MUGEN Wifiってどうなの?プランや料金、メリット、デメリットまとめ。口コミ・評判も随時更新中。

LTEポケットWiFi、商品別情報

どんなときもWiFiやめっちゃWiFiと同じく、短期制限や月間制限の無いWiFiサービス「MUGEN WiFi」(ムゲンワイファイ)が2019年9月にリリースされました。

完全無制限を謳うポケットWiFiサービスが次々と登場するなか、翻訳機能の付いた端末G4の扱いもあるMugen WiFi

本記事では、Mugen WiFiの料金や契約・解約方法、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

※2020年2月現在、新型肺炎によって配送手配の遅延が発生しています。

スポンサーリンク
  1. MUGEN WiFiとは?
    1. 月額料金及び2年トータルの総額料金、実質月額料金
      1. 月額料金は格安プランが3,280円、アドバンスプランは3,880円
      2. MUGEN格安プランなら、どんなときもWiFiよりも15円/月安く使える
    2. MUGEN WiFiのキャッシュバック&キャンペーン
    3. 2年以内であればどんなときもwifiと月額料金や初期費用は同じ
    4. 契約期間・解約金・更新月
    5. 回線の種類・エリア・回線速度・通信制限
      1. MUGEN WiFiの使用回線はトリプルキャリア(ソフトバンク/KDDI/NTTdocomo)
      2. 「U2s」はどんなときもWiFiの「D1」と同じ。回線速度にも違いはない
      3. 「G4」はGoogleMapやトリップアドバイザーが使えて充電もできる
      4. 違法ダウンロードや通信の占有割合によっては384Kbpsの速度制限もある
    6. 支払い方法
  2. MUGEN WiFi契約方法と解約方法
    1. MUGEN WiFiの契約方法
      1. 公式サイトから契約する方法
    2. MUGEN WiFiの解約はGoogleフォームへ入力を
    3. 30日以内の解約なら全額返金お試しキャンペーンが使える
  3. MUGEN WiFiのメリット
    1. クラウドSIM採用で、短期制限や月間制限なく使える無制限Wifi
    2. 25ヶ月目以降の解約は端末を返却する必要が無い
    3. 端末の全損に対応してくれる補償オプションがある
    4. 海外で利用できる
  4. MUGEN WiFiのデメリット
    1. 返金保証がある替わりに、初期契約解除制度がない
    2. サポート体制に不安がある
    3. プランによって利用できる端末が決まっている。カラーは一色のみ。
    4. 口座振替が使えず支払いはクレジットカードのみ
  5. MUGEN WiFiの評判や口コミは?
  6. 契約期間の変更と解約金の値下げでハードルは下がったが…?

MUGEN WiFiとは?

(引用:Mugenwifi公式HP)

MUGEN WiFiとは、株式会社surfaveが始めたWiFiサービスです。

MUGEN WiFiの特徴をまとめると次のようになります。

  • U2s端末の格安プランは月額3,280円
  • G4端末のアドバンスプランは月額3,880円
  • どちらのプランもクラウドSIMで通信量は無制限に使える
  • 最低利用期間が2年、それ以降の解約による違約金無し
  • どちらの端末でも海外利用OK

当初は10月末までの申込みで「格安プランの月額料金が3,280円」というキャンペーンを実施していましたが、キャンペーン終了後も3,280円という価格で提供されています。

端末G4が使えるのは月額3,880円のアドバンスプランになるので、契約したいプランを間違えないようにしてください。

それではMUGEN WiFiの概要について見ていきましょう。

名称 格安
(U2s)
アドバンス
(G4)
実質
月額料金
3,400円 4,000円
月額料金 3,280円  3,880円
事務手数料 3,000円
2年総計
(25カ月間)
85,000円 100,000円
海外 1,200円/日
1,600円/日
(エリアによる)
回線 ソフトバンク
/KDDI/NTTドコモ
月間
容量制限
基本的には無制限
速度制限 最大384Kbpsの制限有
(回線占有や過剰通信など)
契約期間 最低利用期間:2年
(25ヶ月目以降違約金無し)
速度 下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
機種 【U2s】【G4】
公式

MUGEN WiFi公式

月額料金及び2年トータルの総額料金、実質月額料金

MUGEN Wifiの料金プランは2つあります。

「クラウドSIM端末と言えばこれ」と言われるほど定番化しているU2s端末は格安プラン、翻訳機能も使えるG4端末はアドバンスプランです。

月額料金は格安プランが3,280円、アドバンスプランは3,880円

名称 格安
(U2s)
アドバンス
(G4)
月額料金 3,280円  3,880円
事務手数料 3,000円
2年総計
(26カ月間)
85,000円 100,000円

料金は契約後に変わることがなく、3年目以降も上がることはありません。

MUGEN WiFiには日割りがないため、月途中に契約した場合は「次月利用オプション」の利用も考えましょう。

「次月利用オプションとは」
日割りができないMUGEN WiFiのための次月自動配送予約。初期費用3,000円が先立って発生。申し込み後8日以内のキャンセルであれば初期契約解除制度を利用し契約解除可能。

(引用:MUGEN WiFi公式)

MUGEN格安プランなら、どんなときもWiFiよりも15円/月安く使える

キャンペーンなどを利用しなくてもMUGEN WiFiは格安プランなら実質月額料金が3,400円となり、どんなときもWiFiよりもお得です。

とにかく料金を抑えたいなら、どんなときもWiFiよりもMUGEN WiFiですね。

名称 MUGEN
WiFi

どんなときも
WiFi

プラン 格安 アドバンス クレカ
実質
月額料金
3,400円 4,000円 3,615円
月額 3,280円 3,880円 3,480円
2年総計
(25カ月間)
85,000円 100,000円 93,980円
端末 U2s G4 D1

※どんなときもWiFiは初月を含む26か月換算

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際は...

どんなときもWi-Fiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?

MUGEN WiFiのキャッシュバック&キャンペーン

2020年2月現在は、特に特典やキャンペーンは実施していません。

以前、MUGEN WIfiではアドバンスプランを通常3,880円のところ3,280円で使えるキャンペーンを開催していましたが、既に終了しています。

今後もYouTuberとコラボしたキャンペーンが不定期に開催される可能性があるので、契約を検討している人は公式サイトを確認するようにしておきましょう。

2年以内であればどんなときもwifiと月額料金や初期費用は同じ

他のレンタルwifiやポケットWifiと比較した表が以下のものです。

月額料金比較をすると、格安プランは他のポケットWiFiよりも安いことが分かります。

U2sは画面も無くポケットWiFiに特化した端末。G4と比較するとやや機能面では劣りますが、実際に使っていて特に支障なく十分に使えています。

とにかく通信費を抑えたいという人には、格安プランがおすすめです。

翻訳機能やバッテリー機能を使いたい人は少々割高でもアドバンスプランを選択しておくと良いえでしょう。

  月額料金 初期費用

MUGENWifi


【格安】
3,280円
3,000円
【アドバンス】
3,880円

めっちゃWifi
3,480円 3,000円

どんなときもWiF
3,480円
(~24ヶ月)
3,980円
(25ヶ月目以降)
3,000円

よくばり
Wifi
3,450円 3,800円

KINGWifi
3,600円 4,400円※1

縛りなしプラン
3,300円  0円

UQWiMAX
3,880円
18,000円

※1:事務手数料3,800円+初月加入必須オプション600円 

よくばりWifiってどうなの?どんなときもWiFiとの比較結果やメリットやデメリットまとめ
無制限に使えるどんなときもWiFiに続いて、よくばりWifiというポケットWifiが登場しました。 2019年の9月に始まったばかりのサービスで、どんなときもWiFiとよく似ています。 本記事では、どんなときもWiFiと比較しな...

よくばりWifiってどうなの?どんなときもWiFiとの比較結果やメリットやデメリットまとめ

契約期間・解約金・更新月


(引用:MUGENwifi公式HP)

契約期間 最低利用期間2年
解約金 0〜12ヶ月 9,000円
13〜24ヶ月 5,000円
25ヶ月目 0円
更新月 25ヶ月目

MUGEN WiFiは当初契約期間は2年単位、更新月は25ヶ月目で、それ以外の解約は高額の解約金が発生するという制度になっていましたが、2019年11月に大幅な変更がなされています。

2年単位の契約から「最低利用期間」に、解約金も3分の1以下に縮小されました

25か月目以降の解約であればいつ解約しても違約金ないというのは、ユーザーにとってありがたいですね。

回線の種類・エリア・回線速度・通信制限

MUGEN WiFiとどんなときもWiFiの回線の種類やエリア、回線速度、通信制限はいずれも同じです。

ただMUGEN WiFiは料金プランは上がるものの、G4端末も使えるのが強みと言えます。

回線の種類 ソフトバンク
/ドコモ/auの回線
エリア ソフトバンク
/ドコモ/auのエリア
回線速度 下り最大150Mbps
/上り最大50Mbps
通信制限 短期制限:なし 月間制限:なし

MUGEN WiFiの使用回線はトリプルキャリア(ソフトバンク/KDDI/NTTdocomo)

(引用:Mugenwifi公式HP)

クラウドSIMは、利用場所に応じて最適な回線を自動的に選択する次世代の通信方法です。

ただ以前までMUGEN WiFiサイトでは使用回線について「大手キャリアのメイン回線」という記載のみで、具体的にどの回線を使っているのかは公表されていませんでした。

しかし2019年11月の料金・サービス改定後の利用規約からは「SoftBank、NTTdocomo、KDDIの回線」(トリプルキャリア)を使っていることがはっきりと記載されています。
(参考:MUGEN WiFi「利用規約」)

ドコモやauといった表記ではないことから、NTTdocomoやKDDIのMVNO向けネットワークも含まれている可能性が高いです。

既にどんなときもWiFiなどではMVNO向けの低速回線を掴むことで、速度が爆落ちしてしまうという報告があるため、利用時にこの現象に陥った場合は再起動などで解消するようにしてください。

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!
クラウドSIMを使った無制限プランの多くは、トリプルキャリアに対応した回線で通信しています。 ただ、それらのSIMがRakuten mobileの回線を掴むと、通信速度がかなり落ちることが分かってきました。 本記事では、どんなと...

どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!

「U2s」はどんなときもWiFiの「D1」と同じ。回線速度にも違いはない

(引用:MUGENwifi公式HP)

クラウドSIMのポケットWiFiと言えば必ず出てくるのが「U2s」の端末。

どんなときもWiFiやよくばりWiFiも同じ端末です。

下り速度最大150Mbps、上り最大50Mbpsというのは、ポケットWifi業界のベストエフォート値としては少し遅い部類に入ります。

1MbpsあればYouTubeの標準画質が観れる程度の速度と言われますが、高画質を滑らかに見るなら10Mbpsは欲しいところですね。

10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説
スマホで通信をしているときに、画像の表示や動画の読み込みに時間がかかることはありませんか? それらの症状は回線の速度が遅くなってしまっていることが原因です。 スマホでネットを行う際には、10Mbpsあれば一般的な利用に支障がない...

10Mbpsって速い?遅い?動画は余裕?どれくらいの速度か目安を詳しく解説

「G4」はGoogleMapやトリップアドバイザーが使えて充電もできる

(引用:MUGENwifi公式HP)

G4は海外レンタルWiFiとしてもよく使われている端末。

画面が大きく、ポケットWiFiでありながらGoogleMapや翻訳機能、トリップアドバイザーにアクセスできる優れものです。

スマホの充電が無くなってもG4端末から給電することができ、海外旅行にうってつけの端末と言えるでしょう。

ただ、U2sの重さが149gなのに対してG4は188gもあります。

iPhone Xが174gなので、毎日持ち歩くには少し負担に感じる人もいるかもしれませんね。

ちなみに、回線速度はU2sと同じで、下り速度が最大150Mbps、上り最大50Mbpsです。

違法ダウンロードや通信の占有割合によっては384Kbpsの速度制限もある

(引用:MUGENwifi公式HP)

WiMAXの「3日で10GB」などの短期制限や、50GBなどの月間制限もMUGEN WiFiにはありません。

しかし、あまりにも大容量の通信をした場合や通信の占有によって他に影響を与えていると判断された場合は、384Kbpsの速度制限に掛かることが書かれています。

動画や音楽のストリーミング再生程度であれば問題なく使えますが、サイズの大きなデータの送受信を頻繁に行うような使い方をした場合は引っ掛かる可能性があるので注意してください。

支払い方法

支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

デビットカードやプリペイドカードでの支払い、口座振替などは利用できません。

限界突破WiFiとは?メリット・デメリットやどんなときもWiFiとも徹底比較!!口コミや評判は随時更新!! 
どんなときもWiFiに始まり、Mugen WiFiやよくばりWiFiなど短期制限や月間制限の無いWiFiサービスが次々と販売を開始するなか「限界突破WiFi」が2019年10月にリリースされました。 完全無制限を謳うポケットWiFiが...

限界突破WiFiとは?メリット・デメリットやどんなときもWiFiとも徹底比較!!口コミや評判は随時更新!! 

MUGEN WiFi契約方法と解約方法

MUGEN WiFiの契約方法と解約方法について見ていきましょう。

MUGEN WiFiの契約方法

MUGEN WiFiは公式HPの申し込みフォームから手続きをしましょう。

申し込み方が一見分かりづらいですが、「30日間お試しで体験してみる」から手続きを開始することになります。

公式サイトから契約する方法

\申し込みはこちらから/

MUGEN WiFiの公式サイトはこちら

 

手順1)「30日間お試しで体験してみる」ボタンを選択

手順2)内容確認

使いたい端末を選ぶと同時にプランも決まるので、商品選択後はオプション選択に進みます。

翌月以降の利用に回したい人は、「次月配送予約」を選択しておきましょう。

オプションは500円/月ですが、補償が無い場合は端末の弁済金などが高額になってしまうので心配な人は加入しておきたいところです。

 

手順3)内容確認

次のページに進むと、内容確認へと進みます。

 

手順4)クレジットカード情報や住所などを入力

プランを確認したら、クレジットカード番号や住所などの情報を入力していきます。

このページでの入力をもって決済となりますが、決済が正常にできなかった場合は下記のアドレスまで連絡してください。

連絡先
アドレス
support@robotpayment.co.jp

 

手順5)発送へ

手続きが完了すると、発送へと移ります。

到着して接続設定をすると使い始められますよ。

MUGEN WiFiの解約はGoogleフォームへ入力を

MUGEN WiFiは、30日以内の解約もそれ以降の解約も「MUGEN WiFi解約申請フォーム」で入力し、申請手続きを進めていくことになります。

(引用:MUGEN wifi公式HP)

端末はレンタルですが、25ヶ月以降利用した場合は端末を返却する必要はありません

ただし残念ながら24ヶ月以内の解約で端末を返却しなかった場合は、端末違約金が(24ヶ月-契約月数)×1,600円発生します。

10ヶ月目に解約して返却しなかった場合は、契約残月数14ヶ月×1,600円+解約金9,000円=31,400円も取られてしまうので気を付けてください。

30日以内の解約なら全額返金お試しキャンペーンが使える

(引用:MUGEN wifi公式HP)

完全無制限のポケットWifiでは珍しく、30日以内に所定の手続きをして端末一式を返品すると、手数料以外の費用が返金される「全額返金キャンペーン」が展開されています。

ただし、キャンペーンを適用するには5つの条件をクリアしなければいけません。

  1. フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
  2. 返品の「発送日時」が30日以内であること。
    例)申し込みが8月1日 PM1:00の場合
    ○保証対象:8月30日 PM7:00の発送
    ×保証不可:8月31日 AM7:00の発送
  3. MUGEN WiFiのご利用が初めてであること。
  4. 海外利用の場合はデイリーの利用料金が別途発生
  5. 50GBを超える容量を利用した場合は9,000円の解約費用請求あり。
    端末未返却の場合は翌月から24カ月分×1,600円の費用発生。

(引用:MUGEN wifi公式HP)

さらに、注意事項として以下の点に気を付けましょう。

  • 箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円(税抜)が発生します。
  • 30日以上を過ぎた場合は違約金が発生いたします。
  • 返却処理手数料として1,000円(税抜)発生いたします。
  • また送料負担については、申込者側の負担となります。
  • 縛りなしプランの場合ご利用いただけません。
  • 海外のご利用がある場合、デイリーの利用料金が別途発生いたします。
  • 50GBを超える容量をご利用頂く場合、9,000円の解約費用+端末未返却の場合、翌月〜24ヶ月分×1,600 円の費用が発生いたします。

(引用:MUGENwifi公式HP)

「全額返金保証」があるからと気軽に申し込んでも、保証を適用するには様々な注意事項に配慮しなければいけません。

全額返金保証が使えると思って返却したら期限に間に合わなかったみたいで、なんやかんやでがっつり支払うことになってしまった…。
ちゃんと注意事項を読んでおくべきだったなあ。

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと
ポケットWifiや固定回線、スマホを契約した後に、「契約を取り消したい」「キャンセルしたい」なんて時に思いつくのがクーリングオフ制度。 ただ、重要事項説明書や契約書にはクーリングオフ制度には触れられておらず、「初期契約解除制度」などの...

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと

MUGEN WiFiのメリット

MUGEN WiFiのメリットは以下の通りです。

クラウドSIM採用で、短期制限や月間制限なく使える無制限Wifi

  短期制限 月間制限
なし なし
<3日で10GB>
翌日18~2時に
1Mbps制限
なし
なし 7GB/30GB

大容量通信や違法ダウンロードによる速度制限などがあるものの、MUGEN Wifiには短期制限や月間制限がありません。

そのため、「3日で10GB」などの短期制限や、月間速度制限が終わるのをひたすら我慢しているような人には無制限Wifiがおすすめです。

ただ、クラウドSIMを使った端末は、利用者が増えることで通信障害が発生したり、利用するネットワークを自分の意思で選べないといったデメリットも抱えています。

クラウドSIMを使った無制限Wifiの利用は、メリットとデメリットを両方把握したうえで契約するようにしましょう。

ポケットWiFiの無制限は嘘!?無制限を謳っているクラウドSIMのWiFiにも制限がかかる場合はあるので要注意
ポケットWifiの広告に踊る「無制限」の文字を見て「あんなの嘘でしょ」「本当に無制限に通信できるわけが無い」と思う人も多いでしょう。 結論から言うと、ポケットWifiで一切何の制限もないものは存在しません。 ただ、それは別にポケ...

ポケットWiFiの無制限は嘘!?無制限を謳っているクラウドSIMのWiFiにも制限がかかる場合はあるので要注意

25ヶ月目以降の解約は端末を返却する必要が無い

24ヶ月以内の解約時は端末を必ず返却しなければいけませんが、MUGEN WiFiでは25ヶ月以降の端末返却は不要です。

保証に未加入で2年以内に解約した場合は、返却をしても端末に傷があると弁済金を支払わなければいけませんから、費用負担を軽くするなら25ヶ月目の解約が良いでしょう。

ネクストモバイルの評判・口コミってどう?短期制限が無いポケットWifiが欲しい人は要チェック!
ネクストモバイル(NEXTmobile)は、ソフトバンク回線を使うポケットです。 2019年11月18日に発表された新プランでは、無制限に使える「使い放題プラン」が登場しているほか20GBや30GBのプランも価格が改訂されています。 ...

ネクストモバイルの評判・口コミってどう?短期制限が無いポケットWifiが欲しい人は要チェック

端末の全損に対応してくれる補償オプションがある

  オプション料金 内容
MUGEN WiFi 500円/月 全損時も交換対応
紛失や盗難は保証外
めっちゃWiFi 破損・修理・紛失全てのケースにおいて
毎回5,000円負担
どんなときもWiFi 400円/月 水没による故障や
破損に対応。
全損時は保証外
よくばりWiFi 380円/月

MUGEN WIFiには500円/月で加入できる補償オプションがあります。

2年間レンタルで使うと、何らかのトラブルが無いとは限りません。

水没や全損であっても新品と交換できるオプションは助かりますね。

途中加入や途中解約はできないので、外出先でも使うような人は加入しておいても良さそうです。

海外で利用できる

(参考:MUGEN WiFi公式HP)

U2s端末は、特に手続きをしなくても電源を入れるだけで海外利用ができます。

ただ、海外での使用は無制限というわけにはいかず、1日1GB使うと384Kbpsの速度制限に掛かります。

日本時間の9時に毎日リセットされるので、使いすぎた翌日には速度が戻るのは助かりますね。

海外の料金は、利用国エリアごとに料金が分かれています。

アジアやヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアを対象としたエリア1は1,200円、中東やアフリカ、南米を対象としたエリア2は1,600円です。

よく海外に行くという人や、いつも使っている端末をそのまま持ち出したいという人にはぴったりですね。

(参考:MUGEN WiFi公式HP)

グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較
海外へ旅行や留学、出張をする際、いつものようにスマホで通信を行ってしまうと、「海外通信料」が発生し、驚くほど高額な料金が請求されてしまいます。 かといってホテルやお店のフリーWiFiだけでは、限度がありますよね。 そこで今、海外...

グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較

MUGEN WiFiのデメリット

MUGEN WiFiのデメリットは以下の通りです。

返金保証がある替わりに、初期契約解除制度がない

  全額返金保証 初期契約解除制度
MUGEN WiFi
あり なし
めっちゃWiFi あり
どんなときもWiFi あり(特定サイト経由)※ あり
よくばりWiFi あり

「30日返金保証」を使えば、お試し感覚で利用できるので初期契約解除制度より一見良さそうですが、手数料の他に事務手数料や返却送料など約5,000円は自己負担となります。

どんなときもWiFiは基本的に初期契約解除制度を利用できるうえ、特定の限定サイトを経由することで全額返金保証を選ぶことも可能です。

30日返金保証を利用するとしても、まず最初に問い合わせフォームへの連絡から始めなければいけないのも、手続きが面倒に感じられてしまいます。

※「どんなときもWiFi特別データ放題A」より

サポート体制に不安がある

MUGEN WiFiは、2019年9月に始まったばかりの新しいサービスです。

【サービス開始日】

2019年9月
2019年3月

2019年3月にサービスを始めたどんなときもWiFiは、利用者の急増などの理由により何度か通信障害が発生したことがあります。

また、キャリアやWiMAXプロバイダと比較すると、マイページが無いなどの点においてサポート面はまだ万全とは言えません。

契約期間や解約金の変更があったことや、その変更について特にお知らせページなどを設けていないことを考えても、この先契約し続けて大丈夫なのか不安になりますね。

始まったばかりのサービスであるためまだ何とも言えませんが、評判の分からないサービスに申し込むのが不安という人は、GMOなど長年通信サービスを提供してきた事業者を検討すると良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXの料金や解約金、口コミ・評判まとめ。キャッシュバックと月額割引どっちがいい?
キャッシュバック額が高いことで知られるGMOとくとくBB WiMAX。 受け取れなかったなんて声を聞くこともあります。 実は、キャッシュバックの他に月額料金割引のプランもあることをご存知でしょうか。 本記事では、GMOとく...

GMOとくとくBB WiMAXの料金や解約金、口コミ・評判まとめ。キャッシュバックと月額割引どっちがいい?

プランによって利用できる端末が決まっている。カラーは一色のみ。

どんなときもWiFiやよくばりWiFiではU2sの端末のカラーがゴールドとグレーから選べましたが、MUGEN WiFiではワンカラーしか選ぶことができません。

プランを選ぶと利用できる端末も自動的に決まってしまうので、カラーや端末にこだわりたい人にとっては残念なポイントですね。

口座振替が使えず支払いはクレジットカードのみ

めっちゃWiFiの支払方法はクレジットカード払いのみです
口座振替はできません。

クレカのみ Mugen WiFi/よくばりWiFi
/GMO/カシモ/JP/

sonet/ASAHI/
口座支払が可能 どんなときもWiFi/UQWiMAX/
BroadWiMAX/BIGLOBE

カード情報の更新をしなかった場合は利用停止処分となる場合があります。

契約内容に変更があった場合は、速やかにカスタマーセンターまで連絡を入れましょう。

 カスタマー
センター

【tel】0120-541-802
平日10時~19時

MUGEN WiFiの評判や口コミは?

サービスが始まって間もなくは、対応の遅さや制度変更などに対してあまりよくない評判が多かったMUGEN WiFi。

ようやく落ち着いてきたことで、サービスを利用する人は着実に増えている印象を受けます。

ただ、2020年2月は配送手配の遅延などが起こっており、対応に追われていました。

(引用:MUGEN wifi公式HP)

しばらく待つほどの余裕がない人は、めっちゃWiFiやどんなときもWiFiなど他のクラウドSIMの利用も検討してみると良いでしょう。

ポケットWiFi各種口コミ・速度・満足度の調査結果まとめ。最も満足度が高いのはどれ?
ポケットWiFiっていざ契約しようと思っても、色々と種類があって迷ってしまいますよね。契約期間の縛りなどもありますから、絶対に失敗したくはありません。 ただ料金やプランなどは事前にわかっても、実際の速度や使い勝手などはいまいちわからな...

ポケットWiFi各種口コミ・速度・満足度の調査結果まとめ。最も満足度が高いのはどれ?

契約期間の変更と解約金の値下げでハードルは下がったが…?

MUGEN Wifiの契約期間が2年単位から、最低利用期間2年に変更されたこと、解約金がかなり値下げされたことを考えると、これまでよりも申込みへのハードルは下がったという印象を受けます。

同じような無制限Wifiのサービスがあることを考えると、今後も価格競争や契約内容の変更など競争が激しくなっていくでしょう。

ただ、サービス開始から2ヶ月足らずでの変更ということを考えると少し不安にも感じられます。

料金だけでなく解約時の対応や2年後のイメージを持って契約できるといいですね。

【メリット】

  • クラウドSIM採用で、短期制限や月間制限なく使える無制限Wifi
  • 25ヶ月目以降の解約は端末を返却する必要が無い
  • 端末の全損に対応してくれる補償オプションがある
  • 海外で利用できる

【デメリット】

  • 返金保証がある替わりに、初期契約解除制度がない
  • サポート体制に不安がある
  • プランによって利用できる端末が決まっている。カラーは一色のみ。
  • 口座振替での支払いができない
【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 
どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどで何かと話題になるクラウドSIM。 端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。 本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似たような「eSIM」についてもできるだけ分かり...

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 

Mugen WiFiの公式サイトはこちら