ポケットWiFi

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 

スポンサーリンク

どんなときもWiFiを始め、2019年以降にサービスを開始したポケットWiFiの多くが、クラウドSIMを採用しています。

端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。

本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似たような「eSIM」についてもできるだけ分かりやすく解説します。

クラウドSIMのメリットやデメリットも合わせて確認していきましょう。

  1. クラウドSIMとは?これまでのSIMとは何が違うのか
    1. 特定の回線に依存する物理SIMは通信障害に弱く、海外渡航時は手間が掛かる
    2. クラウドSIMの仕組みは?
      1. クラウドSIMは中国に本社を置くuCloudlink社の特許技術
      2. クラウドSIMの仕組みとは?
    3. 三大キャリアの回線が利用可能(トリプルキャリア)なクラウドSIMスマホやクラウドSIM Wifiルーターが日本でもどんどん出てきた
  2. クラウドSIMとeSIM(イーシム)の違い
    1. eSIM(イーシム)とは
    2. iPhone XS以降はeSIMに対応している
  3. クラウドSIMのメリット・デメリット
    1. クラウドSIMのメリット
      1. 現地の主要キャリアの通信ネットワークに自動的に接続する
      2. 物理SIMの挿入不要。電源を入れるだけですぐに使える
      3. 海外でも使えるため旅行のたびにレンタルしなくてもよい
    2. クラウドSIMのデメリット
      1. 自分で回線を選べないためMVNOなど低速のネットワークを拾うことがある
      2. 海外では1GB以上の通信で速度制限が掛かることも
  4. クラウドSIMの端末が使えるのはどこ?
    1. クラウドSIM対応スマホはAmazonなどから手に入れることもできる
    2. クラウドSIM対応、LTE系大容量WiFiの料金は月額料金と容量で選ぼう
      1. 1位|MugenWiFi|100GB最安ポケットWiFi
      2. 2位|それがだいじWiFi|50GB/100GBポケットWiFi
      3. 3位|どこよりもWiFi|20~200GBポケットWiFi
  5. クラウドSIMを使った大容量WiFiは料金やサポート重視で契約を

クラウドSIMとは?これまでのSIMとは何が違うのか

従来の物理SIMと、クラウドSIMの違いは以下の通りです。

クラウドSIM 物理SIM
回線 複数のキャリアを使える 特定の回線に依存
SIM クラウド管理 端末に挿入
海外 そのまま使える
事前に購入
海外ローミング料金
現地SIM購入

より詳しく説明していきます。

特定の回線に依存する物理SIMは通信障害に弱く、海外渡航時は手間が掛かる

SIMサイズ

スマホやポケットWiFiを自分で設定したことのある人であれば、SIMカードを見たことがある人も多いでしょう。

これまでは、キャリアや格安SIM、ポケットWiFiを契約時にもらえる、回線情報が書き込まれたSIM(物理SIM)を端末の中に入れてモバイル通信をする方法が一般的でした。

現在ではほとんどのスマホでnanoSIMが、ポケットWiFiではmicroSIMやnanoSIMが使われています。

問題は、端末が物理SIMの回線情報に依存するためにいくつかの弊害を抱えてしまうことでした。

  • 利用している回線で通信障害が起こると、解消するまで使えない
  • 海外に行くときは海外ローミングか海外SIMを購入しないといけない
  • 渡航前に海外レンタルWiFiを利用しなければいけない

過去に、特定のキャリアに通信障害が起こり、電話やネットが長時間使えず問題になったことがありましたね。

物理SIMは特定の回線に依存しているため、その回線がアウトになると復旧まで諦めるしかありません。

また、海外へ行く際は、渡航先の電波を使うためにやや割高な海外ローミングサービスを利用したり、現地のSIMを購入して元の物理SIMと入れ替える必要があります。

他にも海外旅行前に、海外対応ポケットWiFiをレンタルする手間などもあるでしょう。

つまり、特定の回線に依存する物理SIMは通信障害に弱く、海外渡航時は費用や手間が掛かってしまうものでした

スポンサーリンク

クラウドSIMの仕組みは?

SIMが端末に挿入されていないとモバイル通信ができない、海外での利用は手間といった物理SIMの弊害を一気に解決する手段として、多く導入されるようになったのがクラウドSIMです。

クラウドSIMは中国に本社を置くuCloudlink社の特許技術

(引用:ucloudlinlk公式HP)

クラウドSIMとは、中国に本社を置くuClouedlink社の通信技術の一つ。

「GlocalMe」はこのuCloudlinkが出しているブランドです。

日本では、uCloudlink Japanが拠点となり、サービスを提供しています。

クラウドSIMの仕組みとは?

バーチャルSIM、仮想SIMなどとも言われている通り、SIM情報はクラウドサーバーで管理されています。

どの端末でも自由にクラウドSIMが使えるわけではなく、あくまでもSIMを読み込むシステムが組み込まれた専用の端末だけ

常に最適な電波を拾うように設定することで、クラウドにある無数のSIMから適したものを選択し通信することが可能になります。

すなわち、クラウドSIM対応のスマホやポケットWiFiを使えば、特定の回線に依存しなくても物理SIM無しで自動的に最適な電波を拾って通信ができる技術というわけです。

三大キャリアの回線が利用可能(トリプルキャリア)なクラウドSIMスマホやクラウドSIM Wifiルーターが日本でもどんどん出てきた

クラウドSIMを使っているポケットWiFiは、ざっと書き出してもこれだけあります。(現在新規申し込みを受け付けているものを掲載)

  • THE WiFi
  • それがだいじWiFi
  • Mugen WiFi
  • ポケットモバイル
  • ZEUS WiFi
  • ぴたっとWi-Fi
  • 365WiFi
  • ギガWi-Fi

どんなときもWiFiを皮切りに、2019年後半に入ってからは導入の動きが急速に拡大。その後クラウドSIM技術を採用した無制限プランが次々と発表されました。

結局、どんなときもWiFiの通信障害や行政指導(※)を受けて、ポケットWiFi業界全体は無制限プランを廃止する方向にシフトし、現在ほとんどのポケットWiFiでは、容量に上限のあるプランを提供しています。

※参考:どんなときもWiFi無制限プラン終了!代替プランの内容とおすすめの乗換先まとめ

【クラウドSIMのポイント】

  • クラウドSIMはuCloudlinkの技術
  • 物理SIM(特定の回線)に依存しない
  • クラウドサーバーから自動的にSIM情報を取得する

クラウドSIMとeSIM(イーシム)の違い

クラウドSIMと混同しやすいのがeSIM。

iPhone Xシリーズ以降の端末がeSIMに対応したため(デュアルSIM)、物理SIMに依存しない通信の仕方として少しずつ広がりを見せています。

eSIMとクラウドSIMの違いを抑えておきましょう。

eSIM(イーシム)とは

クラウドSIMがシステムを組み込んだ端末を使うのに対して、eSIMは特定のサービスへの登録やアプリのダウンロードにより利用する通信方法です。

クラウドSIM対応端末を購入しなくても、eSIMに対応した(チップ型SIMの入っている)自分の手持ちのスマホから利用できるというメリットがあります。

ただ、eSIMを使うにはSIMロックを解除する必要があるため、キャリアで契約したスマホは店舗でSIMロックを解除してもらわなければいけません

eSIMを展開しているサービスやアプリには次のようなものがあります。

  • 楽天モバイル「UN-LIMIT」(Rakuten Mini)
  • IIJmio「データプラン ゼロ」(日本初のeSIMプラン)
  • GigSky Global Mobile Date
  • T-mobile Prerpaid eSIM
  • Ubigi
  • Airalo : eSIM Store

以前までは海外サービスを利用するしかありませんでしたが、ようやくIIJmioの「データプラン ゼロ」や楽天モバイルの「UN-LIMIT」など国内のeSIMサービスが増えてきました。

「eSIM対応端末を持っている」「自分で利用内容をカスタマイズして契約したい」「海外のサービスを使ったりすることに興味がある」という人は、試しにeSIMを使ってみると良いかもしれません。

IIJmio(みおふぉん)のプラン、料金、評判・口コミ。速度は遅いって本当?日本初のeSIMプランも紹介。
格安SIMはスマホに挿し込むSIMカードを扱ったサービスのこと。 その名の通りドコモなどのキャリアと比べて料金が安いのが特徴で、中にはキャリアから乗り換え、月4,000円近くも通信費を節約できる人もいます。 中でもIIJmio(...
楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT VI」を徹底解説。料金やキャンペーンやエリア、口コミについても紹介
2020年4月8日から新しいプランが始まった「楽天モバイル」。 これまで提供していた「格安SIM」とは異なり、docomoやau、Softbankと肩を並べる「第4のキャリア」としてのスタートです。 今回はそんな「楽天モバイル」...

iPhone XS以降はeSIMに対応している

eSIMに対応しているiPhoneは以下の通り。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone SE
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Max

これらはeSIMと物理SIMの2つのSIM(=デュアルSIM)に対応しており、1台の端末でメイン回線とサブ回線を使い分けることが可能です。(ただ同時待受できないDSDSとなる)

1台の端末で2つの回線を管理できますし、スマホの2台持ちなどをする必要もないので便利に使えます。

【eSIMのポイント】

  • eSIMはSIMロック解除されたスマホでの利用が前提
  • サービスの登録やアプリのダウンロードで利用開始
  • eSIMに対応した手持ちの端末があればそのまま使える
  • 海外サービスの利用や登録に不安あればクラウドSIMが良い
デュアルSIMとは?DSDVとDSDSの違いや使い方おすすめのSIMフリー端末やデータSIMまとめ
2つの回線を同時に待ち受けできるDSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)スマホやDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)スマホの需要が高まっています。 これらは2つのSIMカード(デュアルSIM)を1台のスマホで使う方法の...

クラウドSIMのメリット・デメリット

では、クラウドSIMのメリットやデメリットを見ていきましょう。

クラウドSIMのメリット

クラウドSIMのメリットは、以下の通りです。

  • 国内の三大キャリア(トリプルキャリア)の通信ネットワークに自動的に接続
  • SIMカードの挿入作業が不要
  • 海外旅行前のポケットWiFiレンタル不要

一つずつ確認していきます。

現地の主要キャリアの通信ネットワークに自動的に接続する

海外対応ポケットWiFiを利用する時に悩むのが、3Gと4Gの選択や、渡航先エリアに対応した端末選び。

例えば、ハワイに対応したポケットWiFiを借りていったつもりでも、特定のエリアは対応していなかったり、速度が遅くて使い物にならなかったりします。

クラウドSIMなら日本では三大キャリアの通信ネットワークを、海外ならその土地の複数のキャリアネットワークに自動的に接続するため、エリアや速度で悩む必要はありません。

物理SIMの挿入不要。電源を入れるだけですぐに使える

キャリアで契約した時は店員がSIM挿入までやってくれますが、格安SIMや物理SIMのポケットWiFiを契約した場合は、SIMの挿入を自分でやらなければいけないことがあります。

SIMの金属部分は通信するために重要な情報が書き込んであるため、挿入時は指や爪で傷つけないように丁寧に扱わなければいけません。

また、端末によってSIMサイズが異なるため、SIMカードから自分で切り出す時には注意が必要です。

慣れていればこういった作業も楽しめますが、SIMの扱いに慣れていない人からするとおっかなびっくりで、使い始めるまでにストレスが掛かってしまいます。

クラウドSIMであれば、契約後手に入れた端末に電源を入れるだけで使えることがほとんどなので、初期設定の不安を感じることなく快適に使い始められますね。

海外でも使えるため旅行のたびにレンタルしなくてもよい

旅行や出張で海外へ頻繁に行く人は、海外対応のポケットWiFiを使うことも多いでしょう。

旅行前にネットで手続きをしたり、帰国後に空港で返却したりすると、何かと時間を取られます。

それらの手間や負担をを考えると、普段使っているクラウドSIM対応のポケットWiFiを持っていくほうが何かと楽ですよね。

ただ、長期的な利用になると海外レンタルを利用した方が費用を抑えられることもあるので、利用期間に応じて使い分けた方が良さそうです。

グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較
海外へ旅行や留学、出張をする際、いつものようにスマホで通信を行ってしまうと、「海外通信料」が発生し、驚くほど高額な料金が請求されてしまいます。 かといってホテルやお店のフリーWiFiだけでは、限度がありますよね。 そこで今、海外...

グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較

スポンサーリンク

クラウドSIMのデメリット

クラウドSIMのデメリットは、以下の通りです。

  • 自分で回線を選べず速度が遅いことがある
  • 海外では日本よりも速度制限に掛かりやすい

一つずつ確認していきます。

自分で回線を選べないためMVNOなど低速のネットワークを拾うことがある

複数のキャリアネットワークから自動的に最適な通信を選んでくれるのがクラウドSIMのメリット。

ただ、自分で好きな回線を選んで使えるわけではありません

そのため、時にはキャリアからMVNO向けに提供されている低速回線を拾ってしまうこともあります。

例えば、どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどでは、ドコモからMVNOの楽天回線に提供されている低速の通信を拾ってしまう事例が報告されており、電波を拾い直すためには端末の再起動かWiFiのON/OFFが必要です。

限界突破WiFiは画面上でWiFiをいったん切ることができますが、ポケットモバイルなど他のポケットWiFiは画面がないので再起動が必要。復帰まで時間がかかります。

このデメリット面を考慮すると、FujiWiFiソフトバンク回線のみを使うものの方が心配不要で良いかもしれません。

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!
クラウドSIMを使った無制限プランの多くは、トリプルキャリアに対応した回線で通信しています。 ただ、それらのSIMがRakuten mobileの回線を掴むと、通信速度がかなり落ちることが分かってきました。 本記事では、どんなと...

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!

海外では1GB以上の通信で速度制限が掛かることも

日本では速度制限を気にせず無制限に使えるクラウドSIMでも、海外では通信量が1GBを超えると384Kbps以下の速度制限に掛かるなど、海外での利用は制限されることが多いです。

このケースは、海外に特化したGlocalNetのプランを契約したり、大容量のオプションを付けたりすることで解決できます。

クラウドSIMのスマホやポケットWifiを選ぶ時は、国内利用の料金だけでなく海外利用期間や料金、オプションも含めて確認しておきたいですね。

クラウドSIMの端末が使えるのはどこ?

2020年現在、日本で手に入るクラウドSIMの端末が使えるスマホやポケットWiFiは、以下の通りです。

クラウドSIM対応スマホはAmazonなどから手に入れることもできる

クラウドSIMに対応しているスマホは、GlocalMeGlocalNET等から手に入れることができ、Amazonからも端末を購入することもできます。

クラウドSIM対応スマホとして利用されているのは「G3」や「G4」、「jetfon」シリーズが多いです。

GlocalMeとGlocalNetでは、契約プランなどが異なっているため、日本と海外の使用頻度によって使い分けるようにすると良いでしょう。

クラウドSIM対応、LTE系大容量WiFiの料金は月額料金と容量で選ぼう

クラウドSIMを使った大容量WiFiの料金比較をしました。

ポケット
WiFi 
月額料金 キャッシュ
バック
初期
費用
通信
容量
契約
期間
詳細
Mugen WiFi 3,718円 10,000円 3,300円
100GB 2年 詳細
それがだいじ
WiFi
2,948円
3,718円
0円 3,300円 50GB
100GB
2年 詳細
hi-ho
Let’s Wi-Fi
4,730円
3,828円
0円 0円 7GB/日
4GB/日
2年 詳細

※税込表記

月額料金で比較すると、Mugen WiFiが最も安く使うことができますね

ただ、容量は100GBまでなので、100GB以上使いたい場合は、月210GBまで使えるhi-ho Let’s WiFiがおすすめです。

ちなみに、海外利用で見ると、エリアで料金が決まっているタイプと、契約時に申し込んだ容量まで使えるタイプの2種類あることが分かります。

日本で使っている時は大して不便はありませんが、海外の場合、バックグラウンド更新などで常時WiFi接続を続けていると、あっという間に500MBや1GBまで使ってしまうため要注意です。

1位|MugenWiFi|100GB最安ポケットWiFi

MugenWiFi
月額料金
100GB:3,718円(税込)
(クラウドSIM)
特典 最大10,000円キャッシュバック
初期費用 3,300円
端末代 0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金5,500~9,900円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、最も料金が安いのがMugenWiFi。今なら最大10,000円のキャッシュバックがあるので実質月額3,396円で使えます。

2年契約が基本となっていますが、13か月以降の違約金が5,500円、2年以降であれば違約金なしでいつでも解約可能であるというのがありがたいメリットの一つ。

さらに、契約期間の縛りをなくしたい場合は「2年間縛りなし」のオプション(月額660円)を追加することで、いつでも解約できるようになります。

MugenWiFiの公式サイトはこちら

MugenWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

2位|それがだいじWiFi|50GB/100GBポケットWiFi

それがだいじWiFi
月額料金
(税込)
50GB:2,948円
100GB:3,718円
(クラウドSIM)
初期費用 3,300円
端末代 0円(返却不要)
契約期間
・2年契約
・違約金4,950円+端末残債

それがだいじWiFiの100GBプランはMugenWiFiと同じ月額3,718円(税込)。

ほかに50GBのプランもあるので、100GBも使わないなという人はそれがだいじWiFiがおすすめです。

ただし現在はキャッシュバックなどの特典が無いため、100GBプランを契約するならMugenWiFiの方がいいでしょう。

それがだいじWiFiの公式サイトはこちら

それがだいじWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

3位|どこよりもWiFi|20~200GBポケットWiFi

どこよりもWiFi
月額料金
(税込)
20GB:2,508円(ソフトバンク)
50GB:3,278円(ソフトバンク)
100GB:3,718円(クラウドSIM)
200GB:4,378円(クラウドSIM)
特典 200GBプラン
2カ月間月額料金2,200円引き

初期費用 3,300円
端末代 0円(返却要)
契約期間
・2年契約
・違約金10,450円

100GBを使えるポケットWiFiの中で、3番目に料金が安いのがどこよりもWiFi。

また、上記の料金よりも550円~770円高くなってしまう代わりに2年という契約期間がなくなるプランもあります。

そんなに長くは使わない、すぐに使わなくなるかもしれないという心配がある人はそちらのプランを選ぶと良いでしょう。

どこよりもWiFiは4月30日までの期間限定で、通常月額4,378円の200GBプランが2カ月間、月2,178円で使えるお得なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間が短いため、申し込みはお早めに。

どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

クラウドSIMを使った大容量WiFiは料金やサポート重視で契約を

大容量に使えるWiFiは、月額料金だけで選んでしまいがちですが、補償やサポートなど契約後の使いやすさも考えて選ぶようにすると、後悔しないポケットWiFi選びができます。

毎月4,000円前後の支払いを長いと2年以上続けていくわけですから、支払い先は信用のあるところが良いですよね。

公式サイトから得られる情報が少なく契約が不安に感じられるのであれば、自分が支払っても良いと思えるところを選んで契約するようにしましょう。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...
タイトルとURLをコピーしました