光回線

【光コラボ】hi-hoひかりwith gamesの料金、キャッシュバック、速度、評判まとめ。オンラインゲーム向けの高品質通信で高速・低ラグがうり

スポンサーリンク

株式会社ハイホーがオンラインゲーム向けの光回線サービスとして新たにリリースした、hi-hoひかりwith games

本記事ではこの光回線について、料金や他社と比較した結果について解説しています。

hi-hoひかりwith gamesとは?

光コラボの一つとして以前からサービスが提供されているhi-hoひかりが新たなサービスとして提供を始めたhi-hoひかりwith games

まずはこの光回線がどういったものなのかをざっと紹介します。

オンラインゲーム・配信者向けの高速・低ラグのインターネット

hi-hoひかりwith gamesオンラインゲームや配信者向けに、通常の光回線よりも高速・低ラグ(低ping値)を実現した光回線サービスです。

混雑する時間帯でも高品質な通信を維持することができ、ストレスなく快適にゲームをプレイすることを売りにしています。

料金は通常の光回線サービスに比べると高いですが、通信品質がかなり優れているので人によっては使い勝手の良いサービスであると言えるでしょう。

Ping値とは?回線速度との違いや測定方法、改善方法、WiMAXの実測データ
ネットの速度が遅い気がする…と思ったとき、多くの人が想像するのは1Gbps超え!と宣伝されている「回線速度」でしょう。 しかし、通信の速度を示すのに重要な要素は回線速度以外にもあります。 それが「Ping(ピン)値」。 実...

回線セットだけでなく、プロバイダのみでも利用可能

hi-hoひかりwith gamesはプロバイダと光回線のセットだけではなく、プロバイダのみで利用することも可能です。

またそれぞれゲーミング専用のハイスペックなゲーミング専用高速ルーターがセットになったプランもあります。

契約パターンは以下の通り。

  • プロバイダ+回線
  • プロバイダ+回線+ルーター
  • プロバイダのみ
  • プロバイダ+ルーター

回線とセットになったプランはそれだけでインターネット通信を利用することができますが、プロバイダのみの場合は別でフレッツ光の契約が必要となります。

回線は光コラボ(hi-hoひかり)もしくはフレッツ光

hi-hoひかりwith gamesの回線セットで利用できる光回線はフレッツ光回線を利用した光コラボレーションであるhi-hoひかりです。

  • フレッツ光・・・NTTが提供する光回線サービス
  • 光コラボレーション・・・NTTの光回線をレンタルして別事業者が提供する光回線サービス(ドコモ光、hi-hoひかり等)

また、現在フレッツ光を利用している人がプロバイダのみをhi-hoひかりwith gamesで契約して利用することもできます。

hi-hoひかりwith games(公式)

hi-hoひかりwith gamesの基本情報

ではここからは、hi-hoひかりwith gamesについて料金等の詳細情報を解説していきます。

サービス名
hi-hoひかりwith games
戸建て マンション
回線セット 月6,160円 月4,840円
回線セット

ルーター
月7,260円 月5,940円
プロバイダのみ 月2,640円
プロバイダ

ルーター
月3,740円
工事費 新規:19,800円
無派遣:2,200円
新規:16,500円
無派遣:2,200円
事務手数料 3,300円
違約金 回線セット:6,600円
プロバイダ:2,400円
回線セット:5,400円
プロバイダ:2,400円
IPv6対応
エリア 全国

月額料金・初期費用

hi-hoひかりwith gamesには光回線とプロバイダがセットになった「回線セット」とプロバイダのみの「プロバイダのみ」のプランがあります。それぞれ料金を紹介します。

回線セット

サービス名
hi-hoひかりwith games
戸建て マンション
回線セット 月6,160円 月4,840円
回線セット

ルーター
月7,260円 月5,940円
事務手数料 3,300円

光回線とプロバイダがセットになったら回線セットの料金は戸建てで6,160円、マンションで4,840円となっています。

またhi-hoひかりwith gamesはその高速通信に対応したハイスペックなルーターが必要となりますが、をのルーターをレンタルできるプランは月額料金に+1,100円上乗せされます。

もちろん自分でルーターを持っている人はレンタル不要です。

なおルーターはあくまでレンタルとなっており、解約後には返却が必要です。返却しない場合は遺失K金として27,500円が請求されるので注意しましょう。

また初期費用では事務手数料として3,300円かかります。

プロバイダのみ

サービス名
hi-hoひかりwith games
戸建て マンション
プロバイダのみ 月2,640円
プロバイダ

ルーター
月3,740円
事務手数料 3,300円

hi-hoひかりwith gameはプロバイダのみで契約することも可能で、その場合は戸建て・マンション問わず月2,640円となります。

またこちらのプランでもルーターをレンタルすることが可能(+1,100円)です。

なおプロバイダのみの場合はフレッツ光を別途契約する必要があります。フレッツ光の料金は戸建て(ギガラインタイプ)で5,940円、マンション(ギガラインタイプ)で3,355円。この料金に上記のプロバイダ料金が加算される為、トータルは回線セットよりもかなり高くなるので注意しましょう。

キャッシュバックはなし

光回線サービスの多くでは高額なキャッシュバック(3〜6万円)を売りに顧客を集めていますが、hi-hi-hoひかりwith gamesにキャッシュバックはありません。

後ほど他社との月額料金の比較も掲載しますが、hi-hoひかりwith gamesはかなり割高で、キャッシュバックも0円なのでコスパとしては良くありません。

高い代わりに優れた通信品質のインターネットを利用できる光回線サービスとなっています。

工事費用、割引等ななし(分割払い可)

戸建て マンション
屋内配線新設
(派遣あり)
19,800円 16,500円
屋内配線なし
(派遣あり)
8,360円 8,360円
無派遣工事 2,200円 2,200円
土日祝追加料金 上記に+3,300円
夜間
(17〜22時)
工事費の合計から1,100円(税込)を差し引いて、
1.3倍した金額に1,100円(税込)を加算した金額
深夜
(22〜8時30分)
工事費の合計から1,100円(税込)を差し引いて、
1.6倍した金額に1,100円(税込)を加算した金額

光回線自体を新設する場合は戸建てタイプで19,800円、マンションタイプで16,500円かかります。

この金額は一括で支払う必要はなく30回の分割払いも可能となっており、分割払いを選択した場合は戸建てで毎月660円、マンションで毎月550円、30ヶ月間月額料金に上乗せされて請求されます。

ただし、過去にフレッツ光や光コラボを利用していて回線自体がひかれている場合や、マンション自体に設備が整っている場合は新設工事が不要でNTT側の設定だけで済む無派遣工事となる場合もあります。

なお、土日・夜間・深夜はそれぞれ追加料金がかかるので注意しましょう。

光回線の工事費用はどこでもかかりますが、特典として実質無料としているところが多いです。ただhi-hoひかりwith gamesはそういった割引がなく、全額負担となります

対応エリア

hi-hoひかりwith gamesはフレッツ光と同じ回線を利用している為、エリアも同じくフレッツ光と同じで全国に対応しています。

ただしマンションの場合はそのマンションがフレッツ光に対応していることが条件となっており、たとえばauひかりにしか対応していないマンションの場合は利用することができません。

通信速度:最大1Gbps

最大通信速度(理論上の数値)

  • 下り(データ受信):1Gbps
  • 上り(データ送信):1Gbps

最大通信速度はフレッツ光に順じ、下り・上りともに1Gbpsです。

ただしこの数値はあくまで理論上の最大値であり、この速度がでるわけではありません。

ただhi-hoひかりwith gamesはこの最大通信速度に対する実速度が他の光回線より速く、さらにping値(送受信にかかる時間、タイムラグ)が低いとしています。

ちなみにhi-hoひかりなど光コラボの通常プランだと下りが150〜300Mbps、ping値が20から50ms程度ですが、hi-hoひかりwith gamesは回線が混雑する時間帯(夜間など)でも下り700Mbps以上、ping10秒以下となるとされています(公表値)。

キャンペーンなど

hi-hoひかりwith gamesでは現在以下のキャンペーンが行われています。

お試しキャンペーン(15日間以内)

  • 期間:利用開始から15日間
  • 内容:解約しても月額料金・事務手数料・違約金なし

hi-hoひかりwith gamesでは利用開始から15日間であれば月額料金や事務手数料、違約金がかからずに解約することが可能となっています。

実際に使ってみたが期待ほどの速度がでなかったといった場合に使えるので、お試しとして使いやすいキャンペーンではあるでしょう。

ただ無料となるものの中に工事費が含まれていません。

無派遣工事で2,200円ならまだ良いですが、新設工事だと戸建てで19,800円、戸建てで16,500円はかかってしまう点に注意が必要です。

スタートキャンペーン(初月無料)

  • 期間:初月(お試しキャンペーン含む)
  • 内容:月額料金が31日間無料

hi-hoひかりwith gamesは初月を無料で使うことができます。

キャッシュバックがない代わりに、戸建てなら6〜7,000円、マンションなら5〜6,000円お得になるという形です。

通信端末修理費用保険(ルーターパックのみ)

ルーターレンタルがセットになったプランを選択した場合、通信端末等の修理費用を補填してくれる保険に無料で利用できます。

  • 内容:通信機器等の修理費用・購入費用(修理不能な場合)を補填
  • 補填金額(修理可能な場合):最大50,000円
  • 補填金額(修理不可能な場合):再購入金額の50%、最大25,000円
  • 対象機器:スマホ、タブレット、スマートウォッチ、パソコン、ルーター、モバイルゲーム機、モバイル音楽プレーヤー
  • 条件:端末購入から5年以内の機器、保険金支給は1年に2回、同端末は1年に1回

ルーターパックで提供される「Archer GX90」

ルーターパックを選択した場合にレンタルできるルーターは「Archer GX90」、TP-Linkのハイスペックルーターです。

hi-hoひかりwith gamesのスペックを生かして通信を行うにはホームゲートウェイ、またはMAP-E(V6プラス)に対応したブロードバンドルーターが必要です。

もし持っていない、最初の出費を抑えたいという人はルーターパックセットを選ぶのも良いでしょう。

ちなみにArcher GX90は24,000円程度。2年間使うなら買っておいた方がコスパとしては良いです。

hi-hoひかりwith games(公式)

hi-hoひかりwith gamesの回線について

hi-hoひかりwith gamesは優れた通信品質が売りとなっているわけですが、具体的にどのような回線が使えるのでしょうか。

この項目では回線について詳しく解説していきます。

専用帯域で高速・低pingを実現

with games

hi-hoひかりwith gamesの回線自体は光回線と違いはありません。

ただ一般ユーザー向けの帯域とは別に、with gamesユーザー専用の帯域を確保することで回線が混雑する時間帯でも混雑を防ぎ、高速・低ping値を実現しています。

IPv6_IPoE接続が標準装備

PPPoE方式とIPoE方式

従来のIPv4 PPPoE接続に比べて回線の混雑に強く、極端な速度低下が起こりにくくなったPv6 IPoE接続ですが、hi-hoひかりwith gameはもちろん標準で対応しています。

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?
固定回線の契約や更新の際、「IPv6オプションあり」「v6プラス対応」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 ただそれが何か説明してと言われても、「何か固定回線の速度が速くなるらしい…」くらいで、そもそもIPv6が何かということや...

公表されている回線速度、ping値

  下り速度 上り速度 ping値
20:00 755Mbps 371Mbps 5.5
21:00 748Mbps 693Mbps 5.5
22:00 800Mbps 736Mbps 9.3
23:00 749Mbps 727Mbps 8.6
24:00 790Mbps 724Mbps 6.2
25:00 798Mbps 720Mbps 7.5
一般的な
光回線
150〜300
Mbps
100〜200
Mbps
20〜50

上記はhi-hoひかりwith game内で公表されている回線速度の実測値です。

回線速度、ping値ともにかなり優秀な数値となっており、もし本当にこの数値がでるのであればオンラインゲームもかなり快適にできるでしょう。

ただし当然この速度がでる確約はなく、以下の記述もあります。

※上記はあくまで参考結果であり、サービスとして保証するものではございませんので予めご了承ください。

ちなみにping値の目安は以下の通りです。

Ping値 速さ 状況
0~20 とても速い とても優秀
21~40 速い 一般的な使用、ゲームにおいてそれほど遅延は感じない
41~60 ふつう 一般的な使用であれば遅延を感じないが、
ゲームなどでは速い人に比べると若干遅延を感じることがある
61~100 遅め 一般的な使用であれば遅延を感じないが、
ゲームなどでは感じることがある
101~150 遅い ゲームのプレイに支障が出ることがある
151~ とても遅い 改善した方が良い
Ping値とは?回線速度との違いや測定方法、改善方法、WiMAXの実測データ
ネットの速度が遅い気がする…と思ったとき、多くの人が想像するのは1Gbps超え!と宣伝されている「回線速度」でしょう。 しかし、通信の速度を示すのに重要な要素は回線速度以外にもあります。 それが「Ping(ピン)値」。 実...

hi-hoひかりwith gamesを利用する上での注意点

高品質な通信をうたうhi-hoひかりwith gamesですが、もし利用する場合でも以下の点にはっ注意しなければなりません。

マンションの場合は配線方式によって意味がなくなる

マンションで利用する場合、そのマンション内での配線方式によって最大通信速度は異なります。

  • 光配線方式(共用部からも光ケーブルを配線し接続):最大1Gbps
  • VDSL方式(共用部からは既設の電話線で接続):最大100Mbps
  • LAN方式(共用部からはLANケーブルで接続):最大100Mbps

FTTH方式

光配線方式であればマンションであっても高速通信が可能です。

しかりVDSL方式もしくはLAN方式の場合は共用部までは光回線の高速通信が可能ですが、共用部から各戸までは電話線もしくはLANケーブルとなっているので速度がでません。

その為、VDSLやLAN方式のマンションに住んでいる場合はhi-hoひかりwith gamesのメリットを活かすことができずただ高いだけの光回線になってしまうので注意しましょう。

なおマンションの配線方式は各個人で変更することは基本的に不可能です。もしそこに不満があるなら引っ越しを検討しましょう。

お試しキャンペーン以内に解約しても工事費用はかかる

hi-hoひかりwith gamesでは最初の15日間がお試し期間となっていて、月額料金・事務手数料・違約金なしで解約することができるようになっています。

しかし工事費用だけは無料とならず、この期間で解約してもかかってしまいます。

一応新設工事が完了しているので、次光コラボに乗り換える場合は工事費がかからないので全く無駄になるわけではありませんが、他社だと工事費が無料という特典もあるのでやっぱりもったいないことには変わりないです。

速度等に関する口コミ・評判なし、実力は未知数

先程紹介した通信速度やping値はあくまでhi-hoひかりwith gamesが公表している数値であり、「サービスとして保証するものではございません」という注記もあります。

そして実際は様々な環境に左右されてそこまでの速度がでないケースも予想されます。

では一般ユーザーが計測値はどれくらいなの?と気になるところですが、hi-hoひかりwith gamesというサービスがまだ始まったばかりということもあり、口コミや評判がないのが実情

他の光コラボに比べると速いのは速いのでしょうが、本当の実力は未知数です。

hi-hoひかりwith games(公式)

hi-hoひかりwith gamesを他社の光回線と比較

hi-hoひかりwith gameは通信品質が優れている反面、料金はかなり高くなっています。一般的な光回線と比較してみましょう(プロバイダと回線のセットで比較)。

【2022年版徹底比較】光回線のおすすめは?料金・キャッシュバック・セット割からわかるおすすめランキングや初心者でもわかる失敗しない選び方をまとめて紹介
光回線サービスは現在、非常に多くの種類があります。その為、なかなか自分で最適なものを選ぶのは困難です。 ただ面倒だからと適当なものを選ぶのNG。光回線サービスは月額料金やキャッシュバック、工事費、割引内容などが大きく異なり、間違った光...

戸建タイプの場合

(横にスクロールできます)

hi-hoひかり
with games
ドコモ光 auひかり ソフトバンク光 NURO光 ビッグローブ光
回線種類 光コラボ 光コラボ 独自 光コラボ 独自 光コラボ
料金
6,160円 5,720円 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
5,720円 5,200円 5,478円
セット割
対応スマホ

なし ドコモ
(最大1,100円引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
ソフトバンク
(最大1,100円引)
Y!mobile
(1,188円割引)
ソフトバンク
(最大1,100円引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
BIGLOBEモバイル
(330円割引)
工事費用
(新規工事)
19,800円 19,800円 41,250円 26,400円 43,000円 19,800円
工事費用
負担額

なし 無料 実質無料
(35ヶ月間割引)
実質無料
(24ヶ月間割引)
実質無料
(36ヶ月間割引)
割引なし
(36ヶ月分割払い)
最大
キャッシュバック

初月無料 35,000円

dポイント
2,000pt
66,000円 37,000円 45,000円
(戸建)
62,000円
対応
エリア

全国 全国 全国
(東海・関西
・沖縄を除く)
全国 一部地域のみ 全国

hi-hoひかりwith gamesの料金はかなり高額です。

月額料金だけみても他社から400円から900円程度違いますし、他社ではキャッシュバックや工事費無料といった特典があるのに対してhi-hoひかりwith gameの特典は初月無料程度です。

以下は2年間の総額料金(月額料金×24ヶ月+工事費用ーキャッシュバック)を他社と比較した結果になります。

hi-hoひかり
with games

(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
2年総額 161,480円 79,800円 89,272円

2年間に支払う金額で考えるとおよそ倍となります。

ですので、hi-hoひかりwith gamesはあくまでオンラインゲーム等で優れた通信品質を求めているユーザーに限られたサービス。そこまで速度は必要ないという人は他社を選ぶことをおすすめします。

マンションタイプの場合

(横にスクロールできます)

hi-hoひかり
with games
ドコモ光 auひかり ソフトバンク光 NURO光 ビッグローブ光
回線種類 光コラボ 光コラボ 独自 光コラボ 独自 光コラボ
料金
4,840円 4,400円 4,180円 4,180円 2,750円 4,378円
セット割
対応スマホ

なし ドコモ
(最大1,100円引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
ソフトバンク
(最大1,100円引)
Y!mobile
(1,188円割引)
ソフトバンク
(最大1,100円引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
BIGLOBEモバイル
(330円割引)
工事費用
(新規工事)
16,500円 16,500円 33,000円 26,400円 43,000円 16,500円
工事費用
負担額

なし 無料 実質無料
(23ヶ月間割引)
実質無料
(24ヶ月間割引)
実質無料
(36ヶ月間割引)
割引なし
(36ヶ月分割払い)
最大
キャッシュバック

初月無料 35,000円

dポイント
2,000pt
66,000円 37,000円 25,000円
(マンション)
62,000円
対応
エリア

全国 全国 全国
(東海・関西
・沖縄を除く)
全国 一部地域のみ 全国

マンションタイプについても戸建同様、月額料金は他社より高く、キャッシュバックや工事費無料といった特典がないので総額料金も高くなっています。

hi-hoひかり
with games

(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
2年総額 127,820円 34,320円 59,572円

他社には高額なキャッシュバックがあるので、料金差はかなり大きくなっています。

もちろんhi-hoひかりwith gamesは高い代わり通信品質が優れているというメリットがありますから、自分が何に使いたいかをよく考える必要がありますね。

なおマンションタイプの場合は住んでいるマンションの配線方式が光配線方式である必要があります。VDSL方式やLAN方式だと最大100Mbpsしかでないので注意しましょう。

hi-hoひかりwith gamesの口コミ・評判

hi-hoひかりwith gamesはまだ新しく始まったサービスの為、SNS等で調べても口コミはでてきませんでした。

ただ気になっている人はそれなりに多いもようです。

hi-hoひかりwith gamesって実際どうなんだろう

hi-hoひかりwith games検討してたけど新しすぎて未知数の為一旦やめることに

光回線が遅くて不満を持っている人は多いですからね。

今後徐々に口コミ等もでてくると思いますので、随時追加していきます。

hi-hoひかりwith gamesのメリット・デメリット

ではここからはこれまでの話を踏まえ、メリットとデメリットを整理していきます。

hi-hoひかりwith gamesのメリット

  • 高速・低ラグの通信を期待できる
  • 全国対応のフレッツ光回線
  • ルーターレンタルが可能

hi-hoひかりwith gamesの最大のメリットはやはり優れた通信品質

これまでも「速い」をうたった光回線はありましたが、速くてもping値が悪かったり、回線混雑時は遅くなったりと不都合もありました。

しかしhi-hoひかりwith gamesはオンラインゲームに特化しており単に速いだけではなく、ラグも抑えてくれています。

また高いスペックでの通信を行うにはそれ相応のルーターが必要となりますが、それをレンタルできるプランがあるというのも一つのメリット。高額なルーターによる初期費用をおさえることができます。

hi-hoひかりwith gamesのデメリット

  • コスパが悪い
  • 実力が未知数

hi-hoひかりwith gamesでネックなのがコスパの悪さ。月額料金だけでなくキャッシュバックや工事費といった総合的なコスパを考えると他社より2年間で倍以上払うことになる為、本当にこのスペックがいるかはよく考えなければなりません。

また実力が未知数であることも難点の一つ。まだ新しいサービスであるが故に仕方ありませんが。

ただすでにフレッツ光もしくは光コラボを利用している人であれば工事費用の2,200円のみ(月額料金・事務手数料・違約金は15日以内ならキャンペーンで無料)で使ってみることができるので、試す価値はあるかもしれません。

hi-hoひかりwith gamesまとめ

hi-hoひかりwith gameの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 高速・低ラグのオンラインゲーム向け光回線サービス
  • 月額料金が高い・キャッシュバックがないなどコスパ面は悪い
  • 15日以内に解約すれば月額料金・事務手数料・違約金がかからない

料金が高い代わりに通信品質がすぐれているhi-hoひかりwith game。現在の光回線で遅い、ラグがひどいといった悩みを持っている人はお試しキャンペーンを活用して試しに使ってみてください。

hi-hoひかりwith games(公式)

【2022年版徹底比較】光回線のおすすめは?料金・キャッシュバック・セット割からわかるおすすめランキングや初心者でもわかる失敗しない選び方をまとめて紹介
光回線サービスは現在、非常に多くの種類があります。その為、なかなか自分で最適なものを選ぶのは困難です。 ただ面倒だからと適当なものを選ぶのNG。光回線サービスは月額料金やキャッシュバック、工事費、割引内容などが大きく異なり、間違った光...
タイトルとURLをコピーしました