ネットの速度が2Mbpsって遅いの?速度を上げる方法や、低速使い放題プランも紹介

役立つ情報

回線速度の速い、遅いという言葉はよく耳にしますが、実際どのくらいの速度だと速いのか実感している人は少ないのではないでしょうか。

速度を測ってみた結果「2Mbps」と表示されても速さの目安がわからなければ意味がありませんよね。

そこで今回は回線速度とは何か、「2Mbps」でできることやできないことなどをまとめました。

2Mbpsとは?

2Mbps(メガビーピーエス/ビットパーセカンド)は回線の速度のこと。

1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できます

1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど「回線速度」が速く、少ないほど遅いということですね。

ちなみに1,000bps=1Kbps、1,000Kbps=1Mbps、1,000Mbps=1GbpsとK(キロ)→M(メガ)→G(ギガ)で1000倍ずつ増えていきます。

ビット(bit)
データの量を表す最小の単位。1ビットでは2進数の1桁が1か0か、つまりオンなのかオフなのかを示すことができる。通常データ量を数えるときは8桁(8ビット)を1セットにした1バイト(Byte)という単位を用いる。

つまり2Mbpsは1秒間に2メガビット(250キロバイト)のデータを送受信できる速さです。

また、回線の速度には上りと下りの2種類があり、それぞれ分けて計測されます。

  • 上り速度:アップロード、送信の際の速度
  • 下り速度:ダウンロード、受信の際の速度

スマホなどで使用するのはたいてい下りの速度です。動画を投稿したり、データを送信することが多い人は上りの速度も気にするといいでしょう。

対して1MB(メガバイト)はデータの量を指しています。1MB=1024KB(キロバイト)=1,048,576バイトです。

全角文字1文字が2バイトなので1MBでは50万字以上保存できますが、iPhoneで撮影した画像は1枚で約2MB(画質にもよります)にもなります。

回線速度目安|2Mbpsでできることは何?

2Mbpsは決して速いと言える速度ではありませんが、ネットの使い方によっては十分な場合もあります。

回線速度を測る方法|スピードテストを使おう

まずは回線の速度を測ってみましょう。

スマホやパソコンの回線速度はブラウザやアプリの測定ツールを使って簡単に調べることができます。

今回はSpeedCheckを使って測定してみました。

【SpeedCheck測定方法】

サイトを表示したら「テスト開始」を押しましょう。

それだけで、画像のように下りと上りの速度を測定してくれます。

便利なアプリ版もあるので日常的に使用する場合はインストールするのがおすすめです。

測定ではより正確な速度を算出するため、多少通信量がかかってしまいます。通信制限にかかりそうな人は気を付けましょう。

SPEEDCHECK
iOS用アプリダウンロード
android用アプリダウンロード

また測定ツールにはいろいろ種類がありますが、それぞれで使用するサーバや得られる情報が異なっているため、自分に合ったものを探してみてください。

測定ツールについては以下の記事にまとめています。

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。
最近ではインターネット通信の最大速度1Gbps超え!なんてプロバイダも増えてきましたね。 しかし本当にそれだけの速度が出せているのか、実感できる機会は少ないのではないでしょうか。 現在使っている通信機器がどれくらいの速度なのか知...

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。

2Mbpsでできること、できないこと

結論から言うと、2Mbpsはメッセージのやり取りやテキストデータの読み込みは問題なくできますが、画像の読み込みには少し時間がかかってしまう速度です。

LINE/
Skype
メッセージ Youtube 低画質
通話 標準画質
ビデオ通話 高画質
Twitter テザリング
Instagram オンラインゲーム 種類による
Facebook データ ダウンロード 100MB程度
なら可能
WEB
ページ
地図/ニュース アップロード
通販サイト

〇→問題なく使える、△→少し遅いけど使える、×→ほぼ使えない

使用感は1Mbpsのときとあまり変わらないため、こちらの記事も参考にしてください。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 最近ではdocomoが制限時最大速度を128Kbpsから1Mbpsに変...

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説

SNSやサイト検索は問題なくできる

2Mbpsの速度があればLINEやSkypeなど無料通話アプリでのメッセージや通話のやり取りは問題なく行うことができます。

  データ量 所要時間 適正
メール 5KB/1通 0.1秒以下

LINE
メッセージ 2KB/1通 0.1秒以下
スタンプ 10KB/1通 0.1秒以下
通話 300KB/分 1.5秒
ビデオ通話 5MB/分 25秒
Skype 通話 600KB/分 3秒
ビデオ通話 4MB/分 18秒

ビデオ通話以外は128Kbps~200Kbpsのいわゆる通信制限にかかった低速状態でも行うことができるので心配はいりません。

一方、SNSやサイト検索に関しては、利用できるものの画像の読み込みに関して少しタイムラグが発生する可能性があります。

  データ量 所要時間 適正
SNS Twitter 1MB/
1投稿
5秒
Instagram
Facebook
5MB/
1ページ
25秒
WEB ニュース
/地図
1MB/
1ページ
5秒
通販ページ
など
2MB/
1ページ
10秒

SNSの中で特にインスタグラムは高画質な画像が多く、速度が足りないとページを表示するのに時間がかかってしまうので注意しましょう。

YoutubeやNetflixなどの動画サイトは低画質~標準画質まで再生可能

動画はテキストや画像に比べて、データ容量が重たいため特に回線速度が必要になります。

とはいえ、2Mbpsあれば標準画質や中画質までの再生は問題なく行うことができるでしょう。

  データ量 所要時間 適正
You
tube
低画質
(144p)
120MB/
1時間
10分
標準画質
(360p)
324MB/
1時間
25分
高画質
(720p)
1GB/
1時間
1時間20分
Hulu 低画質
(360p)
210MB/
1時間
20分
中画質
(540p)
630MB/
1時間
50分
高画質
(720p)
1GB/
1時間
1時間20分
Netflix 低画質 250MB/
1時間
20分
中画質 500MB/
1時間
40分
高画質 1GB/
1時間
1時間20分

高画質の動画も多少読み込みに時間がかかることがありますが、再生は可能です。

ただし、4Kなどの最高画質の動画は1時間で7GBものデータ量のため、推奨速度は20Mbpsと10倍は必要になります。

オンラインゲームは反応速度(ping値)にも注意

オンラインゲームはアプリ自体のダウンロードさえできてしまえば通信量自体はそれほど大きくないものが多いです。

たいてのゲームは2Mbpsでもデータ更新以外は問題なく行うことができます

ただし、FPSなど「反応の速さ」が必要なゲームは注意が必要です。

通信における「反応の速さ」は回線速度よりもPing値(レイテンシ)と呼ばれる回線のタイムラグの値が大きく関係します。

単位 意味 基準
回線速度 bps 1秒間に伝送できる
データ量
数値が大きいほど
通信環境がいい
Ping値
(レイテンシ)
ms データの要求から
応答までのタイムラグ
数値が小さいほど
通信環境がいい

相手が瞬間移動する、避けたはずの弾が当たるなどの症状はPing値の問題によるところが大きいです。

難しいのは回線速度が速いからといってPing値も良いとは限らないところ。

現に光回線であっても回線の混雑状況により100を超えるPing値になることがあります。

しかし通信環境を整えることは回線速度の向上にも、Ping値の改善にもつながります。

ゲームを行う際は測定ツールを使って、速度とともにPing値を確認し十分な環境となっているか確認するのがいいでしょう。

Ping値についてはこちらの記事も参考にしてください。

Ping値とは?回線速度との違いや測定方法、改善方法、WiMAXの実測データ
ネットの速度が遅い気がする…と思ったとき、多くの人が想像するのは1Gbps超え!と宣伝されている「回線速度」でしょう。 しかし、通信の速度を示すのに重要な要素は回線速度以外にもあります。 それが「Ping(ピン)値」。 実...

Ping値とは?回線速度との違いや測定方法、改善方法、WiMAXの実測データ

データの送受信は100MB程度を目安に

データの送受信やアプリのダウンロードや更新などは、そのデータの容量がそのまま通信量として必要となります。

2Mbpsでやりとりできるデータの目安は100MB程度

時間がかかっていいのであればもっと大きなデータも送受信できますが、通信に負荷がかかるとその分パケットロスなど途中でデータを損失してしまう恐れもあります。

時間をかけて受け取った結果データを壊してしまったら元も子もないので、重要なデータや重たいデータのやりとりをする際は、回線速度を測定し必要な速度が確保できているか確認するのがいいでしょう。

回線速度は10Mbpsを目指そう

回線速度でとりあえず目標にしたいのは10Mbps。

2Mbpsでも通信自体は行うことができるのですが、前述した通り画像や動画の読み込みに時間がかかってしまうことがあります。

10Mbps程度の速度が確保されていれば、過度に重たいデータでない限りストレスなく通信を行うことができるでしょう。

もちろんさらに速い速度が出るに越したことはありませんが、回線の基準値として頭に入れておくと便利です。

10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説
スマホで通信をしているときに、画像の表示や動画の読み込みに時間がかかることはありませんか? それらの症状は回線の速度が遅くなってしまっていることが原因です。 スマホでネットを行う際には、10Mbpsあれば一般的な利用に支障がない...

10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説

速度が2Mbpsしかでないときの原因と対処法

測定の結果2Mbpsしか出なかったという場合は、回線や契約を変更する前にまず通信環境を整えると速度が向上する場合があります。

固定回線(WiFi)|契約内容によっては速度が上がらない

固定回線のうち「光回線」はモバイルWiFiや格安SIMと違い、工事をして回線を引くため10Mbpsとは言わず、基本的にはもっと高速な通信が可能です。

そんな光回線であっても速度が2Mbpsしかでないというケースは戸建てではなく、マンションタイプの回線に多く見られます。

マンションタイプではひとつの回線を住民で分け合って使用していることが多いので、誰かが大容量の通信を行っていたり、接続している人数が多かったりすると速度が落ちてしまいます。

これはマンション側の契約の問題なので改善することは難しいでしょう。

そのためできるだけ部屋の通信環境を整えて速度を確保するのが大事になります。

  • ルーターの置き場所が悪い
    ・金属、コンクリートの障害物付近や水回りに置かない
    ・中継器を使う
    ・有線接続にする
  • 家電などから電波干渉を受けている
    ・家電から遠ざける
    ・周波数を変更する(2.4GHz→5GHz)
  • ルーターやケーブルが古い
    ・ルーター をIEEE802.11ac対応のものに替える
    ・ルーターのファームウェアを更新する
    ・ケーブルをCAT5e以上のものにする

上記のことを試しても改善しない場合は、置くだけWiFi(ホームルーターやソフトバンクエアー)やポケットWiFiを導入を検討した方がいいかもせれません。

また戸建てタイプにも関わらず速度が思ったように出ない場合はプロバイダを変えるのもひとつの手。

契約するなら「IPv6プラス」「vアルファ」「v6ハイブリット接続」などの「IPv4 over IPv6」方式を選ぶのがおすすめです。

現在ではもう少ないとは思いますが、ADSLで契約している場合、最大速度はそもそも下り50Mbps、上り5Mbpsしかありません。

これはスマホのLTE回線よりも遅い速度。

ADSLは2023年には廃止となってしまうため、今後もネットの利用を継続するのであれば早いうちに光回線への乗り換えをしましょう。

格安SIM|速度を上げるのは不可能。MVNOを変えるかポケットWiFiを使おう

格安SIMはdocomo、au、Softbankから借りた一部の回線を提供しています。

そのため利用者が集中する時間帯は速度の低下を防ぐのは難しく、実際通勤通学時の8:00~9:00、昼休みの12:00~13:00、帰宅後の19:00~23:00は極端に遅くなる場合が多いです。

回線レンタル

これは格安SIMを提供している事業者(MVNO)が回線を増強するしか手がないので、利用者側で改善するのは難しいと言えます。

契約している格安SIMがあまりに遅い場合は、乗り換えを検討するのがもっとも手っ取り早いです。

格安SIMの中でもSoftbankのサブブランドであるY!mobileや、auのサブブランドであるUQモバイルは他MVNOに比べて速度が確保されています。

乗り換えが不可能な場合、ポケットWiFiを使うことも考えてみましょう。

無制限にたくさん通信ができるどんなときもWiFiや、自分の使用する容量に合わせて契約できるFUJIWiFi、三大都市圏に住んでいるならWiMAXのプロバイダで契約するのがおすすめです。

ポケットWiFi/ソフトバンクエアー|ルーターの置き場所やエリアに注意

ソフトバンクエアーやWiMAXのホームルーターといった置くだけWiFiや、持ち歩きのできるポケットWiFiの場合、固定回線のように工事をして回線を引いているわけではないので、エリアやルーターの位置が大きく速度に影響します。

速度が遅いなと感じたら、以下のことを試してみましょう。

  • 場所が悪い
    ・地下や屋内、高層の建物の近くなどから移動する
    ・金属、コンクリートの障害物付近や水回りにルーターを置かない
    ・有線接続にする
  • 家電などから電波干渉を受けている
    ・家電から遠ざける
    ・周波数を変更する(2.4GHz→5GHz)
    ・人の少ない場所に移動する
  • ルーターに問題がある
    ・ルーターのファームウェアを更新する
    ・接続台数を減らす
    ・高速通信のモード、回線に切り替える

また普段はきちんと使用できていたのにという場合は、通信制限にかかっていることも考えられます。

ポケットWiFiやホームルーターの中には月間の通信量は無制限でも3日で10GBや1日2GBなどの制限が設けられていることがあるため、場所や通信機器を変えていないという場合は通信量を調べてみましょう。

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう
速度制限が気になってWi-Fiに接続しても、読み込みが遅いとイライラしてしまいますよね。 本記事では、Wi-Fiの通信速度を上げる方法をとことん紹介します。 Wi-Fiの遅さが気になっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。 ...

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう

2Mbpsなどの低速でネットを使い放題にできるプランはある?

格安SIMの中には、速度を低速にするかわり、使い放題にできるプランが存在します。

前述した通り、2Mbpsであっても標準画質動画やSNS、LINEなどは楽しめるので、大容量のデータ通信を必要としない場合はとてもお得に。

ただしこれらの使い放題プランの速度はあくまで最大速度であって、2Mbpsを保証するものではないことに注意が必要です。

場合によっては通信制限時並みの0.1Mbpsしかでないなんてこともあるので契約する際は慎重に見極めましょう。

  月額料金(円) 通信制限 備考
  通話 データ 

BIGLOBE
1,480円~ 混雑時
0.3Mbps
契約した容量
までは500Mbps
以降1Mbps
2,900円 2,200円 1日1GB程度
で0.2Mbps
4,480円 1日3GBで
0.2Mbps
2,730円~ 2,480円 あり
基準記載なし
2,680円 1,980円 3日6GBで
制限
常に最大0.5Mbps

中でもおすすめは楽天モバイル。

契約した容量までは500Mbpsの高速通信が可能で、上限を超えると1Mbpsの低速となります。

キャリアでいうとドコモと同じ制限ですね。

(引用:楽天モバイル

2017年まではぷららモバイルが3Mbpsで定額のプランを実施していましたが、利用者が増え速度が低下しすぎたことが一因となりサービス終了となりました。

楽天モバイルは第4のキャリアとして現在自社の基地局を増やしているほか、口コミでもそこそこの速度が出ていると評判なのでそういった心配はいまのところないでしょう。

結論:2Mbpsは一般的なネットの使用はできる速度。ただし動画やゲームをする場合は通信環境を整えるのがおすすめ

2Mbpsは速いとはいえない速度ですが、大容量のデータを扱わないのであれば十分な速さでもあります。

LINE/
Skype
メッセージ Youtube 低画質
通話 標準画質
ビデオ通話 高画質
Twitter テザリング
Instagram オンラインゲーム 種類による
Facebook データ ダウンロード 100MB程度
なら可能
WEB
ページ
地図/ニュース アップロード
通販サイト

〇→問題なく使える、△→少し遅いけど使える、×→ほぼ使えない

ゲームや動画などを扱うためもっと速さが欲しいという場合は、まず通信環境の改善をしてから、プロバイダやMVNOの乗り換えなど契約の見直しを考えましょう。

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう
速度制限が気になってWi-Fiに接続しても、読み込みが遅いとイライラしてしまいますよね。 本記事では、Wi-Fiの通信速度を上げる方法をとことん紹介します。 Wi-Fiの遅さが気になっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。 ...

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう