Marubeni光の評判や料金、メリットやデメリットを解説!高額な違約金には要注意

最近、家庭のインターネット回線を見直す人が増えています。

「有名な光回線でなくても、プロバイダが運営している光回線サービスも検討したい」なら、本記事で紹介しているMarubeni光もチェックしてみましょう。

複雑な料金プランを分かりやすく、メリットやデメリットも合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

Marubeni光(丸紅ひかり)とは?

Marubeni光は、丸紅テレコムが提供するインターネットの通信回線サービスの一種です。

回線はNTT東西、プロパイダや契約窓口をMarubeni光が担当しています。

すでにNTT東日本・西日本で「フレッツ光」を使用している人は、転用手続きをするだけで工事をせずにMarubeni光を利用することが可能です。

もちろん、既に他社で光コラボを契約している人も、事業者変更手続きを行えば工事不要で利用できます。

Marubeni光の料金は?

Marubeni光には、大きく分けて戸建て向けのプランとマンションなどの集合住宅向けのプランがあり、契約年数に応じて料金が異なります。

戸建てタイプは2年から4年契約、公式おすすめの3年プランは月5,230円

戸建てタイプの料金は以下の通りです。

 契約年数回線接続料プロバイダ料月額合計
2年4,350円1,200円5,500円
3年4,250円980円5,230円
4年4,250円930円5,180円

4年契約と3年契約ではそこまで料金の差がありません。

ちなみに、公式サイトでは3年契約がおすすめされています。

集合住宅(マンション)タイプも2~4年契約で、3年プランは月3,880円

集合住宅タイプ(マンション)の料金は以下の通りです。

 契約年数回線接続料プロバイダ料月額合計
2年2,850円1,200円4,050円
3年2,900円980円3,880円
4年2,900円930円3,830円

プロバイダ料は戸建てプランと変わりません。

集合住宅タイプも、公式サイトでは3年プランが推奨されていました。

他社と比較すると特に安いわけではない

Marubeni光の料金を、他社と比べてみました。

 光回線戸建てマンション 契約年数
Marubeni光5,230円3,880円3年
OCN光5,200円3,600円2年
ソフトバンク光5,200円3,800円2年
ドコモ光5,200円4,000円2年
auひかり5,100円3,800円3年
NURO光4,743円1,900円
~4,743円
2年

契約年数が同じであるauひかりと料金を比較すると、戸建てが130円、マンションでは80円Marubeni光が高くなっています。

また、2年契約のプランで比べても、Marubeni光の料金は割高です。

月額料金を考えると、他社で契約したほうが安く契約できそうですね。

Marubeni光の評判や口コミ

では、実際に既に利用されている方々の意見はどのようなものでしょうか。

いくつかTwitterの口コミを紹介します。

【速度に関する評判】

とにかく多かったのが「通信速度が遅い」というもの。他の光回線の乗り換えたくても、3年や4年契約をしていると、違約金が気になってなかなか乗り換えも難しいですね。

料金や速度に満足のいかない口コミが他にもいくつかありました。

【サポートについての評判】

Marubeni光のサポートセンターの評判は、実際のところあまりよくありません。

本記事の後半では、違約金や解約方法についても詳しく載せています。

契約前には解約する時の条件や方法もしっかり確認するようにしておきましょう。

Marubeniのメリット

Marubeni光のメリットには、どのようなものがあるでしょうか。

特に回線と料金について、詳しく見てみましょう。

通信が速くなるIPv6接続の「MarubeniBB v6プラス」が使える

従来の接続方式である「IPv4」を使うと、回線が混雑して速度が遅くなりがちですが、Marubeni光では次世代高速通信の「IPv6」接続を使うことができます

「接続方式をIPv6にするって言っても面倒だし、高くなるんだろう」と思ってしまいそうですが、Marubeni光では「Marubeni v6プラス」に申し込むだけで利用可能です。

IPv4接続からv6プラスに変更しても月額料金はそのままですし、申し込みが完了すれば基本的には特に設定をしなくても使えるようになっています。

ただ、プランを切り替えるときに手数料の2,000円が発生すること、IP電話が利用できないことには注意してください。

光回線の利用が少ない人が従量制タイプのプランを選べばお得に使える

回線は光がいいけれど、インターネットはあまり使わないような人には「ファミリー従量制プラン」がお得です。

このプランは、3年契約で、回線接続料が月3,400円、プロバイダ料が980円で月額合計4,380円。

料金の部分で確認した通り、定額制の料金については月額5,230円であるため、ファミリー従量制プランのほうが980円も安くなります

また、使った分だけ課金される従量制ではあるものの、3GBまでは基本料金しか掛かりません

したがって、普段から動画をよく観るなど、通信量の多い人は定額制のプランがお得ですが、逆にそこまでネットを使わないという人は従量制プランが向いています

ただ、ファミリー従量制プランは、戸建て向けのプランしかないことや、3GB以上使用すると最高で月6,080円まで料金が上がる可能性があることは注意しておきましょう。

Marubeni光のデメリット

Marubeni光のデメリットは、どのようなものがあるでしょうか。

特に、キャンペーンや割引、違約金について見てみましょう。

公式で申し込んでも目立ったキャッシュバックやキャンペーンが無い

他の光回線では、キャッシュバックや、月額料金の割引などのキャンペーンが随時行われています。

一方、Marubeni光ではそういった割引や特典はありません

唯一あるとすれば、Marubeni光で光回線と併せてモバイルWIFIを申し込むと少し安く借りられるといったサービスくらい。

開通工事まで時間が掛かる場合は利用することもできますが、光回線サービスの料金がお得になるような特典がないのは残念ですね。

スマホとのセット割引が無い

auやソフトバンク、ドコモなどの携帯会社には、スマホと光回線の両方の契約者に適用されるセット割引があります。

例えばドコモ光であれば、ドコモユーザーが月最大1,000円の割引を受けられるといったものです。

ただ、Marubeni光には携帯回線とのセット割引が無いため、少しでも通信費を節約したい人は、自分の携帯回線に合わせて光回線を選ぶようにしましょう。

途中解約時の違約金が高い

違約金につきましても、口コミで高いと主張されている方がチラホラ目につきました。
各プランの違約金は以下の通りです。

契約プラン利用期間違約金
2ねん割2年未満9,500円
3ねん割1年未満36,000円
1年~2年24,000円
2年~3年12,000円
3年以降9,500円
4ねん割1年未満36,000円
1年~2年24,000円
2年~3年12,000円
3年以降9,500円

2ねん割りの違約金9.500円は、特別に高いといった印象は受けませんが、3ねん割、4ねん割で1年未満にやめてしまった際の違約金は36,000円と高額です。

ソフトバンク光やドコモ光は高くても2万円ほどですから、他社と比べても結構高い設定になっています。

Marubeni光の契約方法・解約方法

Marubeni光の契約方法と解約方法について、細かく手順を解説していきます。

Marubeni光の契約方法

Marubeni光の申し込み方法は2種類。WEBもしくは電話から契約することができます。

それぞれの申し込み方法は以下の通りです。

【Webから申し込む場合】

  1. Marubeni光の公式サイトを開く(公式)
  2. 公式サイトの「お申し込みはコチラ」のボタンを選択
  3. 契約内容や約款、規約、重要事項説明を確認
  4. 個人情報を入力し、「内容確認」を選択
  5. 「入力確認」のページで内容を確認し「送信」を選択

【電話で申し込む場合】

以下の連絡先に電話をして、契約を進めます。

tel:0120-737-378 ※営業時間:10:00~20:00

初めてNTT回線を引く場合は、工事が必要です。電話連絡の際に工事日程を相談してください。

契約後は各種書類が送られています。

Marubeni光の解約方法

解約は、電話かあるいはWebのお問い合わせ先への連絡になります。

【Webで問い合わせる場合】

  1. 公式サイトの「お問い合わせはコチラ」を選択
  2. 「お問い合わせフォーム」で必須事項を入力し、お問い合わせ内容に解約したい旨を入力
  3. ページ下部の「内容確認」を選択
  4. 入力内容を確認して、問題がなければ「送信」を選択

【電話で問い合わせる場合】

以下の電話番号まで問い合わせてください

0120-152-602(フリーダイヤル)※営業時間は平日の9:15~18:00

いずれにしても、契約して1~2年での途中解約は高額な違約金が発生するため、できるだけ解約金が発生しない更新月での解約をおすすめします。

Marubeni光は違約金に注意、あまり使わないなら従量制を選択

Marubeni光の料金やメリット・デメリット、口コミや評判について確認してきました。

Marubeni光は3年や4年契約の途中解約時に請求される違約金が高めに設定されているので、解約するタイミングには注意してください。

月額料金については、正直他社とあまり変わりありません。

ただ、目立ったキャッシュバックや割引が無いため、他社のほうが安く済むケースが多いです。

もしあまりインターネット回線を使わないようであれば、定額制プランよりも従量制プランを選ぶことも検討してみると良いと思います。

なお、NTT回線を使っている光回線について解説している記事もありますので、こちらもぜひ参考にしてください。

光コラボとは?フレッツ光からの転用や乗り換えにおすすめの事業者一覧!
最近よく聞くようになった「光コラボ」ですが、どのようなサービスかと言われるとなかなか難しいですよね。 本記事では光コラボについてとことん解説します。 転用や乗り換えなどの言葉や、おすすめの事業者も合わせて見ていきましょう。 光...