格安SIM

mineo(マイネオ)の新プラン「マイピタ」の料金とキャンペーン。旧プランやキャリアと比較してデメリットはある?

スポンサーリンク

docomoやauなどのキャリアで安い新プランが発表される中、格安SIMの「mineo」でも、2021年2月開始の「マイピタ」が登場しました。

全体的にこれまでより安くなったのは事実ですが、中にはマイピタに変えることで損をしてしまうことも。

本記事では、mineo新プラン「マイピタ」の概要や他社との比較について確認していきましょう。

なお、mineoのより詳しい内容については、こちらの記事で解説しています。

mineo(マイネオ)を徹底解説!プランや料金、キャンペーンから口コミ・評判まで紹介。通信速度が遅い噂は本当?
格安SIMはスマホに挿し込むSIMカードを扱ったサービスのこと。 その名の通りドコモなどのキャリアと比べて料金が安いのが特徴で、通信費を節約するために格安SIMに乗り換えたという人も多いです。 mineo(マイネオ)は2020年...

mineoの新プラン『マイピタ』とは

人気格安SIMであるmineo(マイネオ)では2021年2月1日から新プラン「マイピタ」がスタートしました。

キャリアの低料金プラン発表に続く形ですが、格安SIMでは第一陣ですね。

まずは料金とキャンペーン、そして旧プランからどこが変わったのかについて見ていきましょう。

mineoの公式サイトはこちら

料金プラン

mineo(マイネオ)の新プラン「マイピタ」の料金は以下の通り。

容量 デュアルタイプ
(通話+データ)
シングルタイプ
(データのみ)
1GB 1,180円 800円
5GB 1,380円 1,150円
10GB 1,780円 1,550円
20GB 1,980円 1,750円
SMS 月額料金内に
含まれている
au:無料
docomo:120円
softbank:180円
5G回線利用 +200円
※6カ月無料
契約期間 縛りなし
契約事務手数料 3,000円
旧プランからの
変更の場合は無料

mineoではdocomo、au、ソフトバンクの3キャリアに対応していますが、どの回線を選んでも基本料金は同じです。ただしシングルプランを選んだ場合のSMS(ショートメッセージサービス)料金だけは各社で異なるため注意しましょう。

特に安いのは10GBや20GBの容量の大きいプラン。

キャリアの新プランは20GB月2,980円なので、それらに対抗した形ですね。

ただしキャリアでは通話機能付きのプランしかなく、データSIMが提供されていません。

対してmineoでは通話通信機能の無いプランも提供されているためサブスマホやタブレットに使うなら、mineoの格安SIMの方が安く済ますことができるでしょう。

キャンペーン

mineoマイ割mineo(マイネオ)では2021年5月31日まで、マイピタプランデュアルタイプの料金が最大3カ月間1,080円引きとなるマイ割キャンペーンを実施中

なお適用となるのは以下のコースで契約した場合です。

  • 新規契約の場合→マイピタデュアルタイプ5GBコース、10GBコース、20GBコース
  • マイピタデュアルタイプからの契約変更の場合→マイピタデュアルタイプ10GBコース、20GBコース
  • 旧プランのシングルタイプからの契約変更の場合→マイピタデュアルタイプ10GBコース、20GBコース

旧プランからの変更点は?デメリットはある?

mineoの旧プランからの変更点は以下の通り。オプションやマイネ王などのサービス面には変更がなく、料金プランのみが変更になっています。

  • 回線(au/docomo/softbank)ごとの料金設定⇒すべての回線の料金を統一し、わかりやすく
  • 500MBコース/3GBコース/6GBコース/30GBコース⇒新プランでは廃止。継続利用は可能
  • 5GBコース⇒新設
  • エココース⇒新プランでは廃止。継続利用は可能。10GB、20GBプランは3月から自動的に移行

デュアルタイプは全プランで値下げされているため、旧プランで契約している人は新プランに移行して問題ありません

単純に料金の安くなった10GB、120GBのプランは2021年2月の料金から自動的に新プランが適用されます。

デュアルタイプ
(通話+データ)
新プラン 旧プラン
500MB 1,310円
(1GB付与)
1GB 1,180円
3GB 1,510円
(3GB付与)
5GB 1,380円
6GB 2,190円
(6GB付与)
10GB 1,780円 3,130円
(自動移行)
20GB 1,980円 4,590円
(自動移行)
30GB 6,510円

※()内は付与される移行措置パケット

シングルタイプでは10GB、20GBは格段に安くなっているものの、小容量プランでは、旧プランのままの方が安いパターンもあるため、新プランへ移行する場合は注意が必要です。

シングルタイプ
(データのみ)
新プラン 旧プラン
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
5GB 1,150円
6GB 1,580円
(6GB付与)
10GB 1,550円 2,520円
(自動移行)
20GB 1,750円 3,980円
(自動移行)
30GB 5,900円

※()内は付与される移行措置パケット
※旧プランはau回線の場合

既存ユーザーの契約変更について、注意しておきたいメリット、デメリットをさらに詳しく確認していきましょう。

10GB、20GBの中容量プランは大幅な値下げ

新プランになって特に恩恵が大きいのは10GB、20GBのプラン。

10GBでは1,000円以上、20GBでは2,000円以上の値下げとなりました。

プラン 新プラン 旧プラン
デュアル
10GB 1,780円 3,130円
20GB 1,980円 4,590円
シングル
10GB 1,550円 2,520円
20GB 1,750円 3,980円

特にデータSIMの場合キャリアの20GBプランが2,980円であることを考えると1,200円以上もお得になるので、タブレットなどに入れて使うという人におすすめです。

データSIMは値上げになる人というデメリットも

全体的に安くなったマイピタプランですが、データSIMで契約している人は必ずしも新プランがお得というわけではないので、以降の際は注意しなければいけません。

シングルタイプ
(データのみ)
新プラン 旧プラン
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
5GB 1,150円
6GB 1,580円
(6GB付与)
10GB 1,550円 2,520円
(自動移行)
20GB 1,750円 3,980円
(自動移行)
30GB 5,900円

たとえば損になるのは以下のようなパターンです。

  • 月に500MBも使わない
  • 月のデータ使用量が常に3GBを超えることがない

500MBで契約している人のうち、月の使用量が極端に少なく、規定量をいつも下回るという人は新プランに移行すると単純に月額料金が700円→800円と100円多くなってしまいます。

コスパで考えると新プランの方がお得なのですが、通信量が不要なのであれば旧プランのままの方がいいでしょう。

また3GBプランも同様で、5GBでは持て余してしてしまうという人はプランの変更は保留したほうがいいです。

使い方によってプランを変えるかどうか検討するのが大切ですね。

20GB以上のプランは廃止なのでチャージか乗り換えが必要

旧プランでは30GBまでプランが用意されていましたが、新プランでは廃止に。

もし新プランで30GBを使おうとすると、20GBのプランにデータチャージで必要な容量を買い足すしかありません。

チャージは100MB150円なので、10GBでは15,000円に。そのため月30GB利用していた人は旧プランのままの方がお得です。

とはいえ、20GBでは1,980円なのに、30GBではその3倍以上の料金(旧プラン6,510円)が掛かるというのもちょっと納得がいかないですよね。

キャリアのプランも20GBを超えるととたんに料金が高くなってしまいます。

もしも20GB以上使う場合おすすめなのは楽天モバイル。20GB以上無制限に使っても月2,980円な上、1年間は月額料金無料で利用が可能です。

mineo新プラン「マイピタ」に関するQ&A

mineoの新プランに関する疑問をまとめてみました。

Q.マイピタはいつから開始?

A.2021年2月1日から受付スタート

新規契約は2月1日から受付を開始。それに伴って、旧プランでの契約は終了しました。

また、旧プランで使用していた人も同日から変更の受付を開始しています。

ただし毎月25日までに変更申請した分は、翌月の料金から適用となるため、2月に申請をしても適用開始となるのは3月からになる点に気を付けましょう。

なお、1GB、10GB、20GBで契約している人は何もしなくても自動的に2月分から新プランに移行されています。

Q.かけ放題はある?

A.旧プラン同様あり。ただしいずれも有料オプション

通話の多い人向けの「かけ放題」オプションは旧プランのまま。

通話オプション
月額 オプション内容
mineoでんわ
10分かけ放題
850円 mineoでんわからかけた
10分以内の国内通話無料
通話定額30 840円 30分間の国内通話定額
通話定額60 1,680円 60分間の国内通話定額
LaLaCall 100円 050のIP電話番号付与
スマホへの電話8円/30秒
一般加入電話への電話8円/3分
LaLaCall同士の通話無料

1カ月に1回あたり10分の通話を5回以上するのであれば、10分かけ放題オプションをつけておいた方がお得です。

ただしdocomoのahamoでは1回5分の無料通話がついていたり、楽天モバイルでは専用アプリを用いた通話で時間制限なしのかけ放題となるなど、通話機能に関してmineoは割高となっているので気を付けましょう。

Q.旧プランからの移行方法は?

A.3GB、6GB、30GBやエココースで契約している人はマイページから

旧プランの1GBプラン、10GBプラン、20GBプランで契約していた人は2月1日から自動的に新プランの価格に移行されています。

それ以外の人はマイページの「基本データ容量変更」から変更が可能。

毎月25日までに申請した分が、翌月に反映されます。

Q.旧プランを使い続けることは可能?

A.自動移行されるプラン以外は可能

既存ユーザーは基本的にマイページからプラン変更の申請をしない限り旧プランが適用されます。

容量が変わらず新プランの方が安くなる以下のプランに関しては、自動的に新プランに移行します。

  • 10GB/20GB(デュアル/シングル両方)→2021年2月から
  • エココース10GB/20GB(デュアル/シングル両方)→2021年3月から

ただし他のコースでも、デュアルタイプや30GBのプランで契約している場合は旧プランよりも新プランの方が安いので早めにプラン変更をした方がいいでしょう。

Q.移行措置パケットとは?

A.旧プランで契約している場合に補填されるデータ通信量のこと

旧プランを契約したままの状態の場合、一部コースでは新プランと料金差が発生してしまうため、その分のパケットが月々補填されます。

対象のコースは以下の通り。

プラン 通信量 移行措置
パケット
デュアル
タイプ
500MB +1GB
3GB +3GB
6GB +6GB
シングル
タイプ
6GB +6GB

つまり旧プランで契約したままでも大幅に損をすることはないということですね。

なお、移行措置パケットは毎月5~15日に付与されます。

他社キャリアや格安SIMとの比較

続々と値下げされているスマホの料金。

どこが安いのかmineoの新プランと他社の料金を比較してみましょう。

docomoの「ahamo(アハモ)」とどっちがおすすめ?

スマホ料金値下げの先陣を切ったドコモの新プラン「ahamo」。

料金はmineoの新プランより1,000円ほど高い「20GB2,980円」ですが、通信の安定性や通話機能が充実しています。

さっそくどちらがお得か比べてみましょう。

mineo
マイピタプラン
ドコモ
ahamo
料金 1GB1,180円
5GB1,380円
10GB1,780円
20GB1,980円
2,980円
通信量 1~20GB
低速モード切替で
使い放題
20GB
超過後も1Mbpsの
速度で使用可能
通話 +月850円で
10分かけ放題
など
1回5分の通話
かけ放題無料
契約
期間
縛りなし 縛りなし
回線 3キャリアから選択
不安定さ有
docomo回線
docomo5G回線
安定して速い(予定)
キャリア
メール
非対応 非対応
契約方法 WEB
店舗
WEBメイン
2021年3月26日~

料金だけ見ると、mineoのマイピタプランの方が月1,000円安く使うことができます。1GBの小容量から契約ができるので、20GBも使わないから安い方がいいという人はmineoの方が合っているでしょう。

ただしahamoは1回5分までの通話がかけ放題がついています。通話回数が多い場合はmineoに通話オプションをつけるよりもahamoのほうがおすすめです。

mineoではdocomo回線以外にも選ぶことができますが、速度や安定性はahamoに軍配が上がるでしょう。たとえばテザリングで高画質動画を鑑賞したりする場合などは、ahamoの方が安心です。

ただしahamoのプランは2021年3月スタートのためそれまでは契約ができません。いますぐ契約をしたいという場合は、候補から外れてしまうので要注意。

mineoマイピタプランの方がおすすめな人
  • できるだけ安く利用したい
  • 20GBもいらない(1GBなど)
  • 今すぐ契約したい
  • au/Softbank回線を利用したい
  • データSIMで契約したい
ドコモahamoプランの方がおすすめな人
  • 一回の通話は短いが何度も掛ける
  • 安定した通信がしたい
  • docomoの家族割や光回線割引が
    適用できる

ahamoについて詳しく詳しくはこちらから。

「ahamo」公式サイト

「ahamo」料金プラン詳細

auの「povo(ポヴォ)」とどっちがおすすめ?

ドコモ、ソフトバンクに次いで発表されたauの新プラン「Povo」。

基本料金でいうと3つのキャリアの中でも最安ですが、日本通信と比べてどちらがお得か比べてみましょう。

mineo
マイピタプラン
au
Povo
料金 1GB1,180円
5GB1,380円
10GB1,780円
20GB1,980円
2,480円
通信量 1~20GB
低速モード切替で
使い放題
20GB
超過後も1Mbpsの
速度で使用可能
通話 +月850円で
10分かけ放題
など
+500円で
1回5分の通話
かけ放題
契約
期間
縛りなし 未発表
回線 3キャリアから選択
不安定さ有
au回線
au5G回線
安定して速い(予定)
eSIM対応予定
キャリア
メール
非対応 非対応
契約方法 WEB
店舗
WEBメイン
2021年3月~

ahamoやSoftbankの新プランでは1回あたり5分間の通話定額が付帯していましたが、auでは「最近はLINEなどの利用が増え、電話番号での通話を使っている人が少ない」ことから、通話定額を基本プランに組み込まず、代わりに500円安い料金にしたことが特徴です。

従量料金の20円/30秒で通話が可能ですが、万一通話の多い月は、その月ごとに通話定額をつけたり外したりすることが可能1回5分の通話が無料になるオプション(auではトッピングと呼んでいます)が月500円のため、通話定額を付けた価格はahamoなどと同じになります。

他にもauには24時間通信量が無制限になるトッピングが1回200円で利用可能など、使い勝手のいいオプションが充実しているので、テレワークで通信量が増える日がある、在宅時間が長く動画をひたすら見る日があるなどライフスタイルが流動的な人はauの方が便利かもしれません。

mineoマイピタプラン
  • できるだけ安く利用したい
  • 20GBもいらない(1GBなど)
  • 今すぐ契約したい
  • docomo/Softbank回線を利用したい
  • データSIMで契約したい
au「povo」の方がおすすめな人
  • 通話は基本LINEなどで行う
  • 安定した通信がしたい
  • 自分に合わせたカスタマイズがしたい

auのPovoプランについて詳しくはこちらから。

「povo」公式サイト

「povo」料金プラン詳細

Softbankの「LINEMO(ラインモ)」とどっちがおすすめ?

「ahamo」に次いで発表されたのが、ソフトバンクの新プラン「LINEMO」。

LINEモバイルを子会社として吸収合併し、ソフトバンクの新たなブランドとして提供します。

mineo同様docomoのプランを受けて発表されたソフトバンクのプラン、どちらがお得か比べてみましょう。

mineo
マイピタプラン
softbank
LINEMOプラン
料金 1GB1,180円
5GB1,380円
10GB1,780円
20GB1,980円
2,480円
通信量 1~20GB
低速モード切替で
使い放題
20GB
超過後も1Mbpsの
速度で使用可能
LINEカウントフリー
通話 +月850円で
10分かけ放題
など
+500円で
1回5分の通話
かけ放題
契約
期間
縛りなし 縛りなし
回線 3キャリアから選択
不安定さ有
softbank回線
softbank5G回線
安定して速い(予定)
eSIMあり
キャリア
メール
非対応 非対応
契約方法 WEB
店舗
WEB(eKYC)/LINE
2021年3月17日~

料金面では20GBで1,980円のmineoと2,480円のLINMOではmineoに軍配が上がります。特にmineoには1GBなどの小容量のプランやデータSIMがあるため、20GBも使わないという人や通話機能を使わないという人はmineoの方が無駄がありません

ただしmineoのSoftbank回線は速度が遅いという声が多いため、Softbank回線を使いたいという人ならメイン回線を使えるLINEMO方がいいでしょう。

さらにSoftbankの新プランには、LINEの機能が使い放題のカウントフリーのシステムがあります。これによりLINEの通信量が消費されないため、LINE以外の通信で20GB使うことが可能です。

月20GBでは足り無さそうだけど、そのうちLINEの通信量がかなり多いという場合はLINEMOが向いていますね。

mineoマイピタプラン
  • できるだけ安く利用したい
  • 20GBもいらない(1GBなど)
  • 今すぐ契約したい
  • docomo/au回線を利用したい
  • データSIMで契約したい
softbank「LINEMO」の方がおすすめな人
  • 安定した通信がしたい
  • eSIMを利用したい
  • LINEを使う頻度が高い
  • ソフトバンク回線を利用したい

Softbankの「LINEMO」について詳しくはこちらから。

「LINEMO」公式サイト

「LINEMO」料金プラン詳細

楽天モバイルの「UN-LIMIT VI(アンリミット6)」とどっちがおすすめ?

第4のキャリアとして1年間無料のプランを打ち出した楽天モバイル。

ポイント還元なども多く、お得さが売りの楽天モバイルとmineo新プランを比較してみましょう。

mineo
マイピタプラン
楽天モバイル
UNLIMIT VI
料金 1GB1,180円
5GB1,380円
10GB1,780円
20GB1,980円
~1GB未満:無料
1~3GB未満:980円
3~20GB未満:1,980円
20GB以上:2,980円
※1年間無料
通信量 1~20GB
低速モード切替で
使い放題
1GB~無制限
通話 +月850円で
10分かけ放題
など
楽天Link利用で
無制限無料
契約
期間
縛りなし 縛りなし
回線 3キャリアから選択
不安定さ有
楽天回線
楽天5G回線
au回線
楽天回線はエリア拡大中
eSIMあり
キャリア
メール
非対応 2021年夏対応予定
契約
方法
WEB
店舗
WEB
店舗
2021年4月~

20GBの月額料金は月1,980円と同じですが、1年間だけ使用するのであれば1年間月額料金が無料となる楽天モバイルが圧倒的に安いです。

楽天モバイルの懸念事項は回線エリア。自社回線の基地局は順次拡大中で、場所によっては遅くなったり、途切れたりということもあります

ただしエリア外の地域ではau回線が月5GBまで利用できるので、移動中などに楽天エリア対応外の個所があるといった程度なら十分でしょう。

話料金に関しては楽天モバイルの方が安く、時間制限のないかけ放題無料です。ただ、専用アプリを利用しなくてはいけないことと、ネット回線を使った通話のため、通話品質がLINE通話と同程度で電波の悪い場所だと聞こえにくくなってしまうことなどのデメリットもあります。

さらに、手持ちのスマホにSIMを入れる場合は楽天モバイル対応機種以外では使えない機能がある場合があるので、mineoの方が無難でしょう。

mineoマイピタプラン
  • 月額料金を安く利用したい
  • 通話品質にこだわりがある
  • 楽天エリア外での利用が多い
  • 今持っているスマホをそのまま使いたい
  • データSIMで契約したい
楽天モバイルの方がおすすめな人
  • 通話の回数も時間も多い
  • 月に20GB以上利用する
  • スマホとセットで契約したい
  • 店舗でサポートを受けたい

楽天モバイルについてくわしくはこちらから。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの口コミや料金プラン詳細

まとめ|mineo新プランは全体的に値下げ!データSIMも提供されているのでタブレットに便利

mineoの新プランは旧プランに比べ10GB、20GBプランで大幅な値下げとなりました。

ただし既存ユーザーの中には、新プランに乗り換えてしまうとかえって損をしてしまう人もいるため要注意。

また、他キャリアでは通話SIMしか提供されていませんが、mineoではデータSIMも合わせて値下げされました。

通話通信の必要ない、タブレットやサブ端末に使う場合におすすめです。

mineoの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました