50GB超プランが終了したギガゴリWiFiからクラウドSIMの新プラン(ワールドプラン)が登場、料金等を徹底解説

通信業界大手のGMOとくとくBBが運営するポケットWiFiサービスである「ギガゴリWiFi」。

コスパが良く人気の高かった「50GB超プラン」(無制限)が2020年3月に突如終了し、代わりに新プランとして「ギガゴリWiFiワールドプラン」が始まりました。(発送開始4月8日)

※ギガゴリWiFiワールドは現在、新規申し込みを一時停止しています。

ギガゴリWiFiワールドプランの主な特徴は以下の通り。

  • 月額料金は3,460円がずっと続く
  • 契約期間は2年自動更新
    (20GBと30GBは1年更新)
  • 端末はU2sでクラウドSIM対応
  • 回線はトリプルキャリア
  • 支払いはクレジットカードのみ

通信大手のGMOからついにクラウドSIMの無制限プランが出るということで、注目度の高いポケットWiFiです。ただ結論を言うと、月額料金が安いわけではないので料金重視派にはあまりおすすめできません

ではどのような人向けなのかといった点も踏まえて、ギガゴリWiFiワールドプランの概要を解説していきます。

なお、ポケットWiFiの最新ランキングはこちらから確認してください。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...
スポンサーリンク

50GB超プランは終了、新プラン「ギガゴリWiFiワールド」が登場

ギガゴリWiFiワールド

(引用:ギガゴリWiFi)

2020年2月にサービスが始まったばかりのギガゴリWiFiで特に人気が高かったのは、「50GB超プラン」(月3,050円)でした。

ただ申し込みが殺到した結果、サービス開始からほぼ1か月で50GB超プランは終了し、残ったのは20GBと30GBプランのみ。

無制限プランがお得と聞いたのに終了か、と肩を落とした方も多いでしょう。

しかし50GB超プランが終了してすぐさま発表されたのが、4月8日から始まった新プラン「ギガゴリWiFiワールドプラン」しかも今度は最近話題のクラウドSIMです。

クラウドSIMとは
物理的なSIMカードを挿入するのではなく、クラウド上でSIMを管理する通信システム。状況に応じて最適な回線を自動的に選んでつなげることができる(自分で任意に回線を選ぶことはできない)。国内だけでなく海外でも現地の電波を使った通信が可能。

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 
どんなときもWiFiを始め、2019年以降にサービスを開始したポケットWiFiの多くが、クラウドSIMを採用しています。 端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。 本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似た...

クラウドSIMに対応したプランは最近かなり増えてきているので、どれを選ぶべきか悩ましいところ。そこで今回はクラウドSIM選びに役立つ以下の見極めポイントを挙げました。

  • 月額料金
  • 契約期間の長さ
  • 解約金
  • 使用回線
  • 速度制限
  • 端末
  • 端末返却の有無
  • サポート対応

では早速このポイントをもとに、ギガゴリWiFiワールドプランの概要を確認していきましょう。

【月額料金】ワールドプランの月額料金は3,460円

ギガゴリWiFiワールドプランは月額3,460円で、解約時までその価格がずっと続きます

20GB・30GBでは2年目から料金の上がる価格設定になっていましたが、ワールドプランでは他のクラウドSIMでも多い「永年一律料金」を採用したかたちです。

参考までにどんなときもWiFiとMUGEN WiFi、クラウドWiFi東京の月額料金も表に記載しました。

どんなときもWiFiよりはやや安いですが、MUGEN WiFiやクラウドWiFiよりは高く、料金設定としては平均的ですね。

ポケットWiFi1年目2年目3年目
以降
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
 3,460円 
【参考】
どんなときも
WiFi
3,480円3,980円
【参考】
Mugen
WiFi
3,180円
(100GB)
【参考】
クラウドWiFi東京
3,380円
ギガゴリWiFi
20GB
2,350円2,850円
→2,350円
(当サイト限定)
2,850円
 ギガゴリWiFi
30GB
 2,650円 3,100円
→2,650円
(当サイト限定)
3,100円
終了済
ギガゴリWiFi
50GB超プラン
3,050円3,500円
→3,050円
(当サイト限定)
3,500円

※当サイト経由での申し込みで2年目の料金も変更なし、詳しくは詳細ページ参考(通常は2年目以降は20GBプランが2,850円、30GBプランが3,100円)

ちなみに、海外利用時は月3,460円の月額料金に加えて別途海外利用料金が必要です。

アジアエリアの一部は1日850円で1GB、それ以外のエリアは1,250円で1GBまで高速通信が利用可能で、超過した場合は速度制限下での通信となります。

1GBでは使えるのは、だいたいこのくらいです。

 1GBあたり1日あたり
LINEメッセージ50万通1.5万通
通話55.5時間2時間
ビデオ通話3.5時間7分
Twitter100分3~4分
Instagram50分2分
WEB
ページ
ニュース
サイト
16.5時間30分
通販サイト1.5時間3分
 1GBあたり1日あたり
動画低画質8.5時間15分
標準画質3時間6分
高画質1時間2分
音楽低音質1000曲33曲
 中音質250曲8曲
 高音質160曲5曲
地図検索5.5時間10分
カーナビ10時間20分

サイト検索や地図の利用、LINEなどのメッセージサービスであれば1GBでも十分対応できることがわかります。

【契約期間・解約金】2年の自動更新で、解約金は9,000円

期間・解約金・更新月は以下の通り。

契約期間2年自動更新
解約金~24カ月9,000円
【更新月】
25か月目
0円
26~48カ月9,000円
【更新月】
49か月目
0円
50か月目~9,000円

ギガゴリWiFiワールドプランの契約期間は2年の自動更新で、最初の更新月は25か月目2020年4月に契約した場合、2022年5月が更新月となります。

また途中解約した場合の違約金は9,000円で、クラウドSIMプランの中では割と良心的な料金です。(他のクラウドSIMの違約金との比較については後述します。)

ギガゴリワールドプランを契約する時は、「2年間同じポケットWiFiを使い続けることができるか」「途中解約したい時は支払っても大丈夫と思える違約金か」を一度よく考えたうえで申し込むようにしましょう。

【使用回線】ドコモとau、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応

クラウドSIMの特徴は、位置情報等からその場に合った電波を自動で選んで通信ができること。

20GB・30GBプランではソフトバンク回線しか使えませんでしたが、クラウドSIMに対応したワールドプランでは、国内の3大キャリアであるドコモやau、ソフトバンクの回線を使った通信が可能です。

たとえばauではつながりにくい地域でも、ソフトバンクの回線をつかむことができるといったように、クラウドSIMは単一の回線よりも対応力に優れています。

さらに海外でも端末の電源を入れるだけで現地の電波を使った通信ができるため、わざわざ海外用のWiFiをレンタルしなくても済むのはありがたいですね。

ただ、一つ気を付けておきたいのは、低速の回線を掴んで通信が遅くなってしまう現象が時折起こること。その場合、再起動して別の回線を掴み直す必要があります

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!
クラウドSIMを使った無制限プランの多くは、トリプルキャリアに対応した回線で通信しています。 ただ、それらのSIMがRakuten mobileの回線を掴むと、通信速度がかなり落ちることが分かってきました。 本記事では、どんなと...

【速度制限】基本的には無制限、場合によっては制限あり

国内での通信は基本的に無制限、というのがクラウドSIMの特徴の一つですが、公式サイトには次のような記載があります。

国内での利用ではありません。ただし、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。

(引用:ギガゴリWiFi)

要するに、「あまりにも使いすぎたら制限を掛けます」ということですね。

「動画を短時間に何本もダウンロードする」「大容量ファイルを何個もアップロードする」「ゲームアプリのインストールを何度もやり直す」ような通信が多い人は要注意

ただ、動画を視聴したりSNSを見たりする程度の使い方であれば制限を受けるようなことはありませんので安心してください。

なお、海外利用の際に国内と同じような調子で通信するのはNG

速度制限の目安が1日最大1GB(YouTubeを1時間見るくらい)程度と厳しく、超過した場合は動画もまともに見れないような384Kbps以下の制限に掛かってしまいます。使いすぎには注意してください。

【端末】おなじみのU2s、画面はないが通信する分には満足できる

ワールドプランの端末は、クラウドSIMでは最早おなじみになったU2sです。

色はグレーとゴールドの2種類から選べます。スペックは以下の通り。

名称U2s
端末
サイズ
・質量
 127×65.7×14.2mm
・151g
速度下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
バッテリー3,500mAh
(12時間)
同時接続5台まで
海外利用可能

(引用:ギガゴリWiFi)

この記事は同じ端末のU2sを使って書いていますが、実際に使っていて速度が遅かったり、通信が途切れたりして困るといったようなことは一度もありませんし、満足しています。

電池残量や電波強度を確認するために、横にある電源ボタンを一度押してしばらく待たなければいけないのは少し面倒ですが、無制限にLTE通信ができればいい人にはちょうど良さそう

逆に、通信料や電池残量、電波強度などをさっと確認したい人はG4(Mugen WiFi)、jetfon P6(限界突破WiFiの端末レビュー参考)の端末を扱うポケットWiFiを契約したほうがストレスなく使えて便利だと思います。

【端末返却の有無】レンタルなので、解約時は必ず期日までに返却を!!

クラウドSIM端末のプランを提供するサービスにおいて、端末はほとんどがレンタル形式。

ギガゴリWiFiワールドプランも同様にレンタル扱いとなり、解約時は送料を自己負担して期日までに端末を返却しなければいけません

解約した月の翌月20日までに端末を返却しなかった場合は、翌々月に10,000円を請求されることに…

期日までに返却できたとしても、破損や故障が確認されれば、同じく10,000円が機器損害金として請求されるので気を付けましょう。

【サポート対応】マイページからのWEB解約も可能、電話相談窓口もあり

ギガゴリWiFiのサポート対応は、GMOとくとくBB WiMAXも扱っているGMOとくとくBBです。

ギガゴリWiFi専用のマイページや相談窓口があるわけではありませんが、マイページから解約手続きが可能で、電話での相談や問い合わせにもしっかりと対応してもらえます。

とりあえずクラウドSIMのサービスを始めた、という会社はマイページがなかったり、電話がつながらなかったりして契約後のサポートに不安を覚える人も多いので、こういったサポート対応があるのは助かりますね。

他のポケットWiFiと比較

ではギガゴリWiFiのワールドプランを、他のポケットWiFiと比較してみましょう。

月額
料金
初期
費用
契約
期間
詳細
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
3,460円3,000円2年
ZEUS WiFi
2,980円
※7ヶ月~
3,280円
3,000円2年詳細
ポケモバ
Cloud
 3,250円3,000円2年詳細
THE WiFi 3,480円3,000円2年詳細
限界突破
WiFi
3,500円0円2年詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円3,000円2年詳細
どんなときも
WiFi
3,480円3,000円2年詳細
FUJIWifi3,980円3,000円なし詳細

無制限ならTHEWiFi(初期費用が無料)ZEUS WiFiTHE WiFiのほうが安く、別に最安値ではありません。

クラウドSIMの料金としては平均的で、後から出たサービスだから他の間の料金を取ったというような感じがします。

契約期間や使用回線も他とほぼ変わらないので、月額料金にこだわる人は他のポケットWiFiを検討してみるのも良さそうです。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...

ギガゴリWiFiワールドプランの契約方法と解約方法

では、ギガゴリWiFiワールドプランの契約方法と解約方法を見ていきましょう。

ギガゴリWiFiの契約方法

ギガゴリの契約方法の流れは以下の通りです。

ギガゴリWiFi

  1. 公式サイトを開く
  2. 申し込みたいプランを選択する
  3. GMO IDを作成or入力
  4. 情報入力
  5. 入力内容確認
  6. 申し込み完了

過去にGMO系のサービスに登録したことがある場合は、個人情報の入力を省略して簡単に手続きができるようになっています。

(引用:ギガゴリWiFi公式)

なお、申込みの際は安心サポートか安心サポートワイドのどちらかを必ず選ばなくてはいけません。

一度解約すると補償が利かなくなるため、修理代金や弁済金が心配な人はそのまま加入しておけば良いと思います。

もちろん、無料期間が終わると毎月300円や500円の負担となりますので、月額費用を抑えたければ速やかに解約しておくと良いでしょう。

オプションの解約は、GMOとくとくBBのBBnaviから手続きができます。

(参考:GMOとくとくBB「BBnavi」)

ギガゴリWiFiの解約方法

ギガゴリWiFiの解約方法は以下の通りです。

解約は毎月20日までに会員サポートページで手続きを

ギガゴリWiFiの解約は、更新月の20日までに会員サポートページで手続きをしましょう。

会員IDとパスワードがあればWEBからサクッとできるのは便利ですね。

IDやパスワードを忘れた場合はサポートセンターまで連絡してください。

【GMOサポートセンター】

  • TEL:0570-045-109
    (平日10時から19時)
    音声ガイダンス2番

更新月以外の解約は毎月20日までに電話やメールで手続きを

更新月の解約手続きはサポートページから可能ですが、それ以外の契約期間内の解約は電話やメールでの手続きとなります。

こちらも20日を過ぎると翌月の解約扱いとなるため注意してください。

【GMOサポートセンター】

  • TEL:0570-045-109
    (平日10時から19時)
  • メール:info@gmobb.jp

解約月の翌月20日までに端末を返却する

解約手続きが済んだら、端末の返却も忘れずに行いましょう。

解約した月の翌月20日までに端末を返却しなかった場合は、翌々月に10,000円を請求されます

期日までに返却できたとしても破損や故障が確認されれば同じく10,000円が機器損害金として請求されるので気を付けてください。

【返送先】
〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 解約返却窓口宛

ギガゴリWiFiを初期契約解除する方法

ギガゴリWiFiは、契約直後に初期契約解除制度を利用して違約金負担なしに解約することが可能です。

端末が手元に届いてから8日以内の返却で端末代金分の負担も逃れることができます。

初期契約解除制度は、あくまでも違約金負担が免除されるシステムなので、事務手数料や契約月の月額料金、端末返却時の送料は自己負担となる点には注意しておいてください。

【返送先】
〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 初期契約解除窓口宛

ギガゴリWiFiワールドプランの口コミ・評判

ギガゴリWiFiワールドプランの口コミや評判を集めました。

(2020年6月追記)滑り出しは割と好調だったギガゴリWiFiワールドでしたが、5月に入ってから速度低下の報告が増え、13日には新規申し込みを一時停止してしまいました。

設備増強への対応が急がれます。

【まとめ】ギガゴリWiFiワールドプランは大手の安心感が欲しい人に向いているクラウドSIMプラン

ギガゴリWiFiワールドプランの概要について確認してきました。

ワールドプランのプランを総評すると、割と平凡的なクラウドSIM対応プラン。月額料金が最安値というわけでもなく、契約期間は他と変わらず2年契約、端末の返却も必要です。

ただ最近は、「端末が来ない」「申し込み時より速度が遅い」「通信障害が起きて使い物にならない」など契約後に生じた問題に悩まされている利用者が多く、確実で継続的な設備増強利用者の声に耳を傾け対策を取ってくれるようなサポート体制を求める人が増えています。

そんな月額料金の安さというよりも、契約後のサポートを保証してくれるような安心感のあるプランを契約したいという思いに満を持して答えるのが、ギガゴリWiFiワールドプランなのかもしれません