10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説

基礎知識

スマホで通信をしているときに、画像の表示や動画の読み込みに時間がかかることはありませんか?

それらの症状は回線の速度が遅くなってしまっていることが原因です。

スマホでネットを行う際には、10Mbpsあれば一般的な利用に支障がないとされています。

今回は基準となる10Mbpsとはどれくらいの速さなのか、10Mbps出ないときはどうすればいいのかについて解説していきます。

10Mbpsとは

まずは10Mbpsの速度とはいったいどういった意味なのかから紐解いていきましょう。

Mbpsってそもそも何? MBと何が違うの?

結論から言うとbps(ビーピーエス/ビットパーセカンド)は回線の速度の単位です。

1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できます

1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど「回線速度」が速く、少ないほど遅いということですね。

ちなみに1,000bps=1Kbps、1,000Kbps=1Mbps、1,000Mbps=1GbpsとK(キロ)→M(メガ)→G(ギガ)で1000倍ずつ増えていきます。

ビット(bit)
データの量を表す最小の単位。1ビットでは2進数の1桁が1か0か、つまりオンなのかオフなのかを示すことができる。通常データ量を数えるときは8桁(8ビット)を1セットにした1バイト(Byte)という単位を用いる。

つまり1Mbpsは1秒間に1メガビット(125キロバイト)のデータを送受信できる速さです。

また、回線の速度には上りと下りの2種類があり、それぞれ分けて計測されます。

  • 上り速度:アップロード、送信の際の速度
  • 下り速度:ダウンロード、受信の際の速度

スマホなどで使用するのはたいてい下りの速度です。動画を投稿したり、データを送信することが多い人は上りの速度も気にするといいでしょう。

対してMB(メガバイト)はデータの量を指しています。1MB=1024KB(キロバイト)=1,048,576バイトです。

全角文字1文字が2バイトなので1MBでは50万字以上保存できますが、iPhoneで撮影した画像は1枚で約2MB(画質にもよります)にもなります。

回線速度、通信にかかる時間を測定、計算する方法

回線速度測定方法

スマホやパソコンの回線速度はブラウザやアプリの測定ツールを使って簡単に調べることができます。

今回はSpeedCheckを使って測定してみました。

【SpeedCheck測定方法】

サイトを表示したら「テスト開始」を押しましょう。

それだけで、画像のように下りと上りの速度を測定してくれます。

便利なアプリ版もあるので日常的に使用する場合はインストールするのがおすすめです。

測定ではより正確な速度を算出するため、多少通信量がかかってしまいます。通信制限にかかりそうな人は気を付けましょう。

SPEEDCHECK
iOS用アプリダウンロード

android用アプリダウンロード

測定ツールにはいろいろ種類がありますが、それぞれで使用するサーバや得られる情報が異なっているため、自分に合ったものを探してみてください。

測定ツールについては以下の記事にまとめています。

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。
最近ではインターネット通信の最大速度1Gbps超え!なんてプロバイダも増えてきましたね。 しかし本当にそれだけの速度が出せているのか、実感できる機会は少ないのではないでしょうか。 現在使っている通信機器がどれくらいの速度なのか知...

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。

所要時間計算方法

通信にかかる時間はデータの容量によって異なります。

データが大きくなればダウンロードやアップロードにかかる時間も長くなるのは当然ですよね。

回線の速度がわかれば、データをダウンロードするときにどれくらいの時間がかかるのか大まかに計算することができます。

【データ量(〇〇MB)×8】÷【回線速度(◇◇Mbps)】=【所要時間(秒)】

本来であれば1MB=1024KBで計算すべきところですが、ややこしくなるので1MB=約1000KBで考えています。

10Mbpsの速度で1MBのデータを送信する場合は【1MB×8】÷【10Mbps】=0.8秒となるため約1秒程度かかることがわかりますね。

1GBだと【1000MB×8】÷【10Mbps】=800秒=13.333…分と約15分程度です。

10Mbpsはどれくらい速いのか。できないことはある?

では具体的に10Mbpsとはどれくらいの速さか、できることとできないことに分けて紹介していきましょう。

10Mbpsはちょうど回線の基準になる速さ

4GLTEやWiMAXなどのモバイル回線を使用している場合、10Mbpsの速度を保てていれば通信環境は問題ないと言えるでしょう。

回線速度は用途によって「これくらいあれば大丈夫」という適正値が異なります。

WEBサイトを見るだけの人と、映画などの長い動画を見る人。「通信を行う」といった点では同じでも当然必要とする速度は同じではありません。

しかし10Mbpsの速度があれば特殊な場合を除き一般的に無理のない通信が可能です。

もちろん回線速度は速いに越したことはありませんし、逆に7~8Mbpsだからといって途端にものすごく遅く感じわけでもありません。

10Mbpsはあくまで目安ですが、プロバイダなど契約する回線を考える上での指標にもなるため知っておいて損はないでしょう。

10Mbpsはネットが十分楽しめる速度

一般的に10Mbpsの速度があれば、たいていのネット通信が楽しめます。

たとえば以下のことは10Mbpsどころか1Mbpsの速度でもできることです。

  • LINEでメッセージを送るなどテキストデータの送受信
  • Skypeなどアプリでの通話
  • WEBページやSNSを見る
  • Youtubeを標準画質で視聴する

これだけでも十分だという人も多いのではないでしょうか。

1MbpsはdocomoのスマホやWiMAX、Y!mobileのポケットWiFiが速度制限になったときの最大速度。

この10倍の速度である10Mbpsではさらに大きなデータ量の通信が可能です。

1Mbpsではできなくて10Mbpsあればできること

1Mbpsでネットができるなら10Mbpsも必要ないかと言われればそういうわけでもありません。

1Mbpsにも限界はあります。10Mbpsあればできることを確認していきましょう。

Youtube、Hulu、Netflixなどの高画質動画の視聴

1Mbpsでは標準画質の動画見られても、高画質の視聴となると速度が足りず再生しても途切れてしまうことがあります。

スマホではそれでも十分だったとしても、タブレットやPCで見るときは画面のサイズが大きくなる分、標準画質では粗さを感じてしまうこともあるでしょう。

一方で10Mbpsの速度があればYoutubeやHuluなど動画サイトの高画質動画は問題なく視聴できます

各動画サイトの画質ごとのダウンロード通信所要時間を比較してみましょう。

  データ量 10Mbps時の
所要時間
1Mbps時の
所要時間
You
tube
低画質
(144p)
120MB/
1時間
2分 20分
標準画質
(360p)
324MB/
1時間
5分 45分
高画質
(720p)
1GB/
1時間
15分 2時間30分
Hulu 低画質
(360p)
210MB/
1時間
4分 35分
中画質
(540p)
630MB/
1時間
10分 1時間40分
高画質
(720p)
1GB/
1時間
15分 2時間30分
最高画質
(1080p)
1.8GB/
1時間
30分 5時間
Netflix 低画質 250MB/
1時間
4分 40分
中画質 500MB/
1時間
8分 1時間20分
高画質 1GB/
1時間
16分 2時間40分

1Mbpsでは低~標準画質までだったのが、10MbpsではYoutubeとNetflixでは高画質、Huluは最高画質まで視聴が可能になることがわかります。

PS4、ニンテンドースイッチ、アプリなどでのオンラインゲーム

ゲームは種類にもよりますが、TCGやRPGであれば1Mbps、FPS、RTSなども10Mbpsで十分プレイが可能です。

アプリゲームでは特にデータの更新が頻繁にあるため、アップデートにかかる通信量をあらかじめ確認し、必要な速度が確保されているかチェックしましょう。

ただしFPSなどのゲームの場合、回線速度とは別にPing値という回線の反応速度も重要になります。

詳しくは10Mbpsでできないことの項目を参照してください。

10Mbpsあってもできないことはある?

10Mbpsの速度があればネットを楽しむ幅が広がることがわかりましたが、一方で速度が足りないと感じてしまうケースもあります。

4K動画を見るには心もとない

YoutubeやNetflixでは超高画質の4K動画を見ることができます。

しかし4K動画の通信量は1時間で7GB。

10Mbpsでは読み込みに時間がかかり、途中で動画が途切れてしまいます。

  データ量 10Mbps時の
所要時間
30Mbps時の
所要時間
You
tube
4K
(2160p)
7GB/
1時間
1時間45分 35分
Netflix 最高画質
(2160p)
7GB/
1時間

最高画質以上の動画を見る際は25~30Mbps以上を目安に考えるといいでしょう。

FPSなどのゲームはラグがあることも

オンラインゲームはアプリ自体のダウンロードさえできてしまえば通信量自体はそれほど大きくないものが多いです。

たいていのゲームは10Mbpsで問題なく行うことができます

ただし、FPSなど「反応の速さ」が必要なゲームは注意が必要です。

通信における「反応の速さ」は回線速度よりもPing値(レイテンシ)と呼ばれる回線のタイムラグの値が大きく関係します。

単位 意味 基準
回線速度 bps 1秒間に伝送できる
データ量
数値が大きいほど
通信環境がいい
Ping値
(レイテンシ)
ms データの要求から
応答までのタイムラグ
数値が小さいほど
通信環境がいい

相手が瞬間移動する、避けたはずの弾が当たるなどの症状はPing値の問題によるところが大きいです。

難しいのは回線速度が速いからといってPing値も良いとは限らないところ。

現に光回線であっても回線の混雑状況により100を超えるPing値になることがあります。

ゲームを行う際は測定ツールを使って、速度とともにPing値を確認し十分な環境となっているか確認するのがいいでしょう。

Ping値についてはこちらの記事も参考にしてください。

Ping値とは?回線速度との違いや測定方法、改善方法、WiMAXの実測データ
ネットの速度が遅い気がする…と思ったとき、多くの人が想像するのは1Gbps超え!と宣伝されている「回線速度」でしょう。 しかし、通信の速度を示すのに重要な要素は回線速度以外にもあります。 それが「Ping(ピン)値」。 実...

Ping値とは?回線速度との違いや測定方法、改善方法、WiMAXの実測データ

1GBを超えるデータのアップロード、ダウンロード

データを送受信する際の回線速度は速ければ速いほど恩恵を受けられます。

裏を返せば重たいデータの送受信にはかなりの速度が必要、ということです。

30MB程度のアプリをダウンロードする場合、10Mbpsもあればサクッと終わりますが、それが1GBのデータになると15分もかかってしまいます。

もちろん時間をかければ伝送することは可能ですが、送受信に時間がかかりすぎると途中でデータが喪失する「パケットロス」になる可能性も高まります

10Mbpsであれば500MB程度を目安にするといいでしょう。

もしそれ以上のデータを送受信したいときには、データを小分けにするか、できるだけ通信環境を整えておくことをおすすめします。

10Mbps以下のときはどうしたらいい?

計測した結果、どうしても10Mbpsを下回ってしまう場合、通信環境の改善で速度が速くなることがあります。

速度が遅くなってしまう原因や、その対処法についてみていきましょう。

速度が10Mbps以下になる原因

光回線などでよく見かける「1Gbps」のうたい文句ですが、これは回線の最大速度を表しています。

しかし1Gbpsの速度は「ベストエフォート」という理論上の話で、ほとんどの場合実現不可能です。

実際の速度は通信環境によって大きく左右されます。

速度が遅くなってしまう主な原因は以下の通りです。

  • 端末やルーター、ケーブルなどのスペックが低い
  • 電波が届きにくい場所にいる
  • 電波干渉を受けている
  • 回線が混雑している
  • 多接続している

速度が遅いなと思ったときは場所を変えたり、接続台数や開いているアプリやサイトの数を減らしたりしてまず様子を見てみましょう。

具体的な対処法については次の項目で解説します。

速度を10Mbps以上にする方法

では具体的にどうすれば10Mbps以上の速度が出るようになるのか、実践しやすいものから順に紹介します。

通信環境に問題がある場合
  • ルーターやスマホを置く位置を変える
  • 周波数を切り替える
  • 有線接続にする
  • 使用していないアプリやサイトを閉じる

モバイル通信や、ルーターが発信するWiFiの電波は、障害物や水に弱い傾向があります。

そのためほんの少し向きや位置を変えるだけで、速度が改善されることもあるため、都度計測しながら最適な位置を探してみましょう。

さらに固定回線やポケットWiFiのルーターであれば、電波が近くにいる人や家電などと電波干渉を起こしていることが考えられます。

その場合、周波数を2.4GHzから5GHzに切り替えるとスムーズに通信することが可能。

どうしても電波が干渉を受けてしまう場合は有線接続にするのがおすすめです。

また複数人で回線を共有する、バックで重たいデータをダウンロードするといった多接続も回線の速度を落とす原因となります。

不要な端末やアプリは通信を切っておくようにしましょう。

スマホなど通信機器やルーターに問題がある場合
  • セキュリティソフトやOS、ファームウェアを更新する
  • 通信機器を最新のものに買い替える
  • ケーブルをCAT6以上のものにする

当たり前のことですが、通信機器やルーター、OSのバージョンは新しいものほど速い通信が可能になります。

スマホは機種変更などである程度新しいものを使用している人が多いですが、ルーターの有線接続の際に使用するLANケーブルは見落としがちです。

ケーブルのコード部分に書かれている文字がCAT5以下の場合は買い替えを検討した方がいいでしょう。

回線に問題がある場合
  • 回線のプロバイダやSIMの契約先を変える
  • 回線の契約を見直す

回線を契約する場合、プロバイダが所有する回線の混雑具合によって速度が変わります。

特に顕著なのが格安SIMで、きちんと回線を確保しているMVNO(格安SIMを提供する事業者)でないと、通勤時や昼間、夕方から夜にかけての時間帯に使い物にならないほど遅くなってしまうことがあります。

回線が混雑している場合は、いくら通信環境を整えても速度は上がらないため、手っ取り早く契約先を変更するのがいいでしょう。

通信速度を改善する方法について詳しくはこちらの記事も参照してください。

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう
速度制限が気になってWi-Fiに接続しても、読み込みが遅いとイライラしてしまいますよね。 本記事では、Wi-Fiの通信速度を上げる方法をとことん紹介します。 Wi-Fiの遅さが気になっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。 ...

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう

結論:10Mbpsあれば快適な通信ができる!ただし大容量のデータやラグの気になるオンラインゲームは注意

10Mbpsは一般的な通信を快適に行うことができる速度です。

LINE/
Skype
メッセージ Youtube 低画質
通話 標準画質
ビデオ通話 高画質
Twitter 4K ×
Instagram オンラインゲーム
Facebook テザリング
WEB
ページ
地図/ニュース データ ダウンロード 500MB程度
なら可能
通販サイト アップロード

〇→問題なく使える、△→条件によっては使える、×→ほぼ使えない

ただし1GBを超える大容量のデータを扱う場合には10Mbpsでは足りないことがあります。

特に4Kなどの最高画質の動画では1時間で7GBも通信量がかかるため、25Mbps~30Mbps程度確保しておくのが望ましいでしょう。

またオンラインゲームでは、回線速度の他に、Ping値という回線の反応速度も重要になるため一概に10Mbpsあれば十分というわけではないことに注意が必要です。

回線速度は用途によって「これくらいあれば大丈夫」という適正値が異なります。

使っていて遅いな、と感じることがあれば以下の対処法を試してみましょう。

  • 電波が届きにくい場所にいる→ルータースマホの位置を移動させる
  • 電波干渉を受けている→周波数帯を変更、有線接続にする
  • 多接続している→不要なアプリやサイトを閉じる、接続している端末数を減らす
  • 端末やルーター、ケーブルなどのスペックが低い→買い替える
  • 回線が混雑している→回線の契約先を見直す