200Kbpsの通信速度はどのくらい遅い?動画や音楽鑑賞はいける?128Kbpsと違いや低速格安SIMプランを紹介

「200Kbps」は一般的な格安SIMの通信制限時の速度です。

常に快適にネットの通信を行うには、だいたい10Mbps必要と言われているので、200Kbpsではその約50分の1しか速度が出ていないということになります。

かといって何もできないのかというと、実はそんなこともありません。

今回は200Kbpsという速度でどんなことができるのか、また格安SIMの低速プランについて解説していきます。

スポンサーリンク

200Kbpsとは

まずはそもそも「200Kbps」が何を表しているのかから説明していきましょう。

200Kbpsは何を表しているの?

200KbpsのKbps(キロビーピーエス/ビットパーセカンド)は回線速度の単位。

1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できます

1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど「回線速度」が速く、少ないほど遅いということですね。

ちなみに1,000bps=1Kbps、1,000Kbps=1Mbps、1,000Mbps=1GbpsとK(キロ)→M(メガ)→G(ギガ)で1000倍ずつ増えていきます。

ビット(bit)
データの量を表す最小の単位。1ビットでは2進数の1桁が1か0か、つまりオンなのかオフなのかを示すことができる。通常データ量を数えるときは8桁(8ビット)を1セットにした1バイト(Byte)という単位を用いる。

つまり200Kbpsは1秒間に200キロビット(25キロバイト)のデータを送受信できる速さです。

また、回線の速度には上りと下りの2種類があり、それぞれ分けて計測されます。

  • 上り速度:アップロード、送信の際の速度
  • 下り速度:ダウンロード、受信の際の速度

スマホなどで使用するのはたいてい下りの速度です。動画を投稿したり、データを送信することが多い人は上りの速度も気にするといいでしょう。

全角文字1文字が2バイトなので1KB(キロバイト)では500字以上保存できますが、iPhoneで撮影した画像は1枚で約2000KB(画質にもよります)にもなります。

速度が200Kbpsになるのはどんな時?

速度が200Kbpsになるケースは以下の通りです。

  • 格安SIMで速度制限になったとき
  • 低速プランを申し込んでいるとき
  • 単に速度が出ていないとき

格安SIMを利用している場合、契約した容量以上の通信を行うと、キャリアと同じように速度に制限がかかります。

事業者(MVNO)にもよりますが、多くの場合制限時の最大速度は200Kbpsです。

auやSoftbankの制限時速度は128Kbpsなので、それよりは少し速いと言えるでしょう。

通信制限の他にも格安SIMの中には、最初から200Kbpsの低速状態のプランを提供しているところもあります。低速プランについては後程詳しく紹介しましょう。

また単に回線の調子が悪く、速度が遅くなっていることも可能性として考えられます。

その場合は通信環境を整えると、速度が改善できるでしょう。

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう
速度制限が気になってWi-Fiに接続しても、読み込みが遅いとイライラしてしまいますよね。 本記事では、Wi-Fiの通信速度を上げる方法をとことん紹介します。 Wi-Fiの遅さが気になっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。 ...

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう

回線速度を調べる方法

スマホやパソコンの回線速度はブラウザやアプリの測定ツールを使って簡単に調べることができます。

今回はSpeedCheckを使って測定してみました。

【SpeedCheck測定方法】

サイトを表示したら「テスト開始」を押しましょう。

それだけで、画像のように下りと上りの速度を測定してくれます。

便利なアプリ版もあるので日常的に使用する場合はインストールするのがおすすめです。

測定ではより正確な速度を算出するため、多少通信量がかかってしまいます。通信制限にかかりそうな人は気を付けましょう。

SPEEDCHECK
iOS用アプリダウンロード
android用アプリダウンロード

また測定ツールにはいろいろ種類がありますが、それぞれで使用するサーバや得られる情報が異なっているため、自分に合ったものを探してみてください。

測定ツールについては以下の記事にまとめています。

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。
最近ではインターネット通信の最大速度1Gbps超え!なんてプロバイダも増えてきましたね。 しかし本当にそれだけの速度が出せているのか、実感できる機会は少ないのではないでしょうか。 現在使っている通信機器がどれくらいの速度なのか知...

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。

スポンサーリンク

200Kbpsの回線速度目安 128Kbpsや1Mbpsとの違い

200Kbpsは格安SIMの通信制限時の速度のため、お世辞にも速いとは言えません。

ただし場合によっては時間をかければできることや、案外使えるものもあります。

200Kbpsでできること、できないこと

200Kbpsでできることとできないことを、動作の所要時間から割り出してまとめました。

LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質
通話標準画質×
ビデオ通話高画質×
Twitterテザリング
Instagram×オンラインゲーム
Facebook×データダウンロード×
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト

〇問題なくできる、△不安定だったり時間がかかったりするができる、×できない

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

LINEやメールなどのテキストメッセージは送れる

メールやトークアプリのメッセージ機能など、テキストデータのやり取りは、ネットの通信の中でも容量が軽く200Kbpsでも問題なくやり取りができます

速度200Kbpsのときの所要時間は以下の通り。

 データ量所要時間適正
メール5KB/1通0.2秒
LINE/
Skype
メッセージ2KB/1通0.1秒
スタンプ10KB/1通0.4秒

もともと128Kbpsが「テキストデータのやりとりができる速度」とされているので、それより速い200Kbpsでは何も支障ありません。

ただし画像や動画の送受信は通信量が大きいので、データの大きさ次第では時間がかかるか、もしくは送れないこともあるため注意しましょう。

200KbpsだとSkypeなどの音声通話やビデオ通話もできる

音声データのやり取りも、データ量としては軽い部類に入ります。

 データ量所要時間適正
LINE通話300KB/分15秒
ビデオ通話5MB/分3分30秒
Skype通話600KB/分30秒
ビデオ通話4MB/分2分40秒
IP電話アプリ250KB/分10秒

そのためLINEやSkypeといった無料通話アプリや、050の電話番号で通話するIP電話アプリは問題なく使用することができます。

なおビデオ通話は通常の通話より通信量が増えるため、200Kbpsでは動画がカクつき画質が悪くなってしまうこともあるため注意が必要です

少しでも電波が悪くなったりすると、通信が止まってしまったり、通話が切れてしまったりすることもあるため、常に快適に使えるという状態ではありません。

音楽ストリーミングやradikoなども利用可能

音声データではほかに、ラジオを聴くことのできるアプリ「radiko」や音楽ストリーミングサービスなども使用可能。

 データ量所要時間適正
LINE
music
低音質4MB/曲2分40秒
中音質10MB/曲6分40秒
高音質15MB/曲10分×
Spotify低音質1MB/曲40秒
標準音質4MB/曲2分40秒
高音質6MB/曲3分20秒
radiko500KB/分20秒

ただし音楽ストリーミングサービスは音質によってデータ量が変わります。

LINEmusicの高音質はSpotifyの最高音質に相当し、200Kbpsでは通信途中で切れたり、読み込みまでに時間がかかるといった問題点があるので気を付けましょう。

使い方としては、新しい曲を何曲も聴くよりも、同じ曲を繰り返し聞く方が、キャッシュがありスムーズに再生ができるのでおすすめです。

Googleマップなどカーナビとしては意外と使える

 データ量所要時間適正
MAPGoogle
マップ
2MB1分20秒
Yahoo!
カーナビ
3MB2分

マップは目的地などの検索機能に通信量がそこそこ発生します。

ただしマップの中のナビの機能は200Kbpsでも利用が可能です。

ナビで利用する位置情報の機能では、GPSの精度を上げるための微量のデータ通信しか行っていないため、ナビをオンにできさえすればそれ以降は通信制限下でも利用が可能です。

ただし最初のマップの表示には1分ほど時間がかかってしまうので、ストレスなく使うにはあらかじめWiFi環境下で読み込みをしておくのがいいでしょう。

SNSやネット検索はストレスがかかる

200Kbpsでは画像の多寡によって、ページを表示するまでの待ち時間が異なります

 データ量所要時間適正
SNSTwitter1MB/
1投稿
40秒
Instagram
Facebook
5MB/
1ページ
3分20秒×
WEBニュース
1MB/
1ページ
40秒
通販ページ
など
2MB/
1ページ
1分20秒

テキストがメインのニュースサイトやTwitterなどは表示できた部分を読んでいるうちに、残りのページも読み込みが終わっていることが多く、さほどストレスは感じません。

ただしアイコンなどの画像部分や広告などの動画は読み込みに時間がかかったり、エラーで表示できなくなったりするので要注意。

また通販ページやインスタグラムなど、高画質画像の多いサイトやSNSは1ページを表示するのに数分かかるため、普段高速な通信に慣れている人ほどストレスを感じてしまうでしょう

SNSの使いすぎで通信制限になってしまう場合は、普段から低画質モードでSNSを使うなど通信量節約を心掛けるといいかもしれません。

Youtubeなどの動画は低画質なら見られる

動画は通信量が大きく、その分速度も必要になります。

データ量所要時間適正
You
tube
低画質
(144p)
120MB/
1時間
1時間30分
標準画質
(360p)
324MB/
1時間
3時間45分×
Hulu低画質
(360p)
210MB/
1時間
2時間30分×
中画質
(540p)
630MB/
1時間
7時間20分×
Netflix低画質250MB/
1時間
3時間×
中画質500MB/
1時間
6時間×

※Netflixはアプリ版の場合

低画質であれば読み込みには時間がかかるものの、なんとか再生は可能でした。

しかしYoutubeno低画質(144p)は、動きの多い映像だと何をやっているのかわからないくらいには粗いので、あまりおすすめはできません。

【Youtube低画質】

【Youtube標準画質】

長時間見ていると目が疲れてしまいそうですね。

200Kbpsの制限がかかった上で動画を見るときは、WiFi環境下でダウンロードしておくか、フリーWiFiを使うなど、どちらにしろWiFiが必要となるでしょう。

オンラインゲームはできる?

スマホのアプリゲームは最初の読み込みさえできてしまえば、さほど通信量の多くないものもあります。

ツムツムやパズドラ、モンストなどは通信制限中でもプレイできたという人も。

ただしPUBGなど通信のタイムラグが重要視されるゲームや、グラブルなど通信量の多いゲームのプレイは難しいです。

ゲームによくあるアプリの更新も、大量のデータを一度にダウンロードする必要があるため、通信制限中はできません。

ゲームがないと手持無沙汰という場合はあらかじめオフラインゲームをいくつかインスト―ルしておくといいでしょう。

128Kbps、1Mbpsとできることを比較

通信制限時の速度には200Kbpsの他にも種類があります。

128Kbpsau、ソフトバンク、Y!mobile
200KbpsUQモバイル、その他格安SIM
1Mbpsドコモ、楽天モバイル

格安SIMの多くは200Kbpsですが、中には楽天モバイルのように制限になっても1Mbpsの速度で使用できる場合もあります。

実際にこれらの速度に違いがあるのかまとめました。

  1
Mbps
200
Kbps
128
Kbps
  1
Mbps
200
Kbps
128
Kbps
LINE/
Skype
メッセージYou
tube
低画質×
通話標準画質××
ビデオ通話×高画質×××
Twitterテザリング
Instagram××オンラインゲーム種類による×
Facebook××データダウンロード50MB10MB×
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト×

1Mbpsあれば動画もある程度楽しめることがわかりますね。

また200Kbpsと128Kbpsも差はわずかなように見えて、使用してみると画像の読み込み時間などに大きく違いが現れます。

スポンサーリンク

200Kbpsの低速格安SIMって使えるの?

200Kbpsの速度は格安SIMの通信制限時の速度であると紹介しましたが、中には200Kbps以上の速度が出ない低速SIMを提供しているMVNOもあります。

200Kbps低速プランのある格安SIM

低速プランの速度には500Kbps、1Mbpsなど種類がありますが、今回は200Kbpsの格安SIMをまとめました。

楽天モバイル

  月額
料金
速度最低利用
期間
楽天
モバイル

ベーシック
プラン

通話1,250円送受信最大
200Kbps
なし
SMSあり645円なし
SMSなし525円なし

楽天モバイルは契約容量を使い切った後でも1Mbpsの速度で無制限に利用ができる「スーパーホーダイ」プランが人気ですが、それとは別に組み合わせプランという通話オプションや容量を自由に選べるプランが存在します。

組み合わせプランでもっとも安いのは、容量の記載のない「ベーシックプラン」です。

このベーシックプランが楽天モバイルの低速プラン。

電話番号のないデータSIMであれば525円で利用できるので、200Kbpsで可能な範囲でしか通信を行わない人は通信費を格段に抑えることが可能です。

DMMモバイル

  月額
料金
速度最低利用
期間
DMM
モバイル

ライト
プラン

通話1,140円送受信最大
200Kbps
12カ月
SMSあり590円なし
SMSなし440円なし

DMMモバイルのライトプランも楽天モバイルのベーシックプランとほぼ同じです。

価格は楽天モバイルより少し安い代わりに、通話SIMでは1年間の最低利用期間が設けられています。

また楽天モバイルがdocomo回線とau回線に対応していたのに対し、DMMモバイルはdocomo回線のみのため、auのSIMが欲しい人は注意しましょう。

ロケットモバイル

  月額
料金
速度最低利用
期間
ロケット
モバイル
神プラン 通話948円~送受信最大
200Kbps
1年
SMSあり 398円~なし
 SMSなし298円~なし

低速プランのSIMの中でも特にお得なのはロケットモバイルの「神プラン」

データSIMなら298円で利用できる、最安プランです。

ロケットモバイルは3キャリアすべてに対応していますが、回線ごとに価格が異なるのでその点は注意しておきましょう。

ポケットWiFiとの併用で使うと通信費節約に

現実的に考えて、200KbpsというのはLINEのやりとりくらいで動画を見るなどをストレスなく行うことはほぼできません。サイトの閲覧すら難しいです。

ですので、格安SIMを使う場合はポケットWiFiとの併用がおすすめです。

100GBプランなら3,150円(Mugen WiFi)から、30GBなら2,600円(FUJIWifi)という低料金で利用可能となっています。

回線はキャリアのLTE回線を使うので、エリアや通信速度にも心配はありません。

ここではいくつかおすすめのポケットWiFiを紹介します。

詳しいおすすめポケットWiFiを知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...

1位|MugenWiFi|100GB最安ポケットWiFi

MugenWiFi
月額料金
100GB:3,150円(クラウドSIM)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金5,000~9,000円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、最も料金が安いのがMugenWiFi。大容量を使いたいというのであれば一番おすすめです。

2年契約が基本となっていますがが、13か月以降の違約金が5,000円、2年以降であれば違約金なしでいつでも解約可能であるというのがありがたいメリットの一つ。

MugenWiFiの公式サイトはこちら

MugenWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

2位|どこよりもWiFi|100GBポケットWiFi

どこよりもWiFi
月額料金
20GB:2,480円(ソフトバンク)
100GB:3,180円(クラウドSIM)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金9,500円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、2番目に料金が安いのがどこよりもWiFi。

また、上記の料金よりも500円高くなってしまう代わりに2年という契約期間がなくなるプランもあります。

そんなに長くは使わない、すぐに使わなくなるかもしれないという心配がある人はそちらのプランを選ぶと良いでしょう。

どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

3位|FUJI WiFi

FUJI-wifiカテゴリ用

FUJIWiFi
月額料金
30GB:2,600円(ドコモ、ソフトバンク、au)
50GB::2,900円(ソフトバンク)
100GB:3,600円(ソフトバンク)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
なし

ソフトバンク以外にもドコモやau回線を選べるFUJIWiFi。

また契約期間がないというのも大きなメリット。違約金なしでいつでも解約できるので、使い勝手はいいでしょう。

またFUJIWifiにはSIMプランもあるのでデュアルSIM対応端末であれば、データ通信はFUJIWiFi、音声をIIJmio詳細)など別の格安SIMとして1台のスマホで格安に大容量の通信が可能となります。

FUJIWiFiのSIMプランは10GBが980円、20GBが1,600円、50GBが2,400円、100GBが3,400円とルータープランより約500円安いので、端末がある、もしくはスマホにいれて利用するならSIMプランがおすすめです。

FUJIWiFiの公式サイトはこちら

FUJIWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

 

4位|GMOとくとくBBWiMAX

GMOとくとくBB WiMAX
月額料金
初月~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
初期費用3,000円
キャッシュバック31,500円
端末代0円
契約期間
・3年契約
・違約金19,000円(12か月目まで)
・違約金14,000円(13~24か月目まで)
・違約金9,500円(25か月目以降)

キャッシュバックがたくさん貰えるというのが大きな魅力であるGMOとくとくBB WiMAX。

月額料金を見ると一見高いように見えますが、キャッシュバックを含めて考えるとWiMAXの中では最も安くなっています。

WiMAXは最大速度が優れている、3日で10GBを超えて制限された場合でも1Mbpsとそれなりに使える速度である、といったメリットがあります。

その点からWiMAXを選ぶというのであれば、第一選択肢としてGMOを選びましょう。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

GMOとくとくBBの詳細、評判・口コミをチェック!

 

結論:200Mbpsは画像や動画のやりとりには足りない速度。低速プランならポケットWiFiと併用がおすすめ

200Kbpsは格安SIMで制限にかかってしまったときか、あるいは低速のプランで申し込んだときの速度となります。

メッセージと、音声データや簡単な検索は行えるので、これで十分という人も中にはいるでしょう。

LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質
通話標準画質×
ビデオ通話高画質×
Twitterテザリング
Instagram×オンラインゲーム
Facebook×データダウンロード10MB程度
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト

ただし画像の多いサイトやSNSをひらいたり、動画を見るには速度が足りないので、その場合はWiFiを利用しましょう。

また低速の格安SIMをポケットWiFiと組み合わせれば、通信費をかなり抑えることができるため、節約したい人におすすめです。