ギガが減る理由は?消費が異常に早い時はアプリやアップデートの設定を要確認!

「動画を見すぎてギガが減る」「WiFiが使えないからギガが減る」という感じで、最近よく聞くようになった「ギガが減る」という言葉。

実は「ギガが減る」というのは「通信量の残量」が減るという意味で、最近若者を中心に使われることが増えてきた表現です。

通信量が不足して通信制限が掛からないようにしたいものですが、知らない間になぜか減ってしまっている人は、スマホの設定を見直す必要があるかもしれません。

そこで今回は、ギガが減りやすい原因と対策法について詳しく解説します。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

「ギガが減る」ってどんな意味?

そもそも「ギガが減る」という言葉はどんな意味で、どういう時に使われるのでしょうか。

「ギガが減る」の意味や、こういった言葉の使い方に対する意見について見ていきましょう。

契約したプランで月間に使える通信量が減ること

「ギガが減る」とは、料金プランで設定されている通信容量が減り、残量が少なくなることを意味します

特に、想定よりも大きく容量が減ってしまったときに、「ギガが減る」と言うことが多いようです。

ギガが減るの「ギガ」は「ギガバイト(GB)」の略で、データ容量を表す単位。

データ容量が決まっているプランに入っていると、一定の通信量を使い切ってしまった時に低速に突入。いわゆる「ギガが足りない」状態になります。

ギガが足りなくなると、速度が遅くてネット検索もままならなくなりますが、速度制限を解除するためには追加料金が必要です。

表現に「気持ち悪い」「おかしい」と違和感を持つ人もいる

「ギガが減る」という表現はここ数年の間に広がった言葉で、、国語辞典などには載っていない若者言葉です。

ギガバイトは単なる「単位」であって、「通信量」そのものを示す言葉ではありませんが、「ギガ割」や「ギガ放題」のような表現を各事業者が使うようになってから、通信量として解釈されるようになったのでしょう

しかし、「ギガが減る」は体重が減ることを「キロが減る」というようなものなので、この表現に違和感を持つ人もいます

仮に通信容量が「ギガバイト」ではなく、「テラバイト」になる時代が訪れたら、「テラが減る」になるのでしょうか。

まあそうは言っても「ギガが減る」は「データ通信量が減る」ことを分かりやすく表現できる言葉でもあるので、今や若者以外でも使う人は多くなってきています。

ギガが減るのが異常に早い時って何か原因があるの?

ギガが足りなくなると通信が遅くなって厄介なので、できるだけギガが減らないように工夫している人は多いはず。

しかし、注意していてもなぜか異常に早く通信量が減ってしまうことがあります。

これを機に、スマホの設定を見直してみましょう。

アプリを自動でアップデートする設定にしている

知らない間にギガが減るのは、ダウンロードしたアプリが何かしらの通信をしている可能性が高いです

実は、スマホのアプリはユーザーが意図的に操作してデータ通信を行う以外にも、自動的なアップデートで通信が生じることがあります。

アップデートの内容は機能の追加やセキュリティの向上などで、アプリの品質を向上させるために欠かせないものです。

しかし、アプリのアップデートは意外と通信量を消費します

アプリを自動アップデートする設定にしている場合は、オフに変更しましょう

iPhoneとAndroidで自動アップデートをオフにする方法は、大まかに次の通りです。

【iPhone】

設定>「iTunes StoreとApp Store」>「自動ダウンロード」>「Appのアップデート」の自動アップデートをオフにする。

【Android】「Playストア」>メニュー>設定>「アプリの自動更新」で「アプリを自動更新しない」を選択する。

アプリのバックグラウンド更新がONになっている

iOSアプリには、アプリの操作中以外でも、バックグラウンドでデータ通信を行うものがあります。

例えば、アプリを開いていないのに新着メールの受信やショップのセール情報のお知らせがあるのは、アプリが「バックグランド更新」を行っているためです。

バックグランド更新は便利な機能ですが、これが無くても不具合が生じるアプリはほとんどないため、更新の必要がないアプリの場合は、通信量を節約するために切ってしまいましょう

操作は、設定からアプリの各種設定を開き、「バックグラウンド更新」をオフにするだけでOKです。

常に位置情報を使うアプリを使用している

GPSだけではなく、TwitterやFacebookなどのSNSやショッピングサイトのアプリなど、ユーザーの「位置情報」を活用するアプリが増えています。

位置情報は便利な機能ですが、情報をやり取りするときは通信量を消費しているため、知らない間にギガが減ってしまう原因になりかねません

マップアプリのようなGPSが必要なもの以外は、「位置情報サービス」を切るようにすると、データ通信量を節約することができます。

【iPhone】

設定>「プライバシー」>「位置情報サービス」でオフにするアプリを選択。

【Android】設定>「ロック画面とセキュリティ」>「位置情報」>「アプリレベルの権限」でオフにするアプリを選択。

WiFiを使っているつもりでもいつの間にかモバイル通信に切り替わっている

モバイルデータ通信量を節約するために、WiFiを使う人も多いですが、いつの間にかWiFiからモバイル通信に戻っていて、ギガが一気に減ってしまった…というのは意外によくあること。

そんな時は、次の方法でモバイル通信をオフにして、WiFiに切り替えてみましょう。

【iPhone】

設定>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」のスイッチを切り替え

なお、この方法でモバイル通信を切っても元に戻ることがある場合は、「モバイルデータ通信」の設定画面でアプリごとにオフにすると効果的です。

【Android】設定>「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」>「モバイルデータ」のスイッチを切り替え

アプリごとにオフにしたい場合は、設定画面から「モバイルデータ通信」をタップし、「ネットワーク通信を行うアプリ」へ進んでオフにするアプリを選択してください。

ギガが減りやすいアプリで無駄な通信を減らす方法

SNSや動画再生サイトは、特にギガが減りやすいアプリとして有名です。

ただ、通信量を消費しやすいからといって使わないわけにはいかないですよね。

ここでは、ギガを無駄に減らさないためにできる方法を紹介します。

  • インスタやTwitter、Facebookは「データ節約モード」に変更する
  • YouTubeは高画質よりも標準画質で再生する

インスタやTwitter、Facebookは「データ節約モード」に変更する

インスタやTwitter、FacebookのようなSNSでは画像や動画を表示することが多く、少し閲覧するだけでも通信量を消費してしまいます。

ギガの減りを少なくしたければ、各アプリの設定を「データ節約モード」に変更してみましょう。

「データ節約モード」とは、投稿されている画像の表示サイズが小さくなり、動画の自動再生もオフになるという機能。

効果が薄いように思われるかもしれませんが、このモードをONにするだけで通信量が半分くらいになることもあるようです。

なお、アプリによってモードの名称や設定方法が異なるため、次のやり方で設定してください。

【Instagram】

画面右上の三本線マーク>画面下の設定アイコン>「モバイルデータの使用」>「データ使用量を軽減」をオンにする。

【Twitter】個人画面>「設定とプライバシー」>「データ利用の設定」>「画像」と「動画」の設定を変更する。

より節約したい場合は全てオフにするか、「動画」の項目を「Wi-Fi接続時のみ」にしてください。

【Facebook】画面右上の三本線マーク>「設定とプライバシー」>「データ節約モード」をオンにする。

※アプリのメニューや設定の仕様はアップデートによって変更される場合があります。

YouTubeは高画質よりも標準画質で再生する

YouTubeのような動画サイトは、高画質での閲覧を続けているとあっという間にギガが足りなくなります。

そのため、YouTubeを利用する際は画質設定を下げて、高画質よりも標準画質以下で再生するようにしましょう

YouTubeで選択できる画質は主に次のようになっていて、数値が高いほど画質も高くなります。

画質
144p低画質
240p
360p標準画質(SD)
480p
720p高画質(HD)
1080p最高画質(フルHD)

画質を下げるためには、動画再生画面の右上のメニューアイコンをタップして、「画質」から現在より低い数値の画質を選択してください。

ただし、デフォルトの画質設定が高画質になっている場合、画質を下げ忘れるとやはり大量の通信量が消費されることになります。

そこで、自宅のWiFiやポケットWiFiなど、WiFi環境時のみ高画質で通信できるように、設定を変更しておきましょう。

  1. トップページ
  2. 右上のアイコン
  3. 設定から全般を選択
  4. iPhoneは「Wi-Fiの時のみHD再生」を、Androidでは「モバイルデータの上限設定」をオン

さらに節約を徹底したい場合は、自動再生もオフにしてしまいましょう

【iPhone】

アイコン>「設定」>「自動再生」>「次の動画を自動再生」をオフ

【Android】

アイコン>「設定」>「自動再生」>「次の動画を自動再生」をオフ

こうすることで、動画再生中に寝てしまって自動再生でデータ容量がどんどん消費される、という事態を防ぐことができます。

Youtubeが遅い・止まるときの原因と対処法。問題はWiFi?スマホ?PC本体?
無料で視聴できる動画サービスで、多くの人が利用しているYoutube。 世界最大の動画共有サービスというだけあって、日本のネット人口の約8割がYoutubeを利用しています。 そんな人気SNSであるYoutubeですが、読み込み...

Youtubeが遅い・止まるときの原因と対処法。問題はWiFi?スマホ?PC本体?

今のプランではギガが足りない…でも料金が高くなるのも嫌な時は?

頑張って節約しても、ギガが足りなくなってしまうことはあります。

しかし、より容量の多い料金プランにするには月額料金が高くなりそうで、ためらってしまいますよね。

そんなときは、次の方法でギガ不足を解消してみましょう。

  • 今より通信量が多く、料金の安いデータSIMを契約する
  • 常にWiFi接続ができるようにポケットWiFiを契約する

今より通信量が多く、料金の安いデータSIMを契約する

現在ドコモやauなどのキャリアを契約している人は、格安SIMやデータSIMの利用を検討してみましょう。

確かに通信速度はキャリアが断然速いですが、今よりも通信量が多くても料金の安いSIMはたくさんあります

例えばドコモのギガホを契約していると月30GBまで使えて月7,000円ほど掛かりますが、FUJI WiFiのデータSIMなら、ドコモ回線を使える30GBプランでも月額2,100円から利用可能です。

データSIMはSMSが使えないなどデメリットもあるので、通話やSMS通信も必要な人はmineoやLINEモバイルなどの格安SIMも候補に入れてみると良いでしょう。

【2020年最新】格安SIMの選び方全まとめ。回線やプランや容量はどうやって決めればいい?
通信費を節約したいという人の味方「格安SIM」。 ドコモやauといったキャリアよりも月額料金が安いため、乗り換える人も増えています。 しかしスマホを安く使えるというのは何となくわかるけど、実際選ぶとなるとどうしたらいいのかよく分...

【2020年最新】格安SIMの選び方全まとめ。回線やプランや容量はどうやって決めればいい?

常にWiFi接続ができるようにポケットWiFiを契約する

家族割や光回線のセット割、電気割など、スマホの契約と一緒にすることで受けられる割引も多く、スマホの契約自体を変えるのはなかなか難しい・・・という人には、ポケットWiFiの利用がおすすめです

回線の契約はそのまま通信量の少ないプランに変更しておけば、新たにポケットWiFiを契約しても通信費が以前よりも高くならずに済みます。

それに常にWiFi接続ができるようになるので、ギガが減るのを心配しなくても良いのは、ありがたいですね。

ポケットWiFiは1か月単位から借りられるプランもあります。この機会に利用を検討してみてください。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?

ギガ不足になる前にまずスマホの設定変更、次に契約プランの見直しを

ギガが減ってしまう主な原因は、アプリの自動アップデートや位置情報サービスの使用などスマホの設定や、特にデータ消費が激しいアプリの使い方にあります。

こういった対策を取ってもギガ不足が解消されないときは、契約プランを見直して通信量を増やす必要があるかもしれません。

月額料金が増えるのを避けたい場合は、より多い通信量で料金が安い格安SIMに乗り換えるか、ポケットWiFiを契約することも検討してみましょう。