光回線

【2022年版徹底比較】光回線のおすすめは?料金・キャッシュバック・セット割からわかるおすすめランキングや初心者でもわかる失敗しない選び方をまとめて紹介

スポンサーリンク

光回線サービスは現在、非常に多くの種類があります。その為、なかなか自分で最適なものを選ぶのは困難です。

ただ面倒だからと適当なものを選ぶのNG。光回線サービスは月額料金やキャッシュバック、工事費、割引内容などが大きく異なり、間違った光回線を選んでしまうと年間で数万円も損してしまうことになりかねないからです。

そこで今回は、それぞれの人に応じたおすすめの光回線を紹介しています。

  1. 【すぐに知りたい人向け】おすすめ光回線はこれ!
  2. 光回線とは?スマホとの違いやメリット・デメリットをチェック
    1. 光回線とスマホの違い
    2. 光回線のメリット・デメリット
      1. 光回線のメリット
      2. 光回線のデメリット
  3. 光回線の選び方、これを見れば失敗なし
    1. 光回線の対応エリアをチェック
    2. 【集合住宅向け】マンション・アパートでは何が対応しているかチェック
    3. スマホとのセット割を特に重視
    4. 大手の光回線から選ぶ
    5. キャッシュバックも含めて実質料金が安いところを選ぶ
    6. 回線速度はそこまで気にする必要はない
    7. 契約期間は気にする必要なしだが、工事費用は要チェック
  4. 光回線比較表とスマホ別おすすめ光回線
    1. 主要光回線の比較表
    2. スマホ別のおすすめ光回線
      1. ドコモ(ahamo除く)
      2. auユーザー(povo除く)、UQモバイルユーザー
      3. ソフトバンクユーザー(LINEMO除く)
      4. Y!mobileユーザー
      5. 楽天モバイルユーザー
      6. その他格安SIMのユーザー
  5. 主要光回線の詳細情報
    1. ドコモ光
    2. auひかり
    3. ソフトバンク光
    4. NURO光
    5. So-net光プラス
    6. ビッグローブ光
    7. 楽天ひかり
    8. OCN光
    9. eo光
    10. コミュファ光
    11. ピカラ光
    12. おてがる光
    13. BB.excite光Fit
  6. 地域別の利用可能な光回線
    1. 北海道
    2. 東北地方
    3. 関東・甲信越地方
    4. 東海地方
    5. 北陸地方
    6. 関西地方
    7. 中国地方
    8. 四国地方
    9. 九州地方
    10. 沖縄地方
  7. 光回線Q&A
    1. 光回線が利用できるようになるまでの期間は?
    2. 新規契約・転用・事業者変更の違いは?
    3. 派遣工事か無派遣工事はどう決まる?
    4. 特定の光回線が利用可能かどうかを調べるには?
    5. マンション・アパートで新たな光回線に対応してもらうことは可能?
    6. 光回線の導入ができない場合は?
  8. 光回線をさらに詳しくチェック
    1. 光回線の種類
    2. プロバイダとは?
  9. おすすめ光回線まとめ

【すぐに知りたい人向け】おすすめ光回線はこれ!

光回線を選ぶ上で重要なのが、自分が現在どのスマホキャリアを使っているかです。

光回線にはスマホとセットで使うことで大きな割引を受けるケースが多々ある為、基本的にはセット割が適用できるものを選ぶ必要があります(格安SIMの場合は例外)。

そして各スマホキャリアごとのおすすめ光回線は以下の通りとなります(月額料金・キャッシュバック・セット割の内容等のコスパや評判等から)。

利用スマホ 1位 2位 3位 4位
ドコモ ドコモ光
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ソフトバンク光
(光コラボ)
au
UQモバイル
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
eo光
コミュファ光
ピカラ光
So-net光プラス
(光コラボ)
ソフトバンク ソフトバンク光
(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
Y!mobile ソフトバンク光
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
楽天モバイル 楽天ひかり
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
その他格安SIM auひかり
(光コラボ)
ビッグローブ光
(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
ソフトバンク光
(光コラボ)

なお、さらに詳しい比較や各光回線サービスの詳細、光回線の選び方については下記で紹介しています。

光回線とは?スマホとの違いやメリット・デメリットをチェック

光回線とは、光ファイバー(光を通すケーブル)を利用した通信回線のこと。電柱を伝っているケーブルを通して、データの送受信を行います。

インターネット通信を行う手段には光回線以外にも、スマホ・ホームルーターのように基地局からの電波を利用する方法があります。

ただそれぞれで以下の通り、特徴が異なります。

光回線とスマホの違い

光回線 スマホ ホームルーター
通信方法 光ケーブルを
利用
基地局からの
電波を利用
基地局からの
電波を利用
通信速度
通信
安定性
利用可能
範囲
狭い 広い 狭い
同時接続
台数

(10台程度)

(テザリング)

(10台程度)
手軽さ
(工事が必要)

(すぐ使える)

(工事不要)

光回線は有線でインターネット通信を行う為、利用を開始するには基本的に接続工事が必要となります(既存回線があれば不要)。また当然ですが、エリアも自宅に設置したWiFiルーターが届く範囲内に限られます。

ただ有線である分、通信速度や通信安定性は基地局からの電波で通信する方法よりも優れており、快適に利用することができます。

高画質の動画視聴やアプリ・電子書籍のダウンロード、オンラインゲームなどを利用する場合に、特に大きな恩恵があると言えるでしょう。

またスマホのように月の通信量に限度がなく、自宅でインターネットを利用する人が多い人(家族を含めて)は光回線をつなぐことをおすすめします。

光回線のメリット・デメリット

あらためて、光回線のメリットとデメリットをまとめます。

光回線のメリット

  • 通信速度が速く、安定している
  • 通信量の上限がない
  • スマホとのセット割で大きな割引がある
  • コスパが良く、通信費を抑えることができる
  • 固定電話を使える(オプション)

光回線の最大のメリットは回線品質の良さ。ケーブルを引き込む有線接続である為、スマホやモバイルWiFiのように電波干渉の心配がさほどなく、速度が速く途切れることが少ないです。またオンラインゲームで遊ぶ際に重要となるPing値(応答速度)の値も優れてます。

また特定の光回線とスマホを利用している場合、セット割として大きな割引があるのも大きなメリットの一つ。プランによっては1台あたり1,000円、家族で使う場合であれば人数分となるのでかなりの金額となります。

そもそも光回線は他の通信手段に比べてコスパが良く、家庭全体の通信費を抑えることもできます。
光回線の料金はキャッシュバック等も考慮すると3〜4,000円程。それで家族全員が無制限に使うことができます。
スマホで大容量のプランを利用するより、スマホの低容量プラン+光回線とした方が圧倒的にやすいです。

他にも月500円程度で自宅に固定電話(光電話)を置くことも可能で、NTTの電話を使う場合よりもかなり安く利用することができるといったメリットもあります。

光回線のデメリット

  • 自宅でしか使えない
  • 開通工事や開通手続きが必要で、開通までに時間がかかる

当然ではありますが、光回線の利用可能範囲は自宅に設置したWiFiルーターの電波が届く範囲内。スマホやモバイルルーターのように持ち歩いてどこでも使えるというものではありません

また有線接続が必要となる光回線は、契約後に開通工事や開通手続きが必要となる場合があります。
工事が不要となることもある(すでに光回線の設備がある場合など)ものの、工事が必要な場合は開通まで時間がかかってしまいます。
平均すると開通まで1〜2ヶ月程度はかかってしまうのが一般的で、使えるようになるまで待たなくてはいけない期間があることは理解しておかなければなりません。

光回線の選び方、これを見れば失敗なし

光回線は万人にこれがおすすめ!と言えるものはなく、様々なポイントを踏まえて選んでいく必要があります。そのポイントが以下の4つです。

  • エリア内の光回線を選ぶ
  • マンションに対応している光回線を選ぶ(マンションタイプのみ)
  • スマホとのセット割を重視する
  • 大手の光回線会社から選ぶ
  • キャッシュバックを含めてトータルでお得なものを選ぶ

光回線の対応エリアをチェック

光回線を選ぶ上でまず重要なのが、自分が住んでいる地域・エリアではどんな光回線が利用可能なのかという点です。

光回線サービス各社は、以下の通り地域によって対応していない場合があります。

  • 光コラボレーション(ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光など)・・・全国対応
  • auひかり・・・中部・関西・沖縄は非対応
  • コミュファ光・・・中部圏のみ対応
  • eo光・・・関西圏のみ対応
  • NURO光・・・北海道、関東圏、中部圏、関西圏、中国圏の一部、九州圏の一部が対応(下記図参照)

【NURO光の提供エリア】

NURO光エリア

主要な光回線は光コラボで全国対応となっていますが、auひかりやNURO光はエリアが限られている点にます注意が必要です。

【集合住宅向け】マンション・アパートでは何が対応しているかチェック

マンションやアパートといった集合住宅に住んでいる人の場合、その集合住宅にはどんな光回線が対応しているのかも確認しておかなければなりません。

  • フレッツ光対応・・・光コラボから選択
  • auひかり対応・・・auひかりを選択
  • NURO光対応・・・NURO光を選択
  • 電力系光回線対応(※1)・・・それぞれの地域の対応サービスを選択(※2)

※1:各電力会社が電力線網を利用して提供している光回線サービス
※2:eo光(関西電力)、コミュファ光(中部電力)、MEGA EGG(中国電力)、Pikara光(四国電力)、BBIQ(九州電力)

ちなみに最も多いのがフレッツ光に対応しているマンション。まれにauひかりしか対応していないというマンションもありますが、ほとんどのマンションはフレッツ光対応で光コラボを利用できます

またマンションによってはフレッツ光もauひかりもどちらも使うことができるというところもありますね。

スマホとのセット割を特に重視

もし住んでいるマンションがauひかりしか対応していないというのであれば、もうauひかりを選ぶしかなくなりますが、ほとんどのマンションは光コラボには対応しているので選択肢は豊富ですし、戸建てに住んでいる人も色々なところを選べます。

ではどんな光回線を選べば良いか。それはスマホとのセット割が適用されるところを選ぶということです。特にキャリアの場合、光回線とスマホのセット割による割引額が大きいので特に重要となります。

3大キャリア以外のスマホを利用している場合はセット割がなかったり、あっても割引額が少ないので気にしなくて良いですが、ドコモ・ソフトバンク・auを使っている場合はセット割りがあるスマホから選ぶようにしましょう。

大手の光回線から選ぶ

光回線の中でも光コラボは事業者の参入障壁が低く、現在は600社以上がサービスを提供しています。

ただこれら全ての会社を比較してベストを探す必要はありません。光回線を選ぶ場合、知名度の高い大手から選ぶのが吉だからです。

大手であるということは資金力もあり、サポート等がしっかりしています。また月額料金やキャッシュバック等も大手の方が優れている傾向があります。

正直、10社程度から自分にあったものを選ぶだけで十分です。

キャッシュバックも含めて実質料金が安いところを選ぶ

光回線のキャッシュバック額は全くないところもあれば、6万円以上なんてところもあります。

多少月額料金が高くてもキャッシュバックが多ければ実はお得だったり、月額料金が他社より安くてもキャッシュバックが全くなくて実は損することもあったりとするのが光回線なんですよね。

だからこそ、見るべきは実質料金。月額料金や、初期費用や工事費用からキャッシュバック額を引き、契約期間で割った料金で比較するのが最も正しくコスパが良いものを選べる方法です。

回線速度はそこまで気にする必要はない

もし回線速度を求めるなら、光コラボよりは独自回線を利用するNURO光やauひかりが平均的に速い速度がでるのでおすすめです。特にNURO光は最大2Gbps(他社は最大1Gbps)と速度が速いことを売りとしています。

ただ、ほとんどの人は気にする必要なし。ネット閲覧、動画視聴はもちろん、オンラインゲームでもどの光回線でも必要十分で、それ以上の速さを求めてもオーバーペックとなってしまう人がほとんどだからです。

また光コラボの中でどれが良いかというのも、速度面ではあまり気にする必要はないでしょう。

備の充実度、IPv6の対応有無で各プロバイダごとに通信速度は変わるというのも事実ですが、大手の光回線サービスではしっかり対応されているので気にするほどの差はありません。

それよりも、回線の混雑具合やマンションでの接続方式、ルーター等の性能が速度への影響度が高いので光回線を選ぶ場合は料金主体で選んで行きましょう。

契約期間は気にする必要なしだが、工事費用は要チェック

以前まで多くの光回線は2〜3年の契約期間が設定されており、その期間内に解約する場合には1〜2万円程度の違約金がかかるように設定されていました。

しかし電気通信事業法の改正により、解約時に請求できる上限金額が「月額利用料相当額」に変更。ようするに違約金の上限は1ヵ月分の利用料が上限となり、どこの会社も月額料金の3,000〜4,000円へと変更されています。

すなわち、たとえ契約期間内の解約であっても高額な違約金をとられることはなくなったので、契約期間をわざわざ気にする必要はなくなったということです。

一方で、「工事費用の残債」については注意しなければなりません。

工事費用は業者によって2〜4万円程度と高額ですが、多くの光回線業者では分割払い(24ヶ月もしくは36ヶ月)として、かつ毎月支払う工事費用を月額割引と相殺して「実質無料」という形をとってくれていますので実際は工事費の負担なしで利用できるようにしてくれています。

ただ分割払いが終わる前に解約してしまうと、分割払いしていた工事費用の残額(24回払いを12ヶ月で解約すると残債は工事費用の半分)をまとめて支払わなければなりません。当然割引はなくなるので、自己負担として解約のタイミングが早ければ早いほどに高額な出費が必要となってしまうということです。

すなわち、もし2年もしくは3年で解約する可能性があるならば、極力工事費用がかからないところや、キャッシュバックが多い(工事費用と相殺できる)ところを選ぶ必要があると言えるでしょう。

工事費用について

光コラボを利用する場合、以下のパターンでは光回線の設備が整っている場合がほとんどで、自宅での工事が不要となる「無派遣工事」となります。
無派遣工事の場合は、工事費用が2〜3,000円程度と派遣工事に比べてかなり安く、残債等を気にする必要がなくなるので、もし自宅に設備があるなら光コラボの中から光回線を選ぶことをおすすめします。

  • 過去に使っていて光コンセントが設置されている場合
  • マンション建築時に光コンセントを設置してくれている場合
  • 光コラボから光コラボへの乗り換え

光回線比較表とスマホ別おすすめ光回線

ではここからはスマホ別のおすすめの光回線を紹介していきます。

主要光回線の比較表

(横にスクロールできます)

ドコモ光 auひかり ソフトバンク光 NURO光 So-net光プラス ビッグローブ光 楽天ひかり OCN光 eo光 コミュファ光 ピカラ光 おてがる光 BB.excite光Fit
回線種類 光コラボ 独自 光コラボ 独自 光コラボ 光コラボ 光コラボ 光コラボ 電力 電力 電力 光コラボ 光コラボ
料金
戸建 5,720円 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
5,720円 5,200円 6,138円 5,478円 5,280円 5,610円 1年目:3,280円
2年目〜:5,448円
1年目:2,980円
2年目〜:5,170円
1〜2年目:4,950円
3〜4年目:4,840円
5〜6年目:4,730円
7年目〜:4,620円
4,708円 〜30GB:3,520円
〜200GB:4,290円
〜500GB:5,060円
500GB〜:5,830円
マンション 4,400円 4,180円 4,180円 2,750円 4,928円 4,378円 4,180円 3,960円 1〜2年目:3,326円〜
3年目〜:3,876円〜
1年目:2,450円
2年目〜:4,070円
1〜4年:3,740円
5年目〜:3,608円
3,608円 〜30GB:2,640円
〜200GB:3,410円
200GB〜:4,180円
セット割
対応スマホ

ドコモ
(最大1,100円引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
ソフトバンク
(最大1,100円引)
Y!mobile
(1,188円割引)
ソフトバンク
(最大1,100円引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
BIGLOBEモバイル
(330円割引)
楽天モバイル
(1年間無料)
OCNモバイルONE
(220円割引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
mineo
(330円割引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
au
(最大1,100円引)
UQmobile
(858円割引)
なし なし
工事費用
(新規工事)
戸建 0円 41,250円 26,400円 43,000円 26,400円 19,800円 19,800円 19,800円 29,700円 27,500円 27,500円 19,800円 15,000円
マンション 33,000円 16,500円 16,500円 16,500円 0円 27,500円 27,500円 16,500円 15,000円
工事費用
負担額

完全無料 実質無料
(35ヶ月間割引)
実質無料
(24ヶ月間割引)
実質無料
(36ヶ月間割引)
実質無料
(23ヶ月間割引)
割引なし
(36ヶ月分割払い)
割引なし
(24ヶ月分割払い)
割引なし
(20ヶ月分割払い)
実質無料
(24ヶ月間割引)
条件付で
実質無料
(24ヶ月間割引)
完全無料
(条件付き)
実質無料
(12ヶ月間割引)
割引無し
(一括のみ)
最大
キャッシュバック

35,000円

dポイント
2,000pt
66,000円 37,000円 45,000円
(戸建)
25,000円
(マンション)
60,000円 62,000円 なし なし 最大10,000円 最大41,000円 30,000円 なし なし
対応
エリア

全国 全国
(東海・関西
・沖縄を除く)
全国 一部地域のみ
(※)
全国 全国 全国 全国 関西 東海 四国 全国 全国

※各光回線の業者は戸建・マンションのタイプによて若干異なります。ここでは比較的利用者が多い料金を掲載しています。
※NURO光のエリアは上記参照
※工事費用は通常工事(新規開通工事)のみの料金で、土日祝日工事の追加工事料等は含まれていません。

スマホ別のおすすめ光回線

光回線を選ぶ上で、最も重要となるのは自分がなんのスマホを使っているかという点です。光回線×スマホのセット割が適用できるのであれば、選ぶべきはその対象となる光回線です。

その点を考慮し、以下がスマホ別のおすすめ光回線となります。

利用スマホ 1位 2位 3位 4位
ドコモ ドコモ光
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ソフトバンク光
(光コラボ)
au
UQモバイル
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
eo光
コミュファ光
ピカラ光
So-net光プラス
(光コラボ)
ソフトバンク ソフトバンク光
(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
Y!mobile ソフトバンク光
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
楽天モバイル 楽天ひかり
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
その他格安SIM auひかり
(光コラボ)
ビッグローブ光
(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
ソフトバンク光
(光コラボ)

ドコモ(ahamo除く)


ドコモユーザーがセット割の対象となるのはドコモ光
光コラボで全国が対象となっているので戸建てタイプであればほぼ利用可能ですし、マンションタイプについてもフレッツ光回線が導入されている場合が多いので、だいたい利用できます。
キャッシュバックもあり、工事費は完全無料なのでまず一番おすすめできる光回線です。

ただ一部マンションではフレッツ光の回線が導入されておらず、auひかりやNURO光の回線しか選べないというケースがあります。

その場合はそれら対応している光回線を選ばなければなりませんが、auひかりもNURO光もキャッシュバックや回線速度、工事費(実質無料)等を考慮しても十分おすすめできる光回線なので、安心して利用して大丈夫です。

なお、ドコモがだした格安プランであるahamoはドコモ光とのセット割が対象外なので、下記の「その他格安SIMのユーザー」欄を確認してください。

auユーザー(povo除く)、UQモバイルユーザー


auもしくはUQモバイルを利用している場合、セット割(auスマートバリュー、UQ自宅セット割)が適用できる光回線が複数あるので、地域・マンションで利用可能な回線に応じて選ぶことが可能です。

まず最もおすすめなのがauひかり。キャッシュバックが高額で工事費も実質無料、月額料金も安いです。

ただauひかりは一部地域(中部、関西、沖縄)が対象外となっていたり、マンションによっては導入不可の場所も多いので、その場合は光コラボ(全国可・導入済みマンション多数)であるビッグローブ光(セット割適用可)をおすすめします。

また電力会社系の光回線であるeo光(関西)、コミュファ光(中部)、ピカラ光(四国)もおすすめ。
セット割が適用可能で月額料金が安く、キャッシュバックや工事費(実質無料)と優秀です。また各光回線で電力とのセット割が適用できる場合もあります。

ソフトバンクユーザー(LINEMO除く)


ソフトバンクとのセット割が適用できるのはソフトバンク光もしくはNURO光。

ソフトバンク光は高額なキャシュバック・工事費実質無料など、お得な特典も多いのでおすすめです。

NURO光は導入可能な地域・マンションが少ないものの、もし利用可能であれば使いたい光回線の一つです。

もしソフトバンク光の導入が不可(マンションの導入されていない・過去に使ったことがあって特典を受けることができない)という場合はauひかりを選ぶのも一つの選択肢としてあり。セット割こそ受けることはできませんが、auひかりは高額キャッシュバック等を考えても十分お得です。

またこのタイミングでauひかりとのセット割が適用できるauやUQモバイルのスマホを変えるというのもおすすめできる方法です。

Y!mobileユーザー


Y!mobileでセット割の対象となるのはソフトバンク光のみ。ソフトバンクではNURO光もセット割の対象となりましたが、Y!mobileではNURO光が対象となりませんので気をつけてください。

Y!mobileはソフトバンク光とのセット割で1台あたり毎月1,188円の割引となります。4人家族であれば4,752円の割引。かなり大きく、スマホが3GBで月990円、15GBで2,090円で使うことができるのでセットで使うと通信費をかなり抑えることができます。

楽天モバイルユーザー


楽天モバイルを利用している人が楽天ひかりに申し込むと、月額利用料が1年間無料となるキャンペーンが行われています(工事費の支払いは発生)。
トータルの割引額を月額料金から換算すると、戸建タイプで63,360円、マンションタイプで50,160円となり、お得に利用できます。

ただ楽天ひかりにはキャッシュバックや工事費負担がないので、他社で高額キャッシュバックや工事費全額負担があるところを選ぶのもあり。

auひかりやNURO光、ビッグローブ光であればセット割がなくても楽天ひかりと同等のお得度で利用することができるのでおすすめです。

その他格安SIMのユーザー


MVNOタイプの格安SIMを利用しているユーザーは、基本的にセット割を考慮する必要はないでしょう。

なぜならそれらの格安SIMの場合はセット割による割引額がそこまで大きくはなく、それよりもキャッシュバック額が多い・工事費が無料で利用できるといった会社を選ぶ方が結局は安く利用できるからです。

その観点からおすすめなのが、au光・ビッグローブ光・NURO光です。導入可能な光回線に応じて、その3つから選ぶと良いでしょう。

主要光回線の詳細情報

ここからは、上記で紹介した光回線のさらに詳しい情報を紹介していきます。

ドコモ光

ドコモ光トップ用

ドコモ光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ ドコモ
月額料金
戸建 5,720円
マンション 4,400円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 5,500円
マンション 4,180円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):19,800円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事):16,500円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 通常工事料完全無料(※1)
最大キャッシュバック 35,000円
オプション 電話:550円
ひかりTV:1,100円〜
その他特典 WiFiルーターレンタル0円
dポイント2,000ptプレゼント
セキュリティサービス1年間無料
対応エリア
全国
申し込み先 ドコモ光

※1:土日工事や夜間工事等の追加料金がある場合は割引対象外

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • ドコモとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 工事費が無料、工事費の残債が残る心配もなし
  • 高額キャシュバックなどお得な特典が豊富

光コラボであるドコモ光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

ドコモ光の最大のメリットは工事費が完全無料となる点。他の光回線のように実質無料(24〜36ヶ月間、工事費用を割り引く形)ではない為、途中解約した場合でも工事費用の残債を請求されることがありません。

キャッシュバックも高額で、ルーターレンタルも無料など特典も豊富であり、セット割が適用できるドコモユーザーにはおすすめの光回線と言えるでしょう。

キャッシュバック詳細

  • 契約から5ヶ月目末に振り込み
  • 加入オプションに応じてキャッシュバック額が変動
  • 振り込み加入後のオプション解約は問題なし

ドコモ光のキャッシュバックは利用開始から4ヶ月目に案内メールが来て、登録すると翌月末(ようするに5ヶ月目の末)に振り込まれます。比較的早期にキャッシュバックを受け取ることができるのがメリットの一つです。

ただしキャッシュバック額は以下の通り加入オプションに応じて料金が変わります。

特典金額 適用条件
35,000円 ひかりTV+DAZN for docomo
18,000円 ひかりTV
15,000円 DAZN for docomo
またはスカパー!
(1,800円以上の商品)
10,000円 dTVまたはdアニメストア
5,500円 なし

オプションは5ヶ月目末の振り込み完了後にいつでも解約してもOKなので、最初は最もキャッシュバック額が大きい「ひかりTV+DAZN for docomo」 に加入することをおすすめします。

セット割詳細

 

対象スマホ:ドコモ

  • 5Gギガホ…1,100円割引/台
  • 5Gギガライト(3GB以上)…1,100円割引/台
  • 5Gギガライト(1GB以上)…550円割引/台

ギガホやギガライトで3GB以上利用した場合は1,100円、ギガライトでステップ2(1〜3GB)までしか使わなかった場合でも550円の割引を受けることができるので、家族でドコモを使っているなら迷わずドコモ光です。
ただしギガライトプランで1GB未満の利用だと割引はないという点に注意が必要です。

docomo光に申し込む

docomo光の詳細、評判・口コミをチェック!

auひかり

auひかり

auひかり
回線種類
独自回線
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
マンション 4,180円
初期費用
3,300円
契約期間
3年
中途解約金
戸建 4,730円
マンション 2,730円
工事費用 戸建 41,250円
マンション 33,000円
工事費用割引額 実質無料
(35ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 66,000円
オプション 電話:550円
(特典等の条件、加入を推奨)
対応エリア
全国
(関西・中部・沖縄除く)
申し込み先 auひかり

特徴

  • au・UQモバイルでセット割による割引あり
  • 月額料金が安く、キャシュバックもかなり高額
  • 工事費も実質無料でコスパ良し
  • 以前あった撤去費用(戸建てタイプ)も支払いの必要なしに変更
  • 一部エリアは対象外、対応していないマンションもあり

独自回線であるauひかりは、月額料金・キャッシュバック・工事費用の観点から非常にコスパが良い光回線となっています。

セット割の対象スマホはauとUQモバイル。どちらかを使っている場合は絶対に利用したい光回線です。

ホームタイプだと以前まで解約時に高額な撤去費用(31,680円)がかかってしまうという問題点がありましたが、現在は変更されて撤去は任意でわざわざ支払う必要がなくなり、コスパ面からセット割が関係ない格安SIMユーザーにも最もおすすめできる光回線となっています。

ただし関西や中部などはエリア外であったり、エリア内でもマンションタイプだと光コラボに比べて導入されていない割合が多いので、あらかじめチェックする必要があるでしょう。

キャッシュバック詳細

  • 契約から最短翌月末に振り込み
  • キャッシュバックの貰い忘れなし
  • 電話オプション加入でキャッシュバックが増額

キャッシュバックは高額である上、最短で翌月末にもらえるという、その他光回線と比べてもトップクラスのありがたさ。

また下記から行ける代理店では申し込み時に手続きが完了するシステムなので、よくありがちなキャッシュバックの貰い忘れもありません。

なおキャッシュバック額は電話オプション(550円)に加入するかどうかで6,000円違います。電話オプションはセット割の適用条件となっていたり、ホームタイプの場合の工事費割引の適用条件となっているので最初から加入することをおすすめします。

セット割詳細

 

対象スマホ:au(スマートバリュー)
適用条件:ネットプラス電話

  • 使い放題MAX…1,100円割引/台
  • ピタッとプラン(1GB以上)…550円割引/台

対象スマホ:UQモバイル(自宅セット割)
適用条件:ネットプラス電話

  • くりこしプランS・M…638円割引/台
  • くりこしプランL…858円割引/台

auの場合は使い放題MAXプランで1,100円の割引、ピタッとプランでも1GB以上の利用で550円の割引を1台ずつ受けることができます。

UQモバイルはくりこしプランSとMで638円、Lであれば858円の割引を1台ずつ受けることができます。

いずれにしても1台あたりの割引額は大きく、家族で複数台使っているのであればauひかりを利用するのが良いでしょう。

auひかりに申し込む

auひかりの詳細、評判・口コミをチェック!

ソフトバンク光

ソフトバンク光トップ用

ソフトバンク光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ ソフトバンク・Y!mobile
月額料金
戸建 5,720円
マンション 4,180円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 5,720円
マンション 4,180円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):26,400円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事)26,400円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 実質無料(※1)
(24ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 37,000円
オプション 電話:550円
(セット割の適用条件)
対応エリア
全国
申し込み先 ソフトバンク光

※1:土日工事や夜間工事等の追加料金がある場合は割引対象外

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • ソフトバンク・Y!mobileとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 工事費が実質無料でキャシュバックもあり

光コラボであるソフトバンク光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

キャッシュバックも高額で工事費も無料とお得度は高く、セット割の対象となるソフトバンクやY!mobileを利用している人には最初におすすめしたい光回線です。

キャッシュバック詳細

  • 契約から最短2ヶ月後に振り込み
  • オプションへの加入条件なし
  • キャッシュバックの貰い忘れなし

キャッシュバックは高額である上、最短で2ヶ月後という短期間でもらえるというメリットがあります。

他社であるようなオプション加入が条件となっていることもなく、ネット加入だけでしっかりもらえます。

また下記から行ける代理店では申し込み時に手続きが完了するシステムなので、よくありがちなキャッシュバックの貰い忘れもありません。

セット割詳細

 

対象スマホ:ソフトバンク
適用条件:ネットプラス電話

  • メリハリ無制限…1,100円割引/台
  • ミニフィットプラン+…1,100円割引/台

対象スマホ:Y!mobile
適用条件:ネットプラス電話

  • シンプルS・M・L…1,188円割引/台

ソフトバンクのありがたいのが、無制限プランだけではなく小容量プランでも使った容量問わずに1台当たり1,100円の割引を受けることができるという点。4人家族であれば4,400円となり、契約しない方がもったいないレベルです。

Y!mobileはソフトバンクよりさらに高額で1台当たり1,188円の割引がプラン問わずに受けることができます。 シンプルプランS(3GB)であれば990円で利用できることになるので、他の格安SIMと同等の料金で利用できるようになります。

ソフトバンク光に申し込む

ソフトバンク光の詳細、評判・口コミをチェック!

NURO光

NURO光トップ用

NURO光
回線種類
独自回線
セット割スマホ ソフトバンク、NUROモバイル
月額料金
戸建 5,200円
マンション 2,750円
初期費用
3,300円
契約期間
3年
中途解約金
戸建 3,850円
マンション 528円
工事費用 戸建 44,000円
マンション 44,000円
工事費用割引額 実質無料
(36ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 45,000円
オプション 電話:550円
(セット割の適用条件)
対応エリア
関東・関西・中部
・北海道等一部地域
申し込み先 NURO光

特徴

  • 最大通信速度2Gbpsの高速通信
  • ソフトバンク・NUROモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 工事費が実質無料でキャシュバックもあり
  • 対応エリアは一部地域のみ、対応マンションも少数

最大通信速度が2Gbpsと他社に比べて高速の通信(他社は1Gbpsが基本)が可能なNURO光。実測値も平均的に他社に比べて速いという結果も出ています(環境にもよるが)。

キャッシュバックもあり、工事費も無料。セット割の対象となるソフトバンクやNUROモバイルを利用しているのであればおすすめの光回線です。

ただNURO光の難点は対応地域が限られている点。全国的に見るとエリア外である場所が多く、またマンションの場合は導入されているところがかなり少数なので、利用したくてもできないというケースが多々あるのが残念なところです。

キャッシュバック詳細

  • 6ヶ月後に案内メールが来るので登録必須
  • オプションへの加入条件なし
  • 受け取り手続き期限は45日

NURO光のキャッシュバックは6ヶ月後にメールでくる案内に沿って手続きを行った後に振り込間れるという仕組み。オプション加入の必要はありません。

注意しなければいけないのが受け取り手続きが45日と限られており、もし手続きを怠るともらえなくなってしまうという点。

かなりの高額キャッシュバックですから、絶対に忘れないようにあらかじめスマホのカレンダー等で登録しておくことをおすすめします。

セット割詳細

 

対象スマホ:ソフトバンク
適用条件:ネットプラス電話

  • メリハリ無制限…1,100円割引/台
  • ミニフィットプラン+…1,100円割引/台

対象スマホ:NUROモバイル
適用条件:同時申し込み

  • NEOプラン、NEOプランLite…792円割引(1年間のみ)
  • VS・VM・VLの音声プラン…792円割引(1年間のみ)

NURO光はソフトバンク光と同様にネットと電話の加入でソフトバンクのスマホ料金が1台当たり1,100円の割引となります。

またNUROモバイルもセット割の対象となりますが、注意しなければいけないのが既存のNUROモバイルユーザーは対象とならないこと。NURO光とNUROモバイルに同時に申し込んだ場合や、NURO光を契約してからNUROモバイルに申し込んだ人だけがセット割の対象となります。
また割引も1年間のみの適用です。

NURO光に申し込む

NURO光の詳細、評判・口コミをチェック!

So-net光プラス

So-net光プラス
回線種類
光コラボ
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 6,138円
マンション 4,928円
初期費用
3,500円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 4,580円
マンション 3,480円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):26,400円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事)26,400円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 実質無料
(24ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 60,000円
オプション 電話:550円
(セット割の適用条件)
その他特典 WiFiルーターレンタル無料
セキュリティソフト無料
対応エリア
全国
申し込み先 So-net光プラス

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • au、UQモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 工事費が実質無料でキャシュバックもあり
  • 月額料金が他社よりもちょっと高い

光コラボであるSo-net光プラスの対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

キャッシュバックがかなり高額で工事費ですが、月額料金が他社に比べてちょっと高めなのが難点です。

セット割の対象となるのはauやUQモバイルで、auひかりを利用できない人(エリア外やマンション対応外の場合)は光コラボであるSo-net光プラスは一つの選択肢となるでしょう。

キャッシュバック詳細

  • 6ヶ月後、12ヶ月後の2回に分けて支給
  • オプションへの加入条件なし
  • 受け取り手続き期限は45日

キャッシュバックは6ヶ月後に1回目、12ヶ月後に2回目と2回に分けて支給されます。

どちらも受け取り手続きの期間が45日と定められている上、自分で手続きページから申請する必要があるので忘れないようにかなり気をつけなければいけません。

かなりの高額キャッシュバックですから、絶対に忘れないようにあらかじめスマホのカレンダー等で登録しておくことをおすすめします。

セット割詳細

 

対象スマホ:au(スマートバリュー)
適用条件:ネットプラス電話

  • 使い放題MAX…1,100円割引/台
  • ピタッとプラン(1GB以上)…550円割引/台

対象スマホ:UQモバイル(自宅セット割)
適用条件:ネットプラス電話

  • くりこしプランS・M…638円割引/台
  • くりこしプランL…858円割引/台

auの場合は使い放題MAXプランで1,100円の割引、ピタッとプランでも1GB以上の利用で550円の割引を1台ずつ受けることができます。

UQモバイルはくりこしプランSとMで638円、Lであれば858円の割引を1台ずつ受けることができます。

So-net光プラスに申し込む

So-net光プラスの詳細、評判・口コミをチェック!

ビッグローブ光

ビッグローブ光

ビッグローブ光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 5,478円
マンション 4,378円
初期費用
3,300円
契約期間
3年
中途解約金
戸建 4,230円
マンション 3,360円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):19,800円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事):16,500円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 なし
最大キャッシュバック 最大62,000円
オプション 電話:550円
(セット割の適用条件)
その他特典 WiFiルーターレンタル6ヶ月無料
対応エリア
全国
申し込み先 ビッグローブ光

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • au、UQモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • キャッシュバックが高額で月額料金も安い

光コラボであるビッグローブ光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

工事費の割引はないものの、キャッシュバックがかなり高額かつ月額料金が安いというメリットがあります。光コンセントがある場合や転用の場合は高額な工事費が発生しないので特におすすめです。

またセット割の対象となるのはauやUQモバイルとなっています。地域やマンションの事情から光コラボしか選べないという場合であれば、このビッグローブ光がベストな選択肢だと言えるでしょう。

キャッシュバック詳細

  • 最短2ヶ月で振り込み
  • キャッシュバックのもらい忘れなし
  • オプション加入でキャッシュバック増額

キャッシュバックは高額である上、最短で2ヶ月後という短期間でもらえるというメリットがあります。

また下記から行ける代理店では申し込み時に手続きが完了するシステムなので、よくありがちなキャッシュバックの貰い忘れもありません。

キャッシュバック額はネットのみの利用だと50,000円で、光電話や光テレビに加入するとそこから加算される仕組みとなっています。

セット割詳細

 

対象スマホ:au(スマートバリュー)
適用条件:ネットプラス電話

  • 使い放題MAX…1,100円割引/台
  • ピタッとプラン(1GB以上)…550円割引/台

対象スマホ:UQモバイル(自宅セット割)
適用条件:ネットプラス電話

  • くりこしプランS・M…638円割引/台
  • くりこしプランL…858円割引/台

auの場合は使い放題MAXプランで1,100円の割引、ピタッとプランでも1GB以上の利用で550円の割引を1台ずつ受けることができます。

UQモバイルはくりこしプランSとMで638円、Lであれば858円の割引を1台ずつ受けることができます。

対象スマホを持っていて、光コラボから選びたい・選ばなければいけないというのであればこのビッグローブ光をおすすめします。

ビッグローブ光に申し込む

ビッグローブ光の詳細、評判・口コミをチェック!

楽天ひかり

楽天ひかり

楽天ひかり
回線種類
光コラボ
セット割スマホ 楽天モバイル
月額料金
戸建 5,280円
マンション 4,180円
初期費用
1,980円
契約期間
3年
中途解約金
戸建 5,280円
マンション 4,180円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):19,800円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事):16,500円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 なし
最大キャッシュバック なし(月額割引あり)
オプション 電話:550円
対応エリア
全国
申し込み先 楽天ひかり

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • 1年目は月額料金の割引あり
  • 楽天モバイルとセットで月額料金1年間無料
  • キャッシュバックや工事費負担はなし

光コラボである楽天ひかりの対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

工事費の割引やキャッシュバックがないものの、1年目は月額料金の割引があり、また楽天モバイルユーザーは光回線の基本料が1年間無料となる特典もあります。

他社に比べてお得というわけではないのが正直なところですが、楽天市場でのポイントが+1倍となる特典もあるので楽天での買い物が多い人なら検討の余地はある光回線でしょう。

特典詳細

  • 1〜12ヶ月目まで1年間月額料金割引
  • 戸建:5,280円→3,080円(合計26,400円の割引)
  • マンション:4,180円→1,980円(合計26,400円の割引)
  • キャッシュバック・ポイント還元等はなし

楽天ひかりではキャッシュバック等がない代わりに月額料金が1年間、毎月2,200円の割引を受けることができる特典があります。

工事費の負担がない点も考慮すると他社のキャッシュバックに比べると低い為、お得度は正直低いですが、キャッシュバックのようにもらい忘れがなく確実に割引を受けることができるというのは一つのメリットだと言えるでしょう。

セット割詳細

 

対象スマホ:楽天モバイル

  • 月額利用料1年間無料
  • 戸建:5,280円→0円(合計63,360円の割引)
  • マンション:4,180円→0円(合計50,160円の割引)

楽天モバイル利用者は楽天ひかりの利用料が最初の1年間無料になります。

総額としては5〜6万円の割引、利用していない場合も26,400円の割引を受けることができることを考えると、セット利用の人は2万5,000円から40,000円程度さらにお得になるということです。

他社であれば6万円程度のキャッシュバック+工事費全額割引といった特典を受けることができるので、楽天モバイルユーザーの場合も他社を選ぶのもありでしょう。

楽天ひかりに申し込む

楽天ひかりの詳細、評判・口コミをチェック!

OCN光

ocn光

OCN光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ OCNモバイルONE
月額料金
戸建 5,610円
マンション 3,960円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 3,600円
マンション 3,600円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):19,800円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事):16,500円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 なし
最大キャッシュバック なし
オプション 電話:550円
対応エリア
全国
申し込み先 OCN光

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • OCNモバイルONEとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • マンションタイプの料金は他社より安い
  • キャッシュバックや工事費負担はなし

光コラボであるOCN光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

マンションタイプの月額料金が他の光コラボと比較して安いというメリットがあるものの、現在はキャッシュバックや工事費負担といった特典を行っていないため、コスト面でのメリットはないというのが正直なところでしょう。

セット割詳細対象スマホ:OCNモバイルONE

  • 毎月220円の割引
  • 1GB以上のプランが対象
  • 最大5回線まで

OCN光とセット割があるのはOCNモバイルONE。220円の割引が最大5回線まで適用できます。

OCNモバイルONEは元々の料金がかなり安いので割引額としては小さめです。

OCNモバイル光に申し込む

OCN光の詳細、評判・口コミをチェック!

eo光

eo光トップ用

eo光
回線種類
電力系
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 1年目:3,280円
2年目〜:5,448円
マンション 1〜2年目:3,326円〜
3年目〜:3,876円〜
(マンションの配線方式により
料金が異なる)
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 5,110円
マンション 2,400円
工事費用 戸建 29,700円
マンション 0円
工事費用割引額 戸建:実質無料
(24ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 戸建:10,000円
マンション:3,000円
オプション 電話(戸建):314円
電話(マンション):0円
(セット割の適用条件)
その他特典 WiFiルーターレンタル1年間無料
eo電気とセットで割引
対応エリア
全国
申し込み先 eo光

特徴

  • 関西圏で利用可能な電力系光回線サービス
  • au、UQモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 工事費無料、1年目は月額料金の割引あり
  • マンションタイプは物件によって料金が異なるので注意

関西圏で利用可能な電力系の光回線サービスであるeo光。

auやUQモバイルとセット割の対象となっており、auひかりがエリア外の関西圏ではこのeo光か光コラボのビッグローブ光のいずれかがおすすめとなります。

キャッシュバックこそそこまで大きな額ではないものの、工事費が実質無料(マンションタイプは完全無料)、最初の1年間で月額料金の割引がある(マンションタイプは2年間)など、コスト面でも優れています。

ただマンションタイプの場合はそれぞれの建物で料金がかなり異なってきたり、1〜2年目の割引が適用されない場合があるので注意が必要。公式サイトでどのような料金になるかあらかじめチェックしてみてください。

キャッシュバック詳細

  • 戸建は10,000円、マンションは3,000円の商品券
  • 開通から1ヶ月程度で発送
  • キャッシュバックのもらい忘れなし

月額料金の割引がある分、キャッシュバックは他社に比べて大きいわけではなく、現金ではなく商品券という形になります。

ただ支給タイミングは1ヶ月と速く、わざわざ手続きしなくても利用している住所に発送してくれるのでもらい忘れがないという点はメリットの一つでしょう。

セット割詳細

 

対象スマホ:au(スマートバリュー)
適用条件:ネットプラス電話

  • 使い放題MAX…1,100円割引/台
  • ピタッとプラン(1GB以上)…550円割引/台

対象スマホ:UQモバイル(自宅セット割)
適用条件:ネットプラス電話

  • くりこしプランS・M…638円割引/台
  • くりこしプランL…858円割引/台

auの場合は使い放題MAXプランで1,100円の割引、ピタッとプランでも1GB以上の利用で550円の割引を1台ずつ受けることができます。

UQモバイルはくりこしプランSとMで638円、Lであれば858円の割引を1台ずつ受けることができます。

適用条件はどちらも「ネット」+「電話」となっており、ネットのみの利用では適用外となってしまうので注意してください。

関西圏ではauひかりがエリア外となる為、いずれかのスマホを使っている人はこのeo光か光コラボのビッグローブ光のいずれかを選ぶのが良いでしょう。

eo光に申し込む

eo光の詳細、評判・口コミをチェック!

コミュファ光

コミュファ光

コミュファ光
回線種類
電力系
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 1年目:2,980円
2年目〜:5,170円
マンション 1年目:2,450円
2年目〜:4,070円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 5,170円
マンション 4,070円
工事費用 戸建 27,500円
マンション 27,500円
工事費用割引額 安心サポートPlus加入で実質無料
(24ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 戸建:36,000円
マンション:41,000円
オプション 電話:330円
(セット割の適用条件)
安心サポートPlus:770円
対応エリア
全国
申し込み先 コミュファ光

特徴

  • 東海地方で利用可能な電力系光回線サービス
  • au、UQモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 高額キャッシュバックに加え、1年目は月額料金の割引あり
  • 工事費はオプション加入時のみ実質無料

東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡)で利用可能な電力系の光回線サービスであるコミュファ光。

auやUQモバイルとセット割の対象となっており、auひかりがエリア外の東海地方ではこのコミュファ光か光コラボのビッグローブ光のいずれかがおすすめとなります。

コミュファ光は高額なキャッシュバックに加え、1年目は月額料金の割引もあるのでコスト面でかなり優れた光回線サービスだと言えるでしょう。

ただ工事費用は月770円のオプションである安心サポートPlusに加入する必要があります。
電話サポートやリモートサポート、セキュリティ対策ソフトなどが無料で受けられるオプションですが、正直不要な人も多いでしょう。
ただ工事費用を支払うよりは安く済むので、最初の2年間はとりあえず加入することをおすすめします。

キャッシュバック詳細

  • 戸建は36,000円、マンションは41,000円
  • 開通から最短1ヶ月程度で振り込み
  • キャッシュバックのもらい忘れなし

キャッシュバックは高額である上、最短で1ヶ月後という短期間でもらえるというメリットがあります。

また下記から行ける代理店では申し込み時に手続きが完了するシステムなので、よくありがちなキャッシュバックの貰い忘れもありません

高額キャッシュバックを確実に貰えるという点はかなりありがたいです。

セット割詳細

 

対象スマホ:au(スマートバリュー)
適用条件:ネットプラス電話

  • 使い放題MAX…1,100円割引/台
  • ピタッとプラン(1GB以上)…550円割引/台

対象スマホ:UQモバイル(自宅セット割)
適用条件:ネットプラス電話

  • くりこしプランS・M…638円割引/台
  • くりこしプランL…858円割引/台

auの場合は使い放題MAXプランで1,100円の割引、ピタッとプランでも1GB以上の利用で550円の割引を1台ずつ受けることができます。

UQモバイルはくりこしプランSとMで638円、Lであれば858円の割引を1台ずつ受けることができます。

適用条件はどちらも「ネット」+「電話」となっており、ネットのみの利用では適用外となってしまうので注意してください。

東海地方ではauひかりがエリア外となる為、いずれかのスマホを使っている人はこのコミュファ光か光コラボのビッグローブ光のいずれかを選ぶのが良いでしょう。

コミュファ光に申し込む

コミュファ光の詳細、評判・口コミをチェック!

ピカラ光

pikara光

ピカラ光
回線種類
電力系
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 1〜2年目:4,950円
3〜4年目:4,840円
5〜6年目:4,730円
7年目〜:4,620円
マンション 1〜4年:3,740円
5年目〜:3,608円
初期費用
0円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 月額料金1ヶ月分
マンション 月額料金1ヶ月分
工事費用 戸建 27,500円
マンション 27,500円
工事費用割引額 光でんわ加入で無料
最大キャッシュバック 30,000円
オプション 電話:550円
(セット割等の適用条件)
その他特典 無線ルーターレンタル料0円
対応エリア
全国
申し込み先 ピカラ光

特徴

  • 四国地方で利用可能な電力系光回線サービス
  • au、UQモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • キャッシュバックありで月額料金も比較的安い
  • 工事費は電話オプション加入時のみ無料

四国地方で利用可能な電力系の光回線サービスであるPikara光(ピカラ光)。

auやUQモバイルとセット割の対象となっており、auひかりがエリア外の四国地方ではこのピカラ光かauひかりのいずれかがおすすめとなります。

ピカラ光は月額料金が比較的安く、キャッシュバックもそこそこ高額。工事費用も電話オプション(550円)に加入すれば無料となるのでコスパの良い光回線サービスです。

キャッシュバック詳細

  • 開通から最短3ヶ月後に振り込み
  • オプション加入不要
  • キャッシュバックの貰い忘れなし

キャッシュバックは3ヶ月後に振り込み。手続きは下記から行ける代理店の場合だと申し込み時に手続きが完了するシステムなので、よくありがちなキャッシュバックの貰い忘れもありません。

またオプション加入必要性は一切ありません。ただ工事費を無料にする為に電話オプションだけは加入することを推奨します。

セット割詳細

 

対象スマホ:au(スマートバリュー)
適用条件:ネットプラス電話

  • 使い放題MAX…1,100円割引/台
  • ピタッとプラン(1GB以上)…550円割引/台

対象スマホ:UQモバイル(自宅セット割)
適用条件:ネットプラス電話

  • くりこしプランS・M…638円割引/台
  • くりこしプランL…858円割引/台

auの場合は使い放題MAXプランで1,100円の割引、ピタッとプランでも1GB以上の利用で550円の割引を1台ずつ受けることができます。

UQモバイルはくりこしプランSとMで638円、Lであれば858円の割引を1台ずつ受けることができます。

適用条件はどちらも「ネット」+「電話」となっており、ネットのみの利用では適用外となってしまうので注意してください。

ピカラ光に申し込む

ピカラ光の詳細、評判・口コミをチェック!

おてがる光

おてがる光

おてがる光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ なし
月額料金
戸建 4,708円
マンション 3,608円
初期費用
3,300円
契約期間
なし
中途解約金
戸建 0円
マンション 0円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):19,800円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事):16,500円
無派遣工事:2,200円
転用:0円
工事費用割引額 実質無料
(12ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック なし
オプション 電話:550円
光テレビ:825円
対応エリア
全国
申し込み先 おてがる光

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • 月額料金がトップクラスに安く、契約期間もなし
  • キャッシュバック等の特典はなし

光コラボであるおてがる光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

おてがる光の大きな特徴は「月額料金が安いこと」と「契約期間がないこと」。

キャッシュバックがないもの、月額料金は他の光コラボと比べると500円から1,000円程度安くなっているので長期的に使っていく人にとっては最もコスパが良くなるかもしれません。

またおてがる光には契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約金が発生しません。

おてがる光に申し込む

おてがる光の詳細、評判・口コミをチェック!

BB.excite光Fit

bb.excite光 Fit

BB.excite光Fit
回線種類
光コラボ
セット割スマホ なし
月額料金
戸建 〜30GB:3,520円
〜200GB:4,290円
〜500GB:5,060円
500GB〜:5,830円
マンション 〜30GB:2,640円
〜200GB:3,410円
200GB〜:4,180円
初期費用
1,100円
契約期間
なし
中途解約金
戸建 0円
マンション 0円
工事費用 戸建 新規:15,000円
転用・事業者変更:0円
マンション 新規:15,000円
転用・事業者変更:0円
工事費用割引額 なし
最大キャッシュバック なし
オプション 電話:550円
光テレビ:825円
対応エリア
全国
申し込み先 BB.excite光Fit

特徴

  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • 毎月データ利用量に応じて料金が変動
  • 大量にネットを使わないのであれば、料金を抑えられる

BB.excit光Fitは毎月の料金が利用したデータ量に応じて変動する仕組み。たとえばデータ利用量が30GB以内だと、他社に比べて1,500円から2,000円程度も安くなります

ちなみにYoutubeをスマホで視聴する場合、標準画質(自動選択時の画質)が1GBあたり2時間程度閲覧できます。

一人暮らしかつ仕事等で家で過ごす人が少ない人だと思ったよりも容量を消費しないので、このBB.excite光Fitの方がコスト的に良いかもしれません。

ただBB.excite光Fitはキャッシュバックや工事費割引がないので、家族みんなで使う場合や一人でも30GB以上使う場合は他社から選ぶことをおすすめします。

BB.excit光Fitに申し込む

BB.excit光Fitの詳細、評判・口コミをチェック!

地域別の利用可能な光回線

光回線は地域ごとに利用できるサービスが異なるので、当然地域別で変わってきます。

ですのでここでは、地域ごとに分けて利用可能な光回線をまとめてみました。

北海道

東北地方

関東・甲信越地方

※1:東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城のみ

東海地方

※1:愛知、静岡、岐阜、三重

北陸地方

関西地方

※1:大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良

中国地方

※1:広島、岡山のみ

四国地方

九州地方

※1:福岡のみ

沖縄地方

光回線Q&A

ここからは、これから光回線を導入する人の為に気になるポイントをQ&Aでまとめてみました。

光回線が利用できるようになるまでの期間は?

光回線は申し込んでから開通し使えるようになるまで、2週間から3ヶ月程度かかることが一般的。工事の必要有無、混雑具合によって変わるため、期間に幅があります。

すでに光回線の設備がある場合、光コンセントの設備があるマンションでは工事が不要となり利用開始までの期間が短くて済みますが、新規で引き込む場合は開通工事が必要となり工事日程の調整等もあるので1ヶ月以上はかかると見込みましょう。

3〜4月の新生活が始まる時期は光回線の申し込みが増え、工事も混雑するのでより一層時間がかかってしまう傾向が強いです。

新規契約・転用・事業者変更の違いは?

光コラボの光回線サービスでは、新規契約・転用・事業者変更と3つの申込者の立場で分かれています。

  • 新規契約・・・光回線を初めて使う場合、フレッツ光や光コラボ以外(auひかりなど)から乗り換える場合
  • 転用・・・フレッツ光から光コラボに乗り換える場合
  • 事業者変更・・・光コラボから違う光コラボに乗り換える場合

新規契約の場合は工事が必要ですが、転用や事業者変更の場合は工事が不要で工事料もかからないことが多いです。

派遣工事か無派遣工事はどう決まる?

派遣工事と無派遣工事は以下の通り工事内容が異なります。

  • 派遣工事・・・光回線の利用者宅内に光回線を引き込み設備を整える工事
  • 無派遣・・・電柱から宅内に光回線が配線されてるなど、光回線の設備が整っていてNTT局内での切り替えのみで済む工事

これまで光回線を使ったことがなくても、以前住んでた人が使っていた場合は無派遣工事で済む場合もあります、元々マンションに光コンセントが設置されている場合も無派遣工事で済む場合が多いです。

派遣か無派遣かによって工事費用は異なりますが、いずれにするかを選ぶことはできません。

特定の光回線が利用可能かどうかを調べるには?

光回線が利用可能かどうかは、各会社の公式サイトからチェック可能です。

光コラボであれば、NTT東日本(エリア検索)、NTT西日本(エリア検索)でも確認できます。

マンション・アパートで新たな光回線に対応してもらうことは可能?

現在住んでいるマンションやアパートで導入されていない光回線を、新たに引くことは場合によって可能となります。

その場合によってはというのは、賃貸であれば大家さんや不動産会社、分譲マンションであれば管理会社等の許可が降りた場合。

ただ新たな光回線を導入するためには光ケーブルをマンション内に引き込む必要があり、壁に穴を開けるなどが必要となるため、嫌がられるケースが多いのが実情です。

光回線の導入ができない場合は?

古いマンションで光回線の設備がない場合や、電柱と自宅の関係上から光回線の引き込みができない場合など、自宅に光回線を入れることができない場合があります。

この場合はWiMAXのホームルーターやモバイルWiFiの利用を検討しましょう。

光回線に比べて速度は落ちてしまうものの、動画閲覧などには十分な速度が出ますし、大容量が光回線よりも安く使うことができます。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、キャリアのLTE回線を使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキ...

光回線をさらに詳しくチェック

ここからは光回線についてさらに詳しく知りたい人向けに情報をまとめていきます。

光回線の種類

光回線サービスは大きく分けて4つの種類があります。

  • フレッツ光・・・NTTが提供する光回線サービス
  • 光コラボレーション・・・NTTの光回線をレンタルして別事業者が提供する光回線サービス(ドコモ光、ソフトバンク光等)
  • ダークファイバー系・・・NTTが引いたが使っていない光回線を利用し独自にシステムを構築し提供している光回線サービス(auひかり、NURO光)
  • 電力会社系・・・電力会社が引いて提供する光回線サービス(eo光、コミュファ光)

プロバイダとは?

プロバイダとは、インターネットと回線を繋ぐ役割を担っている事業者のことで、正式名称は「インターネットサービスプロバイダ(isp)」と言います。

回線業者(光回線やケーブル、モバイル回線を提供する業者)と契約しても、それだけでインターネットに繋ぐことはできません。

プロバイダを契約し、回線とインターネットを繋げてもらって初めてネットが利用できるようになります。

ただ最近は「光回線+プロバイダ」をまとめて契約できるようになっています。フレッツ光だと回線料と別にプロバイダ料が請求されますが、光コラボや独自回線などは利用料にまとまっていて別にプロバイダ料を取られるようなこともありません。

プロバイダとは?何で必要なのか、それぞれで速度等に違いがでるかについて分かりやすく解説
インターネットを契約する時に、「プロバイダ」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 プロバイダは、インターネット契約で欠かせない存在ですが、日頃あまり意識することが無いため、実際のところ何かよく分かっていないという人も多いです。 ...

おすすめ光回線まとめ

利用スマホ 1位 2位 3位 4位
ドコモ ドコモ光
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ソフトバンク光
(光コラボ)
au
UQモバイル
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
eo光
コミュファ光
ピカラ光
So-net光プラス
(光コラボ)
ソフトバンク ソフトバンク光
(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
auひかり
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
Y!mobile ソフトバンク光
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
楽天モバイル 楽天ひかり
(光コラボ)
auひかり
(独自回線)
NURO光
(独自回線)
ビッグローブ光
(光コラボ)
その他格安SIM auひかり
(光コラボ)
ビッグローブ光
(光コラボ)
NURO光
(独自回線)
ソフトバンク光
(光コラボ)

光回線は利用する会社によってほとんどサービスが変わらなくても、1年で数万円もの差が出てしまいます。

光回線は利用しているスマホキャリア、住んでいる地域などによって最適なものが異なりますから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

なおキャッシュバック等の特典は頻繁に代わります。極力最新情報を掲載しますが、最終的には各サイトで確認するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました