Nomad SIMってどう?遅いって本当?他社比較や口コミ・評判を徹底調査

LTEポケットWiFi、商品別情報
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

Nomad(ノマド)SIMは2019年7月に開始したSIMのレンタルサービスです。

人気ブロガー「ワロリンス」さんが運営していることに加え、大容量のデータ通信ができるとあって話題となりましたが、最近では似たようなサービスが続々と増えています。

そこで今回はNomad SIMの料金プランや口コミ、他のレンタルSIMサービスと比べた際のメリットデメリットなどを解説していきましょう。

スポンサーリンク
  1. Nomad(ノマド) SIMとは?
    1. NomadSIMのプラン別月額料金、他社と比較するとかなり高め
      1. 100GBプラン、300GBプランそれぞれの月額料金と初期費用
      2. 他社格安データSIMと料金比較
      3. 他社ポケットWiFiと料金比較
      4. プリペイドSIMも取り扱いあり、送料無料
    2. エリアや通信速度は?遅いという評判もあるけど大丈夫。
    3. 支払い方法はクレジットカードの他、デビットカードにも対応
    4. 契約期間の縛りなしで、解約金負担もなし。
  2. Nomad SIMの契約方法、初期設定、解約方法
    1. 契約方法|料金の日割りはないが利用開始を当月、翌月から選択可能
    2. APN初期設定
    3. 解約方法|SIMのみレンタルなら返却不要。当月解約は20日まで受け付け
      1. ルーターをレンタルした場合はSIMも併せて返却
      2. 初期契約解除は7日以内に申告
  3. Nomad SIMのメリット、デメリット
    1. NomadSIMのメリット
      1. 料金体系や公式サイトがシンプルでわかりやすい
      2. ルーターが無料でレンタルできる
      3. ソフトバンクのメイン回線なのでエリアが広く通信速度も速い
      4. SIMのみのレンタルは返却が不要
      5. デビットカードの支払いに対応している
    2. デメリット
      1. 月額料金がとにかく高い
      2. プランの変更ができない
      3. iPhoneでテザリングができない
      4. 端末の保証オプションがない
      5. レンタルできるルーターのスペックが低い
      6. サポートが不安。お問い合わせはメールのみ、マイページもなし
  4. Nomad SIMの口コミ、評判
  5. 【結論】NomadSIMは料金は他社に比べるととにかく高いのが大きな欠点

Nomad(ノマド) SIMとは?

Nomad SIMはネット通信を行うことのできるデータSIMのレンタルサービスです。

SIMカードのレンタルは現在さまざまな種類がありますが、Nomad SIMに見られる特徴と概要をまずは確認しましょう。

  • プランは100GBと300GBの2種類
  • SIM返却が不要
  • プリペイドSIMにも対応
  • 無料でモバイルWiFiルーターをレンタルしてくれる
  • 在庫がなくなると公式サイトがメンテナンス状態になる
  BASIC(大容量)
100GBプラン 
PRO(超大容量)
300GBプラン  
月額料金  3,600円 4,200円
回線 Softbank回線
契約期間 なし
事務
手数料
3,000円
補償 なし
送料 無料
発送 最短当日発送
支払い クレジット/デビットカード
速度制限 月間制限超過で
月末まで128Kbps
公式 NomadSIM

NomadSIMのプラン別月額料金、他社と比較するとかなり高め

まずはNomad SIMのプランについて見ていきましょう。

100GBプラン、300GBプランそれぞれの月額料金と初期費用

プラン
【通信容量】
月額料金 初期費用 契約期間
BASIC
【100GB】
3,600円 3,000円 なし
PRO
【300GB】
4,200円

Nomad SIMには月額料金プランが月100GBで3,600円のBASICプランと、月300GBで4,200円のPROプランの2種類があります。

どちらも初期費用に3,000円がかかる以外は隠れた裏プランやクーポンコード、オプション、使用期間で変化する月額料金などはなく、わかりやすいシンプルな料金体系です。

ただし一度契約したプランの変更はできないため、「100GBで契約したけれどやはり300GBに変えたい」などといった場合は、一度解約しなければいけません。

ただ契約期間の縛りがなく解約期間が発生しない為、気軽に容量の変更ができるというのは良い点ですね。

さらに、2020年2月からはJT101というモバイルWiFiルーターの無料レンタルを開始。

すなわち、データSIMに契約すれば他に端末等を準備することなく「ポケットWiFi」として利用することも可能ということです。

データSIMだけだとSIMフリー端末が必要、テザリングができない(後述)などデメリットもありますから、どうせ追加費用などは一切かからないのでとりあえずレンタルしておいた方が良いでしょう。

他社格安データSIMと料金比較

データSIMはこのNomadSIM以外にもたくさんあります。それらと料金等を比較してみましょう。

大容量
SIM 

月額料金
初期
費用

契約
期間
100GB 200GB 300GB
Nomad
SIM

3,600円 4,200円 3,000円
なし
FUJIWifi
※1
2,480円 2,980円 0円 なし
モナ
WiFi
3,500円 4,500円 5,500円 なし
ChatWiFi
※2

2,890円 3,880円 2,980円
なし

※1:2020年4月末までのキャンペーン価格、通常は+500円、初期費用3,000円
※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら

見てわかるように、NomadSIMの料金は他社と比べるとかなり高額。100GBはFUJIWifiから月額1,000円以上、300GBはChatWiFiから月額700円以上高くなってしまいます。

FUJIWifiの100GBと比較した場合、初期費用も合わせると1年間で1万6千円も高いということになるわけですから、正直メリットはありません。

他のポケットWiFiに見られる契約期間の縛りがないというのは一つのメリットであるものの、それは他のデータSIMも同様ですしね。

【データSIM最安はどこ?】100GB以上の大容量が格安で使えるデータSIMの料金比較。テザリングや速度についても徹底解説
たくさん通信したいけど、キャリアや格安SIMのプランじゃ高すぎるという方にぴったりなのが、月100GB以上の大容量データSIMです。 たとえばSoftbankのギガモンスタープラン(50GB)では月7,480円かかりますが、大容量SI...

他社ポケットWiFiと料金比較

NomadSIMは無料でポケットWiFi端末のレンタルが可能です。すなわち自分で端末を準備することなくポケットWiFiとして利用することが可能。

では他社のポケットWiFiと料金を比較するとどうでしょうか。

ポケット
WiFi 

月額料金
  初期
費用

契約
期間
100GB 200GB 300GB 無制限
Nomad
SIM

3,600円 4,200円 3,000円
なし
FUJIWifi
※1
2,780円 3,480円 0円 なし
ChatWiFi
※2
3,330円 2,980円 なし
Mugen
WiFi
3,280円 3,000円
2年
どんなときも
WiFi
3,480円 3,000円 2年
どこよりも
WiFi

2,780円 2,980円 3,000円 2年

端末ありの場合で比較しても、100GBはFUJIWiFiに比べて820円高く、300GBにいたっては無制限で利用することができるものよりも高くなってしまいます。

どこよりもWiFiなら2,980円ですから、だいぶ違いますね。

しかも端末自体もスペックが低く、バッテリーの持ちや実行速度で劣るという点もあり、どうしても他のポケットWiFiに比べると見劣ってしまいます。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

プリペイドSIMも取り扱いあり、送料無料

Nomad SIMでは大容量データSIM以外にも3GBと10GBの使い切りタイプのプリペイドSIMも取り扱っています。

プラン
【通信容量】
30日 90日
3GB 1,600円 2,600円
10GB 2,400円 3,400円

1GBあたりの料金で考えるとかなり割高となってしまうので普段使いには向きません。

ただ買い切りで解約などの手間がないので、出張や旅行の際に使いたい場合、ネットを使いすぎて通信制限にひっかかった場合などには使い勝手がよさそうです。

キャリア決済やコンビニ決済など支払方法が豊富な点もうれしいですね。

以前までは送料がかかっていましたが、レンタルSIMプラン同様プリペイドSIMも全国無料となりました。

エリアや通信速度は?遅いという評判もあるけど大丈夫。

Nomad SIMは他の大容量データSIM同様、ソフトバンクのメイン回線とエリアを使っています。

キャリアのLTE回線を利用しているので基本的には十分な通信速度がでますし、エリア外で使えないなんてこともよっぽどのことがない限りありません。

実際の実測データ及び格安SIM(mineo)との比較が以下の通り。

12:30 16:00 20:00
Nomad
SIM

下り 13.54Mbps 23.66Mbps 17.32Mbps
上り 5.28Mbps 10.31Mbps 8.63Mbps
格安
SIM

下り 1.56Mbps 23.21Mbps 4.35Mbps
上り 8.03Mbps 9.86Mbps 10.47Mbps

格安SIMのように昼や夜間に急劇に落ち込むことなく、下りで10Mbpsがでていますので、動画閲覧なども難なく行えます。

ただ契約容量上限オーバー時、回線の混雑、使っている端末のスペック、電波状況で遅くなってしまうこともゼロではありません(他のデータSIMも同様)。

支払い方法はクレジットカードの他、デビットカードにも対応

通常、レンタルSIMはクレジットカード払いにしか対応していないことがほとんどですが、Nomad SIMではデビットカードにも対応しています。

決済方法 対応カード
クレジット
カード
Visa/Master Card/JCB/
American Express/ダイナーズクラブ
デビット
カード
Visa/Master Card/JCB

初回申込時は、利用開始日にかかわらず、事務手数料と初回月額料金が即日決済されますが、それ以降は毎月1日払いとなっています。

デビットカード払いの場合は銀行口座の残高に注意しておきましょう。

契約期間の縛りなしで、解約金負担もなし。

上記でも述べていますが、Nomad SIMには契約期間の縛りも解約金もありません

1年以内の解約で2万円近い解約金を取ったり、端末の残債が必要になったりするポケットWiFiなどと比べると「やっぱり使わなかった」「使う必要性がなくなった」といった時に気軽に解約できるのはありがたいですね。

でた当初はこの「契約期間縛りなし」が非常に大きなメリットでしたが、今はFUJIWifiChatWiFiなど契約期間なしの上さらにかなり安い大容量データSIMがでてきてしまったので優位性がなくなってしまいましたね。

Nomad SIMの契約方法、初期設定、解約方法

Nomad SIMの窓口は基本的に公式サイトの問い合わせフォームのみのため、契約や解約も公式サイト上で行っていきます。

Nomad SIM公式サイト

契約方法|料金の日割りはないが利用開始を当月、翌月から選択可能

Nomad SIMの公式サイトにアクセスすると左上に申込ボタンがあるため、そこから契約者情報や希望プランを入力しましょう。

契約には本人確認書類が必要です。あらかじめ撮影もしくはスキャンをしておきましょう。

文字が反射などで不鮮明な場合は審査に通らないこともあるため、きちんと確認が必要です。

  • 免許証(表面と裏面の2点が必須)
  • パスポート(氏名と顔写真が記載されているページ)
  • マイナンバーカード(※表面のみ、通知カードは受付不可)
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カードもしくは外国人登録証明書

契約開始月は、25日までの申し込みの場合、当月と翌月から選択することができます。

26日~月末の申し込みでは翌月しか選ぶことができませんが、月額料金は日割りにならないためその方が損がなくていいですね。

申込情報を入力したら、次にカードの決済情報を入力し完了です。

不備がなく、申し込みが殺到している時期でなければ即日発送してもらえます。

翌月から利用を選択した場合は、利用開始月の月初2営業日以内には発送されるので、届くのを待ちましょう。

APN初期設定

APN情報
プロファイル名
(名前)
任意
(SIMの契約先名を
入れておくといいでしょう)
ユーザ名 plus
パスワード 4g
APN plus.4g
認証タイプ PAP/CHAP
通信方式 IPv4

届いたSIMはスマホやルーターなどに挿入しただけでは使えず、APN(アクセスポイントネーム)設定をし、インターネットの接続先を認識させなければなりません。

Nomad SIMでは公式サイトで大変わかりやすく設定方法をまとめてくれているため、詳しくはそちらを参考に設定を進めましょう。(NomadSIM公式サイトAPN設定について

端末 設定方法
iPhone
iPad
APN構成ファイルをダウンロードし
設定>一般>プロファイルから
プロファイルをインストール
Android 設定>ネットワークとインターネット>
モバイルネットワーク>アクセスポイントに
上記APN情報を入力
各ルーター SIMを入れたルーターに接続した機器で
ルーター管理画面(メーカーによって異なる)
にアクセスし、上記APN情報を入力
ノートPC ネットワークアイコンから「携帯電話」を選択
詳細オプションの「インターネットAPN追加」
から上記APN情報を入力

解約方法|SIMのみレンタルなら返却不要。当月解約は20日まで受け付け

解約申請は、公式サイト下部の「解約申請」から行います。(NomadSIM解約申請フォーム

解約にはMSN番号が必要です。

SIMカードの納品書もしくはSIMカードに記載されている080始まりの11桁がMSN番号。

スマホに挿している場合は以下の方法でも確認ができます。

端末 確認方法
iPhone
iPad
「設定」>「電話」>「自分の電話番号」
Android 「設定」>「端末情報」>「端末の状態」>
「SIMのステータス」>「電話番号」

20日までの申請では解約を当月末か翌月末で選ぶことが可能です。

21日~月末は翌月末しか選択できないので、解約は計画的に行いましょう。

解約申請が終われば指定した解約月以降SIMは使えなくなります。

下記の場合を除き返却の必要はないため、はさみで切って処分しましょう。

ルーターをレンタルした場合はSIMも併せて返却

ルーターのレンタルをした場合は、レンタル品のルーターと合わせて、SIMも返却が必要になります。

箱やケーブルも含め同梱物がすべてそろっていないと、損害金を請求される場合があるので要注意。

返却物は解約月翌月10日までに下記住所まで送付しましょう。

送付には郵便局やコンビニで簡単に手に入るレターパックプラス(520円)が推奨されています。

送り先 104-0061
東京都中央区銀座1-13-1
ヒューリック銀座一丁目ビル4F
株式会社Nomad Works 返却係 宛
返却物 ルーター(JT101)、SIMカード
ルーター専用箱、MicroUSBケーブル

初期契約解除は7日以内に申告

初期契約解除はいわゆるクーリングオフのシステムですが、NomadSIMでは「サービスエリア内にも関わらず、電波状況が圏外により本サービスを利用できなかった場合のみ契約のキャンセルを受け付けています。

初期契約解除をする場合、申込日を含む7日間以内にお問い合わせフォームより連絡をし、下記までレンタルしたものを返却しましょう。

送り先 104-0061
東京都中央区銀座1-13-1
ヒューリック銀座一丁目ビル4F
株式会社Nomad Works 返却係 宛
返却物 【SIMのみ】
SIMカード、SIMピン
【ルーター付き】
ルーター(JT101)、SIMカード
ルーター専用箱、MicroUSBケーブル

ただしキャンセルをした場合も、事務手数料3,000円は返金とならないため注意が必要です。

Nomad SIMのメリット、デメリット

上記の料金比較などで紹介してきましたが、あらためてNomad SIMのメリットデメリットを見ていきましょう。

NomadSIMのメリット

まずメリットは以下の通りです。

  • 料金体系や公式サイトがシンプルでわかりやすい
  • ルーターが無料でレンタルできる
  • ソフトバンクのメイン回線なので速度が速く安定している
  • SIMのみのレンタルは返却が不要
  • デビットカードの支払いに対応している

料金体系や公式サイトがシンプルでわかりやすい

NomadSIM公式サイトや料金体系はいたってシンプル。

WiMAXやポケットWiFiによくある途中で月額料金が変わる料金プランや、クーポンコードを入力しなければいけないなんてこともありません。

契約すると決めたなら、あれこれ考えたり色々と調べる必要もないので楽ですし、後になって知らなかったと後悔することもないので良いですね。

実際、そういった姿勢に共感した人が「割高だけどNomadSIMが良い」と利用しているケースもあるようです。

ルーターが無料でレンタルできる

NomadSIMでは通常のSIMプランを契約すると、同時に無料でルーターをレンタルしてくれます。

ルーターを買う予定だった人にとってうれしいのはもちろんのこと、SIMが挿入された状態で届くため、APN設定などに不安があった人も簡単に使うことができるのでありがたいですね(最初からもっと安いポケットWiFiにすれば良いということは置いておいて)。

ただしルーターのスペック自体はあまり高くありません。そちらについてはデメリットで紹介します。

ソフトバンクのメイン回線なのでエリアが広く通信速度も速い

多くの格安SIMはドコモやSoftbankといったキャリアの回線を一部レンタルしているため、利用者の多い時間帯はどうしても通信速度が遅くなってしまうデメリットがあります。

しかしNomad SIMはFUJI WiFiやChat WiFi等と同様、キャリアのメイン回線を利用。

その為、格安SIMよりも通信速度は速く、快適に利用することができます。

12:30 16:00 20:00
Nomad
SIM

下り 13.54Mbps 23.66Mbps 17.32Mbps
上り 5.28Mbps 10.31Mbps 8.63Mbps
格安
SIM

下り 1.56Mbps 23.21Mbps 4.35Mbps
上り 8.03Mbps 9.86Mbps 10.47Mbps

格安SIMは特に回線が混雑する時間(12時、20時など)はかなり遅くなってしまい全く使い物にならないなんてことがよく起きますが、NomadSIMにはそれがありません。

またエリアもソフトバンクのエリアなので十分。

WiMAXだとエリアが狭くて全然使い物にならなかったなんて意見も耳にしますが、NomadSIM含めたソフトバンク回線を使っているデータSIM・ポケットWiFiにはそれがありません。

SIMのみのレンタルは返却が不要

FUJI WiFiやChat WiFiなどレンタルSIMサービスは、解約後レンタルしたもの一式を返却するのが一般的です。

返却にかかる費用は自己負担ですし、何より手間がかかりますよね。

しかしNomad SIMではレンタルしたSIMは解約後破棄するだけでOK

使用することはできませんが、送り返さなくていいのは楽でいいですね。

ただしルーターをレンタルした場合は、SIMも併せて返却しなければいけません。

デビットカードの支払いに対応している

Nomad SIMではクレジットカード払いのほか、デビットカードでも支払ができる、というのは先ほど説明した通り。

他の大容量の格安SIMやポケットWiFiではクレジットカードを持っていないと契約ができないことも多いので、審査のないデビットカードに対応しているのはうれしいですね。

デビットカード
可能

Nomad SIM、モナWiFi
コンビニ支払い
可能
FUJIWiFi
口座振替
可能
ネクストモバイル
どんなときもWiFi
限界突破WiFi
クレカのみ
Chat WiFi、w/WiFi
KING WiFi、SAKURA WiFi
スマホドック、ギガトラWiFi
STARWiFi、それがだいじWiFi

デメリット

次にデメリットも確認しましょう。

  • 月額料金がとにかく高い
  • プランの変更ができない
  • iPhoneでテザリングができない
  • 端末の保証オプションがない
  • レンタルできるルーターのスペックが低い
  • 在庫切れが多く、販売再開の目途がたたないことも
  • サポートが不安。お問い合わせはメールのみ、マイページもなし

月額料金がとにかく高い

Nomad SIMは開始直後こそ安いと話題になりましたが、現在では後続のプランや新しいキャンペーンなどに押されて、大容量SIMの中かなり高めの立ち位置となってしまっています。

大容量
SIM 

月額料金
初期
費用

契約
期間
100GB 200GB 300GB
Nomad
SIM

3,600円 4,200円 3,000円
なし
FUJIWifi
※1
2,480円 2,980円 0円 なし
モナ
WiFi
3,500円 4,500円 5,500円 なし
ChatWiFi
※2

2,890円 3,880円 2,980円
なし

※1:2020年4月末までのキャンペーン価格、通常は+500円、初期費用3,000円
※2:当サイト限定クーポン利用時、詳細はこちら

ルーターの無料レンタルが2020年2月から開始されましたが、残念ながらそれを考慮しても料金メリットなし。現在の状況ではあまりおすすめできません。

月100GBであればFUJIWiFiが2,780円(キャンペーン価格)、ルーター込のプランを提供しているため、お得に使う場合はそちらがおすすめです。

FUJI WiFi(フジワイファイ)のSIMプランの通信速度や評判まとめ。nomadSIMなどレンタルSIMと料金比較
SIMカードのレンタルサービスをご存じでしょうか。 格安SIMのように、各キャリアの回線の一部をレンタルするのではなく、キャリアと同様の回線を使用できる画期的なサービスとして今注目を集めています。 FUJIWiFiはポケットWi...
ネクストモバイルの料金や評判・口コミまとめ、短期制限が無いポケットWifiが欲しい人は要チェック!
ネクストモバイル(NEXTmobile)は、ソフトバンク回線を使うポケットです。 2020年3月に使い放題プランの新規受付が終了したため、現在は20GBと30GBプランのみの扱いとなっています。 本記事では、ネクストモバイルのプ...

プランの変更ができない

Nomad SIMでは、一度契約したプランの変更ができません。

そのため、使ってみてデータ容量が多い、少ないと感じた場合は、面倒ですがいったん解約し、再度契約し直す必要があります。

再契約は当然ですが事務手数料(3,000円)がかかるので、できるだけ自分の通信量はきちんと把握してから契約したいですね。

ちなみに他のレンタルSIMサービスでいえば、FUJIWiFiではプラン変更を1,500円ですることができます。

iPhoneでテザリングができない

ソフトバンク系のレンタルSIMすべてに当てはまる最大の欠点が「iPhoneでのテザリング不可」

これはNomadSIMに限った話ではありませんが、iPhoneに大容量SIMを入れて、テザリングでPCやiPadを使おうと思っていた人はとりあえず諦めるしかありません。

iPhoneユーザーが複数端末で容量をシェアする場合は、別途モバイルルーターを用意するのが現実的な手段です。

ちなみにOSがAndroidの場合、対応端末であればテザリングが可能です。

ただテザリングはサポート対象外で推奨されていない為、できる場合であってもおすすめできません。

だからこそ、どうせ無料なのでルーターはレンタルしておいた方が良いでしょう。

端末の保証オプションがない

Nomad SIMにはオプションが一切ありません。

不要なオプションに強制加入させられるよりはましですが、保証がないのは少し不安という人もいるでしょう。

とはいってもSIMカードは返却不要のため、万一壊してしまった場合は解約すれば問題ありません。

ただしレンタルしたルーターを故障、紛失した場合は、機種代金8,000円、SIM再発行手数料3,000円がかかってしまうため、こちらは気を付けた方がいいですね。

レンタルできるルーターのスペックが低い

Nomad SIMでレンタルできるルーターはSoftbankの「JT101」。

コンパクトで使いやすい端末ですが、バッテリーの持ちや速度面で、一般的にレンタルWiFiで使用されている端末よりもスペックが劣ります。

FUJI WiFiなど他のポケットWiFiサービスで主に使用されている富士ソフトのFS030Wと比較してみましょう。

JT101 FS030W
サイズ W58×D13×H92
90g
W74×D17.3×H74
128g
最大
通信速度
下り150Mbps
上り50Mbps
下り150Mbps
上り50Mbps
通信方式
周波数帯
LTE/3G
Band1/3/5/7/8/41
国際ローミング不可 
LTE/3G
Band1/3/6/8/11/18/19/21
国際ローミング不可
無線LAN IEEE802.11b/g/n
2.4GHz帯
IEEE802.11a/b/g/n/ac
5GHz帯/2.4GHz帯
連続通信/
待受時間
2700mAh
8時間/100時間
3060mAh
20時間/600時間
接続台数 WiFi時10台 WiFi時15台

具体的には、端末側の通信方式にIEEE802.11a、acがないため速度が遅く、5GHz帯に切り替えができない点と、バッテリーが通信状態で半日持たない点が大きくマイナスです。

最大速度は同じですが日常的に使っているうちに、速度が遅く感じたり充電を頻繁に行わなければならないなどストレスを感じてしまうかもしれません。

サポートが不安。お問い合わせはメールのみ、マイページもなし

NomadSIMは2019年に開始したばかりの新しいサービス。運営も大きな企業が行っているわけでもありません。

そのためか、お問い合わせ窓口は簡素なメールフォームのみで電話は無しと少々サポートに不安が見られます。

解約や契約内容の変更等もすべてこのメールフォームで連絡をし、回答を待たなければなりません。

また一般的な格安SIMサービスのようなマイページが存在しないので、契約内容の確認をする際にもいちいち連絡をしなければならない点もデメリット。

ただしマイページに関しては運営者のTwitterを見る限り、今後対応していくそうなので、期待して待ちましょう。

Nomad SIMの口コミ、評判

NomadSIMの口コミは、在庫切れと速度に関するものが多く見られました。

【契約に関する口コミ】

せっかくいいプランを見つけた!とと思っても、在庫切れでは契約ができません。

NomadSIMでは特に300GBのプランで在庫切れが多く、残念に思う人の声が見られました。

いつ復活するかなどの告知もないため、気になる人はちょこちょこ公式サイトをのぞいてみるしかなさそうです。

【速度に関する口コミ】

NomadSIMは前述した通り、ソフトバンクのメイン回線のSIMを使用しているため、一般的な使い方をするには十分な速度が出ます。

ただし通信環境が起因し速度が低下したり、またレンタルルーターのスペックによって同じSoftbank回線のFUJIWiFiのSIMよりも遅くなってしまうということも。

無料レンタルだからと甘んじず、きちんと選ぶことも大切ですね。

【結論】NomadSIMは料金は他社に比べるととにかく高いのが大きな欠点

細かいところも色々あるけれど、結局のところNomadSIMは他社に比べるととにかく料金が高すぎるというのが残念ながら大きな欠点。

少しの差ならまだしも、あまりにも他社との料金差が大きいですし、通信速度などに優位性があるわけでも現状ではあまりおすすめできないというのが正直なところです。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...