ドコモ光のキャンペーン評判はどう?料金や割引、メリットやデメリットも徹底解説!!

ドコモ光とは、ドコモが提供する光回線で、光電話や光テレビにも対応しているサービスです。

ドコモのスマホを契約すると、「料金が割引される」「お得になる」と言った理由でショップの店員からドコモ光への加入をおすすめされることがあります。

実際ドコモユーザーがドコモ光を契約すると、スマホの料金割引やdポイントへの還元があって他の光回線を契約するよりもお得に使えることが多いです。

では逆に格安SIMや他のキャリアユーザーだとお得にならないのか、気になりますよね。

本記事ではドコモ光の口コミや評判、料金やキャンペーンなどの詳細や、ドコモ光を契約するメリット・デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク
  1. ドコモ光はスマホ割引がお得! プロバイダも24社から選べる!
    1. ドコモ光はドコモの契約者が料金割引を受けるのに最適な光回線サービス
    2. ドコモ光には24社のプロバイダがあってフレッツユーザーも乗換えやすい
    3. 正規代理店やプロバイダのキャンペーンでdポイントやキャッシュバックGET
  2. ドコモ光の月額料金や工事費、契約方法や開通までの流れ
    1. ドコモ光の料金と契約期間
      1. 人気があるのは「タイプA」2年契約でマンション4,000円、戸建て5,200円
      2. 2020年4月開始のドコモ光10ギガはAタイプ6,300円、Bタイプ6,500円
    2. ドコモ光の工事費
    3. ドコモ光の契約方法や開通までの流れ
      1. 契約がスムーズになるようにプロバイダをあらかじめ1つに絞っておく
      2. Step1|インターネットやドコモショップ、家電量販店で契約申し込み
      3. Step2|工事についてNTTとやり取り、工事日や内容の確認
      4. Step3|工事もしくは無派遣工事にて開通
  3. 他の光回線と料金・工事費・キャッシュバック・契約期間比較
  4. ドコモ光のメリット
    1. 光電話契約をしなくてもスマホセット割引の対象となる
    2. キャンペーンで工事費が無料になる
    3. dカード GOLDならポイント付与率が1,000円につき10%たまってお得
    4. IPv6 IPoE(v6プラス)対応で回線混雑を避けた通信ができる
    5. 光テレビオプションとスカパー同時申し込みで、スカパーの初期費用無料
  5. ドコモ光のデメリット
    1. auやソフトバンク、格安SIMユーザーはメリットがない
    2. ソフトバンク光やauひかりにある乗換違約金負担キャンペーンが無い
    3. プロバイダによっては速度が遅かったり、料金が高かったりする
  6. ドコモ光の口コミ・評判
    1. プロバイダはGMOやぷらら(plala)を選ぶ人が多い
    2. ドコモ光の速度に関しては賛否両論ある
  7. 【結論】ドコモユーザーが光回線を選ぶならドコモ光がベスト

ドコモ光はスマホ割引がお得! プロバイダも24社から選べる!

ドコモ光の特徴とキャンペーンについて最初に触れておきましょう。

  • ドコモ光ならドコモのスマホのセット割が使える
  • ドコモ光のプロバイダは24社もある
  • dポイントやキャンペーンでお得に契約できる

申し込み:ドコモ光

ドコモ光はドコモの契約者が料金割引を受けるのに最適な光回線サービス

ドコモ光セット割

(引用:ドコモ光公式)

ドコモ光へ加入すると、ドコモで契約している携帯のプランに応じて一定額が割引される「ドコモ光セット割」の適用が可能です。

例えば、ギガホに加入している場合は、スマホの料金から月1,000円が割引になります。

4人家族なら通信費が最大4,000円引きになり、年間48,000円の節約です。

1年間で約5万円もスマホ料金が安くなるのは、家計にとって結構大きいですよね。

ドコモ光には24社のプロバイダがあってフレッツユーザーも乗換えやすい

ドコモ光は、NTT東日本・西日本が提供する回線を借り受け、光通信サービスを提供している「光コラボレーション(通称:光コラボ)」と呼ばれるサービスです。

回線業者とプロバイダの2つを申し込む必要のあるフレッツ光と違い、契約するのは光コラボを提供する事業者(プロバイダ)だけとなります。

光コラボだと通常はプロバイダが一つということが多いため、申し込むと自動的にプロバイダも決まるものですが、ドコモ光はちょっと特別。

ドコモ光では、24社ものプロバイダから好きなものを選ぶことができます

ドコモのプロバイダタイプA

ドコモのプロバイダタイプB

(引用:ドコモ公式)

フレッツ光にもあるOCN@niftyなどの有名どころも多く含まれており、契約先をドコモ光に転用(乗換え)しても、フレッツ時代のプロバイダのまま利用することも可能です。

プロバイダ変更で発生する手数料や手間が掛からないのは嬉しいですね。

ドコモ光のプロバイダを全24社から1つに決める選び方とは?おすすめはどこ?IPv6やセキュリティなど項目ごとに要チェック!
光回線を契約するときはプロバイダを選ぶ必要があり、どれを選ぶべきか迷うことがありますよね。 ドコモ光でもプロバイダを選ぶことになりますが、全部で24社もあって仕様も様々なので選ぶのが大変。 しかし、比べてみるとサービスの充実度や...

参考:ドコモ光のプロバイダを全24社から1つに決める選び方とは?おすすめはどこ?IPv6やセキュリティなど項目ごとに要チェック!

正規代理店やプロバイダのキャンペーンでdポイントやキャッシュバックGET

ドコモ光はドコモショップや公式サイトからだけでなく、家電量販店や正規代理店など実は様々な方法で申し込むことが可能です。

店舗申し込みにこだわる人もいますが、インターネットから正規代理店やプロバイダを通して申し込むことでキャッシュバックや月額料金割引といった特典等が付くことも。

GMOとドコモ光

たとえば、ドコモ光で人気のあるプロバイダの一つである「GMOとくとくBB」から申し込むと、次のような特典があります。

  • ipv6対応高性能WiFiルーターのレンタル無料
    (通常100円~300円)
  • 20,000円分キャッシュバック
  • dポイント最大2,000ポイント付与

ドコモ光の公式サイトから申し込むだけだと新規で20,000円、転用で15,000円のdポイント還元しかないことを考えると、高性能ルーターレンタルや現金バックがあるのは魅力的ですね

プロバイダによってキャンペーン内容は様々なので、キャッシュバックやルーターレンタルなど、自分にとって一番お得になるプロバイダを選ぶことが肝心です。

ドコモ光×GMOの申し込みはこちら

ドコモ光の月額料金や工事費、契約方法や開通までの流れ

では早速、ドコモ光の詳細について確認していきましょう。

サービス名ドコモ光
形態光コラボレーション
プロバイダドコモ指定24社
もしくは自分で別に契約
基本料金【マンション】
月4,000円
月4,200円
【戸建て】
月5,200円
月5,400円
工事費【新規】
15,000円
【新規】
18,000円
光電話
光テレビ
月500円
月750円~
違約金8,000円13,000円
WiFiレンタル月100円~300円
IPv6対応
契約期間2年
違約金9,500円
速度
通信品質
最大10Gbps
1Gbps
エリア全国対応
支払い方法クレジットカード
口座振替
公式ドコモ光

ドコモ光の料金と契約期間

まず料金と契約期間、契約解除料についてです。

人気があるのは「タイプA」2年契約でマンション4,000円、戸建て5,200円

ドコモ光の料金は主に「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」の3つです。

契約期間は2年の自動更新が基本ですが、契約期間の無いプランも用意されています。

ただ縛りの無いプランは月額料金が割高です。

安さの点からドコモ光でも人気が高いのは、ドコモ光が指定する18つのプロバイダから選ぶ「タイプA」、次に6つのプロバイダから選ぶ「タイプB」となっています

マンションプランも戸建てプランも、タイプBに比べてタイプAの価格が安いです。

プラン2年契約期間なし
マンション戸建てマンション戸建て
タイプ
A
4,000円5,200円5,000円6,700円
タイプ
B
4,200円5,400円5,200円6,900円
単独3,800円5,000円4,800円6,500円

一見安く見える単独タイプは、ドコモ光の指定する24のプロバイダ以外で契約する時に選ぶタイプ。

プロバイダ料金がこれとは別に掛かってくるため、結果として一番高くなります。

ちなみに、いずれのタイプでもマンションプランのほうが安いのは、建物1戸あたりに対する工事の手間や費用が安く、回線を集合住宅内で共有して使って速度やサービスの質が落ちるため

他の光回線でも比較的マンションプランのほうが、同様の理由で安いことが多いです。

2020年4月開始のドコモ光10ギガはAタイプ6,300円、Bタイプ6,500円

ドコモ光の10Gbps

(引用:ドコモ光公式)

フレッツ光での最大通信速度10Gbps開始に伴い、2020年4月にドコモ光でも戸建て向けに「10ギガ」サービスの提供が始まりました。

これまで一般的な光回線速度は1Gbpsと言われていましたが、10Gbps(10ギガ・ビーピーエス)はその10倍4Kなどの高画質動画の読み込みやダウンロードもあっという間にできるようになります。

通常の10倍の通信速度が提供されるわけですから、当然先ほど紹介した1Gbpsのプランよりもそれぞれ費用は割高です。

プラン2年契約期間なし
戸建て戸建て
タイプ
A
6,300円7,800円
タイプ
B
6,500円8,000円
単独5,900円7,400円
エリア
東日本大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・
足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・
品川区・北区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
西日本大阪府大阪市
愛知県名古屋市

加えて対象エリアは上表の通り、東京都の一部、大阪市、名古屋市などまだまだ限定的

使いたいと思っても、申し込むことのできないエリアが多いのが現状です。

ただ、エリアは順次拡大予定なので、数年後には使える地域が増えていくと思われます。

参考:ドコモ光10ギガのエリア・料金・プロバイダ・特典最新情報!

ドコモ光の工事費

ドコモ光の基本工事費はフレッツ光と同じで、戸建て18,000円、マンション15,000円です。

しかしインターネットからキャンペーンを使って契約すると、新規回線工事料が無料にすることができます。

サービス回線マンション戸建て
フレッツ光NTT15,000円18,000円
ドコモ光NTT実質無料
(15,000円)
実質無料
(18,000円)
ソフトバンク光NTT実質無料
(24,000円)

なお、上表の料金は基本工事費の価格であって、日時指定や光電話、光テレビの設置による費用は別料金として請求されますので、注意してください

ドコモ光の契約方法や開通までの流れ

ドコモ光はドコモショップや家電量販店などの対面で申し込む方法の他にも、公式サイトや正規代理店などからWEB申し込みする方法があります。

今回は契約から開通までの大まかな流れについて確認していきましょう。

契約がスムーズになるようにプロバイダをあらかじめ1つに絞っておく

まず、契約前にある程度考えておきたいのは、契約するプロバイダを1つに絞っておくこと。

なんせ24社もあるので、契約時に適当に決めるのも難しいくらいです。

現在契約しているプロバイダをそのまま継続するのも一つですが、キャンペーン内容や評判などを吟味して、これを機に新しいプロバイダを選ぶのもアリ。

なお、本サイトとしては、最初に紹介したGMOとくとくBBを選び、GMOのプロバイダサイトからドコモ光を申し込むのがおすすめです。

GMOのキャンペーンもドコモ光のポイントもGETできるのは、かなりおいしい話だと思います。

ドコモ光×GMOの申し込みはこちら

Step1|インターネットやドコモショップ、家電量販店で契約申し込み

申し込みたいプロバイダを絞ったら、WEBやドコモショップ、家電量販店などから契約の申し込みをします。

インターネットからの申し込みであれば24時間受付なので、いつでも好きなタイミングで申し込みできるのが便利なところ。

ドコモ光の申し込み手続き

(引用:ドコモ光公式)

一方、ドコモショップや家電量販店は営業時間内の訪問が必要ですが、プロバイダのことが全然分からなくても、店員に相談することができます。

工事や費用、キャンペーンなど不安なことがあればその場で色々と聞いてみましょう。

Step2|工事についてNTTとやり取り、工事日や内容の確認

契約申し込みが正式に完了したら後日、工事や必要な機器についてNTTから連絡があります。
(契約窓口はドコモ光ですが、回線自体はNTTの管理)

新規回線工事や宅内工事がある場合は、ここで具体的な工事日時が決まりますが、繁忙期の新規工事になると、工事が1ヶ月先になることもよくあるようです。

Step3|工事もしくは無派遣工事にて開通

いよいよ当日になると、NTT東西から委託された業者によって工事が始まります。

光回線工事は立ち合いが必要なので、工事の間(1時間から半日程度)はずっと家にいなくてはいけません。

まあ立ち合いと言っても、ずっと工事を見続けるようなことはなく、時折確認する程度です。

詳しい工事内容についてはこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説
光回線工事は、戸建てやマンション、アパートなどでインターネットを使えるようにするために欠かせない工事です。 ただ、工事内容についてはよく知らなかったり、何となく時間が掛かって高そうといったイメージを持っている人も多いと思います。 ...

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説

なお、アパートやマンションで既に回線設備があったり、他の光コラボから事業者変更で乗り換えたりする場合、送られてきた機器を自分で交換する「無派遣工事」を行うことがあります。

マニュアルに沿って設置するだけでそう難しくはありませんので安心してください。

他の光回線と料金・工事費・キャッシュバック・契約期間比較

主要光回線との料金比較は以下の通りです。

 光回線戸建て料金
マンション料金
スマホ料金
割引
キャッシュ
バック
契約
期間
工事費用
(※1)
詳細
情報
ドコモ光(戸)5,200円~
(マ)4,000円~
ドコモ
~月1,000円
最大20,000円
+dポイント
2000pt
2年無料詳細
auひかり(戸)4,900円~
(マ)3,800円~
au
~月2,000円
最大
52,000円
2年or
3年
実質
無料
詳細
ソフト
バンク光
(戸)5,200円
(マ)3,800円
ソフトバンク
~月1,000円
最大
33,000円
2年実質
無料
詳細
NURO光
(戸)4,743円
(マ)~4,743円
ソフトバンク
~月1,000円
45,000円2年or
3年
実質
無料
詳細
So-net光
プラス
(戸)3,080円~
(マ)2,080円~
au
~月2,000円
なし3年実質
無料
詳細
おてがる光(戸)4,280円~
(マ)3,280円~
なしなしなし無料
(※2)
詳細

※1:「実質無料」では、工事費用の分割代金が毎月割引されることで負担額が0円となります。
※2:配線設備新設時は15,000円~

月額料金が安いというわけではないですが、ドコモ光はキャッシュバックやdポイントの高額付与や、ドコモのスマホとのセット割の割引など還元されるものが多いです。

工事費も実質無料になるので、ドコモユーザーの方に向いている光回線と言えます。

 

下記記事ではおすすめ光回線を紹介していますので、光回線選びで迷っている方はチェックしてみてください。

【2020年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。マンションでも戸建てでも重要なのはスマホのセット割!
光回線サービスはやたらと色々なものが多く、キャッシュバックや月額料金もまちまち過ぎて調べても結局よくわからない。なんて人もおそらく多いはずです。 ただその時に単に「キャッシュバックが多いところ」、「月額料金が安いところ」と決めてしまう...

ドコモ光のメリット

ドコモ光を契約するメリットは以下の通りです。

  • 光電話契約をしなくてもスマホセット割引の対象となる
  • キャンペーンで工事費が無料になる
  • dカード GOLDなら料金支払い時のポイント付与率が10%で高い
  • IPv6(v6プラス)対応で回線混雑を避けた通信ができる
  • ドコモ光テレビオプションは3種類から選べる

では一つずつ確認していきます。

光電話契約をしなくてもスマホセット割引の対象となる

ドコモ光セット割

(引用:ドコモ光公式)

「ドコモ光セット割」は、ドコモのケータイやスマホを使っている人がドコモ光を契約することで受けられる永年割引

そして光回線によるインターネット契約と、携帯料金とセットにして割引を受けられるキャリアサービスでは唯一、光電話(固定電話)契約不要でスマホのセット割引を受けることができます。

サービス割引額
(1回線)
ネット
契約
光電話
契約
ドコモ光最大1,000円必要不要
auひかり
光回線
最大1,000円必要必要
ホームルーター最大1,000円必要不要
ソフトバンク光
光回線
最大1,000円必要必要
ソフトバンク
エアー
最大1,000円必要不要

なお、auひかりやソフトバンク光は、Speed Wi-Fi HOMEソフトバンクエアーなどのホームルーターを契約すると、光回線契約をしなくてもスマホ割引を受けることが可能です。

キャンペーンで工事費が無料になる

ドコモ光新規工事料無料特典

(引用:ドコモ光公式)

上述の通りドコモ光で申し込むと、回線工事に掛かる費用は無料になります

工事費を自己負担しなければいけない光回線も中にはあるので、工事費が掛からないというのはお得な感じがしますね。

ただし、ドコモ光の工事費無料キャンペーンは、工事費が全て無料になるわけではありません。

特典適用対象工事料は「ドコモ光」の通常工事料のみとし、土日・祝日工事の追加工事料、「ドコモ光電話」などのオプション工事料、工事内容によって発生する追加料金は無料特典の適用外です。「ドコモ光 10ギガ」は本特典対象外です。

(引用:ドコモ光公式)

日時指定をすることで生じる追加の工事料や、光電話・光テレビなどの設置に掛かる工事料に関しては無料にならないので注意してください。

光回線の工事費用はどれくらい?実質無料は本当?工事費負担の目安や注意点を解説
契約すればすぐに使える携帯と違って、光回線は工事やそのやり取りなどが面倒なうえに、配線工事でお金が掛かる…そんなイメージを持っている人は多いでしょう。 しかし、実際に工事をしてみると思ったよりも安く済んだり、割引によって実質工事費用無...

光回線の工事費用はどれくらい?実質無料は本当?工事費負担の目安や注意点を解説

dカード GOLDならポイント付与率が1,000円につき10%たまってお得

dCARD

(引用:dカードGOLD)

dカードとは、ドコモの共通ポイントであるdポイントを貯めることのできるカードのこと。

このdカードにはレギュラーカードの上のランクとして「dポイントGOLD」があり、GOLDになると次のような特典があります。

  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金1,000円ごとに税抜金額の10%ポイント還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料

つまり、dカード GOLDを持っていれば、スマホの料金だけでなくドコモ光の利用料金についても、1,000円ごとに10%のポイント還元が受けられるというわけです。

これは例えば、月3万円の支払いがあれば3,000ポイント、年間で36,000ポイント(36,000円分)が貯まる計算です。ポイントは通信費の支払いにも充てられるので、1ヶ月分浮くことになります。

スマホの料金だけでなくドコモ光の料金についてもポイントが貯まると、通信費節約に繋がって良さそうですね。

IPv6 IPoE(v6プラス)対応で回線混雑を避けた通信ができる

ドコモ光は次世代通信技術であるIPv6 IPoE(v6プラス)に対応しています。

【IPv6 IPoEとは?】
IPv4接続をIPv6接続と同じように接続する方法のこと。IPoE + IPv4 over IPv6とも。回線が混雑する原因となっているPPPoE接続を使わず、快適な速度で通信できる技術として、最近利用者が増えている。
つまり簡単に言うと、ドコモ光では回線混雑を避けて通信できる次世代技術に対応しているため、速い通信が可能になるというわけです。

ただしドコモ光のプロバイダの中には、IPv4接続対応のサイトにアクセスできないPPPoE接続のIPv6にしか対応していないところもいくつかあります(01光コアラ、ネスクなど )

全てのサイトがIPv6に対応しているわけではないので、選ぶ際は、IPv6 PPPoEの接続方式ではなく、IPv6 IPoEに対応したプロバイダにしましょう。

(参考:ドコモ光「IPv6対応状況」)

光テレビオプションとスカパー同時申し込みで、スカパーの初期費用無料

スカパーとドコモ光

(引用:ドコモ光)

ドコモ光のテレビオプションは、ドコモ光の月額料金に月750円付けることで、地デジやBS放送を楽しむことができます。

ドコモ光と同時にドコモ光テレビオプションを申し込むと初期費用は掛かりません。

それにスカパーも同時に申し込めばこちらの初期費用が無料になるので、申し込むなら追加工事よりも同時申込みがおすすめです。

ドコモ光のデメリット

ドコモ光を契約するデメリットは以下の通りです。

  • auやソフトバンク、格安SIMユーザーはメリットがない
  • 乗換えによる違約金負担キャンペーンが無い
  • プロバイダによって速度が遅い、料金が高いなど差がある

一つずつ確認していきましょう。

auやソフトバンク、格安SIMユーザーはメリットがない

ドコモ光はドコモで契約している人が、いかにお得に契約できるかを突き詰めた光コラボです。

ドコモユーザーからすると、スマホとのセット割引やdカード GOLDの高還元などお得な情報ばかりですが、auやソフトバンクなどドコモ以外のユーザーからすると何らメリットがありません

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光やNURO光を、auユーザーはauひかりやSo-net光プラスなど、それぞれお得に契約できる光コラボがあるため、そちらを検討すると良いでしょう。

サービス割引のある
主なサービス
ドコモドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光
NURO光
auauひかり
So-net光プラス
ビッグローブ光

ソフトバンク光やauひかりにある乗換違約金負担キャンペーンが無い

ソフトバンク光やauひかりは、他社から乗り換える際に発生する違約金を負担してくれるキャンペーンがあります。

これにより、解約する際の契約解除料や工事費の残債を気にせずに乗り換えることができるわけです。

しかしドコモ光には、こういった他社からの乗換えを検討している人に対するキャンペーンは特にありません。まあ、工事費無料に対応しているだけ良いのかもしれません。

プロバイダによっては速度が遅かったり、料金が高かったりする

ドコモ光の回線はNTTからレンタルしているため、回線が通信に影響を及ぼすというよりは、どのプロバイダにするかによって、通信品質や速度に違いが生じます

さらに、「タイプAとタイプBのどちらを選ぶか」「IWi-Fiルーターレンタルは無料か」によって、同じドコモ光でも月額料金が高くなることもあるでしょう。

プロバイダが1つしかない他の光コラボと比べると、ドコモ光ではそういった点でばらつきがあります。

ドコモ光の口コミ・評判

「ドコモ光がいいと聞いた」としても、それがどのプロバイダや接続方式を使っているかによって通信の実態は変わってきます。

プロバイダによっては「ハズレ」を引く可能性もあるので、ドコモ光の評判自体を調べるよりも「どのプロバイダを使っているか」「IPv6 IPoE方式か」を中心に口コミを探してみると良いでしょう。

プロバイダはGMOやぷらら(plala)を選ぶ人が多い

プロバイダは、WiFiルーターが無料でレンタルできるGMOとくとくBBをはじめ、速度やサポートで定評のあるplala(ぷらら)を選ぶ人が傾向として多いようです。

IPv4接続の場合、プロバイダは地域の利用者や接続時間帯によって速度が左右されやすいですが、IPv6 IPoE接続になれば、そういった問題は解消されます。

プロバイダ選びは、費用はもちろん、できるだけ接続方式やWiFiルーターのスペックなど、速度にもこだわって選ぶのがおすすめです。

ドコモ光の速度に関しては賛否両論ある

IPv6オプション(IPv4接続をIPv6接続と同じように接続する方法)は、申し込み時に自動適用(WiFiルーターは自分で設定する場合がある)される場合もありますし、自分で別途手続きをしなければいけないプロバイダもあります。

「IPv6対応のプロバイダのはずなのに速度が遅い…」と思ったら、IPv6 IPoE接続への切り替えやルーター設定の確認、プロバイダの変更などを検討してみると良いでしょう。

速度については賛否両論、といったところですね。

【結論】ドコモユーザーが光回線を選ぶならドコモ光がベスト

ドコモ光の概要やメリット・デメリット、口コミや評判について解説してきました。

auやソフトバンクユーザーからすると、あまりお得感はありませんが、ドコモユーザーからすると通信料の節約やdカードのポイントなどお得なことばかり。

ドコモユーザーが光コラボを選ぶなら、ドコモ光がベストです。

ただ、ドコモを解約して他のキャリアや格安SIMに乗り換えると、こういったお得感は無くなってしまいますので、その際は光回線の乗換も合わせて検討すると良いでしょう。

ドコモ光×GMOの申し込みはこちら