【無制限WiFi】365WiFiの料金プランや、口コミ・評判、メリットデメリットを解説。

LTEポケットWiFi、商品別情報
在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

365WiFiは最近人気のデータ通信「無制限」のポケットWiFiのレンタルサービス。

2020年5月からスタートした365wifiですが、最近は似たようなサービスがかなりたくさん出ており、どれが良いのか正直分かりにくいのが現状です。

そこで今回は365WiFiについて、料金プランや口コミ・評判、他社と比較したメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
  1. 365WiFiとは
    1. 【料金プラン】月額3,480円のプランのみ。オプション加入で手数料割引あり
    2. 【キャンペーン/クーポン】実施中キャンペーンはなし
    3. 【契約期間・解約金・更新月】最低利用期間1年なので使いやすい
    4. 【回線の種類・エリア】ソフトバンク回線なのでエリアも問題なし
    5. 【回線速度・端末】端末は2種類で選択不可
    6. 【通信制限】1日2GBまでの短期制限あり
    7. 【支払い方法】クレジットカードのみ
    8. 【プラン比較】月額料金は平均的で、契約期間が短いのがポイント
  2. 365WiFiの契約方法と解約方法
    1. 契約方法
    2. 解約方法
      1. 解約は希望月の1カ月前に連絡が必要
      2. 初期契約解除制度なら8日以内に返却で違約金は掛からない
  3. 365WiFiのメリット
    1. ソフトバンク回線なのでエリアが広くつながりやすい
    2. 2年目以降の解約金なし
    3. オプション登録で事務手数料が無料に
    4. 最短翌日発送なので早ければ契約翌々日から使い始められる
  4. 365WiFiのデメリット
    1. 1日2GBの短期制限ありのため無制限には使えない
    2. 使用する端末を選べない
    3. 端末の機器損害金が高額な上、保障に加入していても弁済金がかかる
    4. 口座振替ができない
    5. マイページがない、利用規約が見当たらない、などサポートに不安が
  5. 365WiFiの口コミ・評判
  6. 【結論】1年契約で料金も安いけれど、1日2GBの制限あり。無制限ではないので使いにくいかも

365WiFiとは

365WiFiは株式会社Desert Rose(デザートローズ)の運営するポケットWiFiのレンタルサービス。

まずは簡単に特徴を見ていきましょう。

  • 月額3,480円の1プランのみ
  • オプション加入で手数料無料
  • 最低利用期間1年
  • ソフトバンク回線を月間容量制限なしで使える
  • 1日2GBで通信制限に掛かる
  • 最短翌日発送
  • 端末は2種類で選択不可

ではさらに詳しく見ていきましょう。

名称 365WiFi
月額料金 3,480円
事務手数料 3,000円
※オプション加入で0円
送料 なし
発送までの
期間
13時まで申込で
最短翌日発送
返却 あり/送料自己負担
月間
容量制限
なし
短期
容量制限
1日2GB以上使用で
当日速度制限
速度制限 ネットワークを占有するレベルの
大容量通信をいた場合128Kbpsに制限
契約期間 最低利用期間1年
取り扱い端末/速度
取扱機種 FS030W 601HW
回線 SoftBank 4G LTE/3G
速度 下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
下り最大612Gbps
上り最大37.5Mbps
公式

365 WiMAX公式サイト

【料金プラン】月額3,480円のプランのみ。オプション加入で手数料割引あり

365WiFiは月額3,480円のプランが1種類のみ。

月額料金 3,480円
手数料 3,000円
※オプション加入で0円

どんなときもWiFiやTHE WiFiと同じ月額料金のため、他のポケットWiFiと比較しても平均的な費用です。

ただし契約初月の料金は日割りにならないため、なるべく月の初めに申し込むのがいいでしょう。

ちなみに事務手数料は初月3,000円かかりますが、「安心保障プラン(月500円)」「ネットトラブルサポート(月300円)」の2つのオプションに加入すると、無料になります。

【キャンペーン/クーポン】実施中キャンペーンはなし

365WiFiで現在開催中の「キャンペーンや配布中のクーポンはありません。

今後情報が入り次第更新していきます。

【契約期間・解約金・更新月】最低利用期間1年なので使いやすい

契約期間 最低利用期間1年
解約金 20,000円
更新月 13カ月目以降

ポケットWiFiの契約期間は2~3年が主流ですが、365WiFiは名前からもわかる通り、1年契約。

契約期間内に解約すると20,000円の解約金がかかりますが、1年間使用した後はいつでも解約できます。

【回線の種類・エリア】ソフトバンク回線なのでエリアも問題なし

365WiFiはSoftbankの回線を利用しています。

回線の種類 SoftBank 4G LTE/3G
エリア SoftBank 4G LTE/3G
対応エリア

そのため、エリアも人口カバー率99%のSoftbankの4GLTE/3Gと同様のため、ほとんどの人は使えないという心配は不要でしょう。

不安な場合は事前にエリアを確認しておくのがおすすめ。(Softbankエリア確認)

なお、Softbank4G回線やエリアには対応していません。

参考:LTEと4GLTEって実は違う!?SoftBank4G LTEとSoftBank4Gの違いや、Hybrid 4G LTEについても紹介

【回線速度・端末】端末は2種類で選択不可

取扱機種 FS030W 601HW
速度 下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
下り最大612Mbps
上り最大37.5Mbps
通信時間 20時間 8.5時間

365WiFiでレンタルできる端末は2種類で選択することはできません。

大きな違いは、最大速度とバッテリー。

601HWの方が最大速度が速く、FS030Wの方がバッテリーの持ちがいいのが特徴です。

ただし最大速度がどんなに速くても実際の速度は、どちらの端末でも下り50Mbps以下程度で、大きな差はありません。

10~20Mbpsくらいの速度が出ていれば、動画を見たりSNSをしたりという使い方で、支障をきたすことはないので、どちらの端末が来たとしてもさほど心配する必要はないでしょう。

【通信制限】1日2GBまでの短期制限あり

365WiFiは使い放題と記載されていますが、実際には1日2GBの短期制限があります。

月間容量制限 なし
短期容量制限 1日2GB以上使用で
当日速度制限
制限後速度 128Kbps

1日2GB使用すると、その日1日は速度が制限されるので、実質利用できるのは月に60GBまで。

ほかのポケットWiFiでは月100~200GB程度使えるものが多いため、365WiFiはそれらに比べると制限がきついです。

【支払い方法】クレジットカードのみ

365WiFiの支払いはクレジットカードのみ。

口座振替やデビットカードを使用することはできません。

【プラン比較】月額料金は平均的で、契約期間が短いのがポイント

他のポケットWiFiと料金を比較してみましょう。

ポケットWiFi  月額
料金
初期
費用
使用
回線
契約
期間
容量 詳細
365WiFi 3,480円
3,000円 ソフト
バンク
1年 1日
2GB
THE WiFi  3,480円
発送遅延
3,000円 3
キャリア
2年 無制限 詳細
Mugen
WiFi
3,280円
在庫なし
3,000円 3
キャリア
2年 無制限 詳細
限界突破
WiFi
3,500円
在庫なし
0円 3
キャリア
2年 無制限 詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円
発送遅延
3,000円 3
キャリア
2年 無制限 詳細
どんなときも
WiFi
3,480円
在庫なし
3,000円 3
キャリア
2年 無制限 詳細

365WiFiは他と比べても平均的な月額料金であることがわかります。

1年契約である点はメリットですが、使える容量に短期制限がある点はデメリットと一長一短。

ただし人気ポケットWiFiは在庫不足のものも多く、すぐに使いたいという場合は、365WiFiも候補に入ります。

各ポケットWiFiの在庫状況はこちらの記事を参照してください。

【MugenWiFi、どんなときもWiFi他多数】クラウドSIMのポケットWiFiで在庫切れ!端末配送状況(予定納期)一覧表
新型コロナウイルスや利用者の増加に伴い、クラウドSIM端末を扱うポケットWiFiを中心に端末の在庫切れ問題が発生しています。(5月27日更新) 本記事では、在庫切れや予約対応を行っているポケットWiFiと、その入荷予定についてまとめま...

365WiFiの契約方法と解約方法

365WiFiの契約や解約の方法は、以下の通りです。

契約方法

365WiFiは公式WEBページの申込ボタンから契約ができます。

申込ページを開いたら、プラン内容を選択します。

365WiFiにはプランがひとつしかないので、実質的に選べるのはオプションの有無だけです。

オプションに両方加入すると事務手数料3,000円が無料になります。

次のページで契約者情報とクレジットカード情報を入力し、契約内容が確認出来たら申し込みは完了です。

13時までの申込であれば最短翌日に発送されます。

解約方法

365WiFiは電話での解約のみでオンライン上で解約することはできません。

解約は希望月の1カ月前に連絡が必要

365WiFiでは解約の連絡をした月の翌月末日が契約終了日となります。

たとえば2020年4月末に解約をしたい場合は、2020年3月31日までに連絡をしなくてはいけません。

即月解約はできないので、更新月や解約連絡のタイミングをあらかじめ確認しておきましょう。

解約の連絡は365WiFiカスタマーサポートへの電話から。

電話番号 0120-957-751
受付時間 月~金 10:00~18:00
(土日祝日休み)

解約申請が受理されたら、契約終了日から10日以内に下記住所へ端末などを返却します。(当日消印有効)

消印日が10日を過ぎていた場合は、翌月分の料金が請求されるので、返却は速やかに行いましょう。

返却先 〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西9丁目4−1
札幌19Lビル2階
株式会社デザートローズ365WiFi宛
返送方法 追跡可能な方法を利用
・佐川急便(飛脚宅配便・飛脚ジャスト便)
・ヤマト運輸(宅急便・宅急便コンパクト)
・日本郵便局(レターパック・ゆうパック・書留)
返却物 WiFi端末・USBケーブル・
保証書・個装箱

初期契約解除制度なら8日以内に返却で違約金は掛からない

ポケットWiFiを契約する時に知っておいてほしい制度に、初期契約解除制度があります。いわゆるクーリングオフです。

契約してから8日以内に初期契約解除の旨を事業者に示し端末を返送すれば、違約金なしで解除が可能です

契約したけど通信できなかったなどの理由により初期契約解除をしたい場合は、まずカスタマーサポートに連絡をしましょう。

電話番号 0120-957-751
受付時間 月~金 10:00~18:00
(土日祝日休み)

解除を受け付けてもらえた場合はすみやかに端末一式(送付されたものすべて)を返却しなくてはいけません。(送料自己負担)

返送の際、発送伝票や封筒表面に必ず「初期契約解除」と記載します。

万一欠品、故障がある場合や返却期日を過ぎてしまった場合は20,000円の機器損害金が請求されてしまうので気を付けましょう。

また違約金は発生しないものの、3,000円の契約事務手数料は支払う必要があります。

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと
ポケットWifiや固定回線、スマホを契約した後に、「契約を取り消したい」「キャンセルしたい」なんて時に思いつくのがクーリングオフ制度。 ただ、重要事項説明書や契約書にはクーリングオフ制度には触れられておらず、「初期契約解除制度」などの...

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと

365WiFiのメリット

365WiFiのメリットは以下の通り。

  • ソフトバンク回線なのでエリアが広くつながりやすい
  • 2年目以降の解約金なし
  • オプション登録で事務手数料が無料に
  • 最短翌日発送なので早ければ契約翌々日から使い始められる

さらに詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク回線なのでエリアが広くつながりやすい

365WiFiはネクストモバイルやギガゴリWiFiと同様、Softbank回線を利用。

エリアもSoftbankと同じため、同じポケットWiFiの「WiMAX」ではエリア外だったという人でも使える可能性が高いです。

どんなときもWiFiやTHE WiFiのような、3キャリアのエリアを使えるクラウドSIM対応のポケットWiFiにエリア範囲は負けますが、クラウドSIMでは任意に回線を切り替えることができず、場合によっては速度の遅い回線を拾ってしまうこともあります。(参考:クラウドSIMとは

その点365wifiはソフトバンク回線のみなので、切り替えが無い分、安定した通信ができるでしょう。

2年目以降の解約金なし

365WiFiは1年契約。1年使った後はいつでも解約できるので、更新月を忘れた、と焦ることもありません。

いまは新しいポケットWiFiサービスが続々登場しているため、1年間使う頃にはより安いものがある可能性も高いです。

契約期間は短いに越したことはない、ということですね。

同じ月額料金のどんなときもWiFiやTHE WiFiは2年契約なので、2年使う予定の無い人は365WiFiを検討するのもいいでしょう。

オプション登録で事務手数料が無料に

365WiFiでは初月に登録事務手数料3,000円がかかります。

他のポケットWiFiでもたいてい必要な手数料ですが、365WiFiでは契約時に2つのオプションに加入すると、無料にすることができます。

  料金  内容 
安心保障
プラン
月500円 破損、水没、紛失の際の
費用軽減
セットトラブル
サポート
月300円 疑問や質問をオペレーターに
質問できるサービス

ただしオプションは初月無料ではない上、安心保障プランは6カ月間は解約できない決まりがあります。

最短でオプション解約をしたとしても、3,300円(500円×6カ月+300円×1カ月)かかるため結果として事務手数料より高くついてしまうことに。

オプションをもとから契約するつもりだった人にはお得ですが、それ以外の人は無理に契約するとかえって損になるので気を付けましょう。

最短翌日発送なので早ければ契約翌々日から使い始められる

365WiFiは平日13時までの申し込みで最短翌日発送。早ければ契約した翌々日には端末が届きます。

特に3~4月の新生活シーズンは需要が多い上、リモートワークが増加した影響で在庫がなくなり、発送までに日数が必要なものも増えています。

もしすぐにWiFiが必要というときは頼もしいですね。

ちなみに公式サイトでは最短即日となっていたり翌日となっていたり、記載が曖昧です。

キャンセルが申込翌日13時まで可能ということなので、「最短翌日」が正しいでしょう。

365WiFiのデメリット

365WiFiのデメリットは以下の通り。

  • 1日2GBの短期制限ありのため無制限には使えない
  • 端末を選べない
  • 端末の機器損害金が高額な上、保障に加入していても弁済金がかかる
  • 口座振替ができない
  • 利用規約が見当たらない、マイページがないなどサポートに不安が

1日2GBの短期制限ありのため無制限には使えない

365WiFiは無制限のポケットWiFiを謳っていますが、実際には1日2GBで当日通信制限にかかる、というのは前述した通り。

2GBを超過したときの速度は128Kbpsなのでほぼ使い物にはなりません。何をもって「無制限」なのか疑問ですね。

1日2GBは月に換算すると60GB。

ほかの無制限WiFiも月150~200GB程度で制限に掛かるケースが確認されていますが、365WiFiはそれらの約半分以下しか使えない計算になります。

ちなみに1日2GBでできることは以下の通り。(参考:1GBでできること

  2GBあたり
LINE メッセージ 100万通
通話 110時間
ビデオ通話 7時間
Twitter 3.5時間
Instagram 2時間
WEB
ページ
ニュース
サイト
33時間
通販サイト 3時間
  2GBあたり
動画 低画質 17時間
標準画質 6時間
高画質 2時間
音楽 低音質 2000曲
 中音質 500曲
 高音質 320曲
地図 検索 11時間
カーナビ 20時間

SNSや動画視聴、テレビ会議などを長時間使う場合は案外すぐオーバーしてしまいます。

「毎日は使わないけど休日にまとめて動画を見る」という人や「容量の大きいアプリを何度もインストールしなおす」といった使い方をする人とは相性が悪いでしょう。

使用する端末を選べない

365WiFiの端末は在庫状況に合わせて端末を発送するため、届くまでどの端末になるか知ることはできません

この端末が欲しいなと思っていても、希望通りにいかない可能性があるのは少し残念ですね。

スペックを見てみると、Softbankの601HWの最大速度は612Mbps、FS030Wの最大速度は150Mbpsとばらつきがあることがわかります。

しかし、実際使うとわかるのですが、601HWもFS030Wも実際の速度にはほとんど違いはなく、両方とも動画を見たりテレビ会議をしたりという分には、通信が遅い、止まるなどといった支障はありません。

最大速度はあくまで、理論上の話なのであまり心配せずとも大丈夫ということですね。

ただ速度以外の、バッテリーの持ち時間や、起動までのスピードなどの使い勝手には差があるので、端末にこだわりのある場合は、端末が選べるサービスを使うのがおすすめです。

端末の機器損害金が高額な上、保障に加入していても弁済金がかかる

365WiFiはレンタルサービスのため、万一端末を壊してしまった場合は機器損害金が掛かります。

機器損害金は端末の種類にもよりますが20,000円~10,000円が一般的。

しかし365WiFiの機器損害金は39,600円と、他社と比べてもかなり高額です。

Amazonで同じルーターを購入したとしても10,000円台で購入できるので、なぜこんなに損害金が高額なのか疑問ですね。

さらに、月500円の安心保障プランに加入している場合でも、端末の交換には10,000円がかかり全額負担はしてもらえないため注意しましょう。

口座振替ができない

365WiFiでは支払はクレジットカードのみで、口座振替やデビットカードには対応していません。

クレカ 口座振替 コンビニ
払い
365WiFi × ×
めっちゃWiFi × ×
どんなときもWiFi
×
よくばりWiFi × ×
限界突破WiFi ×
FUJIWiFi ×

中には口座振替支払に対応しているポケットWiFiもあるので、口座振替がいい人はそちらを検討するという選択肢もあります。

コンビニ払いならFUJI WiFi、口座振替ならどんなときもWiFiがおすすめです。

マイページがない、利用規約が見当たらない、などサポートに不安が

365WiFiにはマイページがありません。

そのため契約内容の変更や確認をする際には必ずお問い合わせフォームから問い合わせをしなくてはいけません。

契約期間はいつまでだっけ?クレジットカードを変更したい、などという些細な確認や変更もマイページが無いとわざわざ問い合わせなければならないので案外不便。

また、申込時に利用規約への同意欄があるにも関わらず、公式サイト上に利用規約がないのも気になります。

公式サイトの説明自体は丁寧ですが、少々サポート面に不安が残ってしまいますね。

365WiFiの口コミ・評判

EXWiMAXはまだまだ新しいサービスのため、口コミや評判はまだありませんでした。

今後随時更新していきます。

【結論】1年契約で料金も安いけれど、1日2GBの制限あり。無制限ではないので使いにくいかも

365WiFiは1年契約で月3,480円のポケットWiFi。

ポケットWiFiは2年契約が多いので、平均的な月額料金で契約期間が短い点は大きなメリットです。

ただし365WiFiは1日2GBで当日速度制限となってしまいます。

そのため毎日使う容量が多い人はもちろんのこと、平日にはあまり使わないけれど週末にたくさん使うというように、日によって使用量にムラがある人にも、365WiFiはおすすめできません。

そういった使い方をする場合は、短期制限のないポケットWiFiを選ぶようにしましょう。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...