EX WiMAXの料金プランやメリット・デメリットを解説。月額料金が安くて即日発送可能!

WiMAXは外出先でもWiFiで高速通信を行うことができる今人気のサービスです。

WiMAXには20を超えるプロバイダがあり、それぞれに独自のキャンペーンを行っているため、料金などが微妙に異なります。

中でもEX WiMAXはお得な月額料金が特徴のプロバイダ。

本記事では、そんなEX WiMAXの料金やメリット・デメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

EX WiMAXとは

EX WiMAXの特徴を簡単にまとめると次の通り。

  • 月間使い放題の「ギガ放題プラン」と7GBまでのライトプランの2種類
  • 最大3カ月間月額1,358円
  • クレカ払い/口座振替可能
  • 最短即日発送
  • 3年契約自動更新

ではさらに詳しく見ていきましょう。

名称ギガ放題プランライトプラン
実質
月額料金
3,553円3,038円
1カ月
~3カ月目
1,358円1,358円
4カ月
~24カ月目
3,460円2,980円
25カ月以降3,980円3,290円
3年総計
(37カ月間)
131,474円112,424円
月間
容量制限
なし7GB超で最大
128Kbps
速度制限3日で10GB超で
最大
1Mbps
なし
契約期間3年
取り扱い端末/速度
取扱機種\ NEW /
Speed Wi-Fi NEXT
WX06
Speed Wi-Fi NEXT
W06
速度下り最大440Mbps
/上り最大75Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
公式

EX WiMAX公式サイト

【料金プラン】

EX WiMAXには「ギガ放題プラン」「ライトプラン」という2つのプランがあります。

まずは料金を見ていきましょう。

月額料金|月間通信量が無制限の「ギガ放題」と7GBまでのライトプランの2種類

EX WiMAXの月額料金は以下の通り。

 EX WiMAXの月額プラン
 ギガ放題
(無制限)
ライト
(月7GBまで)
1カ月
~3カ月目
1,358円1,358円
4カ月
~24カ月目
3,460円2,980円
25カ月
以降
3,980円3,290円

最初の3カ月は1,358円と月額料金がかなり割引されます。

ただし1カ月目の月額料金は日割りにならないので、できるだけ月初に契約するのがいいでしょう。

また、プランの変更も1カ月ごとに1回可能。

「ライトプランで契約したけど思ったよりも利用するなあ」といった際にも、対応してくれます。

初期費用|無料キャンペーンで19,250円引き

月額以外の費用総計 (初月のみ)
3,530円 
内訳
初期
費用※
 事務
手数料
オプション
料金 
端末代送料
0円
(19,250円)
3,000円 530円 0円0円

※月額を抑えるための頭金。

EX WiMAXは初期費用が19,250円とかなり高額。

ただしこの初期費用はキャンペーンを利用して無料にすることができるので安心してください。

キャンペーンを利用するには、申し込み時にオプション加入が必須などの条件があります。

【初期費用無料キャンペーン(=スタートUPキャンペーン)の条件】

  • WEBからの申込
  • クレジットカード払い
  • オプション2種加入(あんしん保証/EXサポートパック)

オプションは不要な場合すぐに外しても問題ありませんが、初月530円は必ず請求されることに注意が必要です。

ちなみにこの初期費用無料キャンペーンはキャンペーンと言いつつ常に開催されています。

また公式サイトにある「スタートUPキャンペーン」も名前が違うだけで同内容のキャンペーンです。

総額費用|キャッシュバックはないけれど月額割引あり

初期費用と3年間(契約更新月までの37カ月間)使った時の月額料金を合わせた総額、実質月額料金は以下のようになります。

名称ギガ放題プランライトプラン
実質
月額料金
3,553円3,038円
3年総計
(37カ月間)
131,474円112,424円

キャッシュバックとは違い毎月の月額料金が割引されているため、受け取り損ねる心配がないのがいいですね。

他プロバイダとの料金比較

EX WiMAXのギガ放題プランと他プロバイダの料金を比較してみましょう。

実質
月額※
初期費用
(+端末代)
キャッシュ
バック額
契約
期間
詳細
EX
WiMAX
3,553円3,000円0円3年
GMO
とくとく
(CBあり)
3,540円3,000円28,500円3年詳細
GMO
とくとく
(月額割引)
3,599円3,000円3,000円3年詳細
Broad
WiMAX
3,656円3,000円乗換費用
負担最大
19,000円
3年詳細
カシモ
WiMAX
3,713円3,000円0円3年詳細
BIGLOBE
WiMAX
4,228円3,000円
(19,200円)
15,000円1年詳細
UQ
WiMAX
4,480円3,000円
(15,000円)
3,000円2年詳細

※契約期間中の総額費用の平均(キャッシュバックを含む)

実質月額料金を他プロバイダと比較すると、最も安いのはGMOとくとくBBWiMAXです。

EX WiMAXはGMOに次いで実質月額料金が安いため、すぐに使いたいという場合は十分候補に挙がります。

在庫状況についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にして下さい。

【MugenWiFi、どんなときもWiFi他多数】クラウドSIMのポケットWiFiで在庫切れ!端末配送状況(予定納期)一覧表
新型コロナウイルスや利用者の増加に伴い、クラウドSIM端末を扱うポケットWiFiを中心に端末の在庫切れ問題が発生しています。(10月更新) 本記事では、在庫切れや予約対応を行っているポケットWiFiと、その入荷予定についてまとめました...

WiMAX最安プロバイダについてはこちらの記事で比較しています。

【2020年10月最新】WiMAX料金比較!最安はどこ?キャッシュバック・支払い方法・契約期間でベストなプロバイダを探そう!!
WiMAXを最安で手に入れるには、数あるプロバイダの中からキャッシュバックや特典、月額割引など様々な条件を比較したうえで契約することになります。 ただ、自分で情報を集めたとしても、本当にお得に契約できるプロバイダを調べるのは一苦労です...

【契約期間・解約金・更新月】

契約期間3年自動更新
解約金1~12カ月目:19,000円
13カ月~24カ月目:14,000円
25か月目以降:9,500円
※24カ月以内解約で別途
「初期費用無料キャンペーン」の違約金10,000円
更新月37カ月目

EX WiMAXは3年契約。

契約期間内に解約をすると違約金がかかるのは他プロバイダとも同じです。

ただしEX WiMAXでは24カ月以内に解約するとキャンペーン違約金が別途10,000円必要となります。

契約する際は少なくとも2年使うかどうかはあらかじめ考えておきましょう。

【回線の種類・エリア・回線速度】

WiMAXであれば、どのプロバイダであっても使う回線の種類やエリア、回線速度はどれも同じです。

安いプロバイダだから遅い、つながらないということはないので安心してください。

回線WiMAX2+
au 4G LTE
エリアWiMAXエリア確認
最大速度下り最大1.2Gbps/上り最大75Mbps
※W06の場合

WiMAX回線のエリアはLTEより若干狭く、地下などで繋がりにくいことがあるので、そういった場合には端末の設定からLTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えると快適に通信ができます(月7GB制限あり)。

他のLTEを利用したポケットWiFiと比較すると最大速度が速いため(LTEのポケットWiFiはたいてい下り150Mbps/上り50Mbps)、都市圏で速度重視の場合はWiMAXがおすすめです。

WiMAXのエリアや回線の繋がりやすさについては以下の記事も参考にしてください。

WIMAXの電波は弱い?LTEに比べるとビルなどの建物は若干苦手という特徴
WiMAXを使っていると、使う時間帯や場所によっては電話が弱いと感じることも。 LTEと比べて、WiMAXの電波の強さや繋がりはどのように違うのでしょうか。 本記事では、WiMAXの電波の特徴について解説していきます。 WIM...

【通信制限】

WiMAXは回線やエリア同様、通信制限についても、各プロバイダで違いはありません。

そのためEXWiMAXでも、月の通信容量が無制限のギガ放題プランに「直近3日間で10GBした場合翌日夜間の通信速度が1Mbpsになる」という短期の制限があります。(参考:1Mbpsとは

つまり完全に「無制限」には使えないので注意しましょう。

モードハイスピードモード
(WiMAX2+回線)
ハイスピードプラス
エリアモード
(WiMAX2+/au4G LTE回線)
月間
容量制限
なし7GB/月
短期
容量制限
直近3日間
合計10GB
制限速度最大1Mbps
(翌日18時~26時のみ)
翌月まで最大128Kbps

またau4GLTEの回線を使用する場合は、月7GBの上限を超えると速度が低速の128Kbpsに制限されるため、基本的にはWiMAX回線を利用し、つながりにくい時だけLTE回線を利用するなど使い分けをするのが大切です。(参考:128Kbpsとは

【支払い方法】

EX WiMAXの支払方法はクレジットカード払いか口座振替のどちらかを選ぶことが可能です。

手数料200円
振替日毎月27日
初回
支払い
初回の支払いのみ初期費用
19,250円を代金引き換えで支払

WiMAXプロバイダで口座振替ができるところは少ないので、できれば利用したいところですが、EX WiMAXでは初期費用無料キャンペーンで「クレジットカード払い」が条件となっています。

口座振替を利用する場合は20,000円近い初期費用を、端末受け取り時に払わなくてはならないので注意しましょう。

EX WiMAXの契約方法と解約方法

EX WiMAXの契約や解約の方法は、以下の通りです。

EX WiMAXの契約方法

EX WiMAXは公式WEBページか電話で申込みが可能とありますが、WEB申し込みをしないとキャンペーン適用外となってしまいます。

契約前に電話で契約内容を確認することは可能ですが、申し込み自体はWEBから行うようにしましょう。申し込みの前にピンポイントエリア判定でエリアをチェックするのも忘れずに。

申込ページは公式サイトの「WiMAXを申し込む」から進むことができます。

EX WiMAX公式サイト

まず端末やプランを入力後、名前や住所といった契約者情報を登録します。

ここで支払い情報も選ぶことができますが、口座振替を選択する場合は後日郵送される「お支払方法登録用紙」に記入し返送が必要です。

登録内容を確認し完了すれば、端末が最短で当日発送されます。

EX WiMAXの解約方法

EX WiMAXは電話での解約のみでオンライン上で解約することはできません。

解約は希望月の1カ月前に連絡が必要

EX WiMAXでは解約の連絡をした月の翌々月1日に適用となります。

たとえば2020年5月に解約をしたい場合は、2020年3月31日までに連絡をしなくてはいけません。

即月解約はできないので、更新月や解約連絡のタイミングをあらかじめ確認しておきましょう。

ご解約の受付、オプション解除については月末締めの翌々月1日に適用となります。
そのため翌月いっぱいのご利用となるため、解約・解除希望の1ヶ月前までにご連絡頂きますと、ご希望の月にご解約・解除が可能となります。

解約の連絡はお客様サポートセンターへの電話から。本人確認として「契約者氏名」「契約者生年月日」「契約者連絡先」を聞かれます。

電話番号0800-300-5863
(携帯電話から:050-3159-2828)
受付時間11:00~19:00 (年中無休)

初期契約解除制度なら8日以内に返却で違約金は掛からない

ポケットWiFiを契約する時に知っておいてほしい制度に、初期契約解除制度があります。いわゆるクーリングオフです。

契約してから8日以内に初期契約解除の旨を事業者に示せば、違約金なしで解除が可能です

契約したけど通信できなかったなどの理由により初期契約解除をしたい場合は、まずお客さまセンターに連絡をしましょう。

電話番号0800-300-5863
(携帯電話から:050-3159-2828)
受付時間11:00~19:00 (年中無休)

解除を受け付けてもらえた場合はすみやかに端末一式(送付されたものすべて)を返却しなくてはいけません。(送料自己負担)

万一欠品、故障がある場合や返却期日を過ぎてしまった場合は20,000円の機器損害金が請求されてしまうので気を付けましょう。

また違約金は発生しないものの、3,000円の契約事務手数料は支払う必要があります。

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと
ポケットWiFiや固定回線、スマホを契約した後に、「契約を取り消したい」「キャンセルしたい」なんて時に思いつくのがクーリングオフ制度。 ただ、重要事項説明書や契約書にはクーリングオフ制度には触れられておらず、「初期契約解除制度」などの...

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと

EX WiMAXのメリット

EX WiMAXで契約するメリットは次の通りです。

  • 端末代金と送料が無料
  • UQmobileのギガMAX月割が適用可能
  • auスマートバリューmineが適用可能
  • 口座振替での支払いが可能
  • 最短即日発送

注意点もあるため一つずつ確認しましょう。

端末代金と送料が無料

WiMAXのプロバイダではどこでも端末を無料にするサービスを行っているように思えますが、実はそうではありません。

たとえばUQWiMAXでは端末代金に15,000円がかかります。

さらに端末料金を「実質無料」とし、途中解約すると違約金だけではなく端末代金の残債が発生してしまうなどのケースも。

また、端末代金はかからなくても解約時に端末やSIMを返却しなくてはならないプロバイダも存在します。

EX WiMAXでは送料も端末代金もしっかり無料なので、あとから請求されることはなく、返却する必要もありません。(初期契約解除の場合を除く)

UQモバイルのギガMAX月割が適用可能

UQモバイルのギガMAX月割

EX WiMAXと格安SIM「UQモバイル」を併用しているとスマホの月額料金が500円割引になる「ギガMAX月割」が適用可能です。

申し込みはEX WiMAXの端末到着後、別途UQモバイルのマイページにて行う必要があります。

WiMAXプロバイダの中でも扱っていないことのある特典なので、UQモバイルを利用している場合はぜひ利用したいですね。

auスマートバリューmineが適用可能 ただし料金プランに注意

EX WiMAXを申込み、かつauスマホを利用している場合、スマホの月額料金を最大1,000円割引できる「auスマートバリューmine」が適用が可能です。

割引額は契約しているauのスマホのプランによって異なります。

端末が届いたらKDDIお客様センターに連絡し、auスマートバリューmineに加入する旨を伝えましょう。

電話番号<au携帯電話から>
局番なし157
<au以外の携帯電話または一般電話から>
フリーコール0077-7-111(無料)
受付時間9:00~20:00(年中無休)

しかしEX WiMAXで「auスマートバリューmine」を利用する場合、「auスマホ割プラン」という専用の月額料金プランで契約する必要があり、通常のプランと比較すると300円~2,000円ほど月額料金が高くなってしまいます。

 auスマホ割月額プラン通常プラン
1カ月
~3カ月目
3,680円1,358円
4カ月
~24カ月目
4,360円3,460円
25カ月
以降
3,980円

たとえばauピタットプラン(2GB)で契約している人は月500円しか割引されません。

その場合auスマートバリューmineを利用するより、通常プランで契約する方が総額が安くなるので注意しましょう。

auスマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?
自宅にauひかりを引く時や、WiMAXを契約する時に聞くのが「auスマートバリュー」や「auスマートバリューmine」という言葉。 両方とも一定の条件下で適用できる割引制度ですが、それぞれどのような場合に適用されるのか、何が違うのか分...

auスマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?

口座振替での支払いが可能

EX WiMAXはWiMAXプロバイダの中でも珍しい口座振替が可能なプロバイダです。

しかしいくつか欠点があるため、正直あまりおすすめはできません。

  • 手数料が毎月200円がかかる
  • 初期費用無料キャンペーンが使えない

特に2つめの初期費用が割引されないのが最も大きなデメリット。約20,000円の負担はかなり大きいです。

ただし一つだけ、auのスマホユーザーが契約できる「auスマホ割プラン」の場合のみ口座振替支払いでも「初期費用無料キャンペーン」が適用できます。

通常プランより月額料金が高いので最安で契約するならやはりクレジットカードを利用するのが一番ですが。

最短即日発送なのですぐに使える

EX WiMAXは平日13時(土曜11時)までの申し込みで最短即日発送。早ければ契約した翌日には端末が届きます。

特に3~4月の新生活シーズンは発送までに日数が必要なものも増えています。

もしすぐにWiFiが必要というときは頼もしいですね。

EX WiMAXのデメリット

EX WiMAXでの契約にはデメリットもあります。

  • 割引適用にはオプション加入必須
  • キャッシュバックキャンペーンがない
  • 3年契約しか選ぶことができない
  • 24カ月以内解約でキャンペーン違約金が請求される

気を付けていないと大きく損をしてしまうこともあるためよく確認しましょう。

割引適用にはオプション加入必須

EX WiMAXの初期費用無料のキャンペーンを適用させるにはクレジットカード払い、WEB申し込みの他に、2つのオプション加入が条件となっています。

 オプション内容料金
あんしん
保証
端末が故障した際に、無料で修理が行える
サービス。故意、紛失、盗難の場合は対象外。
530円
EX
サポート
パック
リモートサポートや、Webメール、セキュリティ
がセットになったオプション。
907円
(2カ月無料)

不必要な人にとっては無駄に月額料金がかかる邪魔な存在です。

EXサポートパックは2カ月以内に解約すれば月額料金を支払う必要はありませんが、安心サポートプラスは初月が無料にならないため、すぐに解約しても530円がかかってしまいます。

オプションはお客様向けコンタクトセンターへの電話で解約が可能。

少々面倒ではありますが、手続き自体は簡単なので端末が届いたらすぐに解約してしまいましょう。

キャッシュバックキャンペーンがない

EX WiMAXにはGMOとくとくBBWiMAXやBIGLOBE WiMAXのようなキャッシュバックは用意されていません

しかしその代わり月額料金の割引額はWiMAXプロバイダの中でもトップクラスです。

月々の支払いが多少高くてもまとまったキャッシュを受け取りたいという人には少々物足りないかもしれませんが、確実に割引を受けたい人にとってはありがたいプロバイダと言えるでしょう。

3年契約しか選ぶことができない

現在契約できるEX WiMAXのプランはすべて3年契約。

契約期間内で解約すると違約金もかかってしまうため、もとから3年使い続ける予定がない場合は1年契約のBIGLOBE WiMAXなど契約期間の短いものを選ぶのがいいでしょう。

ただしWiMAXに限らずポケットWiFiは、たいてい契約期間が長いほど月額料金がお得になります。

BIGLOBEWiMAXは契約期間が短いものの、月額料金は3,980円。初月に19,200円の端末料金もかかってしまいます。

契約期間にこだわりがないなら、より月額料金の安いEXWiMAXを選ぶというのもありでしょう。

24カ月以内解約でキャンペーン違約金が請求される

EX WiMAXの違約金は1年目が19,000円、2年目が14,000円、3年目以降が9,500円とWiMAXの他プロバイダと差はありません。

しかし見落としがちなのが、通常の違約金に加えて「キャンペーン違約金」が発生してしまうこと。

公式サイトにもしっかり書いてあります。

キャンペーン違約金

初期費用無料キャンペーンを利用して契約した場合は、このWeb割違約金が発生してしまうため、1年で解約した場合は29,000円、2年目でも24,000円かかります。

EX WiMAXで契約する場合は少なくとも2年は使い続ける予定を立てておきましょう。

EX WiMAXの評判や口コミは?

EXWiMAXはまだまだ新しいサービスのため、口コミや評判はまだありません。

今後随時更新していきます。

【結論】EX WiMAXは即日発送と安い月額料金が魅力。ただし違約金が高めなので注意

EXWiMAXはWiMAXの中でも月額料金が安くお得なプロバイダです。

  • 月間無制限の「ギガ放題プラン」と7GBまでのライトプランの2種類
  • 最大3カ月間月額1,358円
  • クレカ払い/口座振替が可能
  • 最短即日発送
  • 3年契約自動更新

さらに、発送までに時間がかかるものが多い中、最短即日発送ですぐに利用できるのも大きなメリット。

ただし契約期間は3年と長めなので、利用期間が短い場合には縛りの無いものを検討しましょう。

EX WiMAX公式サイト

【契約期間なし、1ヶ月だけの利用も可】いつでも解約可能な違約金もなしのポケットWiFiまとめ
外出先でもお得にネットが楽しめる「ポケットWiFi」は近頃人気のサービスです。 ただしポケットWiFiはスマホなどと同様、契約期間に2年程度縛りがあるのが一般的。期間内に解約すると高額な違約金がかかってしまうのがネックです。 し...