BB.excite光 Fitの評判はどう?段階性料金は本当にお得?メリットやデメリットを解説

BB.excite光 Fitは、エキサイト株式会社が運営しているインターネット回線サービスです。

フレッツ光の光回線と独自のサービスを組み合わせた光コラボで、通信速度や品質に定評があります。

珍しい従量制のプランで月額料金を安く抑えられるのが魅力ですが、キャッシュバックやスマホとのセット割引が無いのが気になるところ。

本記事では、BB.excite光 Fitの特徴や料金プラン、契約方法や評判について解説します。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

BB.excite光 Fitとは?エキサイト光やexcite MEC光との違いは?

BB.excite光の概要を解説する前に、まずは「BB.excite」が運営する3つの光コラボ「BB.excite光 Fit」「excite光」「excite MEC光」の違いを確認しておきましょう。

3つの光サービスはそれぞれ、料金プランや接続方式、工事費用に違いがあります。三者の特徴をまとめると次の通り。

  • 定額制で安く使える…エキサイト光
  • IPv6対応で速度も快適…excite MEC光
  • IPv6対応で料金は使った分だけ支払う従量制…BB.excite光 Fit

さらに、比較しやすいように各特徴を表にまとめました。

BB.excite光 Fitエキサイト光excite MEC光
接続方式IPv6 IPoEIPv4 PPPoEIPv6 IPoE
月額料金
(戸建て)
3,200円
~5,300円
※1
4,360円4,500円
月額料金
(マンション)
2,400円
~3,800円
※1
3,360円3,500円
工事費用
(戸建て)
実質無料
※2
18,000円
工事費用
(マンション)
実質無料
※2
15,000円
公式公式公式公式

※1:使用量に応じて段階的に変動
※2:キャンペーンで実質無料

エキサイト光は従来から使われているIPv4 PPPoE接続であるため、回線が混雑しやすい夕方から夜間に掛けての時間帯は速度が遅くなることが度々あります。

一方、BB.excite光 Fitとexcite MEC光は、どちらも混雑を避けて通信できるIPv6 IPoE方式で、比較的快適に通信することが可能です。

料金面で言えば、IPv6に対応していないエキサイト光は、FitやMEC光と比べると月額料金が安くなっています。(戸建てタイプ4,360円、マンションタイプが3,360円)

ただ、BB.excite光 Fitは使った量によって料金が変わる従量制(戸建てタイプ3,200円~5,300円、マンションタイプ2,400円~3,800円)で、場合によってはMEC光やエキサイト光よりも安く使えることも。

このように、BB.exciteの光コラボは、通信の安定性や速度、料金でそれぞれ特徴が異なるため、「安く使いたい」「速度は重視したい」といった希望に合わせてサービスを選ぶのがおすすめです。

なお、工事費用は3種類とも同じで戸建ては18,000円、マンションでは15,000円ですが、BB.excite光 Fitではキャンペーンにより工事費が実質無料になります。

公式:BB.excite光 FIt

BB.excite光 Fitの基本情報

BB.excite光 Fitの月額料金や工事費、支払い方法などについて解説します。

【月額】段階料金制で戸建て月3,200円から、マンションは月2,400円から

(引用:BB.excite光 Fit)

BB.excite光 Fitは、光回線としては珍しく月額料金に「段階料金制(従量課金制)」を採用しています。

つまり、毎月の使用量に応じて月額料金が変わるということです。

光回線は一般的に定額制が多く、使用量を控えたところで料金が安くなることはありませんよね。

対して、BB.excite光 Fitでは月額料金が戸建てで3,200円~5,300円、マンションでは3,200円~5,300円と変動するため、通信量を抑えることで料金を節約することができます。

例えば、エキサイト光だと戸建ては月4,360円の定額ですが、BB.excite光 Fitで200GB以下の通信量であれば、月3,900円となり、エキサイト光よりも月額料金を安くすることも可能です。

BB.excite光 Fitエキサイト光
通信量戸建て
(月額)
マンション
(月額)
戸建て
(月額) 
マンション
(月額) 
~50GB※3,200円2,400円4,360円3,360円
~200GB3,900円3,100円
~500GB4,600円3,800円
500GB~5,300円

※ 2020年9月末日まで20GB増量キャンペーン中、10月1日より30GB未満に変更となる

ちなみに、従量制だと使いすぎた場合、請求が高額になる気がしてちょっと怖い気もしますが、BB.excite光 Fitなら大丈夫です。

戸建ては500GB、マンションでは200GBを超過すると、それ以上料金が高くなることはありません。

200GB以上使うとエキサイト光よりも高くはなるものの、毎月の通信量がそう多くないのであればば、定額制のプランよりも従量制のBB.excite光 Fitを選んだほうが、通信費の節約になります

公式:BB.excite光 FIt

【工事費】キャンペーンにより実質無料!!

2020年2月に始まったキャンペーンを適用すると、初期費用が無料、さらに工事費が実質無料になります。無料になる対象の費用は次の通りです。

【初期費用】

  • 登録手数料 3,000円
  • 契約事務手数料(新規申込) 1,000円
  • 転用事務手数料(転用申込) 2,000円
  • 事業者変更事務手数料(事業者変更申込) 2,000円

【工事費用】

  • 新規申込(戸建て) 18,000円
  • 新規申込(ファミリー) 15,000円

ただし、工事費は即座に無料になるわけではなく、30回の分割払いに対して戸建てタイプ600円、マンションタイプ500円の値引きが行われることになります。

つまり、実質的に工事費を支払う必要はなくなりますが、30ヶ月が経過しないと工事費が完全には無料にならないということです。

30回の分割払い期間である2年6か月以内に解約すると、工事費の残額を支払わなければならないため、契約の際は注意してください。

【契約期間・解約金】最低利用期間なし、解約事務手数料なし

光回線を契約するときに気なるのが、最低利用期間や解約金といった契約条件。

他の回線では、長期の契約期間や高額な違約金など厳しい条件が設定されていることもありますが、BB.excite光 Fitなら最低利用期間や解約金がなく、それらの心配をせずに契約できます。

ただ先ほど触れた通り、新規契約で工事費が実質無料になるキャンペーンを利用した場合、2年6カ月以内の途中解約で工事費の残債を請求されるため、注意が必要です。

【支払い方法】クレジットカードのみ、口座振替には対応していない

BB.excite光 Fitの支払い方法はクレジットカードのみです。

BB.exciteの光コラボレーションはいずれも、口座振替やデビットカードの支払いには対応していません。

BB.excite光 Fitの口コミや評判

BB.excite光 Fitの口コミや評判を集めました。

2020年2月から始まった比較的新しいサービスということもあり、利用者の評判はまだそこまで多くありません。

ただ、従量制による月額料金の安さに惹かれ、契約を検討している人が多く見受けられました。

200GBまで使っても戸建てで月3,900円、マンションで月3,100円というのは、他の光回線に比べてもかなりお得な価格。ポケットWiFiから乗り換えている人もいます。

なお、最初に料金が上がるボーダーライン「50GB」は2020年9月末までの期間限定。10月からは「30GB」で料金が上がってしまいますので、注意してください。

口コミの中には、サポートの手際の良さに感謝している人もいました。

サポート対応が良いと、安心して契約できますね。

BB.excite光 Fitの口コミや評判は、今後も集まり次第随時更新していきます。

BB.excite光 Fitのメリット

BB.excite光 Fitのメリットは以下の通りです。

  • 使った分だけ支払うから通信費を節約できる
  • キャンペーン適用で工事費が実質無料になる
  • IPv6 IPoE接続に対応しているので通信が速くて快適
  • IPv6 IPoE接続対応ルーターを無料でGETできる

一つずつ確認していきます。

珍しい段階料金制で使った分だけ支払うから安く済ませることが可能

BB.excite光 Fitは、月額料金に「段階料金制(従量制)」を採用しています。

段階料金制では使った分だけ支払えばいいので、通信量が少なければそれだけ料金も安くなり、定額制に比べて通信費を節約することができます。

例えば、ドコモ光やソフトバンク光の戸建てタイプでは、あまり使わなかった月でも月額5,200円を支払わなければなりません。

一方、BB.excite光 Fitで月間使用量が50GB未満なら、わずか月3,200円に抑えることができます

BB.excite光と他社の月額料金を比較してみましょう。

光回線戸建てマンション
BB.excite光 Fit
(~50GB)
3,200円2,400円
BB.excite光 Fit
(~200GB)
3,900円3,100円
OCN光5,200円3,600円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり5,100円3,800円

このように、BB.excite光 Fitでは200GB近く使用しても、他社よりも安く使えることが分かります。

ただし、BB.excite光 Fitは一定以上の通信量を使うと他社より高くなること、他社の特典や割引次第ではBB.excite光 Fitより安くなることもあるので、幅広く検討してみましょう。

公式:BB.excite光 FIt

キャンペーンで工事費が実質無料

光回線の敷設工事費用が気になる人も多いでしょうが、BB.excite光 Fitなら、キャンペーンを利用することで、工事費が実質無料になります。

契約期間の縛りがない「enひかり」や「おてがる光」では、工事費が全額自己負担。実質無料のキャンペーンはどこでもやっているものではないので、キャンペーン期間中に申し込みたいものです。

光回線の工事費用はどれくらい?実質無料は本当?工事費負担の目安や注意点を解説
契約すればすぐに使える携帯と違って、光回線は工事やそのやり取りなどが面倒なうえに、配線工事でお金が掛かる…そんなイメージを持っている人は多いでしょう。 しかし、実際に工事をしてみると思ったよりも安く済んだり、割引によって実質工事費用無...

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6接続に対応しているので通信が速くて快適

BB.excite光 Fitは「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」接続に標準対応

従来の方式である「IPv4 PPPoE」接続は、回線混雑時に通信が遅くなってしまう問題がありましたが、「IPv6 IPoE」なら、アクセスが集中しやすい夜間や週末でも快適な通信が可能です。

それに「IPv4 over IPv6技術」にも対応しているため、IPv6の速い速度のままIPv4サイトにもアクセスできるようになっています。

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?
固定回線の契約や更新の際、「IPv6オプションあり」「v6プラス対応」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 ただそれが何か説明してと言われても、「何か固定回線の速度が速くなるらしい…」くらいで、そもそもIPv6が何かということや...

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?

IPv6 IPoE接続対応ルーターを無料でGETできる

IPv6 IPoE接続で通信するには、IPv6 IPoE接続に対応しているルーターを使う必要があります。

対応ルーターを有料オプションでレンタルできる光回線も多いですが、月額料金以外に費用が発生するため、自分で用意することを考える人もいるでしょう。

BB.excite光 Fitなら、IPv6 IPoE対応ルーターを無料で手に入れることができるため、あれこれ悩むこともありません。

前述の工事費実質無料キャンペーンとも併用できるため、新規契約するならぜひダブルで利用したいところです。

BB.excite光 Fitのデメリット

BB.excite光 Fitのデメリットは以下の通りです。

  • スマホとのセット割引が無い
  • 月200GB以上使うならより安く使える光回線サービスがある
  • キャッシュバックキャンペーンは無い

一つずつ見ていきます。

スマホとのセット割引が無い

BB.excite光 Fitにはスマホとのセット割引が無いため、元々の月額料金以上に安くなることはありません。

ドコモやソフトバンクなどのキャリアや、BIGLOBEなどの格安SIM事業者の多くが、スマホとセットで契約すると適用される割引を提供しています。

ですから、割引のあるキャリアや格安SIMのユーザーにはお得感があまりないかもしれません。

まあそれでも、BB.excite光 Fitは月額料金が従量制なので、通信量が少なければ他社より安く使うことも十分可能です。

月200GB以上使うならより安く使える光回線サービスがある

従量制でお得に使えるとは言っても、月200GB以上使うようなユーザーは、他の光回線を契約したほうが安くなります。

例えば、「enひかり」や「おてがる光」では月額料金が戸建て4,300円前後、マンションで3,300円前後となっており、BB.excite光よりも500円近くお得です。

光回線戸建てマンション詳細 
BB.excite光 Fit
(~500GB)
4,600円3,800円
enひかり4,300円3,300円詳細 
おてがる光4,280円3,280円詳細

普段から月に200GB以上使うような人は、BB.excite光ではなく、enひかりやおてがる光の契約がおすすめ

ただ、普段からそこまで通信量の多くない人や、必ずしも月200GBも使わないという人は、BB.excite光 Fitを選んだほうが良さそうです。

キャッシュバックキャンペーンは無い

BB.excite光 Fitには、ソフトバンク光やぷらら光のような、高額キャッシュバックが無いため、大手に比べるとあまり魅力を感じられないという人もいます。

しかし、工事費が実質無料になるキャンペーンやIPv6 IPoE接続対応ルーターを無料でもらえるなど、BB.excite光 Fitの特典も悪くありません

これといった特典や割引の無い光回線も珍しくないので、高額キャッシュバックが無くても十分なくらいでしょう。

BB.excite光 Fitの契約方法と解約方法

BB.excite光 Fitの契約方法を解約方法について解説します。

BB.excite光 Fitの契約方法

BB.excite光 Fitの契約は、「新規申し込み」「他の光回線からの乗り換え」で申し込み手順が異なります。各手順は以下の通りです。

新規申し込み

BB.excite光 Fitの公式サイト上で「お申し込み」を選択し、必要事項を入力して送信してください。

公式:BB.excite光 FIt

申し込み受付完了後に確認のメールや電話があり、申し込み内容や工事日の調整が行われます。

工事日の前日までに、NTT東日本・西日本の担当者から連絡があるので、工事内容等の確認をしておきましょう。

当日はNTTの工事担当者が光回線の敷設工事を行い、工事完了後は端末機器を設置して再起動するとインターネットが使えるようになります。

フレッツ光もしくは他の光コラボレーションからの乗り換え

フレッツ光から転用する場合はNTTに連絡して「転用承諾番号」を、他社の光コラボから乗り換える場合は契約中の事業者から「事業者変更承諾番号」を取得します。

番号の発行に必要な情報は事業者によって異なるので、各事業者に問い合わせた上で手続きを行いましょう。

BB.excite光 Fitの公式サイトの申し込みフォームに、「転用承諾番号もしくは事業者変更承諾番号」「住所氏名」「連絡方法」などの必要事項を入力して送信してください。

転用や事業者変更と同時に、住居の引越しや光回線種類の変更などを行う場合は工事が行われ、端末機器を設置して設定などが終わると、無事開通となります。

BB.excite光 Fitの解約方法

BB.excite光 Fitの解約は、公式サイトの受付フォームで行います。(参考:解約受付フォーム)

後日、カスタマーセンターから解約手続きについて、メールまたは電話で連絡があります。

解約の申込日から3営業日以内に解約処理が完了し、それから1週間程度でNTTから「回収キット」が到着するため、返却対象機器のリストに記載されている物を指定の住所に返送してください。

解約手続きには少なくとも10日は掛かるので、日程に余裕を持って手続きしましょう。

なお、BB.excite光 Fitでは最低利用期間がないため、いつ解約しても違約金は掛かりません。

しかし、工事費が実質無料になるキャンペーンを利用した場合は、工事費の30回分割払いが完了する前に解約すると、残債分を一括請求されるので注意してください。

BB.excite光 Fitは毎月の通信量が変動する人や少ない人におすすめ

BB.excite光 Fitの概要について、口コミや評判、メリットやデメリットと合わせながら解説してきました。

BB.excite光 Fitは、毎月の通信量が変動する人や、少ない人におすすめです。

ただ、自分がどのくらい光回線を利用しているのかは、なかなか知らないもの。スマホだけでなくゲームやパソコンなど通信機器が多いと尚更ですよね。

そんな人はよく使う日の通信量をおおよそで良いので測定し、月間通信量を計算してみましょう。YouTubeなら1時間で1GBなど、よく使うアプリの通信量を元に計算しても良いです。

通信量の目安が分かれば、BB.excite光 Fitを契約した時の料金が大体いくらになるのか目算が付きます。

自分が思っているよりも通信量が多いと、BB.excite光 Fitのメリットを生かすことができないので、契約前は必ず確認するようにしましょう。

excite MEC光(メック光)のIPv6は速いって評判は本当?料金やメリット・デメリット、契約・解約方法を解説
excite MEC光は、次世代通信のIPv6 IPoEを採用したインターネット接続サービスです。 プロバイダのBB.exciteが運営する光回線には「エキサイト光」や「BB.excite光 Fit」、「excite MEC光」などが...

excite MEC光(メック光)のIPv6は速いって評判は本当?料金やメリット・デメリット、契約・解約方法を解説