iPadに挿したいおすすめの格安SIMは?料金・容量・回線速度比較や選ぶ際の注意点まとめ。

スマホ・携帯・格安SIM

ドコモ、au、Softbankなどのキャリアでタブレットを契約しようとすると、ただでさえ高いスマホの料金にさらにタブレットの分まで加わって、通信費が大変なことになってしまいますよね。

iPadなどのタブレットは格安SIMをうまく使うことで、月々の通信費をかなり節約できます。

格安SIMをiPadで使う条件や、タブレットにおすすめの格安SIMプランなどを紹介します。

スポンサーリンク
  1. 格安SIMってiPadでも使える?
    1. iPadを格安SIMで使うための条件
      1. iPadはWiFiモデルではなくCellular(セルラー)モデルを選ぶ
      2. SIMフリー、SIMロック解除されているiPadか同一回線のSIMを選ぶ
    2. セルラーモデルのiPadを購入する方法
  2. iPadにおすすめの格安SIMプラン
    1. 格安SIMの選び方
      1. チェックポイント1|通信容量-少ないと通信制限になることも
      2. チェックポイント2|回線速度-通勤中、昼休み、夜は遅くなりやすいので注意
      3. チェックポイント3|回線の種類-SIMロックを解除していない場合は注意
      4. チェックポイント4|通話、SMSの有無-データ通信SIMが安くておすすめ
    2. おすすめ格安SIMプラン
      1. FUJI WiFi|コスパ最強!キャンペーンのクーポンで月額500円引き
      2. BIGLOBEモバイル|Youtubeを使うなら絶対おすすめ
      3. LINEモバイル|SNSの利用が多い人向け
      4. LINKSMATE|ゲーマー御用達のカウントフリーオプション
      5. 楽天モバイル|低速の使い放題プランが魅力
    3. iPadをセットで購入できるMVNOはある?
    4. キャリアで契約するのとどれくらい違う?
    5. 大容量のSIMを契約するなら、ポケットWiFiを使うという手も
  3. iPad+格安SIMのおすすめ運用方法
    1. カーナビとして使用するなら1~3GBで十分
    2. 通勤、通学中にゲームや動画、電子書籍を楽しむ
    3. 子どもの気をそらすために持ち歩くという人も
    4. 高齢者には大きい画面がうれしい!Facetimeでビデオ通話も
  4. 結論:iPadと格安SIMは相性抜群!大容量使うならポケットWiFiの方がお得な場合も

格安SIMってiPadでも使える?

格安SIMはiPadなどのタブレット端末に挿して利用することが可能です。

ただしすべてのiPadで使えるわけではないので、まずは格安SIMを使うことのできる条件を確認しましょう。

iPadを格安SIMで使うための条件

格安SIMを使うことのできるiPadの条件は以下の二つです。

  • セルラーモデル
  • SIMフリー/SIMロック解除済もしくは同一回線SIMを使用

iPadはWiFiモデルではなくCellular(セルラー)モデルを選ぶ

iPadはProやminiなど大きさや容量の違いの他に、通信の方法が2種類あります。

格安SIMを挿して利用したい場合は「セルラーモデル」のiPadを選ばなくてはいけません。

というのも「WiFiモデル」にはそもそもSIMを挿すスロットがないため、WiFiにつなげないと通信ができないのです。

ただしセルラーモデルのiPadは「WiFiモデル」よりも端末代が高くなるため新しく購入する場合は注意しましょう。

セルラー WiFi
iPad Pro 106,800円~ 89,800円~
iPad Air 69,800円~ 54,800円~
iPad 49,800円~ 34,800円~
iPad mini 60,800円~ 45,800円~

ちなみに自分の持っているiPadがどちらかわからない場合は端末の側面を確認してみましょう。

SIMのスロットがあればセルラーモデルになります。

SIMフリー、SIMロック解除されているiPadか同一回線のSIMを選ぶ

もしキャリアで購入したiPadを利用する際は注意が必要です。

キャリアでは自社回線以外の回線では通信ができないようにロックをかけていて、これを「SIMロック」といいます。

もしSoftbankで購入した端末にauのSIMを挿そうとしても使用することができません。

その場合、各キャリアのショップに端末を持ち込むと、ロックを簡単に解除してくれます。

SIMロック

格安SIMはそれぞれドコモ、au、Softbankのいずれかの回線を借りて通信を行っているので、同系列の回線を使用する場合はそのままでも使用可能です。

違う系列の回線を使用したい場合はロックを解除するといいでしょう。

ただし複数の回線を提供している格安SIMは、回線ごとに価格が違う場合があります。

iPadを新しく購入するのであれば、SIMフリー(ロックが元からかかっていない状態のもの)を選んでおくと、SIMを選ぶ際に面倒がなくておすすめです。

セルラーモデルのiPadを購入する方法

iPadを購入するには以下の方法があります。

  • AppleStore/公式サイト
  • キャリアのショップ/オンラインショップ
  • Amazonや楽天など
  • 家電量販店
  • 中古ショップ

このうちセルラーモデルを購入するのにおすすめなのはAppleStore/公式サイトです。

というのも、それ以外の場所での購入には多かれ少なかれデメリットがあります。

デメリット
キャリア
ショップ
・割高なキャリアのプランで契約しなければならない
・SIMロックがかかっている
Amazon
楽天
・セルラータイプの取り扱いが少ない
・信頼できる販売元か見極める必要がある
家電量販店 ・セルラータイプの取り扱いが少ない
・携帯ショップだとSIMとセットの購入しかできない
中古ショップ ・赤ロムの可能性がある
・アクティベーションロックにより利用ができないことがある

しかし中古での購入は公式の商品よりも安く手に入れられるというメリットがあるのも事実です。

できれば安い中古品がいいという場合は、実際に手に取って確認をしたり赤ロム保証のある店舗を選ぶようにしましょう。

赤ロムと白ロムの違いとは?中古スマホやルーター購入時の確認事項や気を付けること
格安SIMを契約した人の中には、中古でスマホの端末を購入する人も多いでしょう。 その際に絶対に注意しなければいけないのが「白ロム」と「赤ロム」です。 中古スマホを取り扱っている店舗の中には「赤ロム保証」と書いてあることもあります...

赤ロムと白ロムの違いとは?中古スマホやルーター購入時の確認事項や気を付けること

またApple製品は新古品を「Apple認定整備済製品」として公式価格より安く販売していることがあります。

入荷状況などは運次第となりますが、ほぼ新品と変わりなく、メーカー保証も受けられる端末を少しお得にゲットできるので狙ってみるのもありでしょう。

iPad整備済製品
特別価格のクリアランスiPadアクセサリを購入しましょう。iPadアクセサリとApple製品を、数量限定の特別価格でご提供します。

iPadにおすすめの格安SIMプラン

格安SIMはたくさんありすぎてよくわからない、という人のためにおすすめのiPadで使いやすいおすすめSIMのプランや選び方をまとめました。

データSIMのプランを詳しく知りたいという人はこちらの記事も参考にしてください。

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介
格安SIMには大きく分けて2種類「通話SIM」と「データSIM」とがあります。 通話SIMはその名の通り電話ができるSIMですが、データSIMは電話番号での通話ができないデータ通信のみ可能なSIMを指します。 特にタブレットやモ...

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介

格安SIMの選び方

格安SIMはさまざまな事業者(MVNO)で提供されていますが、価格よりもまずは自分の使い方に合わせたプランを選ぶことが重要です。

まずは以下の点をチェックし、適したプランをピックアップしてから、その中で安いSIMを選ぶと失敗しないでしょう。

  • 通信容量
  • 回線速度
  • 回線の種類
  • 通話、SMSの有無

チェックポイント1|通信容量-少ないと通信制限になることも

格安SIMは月に通信できる容量により月額料金が異なります。

使い方に合った容量で契約しないと、無駄に高い料金がかかってしまったり、逆に足りずにすぐ通信制限にかかってしまうなんてことも。

まずは自分の想定している使い方から月のだいたいの使用量を割り出しておきましょう。

ちなみに1GBでできることは以下の通り。

LINEトーク 約50万回 Google Map
約300時間
LINE音声通話 約50時間 電子コミック 約30冊
LINEビデオ通話 約4時間 電子雑誌 約10冊
Twitter 約8時間 Youtube(低) 約5時間
Instagram
FaceBook
約2時間 Youtube(標準) 約90分

通話や地図アプリでの使用がメインなら利用頻度にもよりますが1~5GBもあれば十分でしょう。

一方画像や動画を見たり、ゲームをプレイするなら5GB~10GB以上は欲しいところです。

特に動画は画質が良くなるほど、通信量が多くなってしまいます。

タブレットはスマホに比べ画面が大きいので、低画質だとあらさが目立ってしまうこともあり、通信量がかさみがちな点に気を付けましょう。

チェックポイント2|回線速度-通勤中、昼休み、夜は遅くなりやすいので注意

格安SIMはキャリアの回線を一部レンタルして通信を行っています。

そのため利用者の数に対して回線が足りていないなかったり、整備がされていないと、速度が遅くなってしまいがちです。

回線レンタル

特に料金だけで格安SIMを決めると、使い物にならないくらい遅いなどといったケースもあるため注意しなくてはいけません。

回線が混雑する時間帯は朝の通勤通学時、昼休み、夜とだいたい決まっています。

その間の利用が頻繁な場合は特に速度重視のSIMを選んだ方がいいでしょう。

Y!mobileやUQmobileはそれぞれSoftbankやauのサブブランドのため、他の格安SIMよりも速度が出やすいです。

チェックポイント3|回線の種類-SIMロックを解除していない場合は注意

格安SIMではドコモ、au、Softbankのいずれかの回線を使って、4GLTE通信を行います。

端末にSIMロックがかかったままの状態の場合は、対応している回線以外のSIMを契約してしまうと使用することができません。

特にSoftbank回線の格安SIMは提供しているMVNOが少ないので注意しましょう。

MVNO種類

チェックポイント4|通話、SMSの有無-データ通信SIMが安くておすすめ

格安SIMには大きく分けて2種類、「通話SIM」「データ通信SIM」があります。

通話SIMではスマホのように電話番号で電話をすることができる代わり、月額料金が高くなります。

現在はLINEなどの無料通話アプリが広く普及しているため、タブレットに電話番号をつける必要はないでしょう。

その場合、通話のできない「データSIM」を選ぶことになりますが、データSIMはさらにSMS(ショートメッセージサービス)の有無が選べます。

SMSは電話番号を使って短いメッセージを送るサービスですが、現在は登録、認証の際に使われることが多いです。

SMSありと無しとでは月額で100~300円程度差があるので、タブレットとは別に電話番号のあるスマホを持っている場合はSMSは無しを選ぶといいでしょう。

おすすめ格安SIMプラン

iPadに合わせるのにおすすめの格安SIMを5つ紹介します。

FUJI WiFi|コスパ最強!キャンペーンのクーポンで月額500円引き

FUJIWiFiはWiFiルーターとSIMのレンタルサービスを行っています。

一般的な格安SIMとは異なり、ソフトバンクのメイン回線のSIMを再販しているため、速度が速く安定している点が高評価です。

さらに特筆すべきはその安さ。20GBから200GBまでの大容量のプランしかありませんが、格安SIMでは5GB~15GBあたりの価格と同じくらいの料金で使うことができます。

プラン 20GB 50GB 100GB 200GB
通常 1,980円 2,480円 2,980円 3,480円
キャン
ペーン
1,480円 1,980円 2,480円 2,980円

さらに2020年4月30日までは月額料金500円引き、契約事務手数料無料のキャンペーン中。

業界でも「安すぎてどこで儲けているのか心配になるレベル」とまで言われているので大きな容量を契約したい場合はとりあえずFUJI WiFiのSIMで検討するといいでしょう。

 

\料金詳細や契約方法も紹介/

FUJI WiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

FUJI WiFiの公式サイトはこちら

 

BIGLOBEモバイル|Youtubeを使うなら絶対おすすめ

BIGLOBEモバイルは、大手プロバイダであるBIGLOBEが運営しているため回線ノウハウを自社で持っている点が強みです。

そのため比較的安定した速度を保っていると言えるでしょう。

月額料金は以下の通り。ドコモとauの回線に対応していますが、SMSなしのプランはdocomoのみ提供となっています。

プラン 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB 容量追加
SMS
あり
1,020円 1,570円 2,820円 4,620円 6,870円 100MB/
300円
データ 900円 1,450円 2,700円 4,500円 6,750円

20GBのプランはキャリアよりも安いですが、30GBだと100円しか差がなくなりお得とは言えなくなってしまうため注意が必要です。

さらにBIGLOBEモバイルでおすすめしたいのが、エンタメフリーオプション。

(画像引用:BIGLOBEモバイル公式サイト

月額+480円(データSIMは+980円)で、Youtubeなどの対象サービスでの通信量をカウントしないようにするオプションです。

動画や音楽の視聴で月の通信量がかさんでしまう人はこのオプションをつけておくと、基本プランの通信量が少ないものでも十分利用できるようになります。

対象サービスは以下の通りです。

エンタメフリーオプション対象サービス 
動画 Youtube/AbemaTV/U-NEXT/Youtube KIDS
音楽/ラジオ Google Play Music/Youtube Music/Apple Music
Spotify/AWA/Amazon Music/LINE Music/radiko
らじる★らじる/dヒッツ/RecMusic/楽天ミュージック
電子書籍 dマガジン/dブック/楽天マガジン/楽天Kobo
SNS FaceBook Messenger

なお、対象サービス内であってもエンタメフリーとならない機能があるため、利用する際はよく確認しましょう。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイル|SNSの利用が多い人向け

LINEモバイルでは3つのキャリアすべてから回線を選ぶことができます

SoftbankのデータSIMは少ないのでSoftbankのスマホを使用したい人にはうれしいですね。

注目したいのは最も安い1GBのプランでもLINEの通信量をカウントしないオプションが無料でついていること。

そのためLINEでの通信が主で他はあまり使わないという人にはぴったりです。

さらにコミュニケーションフリープランではLINEのほかにTwitter、Instagram、Facebookと人気のSNSの通信量も0になるため、契約した容量以上に使用することが可能。

「動画は主に家で見るけどSNSは外でも使いたい!」という場合に最適です。

プラン   1GB 3GB 5GB 7GB 10GB 容量追加
LINE
フリー

SMS 620円 0.5GB/
500円
1GB/
1,000円
※3GB/
3,000円
データ 500円
コミュニケー
ションフリー

SMS 1,110円 1,640円 2,300円 2,640円
MUSIC+ SMS 1,810円 2,140円 2,700円 2,940円

※容量追加の3GBはauのみ。docomo回線、Softbank回線は月10回まで、au回線は月3回まで

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINKSMATE|ゲーマー御用達のカウントフリーオプション

LINKSMATEは多様なゲームや動画サイト、SNSでの通信量が90%カットされるという珍しいオプション(月額500円)で人気の格安SIMです。

契約した容量が多くなくても、使った分をカットされるのであれば問題ありませんよね。

(画像引用:LINKSMATE公式サイト

ゲーム以外にもTwitterなどのSNSやAbemaTVなどの動画も対象サービスに含まれています。対象コンテンツもどんどん増えているため、現在対象サービス外でも今後追加されることも大いに考えられます。

カウンフリーオプション対象サービス 
ゲーム アイドルマスター/あんさんぶるスターズ!/
エレメンタルストーリー/オルタンシアサーガ/
ガールフレンド(仮)/グランブルーファンタジー/
荒野行動/Shadowverse/レビュースタァライト/
刀剣乱舞/バンドリ/FINAL FANTASY/
プリンセスコネクト/マギアレコードなど
動画/音楽など AbemaTV/U-NEXT/niconico/AWA/Abemaマンガ
ビデオマーケット/Mirrativなど
電子書籍 dマガジン/dブック
SNS Twitter/FaceBook/Instagram

さらにLINKSMATEではこまめに回線の増強を行いユーザーにお知らせしたり、リアルタイムな回線速度を公式で確認することができるなど、通信品質が気になる利用者にはうれしいサポートが揃っています。

(画像引用:LINKSMATE公式サイト

ただしあくまで格安SIMなので、かなり精密な速度が必要となるゲームではさすがにラグを感じることがあります。過信は禁物です。

料金プランは以下の通り。100MB~1TBまで細かくプランがわかれているため、抜粋して紹介します。回線はdocomoのみです。

プラン 1GB 5GB 10GB 20GB 30GB 容量追加
SMS
あり
500円 1,500円 2,500円 4,200円 5,400円 100MB/200円
1GB/1,000円
データ 380円 1,380円 2,380円 4,080円 5,280円

LINKSMATE公式サイトはこちら

楽天モバイル|低速の使い放題プランが魅力

楽天モバイルにはデータ通信のプランもありますが、おすすめなのは通話SIMのプラン「スーパーホーダイ」です。

通常格安SIMやキャリアのスマホは、契約した容量を超えてしまうと最大200Kbpsや128Kbpsというメールなどのテキストデータしか使えない速度になってしまいます。

しかし楽天モバイルでは契約したプランの容量を超えても、最大1Mbpsというほかの格安SIMの約5倍の速度で通信することが可能です。

もちろん「最大速度」なので、1Mbpsが保証されているわけではありませんが、通信制限後でも使えるという口コミは多いです。

ちなみに1MbpsはYoutubeの標準画質動画が見られる程度の速度。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 最近ではdocomoが制限時最大速度を128Kbpsから1Mbpsに変...

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説

楽天モバイル公式サイトはこちら

iPadをセットで購入できるMVNOはある?

キャリアのようにiPadの端末とSIMをセットで購入し、支払いをまとめたいという人も多いと思いますが、残念ながら2019年11月現在、iPadと格安SIMをセットで販売しているMVNOは見つけられませんでした。

しかし、今後サービスを提供する可能性はありますし、iPad以外のタブレット端末であればセットで取り扱いをしているMVNOもあります。

格安SIM 取扱端末
LINEモバイル MediaPad M5 lite 8(HUAWEI)
MediaPad T5(HUAWEI)
LINKSMATE MediaPad T5(HUAWEI)
OCN
モバイルONE 
MediaPad T3 10(HUAWEI)
YOGA Tab 3 10(Lenovo)
mineo MediaPad M5 lite(HUAWEI)
イオンモバイル MediaPad T5(HUAWEI)
Y!mobile MediaPad T2 Pro/M3 lite s(HUAWEI)
TAB 4/3(Lenovo)

ただしMVNOでは基本的に型落ちした端末しか取り扱っていないため、最新機種が欲しい場合は前述した通り、公式ストアなどで購入しましょう。

キャリアで契約するのとどれくらい違う?

以前までキャリアでの契約は月額料金が高い代わりに、端末の割引が受けられるというメリットがありました。

しかし電気通信事業法が2019年10月に改正されたことにより、割引がなくなりキャリアで端末を購入する意味は今やほぼありません。

各キャリアのiPadで利用できるプランは以下の通り。

月額料金 通信量
ドコモ
6,980円 30GB
2,980円~ 1GB~
au
5,500円 20GB
Softbank
7,480円 50GB
2,980円~ 1GB~

これだけでは高いかどうかわかりませんが、たとえば各キャリアのスマホ1GBプランと格安SIM(LINEモバイル)の料金を比較すると、最大で月に2,500円近く差が出てしまうことがわかります。

1GB比較01

他にも、キャリアではタブレットとスマホの通信量を共有する「データシェア」のプランがあります。

月々の通信量をまとめて計算できるのがメリットですが、データシェアプランに加入したからといって使用できる容量が増えるわけではありません。

(画像引用:au公式サイト

データシェアプランの料金は以下の通り。

データシェア月額料金
ドコモ 1,000円
au 1,000円
Softbank 980円

毎月スマホの通信量を余らせてしまう場合はいいかもしれませんが、月額1,000円あれば格安SIMなら3GBは使用できます。

月の通信量に余剰がなく通信制限を気にしながら利用している場合は、たとえ現状キャリアのスマホを使っていても、iPadは別に格安SIMを利用した方がいいでしょう。

大容量のSIMを契約するなら、ポケットWiFiを使うという手も

格安SIMはキャリア3社のプランに比べると安く契約できますが、実は容量が大きくなるにつれてその金額差は小さくなってしまいます。

たとえば1日1GB程度利用する場合、月30GB以上のプランで契約する必要がありますが、ドコモで提供されている30GBプランと楽天モバイルの差額は約800円~1,500円

1GBプランでは2,500円近く安くなっていたのに対し、メリットが小さくなっていることがわかります。

一方、WiMAXやどんなときもWiFiなど無制限プランのあるポケットWiFiの月額料金は3,500円前後。(WiMAXには3日10GBの短期制限があります)

ルーターを持ち歩かなければならないデメリットはありますが、スマホ1台分くらいの荷物が気にならないという人にはこちらの方がおすすめです。

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際は...

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?

iPad+格安SIMのおすすめ運用方法

iPadと格安SIMを組み合わせた場合のおすすめの使い方について紹介します。

カーナビとして使用するなら1~3GBで十分

格安SIMとタブレットの組み合わせで人気なのがカーナビとしての利用です。

GoogleMapは通信量が少なく、1GBで300時間ほど利用することができます。

毎日2時間程度カーナビを使っても月60時間なのでおつりがきますね。

他に店の検索機能を利用したりすることを考えても、3GBあれば十分でしょう。

ただし、動画などを見る場合はかなり通信量を消費してしまいます。

小さい容量のプランで契約する場合は自宅の固定回線などであらかじめ動画をダウンロードしておくか、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを利用するのがおすすめ。

動画以外だとSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスも通信量が意外と大きいので要注意です。

Spotify(スポティファイ)のデータ通信量は意外に多い?音質ごとの目安や節約方法
Spotify(スポティファイ)は配信曲数4000万曲以上の音楽ストリーミングサービス。 運営はスウェーデンの企業ですが、無料で音楽が聴き放題とあって2019年現在、2億3,200万人ものユーザーを抱える人気サービスとなっています。 ...

Spotify(スポティファイ)のデータ通信量は意外に多い?音質ごとの目安や節約方法

通勤、通学中にゲームや動画、電子書籍を楽しむ

タブレットはスマホよりも画面が大きいため、ゲームや動画などを楽しむという人も多いです。

特に雑誌や漫画、小説などの電子書籍は文字が読みやすい分タブレットの方が使いやすいでしょう。

カラーページの多い雑誌は1冊50~300MB前後、漫画は1冊50~100MB、小説が1~30MBあたりの通信量となっています。

雑誌の場合はあらかじめダウンロードしておく方がいいかもしれませんが、テキストの多い小説やページが白黒の漫画は通信量が少ないため、外出先でも気軽に読むことができますね。

ゲームはアプリによって通信量が異なります。

パズドラやツムツムといった1時間使っても1~3MBしか消費しないものもあれば、PUBGモバイルやグラブルのように100MB以上必要なものも。

ゲームを多く楽しみたい場合は対象ゲームの通信量を90%カットするLINKSMATEのカウントフリーオプションを使うのがおすすめです。

子どもの気をそらすために持ち歩くという人も

お店や遊園地などで待ち時間が長い時に、子どもとタブレットを使うという人は多いでしょう。

しかし移動中など、毎回都合よくフリーWiFiのある場所にいるとも限りません。

そういった予期せぬ場合にも、iPadに格安SIMを入れておくと常時通信が可能です。

知育アプリやお絵描きアプリがあると、より楽しく時間をつぶせます。

‎お絵かきバトル
‎◆◆◆◆◆AIシリーズ◆◆◆◆◆ 人工知能があなたの絵を鑑賞して採点します。あなたは何点とれるかな? もちうさ(人工知能)から絵のコメントもあるよ。お楽しみにね!お絵かきの腕前ランキングで世界中のユーザーに挑戦しよう! ◆◆◆◆◆◆遊び方◆◆◆◆◆◆ 人工知能からお題がでますので、イラストを描いてね。AIがあなたの...

高齢者には大きい画面がうれしい!Facetimeでビデオ通話も

スマホの画面では小さすぎて文字が読みにくいというシニア層にもタブレットは人気。

iPadにはデータ通信でビデオ通話ができるfacetimeのアプリが搭載されているため、割高な通話SIMを利用するよりお得です。

(画像引用:Apple公式サイト

またLINEやSkypeといった無料通話アプリでもビデオ通話を行うことができます。

中でもLINEモバイルではLINEのトークや通話の通信量が消費されない「カウントフリー」が標準装備されているため、そちらを使うのもおすすめです。

結論:iPadと格安SIMは相性抜群!大容量使うならポケットWiFiの方がお得な場合も

iPadで格安SIMを使うなら、まずはiPadが「セルラーモデルであること」、「SIMフリーもしくはSIMロックが解除されている状態であること」を確認しましょう。

格安SIMの種類はたくさんありますが、データ容量、回線、速度、通話やSMSの有無から最適なプランを選ぶのが大切です。

料金だけを見て選ぶと、速度が著しく遅かったり、容量が足りなくなってしまったりするため、どういった用途で使うのかあらかじめ思い描いておくといいですね。

特におすすめの格安SIMは以下の通り。

  • FUJI WiFi→20GB以上の大容量を使うならこれ
  • BIGLOBEモバイル→Youtubeのカウントフリー
  • LINEモバイル→LINEのトークや通話がカウントフリー
  • LINKSMATE→対象ゲームなどがカウントフリー
  • 楽天モバイル→1Mbpsの低速状態で通信し放題

通話機能をもたないデータ通信のみのプランはこちらの記事も参考にしてください。

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介
格安SIMには大きく分けて2種類「通話SIM」と「データSIM」とがあります。 通話SIMはその名の通り電話ができるSIMですが、データSIMは電話番号での通話ができないデータ通信のみ可能なSIMを指します。 特にタブレットやモ...

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介

ただし大容量のプランになると、いくら格安SIMといえど、キャリアの月額とさほど変わりなく高くなってしまいます。

その場合は、無制限に通信ができるポケットWiFiを持ち歩くのがコストが抑えられるためおすすめです。

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際は...

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?