フレッツ光導入済みマンションとは?ネットを使うのに契約や工事は必要?確認する方法やおすすめの光コラボも紹介

アパートやマンションを探している際に「フレッツ光導入済み」という表記に出会うことがあります。

「フレッツは光回線のことだから、ネットが導入されている建物ってことか」というのは早合点。

実は「フレッツ導入済みマンション」であっても、光回線契約や工事が必要です。

そこで本記事では、「フレッツ導入済」「フレッツ光導入済マンション」は結局どういう状態なのか、どのような工事が必要なのかという点について解説します。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

フレッツ導入済みマンションって結局どういうこと?

「フレッツ光」というのは、NTT東日本・西日本が提供するADSLや光回線で使われている「フレッツ光ライト」や「フレッツ光ネクスト」、「Bフレッツ」サービスの名称です。

では具体的にフレッツの何が、どのように「導入済み」なのかについて確認しましょう。

マンション内まで回線を引き込んであるが部屋までは来ていない状態

結論から言えば、「フレッツ光導入済みマンション」とは、NTT回線が電柱から共用スペースまで引き込んである集合住宅のことを意味します

集合住宅の場合、建てた段階で電柱から共用スペースまでインターネット回線が引いてあることが多いです。

共用スペースからその先は、「各部屋の住人が契約を希望する度に回線を引く」か、「最初から引いておく」といった対応になります。

「フレッツ光導入済マンション」というのはこの場合の前者のタイプ。部屋までは回線が引き込まれていないため、インターネットを使うにはネットの申し込みや工事が必要です。

中にはフレッツに限定せず、光コラボやauひかりやNURO光、ケーブルテレビなどもの契約も含めて「インターネット対応」と表記しているところもあります。

対して後者は「インターネット完備」や「インターネット無料」のタイプ。

「完備」の場合は、ネット契約をマンションで一括管理していることが多く、「無料」の場合は、賃貸料金にインターネット費が上乗せされていることが多いです。

以上をまとめると次のようになります。

ネット環境契約工事内容
フレッツ光対応必要必要・NTT東西のフレッツ光で申し込み
・光コラボで申し込みも可能
インターネット対応必要必要・NTT回線とは限らない
・申し込みや工事が必要
インターネット完備必要不要・機器のレンタルや購入等、
準備は必要
インターネット無料不要不要・費用は賃貸料金込み

「対応」「完備」「無料」の違いについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

アパートでインターネット契約は必要?インターネット無料・完備・対応の違いとおすすめの接続方法
アパートを探す際に、インターネット「無料」「完備」「対応」など様々な表記を見て混乱することはありませんか。 自分でネット契約が必要なのか、それとも無料で使えるのかなど、どれも分かりづらいですよね。 最近ではインターネット無料のア...

フレッツ光や光コラボに申し込んで工事をしてもらえばすぐ開通できる状態

ドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボ」(光コラボレーション)は、NTTの回線を借り受けて光回線サービスを提供しています。

そのため、フレッツ光でも光コラボでも、回線そのものは同じです。

したがって「フレッツ光導入マンション」であれば、フレッツ光だけでなく、光コラボで契約をすることもできます

月額料金やスマホとのセット割引など、どのプランを選ぶかによって通信費に差が出てくるので、契約先選びは慎重に行いましょう。

各サイトで契約を終え、工事の連絡日が決まれば後は簡単です。

共用スペースまで回線が引いてあれば、その先の工事はそこまで時間の掛かるものではありません。

電柱から回線を引き込むような工事ではないため、工事時間としてはだいたい1時間から半日程度で機器の設置まで進み、工事をしたその日にインターネットが開通します

費用としては8,000円くらいを目安と考えておくと良いでしょう。

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説
光回線工事は、戸建てやマンション、アパートなどでインターネットを使えるようにするために欠かせない工事です。 ただ、工事内容についてはよく知らなかったり、何となく時間が掛かって高そうといったイメージを持っている人も多いと思います。 ...

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説

フレッツ光導入済みマンションなのかを確認する方法は?

物件捜しの際にインターネットのことまで確認できていると良いですが、実際に入居してからすぐにネットを使えないことに気が付くこともありますよね。

そんな時は次の方法で確かめることができます。

NTT東日本・西日本や光コラボの公式サイトで住所やマンション名を検索

まずはNTT回線の利用できる地域なのかを、NTT東日本や西日本、光コラボの公式サイトにあるエリア検索で調べてみましょう。

(引用:NTT東日本公式)

エリア検索画面で郵便番号や住所、マンション名、部屋番号を入力すると、インターネットが使えるかを判定してもらうことができます。

(引用:NTT東日本公式)

上図のように「○」の判定が出れば、回線工事が可能、「×」だとエリア外もしくは工事ができないこと意味します。

「○」の判定が出たら、管理会社や大家さんに「NTTの回線に対応していると思うんですが、光回線の契約先は決まっていますか」などと尋ねて、確認してみると良いでしょう。

管理会社や大家さんに連絡して直接確かめる

光回線工事をする際は、そもそも管理会社や大家さんに許可を取る必要があるため、いずれどこかのタイミングで連絡をすることになります。

何度も連絡するのは手間なので、回線工事をすることを前提に、以下の2点について聞いてみるのも良いでしょう。

  • この物件はフレッツ光導入済マンションか
  • 光回線を引きたいが、工事をしても良いか

「フレッツ光導入済みマンション」であれば、基本的に工事をすることに対して断られることはありません

ただ回線にもよりますが、共用スペースへの回線の引き込みなど大掛かりな工事が必要となる場合は、許可を取るのもすんなりいかないことが多いです。

フレッツ導入済みマンションでもauひかりやnuro光は申し込める?

auひかりNURO光は、NTT回線とは違う回線を使用する光回線サービス。

NTT回線にしか対応してない「フレッツ導入済マンション」であっても、これらのサービスの工事や申し込みをすること自体は、一応可能です

ただ実際は管理会社や大家さんの許可が下りなかったり、物理的に工事が難しいと判断されることもあります。

例えば、10戸前後で割と小規模な集合住宅の場合、共用スペースはNTT回線の設備だけで既にいっぱいということも。

建物内への引き込み工事ができない場合、戸建てタイプの工事方式に方針転換する必要がありますが、外壁を傷つくことを嫌がる管理会社や大家さんも多いです。

(引用:フレッツ光東日本)

そうなるともうauひかりやNURO光を入れる光回線工事は諦めるしかありません

NTT回線を使いたくないというのなら仕方がありませんが、ここは素直にNTT回線契約を受け入れるか、ポケットWiFiやホームルーターなど使ってインターネットを利用する方法を選びましょう。

公式:auひかり

公式:NURO光

フレッツ光導入済みマンションにおすすめの光回線はどれ?

フレッツ光導入済みマンションで契約する際に本サイトがおすすめするのは、NTT回線を使った光コラボのサービス。

光コラボなら、auひかりやNURO光のように一から工事をする必要がありません。

それに「契約期間や違約金が無い」「スマホとセットで契約することで割引が受けられる」といった特徴あるサービスもあります。

今回特におすすめしたい光コラボは、以下の通りです。

おてがる光|契約期間の縛りなし、違約金もなしで料金も安い

(引用:おてがる光)

おてがる光はそこまで知名度はありませんが、とにかく月額料金が安いのが魅力的な光コラボです。

他社に比べて月額料金が安いのが特徴で、マンションは月3,280円、戸建ては月4,280円とかなり安く設定されています。

さらに、おてがる光には契約期間の縛りや途中解約違約金などがありません

工事費は自己負担になりますが、2年や3年といった縛りを避けたい人にはおすすめの光コラボサービスと言えます。

公式:おてがる光

おてがる光は縛りなし解約金なしで月額料金も安いって本当?口コミや評判、メリット・デメリットも紹介
おてがる光は2019年11月から始まった新しい光コラボサービス。 光回線は2年や3年の契約期間の縛りがあるところも多いですが、おてがる光では契約期間の縛りなく、解約金もありません。 それでいて月額料金も3,280円から契約できる...

enひかり|UQmobileユーザーなら「勝手に割」が適用できて安い

(引用:enひかり)

おてがる光よりとほぼ変わらない価格(マンション月3,300円、戸建て4,300円)で利用できるenひかりは、以前から月額料金の安い光コラボサービスとして人気があります。

さらにUQモバイルユーザーなら「勝手に割り」で、スマホ料金を割り引くことで、月額料金をおてがる光よりも安くすることも可能です。

こちらも契約期間の縛りが無く、契約解除料も掛からないため、いつ解約しても高額な違約金を請求される心配がないのはありがたいですね。

公式:enひかり

enひかりの評判や口コミは?IPv6オプションの速度やメリット・デメリットも徹底解説!!
enひかりは、光回線にしては珍しい「契約期間なし」「解約金なし」でありながら、月額料金が安い光コラボレーションサービス。 混み合う時間帯でも回線混雑なく通信できるIPv6オプション(「v6プラス」「transix(トランジックス)」に...

ドコモ光|ドコモユーザーならスマホセット割でスマホ代最大1,000円引き

(引用:ドコモ光公式)

スマホをドコモで契約している人は、ドコモ光の利用が向いています

なぜなら、ネットとスマホをセットで契約することで、、スマホの料金が永年最大1,000円引きになるから。

また、dカード GOLDならスマホだけでなく、ネットの支払い料金に対しても10%のポイントが付くのでお得です。

公式:ドコモ光

ドコモ光のキャンペーン評判はどう?料金や割引、メリットやデメリットも徹底解説!!
ドコモ光とは、ドコモが提供する光回線で、光電話や光テレビにも対応しているサービスです。 ドコモのスマホを契約すると、「料金が割引される」「お得になる」と言った理由でショップの店員からドコモ光への加入をおすすめされることがあります。 ...

ソフトバンク光|ソフトバンクユーザーもセット割引で最大1,000円引き

(引用:ソフトバンク光公式)

ソフトバンク光も、ドコモ光同様、固定回線とスマホのセット割があり、1回線につきスマホ料金が最大1,000円引きになります。

工事費を分割支払いすることで実質無料にすることができるのは、ドコモ光同様、通信大手ならでは

なお、ソフトバンク光でIPv6方式による通信を考えている場合は、専用の光BBユニットの利用が推奨されていますので、忘れずに申し込むようにしましょう。

公式:ソフトバンク光

【市販ルーターはNG?】ソフトバンク光のIPv6とは?申し込み手続きや光BBユニットの必要性、メリット・デメリットまとめ
ソフトバンク光の申し込み時に「IPv6」や「光BBユニット」という言葉を聞いて何だかよく分からないという人もいるかもしれません。 本記事では、IPv6とは何かや、光BBユニットは必要ないのか、市販のルータでもいいのかといった疑問に沿っ...

【まとめ】フレッツ光導入済みマンションは契約も工事も必要

フレッツ光導入済みマンションでネットを使う方法について解説してきました。

フレッツ光導入済みマンションでは契約も工事も必要ですが、フレッツ光や光コラボを契約することで、簡単な工事さえすればすぐにネットを使うことができます。

入居先のアパートやマンションのインターネット環境を知りたければ、大家さんや管理会社に確認するのが最も手っ取り早いです。

ただ、自分である程度調べておきたいなら、NTT東西のエリア検索などを使って知ることもできるので、試しに検索してみると良いでしょう。