FUJI Wifiは端末レンタルもSIMも大容量でお得?評判や口コミ、メリット・デメリット、契約・解約方法まとめ

FUJI Wifi(フジワイファイ)は、ポケットWiFiやSIMを低価格で利用できる通信レンタルサービスです。

SIMは料金プランの種類が多く、料金もお得だと好評ですが、実際の使用感や速度なども気になるところ。

本記事では、FUJI Wifiの概要や料金、メリットやデメリット、契約・解約方法を徹底解説していきます。

スポンサーリンク
  1. FUJI Wifi(フジワイファイ)とは?
    1. 【キャンペーン】10月1日から乗り換えキャッシュバック開始予定
    2. 【特徴】デポジットを払うと毎月500円割引「デポコミコース」がお得
    3. 【料金】ルータープランは30GB月2,600円から、SIMは10GB月980円から
      1. ルーターありプランを他社と料金比較
      2. SIMのみプランを他社と料金比較
      3. 契約事務手数料は3,000円、安心サポートへのオプション加入がおすすめ
    4. 【契約期間・解約金・更新月】最低利用期間1か月で解約金なし
    5. 【回線・エリア】ソフトバンク・ドコモ・auの4G LTEエリアに対応
    6. 【支払い方法】クレジットカード払いとatone払い(コンビニ払い)が可能
  2. FUJI Wifiの契約方法と解約方法
    1. FUJI Wifiの契約方法
    2. FUJI Wifiの解約方法
      1. 解約はマイページから毎月15日までに手続きを
      2. 端末や機材は翌月の3日までに送料自己負担で返却すること
      3. クーリングオフが使えるのはエリア内の屋外で圏外だった場合のみ
  3. FUJI Wifiのメリット
    1. SIMの10GB・12GB・20GBの低容量プランがとにかく安い
    2. プラン変更ができる
    3. 支払い方法としてatone払い(コンビニ払い)が選択できる
    4. 解約金がないうえにルータープランやSIMプランなど選択肢が豊富
  4. FUJI Wifiのデメリット
    1. 口座振替支払いができない
    2. 多大な返却遅延や盗難・紛失時は高額な弁済金が掛かる
  5. FUJI Wifiの評判や口コミは?
  6. FUJI Wifiは大容量通信を最もお得に使えるWiFi

FUJI Wifi(フジワイファイ)とは?

(引用:FUJI Wifi公式HP)

FUJIWifiは、株式会社レグルスという人材派遣事業を中心に行う会社が運営しています。

7月1日に新プランを開始し、ソフトバンク回線のプランに加えてauやドコモ回線を使える格安プランをスタートさせるなど、注目度の高い通信サービスです。

そんなFUJI Wifiの特徴をまとめると、次の通り。

  • レンタルできるSIMとルーターがある
  • 料金プランが豊富
  • SIMプランは10GBで月980円から
  • 100GBの大容量プランもあり
  • au回線やドコモ回線を使えるプランもあり
  • 解約金が無い

特徴や料金について、より詳しく確認していきましょう。

ルータープランSIMプラン
月額料金100GB:3,900円
50GB:2,900円
30GB:2,600円
100GB:3,400円
50GB:2,400円
30GB:2,100円
20GB:1,600円
12GB:1,280円
10GB:980円
送料全国無料
プラン
変更
1,500円
発送3営業日以内
月間
速度制限
各プランの
容量ごと
短期
速度制限
基本的にはなし
最低
利用期間
1か月
回線ソフトバンク回線
ドコモ回線
au回線
取扱機種FS030W
公式公式
【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...

【キャンペーン】10月1日から乗り換えキャッシュバック開始予定

FUJIキャッシュバック

(引用:FUJI Wifi公式HP)

FUJI Wifiでは10月1日から、他社通信サービスからの乗り換えで、最大16,350円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを開始。

キャッシュバック額はプランによって異なり、10月からスタートする「毎日10GBプラン」「毎日5GBプラン」では月額料金の3倍、それ以外のプランは月額の2倍となっています。

現在既にFUJIWifi以外を契約していて、乗り換え先を探しているという人は、急ぎでないなら10月まで待った方がお得です。

ただし、キャッシュバックを受け取るには、キャンペーンコード(未発表)の入力の他、FUJIWifi公式Twitterのフォローや1年間の継続利用、1年後の感想レビューなど条件がかなり厳しいので、1年使う予定の無い人や、新規契約(乗り換えではない)の人、レビューなどが煩わしい人は今すぐ契約してしまって大丈夫でしょう。

【特徴】デポジットを払うと毎月500円割引「デポコミコース」がお得

電車やバスのICカードを作る時に、「カードを返す時に返金されます」と言われて、入金する額とは別のお金(デポジット)を支払うことがありますよね。

FUJI Wifiでは、2020年7月からそのデポジットを使った新システム「デポコミコース」を開始しています。

FUJIwifiデポコミ

(画像引用:FUJIWifi

「デポコミコース」では、最初に5,000円をデポジットとして支払うと、月額料金が毎月500円割引されます。

残念ながらデポコミ期間である1年を経たずして解約してしまった場合、デポジットは返金されないため、その点に関しては注意が必要です。

ただ、1年後に5,000円が返金されても、月額割引は継続されるため、1年以上契約する場合はデポコミコースを利用すると良いでしょう。

FUJI WiFi公式サイト

【料金】ルータープランは30GB月2,600円から、SIMは10GB月980円から

ルータのプランは30・50・100GB、SIMのプランは10・12・20・30・50・100GBで、それぞれ月額料金と使える回線が異なります。

各プランの料金詳細は以下の通りです。(月額料金は、デポコミコース適用後の料金)

プラン通信容量月額料金回線
ルーター100GB3,900円ソフトバンク
50GB2,900円
30GB2,600円ソフトバンク
au
ドコモ
SIM100GB3,400円ソフトバンク
50GB2,400円
30GB2,100円au
ドコモ
20GB1,600円ソフトバンク
12GB1,280円ドコモ
au
10GB980円ソフトバンク
その他費用
初期費用3,000円
プラン変更1,500円

なお、プラン変更の際には、毎月1日から15日の間にマイページからの手続きと、レンタル機器一式の返却が必要になります。

手数料として1,500円掛かることにも注意しておきましょう

ちなみにSIMのサイズはnanoSIMが送られてきますが、同梱のSIMアダプターを使うことで「標準SIM」や「micro SIM」サイズの端末に使用することも可能です。

FUJI WiFiのSIMをレビュー、通信速度や安定性ってどんな感じ?デュアルSIM端末を使うとかなり快適に!
大容量データSIMの中で最安で使えるFUJIWiFi。 今回はそのSIMプランを契約し、実際に使ってみましたので、速度や安定性、使い勝手などを中心にレビューしていきます。 FUJI WiFiのSIMが到着、設定、使い方などを...

ルーターありプランを他社と料金比較

ルータープランの30GB・50GB・100GBの料金を他社と比較したのが以下の表です。

※回線のDはドコモ、Aはau、Sはソフトバンクに対応していることを示す
※FUJI WiFiの価格はデポコミコースを適用した場合

ポケット
WiFi 
月額料金キャッシュ
バック
初期
費用
通信
容量
契約
期間
詳細
どこよりも
WiFi
20GB:2,480円
100GB:3,180円
0円3,000円
20GB
100GB
2年詳細
FUJIWifi
30GB:2,600円
50GB:2,900円
100GB:3,900円
0円3,000円30GB
50GB
100GB
なし詳細
GMO
とくとくBB
WiMAX
3カ月3,609円
以降4,263円
28,000円3,000円3日
10GB
3年詳細
hi-ho
Let’s Wi-Fi
4,300円0円0円1日
7GB
2年詳細
Broad
WiMAX
~2ヶ月:2,726円
~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目~:4,011円
0円
(19,000円)
3,000円3日
10GB
3年詳細
それがだいじ
WiFi
3,250円0円3,000円100GB2年詳細

FUJI Wifiは他社に比べ契約期間の縛りが無い分、若干割高となっています。

そのため、「少なくとも2年は使う予定」と先の見通しが立っている場合は、2年契約で月額料金の安いポケットWiFiを、短期間で使用しいたいならFUJIWifiを、というように考えるといいでしょう。

SIMのみプランを他社と料金比較

SIMのみのプランに関しても、他社に比べて料金で優位性があります。

※回線のDはドコモ、Aはau、Sはソフトバンクに対応していることを示す

ポケット
WiFi
月額料金初期費用回線契約期間通信
容量
詳細
 FUJIWifi
(10GB)
980円 3,000円なし 10GB詳細
 FUJIWifi
(12GB)
1,280円 3,000円D/Aなし 12GB詳細
FUJIWifi
(20GB)

1,600円3,000円Sなし20GB詳細
 FUJIWifi
(30GB)
2,100円3,000円 S/A/Dなし 30GB詳細
FUJIWifi
(50GB)
2,480円3,000円Sなし50GB詳細
FUJIWifi
(100GB)
2,980円
3,000円Sなし100GB詳細
モナWiFi
(100GB)
3,500円5,500円Sなし100GB詳細
nomado
SIM
3,600円3,000円Sなし100GB詳細

SIMプランについてはこちらで詳しく解説しています。

FUJI WiFi(フジワイファイ)のSIMプランの通信速度や評判まとめ。nomadSIMなどレンタルSIMと料金比較
SIMカードのレンタルサービスをご存じでしょうか。 格安SIMのように、各キャリアの回線の一部をレンタルするのではなく、キャリアと同様の回線を使用できる画期的なサービスとして今注目を集めています。 FUJIWiFiはポケットWi...

契約事務手数料は3,000円、安心サポートへのオプション加入がおすすめ

月額以外の費用総計 (初月のみ)
250円
内訳
 事務
手数料
オプション
料金 
端末代送料
0円
(250円)0円0円

FUJI WifiはレンタルWifiなので、端末料金は掛かりません。

契約事務手数料の3,000円と、加入が必須となっている安心サポートの料金以外の初期費用は発生しないので、おまとめ支払いをしない場合は初月の負担が少なくて済みますね

FUJI WiFiの保証は「安心サポート」(250円/月)と「安心サポートpremium」(400円/月)があります。

前者は紛失やバッテリー劣化に対応していないため、心配な人はPremiumの保証に入っておくと安心です。

(参考:FUJI Wifi 公式「サポート保証について」)

【契約期間・解約金・更新月】最低利用期間1か月で解約金なし

FUJI Wifiは1ヶ月から契約できるレンタルWifiなので、長期の定期契約はありません。

そのため、解約金や更新月もなく、必要な時だけ借りて返すことができます

毎月15日を過ぎると翌月分まで契約が伸びてしまうため、解約は上旬のうちに済ませたいところ。

端末など同梱物の返却は必要になりますが、地方出張や引っ越し時前後の短期間の利用や、契約を縛られたくない人に向いているでしょう。

【回線・エリア】ソフトバンク・ドコモ・auの4G LTEエリアに対応

FUJI Wifiで利用できる回線は、ドコモ、au、ソフトバンクの3種類あります。

ドコモ回線とau回線はSIMの12GB・30GB、ルーターの30GBにしか対応していないため、選ぶ際は通信量だけでなく回線までしっかりチェックしましょう。

エリア確認はこちらからどうぞ。

【参考】

なお、各プランの容量を超過すると、月末まで128Kbps以下に速度が制限されるため注意してください。

LTEと4GLTEって実は違う!?SoftBank4G LTEとSoftBank4Gの違いや、Hybrid 4G LTEについても紹介
4G LTEと4Gは同じようなものだと思っている人はいませんか。 確かに似ているのですが、SoftBankは「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」というように表記を分けています。 さらに「Hybrid 4...

LTEと4GLTEって実は違う!?SoftBank4G LTEとSoftBank4Gの違いや、Hybrid 4G LTEについても紹介

【支払い方法】クレジットカード払いとatone払い(コンビニ払い)が可能

支払い方法はクレジットカード払いatone払いがあります。

個人契約は口座振替やデビットカードには対応していないものの、atoneのコンビニ払いに対応しているポケットWiFiやSIMは少なく、現金で支払いたい人にとってはありがたい支払い方法かもしれませんね。

ちなみにFUJI WiFiでは月途中の契約であっても日割り計算にはなりませんが、16日以降の申込みに限り半額で決済してもらうことが可能です。

(参考:atone公式)

FUJI Wifiの契約方法と解約方法

FUJI Wifiの契約方法と解約方法を確認していきましょう。

FUJI Wifiの契約方法

FUJI Wifiの契約には、まず運営会社である株式会社レグルスの会員に登録しなければいけません。

会員登録とは言っても、入会費や年会費は掛からないので安心してください。

なお、メールや電話での申し込みは不可。

契約は、公式webサイトからのみ可能となっています。

 

FUJI WiFiの公式サイトはこちら

 

手順1)「お申込み」を選択

 

手順2)「会員登録はコチラ」で登録をする

レンタルWiFiの申込みは、ここで会員登録をしないと進むことができません。

会員登録の時点では、個人を証明するものは不要です。

手順3)マイページにログイン後、「新規お申込み」へ進む

会員登録が終わったら、マイページにログインします。

ページ下部の「新規/追加お申込み」から手続きを進めていきましょう。

SIMプラン(月々払い)やクレジットカード払いを選択した場合は、簡易手数料として3,000円が追加決済されるので注意しておきましょう。

 

手順4)プラン選択

ルータープランとSIMプラン、支払い方法などを選択します。

デポコミコースを利用すると通常よりも5,000円初月の負担が大きくなるため、月額料金は安くなりますがよく考えてから契約するようにしましょう。

 

手順5)「お客様情報入力」

プラン選択が終わったら、次のページで個人情報入力へと進みます。

電話番号やアドレス、氏名の入力は会員登録で済んでいるため、入力する箇所が少なくて楽ですね。

 

手順6)本人確認書類のアップロード

ここまで入力を終えたら、本人確認書類をアップロードしましょう。

使える書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート+補助書類(公共料金領収書や住民票など現住所が証明できるもの)
  • マイナンバー

 

手順7)配送や支払いについて確認

送料は無料ですが、対面で受け取る必要があります。

通常3日以内に配送されるので、確実に受け取れるようにしておきましょう。

 

手順8)端末到着後、利用ガイドに従って利用開始

同梱物は最終的に返却することになるので、全て大切に取っておいてください。

FUJI Wifiの解約方法

次に、解約方法を確認します。

解約はマイページから毎月15日までに手続きを

解約方法は契約時と同じくマイページからです。

解約したい月の15日23時59分までに手続きが完了しなかった場合は、翌月末日までの契約となってしまいます。

電話やメールでの解約申請は受け付けていません。

端末や機材は翌月の3日までに送料自己負担で返却すること

解約申請を済ませると、返却物の詳細や返却方法が記載されたメールが届きます。

返却物はプランごとに異なりますので、よく確認して返送してください。

【ルータープラン】

  • ルーター本体(電池パック、SIM含む)
  • USBケーブル

【SIMプラン】

  • SIMカード
  • SIMカードケース(SIM PIN/SIMアダプタ3種類)

返送はレターパックやゆうパック、宅配便等の追跡が可能な方法で行いましょう。

マイページ内の「解約お手続き」>「返却時の追跡番号」に登録しなかった場合は、遅延違約金として1ヶ月分の月額料金を請求されます

送料は自己負担ですが、遅延した場合はそれ以上の金額を請求されかねないので、解約後はできるだけ早めに返却をするに越したことはありません。

返送時は充電残量が無くても大丈夫ですので、必ず端末の電源を切って返送しましょう。

クーリングオフが使えるのはエリア内の屋外で圏外だった場合のみ

消費者が違約金の支払いなく解約できる制度として、ポケットWiFiであれば初期契約解除制度が、他のレンタルWiFiでは全額返金保証などがあります。

残念ながら、FUJI Wifiには条件の厳しいクーリングオフしかありません。

FUJI Wifiのクーリングオフ制度の適用条件は、国内プランのルータープランorSIMプランでサービスエリア内(Softbank/WiMAXやau)かつ屋外で電波状態が圏外だった場合のみです。

エリア内の屋内の電波が圏外の場合は、適応不可

せっかくお試しキャンペーンをやっているので、全く使えなったということを防ぐためにも使えるか不安な地域に住んでいる場合は一度試してみると良いでしょう。

FUJI Wifiのメリット

ではここからは、FUJI Wifiを利用するメリットを確認していきます。

  • SIMの10GB・12GB・20GBのプランが安い
  • プラン変更ができる
  • atone払い(コンビニ払い)が選択できる
  • 解約金がない

SIMの10GB・12GB・20GBの低容量プランがとにかく安い

FUJI Wifiのメリットは、他のレンタルWiFiやポケットWiFiと比べて月額料金が安いことです。

例えば、mineoのデータSIMは、10GBで月2,610円ですが、FUJI Wifiならデポコミコース利用で月980円から使えます。

回線10GB12GB
FUJI WifiS980円
(通常1,480円)
D/A1,280円
(通常1,780円)
mineoD/A/SA)2,520円
D)2,520円
S)2,610円
OCND2,280円
IIJmioD2,560円
BIGLOBE
モバイル
D2,700円
イオン
モバイル
D2,680円
DTID2,100円
エキサイト
モバイル
D2,380円
b-mobileD/S2,190円
LinksmateD2,380円2,720円

※回線のDはドコモ、Aはau、Sはソフトバンクに対応していることを示す
※FUJI WiFiの価格はデポコミコースを適用した場合、( )内は通常月々コースの価格

※1:当サイト限定クーポン利用時のみ(「kiwami-sim」、詳しくはこちら

SIMは10GBの低容量から100GBの大容量までプランがありますが、特に10GBから50GBの低容量プランは他社に比べてお得に使うことができます。

プラン変更ができる

FUJI WifiはレンタルWiFiでありながら契約中にプラン変更ができます。

ただ、プラン変更の際には端末の返却をしなければいけません。

手数料1,500円と旧レンタル端末の返却送料が掛かってしまうので、毎月のようにプラン変更するというわけにはいかなそうです。

プラン変更後の料金
1,500円+端末返却送料
内訳
プラン変更
手数料
新レンタル端末
送料
旧レンタル端末
送料
1,500円 0円自己負担

(参考:FUJI Wifi 公式HP)

支払い方法としてatone払い(コンビニ払い)が選択できる

ポケットWiFiの支払いはクレジットカードがほとんどで口座振替のできるところも少ないなか、FUJI Wifiでは「atone」払いを選択することができます。

atoneとは、「スマホのみで簡単に翌月払いができる、クレジットカード不要な新しくてお得な決済サービス」のことです。(引用:atone公式)

FUJI WiFiではこのatoneサービスを利用したコンビニ払い支払いを可としています。

おまとめプランを契約したいけれど、クレジットカードの上限額があって難しい…という人でも、atoneを使って支払いができるのは助かりますね。

なおatone払いからクレジットカード払いへの変更はできても、クレカからatone払いにすることはできないことは気を付けておきましょう。

解約金がないうえにルータープランやSIMプランなど選択肢が豊富

無制限のデータ通信が使えるプランが一つだけといったポケットWiFiがあるなかで、FUJI WifiはルータープランやSIMプランなど、より自分に合ったプランを選ぶことができます。

解約違約金がないので、毎月契約継続か解約かを考えることができるのもありがたいですね。

FUJI Wifiのデメリット

対して、FUJI Wifiのデメリットは次の通りです。

  • 口座振替支払いができない
  • 多大な返却遅延や盗難・紛失時は高額な弁済金が掛かる

口座振替支払いができない

支払いはクレジットカード払いのみで、デビットカードや口座振替支払いはできません。

レンタルWiFiであっても口座振替支払に対応しているポケットWiFiもあるので、口座振替が良い人はそちらを検討するという選択肢もあります。

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際は...

どんなときもWi-Fiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?

多大な返却遅延や盗難・紛失時は高額な弁済金が掛かる

解約時は必ず期限内に返却しましょう。お得に契約をしていたとしても、返却遅延金を取られているようでは意味がありません。

また、盗難や紛失時の端末弁済金、電池パック交換に掛かる費用は高額であることが多いため、心配な人はオプションへに入っておくことをおすすめします。

FUJI Wifiでは、盗難・紛失・故障時の弁済金は20,000円ですが、安心サポートPremiumに入っていればこれが0円で済みます

通信量安心サポート
Premium
安心サポート未加入
盗難
紛失
故障
0円20,000円
電池パック
交換
0円
(盗難・紛失も)
4,000円
SIMカード
再発行手数料
4,000円
USBケーブル200円

オプションに入るかどうかは個々の判断によりますが、心配な人は入っておいて損はないでしょう。

ポケットWifiを紛失したら?無くした場合の対処法やかかってしまう費用まとめ
携帯を無くしても「iPhoneをさがす」でGPS検索をしたり、自分の番号に電話を掛けて誰かに出てもらったりして捜すことができますが、ポケットWifiを紛失してしまった場合はどうしたらいいんでしょうか。 本記事では、ポケットWifiを無...

ポケットWifiを紛失したら?無くした場合の対処法やかかってしまう費用まとめ

FUJI Wifiの評判や口コミは?

FUJI SIMの口コミはおおむね高評価なものが多く、とくに定期的に開催されているキャンペーンはユーザーからも安いと評判です。

ただし速度面に関して不満のある声もあるため、サービスエリアの確認をするのはもちろんのこと、お試し利用のサービスを利用しておくと不安なく契約ができるでしょう。

【料金に関する口コミ】

FUJIWiFiのキャンペーン価格は同業者ですら「安い」と認めるほど。

期間中に申込みさえすれば、キャンペーン終了後もその価格で使うことができる上、速度が落ちたり問題が生じたとしても違約金はかからないので、とりあえず今のうちに契約してしまうのも十分ありでしょう。

【サポートに関する口コミ】

FUJI WiFiのサポートは比較的しっかりとしているという印象の口コミが多くあります。

解約もマイページからスムーズに行えるので、電話が掛からずイライラするなんてことが無いのも嬉しいですね。

ただし大手のサービスとは違い、速度やプラン、質などが突然変更や低下、終了することも可能性として少なからずあります。

もちろん今現在問題があるわけではありませんが、腰を落ち着けて契約をしたい人はそういった注意点も頭に入れておいた方がいいでしょう。

【速度の口コミ】

筆者もFUJI WiFiを利用していますが、20~30Mbps程度が基本的な速度でした。

もちろん光回線のように100Mbps以上、Ping値一桁になるなんてことはまず無理ですが、ストレスなく使えているので個人的には満足しています。

格安SIMと比較しても快適に感じている人は多いようです。

時間帯や場所による一時的な混雑によって速度が落ちてしまったり、回線が不安定になることが見受けられます。

またエリアによって変化があったり、特にクラウドSIMの場合はつかむ回線によっても左右されてしまうため、速度が安定しにくいこともあるでしょう。

回線が途切れる点については、あまり多くの口コミを見つけることができず、筆者が使用している間もそのようなことはありませんでした。エリアや通信環境も起因していると考えられます。

速度が遅くなってくると固定回線への乗り換えを検討する人もいますが、工事の手間や解約時の違約金を考えると、なかなか面倒なもの。

ホームルーターや他のポケットWiFiを検討したうえで、どうしても必要ならば慎重に光回線の検討を進めると良いでしょう。

【2020年最新】置くだけWiFi、ホームルーターのおすすめランキング!速度や料金を徹底比較
通信費を抑えるために家でWiFiを使いたいけど、固定回線をひくのは面倒…という人におすすめなのが置くだけWiFiやホームルーター。 最近では、CMで見かける機会も多くなりました。 しかし、工事不要の置くだけWiFiにはいくつか種...

【2020年最新】置くだけWiFi、ホームルーターのおすすめランキング!速度や料金を徹底比較

FUJI Wifiは大容量通信を最もお得に使えるWiFi

FUJI Wifiは月額料金が安く、大容量通信であってもお得に使うことのできるレンタルWiFiであることが分かりました。

初期費用が安く気軽に始められるという利点もありますが、懐に余裕があれば少々初期負担があったとしてもおまとめ支払いを選ぶと月額料金をお得に使えますね。

では、最後にFUJI Wifiのメリットとデメリットをまとめます。

【メリット】

  • SIMの10GB・12GB・20GBの低容量プランがとにかく安い
  • プラン変更ができる
  • 支払い方法としてatone払い(コンビニ払い)が選択できる
  • 解約金が無い

【デメリット】

  • プラン変更に1,500円+返却料が発生する
  • 口座振替ができない
  • 返却遅延金や弁済金が高額
  • 最近は速度が遅くなってきているという口コミあり

FUJI WiFiの公式サイトはこちら