まるっとWi-Fiの口コミや評判は?月300GBが今後変更されるって本当?メリットやデメリット、契約・解約方法まとめ

LTEポケットWiFi、商品別情報
在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

まるっとWi-Fiは、2020年4月13日に新しく始まったポケットWiFiで、最近話題のクラウドSIMを使ったサービスです。

通信量「無制限」を謳うポケットWiFiが多い中、まるっとWi-Fiでは「月300GB」と使える容量をはっきり記載しています。

ただ、サービスを開始直後から「通信速度低下の現在の基準である300GBの制限を止むを得ず下げる変更をする可能性」を発表するなど、何やら前途多難な状態です。

本記事では、まるっとWi-Fiのが概要や契約方法・解約方法、メリットやデメリット、口コミや評判について解説していきます。

スポンサーリンク
  1. まるっとWi-FiはクラウドSIMで300GBまで使えるポケットWiFi
    1. 【料金】ベーシックは月3,280円、プレミアムは月3,880円
      1. キャンペーンやキャッシュバックによる割引はなし
      2. 他のポケットWiFiと比較するとベーシックは安いがプレミアムは割高
    2. 【契約期間・違約金】最低利用期間は2年、解約時の契約解除料は9,800円
    3. 【容量】月300GBまでの大容量、超過後は384Kbpsに低速化する
    4. 【回線】ドコモとau、ソフトバンクの3大キャリアによる通信が可能
    5. 【端末】ベーシックはU2s、プレミアムはG4でどちらもクラウドSIM
    6. 【海外利用】135ヶ国を780円/500MBで利用可能
    7. 【支払い方法】クレジットカードもしくは口座振替
  2. まるっとWi-Fiの契約方法・解約方法
    1. 契約方法|公式サイトから申し込み後、SMSで支払い方法登録
    2. 解約方法|電話による解約手続きと端末の返却が必須
  3. まるっとWi-Fiのメリット
    1. 2年の最低利用期間を終えれば、解約による違約金が発生しない
    2. 口座振替での支払いができる
    3. 初月(端末出荷月)の料金は無料
  4. まるっとWi-Fiのデメリット
    1. 月300GBの制限基準が今後下げられる可能性が高い
    2. 無制限に近い300GBの容量を月3,280円で利用できるが最安ではない
    3. 端末はレンタルなので解約時に要返却、未返却の場合は弁済金が掛かる
    4. 2020年4月に始まったばかりのサービスで先行きが不安
    5. まるっとシリーズの割引は1契約100円で、割引率が低い
  5. まるっとWi-Fiの口コミや評判
  6. 【結論】まるっとWi-Fiの契約はしばらく様子見したほうがいいかも

まるっとWi-FiはクラウドSIMで300GBまで使えるポケットWiFi

(引用:まるっとWi-Fi公式)

まるっとWi-Fiを運営するのは、「まるっとでんき」や「まるっとひかり」などの「まるっとシリーズ」事業を手掛けている株式会社ラストワンマイルです。

では早速、まるっとWi-Fiの概要について確認していきましょう。

まるっとWi-Fi
プラン ベーシック プレミアム
端末 U2s G4
月額料金 3,280円 3,880円
事務手数料 3,000円
送料 なし
発送までの
期間
最短4日
返却 あり/返却時送料自己負担
月間
容量制限
300GB
速度制限 300GBを超過した場合
384Kbpsに速度制限
最低
利用期間
2年
回線 ドコモ/au/Softbank回線
速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
公式 まるっとWi-Fi

公式:まるっとWi-Fi

【料金】ベーシックは月3,280円、プレミアムは月3,880円

まるっとWi-Fiのプランは、ベーシックとプレミアムの2つ。

画面の無いU2s端末を使うのがベーシック(月3,280円)で、画面のあるG4端末を使うのがプレミアム(月3,880円)です。

プラン ベーシック プレミアム
端末 U2s G4
月額料金 3,280円 3,880円
事務手数料 3,000円
端末補償
(オプション)
500円/月

なお、事務手数料はどちらのプランも3,000円となっています。

キャンペーンやキャッシュバックによる割引はなし

まるっとWi-Fiは、料金や初期費用が割引されるようなキャンペーンなどは特に実施していません。

キャッシュバックや特典情報がありましたら、今後追記していきます。

他のポケットWiFiと比較するとベーシックは安いがプレミアムは割高

まるっとWi-Fiのプランを、他のポケットWiFiと比較しました。

【ベーシックプラン】

U2s端末を使うプランで比べると割と安いほうですが、最安ではありません。

ポケモバCloudや、BBN Wi-Fiのほうが安く使えます。

ポケット
WiFi 
月額
料金
手数料 契約
期間
公式 詳細
ポケモバ
Cloud
3,250円 3,000円 2年 公式 詳細
BBN Wi-Fi 3,250円 3,000円 2年 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,280円 3,000円 2年 公式
THE WiFi
ライトプラン
 3,480円 0円※ 2年  公式 詳細
Mugen
WiFi
3,280円
(新規受付停止)
3,000円 2年 公式 詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円 3,000円 2年 公式 詳細
【プレミアムプラン】

次に、G4端末を使う他社のプランと比較してみましょう。

ポケット
WiFi 
月額
料金
手数料 契約
期間
公式  詳細
BBN Wi-Fi
(G4Max)
3,480円 3,000円 2年 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,880円 3,000円 2年 公式
Mugen
WiFi
3,880円 3,000円 2年 公式 詳細

G4端末についてもMugen WiFiは新規受付停止中ですが、まるっとWi-FiやMugen WiFiの月3,880円よりもBBN Wi-Fi(月3,480円)のほうが安く使えますね。

BBN Wi-Fiの料金やメリットまとめ、口コミ・評判も随時更新予定
BBN Wi-Fiとは、月額3,250円で無制限に通信できるプランがあるポケットWiFiサービスです。 BBNからは他にWiMAXやソフトバンク回線のポケットWiFiも出ていますが、それとは別のサービスになります。 本記事では、...

【契約期間・違約金】最低利用期間は2年、解約時の契約解除料は9,800円

まるっとWi-Fiは最低利用期間が2年途中解約による違約金が9,800円となっています。

つまり、2年間使えば、それ以降の解約については違約金が発生しません

ただ、最低利用期間が終了しても端末の返却は必須なので注意してください。

【容量】月300GBまでの大容量、超過後は384Kbpsに低速化する

最近流行りのポケットWiFiは「無制限に使える」ことをウリにしているところが多いものの、口コミや評判を見ていると、実際には200GBや300GBで制限が掛かるケースもあるようです。(平均で1日10GB近く使うのはごく少数の利用者)

無制限を謳っていながら制限が掛かるポケットWiFiに比べると、月間通信量を「月300GBまで」と明示しているまるっとWi-Fiは、いささか親切な気もします。

しかし、通信機器の需要の高まりを受け、今後月300GBの基準を下げる可能性が出てきました。

このことについて、公式では以下のように説明しています。

在宅ニーズが日々急速に加速している事実により、全ユーザー様の利用状況によっては、通信速度低下の現在の基準である300GBの制限を止むを得ず下げる変更をする可能性があります。

(引用:まるっとWi-Fi公式)

在宅勤務の増加、学校休業による通信利用の増加の影響を受けて、ということですが、今後どのくらい基準を下げるのかは不透明。

もし月300GBが200GBに変わるとなれば、1日平均10GB使えたのが6~7GBに減らされるわけですから、ユーザーからすると話が違う…と思わざるを得ません。

今後新しく情報が入り次第、追記・更新します。

ちなみに、まるっとWi-Fiで月300GBの制限基準を超過した後の速度制限は384Kbpsです。

これはTwitterのアイコンが表示されなかったり、インスタのストーリーの読み込みが遅くなったりするくらいの速度。ちょっとネット検索するくらいなら、そこまで気にならないかもしれません。

128Kbpsってどのくらい?速度制限にかかってもできることってあるの?さすがに動画は無理?
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムに、困らされた経験がある人は多いのではないでしょうか。 通信制限時の回線速度は最大「128Kbps」。 通常スマホ...

【回線】ドコモとau、ソフトバンクの3大キャリアによる通信が可能

ポケットWiFiや携帯は、端末内のSIMカードによって回線が決まっていましたが、まるっとWi-Fiの端末にはSIMカードが入っていません。

その代わりに、クラウドSIM技術を使うことによりソフトバンクやドコモ、auのトリプルキャリアネットワークを利用した通信が可能となっています。

クラウドSIMとは
物理的なSIMカードを挿入するのではなく、クラウド上でSIMを管理する通信システム。状況に応じて最適な回線を自動的に選んでつなげることができる(自分で任意に回線を選ぶことはできない)。

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 
どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどで何かと話題になるクラウドSIM。 端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。 本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似たような「eSIM」についてもできるだけ分かり...

おかげで対応エリアが広く、実際に地方などで使用しても問題なく通信することが可能です。

【端末】ベーシックはU2s、プレミアムはG4でどちらもクラウドSIM

まるっとWi-Fiの端末、U2sとG4のスペックは以下の通りです。

名称 ベーシック プレミアム
端末
月額料金 3,280円 3,880円
サイズ
・質量
 127×65.7×14.2mm
151g
72.2×136×12mm
188g
速度 下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー 3,500mAh
(12時間)
3,900mAh
(12時間)
海外利用 可能 可能
同時接続数 5台 5台

どちらもWi-Fi規格や同時接続台数は同じですが、G4端末は画面があるので何かと使い勝手が良いです。

例えば、G4は画面を見ればすぐに通信量を把握することができますが、画面の無いU2sは、接続しているスマホやパソコンのURL欄に「192.168.43.1」と打ち込まないと通信量を確認することができません。

月間通信容量の制限を設けているまるっとWi-Fiを利用するなら、高速通信可能残量はできるだけこまめにチェックしたいもの。

U2s端末のほうが安く使えますが、毎日使うのであればG4端末を使えるプレミアムのほうが良さそうです。

【海外利用】135ヶ国を780円/500MBで利用可能

クラウドSIMを使った端末は、海外でも現地の電波を掴んで通信をすることができます。

まるっとWi-Fiの場合は、135ヶ国で、1日500MBまでの高速通信が可能です。

なお海外利用時は、月額料金の他に780円/日の利用料が掛かります。

【支払い方法】クレジットカードもしくは口座振替

まるっとWi-Fiでは、クレジットカード払いに加えて口座振替にも対応しています。

ポケットWiFiでは口座振替も支払い方法として取り扱いがあるのは比較的珍しいです。

(引用:まるっとWi-Fi公式)

また、まるっとWi-Fiでは、「まるっとでんき」や「まるっとガス」などのまるっとシリーズ契約数に応じて、100円ずつ料金が割引される独自の仕組みを利用することも可能。

離れて暮らす子どもや親の料金とまとめて割引額を増やすこともできます。

まるっとWi-Fiの契約方法・解約方法

まるっとWi-Fiの契約方法と解約方法は以下の通りです。

契約方法|公式サイトから申し込み後、SMSで支払い方法登録

まるっとWi-Fiの申し込み手順は次の流れになっています。

  1. 公式サイトの申込みフォームを入力、送信
  2. 1~2営業日以内にSMSが届く
  3. 支払い方法の登録、完了
  4. 支払い方法の確認後、機器の発送
  5. 最短で4日後に届く

なお、法人の場合は口座振替不可です。

解約方法|電話による解約手続きと端末の返却が必須

まるっとWi-Fiの解約手順は以下の通り。

  1. 解約の旨を電話で連絡
  2. まるっとWi-Fiが指定する方法で返却
  3. Wi-Fi端末の返却を確認後、解約処理

解約手続きだけでなく、住所変更、支払い方法の変更時も、必ず以下のサポートセンターまで連絡するようにしてください。

【連絡先】
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-21-1 アウルタワー3階
株式会社ラストワンマイル まるっとWi-Fiサポートセンター
フリーダイヤル:0800-300-6511
(10:00〜18:00※年末年始を除く)
携帯電話・PHSからのお問い合わせ:03-6670-3096
※通話料⾦はユーザー負担。

まるっとWi-Fiのメリット

まるっとWi-Fiのメリットは以下の通りです。

  • 3年目以降は解約による違約金が発生しない
  • 口座振替での支払いができる
  • 初月(端末出荷月)の料金が無料

2年の最低利用期間を終えれば、解約による違約金が発生しない

まるっとWi-Fiは「最低利用期間」が2年なので、2年間使ってしまえばそれ以降の違約金は発生しません

ポケット
WiFi 
月額
料金
契約期間 公式 詳細
ポケモバ
Cloud
3,250円 自動更新 2年 公式 詳細
BBN Wi-Fi 3,250円 自動更新 2年 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,280円 最低利用
期間
2年 公式
THE WiFi
ライトプラン
 3,480円 最低利用
期間
2年  公式 詳細

ポケットWiFiでは、2年ごとに契約が自動更新されるところもありますが、最低利用期間が設けられていれば、3年目以降に契約解除料を気にせずに好きなタイミングで解約することができます

口座振替での支払いができる

ポケットWiFiでは支払い方法をクレジットカード払いのみとしているところが圧倒的に多いです。

そんな中、まるっとWi-Fiでは口座振替に対応しています

ポケット
WiFi 
月額
料金
契約期間 公式 詳細
ポケモバ
Cloud
3,250円 クレカ 公式 詳細
BBN Wi-Fi 3,250円 クレカ 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,280円 クレカ
口座振替可
公式
THE WiFi
ライトプラン
 3,480円 クレカ 公式 詳細

どんなときもWiFiやUQ WiMAXなど、他にも口座振替に対応しているポケットWiFiはいくつかあるので、気になる人は他のポケットWiFiとも比較、検討してみると良いでしょう。

初月(端末出荷月)の料金は無料

申し込んだ月を「日割り」にしたり「全額負担」にするポケットWiFiがある一方で、まるっとWi-Fiでは初月の月額料金を無料としています。

たとえば、全額負担のポケットWiFiだと20日に申し込んでも1か月分の月額料金が請求されますが、まるっとWi-Fiは申込日が2日や20日でも、その月の月額料金は無料です。

月の途中で申し込んでも損した気になることもありませんね。

まるっとWi-Fiのデメリット

まるっとWi-Fiのデメリットは以下の通りです。

  • 月300GBの制限が今後下げられる可能性が高い
  • 月300GBの容量を月3,280円で利用できるが最安ではない
  • 端末は要返却、未返却の場合は弁済金が発生する
  • 始まったばかりのサービスで先行きが不安
  • まるっとシリーズの割引率が低い

月300GBの制限基準が今後下げられる可能性が高い

まるっとWi-Fiで最も心配なのは、月300GBの制限が今後下げられてしまう可能性が高いこと。

在宅ニーズが日々急速に加速している事実により、全ユーザー様の利用状況によっては、通信速度低下の現在の基準である300GBの制限を止むを得ず下げる変更をする可能性があります。

(引用:まるっとWi-Fi公式)

月300GBと上限を示していたのは、無制限を謳うよりは正直で良い印象がありましたが、今後300GBが下がる可能性があると言われると、どこまで下げられるのか分からず不安になります

契約してもいつか下げられると分かっていると、なかなか契約しづらいというのが正直なところでしょう。

無制限に近い300GBの容量を月3,280円で利用できるが最安ではない

月300GBは、言ってみれば無制限に近い通信量です。クラウドSIMを使い、無制限を謳っている他のポケットWiFiとそう変わらないとも言えます。

前述の通り、月3,280円で300GBを利用できるのは比較的お得なほうなのですが、最安ではありません。

ポケット
WiFi 
月額
料金
手数料 契約
期間
公式 詳細
ポケモバ
Cloud
3,250円 3,000円 2年 公式 詳細
BBN Wi-Fi 3,250円 3,000円 2年 公式 詳細
まるっと
Wi-Fi
3,280円 3,000円 2年 公式
THE WiFi
ライトプラン
 3,480円 0円※ 2年  公式 詳細
Mugen
WiFi
3,280円
(新規受付停止)
3,000円 2年 公式 詳細
めっちゃ
WiFi
3,480円 3,000円 2年 公式 詳細

それに今後月間通信量を下げられる可能性も高いことを考えると、料金や通信量重視でまるっとWi-Fiを選ぶのはあまり賢い選択とは言えないでしょう。

端末はレンタルなので解約時に要返却、未返却の場合は弁済金が掛かる

まるっとWi-Fiの端末はレンタルです。したがって、解約時には返却が必要になります。

気を付けたいのは、最低利用期間が終了しても端末は返却しなければいけないこと。

最低利用期間後の解約による違約金はありませんが、端末の返却は必須なので忘れないようにしましょう。

ちなみに、未返却の場合や修理が必要な故障状態で返却した場合は、ベーシックプランで10,000円、プレミアムプランで15,000円の弁済金が請求されますので注意してください。

2020年4月に始まったばかりのサービスで先行きが不安

まるっとWi-Fiは2020年4月13日にリリースされたばかりの新しいポケットWiFiです。

他のポケットWiFiと肩を並べられる価格設定ではありますが、始まったばかりのサービスで正直不安なところも多々あります。

まるっとシリーズには「まるっとひかり」もあり、通信回線事業が初めてというわけではありません。

ただ、ポケットWiFi市場は移り変わりが激しいですし、設備増強などの状況次第では、どんなときもWiFiやMugen WiFiのように新規受付停止にまで追い込まれることもあります。

通信量制限が読めないまるっとWi-Fiでいま契約するよりは、それなりに実績があり、設備対応策が図られているポケットWiFiでの契約が安心して契約できます。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

まるっとシリーズの割引は1契約100円で、割引率が低い

(引用:まるっとWi-Fi公式)

まるっとシリーズの契約数に従って100円引きになる「まるっと割引」ですが、11サービスを契約したとしても、たった1,000円の割引にしかなりません

まるっとガスやまるっとでんきなど、光熱費等をまるっとシリーズに置き換えてもそこまでお得になるわけでもないですし、割引のために契約する人がどこまでいるのかは甚だ疑問です。

まるっとWi-Fiの口コミや評判

まるっとWi-Fiは始まったばかりのサービスということもあり、口コミ評判はまだありませんでした。

今後集まり次第、随時更新していきます。

【結論】まるっとWi-Fiの契約はしばらく様子見したほうがいいかも

まるっとWi-Fiの概要や契約・解約方法、メリットやデメリット、口コミや評判について解説してきました。

U2sが月3,280円で使えるのは確かにお得ですが、今後月300GBの制限がいつ下げられるかも分かりませんし、契約するには少々不安材料が多い気がします。

まるっとWi-Fiでの契約はしばらく様子見にして、ポケモバCloudBBN Wi-Fiなど、よりお得に使えるポケットWiFiの利用を検討してみると良いでしょう。

【MugenWiFi、どんなときもWiFi他多数】クラウドSIMのポケットWiFiで在庫切れ!端末配送状況(予定納期)一覧表
新型コロナウイルスや利用者の増加に伴い、クラウドSIM端末を扱うポケットWiFiを中心に端末の在庫切れ問題が発生しています。(5月27日更新) 本記事では、在庫切れや予約対応を行っているポケットWiFiと、その入荷予定についてまとめま...