携帯(ガラケー/ガラホ)の通話のみプランの料金比較。シニア、キッズ、ビジネス向け機種も紹介

スマホ・携帯・格安SIM
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,246円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,246円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

ネットにカメラに通話と多機能なスマホが世間の話題をかっさらっていく中で、以前のような通話のみの安いプランは目立たなくなってしまいました。

しかしデータ通信用のスマホをすでに持っていたり、そもそもネットは使わないといった理由から、通話さえできればいいという人もいまだに少なくありません。

今回は各携帯会社の携帯(ガラケー/ガラホ)通話のみプランや対応機種をまとめました。

スマホの通話のみプランに関してはこちらの記事を参考にしてください。

スマホを通話のみで使うキャリア、格安SIMの最安プランはどれ?合わせて使いたいポケットWiFiも紹介
子どもに持たせるためや、タブレットなどと2台持ちにしたいといった理由から、スマホを通話のみで利用したいといったケースは少なからずあるでしょう。 しかし、携帯会社のプランは複雑でどのプランで契約すればいいのかわかりにくいですよね。 ...

スマホを通話のみで使うキャリア、格安SIMの最安プランはどれ?合わせて使いたいポケットWiFiも紹介

スポンサーリンク

各キャリアの携帯(ガラケー/ガラホ)通話のみプラン比較

現在携帯の契約には通話通信とデータ通信(ネット)の2種類があり、各携帯会社が大きく宣伝しているのはこの2つがセットになったものです。

スマホではなくガラケー/ガラホを選ぶメリットデメリットは以下の記事も参考にしてください。

ガラホとは?スマホやガラケーとの違いやメリット・デメリット、docomo/au/Softbankそれぞれの料金プラン
現在ガラケーと呼ばれている端末はすでに新しい機種が発売されておらず、世間はスマホの時代となっています。 しかし、スマホの操作は慣れない人とって難しいもの。 そこで生まれたのが見た目はガラケー、中身はスマホの進化型ケータイ、通称「...

ガラホとは?スマホやガラケーとの違いやメリット・デメリット、docomo/au/Softbankそれぞれの料金プラン

ネットを使わず通話通信のみ契約する場合、無駄を省くことができるわけですから当然通信費を節約することができます。

まずは各社の通話のみプランについて詳しく見ていきましょう。

携帯(ガラケー/ガラホ)を通話のみで使う方法

携帯で通話のみ利用する場合には、以下の方法が考えられます。

  • 通話のみのプランで契約する
  • データ通信を使用せず0円にする
  • データ通信に制限をかける

各携帯会社によって内容が異なり、通話のみのプランが廃止されてしまっていることもあるため注意しましょう。

各キャリア、サブブランドの通話のみプラン

携帯用のプランは以下の通りです。

携帯用プラン料金比較
基本料金
月額

プラン内容
かけ放題オプション
5分かけ放題 通話無料
docomo
1,200円 家族内通話無料
データ通信上限100MB
+700円 +1,700円
au
通話
のみ

998円 1,100円分通話無料
1,620円 2,600円分無料通話
データ
1,200円 データ通信上限100MB +500円 +1,700円
2,980円 国内通話無料
データ通信上限1GB
Softbank
980円 家族内通話無料 +500円 +1,500円
Y!mobile
934円 Y!mobile/Softbank
1時~21時通話無料
+1,000円

さらに各社ごとに細かく見ていきましょう。

docomo|通話のみのプランは廃止。利用制限をかけることは可能

ドコモでは通話のみプランがなく、基本的にはデータ通信もセットになったプランしかありません

データ通信の利用自体に制限をかけることはできますが、料金が安くなるわけではないので注意しましょう。

ただし親回線が別途ドコモの回線契約をしている場合に限り、キッズケータイプランで通話のみのプランにすることができます。(対象12歳以下)

通話+データ通信プラン/通話のみプラン
月額
プラン内容
音声通信 データ通信 条件
ケータイ
プラン

1,200円 家族間通話無料
家族以外への通話20円/30秒
【Xi】
100MB
まで
2年契約
違約金1,000円
キッズケータイ
プラン

500円 【FOMA】
なし
12歳以下
要親回線
(単独契約不可)

さらに端末を分割で購入する場合、月にかかる費用は以下のようになります。

月額総費用
ひと月
総費用
月額 端末代金
ケータイ
プラン
2,080円 1,200円 31,600円
(36回払い/月880円)
キッズケータイ
プラン
880円 500円 11,880円
(36回払い※/月330円)

※12回、24回払いも可能

またdocomoでは家族間の通話が無料ですが、さらに家族以外との通話が多い場合は通話オプションをつけるといいでしょう。

通話オプション
月額 オプション内容(条件)
かけ放題 1,700円 国内通話かけ放題
5分通話無料 700円 5分以内の国内通話無料
5分超過以降20円/30秒

ドコモはシンプルでわかりやすいですが、その分融通がきかず、最低維持費が高くなってしまうのが難点ですね。

スポンサーリンク

au|通話のみなら月額998円から利用可能 約30分通話無料

auは通話のみのプランのプランに通話放題のオプションを付けることができないため、通話の多い人はデータ通信込みのプランで契約する必要があります。

docomoではプランが一つで、通話機能もオプションの有無で分けられていたのに比べ、auは少しわかりにくい印象を受けてしまうかもしれません。

まずは通話のみのプランを見ていきましょう。

通話のみプラン
月額
プラン内容
音声通信 データ通信 条件
VKプランS
(N)
998円 無料通話1,100円/月分
(最大27分)
【au4GLTE】
なし
もしくは
ダブル定額
加入
2年契約
違約金
1,000円
VKプランM
(N)
1,620円 無料通話2,600円/月分
(最大65分)
ジュニア
ケータイ
プラン
500円 家族間通話無料
家族以外への通話20円/30秒

※ジュニアケータイプランは2019年12月で新規申し込みを終了しました。

VKプランS/Mはデータ通信を行わない場合、通信プランは加入なしとすることができます。

維持費が最も安いのは月998円のVKプランS(N)。月の通話が20分程度という場合はこちらのプランがおすすめです。

さらに、電話をたくさんかけるという場合はデータ通信がセットになったプランで契約しましょう。

通話+データ通信プラン
月額
プラン内容
音声通信 データ通信 条件
ケータイ
シンプル
プラン
1,200円 20円/30秒 100MB 2年契約
違約金
1,000円
ケータイ
カケホ
プラン
2,980円 国内通話無料 1GB

ケータイシンプルプランには通話オプションをつけることも可能です。

通話オプション
月額 オプション内容(条件)
かけ放題 1,700円 国内通話かけ放題
5分通話無料 700円 5分以内の国内通話無料
5分超過以降20円/30秒

通話を多く使う場合、auではケータイシンプルプラン(基本料金1,200+オプション1,700円)かカケホプランの2,980円なので、少しでもメールなどを利用する場合は1GB使えるカケホプランを契約しておくといいでしょう。

端末代金も併せると、データ通信未加入の場合のひと月あたりの総月額料金は以下のようになります。

月額総費用
ひと月
総費用
月額 端末代金
ケータイ
シンプルプラン
2,260円~ 1,200円 2,7360円
(36回払い/760円)
~43,920円
(36回払い/1,220円)
ケータイ
カケホプラン
3,740円~ 2,980円
VKプランS 1,758円~ 998円
VKプランM 2,380円~ 1,620円

※24回、48回払いも可能

Softbank|通話のみプラン月額980円。たくさん通話するなら定額オプションも

Softbankは通話のみのプランがひとつと、2種類の通話オプションがあります。

基本料金プランはシンプルでわかりやすいです。

もしデータ通信を行う場合は100MBプランを選ぶといいでしょう。(1GBプランは機種変更、MNP乗り換えの対象者のみのプラン)

通話のみプラン/通話+データ通信プラン
月額
プラン内容
音声通信 データ通信 条件
通話プラン 980円 家族間通話無料
家族以外への
通話20円/30秒
なし なし
100MB
プラン
1,280円 上限
100MB
1GB
プラン
※980~
1,980円
家族間通話無料
家族以外への
通話5分以内無料
上限
1GB
機種変更/
MNP乗り換え
通話オプション加入
キッズ
ケータイ
プラン
490円 メール
無料
なし

※1年間は割引が適用され980円、以降1,980円。準定額オプション→定額オプションへ変更も可能

通話オプションは2種類。docomoと同じ内容で各200円安くなっています。

通話オプション
月額 オプション内容(条件)
定額 1,500円 国内通話かけ放題
準定額 500円 5分以内の国内通話無料
5分超過以降20円/30秒

データ通信なしのかけ放題プランはSoftbankの通話プラン+定額オプションと後述するY!mobileでしかできません

ただしSoftbankでは端末代金の支払いが少し複雑です。まず端末代金は一括か48回払いからしか選べない点に注意しましょう。

さらに48回払いにした場合、「トクするサポート」という月額390円支払うことで端末代金を半額(48回支払うべきところ24回のみ支払う)にするサービスを受けることができます。

29,520円の端末であれば本来615円×48回のところ、24回の14,760円となります。

ただしプログラム利用料が9,360円(月390円×24カ月)かかるため、実質的な割引額は5,000円程度になります。

トクするサポートの欠点は、24カ月目以降、端末の機種変更もしくは回収が必要なこと。

24カ月目以降使い続けるとサポートの月額料金だけが無駄にかかってしまいます。

常に最新機種を使いたいという人や、高額な端末を購入する場合はおすすめですが、通話のみの携帯ではそんなハイスペックなものは必要ないため、通常通り端末代金を支払う方がおすすめです。

月額総費用
ひと月
総費用
月額 端末代金
通話プラン
(トクするサポートなし)
1,595円~ 980円 29,520円
(48回払い/615円)
~33,120円
(48回払い/690円)
通話プラン
(トクするサポートあり)
1,985円~

Softbankの端末には5,040円の端末もあります。

48回払いにすると月105円のため、総月額費用が1,085円と最低維持費をかなり抑えることが可能です。

Y!mobile|月額934円で通話可能。+1,000円でだれとでもかけ放題

携帯のプランで特におすすめしたいのがY!mobile(Softbankのサブブランド)です。

通話+データ通信プラン
月額
プラン内容
音声通信 データ通信 条件
ケータイ
ベーシック
プランSS
934円 Y!mobile/Softbank
携帯電話への
1時~21時国内通話無料
なし
もしくは
データ定額
プラン加入
なし

通話のみの基本料金は934円。この基本プランだけですでにSoftbank、Y!mobileでの国内通話が時間帯限定で無料になっています。

他社携帯にもかける場合はSoftbankやdocomo同様かけ放題の通話オプションがあります。

通話オプション
月額 オプション内容(条件)
スーパー
だれとでも定額
1,000円 国内通話かけ放題

かけ放題にしても月額1,934円とかなり月額料金を抑えることが可能です。

メールなどデータ通信を行う場合は別途ベーシックパック月300円に加入の上、データ定額プランを使用します。

データ通信プラン
月額 プラン内容(条件)
データ
定額
0円~4,500円
(+300円)
未使用の場合0円
以降110MBまで+0.005円/パケット
上限2.5GB

端末代金を含めた月の総額は以下の通りです。

月額総費用
ひと月
総費用
月額 端末代金
ケータイ
ベーシック
プランSS
1,108円 934円 6,400円
(36回払い/月174円)
~16,400円※
(36回払い/月455円)

※一括、24回払いも可能、定価18,000~28,800円

Y!mobileは乗り換え、新規契約の場合キャンペーンで端末代金の割引が受けられます。

機種変更の場合は端末代金の割引がない代わりに、スーパーだれとでも定額をずっと無料で利用することが可能です。

スポンサーリンク

最安値にしたいなら格安SIMのプランも検討しよう IIJmioのケータイプランがお得

端末をすでに持っている、もしくは中古で購入する場合は格安SIMを契約するとランニングコストをさらに抑えることができます。

格安SIMを利用する場合は、端末とSIMの回線を合わせなければいけません

使用していた端末がSoftbankのものであれば、Softbank回線が使える格安SIMを選びましょう。

別の回線を使いたい場合は、各ショップでSIMのロックを解除してもらうことも可能です。

SIMロック

中でもおすすめなのはIIJmioのケータイプラン月額920円。格安SIMでは珍しくデータ通信が一切できない、本当に通話のみのプランとなっています。

ケータイと名前についていますが、iPhoneなどのスマホに入れても使用可能。

ほとんど待ち受け状態にしている人や2台持ちの人はもちろん、海外留学や出張などで通話はしないけれど日本の電話番号は残しておきたい人なども利用しています。

もしネットを利用しなければいけなくなったときは、別途「追加クーポン」を購入することができるので、最低維持費で電話番号を持ちたいという人には特におすすめです。

通話を頻繁に使う場合は、通話オプションがありますが、キャリアとは異なり「完全かけ放題」のプランはありません。

通話オプション
月額 オプション内容(条件)
3分定額 600円 3分以内の国内通話無料
家族との通話は10分以内無料
10分定額 830円 10分以内の国内通話無料
家族との通話は30分以内無料

回線はdocomoとauなので、Softbankの端末を使う際はSIMロックを解除しておきましょう。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)のプラン、料金、評判・口コミ。速度は遅いって本当?日本初のeSIMプランも紹介。
格安SIMはスマホに挿し込むSIMカードを扱ったサービスのこと。 その名の通りドコモなどのキャリアと比べて料金が安いのが特徴で、中にはキャリアから乗り換え、月4,000円近くも通信費を節約できる人もいます。 中でもIIJmio(...

通話のみプランの注意点

通話のみプランは最低維持費をかなり安くすることが可能ですが、その代わり注意点もあります。

キャリアのメールアドレスが使えない

au、Softbank、Y!mobileではデータ通信なしのプランで契約ができますが、その場合キャリアのメールアドレスが利用できません。

メールアドレスを使う場合には、ネット使用の有無にかかわらずデータ通信のプランで契約する必要があります。

au、Y!mobileでは月300円の回線契約が別途必要になるため注意しましょう。

WiFi接続時にしかメールやネットが使えない

通話のみプランの場合、ネットの通信はWiFi環境下でのみ使うことができます。(WiFi非対応端末もあります)

持ち歩きせず常に自宅のWiFiを拾っている状態なら十分ですが、外出先でネットを使いたいときは、フリーWiFiを探さなければいけません。

フリーWiFiには時間制限や回数制限がある上、セキュリティが弱いため注意が必要です。

さらに自宅や職場などにWiFiがない場合は、完全に通話専用の端末になってしまいます。

用途に応じて、プランはよく見極めましょう。

データ通信定額制ならネットを使うと料金が高くなる

通話のみプランにデータ定額のプランを付けている場合、ネットを全く使わない状態では料金がかからずお得です。

しかしメールなどで少しでもネットを利用してしまうと、すぐに料金が高くなってしまう点に注意しなければなりません。

Y!mobileの料金プランを例に見てみましょう。

(画僧引用:Y!mobile公式サイト

Y!mobileのプランでは使わなかった月は無料となっていますが、それ以降の通信には使った分だけ料金が発生し、最大4,500円もかかってしまいます。

WEBサイトの閲覧はページにもよりますが1ページ1MB(約1000KB)程度は消費します。

毎日1ページしか検索しないとしても、30MB(=240,000パケット)で1,200円データ通信費が上乗せされることに。

少しでもネットを使う場合は、最低維持費が少し割高になっても、docomoやSoftbankのようにあらかじめ100MB程度利用できるプランにしておくことをおすすめします。

通話のみプランでおすすめの携帯端末

携帯端末はスマホに比べて機能のシンプルなものが多いです。

そのため通話の品質や、価格、バッテリーの持ちなどの面からおすすめの端末を紹介します。

シニア・高齢者向け携帯

シニア向け携帯電話は画面の見やすさと聞き取りやすさが選ぶポイントです。

もしもう少し多機能なものを使いたいという場合は、ビジネス向けのものも参考にしてください。

聞き取りやすさを重視したdocomoのらくらくホンF-02J

(画像引用:docomo公式サイト

docomoのらくらくホンは高齢者でも聞きとりやすい高品質な通話に加え、カメラや歩数計などのシンプルな機能を備えた端末です。

最大3名を登録するとボタン1つで通話できるので複雑な使い方を覚えることもありません。

防水、防塵なので耐久性にも優れています。

2019年11月には後継機のF-01Mが発売。さらに通話品質がアップしています。

docomoらくらくホンF-02J
価格 バッテリー 機能
31,680円 【待受】400時間
【通話】290分
カメラ/WiFi対応/ワンセグ対応
赤外線/Bluetooth/

スポンサーリンク

ピクトが大きく画面が見やすいauのかんたんケータイKYF38

(画僧引用:au公式サイト

auではかんたんケータイシリーズを発売しています。

docomo同様聞き取りやすさや防水、防塵の耐久性を重視して作られていますが、テレビの見られるワンセグ機能がついていません。

その他の機能はあまり大差ありませんが、通話時のバッテリーの持ちがdocomo端末より倍近く長くなっているのはうれしいですね。

auかんたんケータイKYF38
価格 バッテリー 機能
32,400円 【待受】430時間
【通話】590分
カメラ/WiFi対応/
赤外線/Bluetooth/

小学生・子供向け携帯

キッズケータイにはスマホタイプとガラケータイプがあり、特にガラケータイプは親としか連絡が取れないなど利用に大きく制限がかかっています。

小学校中学年あたりからは、友人とも連絡が取りたいお年頃になる子も多くあらかじめキッズスマホを購入しネットの利用にはフィルタリングをかけるパターンも多いです。

docomoはキッズケータイ用プランが月500円

(画像引用:docomo公式サイト

docomoでは12歳以下の利用者の場合、家族内通話無料で月額500円のキッズケータイプランがあります。

家族間でのやりとりを目的としているなら、これだけでかなりランニングコストを抑えることが可能です。

キッズケータイならではの防犯ブザーやGPS機能ももちろん搭載。子どもが帰宅するとSMSが届くサービスもあります。

ただし口コミでは通話品質やバッテリー持ちが悪いという声も。

docomoらくらくホンF-02J
端末価格 バッテリー 機能
11,880円 【待受】570時間
【通話】370分
防犯ブザー/GPS

Softbankのみまもりケータイ4は月490円

(画像引用:Softbank公式サイト

Softbankでは月490円のみまもりケータイ専用プランが用意されています。

docomoやauとは異なり、Softbankのプランには契約期間がないため、いつ子どもがスマホに替えたいと言い出しても安心です。

また有料のオプションですが、「CSPケータイdeアシスト」という現場にプロの警備員が出動してくれるサービスも魅力。

端末価格もほかよりかなりお得になっています。

Softbankみまもりケータイ
端末価格 バッテリー 機能
6,720円 【待受】590時間
【通話】600分
防犯ブザー/GPS

また、Softbankではキッズフォンというスマホタイプの端末も人気です。

端末代金が3倍近くなってしまう代わりに、カメラ機能やタッチパネルを搭載しています。

仕事用・ビジネス用携帯

ビジネス用であれば、データ通信はプライベート用で行い、通話のみ携帯でという2台持ちの人が多いでしょう。

シンプルで使い勝手がよく、バッテリーの持ちがいいものが人気です。

Softbank、Y!mobileのAQUOSケータイ2

(画像引用:Softbank公式サイト

Softbank、Y!mobileで購入できるAQUOSケータイは必要なものが過不足なく揃っている、万能端末です。なんとLINEも使えます。

電池持ちが1週間、通話もクリアと評判は良し。

端末代金がSoftbankだと約5,000円、Y!mobileの新規契約、MNP乗り換えの場合約6,000円と安いのもいいですね。

現在すでにAQUOSケータイ3が2019年4月に発売されていますが、端末代金が3万近くする割に目立ってパワーアップしたところもないので、ランニングコストを抑えるなら2、端末のサポートが長く必要な場合は3を選ぶといいでしょう。

AQUOSケータイ2
端末価格 バッテリー 機能
18,000円※ 【待受】595時間
【通話】800分
カメラ/WiFi対応/ワンセグ対応
赤外線/Bluetooth/テザリング

※割引なしの場合

スポンサーリンク

auのGRATINA 4G KYF37はおサイフケータイとしても利用可能

(画僧引用:au公式サイト

auでは音質のしっかりとしたGRATINA 4G KYF37がおすすめです。

電子マネーの支払いができるおサイフケータイにも対応しているため、ビジネス用としてはもちろん、シニア向けとしても人気があります。

GRATINA 4G KYF37
端末価格 バッテリー 機能
27,360円 【待受】500時間
【通話】590分
カメラ/WiFi対応/ワンセグ対応
赤外線/Bluetooth/テザリング
おサイフケータイ

後継機には2019年5月にGRATINA KYF39が発売されましたが、こちらはおサイフケータイには非対応となっています。

結論:ドコモには通話のみプランなし。最低維持費はワイモバイルの月額934円。

各キャリアとサブブランドの携帯プランの料金は以下の通りです。

携帯用プラン料金比較
基本料金
月額

プラン内容
かけ放題オプション
5分かけ放題 通話無料
docomo
1,200円 家族内通話無料
データ通信上限100MB
+700円 +1,700円
au
通話
のみ

998円 1,100円分通話無料
1,620円 2,600円分無料通話
データ
1,200円 データ通信上限100MB +500円 +1,700円
2,980円 国内通話無料
データ通信上限1GB
Softbank
980円 家族内通話無料 +500円 +1,500円
Y!mobile
934円 Y!mobile/Softbank
1時~21時通話無料
+1,000円

docomoには通話のみのプランがないため他社より若干ランニングコストが高くなっています。

またauでもかけ放題にする場合はデータ込みのプランで契約するしかなく、さらにLTE利用料が月額とは別に発生する点に気を付けましょう。

通話のみかけ放題はdocomoが2,900円(100MBまで無料)、auが2,500円(0.5MBまで無料)、Softbank2,480円、Y!mobile1,934円。

ネットを全く使わないのであればY!mobileが最も安く利用が可能です。

またすでに端末を持っている場合は格安SIMを使うのもおすすめ。

ただし格安SIMは通話放題のプランに回数や時間の制限がかけられている場合が多いため注意しましょう。