auひかりのテレビサービスの内容や料金は?YouTubeは見れてもBSは見れないって本当?契約・解約方法も紹介

せっかくauひかりを契約するなら、auひかりユーザー限定の映像配信サービスも楽しみたいですよね。

とはいっても、auひかりのテレビサービスにはどんな種類があるのか、地デジやBSは見れるのかといった疑問もわいてきます。

本記事では主に、auひかりテレビサービスのサービス内容や利用料金、注意点について解説していきます。契約・解約方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

auひかりのテレビサービスって何があるの?

auひかりテレビサービスは、自宅のテレビであらゆるジャンルのコンテンツを楽しむことができる、auひかりユーザー限定の映像配信サービスです。

具体的にどのようなサービスがあるのか、料金はどのくらいかかるのかについて見ていきましょう。

3つのサービス「ジャンルパック」「オールジャンルパック」「TELASA」

auひかりテレビサービスでは、映画やドラマ、アニメなど見たいジャンルを1つ選ぶ「ジャンルパック」(月1,480円)と、全ジャンルのコンテンツを見られる「オールジャンルパック」(月2,480円)の2つからプランを選ぶことができます。

さらにそれぞれのパックに加えて、ドラマやバラエティ、アニメなどが楽しめる「TELASA(テレサ)」(月562円)という動画配信サービスを追加で契約することも可能です。

【ジャンルパック】6つのジャンルから1つを選んで月額1,480円

ジャンルパックは、6つのジャンル(ムービー・アニメ・スポーツ・ドラマ・エンタメ・ライフ)の中から見たいジャンルを1つだけ選ぶことができるプランです。

月額1,480円で、どのジャンルを選んでも6〜11種類ほどのチャンネルを楽しむことができます。

【オールジャンルパック】47チャンネル見放題で月額2,480円

オールジャンルパックは、6ジャンル(ムービー・アニメ・スポーツ・ドラマ・エンタメ・ライフ)全てを楽しむことができるプランです。

月額2,480円で、47種類の様々なチャンネルを全て視聴できます。

ジャンルパックより1,000円高いですが、2つ以上見たいジャンルがある場合はオールジャンルパックを選ぶ方がお得です。

ちなみに、映像配信サービスと言えば「スカパー!」を思い浮かべる人もいると思います。

そこでauひかりのオールジャンルパックと、スカパー!の基本プランを比較してみました。

オールジャンル
パック
スカパー!
月額2,480円3,990円※
チャンネル数47ch50ch
初期費用登録料800円
auひかりの工事費
工事費
9,225円

※「スカパー!基本プラン」(基本料:390円、視聴料:3,600円)

スカパーは月額3,990円で50チャンネル視聴できるサービスですが、47チャンネル視聴できる「オールジャンルパック」は月2,480円と安いです。

また、スカパーを視聴するにはアンテナの取付けが必要(場合による)となり、別途9,225円の工事費用が必要になります。

スカパーと比べるとチャンネル数は若干少ないですが、auひかりを利用するのであれば「オールジャンルパック」の方が、コスパの良いサービスと言えるでしょう。

【TELASA】旧ビデオパスのことで、月額562円より利用可能

TELASAは、もともとauが運営していた「ビデオパス」に、テレビ朝日が運営に加わってリニューアルされた動画配信サービスです。

月額562円でドラマやバラエティ、アニメなどのコンテンツを好きなだけ楽しめます。

ちなみに「ジャンルパック」や「オールジャンルパック」と同時にTELASAを契約すると、セット割で月額料金が300円割引になってお得です。

TELASAでは新作のレンタルに使えるポイントが毎月550ポイント付与されるため、毎月1本無料で視聴することができます。

また、テレビ以外にもスマホやタブレットにダウンロードすることが可能で、いつでもどこでもコンテンツを楽しめるサービスです。

映像配信サービスを利用するには専用のセットトップボックスが必要

ここまで取り上げてきたサービスを利用して映像配信サービスを視聴するには、専用のセットトップボックスが必要です。

セットトップボックスというのは、放送信号をテレビで視聴可能な形式に変換する機能を持つ機器のこと

簡単に言うと、受信用アンテナ要らずのサービスなので、屋根やベランダにアンテナを設置する工事は不要。悪天候でも映像が乱れることがないのがメリットです。

auひかりテレビサービスの利用する場合は、STA3000・STW2000という2種類のセットトップボックスのいずれかをレンタルすることになります。

(画像引用:auひかり公式)

STA3000(上図左)はリモコンに動画配信サービス(Netflix・YouTube等)ボタンがついているため切り替えが簡単。

ただ録画機能の利用やパソコンによる視聴を考えている場合は、STW2000(上図右)がおすすめです。別途外付けHDDを接続することで2番組の同時録画にも対応しています。

なお、セットトップボックスのレンタル料金は、STA3000・STW2000ともに月額500円です。

参考:auひかりセットトップボックス

新規加入で月額利用料が最大2ヶ月無料になる

auひかりテレビサービスでは、新規加入すると月額利用料が最大で2ヶ月間無料になるキャンペーンが開催されています。

auひかりの最大2ヶ月無料キャンペーン

(引用:auひかり公式)

対象は、「ジャンルパック」と「オールジャンルパック」を契約したいずれか1回のみです。

ただし、初回登録料800円(税抜)とセットトップボックスのレンタル料金500円は、無料にならないので注意しましょう。

auひかりのテレビサービスを利用するなら注意しておきたいこと

auひかりのテレビサービスを利用する際に注意が必要なのは、以下の3つです。

  • 地デジやBSを見ることはできない
  • スマホやタブレットで観るには有料のVideo & TV SideViewアプリが必要
  • フレッツ光や光コラボで利用していた「ひかりTV」を引き継げない

順に解説します。

地デジやBSを見ることはできない

auひかりテレビサービスでは、「ジャンルパック」や「オールジャンルパック」を契約してセットトップボックスを設置しても、地デジやBSは見ることができません

スカパーやひかりTVは、セットトップボックスが対応していれば地デジやBSを見ることができるため、勘違いする人も多いようです。

なお、auひかりテレビサービスで地上波やBSを視聴するには、別途アンテナを取り付けるかスカパーなどのサービスを契約する必要があります

auひかりのテレビサービスといっても、厳密には「auひかりの映像配信サービス」だと理解しておきましょう。

スマホやタブレットで観るには有料のVideo & TV SideViewアプリが必要

auひかりテレビサービスのコンテンツをスマホやタブレットで見るには、「Video & TV SideView」という有料アプリ(月500円)を追加する必要があります。(iOSAndroid)

このアプリを追加することで、「外からどこでも視聴」や「家じゅうどこでも視聴」、「ワイヤレスおでかけ転送」が利用可能。

自宅・外出先でスマホやタブレットから録画したコンテンツを見られるようになります。

参考:auひかり「Video & TV SideView」

フレッツ光や光コラボで利用していた「ひかりTV」を引き継げない

フレッツ光や光コラボを利用している方がauひかりに乗り換える場合、オプションで利用していた「ひかりTV」を引き継ぐことはできません

auひかりはKDDIが自前の回線を使用して提供しているサービスなので、NTT回線を使っている光回線サービスで提供されている「ひかりTV」を利用することができないからです。

契約中のひかりTVを解約するとなると、2ねん割やサービスの契約解除料などによる違約金が掛かる場合がありますので、乗り換えのタイミングは慎重に行うようにしてください。

ひかりTVって何ができる?何が見れる?料金やチューナー、他のテレビサービスとの違いを解説
「ひかりTV」は、光回線を利用してテレビを見ることのできるサービスの一つ。 名前を聞いたことはあるけれど、普通のテレビとの違いや、何ができるのか、何が見れるのかといった具体的なことはいまいち分からない…という人も多いでしょう。 ...

ひかりTVって何ができる?何が見れる?料金やチューナー、他のテレビサービスとの違いを解説

auひかりテレビサービスの契約方法

auひかりテレビサービスを契約する方法は、以下の2つがあります。

  • auひかりの新規申し込みと同時に契約
  • auひかりの契約者が追加で申し込む

順に解説します。

auひかりの新規申し込みと同時に契約

auひかりの新規申し込みと同時にauテレビサービスを申し込む場合は、まずauひかりの新規申し込みをした後に、auテレビサービスを申し込みます。

申し込み手順は、以下の通りです。

  1.  auひかりの公式サイトで提供エリア確認をする
    (参考:auひかり公式「エリア検索」)
  2.  提供エリアだった場合は利用するサービスを選択する
  3.  申し込みフォームに必要事項を入力して申し込み
  4.  auひかりテレビサービスの公式サイトを開く
  5.  キャンペーンの申し込みフォーム(公式)に必要事項を入力して申し込み

エリア検索の段階で自宅がauひかりの提供エリア外だった場合は、残念ながらauひかりやauテレビサービスを利用することができません。

フレッツ光やソフトバンク光などの光コラボ、NURO光など他の回線を検討することになります。

【決定版】光回線の選び方!どれがいいかがわかる3つのポイントとは?わかりにくい光回線選びもこれで大丈夫!
「さあ光回線を契約しよう」と思っても、いざ調べてみると「~光」がたくさんありあすぎて、何をどう選べば良いのかよく分からない…と途方に暮れてしまう人も多いでしょう。 しかし3つのポイントを押さえてしまえば、光回線選びは思ったよりも簡単で...

【決定版】光回線の選び方!どれがいいかがわかる3つのポイントとは?わかりにくい光回線選びもこれで大丈夫!

auひかりの契約者が追加で申し込む

すでにauひかりを契約している場合は、auひかりテレビサービスの申し込みだけを行います。

先ほどのキャンペーンページから必要事項を入力し、auひかり契約者の名前や住所、電話番号を入力のうえ申し込みをしてください。

なお、この時はauひかりの登録内容とauひかりテレビサービスの申込内容が一致するようにしましょう。

auひかりテレビサービスの解約方法

auひかりテレビサービスの解約手続きは、電話もしくは会員ページから行うことができます。

電話で解約する場合は、以下の「KDDIお客様センター」へ問い合わせて解約の旨を伝え、手続きを進めましょう。

【KDDIお客様センター】
電話番号:0077−777
もしくは0120−22−0077
受付時間:9:00〜20:00(年中無休)
※2020年9月1日より受付時間変更予定
旧:9:00〜20:00 新:9:00〜18:00

会員ページから解約する場合の手順は、以下の通りです。

  1.  「My au」にログインする
  2.  「オプションサービス」を開く
  3.  「コンテンツサービス利用状況」から「auひかりテレビ」を探す
  4.  「オプション解約」を選択

解約手続きができたら、セットトップボックスの返却もします。解約後10日前後で送られてくる返却用の着払い伝票を利用して、機器を返却してください。

返却が一定期間遅れると違約金を請求されるため、返却用の伝票が届いたら速やかに機器を返却しましょう。なお、返却が遅れた場合の違約金は、以下の通りです。

利用期間返却遅延による
違約金
~13ヶ月未満14,510円
13ヶ月~25ヶ月未満 6,619円
25ヶ月~37ヶ月未満 4,631円
37ヶ月以上 3,000円

参考:KDDI公式サポート

auひかりのテレビサービスは映像配信サービスが中心!

auひかりのテレビサービスについて解説してきました。

ここまで説明してきた通り、auひかりのテレビサービスは「テレビ」という名前は付いているものの、基本的には映画などの映像配信サービスが中心。

地上デジタル放送・BS放送などを楽しみたい場合は、別にスカパーなどの有料サービスを契約する必要がありますので注意してください。

ただ、普段からテレビはあまり見ず、YouTubeや映画はたくさん観るという人にはもってこいのサービスではあります。自分に合ったパックやサービスを選ぶようにしましょう。

auひかりの申し込みはこちら

auひかりの詳細はこちら