFiは意外にたくさんあるんです...

月2,000円台で使えるおすすめポケットWiFi。20GBから30GBなら意外と多い!