ポケットWifiをdocomoで契約する前にデメリット・メリット比較。安くて使いやすいプランもある?

キャリア・他
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

いつでもどこでも持ち歩いて使えるポケットWifiを使えば、通信量を気にせずに通信ができたり、スマホの通信量や料金を抑えて月額通信費を下げることもできます。

スマホがドコモだし、ドコモのポケットW-Fiを契約しようかな。なんか安くなりそうだし。

ポケットWifiの契約先に、スマホと同じ契約先を安易に選んでしまいそうですか、本当にそれで良いのでしょうか。

本記事では、docomoのポケットを契約する前に知っておいてほしいdocomoのポケットWifiのデメリットとメリットを取り上げ、どこのポケットWifiを契約するのがオススメかなどを解説していきます。

スポンサーリンク

docomoのポケットWifiとは

実はドコモではポケットWifiという名称で販売されておらず、公式サイトの製品紹介ページでも下部の方に設置されているので、なかなか簡単に見つけることができません。

契約方法も2通り設定されているので、合わせて確認していきましょう。

ドコモのポケットWifiは「データ通信製品」で検索

各社でポケットWi-Fiの呼称は違っていて、ドコモでは、どこでも持ち歩いて使える携帯型Wi-Fiルーターを「データ通信製品」として販売しています。

サイト内検索の際は「データ通信製品」機種名の「Wi-Fi STATION」とワード検索してみましょう。

ポケットWi-Fi一覧

ちなみに、他社の機種名や代表的な機種一覧は上図の通りです。

auとWiMAXは同じKDDI系で、同一機種の販売や契約を行っていますが、Softbank系のSoftbankとY!mobileは異なる機種を扱っています。

ドコモユーザーがポケットWifiを契約する方法

(引用:NTTdocomo公式HP「データプラス」)

ドコモユーザーであれば、せっかくならポケットWifiもドコモで契約したいものですよね。

ドコモでポケットWifiを契約する方法は2つあり、スマホの契約があるかないかによって契約方法は変わってきます

どちらの購入方法でも共通していることは、docomoでは月々の通信料の他に端末代も掛かるという点です。

(引用:NTTdocomo公式HP「Wi-Fi STATION HW-01L」)

端末代は店舗によって販売価格が異なり、オンラインショップでは2019年3月発売の「Wi-Fi STATION HW-01L」が同年7月現在 25,272で販売されています。

一括払いも可能ですが、36回払いで702円/月、24回払いで1,053円/月の端末代が月額料金にプラスされてくると頭に入れておきましょう。

スマホのデータ通信量をシェアする「データプラス」プランで契約

「データプラス」プランとは、1,000円/月をプラスすることで、スマホの「ギガライト」や「ギガホ」のデータ通信量とデータをシェアして使うことができるプランです。

(引用:NTTdocomo公式HP「料金・割引」)

「ギガライト」プランは通信容量が7GBまでの通信量が少ない人向けのプランなので、データ通信製品をプラスして契約して使うには不足感があります

(引用:NTTdocomo公式HP「ギガライト」)

4K画質の映像をPCで1時間見ると7GBの通信量を使ってしまうんだから、スマホとデータをシェアして使えばあっという間に速度制限に掛かるよね。

通信容量の不足感を補うためには、「ギガライト」ではなく、30GBの通信容量がある「ギガホ」でデータシェアをすることになります。

ただ、スマホを2年の定期契約にしていた場合は「ギガライト」から「ギガホ」に変更する際に違約金が掛かるので、データプラスプランを利用するかどうかを考える必要がありますね。

【ドコモでデータプランを契約したい時】

  • ドコモショップで契約する
  • 公式サイトの「データプラス」ページ上部にある「お申込みページへ」のボタンから手続きする

(参考:NTTdocomo公式HP「データプラス」)

スマホの契約がない/通信容量が足りない時は、データ通信製品のみの契約を

ドコモでスマホの契約が無い場合や、通信容量の不足感から「データプラス」プランを使わない場合は、データ通信製品で「ギガライト」か「ギガホ」を契約することになるでしょう

データ通信製品の端末代や通信料を支払うのであれば、7GBまでの通信容量のある「ギガライト」でよりも、30GBまでの通信容量がある「ギガホ」での契約を選択がオススメです。

ギガライトは7GBの通信容量を超過すると最大128Kbpsに低速化してしまうため、30GBを超えても1Mbpsで通信できるギガホの方が、速度制限後でも我慢できる速度で使うことができますよ。

【データ通信製品端末のみで契約する場合】

  • ドコモショップで契約する
  • オンラインショップのデータ通信製品ページから手続き

ここで一度、契約の種類掛かる費用の最低価格をまとめておきます。

〇スマホ「ギガライト」「データプラス」+端末代(24回払い)
→ 5,890円+1,000円+1,053円=8,033円/月

 

〇スマホ「ギガホ」「データプラス」+端末代(24回払い)
→6,980円+1,000円+1,053円=9,033円/月

 

〇スマホ「ギガライト」+データ通信製品「ギガライト」+端末代(24回払い)
→5,890円+5,980円+1,053円=13,013円/月

 

〇スマホ「ギガライト」+データ通信製品「ギガホ」+端末代(24回払い)
→5,890円+6,980円+1,053円=14,013円/月

 

〇スマホ「ギガホ」+データ通信製品「ギガライト」+端末代(24回払い)

→6,890円+5,980円+1,053円=14,013円/月

 

〇スマホ「ギガホ」+データ通信製品「ギガホ」+端末代(24回払い)
→6,890円+6,980円+1,053円=15,013円/月

docomoでポケットWifiを買うデメリット・メリット

docomoでポケットWifiを買うのは、結論から言うとオススメできません。

スマホをdocomoで契約していたとしても、docomoでのポケットWifiの契約をオススメしない理由があります。

ドコモでポケットWifiを契約するデメリット

ポケットWifiを契約する人はどのような理由から契約しているのでしょうか。

無制限の通信プランを使いたい!

スマホの速度制限や料金対策!

といった理由からポケットWifi導入を検討する場合がほとんどかと思いますが、docomoではこれらの要望を叶えられないんです。

データ通信容量はギガホでも30GBが限界。
快適な速度で無制限に使えない。

docomoの「ギガホ」ではデータ通信容量を30GBとしているため、超過後は最大1Mbpsの速度での通信を迫られるうえに、「ギガライト」の場合は、通信容量超過後最大128Kbpsの速度まで落ちてしまいます。

さらに「データプラス」プランだと、通信容量超過後はポケットWifiだけでなくスマホのほうも通信制限が月末まで続くことになるんです。

スマホの速度制限を避けるためにポケットWifiを契約つもりなのに、データプラスプランを申し込んでスマホも一緒に速度制限に掛かっていたら意味がありませんね

料金が通信量に対して割高

ポケットWi-Fi月額料金

上図を見ると分かる通り、auやWiMAX、Y!mobileは無制限プランが4,380円/月なのに対して、ドコモは30GBで6,980円/月となっており、通信容量に対して料金が割高です。

データ通信製品のみを「ギガライト」で契約したとしても、7GBの使用で5,980円/月になるので、他社の7GBまでの通信プランよりも2,000円以上料金が高くなっています。

データプラスプランは2年縛りを外すと2,500円/月掛かる

データプラスプランはスマホの「ギガライト」「ギガホ」プランに1,000円/月をプラスするオプション契約ですが、実は2年の定期契約の価格なんです。

そのため、定期契約なしを選んだ場合は2,500円/月も掛かってしまいます

定期契約で途中解約した場合は、違約金や端末代の残額の負担が出てくるので、どちらにしても費用がかさみますね。

速度制限が解消されるわけではない

通信量に制限があるプランしか提供されていないため、「ギガライト」や「ギガホ」で契約しても、データプラスプランで申し込んだとしても、7GBや30GBの通信容量を常に意識して使わなければなりません

(引用:UQ WiMAX「速度制限について」)

YouTubeの高画質の動画を13時間見ると10GB消費することをふまえると、映画を1日1本程度見るだけで月の半ばには30GBに到達する計算になります。

ポケットWifiを契約したからと言っても、速度制限が解消されるわけではないんです。

スマホとのセット割引がない

auには、auのスマホの他にWiMAXを契約することでスマホ代が最大1,000円/月割引される「auスマートバリューmine」がありますが、ドコモは特にセット割は用意されていません

スマホの他にデータ通信製品を契約しても、データプラスプランを契約しても、一緒に契約することで割引されるようなキャンペーンやプランもないようです。

データ通信製品の端末代金は店舗や時期によって変動する

データ通信製品の端末代金は、オンラインショップでは25,272でしたが、店舗や時期によってこの価格は変動するようです。

オンラインショップで契約後に最寄りのドコモショップへ行くと、購入時よりも安い値段で販売されているということもあるかもしれません。

ドコモでポケットWifiを契約するメリット

これまでドコモでポケットWifiを契約するデメリットを見てきましたが、実はいくつかメリットもあるようです。

スマホ代とポケットWifiの月額料金の請求がまとめてくる

ドコモユーザーであれば、スマホ代と一緒にデータ通信製品の通信費や端末代も請求されます

いくつかの通信費を気に掛けて合算するのが面倒くさい人にとって、スマホ代とポケットWifiで掛かる通信費をまとめた書類が手元に来るほうが楽に感じられるはずです。

エリアが広く、電波がつながりやすい

auやWiMAXのポケットWifiが主に使うWiMAX2+回線の電波は、ドコモの4G LTEの電波に比べて対応エリアが狭く限られているため、つながりにくく感じることがあります。

地下街やマンションといったWiMAX2+が電波を拾いにくい場所でも、ドコモは小型電波局の設置などの対策によって比較的電波がつながりやすくなっています

WiMAXはLTEを使えるハイスピードモードプラスエリアモード、Y!mobileはより速い速度で使えるアドバンスモードを使うこともできますが、それぞれ有料オプションであったり、使える地域に限りがあったりするため、ドコモのポケットWifiのつながりやすさにはかなわないでしょう。

回線接続が安定している

ドコモの電波局は日本全国に設置されていることや、データ通信製品端末で使う電波も4G LTEであることから、比較的安定した接続が可能です。

WiMAXの周波数帯は分厚い壁や高い建物などの障害物に弱く、奥まった部屋や高層マンションでは電波が弱かったり途切れたりしてしましますが、そういった障害物にも強く回り込んで電波を届けられる4G LTEなら、WiMAXよりは安定して接続することができます。

2年契約ができる

以前はポケットWifi業界でも2年契約できるプランをあちこちで見ましたが、最近は3年以上の契約プランが多くなってきています。

さらに3年以上の長期契約を結ぶことにより、LTEが使える1,000円/月程度の有料オプションが無料で使える特典を付けることで、ユーザーに3年以上のプランを選んでもらおうとする事業者が多いです。

そのなかで、ドコモはデータシェアプランを2年の契約で展開しているため、3年以上の契約を渋っている人にも契約しやすいと言えます。

 

ここまでドコモのポケットWifiについてのデメリットとメリットを見てきました。

デメリットとメリットから再度結論を言えば、ドコモのポケットWifiは電波やエリアなど一部の面ではメリットがあるものの、料金プランが高額であったり、最大通信容量が他社に比べて少なかったりするので、正直あまりおすすめできません。

それでも長年ドコモを使ってきて、回線速度や品質、エリア的にポケットWifiでもドコモの回線を使いたいという気持ちがある方のために、ドコモとの契約以外でドコモ回線を使うためにどうしたらよいかをまとめました。

ポケットWifiでドコモ回線を使いたいなら

ドコモが好きで、通信に関することならドコモの何かを使いたいということであれば、ドコモと直接契約しなくてもドコモの回線を使うことだってできるんです。

ドコモ回線を使うなら、格安SIMのポケットWifiを使うか、Wi-Fiをレンタルするといった方法があります。

格安SIMでドコモ回線を選ぶ

ドコモでデータ通信製品端末を契約しなくても、ドコモ回線を使っている通信業者でポケットWifiを契約したりデータ通信の契約ができることをご存知でしょうか。

キャリアと回線を相互利用したり、レンタルしたりして使っている格安SIMの事業者は「楽天モバイル」「mineo」「BIGLOBE」などいくつもあります。

回線を借りている立場の事業者と契約すると、ドコモと直接契約するよりも回線の速度や品質は少し落ちるかもしれませんが、料金は気にするけれどドコモの回線がいいという方には、格安SIMでドコモ回線を選ぶのがぴったりかもしれません。

格安SIMのメリット・デメリット、料金は安くなるけど通信速度は遅くなる?
最近広告などでも「格安SIM」という言葉を目にする機会が増えました。 スマホなどを安く使えるというのは何となくわかるけど、なんで安いのかよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。 実際に格安SIMに手を出しあぐねてい...

ドコモ回線のポケットWifiをレンタルする

2~3年の長期契約の前に試してから契約したいなら、ドコモ回線を使うポケットWifiを契約するのも選択肢の一つに入れておきましょう。

レンタルWi-Fiは海外旅行や出張時に使うイメージが強いかもしれませんが、最近は普段遣いとしても使えるレンタルWi-Fiが増えてきました。

郵送で返却できるなど気軽に利用できるレンタルWi-Fiも多いので、ドコモ系のレンタルWi-Fiからいくつかお試しで使ってみるのもいいかもしれませんね。

レンタルWi-Fiは即日宅配してもらえるなど簡単に始めることが可能ですが、1ヶ月間の料金は長期契約の倍の金額になるものもあるため、会社や期間は慎重に選んだほうが良さそうです。

最後に

スマホをドコモで使っていると、たくさんポケットWifiがある中から探すよりはドコモでポケットWifiを契約してしまうのが一番簡単で楽に感じられそうですよね。

ポケットWifiを契約する前には、「スマホと併せて月額料金がいくらになるのか」「通信量はどのくらい使えるのか」などの情報を少しでも確認しておくと、契約後に焦ったり後悔したりすることがなくなります。

ポケットWifiの契約方法や支払いなどについてまとめた記事などもありますので、ポケットWifiの契約前にぜひ一読ください。

ポケットWifiの契約方法・支払方法。クレカのみのもの、口座振替が可能なものもあるので要チェック
ポケットWiFiは端末だけを購入しても使用することができません。 モバイルルーターとして使うには端末の他に、回線をもつ携帯会社やプロバイダと契約し、月額料金を支払う必要があります。 今回はこの「端末と回線」をセットで契約する方法...