光回線

DTI光のプラン・料金・キャッシュバック・評判を徹底解説!契約期間なしでキャッシュバックありだけど本当にお得?

スポンサーリンク

DTI光は、工事費が実質無料、最低利用期間や違約金がない光回線サービスです。

さらに回線の混雑を避けて快適に高速通信ができるIPv6に標準対応していますが、料金や口コミ・評判は実際どうなのでしょうか。

本記事では、DTI光の概要やメリットやデメリットについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

DTI光とは

DTI光

DTI光は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(Dream Train Internet)が運営する、フレッツ光回線を使った光コラボです。フレッツ光回線のため、エリアは全国的に対応しています。

DTI光は契約期間の縛りや違約金がありません。

また、工事費はキャッシュバックで実質無料にできるなど、お得なポイントの多い光回線です。

 

DTI光の公式サイトはこちら

 

DTI光でかかる料金や工事費、キャッシュバック情報

DTI光の料金や工事費、キャッシュバックに関する情報について確認していきます。

料金、プラン

DTI光の月額料金は、戸建てタイプが月4,800円、マンションタイプが月3,600円です。

戸建て
(ファミリー)
マンション
月額料金 4,800円 3,600円

申し込みをした月の基本料金は掛かりません。

主要な光回線とDTI光を比較すると、So-net光やおてがる光には及びませんが、比較的月額料金が安いことが分かります。

 光回線 戸建て料金
マンション料金
スマホ料金
割引
キャッシュ
バック
契約
期間
工事費用
(※1)
詳細
情報
DTI 光 (戸)4,800円~
(マ)3,610円~
DTI SIM
月150円
au
~月1,200円
最大
19,000円
なし 割引
なし
ドコモ光 (戸)5,200円~
(マ)4,000円~
ドコモ
~月1,000円
最大20,000円
+dポイント
20000pt
2年 割引
なし
詳細
auひかり (戸)4,900円~
(マ)3,800円~
au
~月1,000円
最大
52,000円
2年or
3年
実質
無料
詳細
ソフト
バンク光
(戸)5,200円
(マ)3,800円
ソフトバンク
~月1,000円
(戸)56,000円
(マ)46,000円
2年 実質
無料
詳細
NURO光
(戸)4,743円
(マ)~4,743円
ソフトバンク
~月1,000円
45,000円 2年or
3年
実質
無料
詳細
So-net光
プラス
(戸)3,080円~
(マ)2,080円~
au
~月1,000円
なし 3年 実質
無料
詳細
おてがる光 (戸)4,280円~
(マ)3,280円~
なし なし なし 割引
なし
詳細

※1:「実質無料」では、工事費用の分割代金が毎月割引されることで負担額が0円となります。

下記記事ではおすすめ光回線を紹介していますので、光回線選びで迷っている方はチェックしてみてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...

キャッシュバック

DTI光では、DTI光とDTIひかり電話を同時に契約した場合、戸建てプランで19,000円、マンションプランで16,000円のキャッシュバックをGETできます。

戸建て
(ファミリー)
マンション
ネット+電話 19,000円 16,000円
ネットのみ 15,000円 13,000円

ただし、このキャッシュバックを適用できるのは、フレッツ光回線を使ったサービスを利用していない場合だけ。

つまり、フレッツ光からの転用や、他の光コラボからの事業者変更については適用外です。

また、DTI光の既存ユーザーが転居時にこの特典を適用することはできないので注意してください。

工事費

DTI光の工事費は、戸建てプランが18,000円、マンションプランが15,000円です。

戸建て マンション
工事費 18,000円 15,000円
分割払い なし なし

※ADSL回線からの乗り換えは最大18,000円キャッシュバックで実質無料

DTI光では工事費の分割払いがなく、契約時の一括払いとなりますが、キャッシュバックがある為、相殺できます

ただキャッシュバックの条件はネットだけではなく電話の申し込みも必要となる為、ネットのみの場合は全額負担しなければならないので注意が必要です。

契約年数、違約金

DTI光は最低利用期間が無いため、違約金の設定もありません。

内容
契約期間 なし
更新月 なし
解除料 なし

戸建ての場合、ドコモ光は13,000円、ソフトバンク光は9,500円かかることを考えると、DTI光は解約時に重たい負担が無いのは助かりますね。

セット割

DTI光には、auスマホやDTI SIMとのセット割があります。

auスマホの利用で最大1,200円割引

DTI光では、対象のプランを契約しているauスマホを利用している場合、DTI光の料金から毎月最大で1,200円の割引を受けることが可能です。

主要な対象プランは以下の通り。

プラン 割引額
・データ定額5/8/10/13/20/30
・LTEフラット
1,200円
・データMAX 5G/4G
・データMAX 5G ALL STARパック/(P)
・データMAX 5G Netflixパック(P)
・データMAX 5G/4G テレビパック
・データMAX 5G/4G Netflixパック
・データMAX 5G with Amazonプライム
500円

※受付終了の旧プラン

スマホの料金が割引されるパターンがセット割では多いですが、こちらは光回線の料金を割り引いてもらえます(1回線分のみ)。

auスマートバリューとは違い、ひかり電話の契約が無くても、auスマホを使っていればセット割を適用可能です。

ただ、auひかりやSo-net光プラス、ビッグローブ光で適用できるauスマートバリューは、同じデータMAXプランでも割引額は1,000円、しかも複数回線での適用が可能である為、正直この割引はあまりメリットがあるとは言えません。

DTI SIMとのセット割で毎月150円割引

DTIが運営するSIMサービス「DTI SIM」と光回線とセットで契約すると、DTI SIMの料金から毎月150円が割引されます。

なお、他にも格安SIMとのセット割がある光回線には、ビッグローブ光(BIGLOBEモバイルのセット割)、IIJmioひかり(IIJMio SIM)などがあります。

オプション

DTI光では、ひかり電話を月額500円、光テレビを月額750円で利用可能です。

DTI光電話 DTI光テレビ
月500円 月750円

ひかり電話は全国一律8円/3分(税別)で固定電話へ発信することができます。

ひかりテレビは、光回線経由で地上波の番組やBSの番組を見ることができるサービスで、テレビ側の接続工事のみでアンテナの取付けは不要です。

DTI光の公式サイトはこちら

DTI光の詳細情報

それでは、DTI光に関する情報についてさらに詳しく見ていきましょう。

プロバイダ

運営元のDTIは、フレッツやドコモ光、auひかりなどさまざまな光回線でもプロバイダ事業を行っています。

DTI光は、通信事業で長年プロバイダ事業を行ってきたDTIがプロバイダなので、安心して使えますね。

なお、DTI光契約前に他のプロバイダを契約していた場合は、プロバイダ解約時に違約金が掛かる場合があるため規約を確認しておきましょう。

通信速度

基本プランの通信速度は最大1Gbpsですが、あくまでもこれは理論値。実際の速度は10Mbps程度の場合もあれば、200Mbps以上出るという人もいます。

ルーターのスペックや建物タイプなど、さまざまな要因で速度が変わるため、他の人と同じ回線やプロバイダを使ったとしても、同じ速度が出るわけではありません。

あくまでもDTI光は光コラボで、回線自体はフレッツ光と同じ

ただDTI光は、IPv6(IPoE)に対応しており、速度が遅くて困るといったことはそうありません。

回線混雑を避けて通信ができるため、動画視聴なども問題ない速度で通信できます。

支払い方法

DTI光で使える支払い方法は以下の2つ。

  • クレジットカード
  • 口座振替

口座振替時の引落日は、毎月27日です。

10ギガプラン

残念ながらDTI光には、10ギガ対応プランがありません

ドコモ光やソフトバンク光などの大手主要回線は対応しているので、エリアや料金などを確認してみると良いでしょう。

東京ガスのトリプル割

DTI光では、東京ガスのガス・電気を契約することで、毎月最大250円割引になります。

東京ガスと契約している方はお得になるので、ぜひチェックしておきましょう。

遠隔サポートが無料

DTI光を契約すると、パソコンに関するトラブルが合ったときに遠隔で対応して貰える「SiLK Hotlines」という遠隔サポートを無料で利用することができます。

ブラウザの各種設定やメールに関するトラブルなども対応してくれるので、パソコンが苦手な方でも安心ですね。

DTI光の公式サイトはこちら

他社と総額料金比較(セット割適用なし時)

光回線は会社によって月額料金の他にキャッシュバック額や工事費用、解約料などが異なる為、お得なものを選ぼうと思ったら総額費用を比較してみなければわかりません。

そこでここでは、DTI光の契約に掛かる総額料金を4つのパターンに分けて、他社と比較してみましょう。

  • 戸建て、新規開通
  • 戸建て、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更
  • マンション、新規開通
  • マンション、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

なお、この総額費用に関する詳しい解説は下記の記事にて紹介していますので、詳しく知りたい方はそちらをチェックしてみてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...

戸建て、新規開通

新規開通もしくは、auひかりやNURO光などの他回線から乗り換えをした場合の総額費用は、以下の通りとなりました。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
DTI光 フレッツ光 なし 60,900円 118,500円 176,100円 233,700円 291,300円 579,300円
フレッツ光 2年 86,400円 135,800円 211,200円 260,600円 323,000円 635,000円
フレッツ光 2年 30,900円 71,800円 143,700円 196,600円 259,000円 571,000円
auひかり 3年 92,000円 150,500円 192,800円 265,100円 307,400円 601,400円
NURO光 2年 49,725円 81,133円 138,248円 185,664円 242,580円 527,160円
フレッツ光 3年 83,960円 120,920円 163,080円 245,240円 287,400円 622,200円
フレッツ光 なし 66,360円 117,720円 169,080円 220,440円 271,800円 528,600円
フレッツ光 2年 46,200円 96,400円 168,600円 218,800円 280,000円 586,000円
フレッツ光 なし 68,800円 115,600円 162,400円 209,200円 256,000円 490,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

DTI光の月額料金は比較的安いほうですが、総額料金で比べるとそこまで特別安いわけではないと分かります。

キャッシュバックが少ない、工事費用が無料にならない、月額料金がそこまで安いわけではないといった理由から他社で解約時にかかってしまうお金を合わせても、DTI光は料金面で勝てません。

5年程度使うなら、キャッシュバック額の多いソフトバンク光やNURO光を契約したほうがお得ですし、長期で10年以上使うならBB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)が安くておすすめです。

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

戸建て、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

戸建ての場合でのフレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合は以下の通りとなっています(auひかり、NURO光は新規開通と同じ)。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
DTI光 フレッツ光 なし 60,400円 118,000円 175,600円 233,200円 290,800円 578,800円
フレッツ光 2年 68,400円 117,800円 193,200円 242,600円 305,000円 617,000円
フレッツ光 2年 39,900円 92,800円 164,700円 217,600円 280,000円 592,000円
auひかり 3年 92,000円 150,500円 192,800円 265,100円 307,400円 601,400円
NURO光 2年 49,725円 81,133円 138,248円 185,664円 242,580円 527,160円
フレッツ光 3年 64,760円 106,520円 153,480円 240,440円 287,400円 622,200円
フレッツ光 なし 55,360円 106,720円 158,080円 209,440円 260,800円 517,600円
フレッツ光 2年 30,200円 80,400円 152,600円 202,800円 264,000円 570,000円
フレッツ光 なし 46,800円 93,600円 140,400円 187,800円 234,000円 468,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

新規契約時と違って高額な工事費用がなくなる為、他社のキャッシュバック額は少なくなります。

しかしそれでも、NTT以外の回線であるNURO光は新規扱いとなるため、最大45,000円のキャッシュバックがもらえることに変わりはありません。

また光コラボで限定しても、OCN光やソフトバンク光の方がお得。DTI光は割高です。

したがって、2年から4年程度使うならNURO光、OCN光、ソフトバンク光、長期的に使うならBB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)がお得になります。

【おすすめ光回線詳細情報】

OCN光の詳細情報はこちら

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

マンション、新規開通

続いてマンションなど集合住宅で新規開通した場合の総額費用です。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
DTI光 フレッツ光 なし 46,500円 89,700円 132,900円 176,100円 219,300円 435,300円
フレッツ光 2年 64,000円 104,000円 160,000円 200,000円 248,000円 488,000円
フレッツ光 2年 24,100円 48,200円 103,300円 139,400円 185,000円 413,000円
auひかり 3年 23,600円 50,200円 105,800円 147,400円 196,000円 439,000円
NURO光 2年 42,789円 47,281円 77,480円 97,980円 127,980円 277,980円
フレッツ光 3年 70,760円 94,520円 122,280円 190,040円 223,800円 492,600円
フレッツ光 なし 51,360円 90,720円 130,080円 169,440円 208,800円 405,600円
フレッツ光 2年 35,100円 67,300円 121,500円 153,700円 196,900円 412,900円
フレッツ光 なし 56,200円 93,400円 130,600円 167,800円 205,000円 391,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

戸建ての時同様、工事費をカバーするだけのキャッシュバックしかないため、料金的には高くなります。

最もお得なのは、キャッシュバックがある上に月額料金が格安なNURO光forマンションですが、設備が導入されているマンションはほとんどないのが実情です。

よって、マンションで導入可能な回線に応じてフレッツ光回線ならソフトバンク光、au回線ならauひかりとなるでしょう。

マンションに導入可能かどうかは、各光回線の公式サイトから確認できます。

auひかりは戸建ての場合だと解約時に28,800円の撤去費用がかかるので総額として高くなってしまいましたが、マンションの場合はそれがかからない為、他社に比べても安くなっています。

なお10年以上の長期にわたって利用するのであれば、BB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)の方がお得に利用できます。

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

マンション、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

続いてマンション等集合住宅での、フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合を見ていきましょう。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
DTI光 フレッツ光 なし 46,000円 89,200円 132,400円 175,600円 218,800円 434,800円
フレッツ光 2年 49,000円 89,000円 14,5000円 185,000円 233,000円 473,000円
フレッツ光 2年 33,100円 69,200円 124,300円 160,400円 206,000円 434,000円
auひかり 3年 23,600円 50,200円 105,800円 147,400円 196,000円 439,000円
NURO光 2年 42,789円 47,281円 77,480円 97,980円 127,980円 277,980円
フレッツ光 3年 52,760円 82,520円 116,280円 190,040円 223,800円 492,600円
フレッツ光 なし 43,360円 82,720円 122,080円 161,440円 200,800円 397,600円
フレッツ光 2年 22,100円 54,300円 108,500円 140,700円 183,900円 399,900円
フレッツ光 なし 37,200円 74,400円 111,600円 148,800円 183,000円 372,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

住んでいるマンションがNURO光forマンションに対応しているならNURO光、対応していないのであればマンションの設備に応じてOCN光(光コラボ)、auひかりを選ぶのがお得です。

長期にわたって利用するのであれば、BB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)の方がお得です。

DTI光は料金面でメリットがないというのが正直なところです。

利用年数、導入可能回線に応じて選びましょう。

マンションに導入可能かどうかは、各光回線の公式サイトから確認できます。

【おすすめ光回線詳細情報】

OCN光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

総額料金比較(セット割適用時)セット割が適用できる場合のみ記載

プランによってはスマホ代が1台あたり月額1,000円安くなるセット割。この割引を使うと使用台数によっては大幅に安くなりますから無視することはできません。

そこで、各社でセット割を実施した場合の総額料金も見てみましょう。

ただしドコモのスマホを持っていれば誰でも割引されるというわけではなく、下記の通りプランによって割引額が変わってきますので注意してください。

【セット割適用プラン】
・データMAX5G/4G…500円割引
・LTEフラット…1,200円割引

なお、この総額費用に関する詳しい解説およびソフトバンクやドコモのスマホを持っている方におすすめの光回線は下記の記事にて紹介していますので、詳しく知りたい方はそちらをチェックしてみてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...

戸建て、新規開通

新規開通もしくは、auひかりから光コラボ(フレッツ光回線)やNURO光などの他回線から乗り換えをした場合の総額費用は、以下の通りとなりました。

月1,000円割引(1,000円割引×1回線or500円割引2回線)
月2,000円割引(1,000円割引×2回線or500円割引4回線)
月200円割引(200円割引×1回線)
④:月1,200円割引(1,200円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
DTI光 au 60,900円
④46,500円
118,500円
④89,700円
176,100円
④132,900円
233,700円
④176,100円
291,300円
④219,300円
579,300円
④435,300円
ドコモ 86,400円
①74,400円
②62,400円
135,800円
①111,800円
②87,800円
211,200円
①175,200円
②139,200円
260,600円
①212,600円
②164,600円
323,000円
①263,000円
②203,000円
635,000円
①515,000円
②395,000円
ソフト
バンク
30,900円
①18,900円
②6,900円
71,800円
①47,800円
②23,800円
143,700円
①107,700円
②71,700円
196,600円
①148,600円
②100,600円
259,000円
①199,000円
②139,000円
571,000円
①451,000円
②331,000円
au 92,000円
①80,000円
②68,000円
150,500円
①136,500円
②112,500円
192,800円
①156,800円
②120,800円
265,100円
①217,100円
②168,100円
307,400円
①247,400円
②187,400円
601,400円
①481,400円
②361,400円
ソフト
バンク
49,725円
①37,725円
②25,725円
81,133円
①57,133円
②33,133円
138,248円
①102,248円
②66,248円
185,664円
①137,664円
②89,664円
242,580円
①182,580円
②122,580円
527,160円
①407,160円
②287,160円
au 83,960円
①71,960円
②59,960円
120,920円
①96,920円
②72,920円
163,080円
①127,080円
②91,080円
245,240円
①197,240円
②149,240円
287,400円
①227,400円
②167,400円
622,200円
①502,200円
②382,200円
なし 66,360円 117,720円 169,080円 220,440円 271,800円 528,600円
OCN
モバイル
ONE
46,200円
③43,800円
96,400円
③91,600円
168,600円
③161,400円
218,800円
③209,200円
280,000円
③268,000円
586,000円
③562,000円
なし 68,800円 115,600円 162,400円 209,200円 256,000円 490,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

auのスマホで1,200円の割引(LTEフラット)を受けることができる場合について想定してみましょう(auひかりやSo-net光は1,000円の割引)。

セット割のおかげで、3年目以降は同じ光コラボであるソフトバンク光よりもお得に使えることが分かります。またauスマホでセット割があるauひかりやSo-net光プラスよりも安いです。

NURO光が最も安く最優先で検討したいですが、エリア外であれば光コラボであるDTI光は十分ありです

ただ1,200円の割引を受けることができるauスマホのLTEフラットプランはすでに申し込み終了。

今申し込み可能で主流なプランであるデータMAXだと500円(auひかりやSo-net光は1,000円の割引)しか割引を受けることができないし、ぴたっとプランだと0円(auひかりやSo-net光は500円の割引)。

さらにauスマートバリューなら複数回線の適用も可能となっている為、auひかりやSo-net光の方がお得になります。

基本的にはLTEフラットプランにすでに加入していて、今後もプランを変える予定がないという人だけにDTI光はおすすめ。それ以外の人はSo-net光プラスを検討しましょう。

※ソフトバンクやドコモのスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

DTI光に申し込む

【おすすめ光回線詳細情報】

NURO光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

So-net光プラスの詳細情報はこちら

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

戸建て、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

続いて戸建てでのフレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合の総額料金を見ていきましょう。

月1,000円割引(1,000円割引×1回線or500円割引2回線)
月2,000円割引(1,000円割引×2回線or500円割引4回線)
月200円割引(200円割引×1回線)
④:月1,200円割引(1,200円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
DTI光 au 60,400円
④46,000円
118,000円
④103,600円
175,600円
④161,200円
233,200円
④218,800円
290,800円
④276,400円
578,800円
④434,800円
ドコモ 68,400円
①56,400円
②44,400円
117,800円
①93,800円
②69,800円
193,200円
①157,200円
②121,200円
242,600円
①194,600円
②146,600円
305,000円
①245,000円
②185,000円
617,000円
①497,000円
②377,000円
ソフト
バンク
39,900円
①27,900円
②15,900円
92,800円
①68,800円
②44,800円
164,700円
①128,700円
②92,700円
217,600円
①169,600円
②121,600円
280,000円
①220,000円
②160,000円
592,000円
①472,000円
②352,000円
au 92,000円
①80,000円
②68,000円
150,500円
①126,500円
②102,500円
192,800円
①156,800円
②120,800円
265,100円
①217,100円
②169,100円
307,400円
①247,400円
②187,400円
601,400円
①481,400円
②361,400円
ソフト
バンク
49,725円
①37,725円
②25,725円
81,133円
①57,133円
②33,133円
138,248円
①102,248円
②66,248円
185,664円
①137,664円
②89,664円
242,580円
①182,580円
②122,580円
527,160円
①407,160円
②287,160円
au 64,760円
①52,760円
②40,760円
106,520円
①82,520円
②58,520円
153,480円
①117,480円
②81,480円
240,440円
①192,440円
②144,440円
287,400円
①227,400円
②167,400円
622,200円
①502,200円
②382,200円
なし 55,360円 106,720円 158,080円 209,440円 260,800円 517,600円
OCN
モバイル
ONE
30,200円
③27,800円
80,400円
③75,600円
152,600円
③145,400円
202,800円
③193,200円
264,000円
③252,000円
570,000円
③546,000円
なし 46,800円 93,600円 140,400円 187,800円 234,000円 468,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

DTI光で1,200円の割引を受けることができたとしても、その場合はSo-net光プラスで1,000円の割引を受けることができます。

そして総額料金を見てわかるようにSo-net光プラスの方が安いのでおすすめです。

NURO光のエリア外ならば、So-net光プラスを契約するのが現在はベストでしょう、

ただし2年以内の利用であれば、割引なしでもOCN光が安くなっています。

※ソフトバンクやドコモのスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

【おすすめ光回線詳細情報】

So-net光プラスの詳細情報はこちら

OCN光の詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

マンション、新規開通

続いてマンションなど集合住宅で新規開通した場合の総額費用です。

月1,000円割引(1,000円割引×1回線or500円割引2回線)
月2,000円割引(1,000円割引×2回線or500円割引4回線)
月200円割引(200円割引×1回線)
④:月1,200円割引(1,200円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
DTI光 au 46,500円
④32,100円
89,700円
④75,300円
132,900円
④118,500円
176,100円
④161,700円
219,300円
④204,900円
435,300円
④363,300円
ドコモ 64,000円
①52,000円
②40,000円
104,000円
①80,000円
②56,000円
160,000円
①124,000円
②88,000円
200,000円
①152,000円
②104,000円
248,000円
①188,000円
②128,000円
488,000円
①368,000円
②248,000円
ソフト
バンク
24,100円
①12,100円
②100円
48,200円
①24,200円
②200円
103,300円
①67,300円
②31,300円
139,400円
①91,400円
②43,440円
185,000円
①125,000円
②65,000円
413,000円
①293,000円
②173,000円
au 23,600円
①11,600円
②-400円
50,200円
①26,200円
②2,200円
105,800円
①69,800円
②33,800円
147,400円
①99,400円
②51,400円
196,000円
①136,000円
②76,000円
439,000円
①319,000円
②199,000円
ソフト
バンク
42,789円
①30,789円
②18,789円
47,281円
①23,281円
②-719円
77,480円
①41,480円
②5,480円
97,980円
①49,980円
②1,980円
127,980円
①67,980円
②7,980円
277,980円
①157,980円
②37,980円
au 70,760円
①58,760円
②46,760円
94,520円
①70,520円
②46,520円
122,280円
①86,280円
②50,280円
190,040円
①142,040円
②94,040円
223,800円
①163,800円
②103,800円
492,600円
①372,600円
②252,600円
なし 51,360円 90,720円 130,080円 169,440円 208,800円 405,600円
OCN
モバイル
ONE
35,100円
③32,700円
67,300円
③62,500円
121,500円
③114,300円
153,700円
③144,100円
196,900円
③184,900円
412,900円
③388,900円
なし 56,200円 93,400円 130,600円 167,800円 205,000円 391,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

DTI光で1,200円の割引を受けることができた場合、auひかりやSo-net光プラスでは1,000円の割引を受けることができます。

その為、DTI光が最も安くなるというケースはありません。

ですので、料金面だけを見ると選ぶべきはNURO光、auひかり、So-net光プラス、ソフトバンク光のいずれかです。

ただNURO光forマンションは設備が導入しておらず導入不可となる場合がほとんどである為、マンションの設備に応じてauひかりが導入可能ならauひかり(同様にauのセット割を受けることができる)、フレッツ光回線で光コラボしか導入できないのであれば利用年数に応じてソフトバンク光かSo-net光プラスを選ぶのがおすすめです。

なお、マンションに導入可能かどうかは、各光回線の公式サイトから確認できます。

マンションの導入可能回線に応じて選びましょう。

【auスマホによるセット割が1,000円の場合】

  • 2年で解約⇒NURO光、ソフトバンク光、auひかり
  • 3年で解約⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス
  • 4年で解約⇒NURO光、ソフトバンク光、auひかり
  • 5年時点⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス
  • 10年時点⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス

【auスマホによるセット割が2,000円の場合】

  • 2年で解約⇒auひかり、So-net光プラス
  • 3年で解約⇒auひかり、So-net光プラス
  • 4年で解約⇒auひかり、So-net光プラス
  • 5年時点⇒auひかり、So-net光プラス
  • 10年時点⇒auひかり、So-net光プラス

※ソフトバンクやドコモのスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

【おすすめ光回線詳細情報】

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

So-net光プラスの詳細情報はこちら

マンション、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

続いてマンション等集合住宅での、フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合を見ていきましょう。

月1,000円割引(1,000円割引×1回線or500円割引2回線)
月2,000円割引(1,000円割引×2回線or500円割引4回線)
月200円割引(200円割引×1回線)
④:月1,200円割引(1,200円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
DTI光 au 46,000円
④31,600円
89,200円
④74,800円
132,400円
④118,000円
175,600円
④161,200円
218,800円
④204,400円
434,800円
④362,800円
ドコモ 49,000円
①37,000円
②25,000円
89,000円
①65,000円
②41,000円
145,000円
①109,000円
②73,000円
185,000円
①137,000円
②89,000円
233,000円
①173,000円
②113,000円
473,000円
①353,000円
②233,000円
ソフト
バンク
33,100円
①21,100円
②9,100円
69,200円
①45,200円
②21,200円
124,300円
①88,300円
②52,300円
160,400円
①112,400円
②64,400円
206,000円
①146,000円
②86,000円
434,000円
①314,000円
②194,000円
au 23,600円
①11,600円
②-400円
50,200円
①26,200円
②2,200円
105,800円
①69,800円
②33,800円
147,400円
①99,400円
②51,400円
196,000円
①136,000円
②76,000円
439,000円
①319,000円
②199,000円
ソフト
バンク
42,789円
①30,789円
②18,789円
47,281円
①23,281円
②-719円
77,480円
①41,480円
②5,480円
97,980円
①49,980円
②1,980円
127,980円
①67,980円
②7,980円
277,980円
①157,980円
②37,980円
au 52,760円
①40,760円
②28,760円
82,520円
①58,520円
②34,520円
116,280円
①80,280円
②44,280円
190,040円
①142,040円
②94,040円
223,800円
①163,800円
②103,800円
492,600円
①372,600円
②252,600円
なし 43,360円 82,720円 122,080円 161,440円 200,800円 397,600円
OCN
モバイル
ONE
22,100円
③19,700円
54,300円
③49,500円
108,500円
③101,300円
140,700円
③131,100円
183,900円
③171,900円
399,900円
③375,900円
なし 37,200円 74,400円 111,600円 148,800円 183,000円 ,000円

372

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

DTI光で1,200円の割引を受けることができた場合、auひかりやSo-net光プラスでは1,000円の割引を受けることができます。

その為、新規の時同様、DTI光が最も安くなるというケースはありません。

ですので、料金面だけを見ると選ぶべきはNURO光、auひかり、So-net光プラス、OCN光のいずれかです。

ただNURO光forマンションは設備が導入しておらず導入不可となる場合がほとんどである為、マンションの設備に応じてauひかりが導入可能ならauひかり(同様にauのセット割を受けることができる)、フレッツ光回線で光コラボしか導入できないのであれば利用年数に応じてOCN光かSo-net光プラスを選ぶのがおすすめです。

なお、マンションに導入可能かどうかは、各光回線の公式サイトから確認できます。

マンションの導入可能回線に応じて選びましょう。

【auスマホによるセット割が1,000円の場合】

  • 2年で解約⇒NURO光、OCN光、auひかり
  • 3年で解約⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス
  • 4年で解約⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス
  • 5年時点⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス
  • 10年時点⇒NURO光、auひかり、So-net光プラス

【auスマホによるセット割が2,000円の場合】

  • 2年で解約⇒auひかり、So-net光プラス
  • 3年で解約⇒auひかり、So-net光プラス
  • 4年で解約⇒auひかり、So-net光プラス
  • 5年時点⇒auひかり、So-net光プラス
  • 10年時点⇒auひかり、So-net光プラス

※ソフトバンクやドコモのスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

【おすすめ光回線詳細情報】

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

So-net光プラスの詳細情報はこちら

OCN光の詳細情報はこちら

DTI光の口コミ・評判

DTI光の評判や口コミを集めました。

【速度】速い人もいれば、速度が遅くて困っている人もいる

IPv6に標準対応しているDTI光ですが、速度が出て快適に使っている人もいるなかで、遅すぎて他の回線に乗り換えたという人もいました。

DTI光、この時間にしては非常に速い。いつもなら2〜3Mbpsなのに (Twitter)

DTI光の工事がやっと終わった。Ipv6にしてみた。いい速度!
(画像参考:下り122.50Mbps)(Twitter)

DTI光が夜になると遅すぎるのどこに苦情言ったらいいの(Twitter)

IPv6の設定とWiFiルーターを見直すと速度が上がる場合があるので、遅い場合はまずその見直しから始めてみましょう。

【サポート】解約の手続きは電話よりもマイページ(My DTI)からがスムーズ

DTI光を解約する場合は電話連絡もしくはWEBからの手続きになりますが、電話がなかなか通じなかったという口コミがありました。

DTI光は昨年解約したけどメールプランのみ継続してたのでこちらも解約、「サポートに電話してください」とHPに書いてたので20秒10円掛かるけど電話したら全く繋がらず、諦めてフォームから問い合わせたらあっさり退会手続きが完了w
退会日は25日を過ぎたから来月末になるとの事、これで216円の節約!(Twitter)

電話が繋がらなくてもマイページから手続きができれば、サクッと解約することができますね。

また、カスタマーセンターのサポートを利用した人は、対応が良かったという感想を口にしていました。

DTI光さんのサポート対応がかなり神だった件。(Twitter)

契約方法

DTI光の申し込みは、DTI 光の公式サイトから手続きができます。

DTI光の申し込みはこちら

新規申し込みか、転用・事業者変更かによって手続きのステップが異なるため、公式サイトの指示にしたがって契約を進めるようにしてください。

工事の内容や流れについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説
光回線工事は、戸建てやマンション、アパートなどでインターネットを使えるようにするために欠かせない工事です。 ただ、工事内容についてはよく知らなかったり、何となく時間が掛かって高そうといったイメージを持っている人も多いと思います。 ...

まとめ

DTI光の概要やメリット・デメリットについて解説してきました。

DTI光のポイントを整理すると、次の通りです。

  • 戸建てタイプは月4,800円から、マンションタイプは月3,600円から使える
  • 工事費割引はないが同額のキャッシュバックが貰える
  • IPv6(IPoE)標準対応で高速通信が可能
  • DTI光とauスマホのセット割でDTI光の料金が毎月最大1,200円引き
  • DTI光とDTI SIMのセット割で毎月最大150円割引
  • DTI光と東京ガス・電気のセット割で毎月最大250円割引

auスマホユーザーにとってはお得な光回線と思いがちですが、auひかりやSo-net光プラスでスマートバリューを適用した方がお得だという点は注意が必要です。

DTI光の申し込みはこちら

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました