Huluが止まる!動画再生が重い、遅いときの原因と対処法。

Huluは、月額1,026円(税込)でドラマや映画、アニメなど5万作品以上の動画を楽しめるVODサービスです。

他のVODとは異なり、月額料金を払えばすべての作品が見放題。

「見たかった作品があったけど有料だった…」なんてがっかりすることもありません。

そんなコスパ最強と言われるHuluですが、「動画が止まる」「重たい」といったトラブルが意外に多く報告されています。

今回はHuluの「止まる」「重い」「途切れる」といった原因と対処法んいついて紹介します。

スポンサーリンク

Huluが止まる・重い原因は?

Hulu再生時には、動画が途中で止まってしまったり、動いてもカクカクしてしまったりなどといったことがあります。

そういったトラブルは以下の3つのどこかに原因があります。

  • Hulu側の問題=対処不可能
  • 通信機器やルーターの問題=メモリ不足、OSや機器が古い
  • 回線の問題=速度が出ていない、混雑している、制限にかかっている

Hulu側の問題

Huluが「見られない」「止まる」ときは、Hulu側で通信障害が起きている可能性があります。

その場合、利用者で対処できることはないため、不具合の解消まで待つしかありません。

不具合発生時はTwitterなどのSNSやダウンディテクターで状況が確認するといいでしょう。(Huluダウンディテクター

ダウンディテクターではマップで地域ごとの不具合報告も見られるため、報告が多ければ同様に通信障害が起こっている可能性が高いと言えます。

周囲の人には特に異常がなく公式からも何も言及されていない場合は、通信障害ではなく、自分の通信環境に原因があるため対策をしましょう。

Hulu視聴に必要な回線速度を満たせていない

動画を見る際に重要なのは回線速度です。

Huluは「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」という二つの方式で視聴ができます。

  • ストリーミング再生…インターネットに接続しながら動画を再生する方式
  • ダウンロード再生 …あらかじめ端末に保存した動画を再生する方式
 メリットデメリット
ストリー
ミング
待ち時間が少ない
スマホの容量を使わない
通信量が多い
ネット環境がないと使えない
ダウン
ロード
通信量が少ない
オフラインでも視聴可能
待ち時間がある
スマホに空き容量が必要

回線速度が遅くても、待てば再生ができるダウンロード方式とは異なり、ストリーミング方式は都度ネットに接続しなければならないため、回線速度の遅さがダイレクトに「止まる」「重い」「途切れる」といった視聴環境の悪さにつながってしまうため注意しましょう。

Huluの視聴に必要な回線速度は下り3~6Mbps。ストリーミング再生時は特に速度が必要

 推奨速度
パソコン下り6Mbps以上
スマホ
タブレット
下り3Mbps以上
テレビ
ブルーレイプレーヤー
ゲーム機
メディアプレーヤー
下り6Mbps以上

画質によって必要な速度が変わりますがHuluの公式推奨速度は3~6Mbps。

これを下回ると、再生時に問題が発生しやすくなります。

自分のスマホや通信機器でどれくらいの速度が出ているかは、アプリや測定ツールで簡単に知ることが可能です。

おすすめはOoklaのSpeedtest。

スマホはアプリからのみ、PCはブラウザで測定することができます。動画に必要なのは下りの速度なので、ダウンロードの部分の数値を確認しましょう。

回線速度を上げるために通信環境を整える方法

測定の結果速度があまり出なかったからといって、必ずしも回線や契約プランを変更しなければいけないわけではありません。

ちょっとしたことで速度が改善することもあるため、まず通信環境を整えましょう。

固定回線(WiFi)|契約内容によっては速度が上がらない

固定回線のうち「光回線」はモバイルWiFiや格安SIMと違い、工事をして回線を引くため基本的にもっとも高速な通信が可能です。

そんな光回線であっても速度がでないというケースは戸建てではなく、マンションタイプの回線に多く見られます。

マンションタイプではひとつの回線を各部屋で分け合って使用していることが多いので、誰かが大容量の通信を行っていたり、接続している人数が多かったりすると速度が落ちてしまいます。

これはマンション側の契約の問題なので改善することは難しいでしょう。

そのためできるだけ部屋の通信環境を整えて速度を確保するのが大事になります。

  • ルーターの置き場所が悪い
    ・金属、コンクリートの障害物付近や水回りに置かない
    ・中継器を使う
    ・有線接続にする
  • 家電などから電波干渉を受けている
    ・家電から遠ざける
    ・周波数を変更する(2.4GHz→5GHz)
  • ルーターやケーブルが古い
    ・ルーター をIEEE802.11ac対応のものに替える
    ・ルーターのファームウェアを更新する
    ・ケーブルをCAT5e以上のものにする

上記のことを試しても改善しない場合は、置くだけWiFi(ホームルーターやソフトバンクエアー)やポケットWiFiの導入を検討した方がいいかもせれません。

また戸建てタイプにも関わらず速度が思ったように出ない場合はプロバイダを変えるのもひとつの手。

契約するなら「IPv6プラス」「vアルファ」「v6ハイブリット接続」などの「IPv4 over IPv6」方式を選ぶのがおすすめです

現在ではもう少ないとは思いますが、ADSLで契約している場合、最大速度はそもそも下り50Mbps、上り5Mbpsしかありません。

これはスマホのLTE回線よりも遅い速度。

ADSLは2023年には廃止となってしまうため、今後もネットの利用を継続するのであれば早いうちに光回線への乗り換えをしましょう。

格安SIM|夜や昼休みに速度を上げるのは不可能。MVNOを変えるかポケットWiFiを使おう

格安SIMはキャリアで契約するよりも月額費用が安いため、利用しているという人も多いでしょう。

しかし格安SIMの一番のデメリットは回線速度の遅さです。

特に通勤・通学時(7:00~9:00)、お昼休み(12:00~13:00)、夕方から夜にかけて(19:00~23:00)の利用者の増える時間帯は回線速度がひと桁になることも珍しくありません。

格安SIMの回線速度の遅さを改善するには、まず提供している事業者(MVNO)が設備を増強する必要があるため、そう簡単にはいかないのが現実です。

回線レンタル

速度が遅い場合は通信する時間帯を変えたり、MVNOを変えたりするのが最も早い手段でしょう。

比較的速度が速いのはY!mobileやUQmobileといったサブブランドのSIMです。

SIMを変えられない、変えるのが面倒という場合には、ポケットWiFiを契約するという手もあります。

安定した通信がしたい場合は、WiMAXMugenWiFiなどのレンタルWiFiがおすすめです。

ポケットWiFi/ソフトバンクエアー|ルーターの置き場所やエリアに注意

ソフトバンクエアーやWiMAXのホームルーターといった置くだけWiFiや、持ち歩きのできるポケットWiFiの場合、固定回線のように工事をして回線を引いているわけではないので、エリアやルーターの位置が大きく速度に影響します。

速度が遅いなと感じたら、以下のことを試してみましょう。

  • 場所が悪い
    ・地下や屋内、高層の建物の近くなどから移動する
    ・金属、コンクリートの障害物付近や水回りにルーターを置かない
    ・有線接続にする
  • 家電などから電波干渉を受けている
    ・家電から遠ざける
    ・周波数を変更する(2.4GHz→5GHz)
    ・人の少ない場所に移動する
  • ルーターに問題がある
    ・ルーターのファームウェアを更新する
    ・接続台数を減らす
    ・高速通信のモード、回線に切り替える

また普段はきちんと使用できていたのにという場合は、通信制限にかかっていることも考えられます。

ポケットWiFiやホームルーターの中には月間の通信量は無制限でも3日で10GBや1日2GBなどの制限が設けられていることがあるため、場所や通信機器を変えていないという場合は通信量を調べてみましょう。

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう
速度制限が気になってWi-Fiに接続しても、読み込みが遅いとイライラしてしまいますよね。 本記事では、Wi-Fiの通信速度を上げる方法をとことん紹介します。 Wi-Fiの遅さが気になっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。 ...

WiFiの通信速度を上げる方法、遅いと感じたら対策してみよう

キャリアの4GLTE|通信制限でなければ原因は他にあるかも

キャリアの回線は格安SIMに比べて安定しているので、「いつもは見れたのに」という場合は以下の可能性が考えられます。

  • 通信制限にかかっている
  • 回線が局所的に混み合っている
  • 通信障害

慢性的に遅い場合は、回線とエリアの相性の問題もあるため、キャリアを変えるか固定回線を検討した方がいいでしょう。

回線速度が十分に出ているなら使用機器を疑う PS4、WiiUは不具合があることも

回線速度が十分に出ている場合は、回線ではなく、ルーターやデバイス、もしくはそれらの設定に問題があることが考えられます。

再起動や再読み込みを試すほか、次の項目で該当するものがないか確認しましょう。

特にPS4やWiiUのようなゲーム機はアプリ自体に不具合があったり、旧型のPS4ではWiFiの規格が古く速度が足りなくなることも。(※WiiUは2020年7月24日以降サービスが終了します)

その場合、スマホなど別の機器で再生し視聴できればPS4自体に問題があるといえるでしょう。

Huluを快適に視聴するためにできること

回線速度が十分に出ている場合や、足りないけどなんとか視聴したいという場合には以下のことを試してみましょう。

まずは再読み込み、再起動をしよう

まずどんなアプリやサイトにも言えることですが、不具合が起きたら再読み込み再起動を試してみましょう。

一時的な不具合やバグはこれだけで改善することもあります。

端末の再起動が面倒な場合はいったんブラウザやアプリを閉じて、接続し直すことから始めるといいでしょう。

通信節約モードにし、画質を下げる。リアルタイム配信は画質調整不可なので注意

動画の画質を下げるとその分通信量は少なくて済み、速度が遅くても視聴が可能になります。

Huluには通信節約モードがあり、これが最低画質より通信量を抑えられる設定です。

特にスマホは画面が小さいため、低画質であってもあまり画質の変化を感じることはありません。

ただし画質に加え、字幕も簡易表示になってしまうので注意しましょう。

使用アプリにより通信節約モードがない場合は、低画質設定が最も通信量が少ないため、速度が出ていないときにはおすすめ。

画質の変更は、3本線マーク、または歯車マーク>画質・通信量から行うことが可能です。

また、テレビ、ゲーム機のHuluアプリで視聴する場合やリアルタイム配信では画質変更が行えない仕様となっているため注意しましょう。

通信機器のデータを整理する

デバイスの中に不要なデータがたまっていると処理動作が遅くなり、動画の再生が遅くなってしまうことがあります。

また、見えないところで行われている動作は、デバイスに負荷をかける原因です。

通信機器内のデータや動作を整理する方法はたくさんありますが、簡単にできる代表的なものをいくつか紹介します。

同時接続しているアプリやブラウザを閉じる CPU使用率やメモリの空き容量を確認

まずはHulu以外の不必要な接続やファイル、サイト、アプリは閉じるようにしましょう。

他の動作を同時に行うと、CPUが圧迫されデバイスに負荷がかかってしまうことがあります。

ウインドウを開いているもの以外にもバックグラウンドで動いているアプリなどがあることも。

その場合はCPUの使用率やメモリの容量を確認しましょう。

 CPU、メモリ使用率確認方法
iPhoneCPUを表示するアプリをインストール
AppStore:システムステータスライト
AndroidCPUを表示するアプリをインストール
GooglePlay:CPU-Z
Windows
「Ctrl+Alt+Delete」のキーを同時に押す>
タスクマネージャー>詳細
mac
Finderを起動>「アプリケーション>ユーティリティ
>アクティビティモニタ」

使用している端末にもよりますが、だいたいCPUが50%以下になるように、アプリやブラウザを調整するといいでしょう。

メモリが多い場合も同様、不要なデータを削除したり、移動させるなどして整理が必要です。

不要なキャッシュを消す

キャッシュとは、デバイス内に一時的に蓄積されたデータの履歴のことです。

たとえばスマホやパソコンで通信する際、一度表示したサイトなどを記憶しておくことで、再度同じページを開いた場合に速やかに表示させることが可能になります。

しかしこのキャッシュは定期的に削除しないとどんどん増え続け、デバイスを圧迫する原因に。

以下の方法でキャッシュを削除しましょう。

 キャッシュ削除方法
iPhone「設定>Safari>詳細>webサイトデータ」から
全WEBサイトデータを削除を選択
Android「設定>ストレージ※>キャッシュされているデータ」
から、「消去しますか?」のOKを選択
Windows
(Chrome)
Chromeを開き「右上の設定マーク>詳細設定>
プライバシーとセキュリティ>閲覧履歴データの削除」
から「キャッシュされた画像とファイル」を選択し削除
mac
(Safari)
Safariを開き「メニューバーの「Safari」>環境設定>
詳細>メニューバーに”開発”メニューを表示にチェック」
でメニューバーに「開発」が追加される。
そこから「キャッシュを空にする」を選択

※端末により「SDカードと端末容量」、「端末容量」などと記載が異なります。

動画をダウンロードし、オフライン再生を利用する

Huluではあらかじめ端末に動画をダウンロードし、再生することができます。

最初にダウンロードする待ち時間はあるものの、一度ダウンロードしてしまえば、ネットにつながっていない状態でも視聴できるため、速度が不安定な際に有効です。

ただしダウンロード再生は、一部の動画には対応していないため、見たい動画が対象外になっていることも。

また、スマホの容量がいっぱいだとダウンロードできないので、ここでも不要なデータを整理し削除しておく必要があります。

ブラウザを変える、アップデートする

Huluの推奨ブラウザはChrome、Safari、Edge、Internet Explorer、Firefoxの5つです。

  • Google Chrome
    macOSでGoogle Chromeを利用する場合、外部ディスプレイへの出力は非対応。
    外部ディスプレイに出力時は、Safariから視聴。
  • Microsoft Edge
  • Firefox(Windowsのみ対応)
  • Internet Explorer 11.0以降
  • Safari

推奨ブラウザ以外を使用している場合、正常に動作しないことがあるためブラウザを変更しましょう。

また、ブラウザはどれも最新版が推奨されているため、バージョンが古いままの場合は更新が必要です。

アプリやOSをアップデートする、通信機器を買い替える

ブラウザ同様、アプリやOSが古いままの場合、再生に支障をきたすことがあります。

iPhoneであればiOS10.3以降でダウンロード機能までを問題なく利用できるため、忘れずアップデートしましょう。

 対応OS/デバイス
iPhoneHuluアプリを利用するには、iOS9以降

  • iPad(第3世代) 以降
    (iPad mini、iPad Air、iPad Pro も含む)
  • iPhone 4S以降
  • iPod touch 第5世代以降

※ダウンロード機能を利用するにはiOS10.3以降

AndroidAndroid OS 4.4~10
※ダウンロード機能を利用するには
Android OS 5.0~10以降
Windows
(Chrome)
Microsoft Windows 8.1 以降
mac
(Safari)
macOS X 10.10 以降
その他テレビ、ブルーレイプレーヤー/レコーダー
メディアプレーヤー、ゲーム機
Hulu公式サイトで確認

また、これらのOSに対応できない機種である場合や、単にスペック不足の機器を使用している場合は、デバイスやルーターの買い替えも検討しましょう。

セキュリティソフトを一時解除する

PCの場合、使用しているウイルス対策などのセキュリティソフトとの相性が悪いと、余計な負荷がかかり読み込みが遅くなる可能性があります。

同じPCを長く使っていたり、稼働頻度が多い場合にはセキュリティソフトがメモリを多く使用してしまっている状態に陥りやすいです。

その場合セキュリティソフトの常駐監視を一時的に解除すると改善されますが、それでは付け焼刃の対処になってしまうため、セキュリティソフトを見直すか、メモリを整理、増設することをおすすめします。

結論:通信速度は6Mbps以上が目安。ダウンロード再生をうまく使おう

Huluが重くて止まってしまう場合、たいていは回線速度が足りないことが原因です。

Huluの推奨速度は6Mbps程度。

以下に当てはまるものがある場合はまず通信環境を整えることから始めましょう。

  • ルーターの置き場所が悪い
    ・金属、コンクリートの障害物付近や水回りに置かない
    ・地下や屋内、高層の建物の近くなどから移動する
    ・中継器を使う
    ・有線接続にする
  • 家電などから電波干渉を受けている
    ・家電から遠ざける
    ・周波数を変更する(2.4GHz→5GHz)
    ・人の少ない場所に移動する
  • ルーターに問題がある
    ・ルーター をIEEE802.11ac対応のものに替える
    ・ルーターのファームウェアを更新する
    ・ケーブルをCAT5e以上のものにする
    ・高速通信のモード、回線に切り替える

通信速度が問題なければデバイスのキャッシュがたまっていたり、メモリやCPUが圧迫されている可能性があります。通信機器側の環境や、動画の再生方法を工夫してみましょう。

  • 再読み込み、再起動
  • 通信節約モードにし、画質を下げる
  • 通信機器のデータ整理
  • アプリやOS、ブラウザのアップデート
  • ブラウザを変える
  • セキュリティソフトの解除
  • 通信機器の買い替え