auひかりの料金・契約方法まとめ。契約する前に確認しておくべきこととは?

auひかりの料金は、複雑で分かりにくく、マンションでも設備機器によってプランが変わってくるため、自分がどのプランに当てはまるのか調べるだけでも一苦労です。

そこで今回は、ごちゃごちゃしていて分かりづらいauの料金を、分かりやすく説明します。

契約にあたって利用したいキャンペーンや制度、契約時の注意点についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  1. auひかりの月額料金は?
    1. 月額料金の内訳で多いのは、回線+光電話+工事費分割代金ー割引
      1. ホームタイプは3年契約の「ずっとギガ得プラン」がおすすめ
      2. マンションタイプは建物の設備に応じてプランが決まってくる
    2. 速度が速くなるプランや留守番電話などのオプションを付けると高くなる
    3. 他社と比べるとauひかりは高いわけでも安いわけではない
  2. auひかりを契約する時の注意点
    1. 10ギガ・5ギガの高速サービスへのプラン変更は宅内機器の交換が必要
    2. スマホ料金が割り引かれるauスマートバリューの申し込みを忘れずに
    3. auひかりホーム を解約する時は「解約撤去費用」28,800円が必要
    4. auひかりが対応していない地域もある。引っ越しの多い人は気を付けて
  3. auひかりを契約する時の流れ
    1. 手順1|エリア確認と料金シミュレーション
    2. 手順2|契約窓口を決める
      1. 高額キャッシュバックを狙うなら代理店
      2. 現在の料金見直しや相談を含めて話をしたいのなら家電量販店
      3. 手早く申込みたいならauの公式サイト
      4. ショップ店員に話を聞きたいならいつものauショップ
    3. 手順3|提携プロバイダを決める
    4. 手順4|申込みを済ませて工事日を決定
    5. 手順5|申し込みから工事までは1ヶ月程度、インターネット回線開通
  4. auひかりはauスマホユーザーにおすすめ!!割引制度を活用して

auひかりの月額料金は?

auhひかりの料金プランは、ホームタイプとマンションタイプ、契約年数、光電話や光テレビなどのオプションで細かく分かれています。

まず最初に、だいたいどのくらいの料金が掛かるのかについて確認していきましょう。

auひかりの申し込みはこちら

 

月額料金の内訳で多いのは、回線+光電話+工事費分割代金ー割引

auひかりを契約する人の月額料金の内訳で多いケースは、インターネット回線+光電話+工事費の分割代金ー割引といった内容です。

まず回線や光電話、工事費の分割料金は次の通り。

ホームタイプは契約年数に応じて3つの料金プランがあり、マンションタイプは建物の設備機器に応じてプランが決まっています。

契約ホームマンション
3年4,900円
~5,100円
3,800円~
2年5,200円
契約期間
なし
6,300円
光電話500円500円
工事費
分割料金
1,250円×24回
(30,000円)
625円×60回
(37,500円)

回線利用料や工事を合わせるとホームタイプで6,500円、マンションでも5,000円近くなってしまって割高ですね。

ここで使いたい制度が、回線と光電話をセットで契約することで、工事費が実質無料になるサポート制度。

ネット回線に加えて光電話も契約しなければいけませんが、工事費が浮くので月額料金はホームタイプで5,600円、マンションタイプで4,300円くらいに収まります。

契約ホーム
(ずっとギガ得)
マンション
回線+電話5,100+500円3,800円+500円
割引工事費割引
1,250円×24回
(30,000円)
工事費割引
625円×60回
(37,500円)
合計5,600円4,300円

つまりauひかりは、工事費実質無料にするために回線と電話をセットに申し込むことで、お得に使える光回線サービスであると言えます。

なお、ホームタイプとマンションタイプの料金詳細は次の通りです。

ホームタイプは3年契約の「ずっとギガ得プラン」がおすすめ

ホームタイプには契約期間に応じて3つのプランがあります。

ホームタイプで最もお得に契約できるのが、3年契約の「ずっとギガ得プラン」です。

「ずっとギガ得」プランは、2年目、3年目になるにつれて月額料金が安くなります。

プラン名契約年数料金
ずっとギガ得3年1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目 4,900円
ギガ得2年5,200円
標準縛りなし6,300円

契約期間3年はちょっと長いですが、月額料金を重視するのであば「ずっとギガ得」がおすすめです。

マンションタイプは建物の設備に応じてプランが決まってくる

auひかりのマンションタイプは料金プランが複雑で、お得プランと標準プランとでは料金が変わらないところもあります。

ただ、契約自体が個別なのかマンションとして一括なのかなどによって契約解除料が異なってくるため、詳細の確認はカスタマーセンターへの連絡が一番です。

公式:auひかり「マンションタイプ」

料金契約解除料
マンションミニギガ5,000円7,000円
タイプV個別型3,800円/V16
4,100円/V8
7,000円
一括型9,500円
都市機構デラックス(DX)3,800円7,000円
タイプGG契約3,800円/16 お得
4,900円/16 標準
3,800円/8 お得
4,900円/8 標準
9,500円
都市機構Gデラックス(DX-G)3,800円/16 お得
4,900円/16 標準
9,500円
タイプE個別型3,400円/16
3,700円/8
7,000円
一括型9,500円
タイプF個別型3,900円7,000円
一括型9,500円
ギガ個別型4,050円7,000円
一括型9,500円

※1:一括型は不要。個別型は(24ヶ月-契約月数)×1,250円

速度が速くなるプランや留守番電話などのオプションを付けると高くなる

auひかりでよく「月額料金が思ってたより高い」と聞きますが、それは回線や光電話の基本料金に加えて、オプション料金が掛かっていることに原因があります。

例えば、より速い速度で通信できる10Gbpsオプションを申し込むと、月に1,280円(割引されても780円)掛かります。

電話オプションパックEX

(引用:auひかり電話付加サービス)

また、留守番電話などが利用できる「電話オプションパックEX」を付けた場合のオプション料金は、月500円もしくは月690円です。

目的サービス料金
速度を上げる10Gbps
5Gbps
+月1,280円
+月500円
電話サービスを
充実させる
電話オプションパックEX月500円
月690円
テレビサービスTELASA月562円

こういったオプションは、キャンペーンやキャッシュバックなどが適用される条件になっていることがあるため、なかなか解約もしにくいもの。

そういった割引条件に差し障りのないオプションがあれば、契約中に少しずつ解約していくようにしましょう。

他社と比べるとauひかりは高いわけでも安いわけではない

auひかりの月額料金(回線+光電話)と他社の料金を、工事費用のキャッシュバックなどを差し引いたうえで比較しました。

auひかりはマンション・戸建てのどちらの料金も、高いわけでも安いわけでもないということが分かります。

キャリアのドコモやソフトバンクも、大して料金は変わりません。

【光回線+光電話の料金】

サービスマンション戸建て詳細
auひかり4,300円5,600円
So-net光プラス4,980円6,080円詳細
ビッグローブ光4,480円5.480円詳細
enひかり3,800円
+工事費
4,800円
+工事費
詳細
ソフトバンク光4,300円5.700円詳細
ドコモ光
(タイプA)
4,500円5,700円詳細

enひかりの月額料金は他に比べて安いですが、こちらは工事費が自己負担になります。

キャリアや格安SIMは、光回線とセットで契約することでスマホの料金が割り引かれるケースが多いので、通信費全体を安く抑えたい場合は、自分のスマホを基準に契約先を選ぶのがおすすめです。

auひかりを契約する時の注意点

auひかりを契約する時の注意点をまとめました。

10ギガ・5ギガの高速サービスへのプラン変更は宅内機器の交換が必要

auホーム1ギガを契約している状態から10ギガや5ギガの高速接続サービスに変更する時は、コース変更に伴ってホームゲートウェイなどの宅内機器の交換が必要です。

そのためプラン変更の手続きができても、実際に使えるようになるまではタイムラグがあります。

上述の通り、10ギガや5ギガのプランは月額料金に高速サービス月額料が上乗せされる他、工事費用の請求があるため、ある程度費用面における心の準備もしておきたいところです。

参考:【auひかりホーム】10ギガ・5ギガへの速度変更

スマホ料金が割り引かれるauスマートバリューの申し込みを忘れずに

auスマートバリュー

(公式:auひかり)

auでスマホを契約している場合、光回線と電話をセットで申し込んでいると、auスマホの料金が割り引かれるauスマートバリューを適用することができます。

auスマホの契約プランに応じて月500円から月1,000円が永年割引になるので、auスマホユーザーは忘れずに申し込むようにしましょう。

ちなみに、似たような制度に「auスマーバリューmine」があります。両者の違いや詳しい内容について説明しているこちらの記事も、ぜひ参考にしてください。

auスマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?
自宅にauひかりを引く時や、WiMAXを契約する時に聞くのが「auスマートバリュー」や「auスマートバリューmine」という言葉。 両方とも一定の条件下で適用できる割引制度ですが、それぞれどのような場合に適用されるのか、何が違うのか分...

スマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?

auひかりホーム を解約する時は「解約撤去費用」28,800円が必要

auひかりホーム解約撤去費宇

(引用:auひかり公式「auひかりサービスご利用にあたって」)

auひかり ホームを契約すると、解約時に請求される運命にあるのが「解約撤去費用」です。

これは、自宅まで引き込んだauひかりの回線を撤去するために必要となるもの。

解約金などに加えて約3万円を自己負担したうえで回線を撤去に応じることが、契約時の書面にも記載されています。

撤去しないこともできないことは無いですが、その場合は「維持費用」として一定額の支払いを請求されることになるので、どちらが良いとは言い難いです。

auひかりが対応していない地域もある。引っ越しの多い人は気を付けて

KDDI系のeo光やコミュファ光との兼ね合いで、auひかりホームに対応していない地域があります。

※具体的には、、大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県。

引越し先にauひかりが無いと、解約や乗換えの手続きで疲れてしまいそうですね。

短期間に引っ越しが多い人や、該当地域で異動があるような人は、固定回線を契約するよりもコンセントを挿すだけで使えるホームルーターや、ポケットWiFiの契約を検討してみると良いでしょう

こちらは、住所変更などの手続きは必要ですが、光回線契約ほどの煩雑さがありません。

引っ越し時はただでさえバタバタと忙しくなってしまうので、ネット環境だけでも整備できると気持ちも楽になります。

ソフトバンクエアーの料金、キャッシュバック、解約金や口コミまとめ。固定回線と違って工事不要・すぐ利用可能はありがたい!
「自宅でインターネットをサクサクと使いたい」「工事をしたくない」「WiFiを置いてスマホの通信量を節約したい」という人におすすめなのが、ソフトバンクエアー。 箱型の機器をコンセントに挿すだけで使い始めることができるため、固定回線を引く...

auひかりを契約する時の流れ

ここからは、auひかりの契約の流れについて確認していきます。

手順1|エリア確認と料金シミュレーション

auひかりの申し込み01

auひかりは全国的に対応しているわけではなく、一部エリアは申し込みの対象外です。

申し込みを進める前には、「エリア検索」からauひかりを導入予定の住所検索をしておきましょう。

手順2|契約窓口を決める

「auひかりを申し込むならauショップでしょ」と思うかもしれませんが、申し込みができる契約窓口はいくつもあるので、以下を参考にして申し込み先を決めてみると良さそうです。

  • 正規販売代理店
    →高額キャッシュバックが欲しい人
  • 家電量販店
    →他社と比較しながら店員と相談したい人
  • auひかり公式サイト
    →公式という安心感のもとで契約したい人
  • auショップ
    →いつものお店で話を直接聞きたい人

auひかりが契約できるエリアであることが分かったら、契約窓口を決めて申込みへと進んでいきましょう。

高額キャッシュバックを狙うなら代理店

(引用:KDDI正規代理店 NNコミュニケーションズ)

長期的に契約する予定があり、途中解約することもなさそうなら代理店で契約するのも一つです。

光回線契約に多いwebの正規販売代理店は、高額キャッシュバックキャンペーンを展開していることが多いのが特徴

例えば、「KDDI正規代理店 NNコミュニケーションズ」のトップには、戸建てで52,00円、マンションでも47,000円キャッシュバックの文字が並んでいます。

KDDI正規代理店 NNコミュニケーションズの強みは、キャッシュバック手続きが簡単にできること。申し込みの電話口で手続きを終えられるので、メールなどで後からやりとりする必要がありません。

開通した人の100%がキャッシュバックを受けとっているというのですから、安心ですね。

光回線だけの開通なのか、光回線と光電話のセットで開通するのかで料金も変わってくるので、NNコミュニケーションズのサイトでしっかりと確認するようにしてください。

auひかりの申し込みはこちら

 

現在の料金見直しや相談を含めて話をしたいのなら家電量販店

普段から家電を購入する最寄りの家電量販店でも、auひかりの契約をすることが可能です。

現在の料金を見直したり、ゆっくりと相談したりして決めていきたい人に向いています。

しかし、割引を受けるにはパソコンの同時購入を条件とすることがあるなど、auひかりの契約一本では思うような特典を受けられないかもしれません。

できるだけキャッシュバックを手にしたい人は、家電量販店よりも正規販売代理店での契約を考えましょう。

手早く申込みたいならauの公式サイト

「正規販売代理店の特典は申請手続きが難しそうだし、代理店より公式の方が良い」と思うのであれば、auひかりの公式サイトから手早く申し込んでしまいましょう。

高額キャッシュバックはありませんが、特典のキャッシュバックを正規販売代理店よりも早めに受け取ることができるうえ、「公式での契約」という安心感があります。

料金プランなどに悩まなくても、フローに従って進んでいけば自分に合ったプランを選べるので手続き中に困ることもほとんどありません。

最終的にはauのカスタマーサポートに連絡をして相談することもできるため、煩雑な手続きが面倒に感じられる人や公式での契約による安心感が欲しい人におすすめです。

auひかり(公式)

 

ショップ店員に話を聞きたいならいつものauショップ

地域の店舗で話を聞きたいのであれば、いつものauショップに行ってみましょう。

auひかりにあまり詳しくない店員もいるかもしれないので、できるだけauひかりの知識を持っている店員に話を聞けるようにお願いしてみると互いにスムーズです。

手順3|提携プロバイダを決める

申し込み窓口を決めたら、提携プロバイダも選んでおきましょう

プロバイダとは、ネットと回線を繋ぐ役割をしているもので、auひかりではau独自のプロバイダであるau one netなどのプロバイダがあります

au one net 以外のプロバイダと契約した場合、通信障害などのトラブル時や解約時は各プロバイダでの手続きが必要になってくるため、できるだけ窓口をまとめておきたい人はau one netが良いでしょう。

プロバイダ連絡先プロバイダ連絡先
au one nettel : 0077-7076(無料)
年中無休(9:00~23:00)
ビックローブtel : 0120-68-0926
tel : 03-6328-0962(有料)
年中無休(9:00~18:00)
ニフティtel : 0580-03-2210(有料)
tel :03-6625-3232(有料)
年中無休(10:00~19:00)
DTItel :0570-004740(有料)
平日(10:00~17:00)
アット
ティーコム
tel : 0120-805633
平日(10:00~20:00)
土日祝(10:00~18:00)
ソネットtel :0120-80-7761(無料)
tel050-3383-1414(有料)
年中無休(9:00~18:00)
ASAHI
ネット
tel : 0120-577-108(無料)
tel :03-6631-0856(有料)
平日(10:00~17:00)

(参考:au公式HP「電話サポート予約」「提携プロバイダ連絡先一覧」)

auひかりの料金はプロバイダ利用料込みの料金ですから、選ぶ先によって月額料金が変わることはありません。

プロバイダ選びに困ったら「カスタマーサポートは十分か」「解約手続きがしやすいか」などの観点から考えると選びやすいです。

プロバイダとは?何で必要なのか、それぞれで速度等に違いがでるかについて分かりやすく解説
インターネットを契約する時に、「プロバイダ」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 プロバイダは、インターネット契約で欠かせない存在ですが、日頃あまり意識することが無いため、実際のところ何かよく分かっていないという人も多いです。 ...

プロバイダとは?何で必要なのか、それぞれで速度等に違いがでるかについて分かりやすく解説

手順4|申込みを済ませて工事日を決定

各契約窓口で申込みを済ませたら、工事日を仮決定します。

土日祝日の工事となると希望者は多いもの。

引越しシーズンと被ると工事日が2~3カ月先に延びてしまうこともあるでしょう。

さらに、ホームタイプの場合は土日祝日の工事となると3,000円が上乗せされるので、少しでも早く工事に取り掛かってほしい人や、費用を抑えたい人はできるだけ平日の工事がおすすめです。

希望日に工事をする一番良い方法は、余裕をもった計画的な申込みだね。

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説
光回線工事は、戸建てやマンション、アパートなどでインターネットを使えるようにするために欠かせない工事です。 ただ、工事内容についてはよく知らなかったり、何となく時間が掛かって高そうといったイメージを持っている人も多いと思います。 ...

手順5|申し込みから工事までは1ヶ月程度、インターネット回線開通

特に問題がなければ、通常は申込んだ1ヶ月から2ヶ月後に開通となります。

固定回線を引くためには工事が必要となり、さらに繁忙期だとかなり時間がかかってしまうデメリットがあります。

もしとにかくすぐにWiFi環境を整えたいならば、ソフトバンクエアーなど工事不要のものに契約する、契約期間に縛りがない(違約金がかからない)ポケットWiFiを契約するといった代替案も検討してみましょう。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...

auひかりはauスマホユーザーにおすすめ!!割引制度を活用して

auひかりの料金は、他社と比較するとそこまで安いわけではありません。

ただ、auスマホユーザーなら、スマホ代金が割引されるので、他のキャリア契約者よりは通信費がお得になります。

auひかりを契約する時は、乗換サポート制度や、工事費実質無料制度などの割引き制度をうまく活用したいですね。