hy-fi(ハイファイ/ハイパーマルチWiFi)の概要(料金・契約期間)や 口コミ、評判まとめ。クラウドSIM端末が月980円で使えるって本当?

hy-fi(ハイファイ)ハイパーマルチWiFiでは、クラウドSIM対応のポケットWiFiのレンタルサービスを行っています。

低価格、使い放題と公式サイトにありますが、この手のポケットWiFiは正直増えすぎていて何がお得かわかりにくいのが現状です。

そのため今回は、hy-fiが本当にお得なのか、料金プランやメリットデメリットを解説していきます。

スポンサーリンク
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安くキャンペーンでさらにお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi
おすすめ固定回線
  • eo光(関西圏)・・・料金が安い、キャンペーンでお得、速度安定
  • nuro光・・・速度が爆速(最大2Gbps)!対応エリアも拡大
  • おてがる光・・・光コラボ、料金が安く契約期間に縛りなし
  • モバレコAir・・・工事不要、すぐに使える置くだけWiFi

hy-fi(ハイパーマルチWiFi)とは?

(画像引用:hy-fi公式サイト

hy-fiとは株式会社Twelveの運営するポケットWiFiルーターのレンタルサービスです。

簡単にポイントをまとめると以下のようになります。

  • 無制限プラン
  • クラウドSIM対応端末レンタル
  • 月額3,280円のライトプランと3,880円のスタンダードプラン
  • 2年契約自動更新
  • 電話申し込み

それではhy-fiの概要について見ていきましょう。

名称ライトプラン
(U2s)
スタンダード
(G4)
実質
月額料金
3,176円4,000円
月額料金3,280円
(初月0円/
1カ月目
980円)
 3,880円
事務手数料3,000円
2年総計
(25カ月間)
79,420円100,000円
海外780円/日
(エリアによる)
回線ソフトバンク
/au/ドコモ
月間
容量制限
無制限
(以前までは150GB)
速度制限最大384Kbpsの制限有
契約期間2年
速度下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
機種【U2s】【G4】
公式

hy-fi公式

月額料金及び2年トータルの総額料金、実質月額料金

hy-fiでは画面のないG4という端末が使える基本プランに加え、クラウドSIM対応端末ではおなじみのU2s端末が使えるライトプランが提供されています。

名称
ライト
(U2s)
スタンダード
(G4)
月額料金初月0円 3,880円
1カ月目980円
2カ月目
以降
3,280円
(3,980円)
事務手数料
3,000円
2年総計
(25カ月間)
79,420円100,000円
実質月額3,176円4,000円

※口座払い時の月額料金

料金を見てわかる通り、hy-fiの公式サイトで見かける「月額980円」は、U2s端末が使えるライトプランの1カ月目の料金のみを指します。

2カ月目以降は3,280円のため間違えないようにしましょう。

ちなみに同じくU2s、G4端末で料金プランを分けているMugen WiFiとは、まったく同じ月額料金ですが、初月と1カ月目の割引がある分hy-fiの方がライトプランの総額費用は安くなっています

hy-fiのキャッシュバック&キャンペーン

現在hy-fiで行われているキャッシュバックやキャンペーンはありません。

ライトプランの割引にキャンペーンの文字はありますが、期間が明示されていないため、標準装備の割引でしょう。

今後別途キャンペーンがあればお知らせします。

hy-fiと他社無制限ポケットWiFiの料金比較

料金の安さは契約先を決める上で重要なポイントです。

hy-fiと同じような無制限プランのポケットWiFiの各社料金を比較してみましょう。

ポケットWiFi 月額
料金
初期
費用
使用
回線
契約
期間
詳細
hy-fi
ライトプラン
 3,280円
3,000円3キャリア2年 
hy-fi
スタンダード
 3,880円
THE WiFi3,480円0円3キャリア2年詳細
ZEUS WiFi2,980円
(7ヶ月目~
3,280円)
3,000円3キャリア詳細
どんなときも
WiFi
3,480円3,000円3キャリア2年詳細
Mugen
WiFi
3,280円3,000円3キャリア2年詳細
限界突破
WiFi
3,500円0円3キャリア2年詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円3,000円3キャリア2年詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

hy-fiの月額料金は、他のポケットWiFiと比べても安い部類に入ります。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

契約期間・解約金・更新月

 hy-fi契約期間
契約期間2年(自動更新)
違約金9,500円
更新月25カ月目

hy-fiの契約期間は2年間。期間内に解約をすると9,500円の違約金が発生します。

25カ月目で解約を忘れると、自動的に契約が更新され、次に違約金なしで更新できるのはまたさらに2年後になってしまいます。

更新期間は1カ月と短いため、忘れないようにしましょう。

回線・エリア・通信速度・通信制限・端末

hy-fiの回線や速度は以下の通り。

回線の
種類
ソフトバンク
/ドコモ/auの回線
エリアソフトバンク
/ドコモ/auのエリア
通信速度下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
通信制限短期制限
なし
月150GB

それぞれさらに詳しく見ていきましょう。

hy-fiの使用回線はトリプルキャリア(ソフトバンク/au /docomo)

クラウドSIMは、利用場所に応じて最適な回線を自動的に選択する次世代の通信方法です。

自分で回線を切り替えるのではなく、キャリアの回線のうちつながりやすいものに勝手に接続するため、時に遅い回線をつかんでしまうこともあります。

既にどんなときもWiFiなどではMVNO向けの低速回線を掴むことで、速度が爆落ちしてしまうという報告があるため、利用時にこの現象に陥った場合は再起動などで解消するようにしましょう。

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!
クラウドSIMを使った無制限プランの多くは、トリプルキャリアに対応した回線で通信しています。 ただ、それらのSIMがRakuten mobileの回線を掴むと、通信速度がかなり落ちることが分かってきました。 本記事では、どんなと...

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!

無制限ではない?月150GBで制限がかかる?

(画像引用:hy-fi公式サイト

以前までは無制限と言いながら実は月間150GBという上限があったのですが、今はその上限が撤廃され、他のポケットWiFi同様に基本的には無制限で使うことができます。

大容量通信の場合に制限がかかることがあるので注意です。

ただこれはhy-fiに限った話ではなく、他の無制限ポケットWiFiに言えることなので、特別デメリットではありません。

インターネットは使い放題となりますが、利用方法によってはデータ通信量の制限が適用される場合があります。一般的なご利用において、十分なデータ量を提供しておりますがあ、ネットワーク品質の維持と公平な電波利用の観点から、大量の通信を行う利用者に対して通信制限を行う場合があります。

hy-fi公式サイト

「U2s」はどんなときもWiFiの「D1」と同じ。回線速度にも違いはない

(引用:MUGENwifi公式HP)

クラウドSIMのポケットWiFiと言えば必ず出てくるのが「U2s」の端末。

どんなときもWiFiやよくばりWiFiも同じ端末です。

下り速度最大150Mbps、上り最大50Mbpsというのは、ポケットWifi業界のベストエフォート値としては少し遅い部類に入ります。

1MbpsあればYouTubeの標準画質が観れる程度の速度と言われますが、高画質を滑らかに見るなら10Mbpsは欲しいところですね。

10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説
スマホで通信をしているときに、画像の表示や動画の読み込みに時間がかかることはありませんか? それらの症状は回線の速度が遅くなってしまっていることが原因です。 スマホでネットを行う際には、10Mbpsあれば一般的な利用に支障がない...

10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説

「G4」はGoogleMapやトリップアドバイザーが使えて充電もできる

(引用:MUGENwifi公式HP)

G4は海外レンタルWiFiとしてもよく使われている端末。

画面が大きく、ポケットWiFiでありながらGoogleMapや翻訳機能、トリップアドバイザーにアクセスできる優れものです。

スマホの充電が無くなってもG4端末から給電することができ、海外旅行にうってつけの端末と言えるでしょう。

ただ、U2sの重さが149gなのに対してG4は188gもあります。

iPhone Xが174gなので、毎日持ち歩くには少し負担に感じる人もいるかもしれませんね。

ちなみに、回線速度はU2sと同じで、下り速度が最大150Mbps、上り最大50Mbpsです。

支払い方法|ライトプランは口座振替に対応

hy-fiの支払方法は基本的にクレジットカード払いです。

しかしライトプランに限っては、口座振替にも対応しています。

ただし、口座振替の場合月額料金が700円高くなり3,980円となるため注意しましょう。

hy-fiの契約方法と解約方法

hy-fiの契約や解約方法について確認しましょう。

hy-fiの契約方法

hy-fiでは公式サイトの「お問い合わせ」ボタンから契約手続きをすることができます。(公式ページ

ボタンを押すとページ下部のお問い合わせフォームに飛びます。

ただし、このページはあくまで運営会社に連絡先を教えるもので、折り返しの連絡を待たなければなりません。

返信は翌営業日24時間以内にあるそうですが、思い立ったが吉日と考えていた人にとっては、一日で契約を完結できないのはもどかしくなってしまうでしょう。

hy-fiの解約方法

hy-fiの解約方法は公式サイトに一切記載がありません。

hy-fiはレンタル端末のため、解約時には端末を返却する必要がありますが、どこに何をいつまでに返却すればいいのかすら明示されていません。

契約時同様お問い合わせの電話やフォームから、解約の旨を連絡するものと思われますが、これではあまりにも不親切だと言わざるを得ないでしょう。

電話0120-983-849
電話受付9時~21時
問い合わせhi-fi問い合わせフォーム

hy-fiのメリット

hy-fiのメリットを確認していきましょう。

  • クラウドSIM対応の中で月額料金が安い
  • ライトプランで口座振替が可能
  • 海外利用の料金が安い

クラウドSIM対応の中で月額料金が安い

 

ポケットWiFi 月額
料金
初期
費用
使用
回線
契約
期間
詳細
hy-fi
ライトプラン
 3,280円
3,000円3キャリア2年 
hy-fi
スタンダード
 3,880円
THE WiFi3,480円0円3キャリア2年詳細
どんなときも
WiFi
3,480円3,000円3キャリア2年詳細
Mugen
WiFi
3,280円3,000円3キャリア2年詳細
限界突破
WiFi
3,500円0円3キャリア2年詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円3,000円3キャリア2年詳細

hy-fyライトプランの月額料金はたくさんあるポケットWiFiサービスの中でもかなり安く設定されています。

ただしG4端末が借りられるスタンダードプランは月3,880円と割高なので注意しましょう。

ライトプランで口座振替が可能

hy-fiのライトプランでは口座振替の支払いが可能です。

クレカ以外で支払をしたい人にとってはうれしいですね。

クレカ口座振替コンビニ
払い
hy-fi×
めっちゃWiFi××
どんなときもWiFi
×
よくばりWiFi××
限界突破WiFi×
SAKURAWiFi××
FUJIWiFi×
UQWiMAX×

ただしhy-fiの口座振替はどんなときもWiFi同様、月額料金が高くなってしまい、せっかくのお得感が薄れてしまいます。

通信費を少しでも抑えたいという人は、基本的にクレカ払いの方がおすすめです。

海外利用の料金が安い

hy-fiのルーターは、特に手続きをしなくても電源を入れるだけで海外利用ができます。

よく海外に行くという人や、いつも使っている端末をそのまま持ち出したいという人にはぴったりです。

料金は1日780円。基本料金もないため、使った日数分だけ請求される仕組みです。

ただし海外での使用は無制限というわけにはいかず、1日500MB使うと384Kbpsの速度制限にかかります。

MugenWiFiやどんなときもWiFiの海外プランと比較してみましょう。

料金通信上限
hy-fi780円500MB/日
MugenWiFi1,200円~1GB/日
どんなときもWiFi
1,280円~1GB/日

通信量が半分しかない代わりに料金が安いことがわかります。

海外旅行時にあまりネットを使わないという場合には、ちょうどいいのではないでしょうか。

ちなみに500MBでできるのは以下の通り。

LINEトーク約25万回Google Map約150時間
LINE音声通話約25時間電子コミック約15冊
LINEビデオ通話約2時間電子雑誌約5冊
Twitter約4時間Youtube(低)約2時間半
Instagram
FaceBook
約1時間Youtube(標準)約45分

マップ検索やLINEでのやりとりだけなら500MBでも事足りますが、動画やSNSを使う人はより容量の大きい海外プランを検討した方がいいでしょう。

hy-fiのデメリット

hy-fiのデメリットは以下の通りです。

  • 申し込みがWEBサイト上でできない
  • サポートが不十分で、WEB上で規約が確認できない
  • 端末補償は水没、紛失、盗難に非対応

申し込みがWEBサイト上でできない

契約方法の項目でも説明した通り、hy-fiの契約は煩雑です。

WEBサイト上のフォームは連絡しても折り返し待ちとなってしまうため、時間がかかります。

サポートが不十分で、WEB上で規約が確認できない

hy-fiの公式サイトにはチャットサポートがあり、一見サポートが充実しているように思えます。

しかし実際に使ってみると、AIがサイトに書いてある文章をそのまま話すだけであまり意味を成していません。

問い合わせフォームも質問事項を記入するのではなく、個人情報だけを入力し送信した後相手からの返信を待ち、さらにそれに対し返信をしたり電話で対応してもらうというなんとも面倒な流れになっています。

契約するかもわからない会社に対し、個人情報を渡すのは気が引けますね。

さらに問題なのが、WEB上で規約や重要事項が確認できない点。

よくある質問等のページもなく、解約方法や故障時の対処、通信上限などは問い合わせか契約をしなければわかりません。

せめて規約ぐらいはしっかりと明記してほしいものですね。

端末補償は水没、紛失、盗難に非対応

hy-fiには機器補償サービスという月400円のオプションがあります。

端末の故障時に新品または中古品に無料交換してもらえるというものですが、この保証は自然故障や破損、全損にしか対応していません。

オプション
料金
400円
補償内容自然故障、破損、全損
の場合新品または状態の良い
中古品に交換
(水没、盗難、紛失は対象外)

MugenWiFiやどんなときもWiFiなど通常は水没までは補償内容に入っているものが多く、中にはFUJIWiFiのように紛失も保障の対象に入っている場合もあります。

細かな点ですが、モバイルルーターは持ち運びも多いため、せめて水没保証はほしいところです。

【随時更新】hy-fiの口コミ、評判

hy-fiの口コミはあまり多くありません。

公式サイトにも掲載されているのですが、クラウドSIMのポケットWiFiでは割と当たり前のことしか書いてありません。

【公式サイトの口コミ】

(画像引用:hy-fi公式サイト

ただし、運営会社である株式会社Twelveのサポートについては、あまりよくない口コミが散見されました。

利用規約が確認できない点といい、そこかしこに不安な点がありますね。

口コミは随時更新していきます。

【結論】hy-fiのライトプランは安い。ただしサポート体制に不安がある上、無制限ではない

名称ライトプラン
(U2s)
スタンダード
(G4)
実質
月額料金
3,176円4,000円
月額料金3,280円
(初月0円/
1カ月目
980円)
 3,880円
事務手数料3,000円
2年総計
(25カ月間)
79,420円100,000円
海外780円/日
(エリアによる)
回線ソフトバンク
/au/ドコモ
月間
容量制限
150GB/月
速度制限最大384Kbpsの制限有
契約期間2年
速度下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
機種【U2s】【G4】
公式

hy-fi公式

hy-fiのライトプランは月3,280円で月額料金が安い上、初月無料、1カ月目980円と割引もされる、かなりお得なポケットWiFiです。

しかしそれだけにWEBサイト上で契約や問い合わせを完結させられなかったり、利用規約が確認できなかったりするサポート体制の悪さが残念でなりません。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...