格安SIM

楽天モバイル新プランとmineoのマイピタプランを徹底比較!料金、エリア、速度を比べておすすめなのはどっち?

スポンサーリンク

キャリアがahamoやpovoなど、今までより安いプランを発表する中、楽天モバイルとmineoでも20GB2,178円の新プランが発表されました。そこで気になるのはどちらがよりお得か、ということですよね。

結論からいうと、総合的に見ておすすめなのは楽天モバイルですが、使う容量によってはmineoがおすすめとなる場合もあります。

そこで本記事では楽天モバイルとmineoの違いについて、様々な観点から分かりやすく比較していきます。

楽天モバイル新プランとmineoマイピタプランの特徴とは

まずは楽天モバイルとmineoのそれぞれの特徴について、概要を見ていきましょう。

プラ
楽天モバイル
UN-LIMIT VI

mineo
デュアル※
通話+データ
シングル※
データのみ
特典 3カ月無料 3カ月間
1,188円引
料金 0~1GB:無料
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
1GB
5GB
10GB
20GB
1,298円
1,518円
1,958円
2,178円
880円
1,265円
1,705円
1,925円
通信
無制限
(au回線5GBまで)
1~20GB
通話 楽天Link利用で
無制限無料
アプリ利用10円/30秒
契約
期間
縛りなし 縛りなし
回線 楽天4G/5G回線
au回線
au/docomo/Softbank
回線を契約時に選べる
5G回線利用+220円
契約
方法
WEB
店舗
WEB
店舗

※mineoデュアルタイプ:電話番号での通話+データ通信ができる通話SIM
※mineoシングルタイプ:データ通信のみのSIM

楽天モバイル「UN-LIMIT VI(アンリミットVI)」プランの特徴

  • 3カ月間月額料金無料
  • 無制限に通信できて3,278円
  • 1GBまでは無料で使える段階制プラン(~3GB月1,078円、~20GB2,178円)
  • 楽天の自社回線を利用。エリアは拡大中(2021年夏までに人口カバー率96%を予定)
  • エリア外ではパートナー回線(au)を5GBまで使用可能
  • 通話料無料
  • 契約期間の縛りなし
  • 店舗購入可能

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクに続く第4のキャリアとして2020年に独自回線の提供をスタートしました。

「UN-LIMIT VIプラン」は無制限に通信できて月3,278円という安さである上1GBまで月額料金が無料

以降3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円と容量に応じて料金が段階制となっているため、スマホをほとんど使わないという人はもちろん、たくさん使うという人どちらにとってもおすすめです。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの口コミや料金プラン詳細

mineo「マイピタ」プランの特徴

  • 3カ月月額料金1,188円割引キャンペーン中
  • 月額料金は1GB1,298円~20GB2,178円
  • 回線はドコモ、au、Softbankから選べるのでエリアが広い
  • 昼間の通信速度が遅め
  • 契約期間の縛りなし
  • 店舗購入可能
  • 1GBを無料で追加できるフリータンクというサービスがある
  • 回線速度を低速と高速で切り替えられる(通信量節約に便利)

mineoは、大手キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線すべてを利用できる、マルチキャリア対応の格安SIMです。

現在使用している端末のSIMロックを解除する必要がないので、気軽に乗り換えることができて便利。

mineoはパケット(データ通信容量)関連のサービスが充実していて、家族や友人とパケットを共有したり、ギガが足りなくなったときに1GBを無料で追加したりできます

しかも、「マイネ王」というコミュニティサイトで全国のmineoユーザーと情報を共有できるので、格安SIM初心者で分からないことが多い人でも安心です。

ただし、mineoは混雑しやすい昼間と夜間の通信速度が遅いので、いつでもネットを快適に使いたい人は速度が気になるかもしれません。

mineo公式サイト

mineoの口コミや料金プラン詳細

楽天モバイル新プランとmineoマイピタプランを徹底比較!どっちがおすすめ?

ネクストモバイルやどんなときもWiFi・FUJI WiFi・WiMAXを徹底比較

楽天モバイル新プランとmineoのマイピタプランについて、「料金」「回線」「サービス」の3つの観点から、徹底的に比較していきます。

プラン 楽天モバイル
mineo
料金
エリア
(5GBまでは◎)
速度
(昼のみ△)
サービス

【料金の比較】3か月間月額料金無料の楽天モバイルが安さでは有利

W04 クレードル 料金

結論から言うと料金面では「3か月間月額料金無料キャンペーン」がある楽天モバイルが圧勝しています。

プラン 楽天モバイル
mineo
月額料金
割引
通話料

まずは楽天モバイルの「UN-LIMIT VIプラン」と、mineoの「マイピタプラン」の料金やキャンペーンを比べていきましょう。

基本料金の比較|総合的に見て楽天モバイルが安い

楽天モバイルとmineoの料金を比較すると以下の通り。

プラン 楽天モバイル
UN-LIMIT VI

mineo
デュアル
通話+データ
シングル
データ
1年目
料金
3カ月無料 1GB
5GB
10GB
20GB
1,298円
1,518円
1,958円
2,178円
880円
1,265円
1,705円
1,925円
2年目
料金
0~1GB:無料
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
通信
1GB/550円 100MB/165円
契約
手数料
0円 3,300円

まず、安さ重視の人はとりあえず楽天モバイルを選んでおけばOKです。

通常料金はどちらも20GB月2,178円で変わりませんが、楽天モバイルの新プランでは料金が使用した通信量による段階制

そのため、ネットをあまり使わなかった月でも損になることが無く、逆に使いすぎてしまった場合も通信制限になる心配がありません(楽天エリアで使用の場合)。

特に1GB未満は無料で使用できるため、普段LINEやニュースを確認するぐらいでしか使わないという人なら月額料金0円でスマホを持つことが可能です。

一方mineoは従来通り好きな通信量で申し込むシステム。4~10GBまでの利用であれば楽天モバイルより安い料金設定となっています。

キャンペーンの比較|楽天モバイルは3か月間無料+ポイントプレゼントあり

楽天とmineoではそれぞれ月額割引などのキャンペーンを行っていますが、その内容は楽天モバイルの圧勝です。

楽天モバイル
mineo
キャン
ペーン

・3カ月月額料金無料
(3,278円×3カ月分)
・新規契約で
5,000ポイント
・端末購入で最大
20,000ポイント

3カ月間
1,188円引き
割引
総額
14,834円~
34,834円
3,564円

割引総額を見るとわかるように、楽天モバイルでは10,000円近い割引と5,000ポイント還元が受けられます。

さらに、端末を合わせて買う場合も最大20,000ポイントが還元されるので、同時に機種変更もしたいと考えている人は楽天モバイルがいいでしょう。

mineoも割引は行っているのですが、楽天モバイルと比べると少々見劣りしてしまいますね。

たとえばmineoを5GBで契約する場合、楽天モバイルよりお得に使えるようになるには最低でも1年半程度使わなければなりません。

通話料金の比較|通話料無料の楽天モバイルが安い

楽天モバイルとmineoにはそれぞれ通話用の「専用アプリ」があり、それを使って電話をすると通話料が割引になります。

mineoでは通常料金から半額の10円/20秒ですが、楽天モバイルでは全国内通話が無料に。

ここでも楽天モバイルの方が優勢ですね。

プラン 楽天モバイル
mineo
基本
通話料
無料※ 10円/30秒※
通信
方式
RCS プレフィックス
音質 電波状況に
左右される
キャリアには劣るが
問題なし

※楽天モバイル専用アプリ「楽天Link」、mineo専用アプリ「mineo電話」利用時。アプリ不使用の場合はどちらも22円/30秒

ただしそんな楽天モバイルにも注意事項が2つあります。

  • 楽天Linkに非対応のスマホがある
  • 楽天Linkの音質はmineoより少し悪くなる

楽天Linkは楽天回線対応製品で使用できるアプリです。

そのため楽天モバイルを契約する際、すでに持っているスマホを使って乗り換えをしたいと考えている人は「スマホが楽天Linkに対応しているかどうか」を予め確認しておきましょう。(参考:楽天回線対応製品

【通信回線の比較】速度は楽天モバイル、つながりやすさはmineo

光回線を利用するなら絶対に必要!!

楽天モバイルでは主に自社の楽天回線を、mineoでは各キャリアからレンタルしている回線を利用しています。

それによって、ざっくりいうと速度重視なら楽天モバイル、エリアの広さやつながりやすさ重視ならmineoがおすすめです。

プラン 楽天モバイル
mineo
エリア/
つながり
やすさ

(5GBまでは◎)
速度
(昼のみ△)

エリア・繋がりやすさの比較|5GB以内の使用ならエリアに差はない

前述したように楽天モバイルでは楽天回線を利用しています。

楽天回線の人口カバー率は73.5%(2021年1月時点)と、99%以上のカバー率である3キャリアの回線が使えるmineoには及びません。

ただし楽天モバイルでは、エリア外でも使えるパートナー回線(au)があるため、パートナー回線の通信量上限である5GBまではつながりやすさもmineoと同等、問題なく使用できます

プラン 楽天モバイル
mineo
回線 楽天4G/5G回線
エリア外はパートナー回線
(au/5GBまで)
3キャリアの回線
いずれか
エリア 楽天回線は
エリア拡大中
エリア検索
docomo回線
エリア検索
au回線
エリア検索
softbank回線
エリア検索

さらに楽天では2021年夏までにカバー率96%を掲げているため、都市近郊のエリアに住んでいる場合は近々繋がりやすくなる可能性は十分あります

一方地方など基地局の設置が遅れそうな地域での使用が多い場合は、キャリアのエリアで使えるmineoを選んでおいた方が安全です。

速度の比較|自社回線を持つ楽天モバイルが優勢。mineoは昼間の速度に注意

楽天モバイルの楽天回線は自社で提供をしているため、エリア内であれば安定して使用が可能です。

一方mineoはキャリアの回線を使っていますが、MVNOとして帯域を借り受けているだけなので、お昼時など利用者の多い時間帯は回線が混雑し遅くなります

そのため速度面では、楽天モバイルが優勢です。

プラン 楽天モバイル
mineo
速度 常時
そこそこ速い
昼に速度低下
制限時
速度
1Mbps 200Kbps

ただし同じmineoの中でも契約する回線によって安定感が異なります。たとえば、au回線は比較的安定してますが、一方でSoftbank回線は混雑時以外でも遅くなることがあるためおすすめしていません。

また、低速時の速度にも差があります。

楽天モバイルではパートナー回線を5GB使った後も1Mbpsの中速程度で使用できるのに対し、mineoでは200Kbpsの低速に。

1Mbpsであれば動画を標準画質程度で見られるのですが、200Kbpsともなると低画質でも読み込みに時間がかかったり、途中で止まったりすることがあるので使い勝手はかなり違います。

ただし楽天回線にはエリアの問題もあり一長一短であることも確かなので、自分の住んでいる地域やスマホを使用する頻度の高い時間帯からどちらかを選ぶのがいいでしょう

【サービスの比較】契約期間や契約方法に大きな違いなし

WiMAX回線の電波が弱い

料金や回線以外の二つのプランの特徴について比較してみましょう。

契約期間の比較|どちらも契約期間に縛りなしなので、解約時の違約金も無し

楽天モバイルもmineoも契約期間に縛りがありません。

プラン 楽天モバイル
mineo
契約
期間
縛りなし 縛りなし
違約金 なし なし

契約期間に縛りがあると、解約時思わぬ出費となってしまうことがあります。中には10,000円近い違約金がかかることも。

しかし楽天モバイルもmineoもいつ解約しても違約金がかかることがないので、「楽天モバイルの無料期間が終わったから解約したい」「mineoの速度が遅くなってきたから移りたい」などといった場合でも安心です。

特に楽天モバイルは3カ月間無料のキャンペーンがあるため、とりあえずお試しで契約するといった使い方もできますね。

契約方法の比較|楽天モバイルもmineoもショップでの契約が可能

格安SIMやキャリアの新プランは基本的にWEBのオンライン契約のみとなっていますが、楽天モバイルやmineoでは店舗でも契約が可能です。

プラン 楽天モバイル
mineo
契約
方法
WEB
店舗
WEB
店舗

スマホの契約に慣れている人は、WEBから契約した方が簡単で便利ですが、初めての人やあまりスマホについて詳しくない人は、「WEBで申し込みって言っても、何をどうすればいいのか…」と不安になってしまいますよね。

その場合は店舗で契約できる格安SIMや楽天モバイルを選ぶのがおすすめ。

わからないことがあってもその場で聞けるので、初心者で少しでも不安がある人は店舗で質問するのがいいでしょう。

2021年4月現在楽天モバイルのショップは600店ほど店舗検索mineoではお渡し店を含めて230店ほど店舗検索)。

都市圏に偏りはあるものの、ある程度全国を網羅しているので、最寄りのショップを調べたい時は公式サイトから検索してみましょう。

対応スマホ、セット購入の比較|楽天モバイルもmineoも対応機種のセット購入が可能

格安SIMではSIMのみの販売としているところも多いですが、楽天モバイルやmineoではスマホの販売までしっかり行っています。

ただしmineoでは楽天モバイルのような割引を行っていないので、端末代金が高くついてしまう点に注意。

プラン 楽天モバイル
mineo
セット
購入特典
セット購入可能
最大20,000
ポイント
プレゼント
対応
機種
楽天対応機種
楽天回線対応製品
キャリア購入スマホ
SIMフリースマホ
動作確認済端末

また、手持ちのスマホを使用する際は、必ず動作確認済端末かどうかを予め確認しておきましょう。動作確認済端末以外だとSIMを差しても正常に使えない可能性があります。これは楽天モバイルもmineoも同じです。

ただし楽天モバイルで動作保証のあるスマホは楽天モバイルで購入できる端末のみと一般的な格安SIMより種類が少なくなっています。

しかし中には「動作保証はしていないけど使えるっぽいスマホ」として公式が紹介しているものも。

iPhoneもその中のひとつで、保証はされていませんがiPhoneXS以降であれば、きちんと動作するようです。

ちなみに筆者は普段iPhone12miniに楽天モバイルを入れて使っていますが、今のところ使えないなどと言った不具合はありません。

楽天モバイルとmineoマイピタプランは結局どっちがおすすめ?

楽天モバイルとmineoではよく使う地域が楽天回線内かどうかによっておすすめが異なります。

使用する容量と、重視したいポイントに分けて確認しましょう。

楽天エリア内に住んでいる人

~5GB 5~10GB 10以上
料金を
重視
楽天 楽天 楽天
速度を
重視
楽天 楽天 楽天
繋がりやすさ
を重視
楽天 mineo mineo

楽天エリア内に住んでいるならとりあえず3カ月無料の楽天モバイルで契約するのがおすすめです。

ただしつながりやすさを重視するのであれば、楽天モバイルでは移動先でつながりにくくなることもあるため、mineoにしておくのが無難でしょう。

楽天エリア外に住んでいる人

~5GB 5~10GB 10GB以上
料金を
重視
楽天 mineo
楽天の併用
mineo
楽天の併用
速度を
重視
楽天 mineo
楽天の併用
mineo
楽天の併用
繋がりやすさ
を重視
楽天 mineo mineo

楽天エリア外の場合でも、5GBまで利用する人であればパートナー回線が利用できるので、楽天モバイルがおすすめです。

一方月の通信量が5GBを超えてしまう場合はmineoを選ぶことになりますが、その場合もmineoをメインに、楽天モバイルをサブ回線として両方契約するとさらなる節約になります。

楽天モバイルで月5GBを無料で使った後、mineoで足りない分を補えば、毎月5GB分の料金が浮く計算に。

スマホがiPhoneのようにDSDV(SIMを2枚入れることのできる端末)に対応しているならぜひ試してみましょう。

mineoの申し込み先

楽天モバイルの申し込み先

まとめ

格安SIMは契約する目的や使い方によってどちらが良いかは変わるので、重要なポイントを比較するのが大切です。

mineoと楽天モバイルはどちらも20GB月2,178円ですが、キャンペーンやサービスなどを総合的に考えると楽天モバイルの方がおすすめです。

ただし、楽天モバイルは始まったばかりのサービスなので、エリアが拡大中だったり、動作保証端末が少なかったりと少し不便があるのも事実。

そのため、楽天エリアに対応する見込みが遠かったり、スマホが対応していないという場合はmineoなどの他の格安SIMを検討した方がいいでしょう。

ちなみにその場合であっても楽天モバイルは3カ月無料なので、とりあえず契約してみるというのは十分あり。楽天モバイルで使えないところはmineoで補うなど併用するのも賢い手ですね。

mineoの申し込み先

楽天モバイルの申し込み先

タイトルとURLをコピーしました