ギガWi-Fiの口コミや評判は?料金やルーターの比較、メリットやデメリットも解説

LTEポケットWiFi、商品別情報
在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

ギガWi-Fiはデータ通信「無制限」を謳うポケットWiFiのレンタルサービス。

最近は似たようなサービスがかなりたくさん出ており、どれが良いのか正直分かりにくいのが現状です。

そこで今回はギガWi-Fiについて、料金プランや口コミ・評判、他社と比較したメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
  1. ギガWi-Fiは2台のクラウドSIMルーターがあるポケットWiFi
    1. 【料金】U2sは月3,250円、G4Maxは月3,480円
      1. 他のポケットWiFiと比較する月額料金は安いほう
      2. キャンペーンやキャッシュバックによる割引はなし
    2. 【契約期間・違約金】2年自動更新、2年以内の解約で18,000円の契約解除料
    3. 【容量】無制限を謳うが150GBで制限が掛かる人も
    4. 【制限】大容量通信による384Kbpsの速度制限や回線遮断の可能性も
    5. 【端末】クラウドSIM定番のU2sとG4Max、U3も追加
    6. 【回線】ドコモとau、ソフトバンクの3大キャリア回線を使える
    7. 【海外】134の国や地域で利用可。1日500Bまで900円、1日1GBまで1,200円
    8. 【支払い方法】クレジットカードのみ
  2. ギガWi-Fiの契約方法と初期契約解除制度
    1. ギガWi-Fiの契約方法
    2. 契約書面の受領日から8日以内なら初期契約解除制度が使える
  3. ギガWi-Fiの評判や口コミ
    1. サポートや対応の悪さにがっかり、申し込みを諦める人も
    2. 最新情報やお知らせがなく、情報を集めにくいサイト
  4. ギガWi-Fiのメリット
    1. 他社と比較すると月額料金が安く設定されている
    2. 故障や水没だけでなく紛失や盗難でも3,000円で端末を交換してもらえる
  5. ギガWi-Fiのデメリット
    1. 無制限を謳いながら実際は150GBで制限が掛かるとの口コミあり
    2. 端末補償サービス未加入時の再購入は30,000円と高額
    3. 解約に関する情報が少なくサポートも不安
  6. 【結論】ギガWi-Fiは安いが、契約はまだしばらく様子見を

ギガWi-Fiは2台のクラウドSIMルーターがあるポケットWiFi

(引用:ギガWi-Fi公式)

ギガWi-Fiのポイントを簡単にまとめると以下の通りです。

  • 「無制限でギガし放題」と謳うが150GBの制限有
  • 月額3,250円と月額3,480円で使えるプランがある
  • クラウドSIM(3キャリア回線)対応端末レンタル
  • 2年契約で期間内の解約は違約金が掛かる
  • 契約はWEB申込後、確認の電話がある

それでは概要について見ていきましょう。

プラン U2s U3 G4Max
端末
月額料金 3,250円 3,250円 3,480円
事務手数料 3,000円
送料 なし
発送までの
期間
最短即日
返却 あり/返却時送料自己負担
月間
容量制限
無制限
(150GB)
速度制限 上限を超過した場合
384Kbpsに速度制限
契約
期間
2年自動更新
回線 ドコモ/au/Softbank回線
速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
運営会社 株式会社メディアサービス
公式 ギガWi-Fi

ギガWi-Fiの公式サイトはこちら

【料金】U2sは月3,250円、G4Maxは月3,480円

ギガWi-Fiのプランは、U2sプランとG4Maxプランの2つ。

U2sは月額3,250円、G4Maxは月額3,480円です。なお事務手数料はどちらも3,000円となっています。

プラン U2s U3  G4Max
端末
月額料金 3,250円 3,250円 3,480円
事務手数料 3,000円
端末補償
(オプション)
400円/月

端末補償の「Wi-Fi安心」サービスは月400円のオプション。

故障や紛失、水濡れなどのトラブルがあった時に、リファビッシュ品(新品に準じた製品)に2,762円で交換してもらえるので、不安な人は入っておくと良いでしょう。

他のポケットWiFiと比較する月額料金は安いほう

ギガWi-Fiのプランを、他のポケットWiFiと比較しました。

【U2sプラン】

U2s端末を使うプランで比べると安いほうであることが分かります。

ポケモバCloudや、BBN Wi-Fiと同じ価格ですね。

ポケット
WiFi
月額
料金
手数料 契約
期間
公式 詳細
ギガWi-Fi 3,250円 3,000円  2年 公式
ポケモバ
Cloud
3,250円 3,000円 2年 公式 詳細
BBN Wi-Fi 3,250円 3,000円 2年 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,280円 3,000円 2年 公式 詳細
THE WiFi
ライトプラン
 3,480円 0円※ 2年  公式 詳細
Mugen
WiFi
3,280円 3,000円 2年 公式 詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円 3,000円 2年 公式 詳細
【G4Maxプラン】

次に、G4端末を使う他社のプランと比較してみましょう

ポケット
WiFi
月額
料金
手数料 契約
期間
公式 詳細
ギガWi-Fi 3,480円 3,000円 2年 公式
BBN Wi-Fi 3,480円 3,000円 2年 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,880円 3,000円 2年 公式 詳細
Mugen
WiFi
3,880円
(新規受付停止)
3,000円 2年 公式 詳細

こちらもBBN WiFiと同じ月額3,480円で、G4端末の使えるプランの中では最安値です。

料金的には申し分ないように思います。しかし、ギガWi-Fiは無制限に使えるポケットWiFiではありませんし、サポートの評判も悪いことを踏まえると、あまりおすすめはできません

本当におすすめできるポケットWiFiについては総合ランキングの記事で紹介していますので、こちらを参考にしてください。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

キャンペーンやキャッシュバックによる割引はなし

ギガWi-Fiは、料金や初期費用が割引されるようなキャンペーンなどは特に実施していません。

上述の通り他社と比較しても料金的には安いほうなので、これ以上の割引は望めないでしょう。

【契約期間・違約金】2年自動更新、2年以内の解約で18,000円の契約解除料

契約期間は2年の自動更新で、最初の更新月は25ヶ月目です。

25ヶ月目に解約すれば無料ですが、気になるのが解約金の高さ。途中解約した場合、2年以内の解約で18,000円掛かります。

他社だと2年目に違約金が下がったり、一律9,500円だったりするので高いほう。

期間・料金
契約期間 2年自動更新
更新月 25ヶ月目
解約金 ~24カ月目
18,000円
26カ月目
9,500円

3年目以降は9,500円になりますが、できれば更新月のタイミングで解約したいですね。

【容量】無制限を謳うが150GBで制限が掛かる人も

ギガWi-Fiでは「無制限」に通信できることが大々的に謳われていますが、中には「150GBで制限が掛かった」「公式サイトに問い合わせたら150GBと言われた」といった口コミが多数あります。

公式には以下のように、いかにも無制限で使えるかのような記載が。

ギガWi-Fiなら月間制限やヘビーユーザー規制を一切設けておりませんので、動画・ゲームなどのデータを大容量消費するコンテンツも安心してたっぷりとご利用いただけます。

(引用:ギガWi-Fi公式)

今後本サイトでも問い合わせる予定ですが、まるっとWi-Fiのように月300GBと明記するポケットWiFiもあることを考えるとギガWi-Fiの表記は少々不親切ですね。

【制限】大容量通信による384Kbpsの速度制限や回線遮断の可能性も

どのポケットWiFiもそうですが、あまりにもデータ通信量が過多な人には、速度制限が設定されています。公式の記載は以下の通り。

※ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限、もしくは遮断する場合があります。

(引用:ギガWi-Fi公式)

500Kbpsを切ると動画の再生がしづらかったり、SNSの読み込みができなくなったりしてしまうので、短期間での使いすぎには注意してください。

500Kbpsは回線速度として遅い?できることの目安と低速無制限プランSIMの使い道を紹介
一般的にスマホなどで通信する際の速度の目安は10Mbps以上となっています。 では10Mbpsより遅い速度だと通信ができないかと言われると、そういうわけでもありません。 使えないシーンさえ把握していれば、500Kbpsしか速度が...

【端末】クラウドSIM定番のU2sとG4Max、U3も追加

ギガWi-Fiで使われている端末は、クラウドSIM端末では定番のU2sとG4Maxです。

後からU3も追加でラインナップに加わりました。

名称 U2s U3 G4
端末
サイズ
・質量
 127×65.7×14.2mm
151g
記載なし 72.2×136×12mm
188g
速度 下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n 記載なし IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー 3,500mAh
(12時間)
12時間 3,900mAh
(12時間)
モバイルバッテリー機能有
海外利用 可能 可能 可能
翻訳機能22言語対応
同時接続数 5台 10台 5台

U2sとG4のWi-Fi規格や同時接続台数は同じ、海外利用も可能ですが、G4端末は画面があるので何かと使い勝手が良いです。

例えば、G4は画面を見ればすぐに通信量を把握することができますが、画面の無いU2sは、接続しているスマホやパソコンの検索窓(URL欄)に「192.168.43.1」と打ち込んで管理画面を開かないと通信量を確認することができません。

150GBの上限があると言われているギガWi-Fiを利用するなら、通信量(ギガ)はできるだけこまめにチェックしたいもの。

U2s端末のほうが安く使えますが、毎日使うのであればG4Maxプランのほうが良さそうです。

【回線】ドコモとau、ソフトバンクの3大キャリア回線を使える

ポケットWiFiや携帯は、端末内のSIMカードによって回線が決まっていましたが、ギガWi-FiにSIMカードは入っていません。

その代わりに、クラウドSIM技術を使うことによりソフトバンクやドコモ、auのトリプルキャリアネットワークを利用した通信が可能となっています。

おかげで対応エリアが広く、実際に地方などで使用しても問題なく通信することが可能です。

【海外】134の国や地域で利用可。1日500Bまで900円、1日1GBまで1,200円

クラウドSIMを使った端末は、海外でも現地の電波を掴んで通信をすることができます。

わざわざ海外用のレンタルWiFiサービスを利用しなくても良いのは便利ですよね。

ギガWi-Fiの場合は、134の国と地域で、1日500MBもしくは1GBまでの高速通信が可能です。

海外利用料金(1日当たり)
500MBまで 900円
1GBまで 1,200円

なおギガWi-Fiでは、申し込み時に利用時のプランを選ぶ必要があります

海外利用時はGoogleMapやお店、ホテルを調べるのに結構ギガを使ってしまうので、500MBだと案外早く制限が来ることも…。

将来的に海外で使う可能性があるなら、1GBのプランを選んでおくのが無難です。

もちろん、移動日などで使わない時は、電源を切って通信できないようにしておけば余計な料金を請求されることもありませんので、利用の際はお忘れなく。

1GB(1ギガ)って何ができるの?動画やSNS、音楽、ゲームの通信量がどれくらいか目安を調査!
スマホやパソコンを使っていると、いやでも目にするのが1GB(1ギガ)という言葉。 最近では「ギガが足りない~」だとか「ギガプレゼント」なんて使い方も見かけます。 そんな「ギガ」ですが改めて何を表しているか、と聞かれると難しいです...

1GB(1ギガ)って何ができるの?動画やSNS、音楽、ゲームの通信量がどれくらいか目安を調査!

【支払い方法】クレジットカードのみ

支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

デビットカードやプリペイドカードでの支払い、口座振替などは利用できません。

ギガWi-Fiの契約方法と初期契約解除制度

ギガWi-Fiは解約方法について公式サイトで全く触れられていません。

ここでは契約方法と初期契約解除制度についてまとめてあります。

ギガWi-Fiの契約方法

ギガWi-Fiは公式サイトもしくは電話から申し込むことになります。

契約手順は以下の通りです。

  1. (エリア確認)
  2. 公式サイトの申し込みフォームから入力
  3. スタッフから最終確認の電話を受ける
  4. 受付完了メールに記載のURLから決済情報の登録
  5. 身分証等のアップロード

ギガWi-Fiの公式サイトに記載のある「エリア確認」をすると、スタッフから「エリア内なので使えます」といった旨の電話が来ます。

ドコモやau、ソフトバンクのネットワーク回線を使っているので、よっぽどの田舎でなければ接続できずに困ることはありませんが、心配な人はエリア確認を依頼すると良いでしょう。

まあ私なら各キャリアのサイトで確かめてしまいますが。(参考「クラウドSIMのエリア確認をする方法」)

申し込み後に電話でやり取りするなど、端末が手元に届くまでの手続きがちょっと面倒なものの、手順に従っていけば、申し込みから3~4日程度で送られてきます。(送料無料)

契約書面の受領日から8日以内なら初期契約解除制度が使える

契約書面を受領した日から8日以内であれば、初期契約解除制度が使えます。ポケットWiFi版のクーリングオフ制度のようなものです。

この制度を使えば違約金負担なしに契約を解除することができます。

月額料金の日割り分、事務手数料、セットアップ料などは請求されてしまいますが、違約金18,000円を負担しなくても良いのは随分と助かりますね。

初期契約解除制度の申し込み方法や返却方法については、以下の参考URLから確認してください。

(参考:ギガWi-Fi「初期契約解除制度」)

初期契約解除制度について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと
ポケットWifiや固定回線、スマホを契約した後に、「契約を取り消したい」「キャンセルしたい」なんて時に思いつくのがクーリングオフ制度。 ただ、重要事項説明書や契約書にはクーリングオフ制度には触れられておらず、「初期契約解除制度」などの...

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと

ギガWi-Fiの評判や口コミ

ギガWi-Fiの評判や口コミをまとめると、次の通り。

  • 電話が繋がらない
  • クレジットカード登録ができない
  • 対応が悪い
  • 150GBで上限があると言われた
  • 在庫切れ情報が分かりづらい

ここでは 主に、サポート面と在庫情報について確認しておきましょう。

サポートや対応の悪さにがっかり、申し込みを諦める人も

契約が殺到しているのか、受け入れ態勢が整っていないのか分かりませんが、どうやら肝心の電話に繋がらなかったり、支払い登録が完了しなかったりして困っている人が多いようです。

月額料金が他社と比べても安いため申し込みを検討しても、申し込みの段階になって対応に嫌気がさして結局辞めてしまう人も。

申し込み後に何かあっても、サポートに不安や対応に不安のあるポケットWiFiはなかなか申し込む気にはならないかもしれません。

最新情報やお知らせがなく、情報を集めにくいサイト

公式サイトを開くと、すぐにでも端末を契約できてしまう気もしますが、実際4月から5月にかけてはU2sやG4Maxの在庫切れを起こしています。

他社では公式サイトのトップページに「在庫切れ」や「発送遅延」などを分かりやすく表記しているところが多いため、ギガWi-Fiの対応はちょっと不親切に感じてしまいます。

ギガWi-Fiのメリット

ギガWi-Fiのメリットは以下の通りです。

  • 他社と比較して月額料金が安い
  • WiFi安心サービスの補償範囲が広い

一つずつ見ていきます。

他社と比較すると月額料金が安く設定されている

ギガWi-Fiは同じ端末を使っている他のポケットWiFiと比べると、月額料金が安いです。

とにかくポケットWiFiを安く手に入れたい人には向いています。

【U2s端末】

ポケット
WiFi
月額
料金
詳細
ギガWi-Fi 3,250円
ポケモバ
Cloud
3,250円 詳細
BBN Wi-Fi 3,250円 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,280円 詳細
THE WiFi
ライトプラン
 3,480円 詳細

【G4Max端末】

ポケット
WiFi
月額
料金
詳細
ギガWi-Fi 3,480円
BBN Wi-Fi
(G4Max)
3,480円 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,880円 詳細
Mugen
WiFi
3,880円
(新規受付停止)
詳細

しかし一方で、サポートや支払い登録などで不満を感じている人もいるなど、少々不安な点があるのは否めません。

同じ価格設定のあるポケットWiFiで実績のあるところは他にもあるので、U2s端末を使うならポケモバCloudBBN Wi-Fiを、G4端末を使うならBBN Wi-Fiを選んだほうが安心でしょう。

故障や水没だけでなく紛失や盗難でも3,000円で端末を交換してもらえる

ギガWi-Fiの端末補償オプション「Wi-Fi安心サービス」(月400円)は、ポケットWiFiには珍しく盗難や紛失にも対応しています。

故障や水濡れしか補償がきかないところもあるので、利用側としては助かりますね。

(引用:ギガWi-Fi公式)

ただ一方で、基本的にリファビッシュ品(新品に準ずる製品)を2,762円で交換するというのがきまり

故障でも無料で端末交換してもらえないのはちょっと残念です。

ギガWi-Fiのデメリット

ギガWi-Fiのデメリットは以下の通りです。

  • 150GBでギガの上限が来る
  • 端末補償未加入時の再購入は30,000円と高額
  • 解約に関する情報が無くサポートも不安

では一つずつ確認していきましょう。

無制限を謳いながら実際は150GBで制限が掛かるとの口コミあり

前述してきている通り、ギガWi-Fiは「無制限」を謳っていますが、「実際は150GBの上限がある」という口コミがちらほらと出ています。

月に150GBはだいたい1日5GBほど。

まあ正直、毎日映画やアプリのダウンロードをを何本もしたり、高画質動画を朝まで垂れ流しにしたりしない限りそこまで消費することはありません。

ただ無制限に使えることを大々的に謳っておきながら150GBで制限が掛かると、「無制限のはずなのに言ってること違う…」という人が出てきてしまうのは仕方がないような気もします。

今後150GBの表記が付け加えられるのかなど、情報が入り次第更新する予定です。

端末補償サービス未加入時の再購入は30,000円と高額

メリットで挙げた「WiFi安心サービス」に加入しなかった場合、端末を再購入するとなると30,000円も費用が掛かります

U2sの取り扱いがあるポケットWiFiでは、18,000円や20,000円程度。ギガWi-Fiの30,000円は正直高いです。

それに端末はレンタルですから、最終的に返却が必要となることを考えると、補償サービスには加入しておくのが良さそう。

何の故障や破損もなく解約時に返すことができる自信があれば、未加入でもいいかもしれませんが。

解約に関する情報が少なくサポートも不安

これから契約するサービスの解約方法が、サイトを色々と見ても大して書かれていないと、不安になりますよね。

さらに申し込もうとしていた人たちからも「対応がひどい」「電話に繋がらない」といった声があることを考えると、契約はまだ様子見をしたほうが良さそうです。

安心して使えるポケットWiFiは他にもあります。

月額料金だけにとらわれず、契約後のサポートやサービス全体の評価を考えたうえで選ぶようにしてください。

【結論】ギガWi-Fiは安いが、契約はまだしばらく様子見を

ギガWi-Fiの料金プランやメリット・デメリットについて解説してきました。

確かに月額料金は安いポケットWiFiですが、現時点での口コミや評判はあまりよくありませんし、公式サイトに解約方法や通信量上限の目安が記載されていないのも気になります。

月額料金の安いポケットWiFiがあると申し込みたくなりますが、ギガWi-Fiの契約はまだしばらく様子見するのが良いでしょう。