【沖縄県】auひかりちゅらの料金や速度の評判は?キャッシュバック条件や解約金は契約前に要チェック!

auひかりちゅらは、沖縄県で利用できるKDDI系列の光回線です。

独自回線の利点を生かした独自のサービスや、auユーザーが契約することで受けられる割引制度、キャッシュバックなどが展開されていてお得な料金で利用できます。

しかし、auのスマホユーザー以外にはいまいちお得感がなかったり、キャッシュバックの条件が厳しかったりすることなどが難点です。

そこで今回は、auひかりちゅらの特徴や料金、契約方法や評判について解説します。

スポンサーリンク

auひかりちゅらってどんな光回線サービス?

auひかりちゅらの特徴を次のポイントから解説します。

  • 沖縄エリアで契約できるauひかりの光回線
  • 「しま割」と「auセット割」の割引を使うとお得
  • 最大50,000円のキャッシュバックを受けることができる
  • キャンペーンにより工事費が無料、初期費用は800円でOK

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

【特徴】沖縄エリアで契約できるauひかりの光回線

auひかりちゅらは沖縄県で契約できる光回線で、名前がよく似ているauひかりと同じくKDDI系列の企業が運営しています

そのため、auひかりちゅらはauひかりと同じ光回線を使用しており、フレッツ光系統の光コラボではないことが特徴の一つです。

auひかりちゅらの対応エリアは沖縄県広域ではあるものの、山間部や離島など一部地域では対応していないことがあります。

居住中の地域に対応しているかどうかは公式サイトにてあらかじめ確認しておきましょう。

参考:auひかりちゅら「エリア検索」

【料金】「しま割」と「auセット割」を適用で戸建ては月額5,100円から

auひかりちゅらの月本料金は、戸建てタイプで月額6,300円、マンションタイプ月額3,900円~4,680円です。

しかし、後述する「しま割」と「auセット割」を適用すると、次のようにお得な月額料金で利用できます。

タイプ戸建てマンション
プランちゅら
ホーム
ちゅら
マンション
V
ちゅら
マンション
ギガ
ネットのみ5,100円3,300円3,900円
ネット
+電話
5,600円3,800円4,400円
ネット
+テレビ
5,600円3,800円4,400円
ネット
+電話
+テレビ
6,100円4,300円4,900円

上記の月額料金には、プロバイダ利用料金と機器レンタル料の他に、次のサービスも含まれています。

ただし、いずれの料金プランでも6か月の最低利用期間が設けられており、契約から半年以内で解約すると違約金を請求されるので注意が必要です。

それぞれの料金プランの適用条件や接続速度は次の通り。

料金プラン適用条件接続速度
ちゅら
ホーム
戸建て
もしくは
4階建て以下の集合住宅
最大1Gbps
ちゅら
マンション
V
光回線の配線がVDSL方式最大100Mbps
ちゅら
マンション
ギガ
光回線の配線がLAN方式最大1Gbps

マンションに居住している場合、料金タイプが「ちゅらマンションV」と「ちゅらマンションギガ」になるかは、光回線の配線方式(LAN方式・VDSL方式)によって自動的に決まるため選択はできません。

ただし、4階建て以下の集合住宅の場合は大家さんや管理会社の了解を得ることができれば、戸建てタイプの「ちゅらホーム」にて契約可能です。

「しま割」適用で月額料金から割引される

auひかりちゅらでは、一定の契約期間で契約する「しま割」を適用すると、ちゅらホームとちゅらマンションギガで月額390円、ちゅらマンションVで月額210円の割引を受けることができます

ただし、契約期間はちゅらホームで3年間、ちゅらマンションVとちゅらマンションギガでは2年間で、契約期間内で解約すると違約金が発生するので注意が必要です。

しま割の割引額や契約期間などの条件を、プランごとにまとめました。

料金プラン割引額契約期間違約金
ちゅら
ホーム
月額390円3年間
(自動更新有)
9,500円
ちゅら
マンション
V
月額210円2年間
(自動更新有)
2,520円
ちゅら
マンション
ギガ
月額390円9,500円

契約期間はすべて自動更新で契約更新期間は2か月となり、この2か月間以外で解約すると違約金が発生します。

なお、しま割の契約期間は料金プランの最低利用期間とは異なります

しま割を適用した状態で契約から半年以内で解約した場合、下記のしま割の違約金に加えて後述する最低利用期間の違約金も必要になるので注意が必要です。

【ちゅらホームのしま割違約金】

ちゅらホームでは3年の自動更新なので、2020年8月に契約した場合は3年後の2023年9月~10月、6年後の2026年9月~10月、以降3年ごとの9月と10月に解約すると違約金は不要。

【ちゅらマンションVかマンションギガのしま割違約金】

ちゅらマンションVとちゅらマンションギガでは2年の自動更新で、2020年8月に契約した場合は2年後の2022年9月~10月、以降2年ごとの9月と10月の解約では違約金は不要。

最大50,000円のキャッシュバックあり

auひかりちゅらを契約すると、最大で50,000円のキャッシュバックを受けることができます。

ただし、キャッシュバックを受けるために次のすべての条件を満たす必要があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

  • 申し込み時に「しま割」を適用する
  • 「auスマートバリュー」に加入する
  • 「セットトップボックス」をレンタルする
  • 光回線開通の翌々月末までに、「auPAYプリペイドカード」の申し込みを完了する

上記のようにいくつも条件があるため、全てを満たすのはなかなか難しそうですね。

例えば、ホームタイプでしま割とスマートバリューを適用できる場合は40,000円のキャッシュバックをもらえますが、しま割を利用しない場合はその時点でキャッシュバックが無しになります。

また、キャッシュバックはauPAYプリペイドカードへのチャージという形式になるので、現金でキャッシュバックを受けることはできないことに注意しておきましょう。

【比較】他社と料金はあまり変わらない

auひかりちゅらの月額料金を、沖縄県で利用可能な他社の光回線と比較してみました。

タイプ戸建てマンション
auひかりちゅら5,100円3,300円(V)
3,900円(ギガ)
ちゃんぷる光4,900円3,600円
ビックローブ光4,980円3,980円
AsahiNet光5,180円4,080円
OCN光5,200円3,600円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円

全体的に見てみると、auひかりちゅらは他社とそう変わらない月額料金と言えるでしょう。

同じ沖縄限定のちゃんぷる光より割高なのは気になるところですが、携帯電話の大手キャリア系列の回線と比べると、auひかりちゅらは100円ほど安くなります。

ちゅらマンションVの場合は他社より割安になりますが、ちゅらマンションギガの場合だといまいちお得感がないですね。

【工事費】キャンペーンにより無料、初期費用は800円でOK

auひかりちゅらはKDDIの光回線を使用する独自回線業者なので、NTTのフレッツ光や他社の光コラボから乗り換えることはできません。

そのため、auひかりちゅらを契約すると新規の回線工事が必要となり、工事費用は37,800円と高額です。

しかし、現在は工事費が実質無料になるキャンペーンが開催されているので、次の条件を満たすとお得に契約することができます。

  • ネットと電話をセットで申し込む
  • 3年以上継続して契約する

2つの条件すべてを満たすと、ネットの料金から550円の割引と電話基本料金500円が無料になり、月額料金が1,050円安くなります。

その条件で3年間契約を継続すると、合計で37,800円の工事費が実質無料になるというシステムです。

初期費用として必要な800円は支払わないといけませんが、他社と比べても安いのであまり問題はないでしょう。

ただし、契約から3年未満で解約すると、工事費の残債分を一括請求されるので解約時期には注意してください。

auひかりちゅらの口コミや評判は?

auひかりちゅらの口コミや評判を集めました。

【速度について】

auひかりちゅらユーザーが実測した速度を見ると、それなりに速度が出ていて速いものが多いです。

一般的に1Gbpsが理論値の光回線は、手元では100Mbpsも出ないことがしばしばあります。

しかしauひかりのホームタイプを利用している人は、300Mbps以上出ている人も多く、速度の面ではばっちりですね。

【エリアについて】

auひかりちゅらのエリアが対応しておらず、泣く泣く諦めている人もいました。

数年でエリアが拡大している可能性もあるので、以前トライしても申し込めなった場合でも、一度検索から調べて見ると良いでしょう。

auひかりちゅらのメリットは?

auひかりちゅらには次の4つのメリットがあります。

  • auスマートバリューを適用できる
  • 工事費が実質無料になる
  • 独立回線なので速度が比較的速い
  • WiFiルーターを無料レンタルできる

それぞれのポイントを見ていきましょう。

スマホとセットで使えばauスマートバリューを適用できる

(引用:au公式)

auのスマホユーザーがauひかりちゅらをセットで契約すると、スマホの月額料金が安くなる「auスマートバリュー」を適用可能です。

割引額はauスマホで契約している料金プランによって異なり、「ピタットプラン 5G」は500円、「データMAX 5G」では1,000円の割引を受けられます。

auスマートバリューを適用するには、ネットだけではなくひかり電話の契約も必要になりますが、毎月の通信費を節約するためにもぜひ利用したいですね。

工事費が実質無料になる

auひかりちゅらの工事費はフレッツ光系統の回線と比べると高額ですが、キャンペーンの適用により実質無料になります。

ただし、ネットと電話をセットで契約することや、3年以上利用し続けることが条件です。

3年以内で解約すると工事費が完全には無料にならず、残債分を一括請求されてしまいます。

しま割を適用していると時期により違約金も請求されるので、解約するタイミングには注意が必要です。

独立回線なので速度が比較的速い

auひかりちゅらはKDDIの独自回線を使用しているため、NTT系の回線を使用している事業者と比べると、比較的速度が速い傾向にあるようです。

フレッツ光の回線はOCN光やドコモ光、ソフトバンク光など多数の光コラボ事業者も同時に使うので、混線状態になって通信速度が低下することがあります。

一方で、auひかりちゅらでは、夜間や休日でも比較的にネットを利用できるのがメリットの一つです。

auスマートバリュー加入でWiFiルーターを無料レンタルできる

auひかりちゅらでWiFiルーターをレンタルする場合は、月額500円の費用が必要です。

しかし、auスマートバリューに加入することで、WiFiルーターを無料でレンタルできるようになります。

前述したスマホの月額料金の割引もあるので、auユーザーであればぜひauスマートバリューに加入しましょう。スマートバリューの加入や脱退に契約期間や違約金はありません。

auひかりちゅらのデメリットは?

auひかりちゅらには次の5つのデメリットがあります。

  • 6ヶ月以内に解約すると違約金が掛かる
  • プロバイダが一つしかない
  • ドコモやソフトバンクのユーザーにはお得感がない
  • キャッシュバックをもらえる条件が厳しい
  • 台風の影響を受けやすい

契約するときはあらかじめ上記に点に留意しておきましょう。

6ヶ月以内に解約すると違約金が掛かる

auひかりちゅらには、どの料金プランに対しても最低利用期間が設定されており、その期間は6か月です。

6か月以内に解約すると、「ひかりちゅらホーム」と「ひかりちゅらマンションギガ」プランでは14,400円「ひかりちゅらマンションV」の場合は3,200円の違約金を支払う必要があります。

さらに、しま割も適用しているとそちらの違約金も発生するので、解約時期には注意してください。

プロバイダが一つしかない

auひかりちゅらの月額料金はプロバイダ利用料もセットになっていますが、選べるプロバイダは「au one net」の1種類のみです。

同じKDDI系列のauひかりでは、@niftyやAsahiNetなど7つのプロバイダから自由に選ぶことができるので、auひかりと比べると不足感があるかもしれません。

他社の光回線から乗り換えると、ほとんどの場合でプロバイダ変更を余儀なくされるので、メールアドレスが使えなくなるなど不都合が生じることもあります。

ドコモやソフトバンクのユーザーにはお得感がない

auひかりちゅらは、auのスマホユーザーはauスマートバリューの加入により、月額料金の割引やWiFiの無料レンタルを受けることができます。

しかし、他社のスマホを利用している人は、いまいち目立った割引を受けることができません

ドコモやソフトバンクのユーザーは、ドコモ光やソフトバンク光を選択する方が、割引制度が充実していてお得に利用できるでしょう。

ドコモ光には「ドコモ光セット割」が、ソフトバンク光には「おうち割 光セット」があり、どちらもスマホの月額料金が永年1,000円引きになります。

キャッシュバックをもらえる条件が厳しい

特定の条件を満たすと最大で戸建てタイプ50,000円、マンションタイプ40,000円の還元を受けられるキャッシュバック制度ですが、その条件が厳しいのは難点です。

満額キャッシュバックを受けるためには、「しま割」「auスマートバリュー」「セットトップボックス」のすべてを契約し、auPAYプリペイドカードも申し込む必要があります

auユーザーでなければauスマートバリューも適用できず、10,000円のキャッシュバックしか受けられません。

しかも、キャッシュバックは現金ではなくauPAYプリペイドカードへのチャージという形式なので、使えるのはコンビニやオンラインショップなど限られた加盟店だけです。

他社で開催されているキャッシュバックキャンペーンと比べると、auひかりちゅらの条件は悪いと言えるでしょう。

台風の影響を受けやすい

沖縄には多数の台風が上陸しますが、暴風の影響でどうしても通信が不安定になることや、光回線が断線してしまうことがあります。

しかし、台風による回線障害は仕方のないことでもあり、フレッツ光系の回線でも状況はあまり変わらないと考えられます。

とはいえ、台風の季節になったら常に回線障害が起きることを想定して、重要な作業は常にバックアップを取るなどの対策を取るようにしておきたいですね。

auひかりちゅらの契約・解約方法

auひかりちゅらの契約と解約の方法について解説します。

auひかりちゅらの契約方法

auひかりちゅらの契約は公式サイト上から次の手順で行います。

  1. 公式サイトにて、エリア検索と申し込み
  2. 申し込みから約2週間後に、契約内容に関する確認の電話
  3. 約1か月半後に、光回線工事の日程調整や機器および書類の送付
  4. 指定した日程に光回線の敷設工事
  5. ルーターなどの機器の設置と初期設定完了後、インターネット使用可

戸建てタイプの場合は上記のように合計で1か月半ほど時間が必要ですが、集合住宅で設備が整っている場合は約2週間で利用可能になります。

公式:auひかりちゅら

auひかりちゅらの解約方法

解約する場合は、電話にて次の手順で手続きを進めてください。

  1. 「auひかり ちゅらお客さまセンター」(0120-994-778)に電話で申し込み手続き
  2. 申し込みから10日前後で、解約内容の確認(必要な場合は光回線の撤去工事日を調整)
  3. 光回線の撤去工事やレンタル機器の返却

解約する時期によっては違約金も請求されるので、電話にて詳細を確認しておきましょう。

沖縄で速度重視の光回線を使うならauひかりちゅら

auひかりちゅらの概要やメリット・デメリットについて解説してきました。

auひかりちゅらの月額料金は他社とさほど変わらないこと、しま割など縛りのある割引を使わないとお得にならないことなど、料金面ではあまりおすすめの回線とは言えません

ただ、auひかりちゅらユーザーの口コミをみる限り、かなり速い速度で通信できるのは間違いないでしょう。速度を重視するのであればauひかりちゅらがおすすめです。

【2020年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。マンションでも戸建てでも重要なのはスマホのセット割!
光回線サービスはやたらと色々なものが多く、キャッシュバックや月額料金もまちまち過ぎて調べても結局よくわからない。なんて人もおそらく多いはずです。 ただその時に単に「キャッシュバックが多いところ」、「月額料金が安いところ」と決めてしまう...