光回線

OCN光のプラン・料金・キャッシュバック・評判を徹底解説!他の光コラボと比べると高い?安い?

スポンサーリンク

NTT回線のプロバイダとして有名なOCNは、プロバイダ以外にもOCN光という光回線サービスを運営しています。

しかもOCN光なら、OCNモバイルとのセット割で料金が割引になるなどメリットも多いです。

そこで今回は、フレッツ光のプロバイダであるOCNとOCN光の違い、OCN光の料金詳細、メリットやデメリット、口コミや評判について詳しく解説していきます。

速い通信ができるv6アルファについても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

OCN光とは?

OCN光は、NTTコミュニケーションズが運営している、フレッツ光回線を使った光コラボです。

フレッツ光回線を使っているので、エリアは全国的に対応しており、戸建てやマンションなどの建物を問わず比較的契約しやすい光回線と言えます。

なお、名称が似ているOCN光と「OCN 光 with フレッツ」の違いは、契約窓口がどこかです。

「OCN 光 with フレッツ」とは、回線のフレッツ光とプロバイダのOCNの双方に申し込むタイプ。

一方、OCN光とは、回線はNTT東日本・西日本、プロバイダはOCNですが、申し込み先はあくまでもOCN光です。

OCN光を申し込む

OCN光でかかる料金や工事費、キャッシュバック情報

OCN光の料金や工事費、キャッシュバックに関する情報について確認していきます。

料金、プラン

OCN光の月額料金は、戸建てで5,610円、マンションで3,960円です。

しかし今なら期間限定でキャンペーンが実施されていて、公式サイトの春得キャンペーンや代理店のラプター経由で申し込むと、月額料金から一定額が割引されます。

春得キャンペーンは戸建てが495円割引で5,115円、マンションタイプが220円割引の3,740円、代理店経由で申し込めば24ヶ月間1,210円割引で、戸建てが月4,400円、マンションタイプが2,750円です。

戸建て マンション
月額料金 4,400円
~5,610円
2,750円
~3,960円

月額料金割引が適用されることで、特にマンションタイプの料金は他社に比べて割と安いことが分かります。

 光回線 戸建て料金
マンション料金
スマホ料金
割引
キャッシュ
バック
契約
期間
工事費用
(※1)
詳細
情報
OCN光 (戸4,400円
~5,610円
(マ)2,750円
~3,960円
OCN
モバイル
~月220円
最大
22,000円
2年 割引
なし
ドコモ光 (戸)5,720円~
(マ)4,400円~
ドコモ
~月1,100円
最大20,000円
+dポイント
最大2000pt
2年 無料 詳細
auひかり (戸)5,390円~
(マ)4,180円~
au
~月1,100円
最大
52,000円
2年or
3年
実質
無料
詳細
ソフト
バンク光
(戸)5,720円
(マ)4,180円
ソフトバンク
~月1,100円
最大
36,000円
2年 実質
無料
詳細
NURO光
(戸)5,217円
(マ)~5,217円
ソフトバンク
~月1,100円
45,000円 2年or
3年
実質
無料
詳細
So-net光
プラス
(戸)3,780円
(マ)2,728円~
au
~月1,100円
なし 3年 実質
無料
詳細
おてがる光 (戸)4,708円~
(マ)3,608円~
なし なし なし 無料
(※2)
詳細

(税込表示)
※1:「実質無料」では、工事費用の分割代金が毎月割引されることで負担額が0円となります。
※2:1年間1,210円割引

下記記事ではおすすめ光回線を紹介していますので、光回線選びで迷っている方はチェックしてみてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...

キャッシュバック

OCN光を公式サイトで申し込むと、「春得キャンペーン」(3年契約割引)適用で、戸建てで35,000円、マンションタイプでは20,000円のキャッシュバックがもらえます。

ただし貰えるのは12ヶ月後です。

また、正規代理店の株式会社ラプターを経由すると、22,000円のキャッシュバックが最短2ヶ月でもらえるほか、月額料金から1,210円が2年間割引されます。

戸建て マンション
公式サイト
(3年契約)
CB:35,000円
(※30,000円)
割引:495円×36ヶ月
合計:52,820円
(※47,820円)
CB:20,000円
(※15,000円)
割引:220円×36ヶ月
合計:27,920円
(※22,920)
代理店経由
(新規2年契約)
CB:22,000円
割引:1,210円×24ヶ月
合計:51,040円
CB:22,000円
割引:1,210円×24ヶ月
合計:51,040円

※事業者変更・転用時のキャッシュバック額

春得キャンペーンは3年契約が必要となりますが、ラプター経由なら2年契約で良いですし、ラプターでは新規申し込み以外の、事業者変更や他社転用(OCN以外のプロバイダからの転用)でもキャッシュバック額が変わりません

またキャッシュバックを貰えるまでの期間も2か月後と短い為、貰い忘れてしまうことも少なくなります。

キャッシュバックがある代わりに何か不都合があるといったことは一切ない為、お得な正規代理店経由での申し込みをおすすめします。

OCN光の正規代理店はこちら

工事費

OCN光の工事費用は他社の光コラボと変わりません。ただソフトバンク光などが行っている工事費が無料になるキャンペーンは特にない為、分割で支払っていくことになります

戸建て マンション
契約
事務手数料
3,300円
(新規・転用・事業者変更含)
工事費
0円
【転用・事業者変更】
8,360円
【宅内工事】
19,800円
【配線設備新設】
16,500円
【配線設備新設】

なお分割の支払い方法は、初回が3,300円、以降戸建ては550円×30回、マンションは440円×30回が毎月の料金に上乗せされます。

ただし、フレッツ光や他の光コラボから乗り換える時は工事の必要がなく、契約事務手数料3,300円のみで済みます。

NTT回線以外のauひかりやNURO光から乗り換える場合は、一括払いや分割払いで工事費を支払うことになるので、よく覚えておきましょう。

契約年数、違約金

OCN光の契約期間は2年です。最初の更新月は25ヶ月目と26ヶ月目になっています。

項目 内容
契約期間 3年
最初の更新月 25ヶ月目と
26ヶ月目
解除料 11,000円

なお、更新月以外の途中解約による違約金は11,000円です。

スマホとのセット割

OCNには、「OCNモバイル ONE」という格安スマホ・SIMがあります。

このOCNモバイルユーザーがOCN光契約もすると、セットで毎月220円割り引かれる「OCN光モバイル割」を適用することが可能です。

プラン 割引額
1回線
(最大5回線)
220円
(最大1,100円)

OCN光であれば1回線につき最大5回線まで適用可能なので、家族の回線なども含めて毎月最大1,000円まで割引を受けられます

ただキャリアのスマホと他光回線のセット割は最大1,100円で複数回線の割引を受けることができるので、格安スマホだから当然とは言え金額としてはちょっと物足りない気がしてしまいます。

オプション

OCN光では、フレッツ光と同様にひかり電話サービスを利用することができます。

フレッツ光からOCN光になっても、同じ番号をそのまま引き継ぐことができるので、番号が変わってしまう心配も要りません。

光電話 料金
基本料金 550円
アドバンス
プラン
1,650円

なお、基本料は月550円で、留守番電話や発着信電話番号表示などの6つのオプションがセットになった「アドバンスプラン」を選ぶと月1,650円になります。

OCN光を申し込む

OCN光の詳細情報

さらに突っ込んでOCN光の詳細についてまとめました。

プロバイダ

OCN光のプロバイダはOCNです。

他社でOCN以外のプロバイダを使っていた場合は、OCN光を契約する際に旧プロバイダを解約することになります。

通信速度はv6アルファで快適

基本プランの通信速度は最大1Gbpsですが、あくまでもこれは理論値。実際の速度は10Mbps程度の場合もあれば、200Mbps以上出るという人もいます。

ルーターのスペックや建物タイプなど、さまざまな要因で速度が変わるため、他の人と同じ回線やプロバイダを使ったとしても、同じ速度が出るわけではありません。

あくまでもOCN光は光コラボで、回線自体はフレッツ光と同じ

ただOCN光は、回線混雑を避けて通信ができるv6アルファに対応しており、速度が遅くて困るといったことはそうありません。

なお、OCN光でv6アルファを使うのに利用料金は要りませんが、v6アルファに対応したルーターのレンタルは月550円掛かります。

IPv6 IPoE対応ルーターを自分で用意するのも一つですが、セキュリティや訪問サポート、ルーターレンタルに対応しているv6アルファパッケージを申し込んでも月550円なので、こちらを申し込んでしまうのも良いでしょう。

OCN光が遅いと感じる原因はv6アルファを使っていないからかも!v6プラスとの違いや申し込み方法
「前からOCNを使っていたからOCN光にしたのに、前より速度が遅い」と、親戚が言っているのを聞いて原因を調べたことがあります。 すると、遅い理由は「v6アルファ」を使っていなかったことにありました。 本記事では、OCN光や「v6...

支払い方法

OCN光で使える支払い方法は以下の2つ。

  • クレジットカード
  • 口座振替

口座振替の手続きには2ヶ月から3ヶ月ほどかかるので、クレジットカード払いがスムーズです。

10ギガプラン

OCN光では残念ながら10ギガプランは提供されていません。

ただ他社の10ギガプランは料金が高くなる一方、動画視聴等であればここまでの速度を活用することはあまりないので一般ユーザーには正直不要ですから、ほとんどの人は気にする必要がありません。

どうしてももっと速い通信速度が必要だという場合は、ドコモ光やソフトバンク光、auひかりなどの大手主要回線は対応しているので、そちらを確認してみると良いでしょう。

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

ドコモ光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

他社と料金比較(セット割適用なし時)

光回線は会社によって月額料金の他にキャッシュバック額や工事費用、解約料などが異なる為、お得なものを選ぼうと思ったら総額費用を比較してみなければわかりません。

そこでここでは、OCN光の契約に掛かる総額料金を2年プランで4つのパターンに分けて、他社と比較してみましょう。

  • 戸建て、新規開通
  • 戸建て、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更
  • マンション、新規開通
  • マンション、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

なお、この総額費用に関する詳しい解説は下記の記事にて紹介していますので、詳しく知りたい方はそちらをチェックしてみてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...

戸建て、新規開通

新規開通もしくは、auひかりから光コラボ(フレッツ光回線)やNURO光などの他回線から乗り換えをした場合の総額費用は、以下の通りとなりました。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 65,000円 106,800円 185,120円 241,440円 308,760円 645,360円
フレッツ光 2年 76,170円 130,510円 213,450円 267,790円 336,430円 679,630円
フレッツ光 2年 58,770円 103,760円 182,850円 241,040円 309,680円 652,880円
auひかり 3年 106,406円 170,762円 217,298円 296,834円 343,370円 666,740円
NURO光 2年 58,434円 92,996円 138,248円 155,788円 270,546円 583,566円
フレッツ光 なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
フレッツ光 3年 87,260円 127,820円 175,576円 264,432円 313,288円 681,568円
フレッツ光 なし 74,830円 126,310円 177,790円 229,270円 280,750円 538,150円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

同じ光コラボで言うとキャッシュバックなど特典が充実しているソフトバンク光、月額料金が低いおてがる光やBB.excite光Fit、他回線ではNURO光に正直劣っています。

その為、戸建て・新規開通という条件でおすすめなのはのはソフトバンク光、NURO光あたり。

ただしNURO光はエリアが限定されており、エリア内でも工事完了までにかなり時間が要する(1年かかるというケースも)といった点は注意が必要です。もしできるだけ早く利用したいのであれば、ソフトバンク光をおすすめします。

また、5年以上の長期で利用し続けることを考えると、月額料金が安いおてがる光、BB.excite光Fitもおすすめ。

10年時点の総額料金を見ると月額料金の安さが効いて他社に比べるとかなりお得に使えることがわかります。

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

戸建て、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合は以下の通りとなっています(auひかり、NURO光は新規開通と同じ)。

転用や事業者変更の場合、高額な工事費用がないというメリットがあるので総額としては安くなります。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 47,500円 89,300円 167,620円 223,940円 291,260円 627,860円
フレッツ光 2年 76,170円 130,510円 213,450円 267,790円 336,430円 679,630円
フレッツ光 2年 66,570円 124,760円 203,850円 262,040円 330,680円 673,880円
auひかり 3年 106,406円 170,762円 217,298円 296,834円 343,340円 635,060円
NURO光 2年 58,434円 92,996円 155,788円 207,942円 270,546円 583,566円
フレッツ光 3年 68,588円 114,524円 167,076円 260,732円 314,388円 682,668円
フレッツ光 なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
フレッツ光 なし 51,090円 102,570円 154,050円 205,530円 257,010円 514,410円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

新規契約時と違って高額な工事費用がなくなる為、他社が行っている工事費無料キャンペーンがOCN光にはないというデメリットがなくなります。

そのため、2年で解約するならOCN光が最も安いです。

しかし、長期的に使うならNURO光、BB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)の方がお得に利用できます。

OCN光に申し込む

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

マンション、新規開通

続いてマンションなど集合住宅で新規開通した場合の総額費用です。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 42,050円 64,050円 122,570円 159,090円 206,610円 444,210円
フレッツ光 2年 54,950円 98,950円 160,550円 204,550円 257,350円 521,350円
フレッツ光 2年 40,430円 66,940円 127,550円 167,260円 217,420円 468,220円
auひかり 3年 30,405円 67,365円 113,125円 174,285円 220,045円 487,345円
NURO光 2年 49,034円 53,992円 87,180円 109,730円 142,730円 307,730円
フレッツ光 3年 73,488円 100,224円 133,360円 206,496円 245,632円 541,312円
フレッツ光 なし 55,868円 98,564円 141,560円 184,856円 228,152円 444,632円
フレッツ光 なし 56,200円 93,400円 130,600円 167,800円 205,000円 391,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

マンションの場合も基本的には戸建て時と同様で、とりわけ月額料金が安いわけではないがキャッシュバックが少ない、工事費用が無料となるキャンペーンがないという理由から、料金的にお得とはなっていません。

マンションタイプでお得に使いたいならば、NURO光、ソフトバンク光、auひかりのいずれか

ただ、最もお得なのはキャッシュバックがある上に月額料金が格安なNURO光forマンションですが、設備が導入されているマンションはほとんどないのが実情です。

よって、マンションで導入可能な回線に応じてフレッツ光回線ならソフトバンク光、au回線ならauひかりを選ぶのがおすすめです。

マンションに導入可能かどうかは、管理会社もしくは光回線の公式サイトから確認できます。

ちなみにauひかりは戸建ての場合だと解約時に31,680円の撤去費用がかかるので総額として高くなってしまいましたが、マンションの場合はそれがかからない為、他社に比べても安くなっています。

なお5年を超えてさらに長期にわたって利用するのであれば、BB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)のも総額料金では安くなります。これらはキャッシュバックがないものの、月額料金が他社にくらべてかなり安くなっている為です。

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

マンション、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

続いてマンション等集合住宅での、フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合を見ていきましょう。

サービス 回線 契約
年数
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年~ 10年~
フレッツ光 2年 27,850円 49,850円 108,370円 144,890円 192,410円 430,010円
フレッツ光 2年 54,950円 98,950円 160,550円 185,000円 257,350円 521,350円
フレッツ光 2年 48,230円 87,940円 148,550円 188,260円 238,420円 489,220円
auひかり 3年 30,405円 67,365円 113,125円 174,285円 220,045円 487,345円
NURO光 2年 49,034円 53,992円 87,180円 109,730円 142,730円 307,730円
フレッツ光 3年 55,488円 88,224円 127,360円 206,496円 245,632円 541,312円
フレッツ光 なし 46,968円 90,264円 133,560円 176,856円 220,152円 436,632円
フレッツ光 なし 40,610円 81,530円 122,450円 163,370円 204,290円 408,890円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

新規契約時と違って高額な工事費用がなくなる為、他社が行っている工事費無料キャンペーンがOCN光にはないというデメリットがなくなります。

またソフトバンク光は乗り換え時だとキャッシュバックが少なくなってしまうというデメリットがある為、金面で同等レベルになります。

ですので、光コラボの中から選ぶのであればOCN光は十分ありです。ただし今後乗り換え等はせずに10年以上使う予定ならば、月額料金が安いBB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光がおすすめとなります。

もちろん住んでいるマンションでNURO光やauひかりが導入可能ならばそちらの方がおすすめ。OCN光よりもお得に利用できますから。

NURO光forマンションに関しては導入されているマンションがほとんどない為、利用は厳しいのが実情ですが、一度確認をとってみると良いでしょう。

なお、マンションに導入可能かどうかは、管理会社もしくは光回線の公式サイトから確認できます。

OCN光に申し込む

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

他社と総額料金比較(セット割適用時)

光回線には、特定のスマホの割引が行われるセット割があります。

たとえばドコモ光ならドコモのスマホが、ソフトバンク光やNURO光ならソフトバンクのスマホが、au光やSo-net光プラスならauのスマホが、それぞれ1回線につき最大1,100円割引されます。

この割引を使うと使用台数によっては大幅に安くなりますから無視することはできません。

そしてOCN光に関しては、格安スマホであるOCNモバイルONEのスマホに対してセット割が適用されます。

ただキャリアのスマホと違って月額料金がそもそも安いOCNモバイルONE。1回線あたりの割引額は220円と少ないです。

その為、下記で紹介している通りセット割があるからと言ってOCN光を選んだ方がお得になるケースはほとんどないのが正直なところです。

なお、この総額費用に関する詳しい解説およびドコモやソフトバンク、auのスマホを持っている方におすすめの光回線は下記の記事にて紹介していますので、詳しく知りたい方はそちらをチェックしてみてください。

【2021年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。徹底比較と料金シミュレーションで分かった本当にお得なのはこれ!
インターネット通信する手段としては、光回線以外にもポケットWiFiや置くだけWiFi、スマホなどもあります。 しかしYoutubeやVODなどでの動画視聴やオンラインゲーム、SNSによる画像閲覧などで通信量が多くなる上、快適な通信速度...

戸建て、新規開通

まずは戸建てで新規開通する場合のセット割適用時の総額料金を見てみましょう。

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,200円割引(1,1000円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
OCN
モバイル
ONE
65,000円
③62,360円
106,800円
③101,520円
185,120円
③177,200円
241,440円
③230,880円
308,760円
③295,560円
645,360円
③618,960円
ドコモ 76,170円
①64,070円
②51,970円
130,510円
①105,210円
②79,910円
213,450円
①174,950円
②136,450円
267,790円
①216,090円
②164,390円
336,430円
①271,530円
②206,630円
679,630円
①548,730円
②417,830円
ソフト
バンク
58,770円
①45,570円
②32,370円
103,760円
①77,360円
②50,960円
182,850円
①143,250円
②103,650円
241,040円
①188,240円
②135,440円
309,680円
①243,680円
②177,680円
652,880円円
①520,880円
②388,880円
au 103,400円
①93,206円
②80,006円
168,500円
①144,362円
②117,962円
215,780円
①177,698円
②138,098円
296,060円
①244,034円
②191,234円
343,340円
①277,370円
②211,370円
666,740円
①534,740円
②402,740円
ソフト
バンク
58,434円
①46,334円
②34,234円
92,996円
①67,696円
②42,396円
155,788円
①117,288円
②78,788円
207,942円
①156,242円
②104,542円
270,546円
①205,646円
②140,746円
583,566円
①452,666円
②321,766円
au 87,260円
①74,060円
②60,860円
127,820円
①101,420円
②75,020円
175,576円
①135,976円
②96,376円
264,432円
①211,632円
②158,832円
313,288円
①247,288円
②181,288円
681,568円
①549,568円
②417,568円
なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
なし 74,830円 126,310円 177,790円 229,270円 280,750円 538,150円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

セット割が220円(220円割引×1回線)しかないため、たとえ割引を適用したとしても、総額料金ではセット割なしのソフトバンク光やNURO光の方が安くなっています。

よって、わざわざOCN光を選ぶ必要はないというのが結論です。

なおNURO光はエリアが限定されており、エリア内でも工事完了までにかなり時間が要する(1年かかるというケースも)といった点は注意が必要です。もしできるだけ早く利用したいのであれば、ソフトバンク光をおすすめします。

また、5年以上の長期で利用し続けることを考えると、月額料金が安いおてがる光、BB.excite光Fitもおすすめ。

キャリア並みの割引(1,100円)があれば別ですが、220円の割引しかなければ、とこれら2サービスの月額料金より高いですからね。

※キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

戸建て、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

続いて戸建てでのフレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合の総額料金を見ていきましょう。

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,200円割引(1,1000円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
OCN
モバイル
ONE
47,500円
③44,860円
89,300円
③84,020円
167,620円
③159,700円
223,940円
③213,380円
291,260円
③278,060円
627,860円
③601,460円
ドコモ 76,170円
①64,070円
②51,970円
130,510円
①105,210円
②79,910円
213,450円
①174,950円
②136,450円
267,790円
①216,090円
②164,390円
336,430円
①271,530円
②206,630円
679,630円
①548,730円
②417,830円
ソフト
バンク
66,570円
①53,370円
②40,170円
124,760円
①98,360円
②71,960円
203,850円
①164,250円
②124,650円
262,040円
①209,240円
②156,440円
330,680円
①264,680円
②198,680円
673,880円
①541,880円
②409,880円
au 92,000円
①93,206円
②80,006円
150,500円
①144,362円
②117,962円
192,800円
①177,698円
②138,098円
265,100円
①244,034円
②191,234円
307,400円
①277,370円
②211,370円
601,400円
①503,060円
②371,060円
ソフト
バンク
58,434円
①46,334円
②34,234円
92,996円
①57,133円
②42,396円
155,788円
①117,288円
②78,788円
207,942円
①156,242円
②104,542円
270,546円
①205,646円
②140,746円
583,566円
①452,666円
②321,766円
au 68,588円
①56,488円
②44,388円
114,524円
①89,224円
②63,924円
168,180円
①129,680円
②91,180円
261,836円
①210,136円
②158,436円
315,492円
①250,592円
②185,692円
683,772円
①552,872円
②421,972円
なし 60,068円 116,564円 173,060円 229,556円 286,052円 568,532円
なし 51,090円 102,570円 154,050円 205,530円 257,010円 514,410円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

転用や事業者変更の場合であれば元々安いOCN光ですから、220円でも割引があるならもちろん選ぶべき。

ただし、長期的に使う場合はOCN光よりも同じ光コラボであるBB.excite光Fit(~200GB)やおてがる光(制限なし)の方が安くなってく点は注意が必要です。

もちろんNURO光もあり。エリア内で、かつ開通工事までに時間がかかっても良いというのであれば、4年以内の利用だと最も安く使えます。

【OCNモバイルONEによるセット割が220円の場合】

  • 4年⇒NURO光、OCN光
  • 5年以上⇒BB.excite光Fit(~200GB)、おてがる光(制限なし)

※キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

OCN光に申し込む

【おすすめ光回線詳細情報】

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

マンション、新規開通

続いてマンション等集合住宅での総額料金です。

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,200円割引(1,1000円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
OCN
モバイル
ONE
42,050円
③39,650円
64,050円
③59,250円
122,570円
③115,370円
159,090円
③149,490円
206,610円
③194,610円
444,210円
③420,210円
ドコモ 54,950円
①52,000円
②30,750円
98,950円
①73,650円
②48,350円
160,550円
①122,050円
②83,550円
204,550円
①152,850円
②101,150円
257,350円
①192,450円
②127,550円
521,350円
①390,450円
②259,550円
ソフト
バンク
40,430円
①40,540円
②14,140円
66,940円
①41,540円
②15,140円
127,550円
①87,950円
②48,350円
167,260円
①114,460円
②61,660円
217,420円
①151,420円
②85,420円
468,220円
①336,220円
②204,220円
au 30,405円
①18,305円
②6,205円
67,365円
①42,065円
②16,765円
113,125円
①74,625円
②36,125円
174,285円
①122,585円
②70,885円
220,045円
①155,145円
②90,245円
487,345円
①356,445円
②225,545円
ソフト
バンク
49,034円
①36,934円
②24,834円
53,992円
①28,692円
②3,392円
87,180円
①48,680円
②10,180円
109,730円
①58,030円
②6,330円
142,730円
①77,830円
②12,930円
307,730円
①176,830円
②45,930円
au 73,488円
①61,388円
②49,288円
100,224円
①74,924円
②49,624円
133,360円
①94,860円
②56,360円
206,496円
①154,796円
②103,096円
245,632円
①180,732円
②115,832円
541,312円
①410,412円
②279,512円
なし 55,868円 98,564円 130,080円 184,856円 228,152円 444,632円
なし 56,200円 93,400円 130,600円 167,800円 205,000円 391,000円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

戸建ての場合同様、セット割が220円(220円割引×1回線)しかないため、割引を適用したとしても、総額料金ではセット割なしのソフトバンク光やauひかり、NURO光の方が安くなっています。

最もお得なNURO光forマンションですが、設備が導入されているマンションはほとんどないのが実情です。

よって、マンションで導入可能な回線に応じてフレッツ光回線ならソフトバンク光、au回線ならauひかりを選ぶのがおすすめです。

マンションに導入可能かどうかは、管理会社もしくは光回線の公式サイトから確認できます。

ちなみにauひかりは戸建ての場合だと解約時に31,680円の撤去費用がかかるので総額として高くなってしまいましたが、マンションの場合はそれがかからない為、他社に比べても安くなっています。

ただし、長期に使っていくことを考えるならOCN光もあり

10年時点の総額料金を見ると、BB.excite光Fit(~200GB)に次いで2番目で、制限なしに使えるものの中では最も安くなっています。

※キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

OCN光に申し込む

【おすすめ光回線詳細情報】

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

BB.excite光Fitの詳細情報はこちら

おてがる光の詳細情報はこちら

マンション、フレッツ光からの転用、光コラボからの事業者変更

フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更の場合、工事費用・キャッシュバック額が大きく変わるので注意が必要です。

月1,100円割引(1,100円割引×1回線or550円割引2回線)
月2,200円割引(1,1000円割引×2回線or550円割引4回線)
月220円割引(220円割引×1回線)
サービス 対象
スマホ
1年で
解約
2年で
解約
3年で
解約
4年で
解約
5年
時点
10年
時点
OCN
モバイル
ONE
27,850円
③25,210円
49,850円
③44,570円
108,370円
③100,450円
144,890円
③134,330円
192,410円
③179,210円
430,010円
③406,010円
ドコモ 54,950円
①42,850円
②30,750円
98,950円
①73,650円
②42,850円
145,000円
①122,050円
②83,550円
160,550円
①152,850円
②101,150円
257,350円
①192,450円
②127,550円
521,350円
①390,450円
②259,550円
ソフト
バンク
48,230円
①35,030円
②21,830円
87,940円
①61,540円
②35,140円
148,550円
①108,950円
②59,350円
188,260円
①135,460円
②82,660円
238,420円
①172,420円
②106,420円
489,220円
①357,220円
②225,220円
au 23,600円
①18,305円
②6,205円
30,405円
①42,065円
②16,765円
67,365円
①74,625円
②36,125円
113,125円
①122,585円
②70,885円
220,045円
①155,145円
②90,245円
487,345円
①356,445円
②225,545円
ソフト
バンク
49,034円
①36,934円
②24,834円
53,992円
①28,692円
②3,392円
87,180円
①48,680円
②10,180円
109,730円
①58,030円
②6,330円
142,730円
①77,830円
②12,930円
307,730円
①176,830円
②45,930円
au 55,488円
①43,388円
②31,288円
88,224円
①62,924円
②37,624円
127,360円
①88,860円
②50,360円
206,496円
①154,796円
②103,096円
245,632円
①180,732円
②115,832円
541,312円
①410,412円
②279,512円
なし 46,968円 90,264円 133,560円 176,856円 220,152円 436,632円
なし 40,610円 81,530円 122,450円 163,370円 204,290円 408,890円

※BB.excite光Fitは~200GBでの料金で算出

新規契約時と違って高額な工事費用がなくなる為、他社が行っている工事費無料キャンペーンがOCN光にはないというデメリットがなくなります。

またソフトバンク光は乗り換え時だとキャッシュバックが少なくなってしまうというデメリットがあり、そこにセット割がきいてくる為、OCN光の方が安くなります。

以下が利用年数に応じたお得な光回線です(OCNモバイルONEでセット割220円を適用した場合)。

  • 3年まで・・・NURO光、auひかり、OCN光
  • 4年以降・・・NURO光、OCN光

もしNURO光forマンションを導入できるのであれば、NURO光一択。ただそれを導入できるマンションはほとんどないという点を考えると、auひかりかOCN光。

もしauひかりが導入できるマンションなら3年以内の利用を前提にするとありですが、フレッツ光回線しか導入されていないならばOCN光一択です。

なお、マンションに導入可能かどうかは、管理会社もしくは光回線の公式サイトから確認できます。

※キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホを利用している場合はこちらの記事を参考にしてください。

OCN光に申し込む

【おすすめ光回線詳細情報】

auひかりの詳細情報はこちら

NURO光の詳細情報はこちら

OCN光の口コミ・評判

OCN光の口コミや評判を集めました。

v6アルファを使うと速度が速くなったという評判が多い

「速度が速い」と言っている人に共通するのが、v6アルファを契約しているということ。

OCN v6アルファ開通したわ。めっちゃ速い (Twitter)

SNSや動画をネットで見るくらいなら、速度は10Mbps程度あればそれなりに見ることは可能です。

しかし、オンラインゲームや4K動画を見るという場合には、ちょっと速度としては物足りなさがあります。

そこでv6アルファを使っている人の速度を見てみると、ダウンロード(下り)速度が600Mbps以上出ているなど、かなり速い通信ができているようです。

v6アルファを使いたい人は、再開後に申し込むつもりでOCN光にするか、v6プラスなどを扱っている他の光回線サービスを利用するか、ちょっと考えたほうが良いかもしれません。

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?
固定回線の契約や更新の際、「IPv6オプションあり」「v6プラス対応」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 ただそれが何か説明してと言われても、「何か固定回線の速度が速くなるらしい…」くらいで、そもそもIPv6が何かということや...

IPv4とIPv6の違いを分かりやすく解説、IPv6対応でも速度が速くなるとは限らないって本当?

OCN光のサポートセンターへの電話が繋がりにくいという話も

サポート対応については賛否両論といったところですが、どちらかと言うと電話が繋がらないという声が多い印象を受けました。

公式サイトにはチャットが設置されているので、そちらから問い合わせるのも良いでしょう。

OCN光のサポートセンターまじでつながらない (Twitter)

中には、他社と比べてサポートが手厚いイメージを持った人もいました。

どんなときもwifiからOCN光への切り替えがやっと完了。速度は大したことないが、サポートの質が驚くほど違う。(Twitter)

今後も口コミや評判が集まり次第、更新していく予定です。

【結論】OCN光を契約するならv6アルファとセットで契約を

本記事では、OCN光の概要や料金の詳細、メリット・デメリットなどについて見てきました。

OCN光を使うなら、通信速度が速くなる「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」に対応している「v6アルファ」もセットで申し込みたいところ。

光回線の乗り換えを検討している方は、おすすめランキングなどもぜひ参考にしてください。

OCN光に申し込む

 

 

タイトルとURLをコピーしました