【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 

基礎知識

どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどで何かと話題になるクラウドSIM。

端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。

本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似たような「eSIM」についてもできるだけ分かりやすく解説します。

クラウドSIMのメリットやデメリットも合わせて確認していきましょう。

クラウドSIMとは?これまでのSIMとは何が違うのか

従来の物理SIMと、クラウドSIMの違いは以下の通りです。

クラウドSIM 物理SIM
回線 複数のキャリアを
使える
特定の回線に依存
SIM クラウド管理 端末に挿入
海外 そのまま使える
事前に購入
海外ローミング料金
現地SIM購入

特定の回線に依存する物理SIMは通信障害に弱く、海外渡航時は手間が掛かる

SIMサイズ

スマホやポケットWiFiを自分で設定したことのある人であれば、SIMカードを見たことがある人も多いでしょう。

これまでは、キャリアや格安SIM、ポケットWiFiを契約時にもらえる、回線情報が書き込まれたSIM(物理SIM)を端末の中に入れてモバイル通信をする方法が一般的でした。

現在ではほとんどのスマホでnanoSIMが、ポケットWiFiではmicroSIMやnanoSIMが使われています。

問題は、端末が物理SIMの回線情報に依存するためにいくつかの弊害を抱えてしまうことでした。

  • 利用している回線で通信障害が起こると、解消するまで使えない
  • 海外に行くときは海外ローミングか海外SIMを購入しないといけない
  • 渡航前に海外レンタルWi-Fiを利用しなければいけない

過去に、特定のキャリアに通信障害が起こり、電話やネットが長時間使えず問題になったことがありましたね。

物理SIMは特定の回線に依存しているため、その回線がやられてしまうと諦めるしかありません。

また、海外へ行く際は、渡航先の電波を使うためにやや割高な海外ローミングサービスを利用したり、現地のSIMを購入して元の物理SIMと入れ替える必要があります。

他にも海外旅行前に、海外対応ポケットWiFiをレンタルする手間などもあるでしょう。

つまり、特定の回線に依存する物理SIMは通信障害に弱く、海外渡航時は費用や手間が掛かってしまうものでした。

クラウドSIMの仕組みは?

SIMが端末に挿入されていないとモバイル通信ができない、海外での利用は手間といった物理SIMの弊害を一気に解決する手段として、近年注目を集めているのがクラウドSIMです。

クラウドSIMは中国に本社を置くuCloudlink社の特許技術

(引用:ucloudlinlk公式HP)

クラウドSIMとは、中国に本社を置くuClouedlink社の通信技術の一つ。

「GlocalMe」はこのuCloudlinkが出しているブランドです。

日本では、uCloudlink Japanが拠点となり、サービスを提供しています。

クラウドSIMの仕組みとは?

バーチャルSIM、仮想SIMなどとも言われている通り、SIM情報はクラウドサーバーで管理されています。

どの端末でも自由にクラウドSIMが使えるわけではなく、あくまでもSIMを読み込むシステムが組み込まれた専用の端末だけ

常に最適な電波を拾うように設定することで、クラウドにある無数のSIMから適したものを選択し通信することが可能になります。

すなわち、クラウドSIM対応のスマホやポケットWiFiを使えば、特定の回線に依存しなくても物理SIM無しで自動的に最適な電波を拾って通信ができる技術というわけです。

三大キャリアの回線が利用可能(トリプルキャリア)なクラウドSIMスマホやクラウドSIM Wifiルーターが日本でもどんどん出てきた

クラウドSIMを導入した
主なポケットWiFi
2019年3月 どんなときもWiFi
2019年9月 めっちゃWiFi
よくばりWiFi
Mugen WiFi
2019年10月 限界突破WiFi
2019年11月 FUJI WiFi

日本では、昨年から少しずつクラウドSIMのスマホが出てきていました。

特に、2019年後半に入ってからは導入の動きが急速に広がり、クラウドSIM技術を採用した無制限プランが次々と発表されています。

【クラウドSIMのポイント】

  • クラウドSIMはuCloudlinkの技術
  • 物理SIM(特定の回線)に依存しない
  • クラウドサーバーから自動的にSIM情報を取得する

クラウドSIMとeSIM(イーシム)の違い

クラウドSIMと混同しやすいのがeSIM。

iPhone Xシリーズ以降の端末がeSIMに対応したため(デュアルSIM)、物理SIMに依存しない通信の仕方として少しずつ広がりを見せています。

eSIMとクラウドSIMの違いを抑えておきましょう。

eSIM(イーシム)とは

クラウドSIMがシステムを組み込んだ端末を使うのに対して、eSIMは特定のサービスへの登録やアプリのダウンロードにより利用する通信方法です。

クラウドSIM対応端末を購入しなくても、eSIMに対応した自分の手持ちのスマホから利用できるというメリットがあります。

ただ、eSIMを使うにはSIMロックを解除する必要があるため、キャリアで契約したスマホは店舗でSIMロックを解除してもらわなければいけません

eSIMサービスを展開しているアプリには次のようなものがあります。

  • GigSky Global Mobile Date
  • T-mobile Prerpaid eSIM
  • Ubigi
  • Airalo : eSIM Store

eSIMサービスは、英語での手続きや会員登録の必要があるものなど種類は様々。

「eSIM対応端末を持っていること」「自分で利用内容をカスタマイズして契約したい人」「海外のサービスを使ったりすることに興味がある人」は、eSIMに向いているでしょう。

iPhone X以降はeSIMに対応している

iPhoneはXや11シリーズでデュアルSIMに対応しています。

デュアルSIMとは2つのSIMを同時に使える仕組みで、eSIMを使うことで物理SIMと使い分けることが可能。

クラウドSIMの端末やポケットWiFiを2台持ちしなくても良いため、手持ちの機器を減らしたい人におすすめです。

【eSIMのポイント】

  • eSIMはSIMロック解除されたスマホでの利用が前提
  • サービスの登録やアプリのダウンロードで利用開始
  • eSIMに対応した手持ちの端末があればそのまま使える
  • 海外サービスの利用や登録に不安あればクラウドSIMが良い

クラウドSIMのメリット・デメリット

では、クラウドSIMのメリットやデメリットを見ていきましょう。

クラウドSIMのメリット

クラウドSIMのメリットは、以下の通りです。

  • 国内の三大キャリア(トリプルキャリア)の通信ネットワークに自動的に接続
  • SIMカードの挿入作業が不要
  • 海外旅行前のポケットWiFiレンタル不要

一つずつ確認していきます。

現地の主要キャリアの通信ネットワークに自動的に接続する

海外対応ポケットWiFiを利用する時に悩むのが、3Gと4Gの選択や、渡航先エリアに対応した端末選び。

例えば、ハワイに対応したポケットWiFiを借りていったつもりでも、特定のエリアは対応していなかったり、速度が遅くて使い物にならなかったりします。

クラウドSIMなら日本では三大キャリアの通信ネットワークを、海外ならその土地の複数のキャリアネットワークに自動的に接続するため、エリアや速度で悩む必要はありません。

物理SIMの挿入不要。電源を入れるだけですぐに使える

キャリアで契約した時は店員がSIM挿入までやってくれますが、格安SIMや物理SIMのポケットWiFiを契約した場合は、SIMの挿入を自分でやらなければいけないことがあります。

SIMの金属部分は通信するために重要な情報が書き込んであるため、挿入時は指や爪で傷つけないように丁寧に扱わなければいけません。

また、端末によってSIMサイズが異なるため、SIMカードから自分で切り出す時には注意が必要です。

慣れていればこういった作業も楽しめますが、SIMの扱いに慣れていない人からするとおっかなびっくりで、使い始めるまでにストレスが掛かってしまいます。

クラウドSIMであれば、契約後手に入れた端末に電源を入れるだけで使えることがほとんどなので、初期設定の不安を感じることなく快適に使い始められますね。

海外でも使えるため旅行のたびにレンタルしなくてもよい

旅行や出張で海外へ頻繁に行く人は、海外対応のポケットWiFiを使うことも多いでしょう。

旅行前にネットで手続きをしたり、帰国後に空港で返却したりすると、何かと時間を取られます。

それらの手間や負担をを考えると、普段使っているクラウドSIM対応のポケットWiFiを持っていくほうが何かと楽ですよね。

ただ、長期的な利用になると海外レンタルを利用した方が費用を抑えられることもあるので、利用期間に応じて使い分けた方が良さそうです。

グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較
海外へ旅行や留学、出張をする際、いつものようにスマホで通信を行ってしまうと、「海外通信料」が発生し、驚くほど高額な料金が請求されてしまいます。 かといってホテルやお店のフリーWiFiだけでは、限度がありますよね。 そこで今、海外...

グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較

クラウドSIMのデメリット

クラウドSIMのデメリットは、以下の通りです。

  • 自分で回線を選べず速度が遅いことがある
  • 海外では日本よりも速度制限に掛かりやすい

一つずつ確認していきます。

自分で回線を選べないためMVNOなど低速のネットワークを拾うことがある

複数のキャリアネットワークから自動的に最適な通信を選んでくれるのがクラウドSIMのメリット。

ただ、自分で好きな回線を選んで使えるわけではありません

そのため、時にはキャリアからMVNO向けに提供されている低速回線を拾ってしまうこともあります。

例えば、どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどでは、ドコモからMVNOの楽天回線に提供されている低速の通信を拾ってしまう事例が報告されており、電波を拾い直すためには端末の再起動が必要です。

なお、GlocalMeのU2sやG3などの端末では物理SIMを挿入してクラウドSIMと切り替えながら使うことも可能です。

回線の途切れや接続先が気になる人は、物理SIMと並行して使うようにしましょう。

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!
クラウドSIMを使った無制限プランの多くは、トリプルキャリアに対応した回線で通信しています。 ただ、それらのSIMがRakuten mobileの回線を掴むと、通信速度がかなり落ちることが分かってきました。 本記事では、どんなと...

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!

海外では1GB以上の通信で速度制限が掛かることも

日本では速度制限を気にせず無制限に使えるクラウドSIMでも、海外では通信量が1GBを超えると384Kbps以下の速度制限に掛かるなど、海外での利用は制限されることが多いです。

海外に特化したGlocalNetのプランを契約したり、大容量のオプションを付けたりすることで解決できます。

クラウドSIMのスマホやポケットWifiを選ぶ時は、国内利用の料金だけでなく海外利用期間や料金、オプションも含めて確認しておきたいですね。

クラウドSIMの端末が使えるのはどこ?

2019年11月現在、日本で手に入るクラウドSIMの端末が使えるスマホやポケットWifiは、以下の通りです。

クラウドSIM対応スマホはAmazonなどから手に入れることもできる

(引用:jetfon p6公式)

クラウドSIMに対応しているスマホは、GlocalMeやGlocalNETから手に入れることができ、Amazonからも端末を購入することもできます。

クラウドSIM対応スマホとして利用されているのは「G3」や「G4」、「jetfon」シリーズが多いです。

GlocalMeとGlocalNetでは、契約プランなどが異なっているため、日本と海外の使用頻度によって使い分けるようにすると良いでしょう。

Amazon | 【公式販売】GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター simフリー 1.1ギガ分のグローバルデータパック付け 4G高速通信 世界140国・地区以上対応 iPhone・Xperia・Huawei・Galaxy・iPadなど対応 5350mAh充電バッテリー搭載 ポケットwifi(ゴールド) | GlocalMe | モバイルルーター 通販
【公式販売】GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター simフリー 1.1ギガ分のグローバルデータパック付け 4G高速通信 世界140国・地区以上対応 iPhone・Xperia・Huawei・Galaxy・iPadなど対応 5350mAh充電バッテリー搭載 ポケットwifi(ゴールド)がモバイルルーターストア...

クラウドSIM対応無制限WiFiの料金を比較したら?

クラウドSIMを使った主な無制限WiFiの料金比較をしてみます。

月額料金 海外 契約期間
どんなときも
WiFi
3,480円 1,280円/日
1,880円/日
2年
めっちゃ
WiFi
850円/日
1,250円/日
最低利用期間
2年
よくばり
WiFi
3,450円 1,250円/日
1,850円/日
2年
Mugen
WiFi
3,280円 1,200円/日
1,600円/日
最低利用期間
2年
限界突破
WiFi
3,500円 地域によって
細かく異なる
300MB/日
1GB/7日
3GB/30日
2年
FUJI WiFi 3,980円 980円/
500MB/日
1ヶ月単位
NOZOMI
WiFi
4,480円 1,000円/
500MB/日

芸能人を使った広告で有名などんなときもWiFiや限界突破WiFiをはじめ、めっちゃWiFiやよくばりWiFi、MugenWiFi、FUJIWifi、NOZOMI WiFiなどの料金は上表の通りです。

海外利用で見ると、限界突破Wifiは細かく契約することができ、それ以外は1日単位で1,000円以上掛かるものが多いです。

無制限のポケットWifiを意識するときに気を付けておきたいのが、月額料金以外に発生する事務手数料や補償、契約期間の違い。

自分に合ったクラウドSIMの無制限WiFiを選ぶには、端末や補償などの部分も含めて考えていくことが大切です。

どんなときもWiFi

(画像引用:どんなときもWi-Fi公式HP)

どんなときもWiFiは2019年秋頃から広告などを見返る機会が増えたことで、その名を知ったという人も多いでしょう。

月額料金は25か月目以降に値上がりしてしまうというデメリットはありますが、他の無制限Wifiよりも早く登場した分、カスタマーセンターやTwitterでのサポートなど早めの対応をしてくれることもあるようです。

月額料金 3,480円
事務手数料 3,000円
契約期間 2年
端末
U2s
端末補償 400円/月
どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際の...

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?

めっちゃWiFi

(引用:めっちゃwifi公式HP)

どんなときもWiFiと月額料金や事務手数料などはほぼ同じですが、25か月目以降も料金を値上げしないことや、それ以降の解約金がずっと0円になるといった違いがあります。

端末保障はついていないため、故障や修理の場合は必ず9,800円を支払うことになることに注意が必要です。

月額料金 3,480円
事務手数料 3,000円
契約期間 2年
端末
U2s
端末補償 なし
めっちゃWiFiってどうなの?同じ無制限のどんなときもWiFiやよくばりWiFiとメリット・デメリット比較や口コミ・評判まとめ
どんなときもWiFiに続いて、めっちゃWiFiやよくばりWiFiなどの似たようなポケットWifiが出てきました。 月額料金やサービス内容が似ていると、何を選べばよいか悩みますよね。 本記事では、めっちゃWiFiをどんなときもWi...

めっちゃWiFiってどうなの?同じ無制限のどんなときもWiFiやよくばりWiFiとメリット・デメリット比較や口コミ・評判まとめ

よくばりWiFi

(引用:よくばりWiFi公式HP)

どんなときもWiFiやめっちゃWiFiにはない1か月プランを持つ無制限Wifi。

事務手数料が3,800円と少し割高ですが、最大2か月月額料金無料キャンペーンが展開されているため、初期費用を抑えたい人におすすめです。

キャンペーンを適用するためには、端末保障に加入する必要があります。

月額料金 3,450円(2年)
事務手数料 3,800円
契約期間 1ヶ月/2年
端末
U2s
端末補償 380円/月
よくばりWifiってどうなの?どんなときもWiFiとの比較結果やメリットやデメリットまとめ
無制限に使えるどんなときもWiFiに続いて、よくばりWifiというポケットWifiが登場しました。 2019年の9月に始まったばかりのサービスで、どんなときもWiFiとよく似ています。 本記事では、どんなときもWiFiと比較しな...

よくばりWifiってどうなの?どんなときもWiFiとの比較結果やメリットやデメリットまとめ

Mugen WiFi

(引用:Mugenwifi公式HP)

U2sとG4の2つの端末と料金を選べるプランがあるのが、Mugen WiFiです。

U2sなら3,280円、G4なら3,880円で契約できます。

30日以内なら全額返金保証もあるので、無制限Wifiの利用を悩んでいる人でも最初の一歩を踏み出しやすいですね。

月額料金 3,280円 3,880円
事務手数料 3,000円
契約期間 2年
端末
U2s

G4
端末補償 500円/月
Mugen Wifiってどうなの?プランや料金、メリット、デメリットまとめ。口コミ・評判も随時更新中。
どんなときもWiFiやめっちゃWiFiと同じく、短期制限や月間制限の無いWiFiサービス「Mugen WiFi」が2019年9月にリリースされました。 完全無制限を謳うポケットWiFiサービスが次々と登場するなか、翻訳機能の付いた端末...

Mugen Wifiってどうなの?プランや料金、メリット、デメリットまとめ。口コミ・評判も随時更新中。

限界突破WiFi

(引用:限界突破WiFi)

事務手数料0円、端末代金0円、月額料金3,500円と分かりやすい料金体系になっているのが限界突破WiFiです。

端末保障500円を入れると4,000円というのも切りの良い料金ですね。

運営元のエックスモバイルは正式店や代理店など全国に80店舗構えているため、web購入に限らず直接契約しに行けるのがメリットと言えます。

月額料金 3,500円
事務手数料 0円
契約期間 2年
端末

jetfon p6

端末補償 500円/月
限界突破WiFiとは?メリット・デメリットやどんなときもWiFiとも徹底比較!!口コミや評判は随時更新!! 
どんなときもWiFiに始まり、Mugen WiFiやよくばりWiFiなど短期制限や月間制限の無いWiFiサービスが次々と販売を開始するなか「限界突破WiFi」が2019年10月にリリースされました。 完全無制限を謳うポケットWiFiが...

限界突破WiFiとは?メリット・デメリットやどんなときもWiFiとも徹底比較!!口コミや評判は随時更新!! 

FUJI WiFi

(引用:FUJI Wifi 公式サイト)

FUJI WiFiは2019年11月1日から新料金プランを開始しました。

1か月単位で契約ができ、月額料金を3か月、6か月、12か月などでまとめて支払うことで料金を割り引くことができる「おまとめ」システムを導入しています。

初期費用に余裕があれば、おまとめで契約すると3,480円まで安くすることができるのでおすすめです。

月額料金 3,980円
事務手数料 3,000円
契約期間 1ヶ月単位
/おまとめ
端末
G3
端末補償 400円/月
FUJI Wifiの新料金プラン(11/1~)とは?クラウドSIMが加わってさらにお得に
おまとめプランの申込みなどサービスを一時停止していたFUJI Wifiから2019年11月1日より新料金プランが発表されました。 料金プランのラインナップから「いつも快適プラン」や「200ギガプラン」が消え、話題のクラウドSIMが使え...

FUJI Wifiの新料金プラン(11/1~)とは?クラウドSIMが加わってさらにお得に

NOZOMI WiFi

(画像引用:NOZOMI WiFi公式サイト

NOZIMI Wifiは、1週間や2週間、1か月単位など短期間レンタルも可能な無制限Wifiです。

1か月単位となると事務手数料や月額料金は少々割高にはなってしまいますが、短期間利用であればよりお得に使うこともできます。

月額料金 4,480円
事務手数料 3,980円
契約期間 1ヶ月単位/
1週間/2週間
端末
U2s
端末補償 350円/月
NOZOMI WiFi(のぞみWiFi)の口コミ、評判。クラウドSIMの無制限プランにも容量に上限があるって本当?
NOZOMI WiFiは端末を購入せずに使うレンタルWiFiです。 解約金なしで大容量の通信が行えることが特徴ですが、最近ではどんなときもWiFiや限界突破WiFiなど無制限に利用できるポケットWiFiとは何が違うのでしょうか? ...

NOZOMI WiFi(のぞみWiFi)の口コミ、評判。クラウドSIMの無制限プランにも容量に上限があるって本当?

クラウドSIMを使った無制限WiFiは料金やサポート重視で契約を

短期制限なく無制限に使えるWifiは増加する一方。

月額料金だけですぐに選んでしまいそうですが、補償やサポートなど契約後の使いやすさも考えて選ぶようにすると、後悔しないポケットWifi選びができます。

毎月4,000円前後の支払いを長いと2年以上続けていくわけですから、支払い先は信用のあるところが良いですよね。

公式サイトから得られる情報が少なく契約が不安に感じられるのであれば、自分が支払っても良いと思えるところを選んで契約するようにしましょう。