ホームルーター

モバレコAirの審査は何を見られる?不安のある人は端末購入よりもレンタルを選んで

スポンサーリンク

モバレコAirとは、株式会社グッド・ラックが提供している据え置き型のWiFiルーターで、端末のスペック自体はソフトバンクエアーと全く同じです。

ただし、ソフトバンクエアーよりも毎月の料金が安く、お得に使えることで人気があります。

そのモバレコAirを契約する時に気になるのが「審査」があること。スマホやポケットWiFiなどでも行われるものですが、何かしらの理由から審査に通らないことがあります。

最近では、「ソフトバンクからLINEMOに変更しようとしたら、これまで支払いの滞納をしたことがないのに審査に落ちた」といった声も聞かれるなど、自分は審査に通るのかと心配な方もいるでしょう。

そこで本記事では、モバレコAirの審査は何を基準にしているのか、どのような契約内容であれば審査に落ちにくいかといったことについて解説していきます。

モバレコAirの詳細情報を見る

モバレコAirの公式を見る

モバレコAirの契約にはソフトバンクを介した審査が必要

モバレコAir

モバレコAirの公式サイトでは、申し込み後に機器を受け取れる時期について、次のように説明しています。

ご本人さま確認書類のご提出やお申し込み審査、お支払い登録が完了し次第、発送されます。お急ぎの場合にはお手元にクレジットカード/ご本人さま確認書類をご用意ください。

(引用:モバレコAir)

つまり申し込み時には、①本人確認書類の内容チェック、②支払い能力があるかについて審査するということです。

そしてモバレコAirの販売を取扱う大元はソフトバンクなので、審査はソフトバンクを介して行われることになります。

実際、「Airターミナル購入契約申込書」では、申し込み後の流れについて次のような説明書きがありました。

Airターミナル購入契約申込書

(引用:「Airターミナル購入契約申込書」)

申込後、ソフトバンクが信用情報機関に情報紹介を求め、審査が行われることが分かりますね。

少し身構えてしまいますが、毎月の支払いが発生するスマホや光回線、ポケットWiFiなどではごく一般的なこと。

これまで特に問題なく料金の支払いをしてこれた人であれば気にする必要はないので安心してください。

モバレコAirの審査では何を見られるのか

モバレコAirで審査を行うのは、端末を割賦払いするプランがあるため、その支払い能力があるかを見るためです。

簡単にモバレコAirのプラン内容について説明すると、モバレコAirには端末購入プランと、レンタルプランがあります。

端末購入 レンタル
月額
料金
2,167円
(1~2ヶ月目)
2,706円
(1~2ヶ月目)
3,679円
(3~24ヶ月目)
4,218円
(3~24ヶ月目)
5,368円
(25ヶ月目以降)
5,368円
(25ヶ月目以降)
端末
代金
59,400円
(割引で実質無料)

その名の通り、両者の違いはモバレコAirを購入するか、レンタルするかです。

端末を購入したほうが割引率が高く、レンタルするよりも2年間で約13,000円もお得に使えます。

しかし、審査で特にみられるのは端末代金の割賦がある端末購入のほうです。

端末代金を実質無料にする割引があるとはいえ、分割で端末代金を支払うことには代わりないので、やはり重視されます。

明確にどのような基準で審査をするかについては特に公表されていませんが、以下のポイントは押さえておくと良いでしょう。

  • 本人確認書類の内容
  • 信用情報

提出した本人確認書類が正しいか

審査では、申し込み内容と本人確認書類の整合性についての確認が行われます。

一般的には免許証やパスポートなどを提出する場合が多いです。

この時点で本人確認書類に不備があったために審査落ちになる可能性もあるので、住所は正しく入力してあるか住所は最新のものになっているかといったことはきちんと確かめておくことが大切です。

クレジットカードやローンなどの信用情報

審査を行ううえで重要視されるのが、申し込み者個人の信用情報です。

ソフトバンクが照会した信用情報機関にクレジットカードの滞納情報があるなどの理由から、審査に落ちる場合があります。

Airターミナル購入契約申込書」に記載されている通り、信用情報は5年間記録が保存されるので、数年前に滞納を経験している場合は要注意です。

とはいえ、過去に滞納経験があっても審査に通っている人もいることから、審査に通るかどうかは申し込みをしてみないと分からない部分もあると言えます。

モバレコAirの審査を通るためにできること

過去の経験から審査に通るか不安な方は、最低限できることをやっておきましょう。

端末購入ではなく端末レンタルで申し込む

端末購入にすると、割賦払いがあるために審査のハードルが上がります。

契約後2年間の月額料金は端末購入プランのほうが安いとはいえ、レンタルで申し込めば端末代金負担は無く、途中で解約しても端末分割の残額を支払う必要もありません。

端末購入はちょっと厳しそう…と思ったら、端末購入ではなくレンタルプランを選んで申し込むことをおすすめします。

モバレコAirをレンタルで申し込む

ちなみに、モバレコAirには翌月すぐに17,000円がもらえるキャッシュバック特典もありますが、こちらはクレジットカード払いで、端末を購入した場合限定となっています。

端末購入してキャッシュバックをもらう

スマホや公共料金の滞納を解消する

スマホの料金や水道・ガス・電気などの公共料金で滞納を抱えている人は、モバレコAirを申し込む前に清算しておきましょう。

クレジットカードや銀行口座を登録するのが面倒で請求書払いを続けている場合も、審査側からするといい印象をもたれないため注意してください。

なお、過去の信用情報について知りたい場合、信用情報機関に情報開示を求める方法もあります。

例えば、割賦販売法・賃金業法指定信用機関のCIC(参考:CIC公式)では、クレジットカードやローンの契約内容、過去に行われた支払い能力調査に関する情報などの確認が可能。

気になる人は一度開示依頼をしてみてもいいかもしれませんね。

モバレコAirの審査に落ちてしまったらどうするか

もしモバレコAirの審査に落ちてしまった場合、期間を空けてもう一度トライしてみるというのはやめたほうがいいです。

一度審査に落ちてしまったところで再度申し込みをしたところでいい結果は望めません。

ただし、モバレコAir側から、レンタル契約に切り替えて契約しないかと案内してもらえた場合は、連絡内容にしたがって手続きを進めると良いでしょう。

ただし、モバレコAirのレンタルは3か月目から24ヶ月目まで4,218円と正直いって月額料金は割高なので、他の方法も検討しておきたいところです。

WiMAXなどのポケットWiFiに申し込んでみるのもいいですが、多くの通信会社では支払いがクレジットカードに限定されているので、クレジットカード情報に不安のある場合は避けたいところ。

どうしてもネットを使いたいという方は、プリペイドSIMを購入し、使わなくなったスマホに挿入してテザリング接続する方法もぜひ試してみてください。

created by Rinker
accfe
¥2,700 (2021/07/26 22:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】モバレコAirの審査は何とかなる!まずは申し込みを

信用情報に不安のある場合は、モバレコAirの端末購入プランは審査落ちになる可能性があるので、端末割賦のないレンタルプランで申し込むことをおすすめします。

ただし、購入端末プランでなければ17,000円のキャッシュバックがもらえず、月額料金も割高です。

レンタルプランが嫌だからといって、ソフトバンクエアーに改めて申し込みをしたとしても、結局は審査の段階で同じような情報照会をされるのは目に見えています。

もし端末購入の審査に落ちても、レンタルプランでの申し込みを提案されるなど、申し込みさえしてしまえば何とか契約にまでたどり着けるので、あえて端末購入プランを選ぶというのも一つの手。

実際、SNS上ではモバレコAirの審査に落ちてレンタルプランさえ契約できなかったという人は見受けられなかったので、まずは申し込みだけでもしてみるとよいでしょう。

モバレコAirの詳細情報を見る

モバレコAirの公式を見る

タイトルとURLをコピーしました