光電話とは?メリットやデメリットを解説。通話料やFAX、ルーターレンタル料金もあわせて紹介

光回線・固定回線
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,246円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,246円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

光回線を申し込む時、「同時に入っておけばお得だよ」と言われるのが光電話。

工事費の割引を受けられるなどの特典のために、言われるがままに入ったという人も多いと思います。

本記事では、光電話とはそもそも何かや、メリット・デメリットについて解説していきます。

何となく入ったけれどよく分からないという人や、これから光回線を契約する時に光電話のオプションを付けるかで悩んでいる人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

光電話とは?

光電話は、これまでの固定電話とは何が違うのでしょうか。

光電話とは光回線を使って音声通話をする方法

フレッツ光の公式サイトでは、光電話とは「インターネットと合わせて利用できる、光ファイバーを使った電話サービスです」と説明されています。

(参考:フレッツ光東日本「ひかり電話とは?」)

以前まで主流だったのが、電話ケーブルを電話機に繋げて使うアナログ回線と呼ばれるタイプ。

ただ、アナログ回線の場合は、ケーブルを使った音声信号を送るため、遠い地域の人と電話するには雑音がひどくなるなどの問題がありました。

そんななか、光ファイバーを使った通信が家庭に普及するなかで同時に広がっていったのが、光電話です。

光電話は、音声信号をデジタル信号に変換して光の速度で通信をするため、やり取りに生じるラグや雑音を減らした電話が可能になりました。

ちなみに、最近よく聞くIP電話は光電話とは異なるサービスです。

IP電話はフリーダイヤルや110番などの番号に掛けることができませんが、光電話であれば可能となっています。

光電話の基本料金はネット契約+500円のところが多い

光電話サービスは、基本的には電話だけの単体での利用ができません

光電話はあくまでもオプションという立ち位置であって、光回線の契約が前提です。
(※特定の条件下において電話だけ利用することも可)

すなわち、光電話を使いたい時は、光回線の契約をする必要があります

光回線を契約した後に電話を契約しても良いですが、そうすると別途手数料や工事費などが掛かるため、光電話の契約は光回線と同時が望ましいです。

光回線の契約の際に販売員が光電話を勧めてくるのは、売り上げ成績が関係しているかもしれませんが、半分くらいは費用負担を考えた優しさかもしれません。

光電話の基本料金自体は、ネットの契約に月額料金に500円プラスするくらいで使えるので、月々の料金としてはそこまで負担ではないでしょう。

事業者によっては、同時申込みで光電話の料金が無料になったり、工事費が実質無料になったりする特典を設けているところもあるので、初期費用や割引の程度についてはよく確認しておきたいですね。

(※auひかり公式HP「auひかり電話」)

光電話を解約してネット契約だけを続けることもできる

光電話をネットと同時に契約したけれど、ほとんど使わないし携帯で十分かも。
電話の契約をやめたら、ネットも解約になっちゃうのかな。

大丈夫。あくまでも電話はオプションだから、ネット契約だけ続けることは可能だよ。

光電話を解約してネットだけの契約を続けることは、問題なくできます。

固定電話に近いサービスを使いたいという人は、プロバイダが提供するIP電話に乗り換えるのも良いでしょう。

ただ、ネットと電話を同時に申し込むことを条件に工事費割引などを受けていた場合は、オプションを解約することで特典が終了してしまう可能性があります。

60回払いは5年ですから、解約する時期によっては割引が無くなって月額料金が跳ね上がることも。

乗り換えや新規申込みで、光電話の同時加入を条件とした高額なキャッシュバック特典を受けていた場合は、キャッシュバックの全額返金を請求される可能性が高いです。

光電話の解約は、慎重に考える必要がありますね。

auひかりの解約方法と注意点まとめ、タイミング次第で解約金と解約撤去費用がかなり高くなるかも。
auひかりを解約する時に気になるのが解約違約金。 ただ、解約にはその他に解約撤去費用も必要なことをご存知でしょうか。 本記事では、auひかりを解約する時に必要な手続きや掛かる費用について解説していきます。 auひかりを解約する...

auひかりの解約方法と注意点まとめ、タイミング次第で解約金と解約撤去費用がかなり高くなるかも。

光電話でもFAXは使える

仕事のやり取りや事務処理で、FAXを使っているという人は、アナログ回線以外でFAXを使えるのか不安に思うでしょう。

IP電話では使えませんが、光電話なら大丈夫です。

FAXが来たことをメールで教えてくれる有料サービス(NTTは100円/月※)を提供しているところもあるので、FAXを良く利用する人は付加サービスも一緒に確認しておくと安心ですね。

(※参考:FAXお知らせサービス)

光電話のメリット

では、光電話のメリットを確認していきましょう。

基本料金や通話料金がアナログ固定電話よりも安い

固定電話を普段あまり使わないとしても、学校への連絡先の届け出などで固定電話の番号が必要になることもありますよね。

固定電話を設置すると考えると、気になるのが料金。

光電話とアナログ固定電話で料金を比較すると、基本料金や通話料金は光電話の方が安いです。

【[区分先]へ固定電話から3分電話した時の料金】

区分 光電話 アナログ
基本料金 約500円 1,600円
国内固定電話 8円/3分 市内 8.5円
同県市外 20円
県外 40円
携帯電話 約45円~51円/3分 70円

特に、アナログ回線は電話先の場所が遠方になるほど価格が高くなっていましたが、光電話なら固定電話への通話が一律3分8円になります。

光電話は基本料金だけで3分の1となり、年間に換算すると光電話は6,000円、アナログは19,200円。

光電話なら、基本料金の負担は約6,000円/年で済みます。

音質が良い

無線の電波を使って通信する携帯電話と異なり、光回線は光ファイバーの有線ケーブルを使って通信をするため、音質が良く途切れにくいという特徴があります。

専用の電話線を使うアナログ回線と変わらない音質で使えるので、以前から固定電話を使っている人も安心して使えますね。

フリーダイヤルや緊急機関への発信が可能

050で始まるIP電話では、一般的には0120や0800などの番号に掛けられないことが多く、ほとんどの場合は有料のダイヤルに掛けるしかありません。

さらに、110番や119番などの緊急通報も、位置情報を提供しないIP電話では掛けられないため、IP電話はいざという時に使えないというデメリットがあります。

一方、固定電話からはフリーダイヤルや緊急機関への発信が可能です。

家電の故障やサービスの問い合わせでカスタマーセンターに電話を掛けることが多い人や、何かあった時の通報がすぐに繋がってほしい人は、IP電話よりも光電話を選ぶと良いでしょう。

電話番号を変えずに光電話にすることができる

自宅の固定電話の番号を変えると、各方面に変更の手続きや連絡が必要になったりして面倒ですよね。

アナログ回線から光電話に替えることになっても、以前の電話番号をそのまま引き継いで使うことができる(=番号ポータビリティ)ため、そのような煩わしさがありません。

引越しなどで設置場所を変更する際は、エリアによっては同じ番号を使えることもあるので、一度確認してみるよいでしょう。

ちなみに、NTTからauひかりの電話サービスに番号ポータビリティを使って切り替える時は、NTTの番号を利用休止にするなどの手続きが必要となります。

1,000円から2,000円の工事費が別途発生しますので、注意してください。

(参考:NTT東日本「フレッツ光」)

オプションの種類が豊富で、セットで申し込めば通常よりもお得に使える

(引用:フレッツ光東日本公式HPauひかり公式HP)

フレッツ光やauひかりなどの光電話サービスには、複数の付加サービスに入ることでオプション料金がお得になるパックが用意がされていることが多いです。

掛けてきた相手の番号を表示したり、迷惑電話が掛かってこないようにしたりするオプションは付けておきたいですよね。

基本料金から価格が少し上がってしまうものの、パックに入ればかなりお得に使うことができるので、必要であれば入っておいて損はありません。

光電話のデメリット

では、光電話のデメリットを確認していきましょう。

光回線のインターネット契約をすることが大前提

光電話を使うためには、光回線のネット契約をしなければ使うことができません。

工事は、申込みから開通まで1~2ヶ月掛かることが一般的。

賃貸では大家さんの了承を得なければいけなかったり、持ち家に穴を空けることになったりと、光回線工事には時間や労力、勇気が必要となります。

光回線の工事がそもそも難しいと、光電話は使えませんね。

ルーターのレンタルに料金が掛かることがある

ホームタイプで光回線を引く際は、無線LANが内臓されたホームゲートウェイ(HGW)やONUなどの機器の設置が必要になることが多いです。

その際、通信の基本料金とは別に、機器レンタル料が発生します。

機器レンタルの月額料金は以下の通りです。

機器レンタル
フレッツ光
(HGW+
無線LAN
ルーター)

無料
100円
250円~750円
auひかり 無料/500円(HGW)
NURO光 無料(TA)
ドコモ光 月額料金込(HGW)
ソフトバンク光 0円/437円(BBユニット)

※NURO光はONUも無料レンタル。TAはテレフォニーアダプタの略

なお、光電話を申し込むのであればHGWは必須です。

ただ、、HGWは無線LANルーターと違って手軽に入手できるものではないため、ネットにかなり詳しい人や容易に入手できる人以外は、HGWをレンタルして光電話を利用しましょう。

光回線に加えて光電話の契約もしくはスマホとのセット割を申し込むことで機器レンタルが無料になることもあるので、申込み時にはよく確認しておきたいところです。

auひかりなら、auスマートバリューの加入で無線LAN内臓HGWのレンタルが無料になりますよ。

(参考:フレッツ光公式HP「HGWについて」)、auひかり公式HP)

【図解】回線終端装置(onu)とは?ルータやモデムとは違うの?初心者でも分かるONU設定方法やネット接続方法
固定回線の分野が何だか難しく感じられるのは、固定回線にまつわる用語は普段聞きなれない特徴的なものが多いからでしょう。 回線終端装置やルータ、HGWなど一見難しそうな言葉でも、意味と役割をセットで理解してしまえば一気に身近なものとなるは...

【図解】回線終端装置(onu)とは?ルータやモデムとは違うの?初心者でも分かるONU設定方法やネット接続方法

停電時は使えない

インターネット回線を使うには電力が必要となるため、停電時にはネットが使えなくなります

つまり、光回線を使って通信する光電話も同時に使えなくなってしまうというわけです。

対して、アナログ回線が繋がった昔ながらの黒電話(ダイヤル式)ならば、停電時でも繋がります。

ただ、メタルケーブルを使ったアナログ回線は2024年には廃止が決定しているため、今後は停電時でも使える電話自体が無くなっていくでしょう。

ADSLの終了!廃止時期や乗り換え先案。代わりの回線は光回線、それともWiMAX?
昨今は光回線が主流となりましたが、2000年代前半は電話回線を使ってインターネットに接続する通信サービスである「ADSL」がもてはやされていました。 実は、そのADSLが廃止されることが発表されています。 本記事では、ADSL廃...

ADSLの終了!廃止時期や乗り換え先案。代わりの回線は光回線、それともWiMAX?

接続できない電話番号がある

アナログ回線で使えた「114」(お話し中調べ)やコレクトコール(106)といった番号や、電気通信事業者を指定した「00XY」といった番号には、光電話からは掛けられません

しかし、以前からこういった番号にあまり掛けることがないのであれば、光電話に替えたからと言ってそこまで問題は生じないでしょう。

フリーダイヤルや緊急連絡などに掛けられるだけ、IP電話よりは使い勝手が良いと言えます。

(参考:NTT東日本公式HP「接続できない番号について」)

光電話サービスの契約方法

光電話サービスと言えば、どこのサービスを想像するでしょうか。

アナログ回線といえばNTTでしたが、今や光回線事業のある企業はかなり多いです。

今回はそれらの中から代表的なものを選び、光電話サービスの契約方法について紹介していきます。

NTT東日本/西日本 ひかり電話

NTTフレッツ光の契約の方法は以下の通りです。

初期費用 3,000円(電話のみ)
基本料金 500円
機器レンタル 400円~750円
新規契約口 公式サイト
光加入済

フレッツ光の「ひかり電話」に新規申込みの場合

1)申込み

まず、右上の「お申込み」ボタンを選択してください。

 

2)「新規申込み」を進む

新規申込みの場合は上のボタンを選択します。

 

3)提供エリアの確認

自宅の住所がフレッツに対応しているかを確認し、エリア内だった場合はそのまま料金確認へと進みます。

 

4)料金の選択と確認

自分でどのプランにするか悩まなくても自動的にプランが表示され、光回線の料金の確認は終了。

「ひかり電話」の申込みまで、あともう少しです。

 

5)利用用途やプロバイダを選択

利用用途、割引、プロバイダなどの選択に移ります。

プロバイダ料金は値段だけでなく、解約の手続きやマイページの利用のしやすさなども加味して選びましょう。

 

6)光電話サービスの選択

光回線から新規で申し込む場合、ここでようやく光電話のプランなど選択することができます。

 

7)月額料金や支払いイメージの確認

ページ下部には常に利用料金の記載があり、月ごとの支払いイメージを見ることも可能です。

選択したプランや内容が良ければ、そのまま個人情報の入力へと進みましょう。

必要情報を入力し、申込みが完了するとNTTから工事や内容について確認の電話が掛かってきます。

(引用:参考/NTT東日本「フレッツ光ひかり電話サービス」)

フレッツ光回線に加入中で「ひかり電話」に追加申し込みをする場合

すでにフレッツ光に加入していた場合は、お申し込み画面で下のボタンを選択し、追加申込みに進みます。

エリア確認後、お客さまIDなどを入力して手続きを進めれば、あとは工事をするだけ。

場合によっては、申込み者本人が設置し、使い始めることも可能です。

(引用:参考/NTT東日本「フレッツ光ひかり電話サービス」)

フレッツ光が遅いと感じる理由は?知っておきたい対策や改善方法。
うちでは昔からフレッツ光を使っているんだけれど、最近遅く感じるのよね。 ドコモ光やSoftbank光って、携帯電話会社の名前が付いた固定回線もあるみたいだし、何がいいのやらよく分...

フレッツ光が遅いと感じる理由は?知っておきたい対策や改善方法。

auひかり電話はauスマートバリュー利用でHGWレンタル料無料

auひかりの電話サービスの申込みは、電話や「My au」から可能です。

新規の場合は、auひかりの利用ができるかを契約手続き途中のエリア検索で調べてみてください。

 基本料金 500円 
HGWレンタル
無料/500円
特典 auスマートバリュー適用で
HGWレンタル料無料
スマホ・携帯代毎月最大1,000円割引
新規申込先 KDDIブロードバンド
キャンペーンセンター
電話 0120-92-5000
時間 9:00~21:00

すでにauひかりに加入しているのであれば、My auから追加申込となります。

auは戸建ての場合でも住む地域によって契約ができないところもあるため、フレッツ光や光コラボ、NURO光など他の選択肢も考えてみましょう。

(参考:auひかり「auひかり電話」)

auスマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?
自宅にauひかりを引く時や、WiMAXを契約する時に聞くのが「auスマートバリュー」や「auスマートバリューmine」という言葉。 両方とも一定の条件下で適用できる割引制度ですが、それぞれどのような場合に適用されるのか、何が違うのか分...

auスマートバリュー、スマートバリューmineの申し込み方法や注意点まとめ。いくらお得に使えるの?

NURO光でんわはソフトバンクユーザーにもおすすめ

NURO光の特徴と契約の方法は以下の通りです。

基本料金 関東 500円
東海・関西・九州 300円
特典 ソフトバンクでスマホか携帯利用で
毎月スマホ代最大1,000円割引
解約工事費 1,000円
新規契約口 公式サイト/電話
光加入済 NURO ユーザーweb
申込先 nuro光

NURO光の光電話サービスの特徴

関東や九州などで利用の多いNURO光は、ソフトバンクのBBフォンやNURO光同士なら無料で電話ができるなどの特徴があります。

通話料金は全国一律7.99円/分で、基本料金は、関東で500円/月、九州・東海・関西は300円/月です。

ソフトバンクの契約者であれば、スマホ代が毎月最大1,000円割になる「おうち光セット」や、「ホワイトコール24」を利用できるので、毎月の通信費をお得にすることができます。

契約は、加入済みの場合は「NURO ユーザーweb」から、新規契約は公式サイトか電話から手続きとなります。

NURO光電話サービスの新規契約方法

NURO光を新規で申し込む時は、電話もしくはwebからの手続きとなります。

電話は、口座振替希望の人のみとなるため、クレジットカード払いを希望する場合はwebサイトからしましょう。

電話番号 [フリーダイヤル]
0120-117-260
備考 口座振替希望者のみ

1)契約手続き

公式サイトに入り、「お申込み」から手続きをします。

NURO光の該当地域外の人は、郵便番号を入力すると加入できない旨が表示されます。

 

2)規約同意、入力や確認へ進む

提供エリア内であれば「〇」印が表示されますので、規約への同意や料金プランの選択へと移りましょう。

光プランの選択が済むと、下部に光電話サービスのオプション選択箇所があります。

 

3)「光でんわ」サービスの選択

ここで「NURO光 でんわ」を選び、手続きを進めましょう。

入力内容を確認し、工事日の予約ができれば完了です。

(引用・参考:NURO光公式「NURO光でんわ」)

  nuro光の申し込みはこちら  

NURO光については、「光回線とは?」の記事でも料金などに関して解説がありますので、気になる人はぜひ読んでみてください。

光回線とは?分かりやすく図解で解説!!WiFiの工事や光電話についてもまとめて紹介
光回線とはそもそも何なのか、よく分からないという人も多いのではないでしょうか。 専門用語も多く、難しいイメージがありますよね。 本記事では、光回線のいろはを分かりやすく図解し、おすすめの人気事業者ついても解説します。 読み...

光回線とは?分かりやすく図解で解説!!WiFiの工事や光電話についてもまとめて紹介

ドコモ光電話はドコモユーザーにおすすめ

ドコモ光は、ドコモとのみ契約しながらフレッツ光の回線を使う「光コラボ」の一つです。

フレッツ光からドコモ光に切り替える時に転用するのか、他の回線から乗り換えるのかによって工事費用は変わってきます。

なお、ドコモのスマホか携帯を使っていれば、スマホ代から最大1,000円/月の割引が適用されるためドコモユーザーに向いている光サービスです。

ドコモ光回線に加えて「ドコモ光電話」を利用する場合、基本料金は500円となっています。

基本料金 500円
特典 ドコモの携帯回線契約があれば
毎月最大1,000円割引
新規契約口  電話/ショップ/公式サイト
光加入済
ショップ/インフォメーションセンター/
量販店など

いつも行くショップで話を聞くのもいいですが、詳しい話を聞きたい場合は「申込み相談窓口」で相談するのも良いかもしれません。

指定した日時に電話を掛けてきてくれるうえ、窓口からの申込みで最大15,000ポイントのdポイントがたまります。(※)

(※ドコモ公式HP「ドコモ光お申込み」)(引用:ドコモ光公式HP

  ドコモ光の申し込みはこちら  

ソフトバンク光の光電話(N)はオプションサービスに気を付けて

ソフトバンク光も、光コラボの一つです。

基本料金 500円
特典 ソフトバンク回線契約者なら

[1] スマホ(携帯)代から毎月
最大1,000円割引

[2]光BBユニットのレンタル料や
Wi-Fiパックの利用料込で
基本料金0円

新規契約口  電話:0120-981-072
[午前9時から午後10時まで]
web:公式サイト

公式サイトからの申込みも可能ですが、代理店によっては高額キャッシュバックも狙えるので、確実に長期契約ができるのであればそちらから申し込んでも良いでしょう。

ドコモ光やNURO光と同じく、ソフトバンクで契約しているのであれば、光とのセット割で毎月最大1,000円の割引を受けることができます。

光BBユニットのレンタルやWi-Fiパックの料金込で基本料金が0円となるのはセット割だけの特典なので、適用可能であれば申し込んでおきましょう。

(引用:ソフトバンク公式HP「おうちのでんわ」)

ちなみに、ソフトバンクには500円/月から使うことのできる「おうちのでんわ」があります。

ただ、あくまでも携帯と同じ電波である4G LTE回線を使った電話のため、光電話ではありません。

携帯と同じように使える固定電話というだけです。

110番などの緊急通報は可能ですが、繋がるまでに10秒ほど要するため、繋がるまで待つ必要があります。

光コラボとは?フレッツ光からの転用や乗り換えにおすすめの事業者一覧!
最近よく聞くようになった「光コラボ」ですが、どのようなサービスかと言われるとなかなか難しいですよね。 本記事では光コラボについてとことん解説します。 転用や乗り換えなどの言葉や、おすすめの事業者も合わせて見ていきましょう。 光...

光コラボとは?フレッツ光からの転用や乗り換えにおすすめの事業者一覧!

光回線契約を検討しているなら光電話も同時に契約がおすすめ

光電話を一緒に申し込むと、光回線の通信費に加えて基本料金は約500円、機器レンタルには高いといころで750円ほど掛かることが分かりましたね。

フレッツ光
[1]東日本か西日本による
[2]プランによる
無料~750円
auひかり auスマートバリュー適用で無料 無料/500円(HGW)
NURO光 ONUとTAは全員無料 無料(TA)
ドコモ光 HGW無料 月額料金込(HGW)
ソフトバンク光 おうち光割セット加入で無料 0円/437円
(光BBユニット)

ドコモ光とNURO光は全員が、au光とソフトバンク光はスマホユーザーであればレンタル機器代が無料になるので、レンタル機器代を重視する人はこれらを検討してみると良いでしょう。

なお、光電話の契約は後からでも可能ではありますが、事務手数料や派遣工事費などを考えると光回線と同時に契約しておいた方が結果的にはお得です。

同じ回線同士の電話料が安い、ネットの回線速度が安いなど、事業者によってサービスに特徴があるので、電話とネット両方のメリットやデメリットを踏まえて契約先を選んでいけるといいですね。