光回線

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!

スポンサーリンク

インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。

しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度も必要となることを考えれば、やはり自宅には光回線を引くことがおすすめです。

ただいざ光回線を導入(もしくは乗り換え)することになっても、どのサービスを選べばよいかわからないという人がほとんどではないでしょうか。

そこで本記事では、それぞれの環境・目的等にあったおすすめの光回線を紹介していきます。

  1. 光回線の間違った選び方
  2. 光回線選びは実はかなり複雑、万人に合ったものは正直ない
  3. 光回線選びのチェックポイント
    1. エリア
    2. 建物(集合住宅の場合は導入可否)
    3. 月額料金
    4. キャッシュバック
    5. 契約期間、違約金
    6. 工事費用
    7. 通信量
    8. 通信速度
    9. 利用しているスマホ
    10. 設備撤去料
  4. 全チェックポイント一覧表
  5. 光回線の料金シミュレーション(戸建て)
    1. 新規開通(他回線からの乗り換えを含む)
    2. 転用・事業者変更の場合(現在フレッツ光回線を利用している)
  6. 光回線の料金シミュレーション(マンションなどの集合住宅)
    1. 新規開通(他回線からの乗り換えを含む)
    2. 転用・事業者変更の場合(現在フレッツ光回線を利用している)
  7. スマホとのセット割についてさらに詳細チェック
    1. 戸建ての場合(新規)
    2. 戸建ての場合(転用・事業者変更)
    3. マンションの場合(新規)
    4. マンションの場合(転用・事業者変更)
  8. 光回線おすすめランキング(戸建て)
    1. ドコモのスマホを使っている人(戸建て)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
    2. auのスマホを使っている人(戸建て)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
    3. ソフトバンクのスマホを使っている人(戸建て)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
    4. 格安SIMのスマホを使っている人(戸建て)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
  9. 光回線おすすめランキング(マンション)
    1. ドコモのスマホを使っている人(マンション)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に利用する場合
    2. auのスマホを使っている人(マンション)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
    3. ソフトバンクのスマホを使っている人(マンション)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
    4. 格安SIMのスマホを使っている人(マンション)
      1. 2、3年だけ使う予定
      2. 長期的に使う予定
  10. お得な光回線は環境によってかなり異なる

光回線の間違った選び方

これから光回線を選ぼうと考えている人にまず注意してほしいのが以下の3つの点です。

  • 月額料金だけで選ぶ
  • キャッシュバックだけで選ぶ
  • 使っているスマホの割引があるからという理由だけで選ぶ

月額料金が安い・キャッシュバックがという理由だけで選んでしまうと、長期的に見ると支払い額が多くなってしまうことになりかねません

また光回線サービスによっては利用しているスマホから割引がある(スマホセット割)ことがあり一見お得そうに見えてしますが、よくよく計算してみると他のサービスの方が安く使えるなんてこともあります。

一つの観点だけで決めてしまうと、場合によっては何万円も損してしまうことになるので注意しなければなりません。

なお、本記事では様々な観点(月額料金やキャッシュバック、工事費用など)を考慮した上で最終的に利用しているスマホの会社別におすすめを紹介しています。すぐにおすすめなものを確認したいという人は以下の項目から自分が該当するものをクリックしてください。該当見出しに飛ぶことができます。

光回線選びは実はかなり複雑、万人に合ったものは正直ない

様々なところで光回線は○○がおすすめなんて紹介もされていますが、正直なところ一つに絞っておすすめなんてことを言えるものではありません

なぜなら光回線はサービスによって多種多様。その人の環境や使い方によって、おすすめするものが異なってる為です。

本当に自分にあったもの、お得に使えるものを選ぼうと思ったら以下の点をチェックしなければなりません(もちろん自分で全部の光回線についてそれぞれ細かくチェックすることはできませんので、下記にて各項目を整理して紹介しています)。

  • エリア・建物(マンションの場合は導入可否)
  • 月額料金
  • キャッシュバック
  • 契約期間
  • 違約金
  • 工事費用
  • 通信量
  • 通信速度
  • 利用しているスマホ
  • 違約金
  • 設備撤去料

光回線選びのチェックポイント

では上記で上げたチェックポイントについて、少し詳しく解説していきます。

なお光回線サービスは100社以上あり、全てを記事内で紹介することは不可能な為、本記事では主要なものに加え、料金面等でお得なものを当サイトで抽出した上で紹介しています。

エリア

まず気にしなければいけないのが、自分が住んでいるエリアや建物で導入可能な光回線なのかどうかという点です。

フレッツ光回線を使う光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスなど)であれば全国的に対応していますが、auひかりやNURO光といった独自回線を使う光回線は導入可能なエリアが限られています。

たとえばauひかりは中部、関西、沖縄はエリア外。通信速度が速いということでシェアを拡大しているNURO光は下記都道府県以外はエリア外となっていおます。(エリア内であっても導入不可地域あり)

【NURO光対応エリア 】
・北海道エリア:
北海道
・関東エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
・東海エリア:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
・関西エリア:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
・九州エリア:福岡県、佐賀県

建物(集合住宅の場合は導入可否)

マンションやアパートといった集合住宅の場合は、その集合住宅で導入可能な光回線が決まっているというケースがほとんどです。

フレッツ光やドコモ光などの光コラボを利用する為にはその集合住宅にNTTフレッツ光回線が導入されていなければならないし、auひかりを使う為にはauひかり専用の回線、NURO光を使う為にはNURO光専用の回線が導入されていなければなりません。

主要サービス名 導入が必要な回線
・フレッツ光
・光コラボ(ドコモ光/
ソフトバンク光/Sonet光)
NTT
フレッツ光回線
・auひかり
・@TCOMauひかり
auひかり回線
・NURO光
・光マッハ
・FON光
NURO光回線

導入されていない光回線を、開通工事から行うという手段も絶対に不可能というわけではないですが、管理会社もしくは大家さんの許可が必要となり面倒なことも多いのでおすすめできません。

よって、集合住宅に住んでいる方はそこで導入済となっている光回線の種類をまず確認するところから始める必要があります

月額料金

光回線の一般的なプランでの月額料金は戸建てで5,000円程度、マンションなどの集合住宅で4,000円程度が相場となっています。

ただSo-net光のように最初は安いけど後で料金が上がるタイプがあったり、高いけど高額なキャッシュバックがもらえるタイプなど、様々な料金体系があります。

光回線 回線種別 月額料金(※1)
(戸建て)
月額料金(※1)
(マンション)
ドコモ光 光コラボ 5,720円~ 4,400円~
auひかり auひかり 5,390円~ 4,180円~
ソフトバンク光 光コラボ 5,720円 4,180円
NURO光 NURO光 5,217円 2,750円※2
So-net光
プラス
光コラボ 1~24ヶ月:3,780円
25ヶ月~:6,138円
1~24ヶ月:2,728円
25ヶ月~:4,928円
おてがる光 光コラボ 4,708円~ 3,608円~
OCN光 光コラボ 5,210円~ 3,960円~
excite
MEC光
光コラボ 1年目:4,433円
2年目~:4,950円
1年目:3,361円
2年目~:3,850円
BB.
excite光
Fit
※3
光コラボ 3,520円~ 2,640円~
DTI光 光コラボ 5,280円~ 3,960円~

※1:料金はタイプ・プランによって異なる為、詳しくは各光回線名のリンクから詳細をチェックしてください。
※2:利用回線数によって割引される場合があります。
※3:使用通信料による従量課金制(戸建てタイプ:~30GBで3,520円、~200GBで4,290円、~500GBで5,060円、500GB~で5,830円)

料金については、後述するキャッシュバック、契約期間、さらには工事費用等も含めて考える必要があります。

キャッシュバック

光回線サービスによっては、月額料金を下げるのではなくキャッシュバックという形でユーザー確保を狙っており、中には5万円以上ものキャッシュバックが貰えるところもあります。

光回線 回線種別 最大
キャッシュ
バック
受け取り
タイミング
詳細
ドコモ光 光コラボ 20,000円
+dポイント
2000pt
4ヶ月後 ・ひかりTV+DAZN加入
→20,000円
・ひかりTVのみ加入
→18,000円
・DAZNのみ加入→15,000円
・加入なし→5,500円
auひかり auひかり 52,000円 翌月:27,000円
4ヶ月後:25,000円
・代理店経由での申込必須
・ネット+電話加入→52,000円
・ネットのみ→45,000円
ソフト
バンク光
光コラボ 最大
36,000円
2ヶ月後:
36,000円
・代理店経由での申込必須
・他の光コラボからの乗換の
場合は-21,000円
※ただし違約金全額負担
NURO光 NURO光 戸建て:
45,000円
マンション:
25,000円
戸建て:
6か月後
マンション:
2か月後
特になし
So-net光
プラス
光コラボ なし なし なし
おてがる光 光コラボ なし なし なし
OCN光 光コラボ 22,000円 2か月後 特になし
excite
MEC光
光コラボ なし なし なし
BB.excite
光Fit
光コラボ なし なし なし
DTI光 光コラボ 19,000円 7か月後 ・新規開通のみ対象
・他の光コラボやフレッツ光
からの乗換は対象外
【戸建て】
ネット+光電話→19,000円
ネットのみ→16,000円
【マンション】
ネット+光電話→16,000円
ネットのみ→10,000円

キャッシュバックには、様々な受け取り条件が課されている場合が多いので注意が必要です。

たとえば以下のようなケースがあります。

1.有料オプションへの加入が必須となり、忘れずに解約しなければならない
2.受け取ることができるのが半年も先
3.受け取り申し込み可能期間が2週間のみと設定され、その期間に申請しないと受け取ることができない
4.新規開通のみ対象、フレッツ光や光コラボで開通している人は減額または対象外

使いもしない光電話に加入してしまいトータルで考えると全く得していないなんて場合もありますし、オプションの解約忘れで無駄に高いお金を何年も払い続けてしまっている人も割と多いのが現実。

また申請忘れで貰えるはずだったキャッシュバックが貰えなかったなんて人も多々います。契約してからしばらく後。しかも申請可能なのは2週間だけとなっているので申請忘れには特に注意が必要です。

契約期間、違約金

一般的な光回線の契約期間は2年となっていますが、おてがる光のように契約期間の縛りがないものもあれば、So-net光プラスのように3年と長い場合もあります

契約期間の縛りがないものは月額料金が高いorキャッシュバックがないケースが多く、一方で契約期間の縛りがあるものは月額料金が安かったり、高額なキャッシュバックが設定されているケースが多いです。

違約金含めてチェックしておきましょう。

光回線 回線種別 契約
期間

※1
違約金
ドコモ光 光コラボ 2年 戸建て:14,300円
マンション:8,800円
auひかり auひかり (戸)3年
(マ)2年
戸建て:16,500円
マンション:7,700円
ソフトバンク光 光コラボ 2年 10,450円
NURO光 NURO光 2年 10,450円
So-net光
プラス
光コラボ 3年 20,000円
おてがる光 光コラボ なし なし
OCN光 光コラボ 2年 11,000円
exciteMEC光 光コラボ なし なし
BB.excite光Fit 光コラボ なし なし
DTI光 光コラボ なし なし

※1:光回線によって契約期間が選べるものもあるが、ここでは月額料金が最も安いものを記載

工事費用

光回線を導入する為には開通工事が必要となり、工事の費用が必要となります。そしてその工事費用はサービスによって異なり、1万円程度から高いと5万円程度かかってしまうものもあるので注意が必要です。

ただサービスによってはキャンペーンにより無料としていたり、工事費用を分割払いにしてその料金を毎月月額料金から割り引き「実質無料」としているところもあります

光回線 回線種別 工事費用
(※1)
割引
ドコモ光 光コラボ 戸建:19,800円
マンション:16,500円
・キャンペーンにより無料
auひかり auひかり 戸建:41,250円
マンション:33,000円
・24ヶ月分の割引で実質無料
・戸建ての場合は電話加入要
ソフトバンク光 光コラボ 新規:26,400円
宅内工事:10,560円
・キャッシュバックで
全額負担
NURO光 NURO光 44,000円 ・30ヶ月分の割引で
実質無料
So-net光
プラス
光コラボ 26,400円 ・戸建て60カ月、
マンション48カ月分の
割引で実質無料
おてがる光 光コラボ 戸建:19,800円
マンション:16,500円
・戸建て36回、マンション30回の
分割払い
・5,000円(500円×10カ月)の割引
OCN光 光コラボ 戸建:19,800円
マンション:16,500円
なし
exciteMEC光 光コラボ 戸建:19,800円
マンション:16,500円
なし
BB.excite光Fit 光コラボ 戸建:19,800円
マンション:16,500円
30カ月の分割払い
DTI光 光コラボ 戸建:19,800円
マンション:16,500円
なし

※1:土日祝や夜間工事などで発生する追加工事料は含まれない金額

「実質無料」のところは注意が必要。もし工事費用の分割が終わらないうちに解約すると、残り工事費用を一括で請求されてしまうからです。

たとえばNURO光だと工事費用は44,000円で30カ月払い。毎月1,486円かかるところをその分割り引いてくれて実質無料となります。

しかしもし契約期間の2年ちょうどで解約してしまうと、6カ月分の工事費用の支払いが完了していない扱いとなる為、約9,000円の支払いが必要となってしまいます。

もしも1年で解約するとなると、違約金10,4500円に加えて未払いの18か月分の工事費用である26,748円の支払いが必要となり、あわせて37,198円も支払わなければいけなくなるということです。

通信量

光回線=インターネットは使い放題と考えている人が多いかもしれませんが、利用した通信量で料金が変わる「従量課金制」を導入しているものもあります。

たとえばBB.excite光 Fit。

【BB.excite光 Fitの料金体系】

通信容量 料金(戸建て) 料金(マンション)
0~30GB 3,520円 2,400円
30GB~200GB 4,290円 3,410円
200GB~500GB 5,060円 4,180円
500GB以上 5,830円 4,180円

使った通信量が少なければ他の光回線に比べてかなり安くなり、また500GB以上使ったとしても他の光回線に比べて極端に高いというわけではありません。

そもそも200GBを超えるまで使っているという人はそうそういないでしょう。一人暮らしなら30GBもいってないなんて人も少なくないはずです。

たとえばYoutubeの高画質(720p)だと1Gbpsで1.5時間程度。200GBだと150時間となり、1日5時間も視聴することができるということになります。中画質(360p)であれば倍の300時間、1日10時間も視聴することが可能です。

一人暮らしで自分しかネットを使わない人、そもそもあまりネットを使っていない人はこのタイプの光回線の方が安く使うことができるのでおすすめです。

通信速度

一般的な光回線の最大通信速度は下りで1Gbps(NURO光は2Gbps)。ただこの数値はあくまで理論上の数値であり、実測値はこの値よりもかなり低い通信速度となります。

ただ基本的には実測値で100Mbps程度の速度があれば十分快適に利用することができる為、動画視聴やSNS、書籍類のダウンロードやオンラインゲームなどであれば十分です。

昨今は各社で最大通信速度が10Gbpsなどのプランがでていますが、その分月額料金がかなり高くなってしまう為、わざわざそのプランを選択する必要性がある人はほとんどいないでしょう。

なお通信速度に関しては、どの光回線サービスかよりも回線やプロバイダの混雑具合、モデムやルーター、ケーブルの問題が大きく影響します

プロバイダの混雑については、IPv6に対応しているプロバイダを選ぶことが重要。この接続方式は回線が混雑するポイントを通過しないように自動でしてくれる為、夜や土日など回線が混雑する時間帯でも快適な通信ができるようになっています。

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?
固定回線の契約や更新の際、「IPv6オプションあり」「v6プラス対応」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 ただそれが何か説明してと言われても、「何か固定回線の速度が速くなるらしい…」くらいで、そもそもIPv6が何かということや...

またモデムやルーター、ケーブルも速度に大きく影響します。古いものを使っていると、それが原因で通信速度が遅くなってしまうので注意してください。

光回線 最大通信速
(下り)
プロバイダ IPv6対応
ドコモ光 1Gbps 24社から選択
auひかり 1Gbps 7社から選択
ソフトバンク光 1Gbps Yahoo!BB
NURO光 2Gbps So-net
So-net光
プラス
1Gbps So-net
おてがる光 1Gbps おてがる光
OCN光 1Gbps OCN
exciteMEC光 1Gbps BB.excite
BB.excite光Fit 1Gbps BB.excite
DTI光 1Gbps DTI

利用しているスマホ

ドコモのスマホを使っている人がドコモ光を利用すると、プランによってスマホ代が最大月1,100円が割引されるなど、光回線とスマホには「セット割」というものがあります

しかも割引は複数回線での適用が可能となっている為、家族で同じ会社のスマホを使っている場合はかなりお得になります。

たとえば家族4人でドコモのスマホを利用していたとすると、最大月4,400円もの割引となります。ドコモ光マンションタイプが4,400円ですから、割引額と相殺されて実質無料で使えるようになるということです。

月額料金やキャッシュバックでは他社の方が優れていたとしても、セット割を適用すると逆転する場合がありますから、特にキャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)のスマホを利用している人は検討が必要です(下記で詳しく紹介しています(見出しに飛ぶ))

【セット割一覧表】

光回線 対象スマホ セット割 プラン条件
ドコモ光 ドコモ 最大月1,100円
20回線まで
ギガホ:1,100円
ギガライト3GB以上:1,100円
ギガライト1GB~3GB:550円
auひかり au 最大月1,100円
10回線まで
データMAX:1,100円
ピタットプラン1~7GB:550円
ソフトバンク光 ソフト
バンク
最大月1,100円
10回線まで
オプション加入(※1)
データプランメリハリ:1,100円
データプランフィット:1,100円
NURO光 ソフト
バンク
最大月1,100円
10回線まで
オプション加入(※1)
データプランメリハリ:1,100円
データプランフィット:1,100円
So-net光
プラス
au 最大月1,100円
10回線まで
データMAX:1,100円
ピタットプラン1~7GB:550円
おてがる光 なし なし
OCN光 OCN
モバイル
ONE
220円
5回線まで
なし
excite
MEC光
なし なし
BB.
excite光
Fit
なし なし
DTI光 DTI SIM 165円
1回線まで
なし
au 最大月1,320円
1回線まで
LTEフラット:1,320円
データMAX:550円
カケホ+ピタットプラン:550円

※1:光BBユニットレンタル、Wi-Fiマルチパック、BBフォンまたはホワイト光電話または光電話(N)+BBフォンのいずれかのオプションの加入が必要

対象スマホを持っていても、適用条件を満たさないプランに加入していると割引が受けられない為、必ずお得になるとは限らないという点には注意が必要です。

たとえばドコモのスマホを持っているけど割引額が550円しかないのでドコモ光ではなく他の光回線を使った方がTOTALでは安くなるということもあるのです。

なおauスマホは上記以外でも様々な光回線で割引があるので下記記事もチェックしてみてください。

auスマホとセット割のある主な光回線一覧!工事費やキャッシュバックの受け取り条件は要注意!
光回線とauの携帯をセットで使うことで適用できる割引「auスマートバリュー」は、多くの光回線で利用することができます。 割引額は、携帯の料金プランに応じて異なり、携帯料金から割引されるのが一般的です。 しかし、auスマホとの独自...

設備撤去料

一部の光回線では解約した場合に高額な「設備撤去料」がかかってしまう場合があります。

光回線 回線種別 設備撤去料
ドコモ光 光コラボ 0円
auひかり auひかり ホーム:31,680円
マンション:0円
ソフトバンク光 光コラボ 0円
NURO光 NURO光 0円(※1)
So-net光
プラス
光コラボ 0円
おてがる光 光コラボ 0円
OCN光 光コラボ 0円
exciteMEC光 光コラボ 0円
BB.excite光Fit 光コラボ 0円
DTI光 光コラボ 0円

※1:希望があれば11,000円での撤去も可能

auひかりは、マンションタイプでは撤去工事費用がかからないものの、ホームタイプの場合は31,680円とかなり高額な撤去費用がかかるので注意が必要です。

全チェックポイント一覧表

これまで紹介した内容について、一覧表にまとめています。

なお光回線サービスは100社以上あり、全てを記事内で紹介することは不可能な為、本記事では主要なものに加え、料金面等でお得なものを当サイトで抽出した上で紹介しています。

光回線 回線
種別
月額料金
(戸建て)
最大
キャッシュ
バック
契約期間 違約金 セット割
対象スマホ
設備
撤去料
ドコモ光 光コラボ 【戸建】
5,720円~
【マンション】
4,400円~
20,000円
+dポイント
2000pt
2年 【戸建】
14,300円
【マンション】
8,800円
ドコモ 0円
auひかり auひかり 【戸建】
5,390円~
【マンション】
4,180円~
52,000円 3年 16,500円 au 【戸建】
28,800円
【マンション】
0円
ソフト
バンク光
光コラボ 【戸建】
5,720円
【マンション】
4,180円
36,000円 2年 10,450円 ソフト
バンク
0円
NURO光 NURO光 【戸建】
5,217円
【マンション】
5,217円
45,000円 2年 10,450円 ソフト
バンク
0円(※1)
So-net光
プラス
光コラボ 【戸建】
1~24ヶ月:3,780円
25ヶ月~:6,138円
【マンション】
1~24ヶ月:2,728円
25ヶ月~:4,928円
なし 3年 20,000円 au 0円
おてがる光 光コラボ 【戸建】
4,708円
【マンション】
3,608円~
なし なし なし なし 0円
OCN光 光コラボ 【戸建】
5,210円~
【マンション】
3,960円~
22,000円 2年 11,000円 OCN
モバイル
ONE
0円
excite
MEC光
光コラボ 【戸建】
1年目:4,433円
2年目~:4,950円
【マンション】
1年目:3,361円
2年目~:3,850円
なし なし なし なし 0円
BB.
excite光
Fit※1
光コラボ 【戸建】
3,520円~
【マンション】
2,640円~
なし なし なし なし 0円
DTI光 光コラボ 【戸建】
5,280円~
【マンション】
3,960円~
19,000円 なし なし DTI SIM
au
0円

※1:使用通信料による従量課金制(戸建てタイプ:~30GBで3,520円、~200GBで4,290円、~500GBで5,060円、500GB~で5,830円)

この結果を踏まえて、おすすめの各利用スマホ別におすすめのランキングを紹介しています。

すぐに確認したい方はそちらをチェックしてみてください。

光回線の料金シミュレーション(戸建て)

ではここからは、具体的に利用年数ごとにどれくらいの費用がかかるかを計算していきます。

  • 初期手数料
  • 月額利用料
  • 工事費用
  • キャッシュバック
  • 解約時の工事費用残債
  • 解約時の違約金(契約年数以外での解約時)
  • 設備撤去料

なお、計算は以下の条件で実施します。

・キャッシュバック額はオプションの月額料金を考慮した上で総額が最安のものを利用
オプションは解約可能なタイミングで解約する
・BB.excite光Fitは200GB以内の料金を利用

新規開通(他回線からの乗り換えを含む)

新規開通もしくは、auひかりから光コラボ(フレッツ光回線)やNURO光などの他回線から乗り換えをした場合の総額費用は、以下の通りとなりました。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 76,170円 130,510円 213,450円 267,790円 336,430円 679,630円
フレッツ光 2年 58,770円 103,760円 182,850円 241,040円 309,680円 652,880円
auひかり 3年 106,406円 170,762円 217,298円 296,834円 343,370円 666,740円
NURO光 2年 58,434円 92,996円 138,248円 155,788円 270,546円 583,566円
フレッツ光 3年 87,260円 127,820円 175,576円 264,432円 313,288円 681,568円
フレッツ光 なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
フレッツ光 2年 65,000円 106,800円 185,120円 241,440円 308,760円 645,360円
excite光
MEC
フレッツ光 なし 52,793円 112,193円 171,593円 230,993円 290,393円 587,393円
フレッツ光 なし 74,830円 126,310円 177,790円 229,270円 280,750円 538,150円
DTI光 フレッツ光 なし 66,480円 129,840円 193,200円 256,560円 319,920円 636,720円

1年だけ契約するのであればexciteMEC光が安いですが、2年目以降はキャッシュバック額が多いソフトバンク光NURO光の安さが目立っています

違約金が発生しないタイミングで解約する場合はもちろんですが、違約金が発生するタイミングであっても、違約金自体が9,500円と比較的安い為、総額でみると大きな影響はありません。

ただ、5年・10年と長い期間利用することを想定した場合だとBB.excite光Fitやおてがる光も価格的な優位性が生まれてきています

特にBB.exciteFitは200GBまでの利用を想定して算出しましたが、30GB以内の月があればその分安くなりますから、もっと安く抑えることが想定され、一人暮らしの人など利用人数が少ない人やそこまでたくさんの容量を使わない人には特におすすめです。

転用・事業者変更の場合(現在フレッツ光回線を利用している)

フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合は以下の通りとなっています(auひかり、NURO光は新規開通と同じ)。

転用や事業者変更の場合、工事費用が0円~2000円程度と安いというメリットがあるものの、キャッシュバックが減額されたり、工事費用無料キャンぺーンの恩恵がなくなったりしてしまうデメリットがあります。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 76,170円 130,510円 213,450円 267,790円 336,430円 679,630円
フレッツ光 2年 66,570円 124,760円 203,850円 262,040円 330,680円 673,880円
auひかり 3年 106,406円 170,762円 217,298円 296,834円 343,340円 635,060円
NURO光 2年 58,434円 92,996円 155,788円 207,942円 270,546円 583,566円
フレッツ光 3年 68,588円 114,524円 167,076円 260,732円 314,388円 682,668円
フレッツ光 なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
フレッツ光 2年 47,500円 89,300円 167,620円 223,940円 291,260円 627,860円
excite光
MEC
フレッツ光 なし 53,470円 112,870円 172,270円 231,670円 291,070円 588,070円
フレッツ光 なし 51,090円 102,570円 154,050円 205,530円 257,010円 514,410円
DTI光 フレッツ光 なし 65,680円 129,040円 192,400円 255,760円 319,120円 635,920円

ソフトバンク光はキャッシュバックが減額されることもあり、新規開通の場合に比べるとそこまで安くありません。

NURO光はフレッツ光とは別回線の為、影響なし。安く利用できることがわかりますね。

2年で解約するならOCN光ですが、長期的に考えた場合はおてがる光やBB.excite光Fitなど月額料金が安いタイプが乗り換えの時にだいぶお得に使えることがわかります

これらは新規の場合だとキャッシュバックがない、工事費用も無料にならないといったデメリットがあったものの、転用や事業者変更の場合だとその費用がなくなる為、月額料金の低さが顕著にでた為です。

光回線の料金シミュレーション(マンションなどの集合住宅)

続いて同じ条件でマンションなどの集合住宅の場合を見てみましょう。

なお、auひかりのマンションタイプには複数の料金設定がある為、ここでは最も一般的な「マンションギガ(月額4,050円)」を用いて算出しています。

新規開通(他回線からの乗り換えを含む)

新規開通もしくは、auひかりから光コラボ(フレッツ光回線)やNURO光などの他回線から乗り換えをした場合の総額費用は、以下の通りとなりました。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 54,950円 98,950円 160,550円 204,550円 257,350円 521,350円
フレッツ光 2年 40,430円 66,940円 127,550円 167,260円 217,420円 468,220円
auひかり 3年 30,405円 67,365円 113,125円 174,285円 220,045円 487,345円
NURO光 2年 49,034円 53,992円 87,180円 109,730円 142,730円 307,730円
フレッツ光 3年 73,488円 100,224円 133,360円 206,496円 245,632円 541,312円
フレッツ光 なし 55,868円 98,564円 141,560円 184,856円 228,152円 444,632円
フレッツ光 2年 42,050円 64,050円 122,570円 159,090円 206,610円 444,210円
excite光
MEC
フレッツ光 なし 40,026円 86,226円 132,426円 178,626円 224,826円 455,826円
フレッツ光 なし 56,200円 93,400円 130,600円 167,800円 205,000円 391,000円
DTI光 フレッツ光 なし 50,760円 98,280円 145,800円 193,320円 240,840円 478,440円

NURO光はマンションタイプの場合、月額が2,750円と他社に比べても非常に安く、さらにキャッシュバックや工事費実質無料キャンペーンもあるので、頭一つとびぬけています

ただ、NURO光のマンションタイプはそのマンションに設備が導入されていることが必須。正直まだ導入されているところはかなり少ない為、安いから利用したいと思っても残念ながら利用できないケースがほとんどです。

NURO光を除くと、利用年数が少ない場合はauひかりやソフトバンク光などキャッシュバックが大きいもの利用年数が多い場合はおてがる光やBB.excite光Fitなど月額料金が安いものがお得となっています。

戸建ての場合には高かったauひかりですが、その原因は設備撤去費用(31,680円)。マンションタイプであれば解約時にそれがかからない為、違約金がかからない3年のタイミングであればNURO光に次ぐ安さとなっています。

転用・事業者変更の場合(現在フレッツ光回線を利用している)

フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合、工事費用・キャッシュバック額が大きく変わるので注意が必要が必要です。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 54,950円 98,950円 160,550円 185,000円 257,350円 521,350円
フレッツ光 2年 48,230円 87,940円 148,550円 188,260円 238,420円 489,220円
auひかり 3年 30,405円 67,365円 113,125円 174,285円 220,045円 487,345円
NURO光 2年 49,034円 53,992円 87,180円 109,730円 142,730円 307,730円
フレッツ光 3年 55,488円 88,224円 127,360円 206,496円 245,632円 541,312円
フレッツ光 なし 46,968円 90,264円 133,560円 176,856円 220,152円 436,632円
フレッツ光 2年 27,850円 49,850円 108,370円 144,890円 192,410円 430,010円
excite光
MEC
フレッツ光 なし 40,370円 86,570円 132,770円 178,970円 225,170円 456,170円
フレッツ光 なし 40,610円 81,530円 122,450円 163,370円 204,290円 408,890円
DTI光 フレッツ光 なし 49,960円 97,480円 145,000円 192,520円 240,040円 477,640円

新規の時同様、NURO光の安さが目立ちます。もし導入可能なマンションに住んでいるのであれば最もおすすめです

他では、利用年数が短いのであればauなどキャッシュバックが多いところ、利用年数が多いならBB.excite光Fitやおてがる光など月額料金が安いところを選ぶのがお得であることがわかります。

スマホとのセット割についてさらに詳細チェック

プランによってはスマホ代が1台あたり月額1,100円安くなるセット割。この割引を使うと使用台数によっては大幅に安くなりますから無視することはできません。

細かい数値は下記で戸建て・集合住宅それぞれで紹介していますが、結論から言うと以下の通りです。

スマホの
割引額
利用台数 選ぶ光回線
550円
以下
550円割引1回線 他の光回線と料金比較
1,100円 1,100円割引1回線
or
550円割引2回線
【5年以上使う場合】
→セット割がある光回線
【4年以下の場合】
→他の料金と比較
2,200円
以上
1,100円割引2回線
or
550円割引4回線
セット割がある光回線

2,000円以上の割引がある場合や、1,100円の割引があって5年以上その光回線を利用していく予定の場合は、セット割がある光回線を選ぶのがお得

一方で500円以下の割引しかない場合、1,100円で利用年数が4年未満の場合は割引後でも他の光回線の料金より高い場合がありますので比較が必要です。

ちなみに1回線で1,100円の割引となる為には、各社ともにデータ容量の多くて料金が高いプランに加入する必要があります。2,200円の割引とする為にはそれが2回線必要。実はそこそこハードルが高いです。

なお下記で紹介する料金は正確にはスマホ代が割り引かれるものの、ここではわかりやすいように光回線の料金から引いています。

また、auやソフトバンクのセット割を摘要する場合、電話オプション(550円)の加入が必須となっていますので注意してください

戸建ての場合(新規)

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,000円割引(1,100円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
月1,320円割引(1,320円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
ドコモ 76,170円
①64,070円
②51,970円
130,510円
①105,210円
②79,910円
213,450円
①174,950円
②136,450円
267,790円
①216,090円
②164,390円
336,430円
①271,530円
②206,630円
679,630円
①548,730円
②417,830円
ソフト
バンク
58,770円
①45,570円
②32,370円
103,760円
①77,360円
②50,960円
182,850円
①143,250円
②103,650円
241,040円
①188,240円
②135,440円
309,680円
①243,680円
②177,680円
652,880円円
①520,880円
②388,880円
au 103,400円
①93,206円
②80,006円
168,500円
①144,362円
②117,962円
215,780円
①177,698円
②138,098円
296,060円
①244,034円
②191,234円
343,340円
①277,370円
②211,370円
666,740円
①534,740円
②402,740円
ソフト
バンク
58,434円
①46,334円
②34,234円
92,996円
①67,696円
②42,396円
155,788円
①117,288円
②78,788円
207,942円
①156,242円
②104,542円
270,546円
①205,646円
②140,746円
583,566円
①452,666円
②321,766円
au 87,260円
①74,060円
②60,860円
127,820円
①101,420円
②75,020円
175,576円
①135,976円
②96,376円
264,432円
①211,632円
②158,832円
313,288円
①247,288円
②181,288円
681,568円
①549,568円
②417,568円
なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
OCN
モバイル
ONE
65,000円
③62,360円
106,800円
③101,520円
185,120円
③177,200円
241,440円
③230,880円
308,760円
③295,560円
645,360円
③618,960円
ビッグ
ローブ光
au 67,728円
④51,888円
129,504円
④114,294円
171,280円
④123,760円
235,896円
④172,536円
281,632円
④202,432円
610,312円
④451,912円
excite光
MEC
なし 52,793円 112,193円 171,593円 230,993円 290,393円 587,393円
なし 74,830円 126,310円 177,790円 229,270円 280,750円 538,150円
DTI光 au 66,480円
④50,640円
129,840円
④98,160円
193,200円
④145,680円
256,560円
④193,200円
319,920円
④240,720円
636,720円
④478,320円

戸建ての場合(転用・事業者変更)

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,000円割引(1,100円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
月1,320円割引(1,320円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
ドコモ 76,170円
①64,070円
②51,970円
130,510円
①105,210円
②79,910円
213,450円
①174,950円
②136,450円
267,790円
①216,090円
②164,390円
336,430円
①271,530円
②206,630円
679,630円
①548,730円
②417,830円
ソフト
バンク
66,570円
①53,370円
②40,170円
124,760円
①98,360円
②71,960円
203,850円
①164,250円
②124,650円
262,040円
①209,240円
②156,440円
330,680円
①264,680円
②198,680円
673,880円
①541,880円
②409,880円
au 92,000円
①93,206円
②80,006円
150,500円
①144,362円
②117,962円
192,800円
①177,698円
②138,098円
265,100円
①244,034円
②191,234円
307,400円
①277,370円
②211,370円
601,400円
①503,060円
②371,060円
ソフト
バンク
58,434円
①46,334円
②34,234円
92,996円
①57,133円
②42,396円
155,788円
①117,288円
②78,788円
207,942円
①156,242円
②104,542円
270,546円
①205,646円
②140,746円
583,566円
①452,666円
②321,766円
au 68,588円
①56,488円
②44,388円
114,524円
①89,224円
②63,924円
168,180円
①129,680円
②91,180円
261,836円
①210,136円
②158,436円
315,492円
①250,592円
②185,692円
683,772円
①552,872円
②421,972円
なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
OCN
モバイル
ONE
47,500円
③44,860円
89,300円
③84,020円
167,620円
③159,700円
223,940円
③213,380円
291,260円
③278,060円
627,860円
③601,460円
ビッグ
ローブ光
au 80,238円
④64,398円
130,320円
④114,294円
191,710円
④144,190円
277,446円
④214,086円
323,182円
④243,982円
651,862円
④493,462円
excite光
MEC
なし 53,470円 112,870円 172,270円 231,670円 291,070円 588,070円
なし 51,090円 102,570円 154,050円 205,530円 257,010円 514,410円
DTI光 au 65,680円
④49,840円
129,040円
④97,360円
192,400円
④144,880円
255,760円
④192,400円
319,120円
④239,920円
635,920円
④477,520円

マンションの場合(新規)

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,000円割引(1,100円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
月1,320円割引(1,320円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
ドコモ 54,950円
①52,000円
②30,750円
98,950円
①73,650円
②48,350円
160,550円
①122,050円
②83,550円
204,550円
①152,850円
②101,150円
257,350円
①192,450円
②127,550円
521,350円
①390,450円
②259,550円
ソフト
バンク
40,430円
①40,540円
②14,140円
66,940円
①41,540円
②15,140円
127,550円
①87,950円
②48,350円
167,260円
①114,460円
②61,660円
217,420円
①151,420円
②85,420円
468,220円
①336,220円
②204,220円
au 30,405円
①18,305円
②6,205円
67,365円
①42,065円
②16,765円
113,125円
①74,625円
②36,125円
174,285円
①122,585円
②70,885円
220,045円
①155,145円
②90,245円
487,345円
①356,445円
②225,545円
ソフト
バンク
49,034円
①36,934円
②24,834円
53,992円
①28,692円
②3,392円
87,180円
①48,680円
②10,180円
109,730円
①58,030円
②6,330円
142,730円
①77,830円
②12,930円
307,730円
①176,830円
②45,930円
au 73,488円
①61,388円
②49,288円
100,224円
①74,924円
②49,624円
133,360円
①94,860円
②56,360円
206,496円
①154,796円
②103,096円
245,632円
①180,732円
②115,832円
541,312円
①410,412円
②279,512円
なし 55,868円 98,564円 130,080円 184,856円 228,152円 444,632円
OCN
モバイル
ONE
42,050円
③39,650円
64,050円
③59,250円
122,570円
③115,370円
159,090円
③149,490円
206,610円
③194,610円
444,210円
③420,210円
ビッグ
ローブ光
au 31,875円
④16,035円
75,675円
④43,995円
99,475円
④51,955円
149,415円
④86,055円
177,175円
④97,975円
415,975円
④257,575円
excite光
MEC
なし 40,026円 86,226円 132,426円 178,626円 224,826円 455,826円
なし 56,200円 93,400円 130,600円 167,800円 205,000円 391,000円
DTI光 au 50,760円
④34,920円
98,280円
④66,600円
145,800円
④98,280円
193,320円
④129,960円
240,840円
④161,640円
478,440円
④320,040円

マンションの場合(転用・事業者変更)

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,000円割引(1,100円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
月1,320円割引(1,320円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
ドコモ 54,950円
①42,850円
②30,750円
98,950円
①73,650円
②42,850円
145,000円
①122,050円
②83,550円
160,550円
①152,850円
②101,150円
257,350円
①192,450円
②127,550円
521,350円
①390,450円
②259,550円
ソフト
バンク
48,230円
①35,030円
②21,830円
87,940円
①61,540円
②35,140円
148,550円
①108,950円
②59,350円
188,260円
①135,460円
②82,660円
238,420円
①172,420円
②106,420円
489,220円
①357,220円
②225,220円
au 23,600円
①18,305円
②6,205円
30,405円
①42,065円
②16,765円
67,365円
①74,625円
②36,125円
113,125円
①122,585円
②70,885円
220,045円
①155,145円
②90,245円
487,345円
①356,445円
②225,545円
ソフト
バンク
49,034円
①36,934円
②24,834円
53,992円
①28,692円
②3,392円
87,180円
①48,680円
②10,180円
109,730円
①58,030円
②6,330円
142,730円
①77,830円
②12,930円
307,730円
①176,830円
②45,930円
au 55,488円
①43,388円
②31,288円
88,224円
①62,924円
②37,624円
127,360円
①88,860円
②50,360円
206,496円
①154,796円
②103,096円
245,632円
①180,732円
②115,832円
541,312円
①410,412円
②279,512円
なし 46,968円 90,264円 133,560円 176,856円 220,152円 436,632円
OCN
モバイル
ONE
27,850円
③25,210円
49,850円
③44,570円
108,370円
③100,450円
144,890円
③134,330円
192,410円
③179,210円
430,010円
③406,010円
ビッグローブ光 au 67,138円
④51,298円
119,674円
④87,994円
152,210円
④104,690円
224,746円
④161,386円
257,282円
④178,082円
519,962円
④361,562円
excite光
MEC
なし 53,470円 112,870円 172,270円 231,670円 291,070円 588,070円
なし 40,610円 81,530円 122,450円 163,370円 204,290円 408,890円
DTI光 au 49,960円
④34,120円
97,480円
④65,800円
145,000円
④97,480円
192,520円
④129,160円
240,040円
④160,840円
477,640円
④319,240円

光回線おすすめランキング(戸建て)

ではここからは、上記の結果を踏まえて光回線でおすすめなものを、利用しているスマホ及び想定利用年数別に紹介していきます。

ドコモのスマホを使っている人(戸建て)

まずは戸建てに住んでいてドコモのスマホを使っている人向けのおすすめ光回線です。

2、3年だけ使う予定

  • ❶ドコモ光
     ※2,000円以上のセット割が適用される場合
  • ❷ソフトバンク光
  • ❸NURO光


ドコモ光は2,200円以上(1,100円割引×2回線or550円割引×4回線)のセット割が適用されるのであれば最優先

【セット割適用プラン】
・5G/4Gギガホ…1,100円割引
・5G/4Gギガライト…550円割引

セット割がない場合はもっと安い他社がありますが、もし家族でドコモのスマホを持っていて2回線以上適用されるのであれば、最もお得に使えることになります。

ドコモ光の申し込み先

もしプランがセット割適用外、自分一人だけ適用されずに1,100円の割引しかないという場合は「ソフトバンク光」

キャッシュバック額が大きいソフトバンク光は、契約期間である2年で見ると1,100円のセット割が適用されるドコモ光よりも総額で安くなります。

ドコモ使っているからドコモ光がお得というのは実は大きな間違い。プランや台数次第ではセット割がきかなくても安いものがあるのです。

ドコモ光もソフトバンク光もどちらもフレッツ光回線を使った光コラボ。同じ回線を使るなら安い方が良いですよね。

ソフトバンク光の申し込み先

そしてもう一つおすすめしたいのがNURO光

NURO光も安いですが総額料金的にはセット割適用時のドコモ光やソフトバンク光に劣っていますただ、ここのメリットは通信速度

ドコモ光やソフトバンク光の最大通信速度(下り)が1Gbpsであるのに対し、NURO光は2Gbps。通信速度が速いので、より快適にインターネットを利用することができます。

NURO光の申し込み先

長期的に使う予定

もししばらくは同じ光回線を使う予定、面倒だから他の光回線の乗り換え等はしないという場合は以下の光回線がおすすめ。

  • ❶ドコモ光
     ※2,000円以上のセット割が適用される場合
  • ❷BB.excite光Fit
  • ❸おてがる光


セット割による割引はずっと続く為、1,100円だけの割引であっても短期のキャッシュバックや工事費用無料キャンペーンよりもいずれはお得になります

【セット割適用プラン】
5G/4Gギガホ…1,100円割引
・5G/4Gギガライト…550円割引

もし2,200円もの割引があったとすると、他の光回線よりも圧倒的に安くなる(総額だと10年で10万円以上)ので、やはりまずはドコモ光が1番目の選択肢となるでしょう。

ドコモ光の申し込み先

プランの都合上で割引が550円以下となるのであれば、BB.excite光Fitもしくはおてがる光。どちらもドコモ光と同じフレッツ光回線を使う光コラボであり、速度面などの心配もありませんし、月額料金が安くて契約期間に定めがないというメリットがあります。

セット割を考えない場合に最も安く使うことができるのはBB.excite光Fit。200GB以内であれば長期的にみると最安ですし、あまり使わない月があればその分さらに安くなります。

一人暮らしの人やそこまで使わないという人ならばこれがおすすめです。

BB.excite光 Fitの申し込み先

もし無制限に使いたい、容量を気にしたくないという人におすすめなのはおてがる光

容量制限がない中では長期的に見た場合に非常に安く使うことができます。

おてがる光の申し込み先

auのスマホを使っている人(戸建て)

続いて戸建てに住んでいてauのスマホを使っている人向けのおすすめ光回線です。

2、3年だけ使う予定

  • ❶So-net光プラス
     ※2,000円以上のセット割が適用される場合
  • ❷ソフトバンク光
  • ❸NURO光


auひかりでもauスマホとのセット割がもちろんありますが、戸建ての場合は高額な撤去費用がかかる為、同じく
セット割があるSo-net光プラスがおすすめ。フレッツ光回線を利用した光コラボなので、全国で導入可能です。

【セット割適用プラン】
・データMAX5G/4G…1,100円割引
ピタっとプラン1GB~…550円割引

セット割によるスマホ代2,200円以上の割引があればどの光回線よりも安く利用できます。

So-net光プラスの申し込み先

セット割が1,100円以下もしくは適用外という場合はソフトバンク光がおすすめ

セット割の適用がなくても高額なキャッシュバックがある為、2年以内の総額料金を比較すると最安となります。

必ずしもセット割が適用できる光回線が良いというわけではないのです。

ソフトバンク光の申し込み先

ドコモの時同様、NURO光もおすすめ

2年以内で見るとソフトバンク光よりも総額が若干高くなりますが、3年以降であればソフトバンク光よりも安くなりますし、速度も最大2Gbps(ソフトバンク光やSo-net光プラスは1Gbps)と速いです。

ただしエリアが限られている、戸建ての場合は工事までに時間がかかるという点に注意が必要です。

NURO光の申し込み先

長期的に使う予定

  • ❶auひかり
     ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❷So-net光プラス
     ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❸BB.excite光Fit
  • ❹おてがる光


長期的に使う場合であればSo-net光プラスよりもauひかりがおすすめ
です。

So-net光プラスの月額料金は最初は安いものの2年以上でかなり高くなってしまう為、解約時に必要な撤去工事を考慮してもauひかりの方が総額では安くなります。

【セット割適用プラン】
データMAX5G/4G…1,100円割引
ピタっとプラン1GB~…550円割引

もしauのスマホから変える気はない、光回線も同じところを長期的に使うというのであれば、セット割が適用されるauひかりを選んでおきましょう。

auひかりの申し込み先

ただauひかりはエリアが限られている為、もしauひかり導入不可ならばSo-net光プラス。セット割で月額料金が安くなるのは、長期的に見るよやはり大きなメリットです。

So-net光プラスの申し込み先

もしセット割適用外の場合や割引額550円以下の場合はドコモの時同様、BB.excite光Fitもしくはおてがる光がおすすめです。

どちらもSo-net光プラスと同じフレッツ光回線を使う光コラボであり、速度面などの心配もありませんし、月額料金が安くて契約期間に定めがないというメリットがあります。

セット割を考えない場合に最も安く使うことができるのはBB.excite光Fit。200GB以内であれば長期的にみると最安ですし、あまり使わない月があればその分さらに安くなります。

一人暮らしの人やそこまで使わないという人ならばこれがおすすめです。

BB.excite光 Fitの申し込み先

もし無制限に使いたい、容量を気にしたくないという人におすすめなのはおてがる光

容量制限がない中では長期的に見た場合に非常に安く使うことができます。

おてがる光の申し込み先

ソフトバンクのスマホを使っている人(戸建て)

続いて戸建てに住んでいてソフトバンクのスマホを使っている人向けのおすすめ光回線です。

2、3年だけ使う予定

  • ❶ソフトバンク光
  • ❷NURO光


高額なキャッシュバックがあり、
セット割を考えなくてもそもそも総額でお得なソフトバンク光

もしセット割があるならばさらに安く利用できるのでかなりおすすめですし、セット割がない場合でも他の光回線より安いのでわざわざ違うのを選ぶ必要がありません。

【セット割適用プラン】
データプランメリハリ…1,100円割引
データプランミニフィット…1,100円割引

フレッツ光回線を利用した光コラボで全国で導入可能となっていますから、1番目の候補となりますね。

ソフトバンク光の申し込み先

NURO光もソフトバンクスマホとのセット割があり、なおかつもともとがお得な光回線

2年以内だとソフトバンク光よりも若干高いですが、速度面で優位性があるので、速度を求める人はNURO光がおすすめです。

ただしNURO光はエリアが限定されている、工事に時間がかかるという点があるので注意が必要となります。

NURO光の申し込み先

長期的に使う予定

  • ❶NURO光
     ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❷ソフトバンク光
     ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❸BB.excite光Fit
  • ❹おてがる光


長期的に使うことを考えると、
セット割による1,100円以上の割引があるならばソフトバンクよりNURO光の方が料金的に安くておすすめ。速度面でも優位性がありますしね。

NURO光の申し込み先

ただ先ほども述べたように、NURO光はエリアが限定的で工事が混んでいて開通までに時間がかかります。

そういった場合はソフトバンク光でもOK。NURO光より若干高いとは言え、セット割があるなら他の光回線よりも安く利用することができます

ソフトバンク光の申し込み先

もしセット割適用外の場合や割引額550円以下の場合は他の時同様、BB.excite光Fitもしくはおてがる光がおすすめです。

どちらもソフトバンク光と同じフレッツ光回線を使う光コラボであり、速度面などの心配もありませんし、月額料金が安くて契約期間に定めがないというメリットがあります。

セット割を考えない場合に最も安く使うことができるのはBB.excite光Fit。200GB以内であれば長期的にみると最安ですし、あまり使わない月があればその分さらに安くなります。

一人暮らしの人やそこまで使わないという人ならばこれがおすすめです。

BB.excite光 Fitの申し込み先

もし無制限に使いたい、容量を気にしたくないという人におすすめなのはおてがる光

容量制限がない中では長期的に見た場合に非常に安く使うことができます。

おてがる光の申し込み先

格安SIMのスマホを使っている人(戸建て)

続いて戸建てに住んでいて格安SIMなどキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外のスマホを使っている人向けのおすすめ光回線です。

2、3年だけ使う予定

  • ❶ソフトバンク光
  • ❷NURO光


格安SIMのセット割による割引額はあってもかなり少額なので気にする必要はなく、
キャッシュバックが大きいソフトバンク光、NURO光が他の光回線にくらべて安くてお得に利用できます

光コラボであるソフトバンク光は全国対応可能で、2年以内であれば最安。総額で見ると他の平均額よりも2年で4万円ほど安いです。

ソフトバンク光の申し込み先

3年~5年で見た時に最も安いのがNURO光(2年で解約する場合だとソフトバンクに次いで2番目)。

料金的にお得な上に、速度面の優位性(他の光回線が最大1Gbpsであるのに対してNURO光は2Gbps)もある為、ここ最近ではかなり人気の光回線です。

ただエリアが限定的である上、その人気さから開通工事までに時間がかかってしまうという点は注意が必要です。

NURO光の申し込み先

長期的に使う予定

  • BB.excite光Fit
  • ❷おてがる光


セット割がない、かつ長期的に使うという場合であれば
月額料金が安い光回線を選ぶのがベスト

そしてそれがBB.excite光Fitとおてがる光です。

従量課金制であるBB.excite光Fitは30GB以内で3,540円、200GB以内で4,290円という安さであり、一人暮らしの人やあまり自宅で光回線を使わない人には特におすすめの光回線です。

月に200GBなんて、正直なかなか行きませんから、多くの人は他の光回線よりも通信費を抑えることができるはずです。

BB.excite光 Fitの申し込み先

ただ容量なんて気にしたくない、高画質で動画をたくさん見たいといった人にとってはやはり無制限である方が良いですよね。

そんな人におすすめなのがおてがる光

月額料金が4,708円と他に比べて最も安く、長期的に使うことを考えると最も安く使える光回線です。

おてがる光の申し込み先

光回線おすすめランキング(マンション)

光回線は戸建てとマンションで料金やキャッシュバックが異なる為、戸建てタイプとは別におすすめのものを紹介していきます。

ドコモのスマホを使っている人(マンション)

まずはドコモのスマホを利用している人向けのおすすめです。

2、3年だけ使う予定

  • ❶ドコモ光
     ※2,000円以上のセット割が適用される場合
  • ❷NURO光forマンション
  • ❸ソフトバンク光
  • ❹auひかり


マンションタイプの場合、
ドコモ光は戸建ての時同様、2,200円以上のセット割が適用されるのであればもっともお得に利用することができます

下記プランで複数回線の利用が必要なので該当する人の割合は低いと思いますが、家族でドコモを使っている人などには良いでしょう。光コラボなので多くのマンションで導入されていますしね。

【セット割適用プラン】
・5G/4Gギガホ…1,100円割引
・5G/4Gギガライト…550円割引

ドコモ光の申し込み先

次におすすめなのがNURO光。月額2,750円と格安で、同一マンションでの利用者が多いとさらに安くなります。

ただあくまでそのマンションにNURO光が導入されていることが条件。現状ではNURO光エリア内であってもマンションには導入されていない場合がほとんどで、利用できないケースがほとんどです。

NURO光forマンションの申し込み先

セット割が1,100円以下でNUROの使用ができない場合はソフトバンク光

セット割がなくても高額キャッシュバックのおかげで2年以内であれば最も安く利用することができます。

光コラボなので、ほとんどのマンションで導入可能というのも大きな利点です。

ソフトバンク光の申し込み先

もし現在フレッツ光回線、もしくは光コラボを利用しているという場合、ソフトバンク光に申し込んでも転用もしくは事業者変更となるため、キャッシュバックが減額されてauひかりの方が3年で見るとかなり安くなります

戸建ての時とちがってマンションタイプでは設備撤去費用がかからないのが大きいです。

auひかりはドコモ光やソフトバンク光などの光コラボに比べると導入可能なマンションが少ないですが、最近かなり多くはなってきたので確認してみると良いでしょう。

auひかりの申し込み先

長期的に利用する場合

  • ❶ドコモ光
     ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❷NURO光forマンション
  • ❸BB.excite光Fit
  • ❹おてがる光


マンションを購入したなどの理由で長期的に同じ光回線を利用していく場合、
ドコモ光は1,100円でもセット割が適用されれば十分お得

【セット割適用プラン】
・5G/4Gギガホ…1,100円割引
・5G/4Gギガライト…550円割引

マンションの場合、NURO光やauひかりだと導入不可である場合が多いです。一方でドコモ光やソフトバンク光などフレッツ光回線を使う光コラボは多くのマンションで導入することができるので、ドコモユーザーにとってはありがたいですよね。

ドコモ光の申し込み先

月額料金がとびぬけて安いNURO光ももちろんおすすめ。もし運よく現在住んでいる(もしくは引っ越す)ところでNUROforマンションの導入が可能であれば、ぜひ選びましょう。

NURO光forマンションの申し込み先

導入しやすい光コラボ系で長期的に見てお得なのが戸建ての時と同様でBB.excite光Fitもしくはおてがる光

キャッシュバックがない、工事費用がかかるといった点から短期間で見ると料金面で利点はないものの、長期的に見ると月額料金の安さが大きなプラスに働きます。

毎月の通信量の利用が200GB以内でよければBB.excite光Fitが安いですが、無制限に使えるおてがる光でも10年で14,000円程度高いですから、たくさん使うかもしれないという人はおてがる光にしておいた方が良さそうです。

B.excite光 Fitの申し込み先

おてがる光の申し込み先

auのスマホを使っている人(マンション)

続いてauスマホを使っている人のマンションタイプのおすすめ光回線です。

2、3年だけ使う予定

  • ❶auひかり
     ※550円以上のセット割が適用される場合
  • ❷ソフトバンク光
  • ❸So-net光プラス
     ※2,200円以上のセット割が適用される場合
  • ❹NURO光forマンション


auひかりは戸建ての時とちがって解約時の撤去費用がかかりません。
高額なキャッシュバックがある分、セット割が550円しかなくても総額ではかなり安くなります。

【セット割適用プラン】
データMAX5G/4G…1,100円割引
ピタっとプラン1GB~…550円割引

マンションで導入可能かにもよりますが、もし可能であればauスマホユーザーはauひかりを選ぶと良いでしょう。

auひかりの申し込み先

ただマンションによってはフレッツ光回線のみしか設備がなく、導入できるのが光コラボだけという場合も少なくありません。

その場合はセット割の割引額に応じてソフトバンク光かSo-net光プラスがおすすめとなります。

まず2,200円以上のセット割が適用されるのであればSo-net光プラス。光コラボ系の中では最安となります。

So-net光プラスの申し込み先

ただセット割が1,100円以下の場合はソフトバンク光がおすすめです。

セット割の適用がなくても高額なキャッシュバックがある為、2年以内の総額料金を比較するとSo-net光プラスよりも安いです。

ソフトバンク光の申し込み先

月額料金が安いNURO光ももちろんおすすめ。もし導入可能なマンションであれば、auひかりで1,100円以上のセット割がある場合を除いて最も安く利用できます。

NURO光forマンションの申し込み先

長期的に使う予定

  • ❶auひかり
     ※550円以上のセット割が適用される場合
  • ❷So-net光プラス
     ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❸BB.excite光Fit
  • ❹おてがる光


長期的に使う場合であっても、
セット割が適用されるなら基本的にはauひかり。エリアによってauひかりの導入が不可という場合はSo-net光プラス

自宅のマンションで何の光回線が利用可能なのかがマンションタイプでは重要となります。

【セット割適用プラン】
データMAX5G/4G…1,100円割引
ピタっとプラン1GB~…550円割引

もしauのスマホから変える気はない、光回線も同じところを長期的に使うというのであれば、セット割が適用されるauひかりを選んでおきましょう。

auひかりの申し込み先

So-net光プラスの申し込み先

セット割適用外の場合は他の時同様、BB.excite光Fitもしくはおてがる光がおすすめです。

どちらもSo-net光プラスと同じフレッツ光回線を使う光コラボであり、速度面などの心配もありませんし、多くのマンションで導入可能となっています。

セット割を考えない場合に最も安く使うことができるのはBB.excite光Fit。200GB以内であれば長期的にみると最安ですし、あまり使わない月があればその分さらに安くなります。

一人暮らしの人やそこまで使わないという人ならばこれがおすすめです。

➡BB.excite光 Fitの申し込み先

もし無制限に使いたい、容量を気にしたくないという人におすすめなのはおてがる光

容量制限がない中では長期的に見た場合に非常に安く使うことができます。

おてがる光の申し込み先

ソフトバンクのスマホを使っている人(マンション)

続いてソフトバンクのスマホを使っている人向けのおすすめ光回線になります。

2、3年だけ使う予定

  • ❶NURO光forマンション
  • ❷ソフトバンク光
  • ❸auひかり


元々安いNURO光は、もしセット割が適用されればさらに安くなるのでもし導入可能ならぜひそれを選ぶことをおすすめします

ただほとんどのマンションでは設備未対応となってしまいるのが実際のところ。今後、導入されるマンションが増えていくまでだいぶ時間がかかると思いますので、現実的な選択肢としては以降のソフトバンク光が1位となりますね。

NURO光forマンションの申し込み先

多くのマンションで導入されているフレッツ光回線で利用できるソフトバンク光は、セット割が適用されなくてもキャッシュバックが他に比べて多いので十分お得な光回線

セット割が適用されれば、もう文句なしの安さです。

【セット割適用プラン】
データプランメリハリ…1,100円割引
データプランミニフィット…1,100円割引

ソフトバンク光の申し込み先

もし現在フレッツ光回線、もしくは光コラボを利用しているという場合、ソフトバンク光に申し込んでも転用もしくは事業者変更となるため、キャッシュバックが減額されてしまいます。

1,100円でもセット割が適用されればそれでもソフトバンク光が安いのですが、もし適用されないのであればauひかりの方がお得になります。

キャッシュバックの減額がない、マンションタイプなので撤去費用がかからないというのが主な理由です。

auひかりはドコモ光やソフトバンク光などの光コラボに比べると導入可能なマンションが少ないですが、最近かなり多くはなってきたので確認してみると良いでしょう。

auひかりの申し込み先

長期的に使う予定

  • ❶NURO光forマンション
  • ❷ソフトバンク光
    ※1,100円以上のセット割が適用される場合
  • ❸BB.excite光Fit
  • ❹おてがる光


長期的に使うことを考えても
月額料金がとにかく安いNURO光forマンションは、もし導入可能なら一番に選びたい光回線です。

NURO光forマンションの申し込み先

ただ先ほども述べたように、NURO光は現時点でほとんどのマンションで設備未対応。

よって、1,100円のセット割があるという条件でソフトバンク光が現実的に考えて最もおすすめとなります。

ソフトバンクは光コラボなのでほとんどのマンションで導入可能です。

【セット割適用プラン】
データプランメリハリ…1,100円割引
データプランミニフィット…1,100円割引

ただしセット割が適用されないのであれば、他社の方が安いので注意してください。

ソフトバンク光の申し込み先

もしセット割適用外の場合は他の時同様、BB.excite光Fitもしくはおてがる光がおすすめです。

どちらもソフトバンク光と同じフレッツ光回線を使う光コラボであり、速度面などの心配もありません。

一人暮らしの人やそこまで使わないという人ならば200GB以内という条件付きで最も安いBB.excite光Fitこれがおすすめです。

200GBはそう行きませんからね。

BB.excite光 Fitの申し込み先

もし無制限に使いたい、容量を気にしたくないという人におすすめなのはおてがる光

容量制限がない中では長期的に見た場合に非常に安く使うことができます。

おてがる光の申し込み先

格安SIMのスマホを使っている人(マンション)

続いて格安SIMなどキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外のスマホを使っている人向けのおすすめ光回線です。

2、3年だけ使う予定

  • ❶NURO光forマンション
  • ❷ソフトバンク光
  • ❸auひかり


格安SIMのセット割による割引額はあってもかなり少額なので気にする必要はなく総額で安いところをそれぞれのマンションで導入可能なものから選びましょう。

もしNURO光forマンションの導入が可能であれば、NURO光がおすすめ。圧倒的に安いですし速度も速いです。

NURO光forマンションの申し込み先

ただNURO光forマンションは現時点だと設備未対応である場合がほとんど。その為、基本的にはソフトバンク光かauひかりを選ぶことになるでしょう。

もし現在フレッツ光や光コラボを使っていないのであればソフトバンク光。キャッシュバックが多く、ほとんどのマンションで導入可能な光コラボです。

ソフトバンク光の申し込み先

もし現在フレッツ光回線、もしくは光コラボを利用しているという場合、ソフトバンク光に申し込んでも転用もしくは事業者変更となるため、キャッシュバックが減額されてしまいます。

その為、この場合はキャッシュバックの減額がないauひかりが最もお得な光回線となります。

auひかりの申し込み先

長期的に使う予定

  • ❶NURO光forマンション
  • BB.excite光Fit
  • ❸おてがる光


セット割がない、かつ長期的に使うという場合であれば月額料金が安い光回線を選ぶのがベスト

そしてそれがNURO光、BB.excite光Fitとおてがる光になります。

マンションタイプの中でNURO光forマンションの料金は格段に安いです。しかもキャッシュバックが25,000円。総額で見ても10年時点で他社から10万円以上安いです。

ただ残念ながらほとんどのマンションで設備未対応。選べない場合がほとんどです。ですので、現実的には下記に記載しているBB.excite光Fitもしくはおてがる光がおすすめとなります。

NURO光forマンションの申し込み先

従量課金制であるBB.excite光Fitは30GB以内で3,520円、200GB以内で4,290円という安さであり、一人暮らしの人やあまり自宅で光回線を使わない人には特におすすめの光回線です。

月に200GBなんて、正直なかなか行きませんから、多くの人は他の光回線よりも通信費を抑えることができるはずです。

BB.excite光 Fitの申し込み先

ただ容量なんて気にしたくない、高画質で動画をたくさん見たいといった人にとってはやはり無制限である方が良いですよね。

そんな人におすすめなのがおてがる光。

月額料金が4,280円と他に比べて最も安く、長期的に使うことを考えると最も安く使える光回線です。

おてがる光の申し込み先

お得な光回線は環境によってかなり異なる

光回線各社が出しているプランや料金はかなり異なっており、お得なものを選ぼうとすると実はかなり大変です。

ただそこでまあいいやと適当に選んでしまうと、今回の料金シミュレーションの結果からもわかるように、数万円、下手したら10万円以上も高い料金を払ってしまうことになりかねないので注意が必要です。

ですから、ぜひ自分の環境に合ったお得な光回線を選ぶようにしてください。

なお光回線サービスのキャンペーンは定期的に変更される為、本記事では随時更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました