500Kbpsは回線速度として遅い?できることの目安と低速無制限プランSIMの使い道を紹介

一般的にスマホなどで通信する際の速度の目安は10Mbps以上となっています。

では10Mbpsより遅い速度だと通信ができないかと言われると、そういうわけでもありません。

使えないシーンさえ把握していれば、500Kbpsしか速度が出なくてもうまく使いこなすことは可能です。

今回は500Kbpsという速度でどんなことができるのか、また格安SIMの500Kbps以下低速プランについて解説していきます。

スポンサーリンク

500Kbpsとは

まずはそもそも「500Kbps」が何を表しているのかから説明していきましょう。

500Kbpsってそもそも何?

500KbpsのKbps(キロビーピーエス/ビットパーセカンド)は回線速度の単位。

1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できます

1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど「回線速度」が速く、少ないほど遅いということですね。

ちなみに1,000bps=1Kbps、1,000Kbps=1Mbps、1,000Mbps=1GbpsとK(キロ)→M(メガ)→G(ギガ)で1000倍ずつ増えていきます。

ビット(bit)
データの量を表す最小の単位。1ビットでは2進数の1桁が1か0か、つまりオンなのかオフなのかを示すことができる。通常データ量を数えるときは8桁(8ビット)を1セットにした1バイト(Byte)という単位を用いる。

つまり500Kbpsは1秒間に500キロビット(62.5キロバイト)のデータを送受信できる速さです。

また、回線の速度には上りと下りの2種類があり、それぞれ分けて計測されます。

  • 上り速度:アップロード、送信の際の速度
  • 下り速度:ダウンロード、受信の際の速度

スマホなどで使用するのはたいてい下りの速度です。動画を投稿したり、データを送信することが多い人は上りの速度も気にするといいでしょう。

全角文字1文字が2バイトなので1KB(キロバイト)では500字以上保存できますが、iPhoneで撮影した画像は1枚で約2000KB(画質にもよります)にもなります。

回線速度が500Kbpsになるのはどんな時?

速度が500Kbpsになるケースは以下の通りです。

  • 低速プランを申し込んでいるとき
  • 単に速度が出ていないとき

格安SIMの中には、500Kbpsや1Mbpsといった低速状態で使えるプランを提供しているところがあります。

こういった速度に上限のあるプランは、通常プランよりも安く契約できるため、サブ機として利用したり、メール用など限られた使い方しかしない人には最適です。

ただし低速プランでの速度上限はあくまで最大値。

実際の速度ではさらに遅くなることが多いので、以下の記事も参考にできる限り通信環境を整えましょう。

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう
速度制限が気になってWi-Fiに接続しても、読み込みが遅いとイライラしてしまいますよね。 本記事では、Wi-Fiの通信速度を上げる方法をとことん紹介します。 Wi-Fiの遅さが気になっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。 ...

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう

スポンサーリンク

500Kbpsの回線速度でできること目安

それでは具体的に500Kbpsでできることを見ていきましょう。

LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質
通話標準画質
ビデオ通話高画質×
Twitterテザリング
Instagramオンラインゲーム
Facebookデータダウンロード
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト

500Kbps未満でもできること|LINEや地図のナビはOK!

たとえ速度が500Kbpsしかなくても、思っているより通信はできます。

例えば以下のことは通信制限のかかった状態(128Kbps)でも可能です。

  • LINEなどのメッセージ
  • Skypeなどの音声通話
  • radikoなどのラジオアプリ
  • ニュースなどの文字の多いサイトの閲覧
  • GoogleMAPなどの地図のナビ機能

テキストや音声、位置情報はデータの中でも比較的軽い部類になります。

ただしナビを使用する前にマップを表示するのには、そこそこ容量が必要なので、128Kbpsだと数十秒の待ち時間をストレスに感じてしまうことも。使えなくはない、程度に思っておきましょう。

500Kbpsあれば待ち時間も数秒程度となるため、カーナビなどとしても有用となります。

またLINEやSkypeなどの通話も128Kbpsで可能ですが、ビデオ通話では映像に途切れやカクつきが見られます。

これは500Kbpsでも多少改善はされるものの、完全に快適に通話ができる状態にはならないので注意しましょう。

インスタグラムやTwitterなどのSNSはできる?

SNSやWEBでの検索は画像表示に時間はかかるものの、使用することは可能です。

 データ量所要時間適正
SNSTwitter1MB/
1投稿
20秒
Instagram
Facebook
5MB/
1ページ
1分30秒
WEBニュース
1MB/
1ページ
20秒
通販ページ
など
2MB/
1ページ
40秒

Twitterやニュース記事など、文字がメインのSNSやWEBサイトは案外さくさく利用できます。

一方で、1ページに何枚も高画質な画像を表示しなければならないインスタグラムなどのSNSや通販サイトなどは、読み込みに多少時間がかかりストレスがかかってしまうことも。

時間に余裕のないときは、WiFiを使うようにした方がよさそうです。

Youtube、Hulu、Netflixなどで動画は見られる?

動画はデータの中でも通信量が大きいため、画質の良いものになると500Kbpsでは見ることができません。

 データ量所要時間適正
You
tube
低画質
(144p)
120MB/
1時間
40分
標準画質
(360p)
324MB/
1時間
1時間50分
Hulu低画質
(360p)
210MB/
1時間
1時間
中画質
(540p)
630MB/
1時間
3時間30分×
Netflix低画質250MB/
1時間
1時間20分
中画質500MB/
1時間
2時間40分×
Amazon
プライム
ビデオ
中画質
ダウンロード
300MB/
1時間
1時間30分
中画質
ストリーミング
600MB/
1時間
3時間×

※Netflixはアプリ版の場合

Youtubeの標準(360p)画質での公式推奨速度は700Kbps、Netflix低画質では500Kbpsとされています。

推奨速度を少し下回る程度ではまったく見られないということはありませんが、読み込み時間が長くなったり、途中で止まってしまったり、エラーになったりという不具合はどうしても起こりうるでしょう。

Youtubeの低画質であれば問題なく視聴は可能ですが、代わりに画質はかなり粗くなってしまうためおすすめはできません。

高画質で動画を見たいときには無理に低速で使うのではなく、WiFiを利用し回線速度を確保するのが最も効率がいい方法です。

またAmazonプライムビデオの中画質推奨速度は900Kbps。そのためストリーミング再生での視聴は難しいでしょう。

ただしダウンロード再生であれば通信量が約半分となるので、ダウンロードまで時間はかかってしまうデメリットはありますが視聴が可能となります。

オンラインゲームはできる?

スマホのアプリゲームは最初の読み込みさえできてしまえば、さほど通信量の多くないものもあります。

ツムツムやパズドラ、モンストなどは通信制限中でもプレイできたという人も。

ただしPUBGなど通信のタイムラグが重要視されるゲームや、グラブルなど通信量の多いゲームのプレイは難しいです。

ゲームによくあるアプリの更新も、大量のデータを一度にダウンロードする必要があるため、通信制限中はできません。

ゲームがないと手持無沙汰という場合はあらかじめオフラインゲームをいくつかインスト―ルしておくといいでしょう。

テザリングはできる?

スマホをタブレットやPCにつなげて通信を行うテザリングも、回線速度にかかわらず、対応端末であれば行うことが可能です。

テザリングする際はBluetooth接続だとさらに速度が遅くなってしまうため、WiFi接続か、できればUSB接続するのが望ましいです。

ただしタブレットなどにテザリングをし動画や画像を見ると、スマホより画面が大きい分低画質なものだと粗さが目立ってしまいます。

そうなるとつい高画質なものを求めてしまい、結果として通信量も大きくなって500Kbpsでは速度が足りないということは考えられるでしょう。

テザリングとは?やり方から料金、注意点まとめ。たくさん使う人はポケットWiFi利用の検討を
テザリングとは、パソコンやタブレットをスマホに接続してインターネットを使う通信方法の一つ。 スマホさえあれば誰でもすぐに使える通信会社もあれば、申し込み手続きや月額料金が必要なところもあり、使い始めるまでを億劫に感じている人も多いはず...

テザリングとは?やり方から料金、注意点まとめ。たくさん使う人はポケットWiFi利用の検討を

アプリなどのデータをダウンロードできる?

データの送受信やアプリのダウンロードや更新などは、そのデータの容量がそのまま通信量として必要となります。

500Kbpsでやりとりできるデータの目安は20~30MB程度。ダウンロードに約10分ほどかかる通信量です。

時間がかかっていいのであればもっと大きなデータも送受信できますが、通信に負荷がかかるとその分パケットロスなどがおこりやすくなる恐れもあります。

重要なデータや重たいデータのやりとりをする際は、回線速度を測定し必要な速度が確保できているか確認するのがいいでしょう。

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。
最近ではインターネット通信の最大速度1Gbps超え!なんてプロバイダも増えてきましたね。 しかし本当にそれだけの速度が出せているのか、実感できる機会は少ないのではないでしょうか。 現在使っている通信機器がどれくらいの速度なのか知...

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。

スポンサーリンク

500Kbpsと128kbpsは体感でどれくらい違う?

128Kbpsは速度制限にかかったときの速度ですよね。

500Kbpsはもちろん128Kbpsよりも速いわけですが、実際のところ違いはわかるのでしょうか。

  500Kbps128Kbps  500Kbps128Kbps
LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質×
通話標準画質×
ビデオ通話×高画質××
Twitterテザリング
Instagram×オンラインゲーム×
Facebook×データダウンロード×
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト×

LINEのメッセージ機能を使用する際にはさほど違いを感じませんが、SNSやWEBサイトが表示されるまでの待ち時間や、動画を再生するまでの読み込み時間には明確な差がありました。

500Kbpsは速度制限にかかってしまったときよりは、はるかに実用的な速度であると言っていいでしょう。

ただそうは言っても動画は見れないなど不便さは大きいのも事実。ですから、もし制限が頻繁にかかるようなら大容量のポケットWiFiや格安データSIMを利用する良いでしょう。

たとえばFUJIWifiなら30GBで月2,600円、MUGEN WiFiiなら100GBで3,150円で利用できるので、キャリアで大容量を使うよりもずっと安くすませることができます。

500Kbps以下の低速無制限の格安SIMプラン比較

格安SIMの中には回線の最大速度を500Kbps以下など遅くする代わりに、月額料金が安いプランがいくつかあります。

そんな低速プランを紹介していきましょう。

【500Kbps】UQmobile|データ無制限プランは使い放題ではないので注意

UQmobileには最大速度500Kbpsで利用できる「データ無制限プラン」があります。

 月額料金速度最低利用
期間
データ
無制限
プラン
通話なし1,980円送受信最大
500Kbps
なし

※通話ありのプランは2019年9月末で新規受付を終了しています。

ただしこの「データ無制限プラン」には無制限と言いつつ上限があるので要注意。

直近3日間で6GB以上使用すると通信速度が制限されてしまいます。

そのため実際には月に約60GB程度使用できるということになりますね。

格安SIMで同じだけ使おうとすると、イオンモバイルの50GB8,480円プランなどかなり高額なものしかありません。

もちろん低速になる分、不都合なことは多いですが月額6,000円以上も違えば多少は我慢できるというものですよね。

使い方によってはとてもお得なプランと言えるでしょう。

【NEW!500Kps】mineo|月+350円で500Kbs使い放題の「パケット放題」

mineoでは2020年3月3日より月額料金に+350円すると最大速度500Kbpsで使い放題となる「パケット放題」のサービスを開始します。

使い方は簡単で、mineoアプリやマイページからmineoスイッチをONにするだけ。

実際に試してみたところ、混雑していない時間帯では最大速度である500Kbps前後の速度を出すことができました。

パケット放題は基本的に無制限で利用ができますが、Aプランでau回線を使う場合に限り3日6GBの制限がかかります。

UQモバイルもau回線のため、この点は同じですね。

従来の最大速度200Kbpsに比べ、500Kbpsではできることの幅が広がるため、大容量な通信を行わない人にはおすすめのプランです。

2020年3月3日(火)~2020年5月31日(日)まで最大2か月無料のキャンペーンを行っているので気になる人は試してみましょう。

【mineo通常プラン月額料金】※Aプランの場合

500MB3GB6GB10GB20GB30GB
通話あり1,310円1,510円2,190円3,130円4,590円6,510円
通話なし700円900円1,580円2,520円3,980円5,900円

公式:mineo

マイネオのパケット放題の料金や速度、実際の口コミ・評判はどう?
2020年3月3日にサービスが開始されたマイネオ(mineo)の「パケット放題」。 毎月、速度制限に悩まされている人は、パケット放題サービスがどんな感じなのか気になりますよね。 本記事では、マイネオの「パケット放題」の料金・速度...

マイネオのパケット放題の料金や速度、実際の口コミ・評判はどう?

【200Kbps】DMMモバイル、ロケットモバイル

200Kbpsの低速無制限プランを持つ格安SIMはいくつかあります。

  月額
料金
速度最低利用
期間
DMM
モバイル

ライト
プラン

通話1,140円送受信最大
200Kbps
12カ月
SMSあり590円なし
SMSなし440円なし
ロケット
モバイル
神プラン 通話948円~送受信最大
200Kbps
1年
SMSあり 398円~なし
 SMSなし298円~なし

中でもお得なのはロケットモバイルの「神プラン」

料金も安いのですが、ロケットモバイルのプランには「初速バースト」という機能があります。

初速バーストとは

⽉/3⽇間規制時や神プランをご利用中の低速通信時にも、通信しはじめの⼀定期間は⾼速通信できる機能です。テキストメインのサイトであれば数秒で読み込みが完了することもあり、⾮常に快適に使うことができます。※各キャリアにより初速バーストの速度は異なりますので予めご了承ください。(引用:ロケットモバイル公式サイト

つまり低速で契約しておきながら、一定期間は高速で通信ができるということになります。

あくまでおまけの機能なので、動画まで快適に見られるというわけではありませんが、LINEなどでのやりとりやWEB検索はかなりスムーズに行うことが可能です。

ロケットモバイル公式では使い方を以下のように推奨しています。

(画像引用:ロケットモバイルサポートセンター

主にニュース記事を見たりメッセージをやりとりしたりという使い方をする人には特におすすめの格安SIMです。

200Kbpsの通信速度はどのくらい遅い?動画や音楽鑑賞はいける?128Kbpsと違いや低速格安SIMプランを紹介
「200Kbps」は一般的な格安SIMの通信制限時の速度です。 常に快適にネットの通信を行うには、だいたい10Mbps必要と言われているので、200Kbpsではその約50分の1しか速度が出ていないということになります。 かといっ...

200Kbpsの通信速度はどのくらい遅い?動画や音楽鑑賞はいける?128Kbpsと違いや低速格安SIMプランを紹介

人気のOCNモバイルONEは低速プラン廃止に…

OCNモバイルONEには500Kbpsの低速プランがありました。

月15GBと制限がありますが、UQモバイルより180円安い月額1,800円。

しかし残念ながらこのプランは2019年1月に新規受付を終了しています。

docomo回線で500Kbps以上の低速プランを探しているのであれば、楽天モバイルのスーパーホーダイプランがおすすめ。

一定の容量までは高速通信が可能ですが、契約した容量を使い切った以降も1Mbpsの低速通信が使い放題となります。

スポンサーリンク

どうやって使う?低速格安SIMの使い道

500Kbpsなど速度が遅いプランの格安SIMはどうやって使うのがお得なのでしょうか?

特におすすめな人や使い道をまとめてみました。

電話やメールしか使わない人にはおすすめ

500Kbps以下の低速通信でもLINEのメッセージや通話を使うことができるというのは前述した通り。

普段メッセージでしかスマホを使わないのに、高速通信の料金が高いプランに加入しているのはもったいないですよね。

1GB比較01

キャリアのプランは高額な代わりに、通信が安定しているというメリットがありますが、メッセージの送受信だけではその違いを感じることは難しいでしょう。

低速プランであれば、無駄なランニングコストを下げることができるので特におすすめです。

通信環境を整えておくと、案外そのまま使える

メッセージ以外にも検索や地図アプリでスマホを使うといった場合、低速プランだと読み込みまでに通常より時間がかかってしまいます。

裏を返せばせっかちでない人なら、ある程度低速でも利用することが可能ということですね。

ただし、ただでさえ制限がかかっているのですから、これ以上遅くならないように通信環境をきちんと整えておく必要があります。

同時に何個も接続したりせず、キャッシュをこまめに消すなど通信機器や回線に気を使うよう心がけましょう。

固定回線などWiFi環境下で使うならあり

普段動画を見る場合でも、自宅に引いている固定回線でしか通信を行わないのであれば、低速プランを契約していても問題なく利用できます。

ただしこの場合、固定回線を離れた瞬間にいつも通りの使い方ができなくなるので、ふとしたときに使うことができず不便を感じてしまうことも多そうです。

外出先ではフリーWiFiを探して使うという手もありますが、だれでも無料で使えるフリーWiFiはセキュリティに不安があるため、日常的に使用するのは避けた方がいいでしょう。

フリーWiFiに繋がらない場合の対処法や必ず知っておくべき危険性や注意点、セキュリティの弱さや野良WiFiで思わぬトラブルに巻き込まれることも
カフェや公共施設でWiFiの接続先一覧を見ると、鍵マークの無い見知らぬWiFiがたくさん出てきます。 フリーWiFiでよく聞くのは、セキュリティが怪しいから接続してはいけないという話。 確かに「セキュリティが保護されていない接続...

フリーWiFiに繋がらない場合の対処法や必ず知っておくべき危険性や注意点、セキュリティの弱さや野良WiFiで思わぬトラブルに巻き込まれることも

ポケットWiFiと併用して使うとさらに快適に

料金の安い低速SIMと相性がいいのがポケットWiFi。

一緒に持ち歩くことで外出先でも通信量を気にせず、WiFiを通してネットをすることができます。

ポケットWi-Fi仕組み

データ通信をたくさん行いたい人は、キャリアや格安SIMの大容量プランで契約するよりも、「低速SIM+ポケットWiFi」の方が総額費用が安くなります。

おすすめのポケットWiFiを紹介していきましょう。

1位|MugenWiFi|100GB最安ポケットWiFi

MugenWiFi
月額料金
100GB:3,150円(クラウドSIM)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金5,000~9,000円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、最も料金が安いのがMugenWiFi。大容量を使いたいというのであれば一番おすすめです。

2年契約が基本となっていますがが、13か月以降の違約金が5,000円、2年以降であれば違約金なしでいつでも解約可能であるというのがありがたいメリットの一つ。

MugenWiFiの公式サイトはこちら

MugenWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

2位|どこよりもWiFi|100GBポケットWiFi

どこよりもWiFi
月額料金
20GB:2,480円(ソフトバンク)
100GB:3,180円(クラウドSIM)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金9,500円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、2番目に料金が安いのがどこよりもWiFi。

また、上記の料金よりも500円高くなってしまう代わりに2年という契約期間がなくなるプランもあります。

そんなに長くは使わない、すぐに使わなくなるかもしれないという心配がある人はそちらのプランを選ぶと良いでしょう。

どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

3位|FUJI WiFi

FUJI-wifiカテゴリ用

FUJIWiFi
月額料金
30GB:2,600円(ドコモ、ソフトバンク、au)
50GB::2,900円(ソフトバンク)
100GB:3,600円(ソフトバンク)
初期費用3,000円
端末代0円(返却要)
契約期間
なし

ソフトバンク以外にもドコモやau回線を選べるFUJIWiFi。

また契約期間がないというのも大きなメリット。違約金なしでいつでも解約できるので、使い勝手はいいでしょう。

またFUJIWifiにはSIMプランもあるのでデュアルSIM対応端末であれば、データ通信はFUJIWiFi、音声をIIJmio詳細)など別の格安SIMとして1台のスマホで格安に大容量の通信が可能となります。

FUJIWiFiのSIMプランは10GBが980円、20GBが1,600円、50GBが2,400円、100GBが3,400円とルータープランより約500円安いので、端末がある、もしくはスマホにいれて利用するならSIMプランがおすすめです。

FUJIWiFiの公式サイトはこちら

FUJIWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

 

4位|GMOとくとくBBWiMAX

GMOとくとくBB WiMAX
月額料金
初月~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
初期費用3,000円
キャッシュバック31,500円
端末代0円
契約期間
・3年契約
・違約金19,000円(12か月目まで)
・違約金14,000円(13~24か月目まで)
・違約金9,500円(25か月目以降)

キャッシュバックがたくさん貰えるというのが大きな魅力であるGMOとくとくBB WiMAX。

月額料金を見ると一見高いように見えますが、キャッシュバックを含めて考えるとWiMAXの中では最も安くなっています。

WiMAXは最大速度が優れている、3日で10GBを超えて制限された場合でも1Mbpsとそれなりに使える速度である、といったメリットがあります。

その点からWiMAXを選ぶというのであれば、第一選択肢としてGMOを選びましょう。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

GMOとくとくBBの詳細、評判・口コミをチェック!

 

結論:意外と使える500Kbps。WiFiと組み合わせた賢い運用がおすすめ

500Kbpsは128Kbpsに比べ、案外できることの幅が広がります。

LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質
通話標準画質
ビデオ通話×高画質×
Twitterテザリング
Instagramオンラインゲーム
Facebookデータダウンロード
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト

LINEなどの通話やメッセージ、テキストメインのWEBサイトやSNSであれば多少時間はかかるものの利用することが可能です。

しかしデータのダウンロードや動画視聴などできないこともあります。

外出先でそういった使い方をする場合500Kbpsの低速の格安SIMをメイン機にするのは難しいでしょう。

そういった場合は自宅の固定回線や、ポケットWiFiをうまく使い、通信費をさげる工夫をしたいですね。