プラスで始まる電話番号は国際電話から?掛け直したらダメな理由や出てしまった場合の対応方法

「+1」や「+81」など、プラスで始まる電話番号からの着信があったときは、相手が誰かわからなくてびっくりしてしまいますよね。

実は、プラスから始まる番号は海外からの電話なので、海外在住の知り合いからの電話でない限りは出ない方が得策です。

詐欺などのトラブルに巻き込まれる可能性があるので、間違って電話に出てしまわないように注意してください。

本記事では、プラスから始まる電話番号の正体や怪しい電話への対処法について、分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

プラスで始まる電話番号から着信が!相手はどこの誰?

プラスで始まる電話番号の具体例

プラスで始まる電話番号は、一部の例外を除いてはすべて海外から掛かってくる国際電話ですが、知り合いからの電話でない限りは詐欺の可能性が高いので要注意

まずは、次の2つの基本的な知識から整理していきましょう。

  • プラスで始まる「+81」の電話番号は日本国内から
  • プラスで始まる番号が掛かってきたら「国コード」を確認

それぞれの重要なポイントについて解説します。

プラスで始まる「+81」の電話番号は日本国内から

「+81」から始まる電話番号が表示されたときは、日本国内からの着信、もしくは日本の携帯電話を使用している海外在住者からの着信です。

「+1」や「+81」のようにプラスから始まる表記は「国際電話番号(国コード)」と呼ばれるもので、相手の電話がどの国にあるのかを示します。

国内からの着信の場合、通常は日本の国コード「+81」が表示されることはありませんが、次のいずれかに該当する場合は表示されるので確認してみましょう。

  • 自分が海外にいる場合
  • 相手が海外にいる場合
  • 国際ダイヤルアシストを使用している場合

自分が海外に滞在している場合は、日本国内からの電話はすべて国際電話となるため、電話番号の先頭に「+81」がつきます。

相手が海外に滞在していて日本で取得した携帯電話から掛けてきた場合も、電話自体は日本籍ですが通話は国際電話になるので「+81」が表示されることに。

また、国際ダイヤルアシストは国際電話をかけるときに自動的に国コードを追加してくれる便利な機能ですが、これを使用していると国内通話でも国コードが表示されます

こういった国コードが表示される以外にも、「050」という見慣れない番号が先頭についていることもあるかもしれません。

ただ、050がついている番号はIP電話、つまり固定の電話回線ではなくインターネット回線を使用した電話で、国際電話ではないので安心してください。

プラスで始まる番号が掛かってきたら「国コード」を確認

「+81」で始まる番号から電話が掛かってきたら、電話に出る前にまず「国コード(国番号)」を確認してください。

国コードは国や地域ごとに振り分けられており、番号によってどこから電話が掛かってきたのかを知ることができます。

主要な国コードには次のようなものがあるので、掛かってきた番号に該当するものがないか見ていきましょう。

国コード該当する国や地域
+1アメリカ合衆国
カナダ
+7ロシア
カザフスタン
+33フランス
+44イギリス
+49ドイツ
+52メキシコ
+61オーストラリア
クリスマス島
ココス諸島
+66タイ
+81日本
+82大韓民国
+86中華人民共和国
+91インド
+966サウジアラビア

国コードによっては複数の国が該当するものや、桁数が多くなることもあります。

ちなみに、国コードの最初の数字は「ゾーン」を表していて、どこの地域からの通話なのかについて、次のように9つの中から大まかな判別が可能です。

ゾーン地域
1北米
カリブ海やマリアナ諸島の国々
2アフリカ大陸の国々
いくつかの大西洋の島々
3ヨーロッパ
4
5メキシコ
中南米
西インド諸島の国々
6東南アジア
南太平洋
オセアニア
7ロシア
(旧ソビエト連邦)
8東アジア
9西南アジア
中東

例えば、国際電話が掛かってきたときに「+」の後の数字が「6」で始まっていたら、東南アジアやオセアニア地方からの着信だということです。

プラスで始まる番号はどう対応するのがいい?

プラスから始まる番号から電話が掛かってきたときは、知り合いの番号でなければ詐欺の可能性が高いと考えて、次の3つのいずれかの対応を取りましょう。

  • 電話が切れるまでとにかく待つ
  • 知り合いの番号でなければ折り返さない
  • 必要に応じて「着信拒否」や「ブロック」をする

怪しい電話に間違って出てしまわないように、それぞれの対処法について詳しく解説します。

電話が切れるまでとにかく待つ

不審な電話が掛かってきたときの最も無難な方法は、とにかく電話が切れるまで待って無視することです。

長く続く着信音がうっとうしいのであれば、拒否を選択して即座に着信を終わらせるのも有効です。

しつこく掛かってくるようであれば、後述する着信拒否やブロック、公的機関への相談などの手段を取るようにしましょう。

とにかく電話に出ないことが重要なので、明らかに心当たりのある番号でない限りは、必ず無視するようにしてください。

知り合いの番号でなければ折り返さない

国際電話は知人からの電話という可能性もあるので、海外に知り合いが居住している場合は電話を無視した後に、改めて番号を確認し直しましょう

知り合いからの大事な用事であればまた着信があるはずですが、必要に応じて折り返し電話を掛けてみるのも良いかもしれませんね。

国際ワン切り詐欺に注意

国際電話の場合でも国内電話と同じく、料金が発生するのは発信者側だけなので、日本国内で電話を受けた人に課金されることはありません。

しかし、国際電話には「国際ワン切り詐欺」と呼ばれるものが多く、たとえ応答したとしてもすぐに切れることがほとんど。

もし折り返してしまうと、そのときに高額な通話料が請求されてしまう、というのが国際ワン切り詐欺の手口です。

折り返し電話を掛けさせるのがねらいで掛けてくる

簡単に説明すると、国際電話を掛けるときはまず日本国内の携帯電話から通話料を請求され、その一部が海外の電話会社に支払われます。

つまり、折り返したときに電話代がいくらになるかは海外の電話会社次第なのですが、その電話会社が犯罪グループと結託している可能性があるのです。

折り返し電話をかけると、「しばらくお待ちください」などというガイダンスが流れて、指示に従って30秒待機しただけで、数百円もの料金を課金されることがあります

支払った電話代の一部は海外の犯罪グループに流れるため、活動資金として利用されてしまう可能性もあるでしょう。

こういった事情があるため、心当たりのない国際電話には出ないようにして、もし仮に出てしまったとしても絶対に折り返さないように注意してください。

必要に応じて「着信拒否」や「ブロック」をする

海外からの不審な電話には絶対に出ないようにすることが大切ですが、同じ番号から何度も電話が掛かることがあります。

そうなると目障りで仕方がなくなるので、怪しい番号は「着信拒否」や「ブロック」でシャットアウトしてしまいましょう。

着信拒否の方法は使用する端末や携帯会社によって違うので、次の3つのパターンについて解説します。

  • iPhoneで着信拒否する方法
  • Androidで着信拒否する方法
  • キャリアで非通知の着信を拒否する方法

それぞれの方法を見ていきましょう。

iPhoneで着信拒否する方法

iPhoneで着信拒否する場合は、次の手順で行いましょう。

  1. ホーム画面にて「電話」アプリをタップ
  2. 画面下部の「履歴」を選択、着信拒否する番号の右側にある「i」アイコンをタップ
  3. 画面下部の「この発信者を着信拒否」をタップ、「連絡先を着信拒否」を選択
  4. 着信拒否の設定完了

先ほど「この発信者を着信拒否」となっていた項目が、「この発信者の着信拒否設定を解除」に変わっていれば、無事に着信拒否できているので安心してください。

Androidで着信拒否する方法

Androidで着信拒否する場合は、次の手順で行いましょう。

  1. ホーム画面で「電話」アイコンを選択、履歴画面を開く
  2. 先ほどの怪しい電話番号をタップ
  3. 表示されたメニューの中から「番号をブロック」を選択
  4. 確認メッセージの画面で「ブロック」を選択
  5. 着信拒否の設定が完了

キャリアなら非通知の着信も拒否ができる

先ほど紹介した方法はあらかじめ相手の番号が分かっている場合には有効ですが、非通知からの着信の場合には使えません。

そこで、キャリアごとに用意されている着信拒否やブロックのサービスを利用して、厄介な電話をシャットアウトしましょう。

各キャリアの着信拒否サービスや利用方法について解説します。

docomoの場合

docomoでは、申し込みや使用料不要の「迷惑電話ストップサービス」を利用できます

ただ、番号を入力する必要があるため相手が非通知の場合は使えません。

そのため、非通知の国際電話を拒否するためには、非通知の着信時に自動的に電話を切る「番号通知お願いサービス」を利用しましょう。

こちらも申し込みや月額利用料は不要ですが、デフォルトではオフになっているので次の方法で有効化する必要があります。

  1. 「148」にダイヤル
  2. ガイダンスが流れたら「1」を押す
  3. 設定が完了して自動的に通話が終了する

ただし、発信者がそもそも番号を通知できない場合は、番号通知お願いサービスを設定していても電話が掛かることがあるので注意が必要です。

auの場合

auでは、し込みや月額使用料が不要の「番号通知リクエストサービス」があります。

「1481」を入力して通話ボタンを押すと、非通知の着信を拒否することが可能です。

ただし、すべての非通知着信が拒否されるので、特定の相手だけブロックしたい場合は効果的ではありません。

そこで、月額100円の「迷惑電話撃退サービス」を契約していれば、次の方法で非通知の海外電話を拒否できます。

  • 海外からの連絡が掛かってきたら、そのまま無視
  • すぐにホーム画面で「1442」を入力して通話ボタンを押す
  • 迷惑電話として登録される

迷惑電話が掛かってきたとき、他の電話が掛かる前に登録作業を済ませる必要があるので、海外からの非通知着信があったときはすぐに手続きを行いましょう。

Softbankの場合

Softbankでは額300円で「迷惑電話ブロック」サービスを利用できます。

ただ、相手が非通知の場合は着信を拒否することができません。

そこで、「My SoftBank」から月額100円で申し込めるナンバーブロックを使用して、次の方法で海外からの非通知電話を着信拒否しましょう。

  1. 非通知電話が掛かってきたら、電話に出てからすぐに切る
  2. それから「144」にダイアルして、ガイダンスに従って「1」「#」を押す
  3. 「お断りガイダンス」を「1」~「9」の中から適当に選択して「#」を押す
  4. 非通知電話の着信拒否の完了

一度電話に出なければならないのが面倒ですが、「迷惑電話ブロック」を利用しない場合は有効な手段になります。

ただし、電話が掛かってきたらすぐに着信拒否の手続きをする必要があるので、時間を置かないように注意が必要です。

怪しい電話に間違えて出てしまった場合は?

国際電話は怪しいと分かっていても、つい電話に出てしまうこともあるかもしれませんが、その後は必ず次の対応を取るようにしてください。

  • できるだけすぐに切って着信拒否に登録する
  • 不安な場合は「消費生活センター」のホットラインに相談する

それぞれの重要なポイントについて見ていきましょう。

できるだけすぐに切り、着信拒否する

前述したように、国際電話でも応答するだけなら料金が発生することはないので、すぐに電話を切ってしまえば問題ありません。

しかし、一度電話に出るとその番号が有効であることを相手に知られてしまうので、すぐに切ったとしてもまた電話が掛かる可能性があります。

そのため、先ほど紹介した方法ですぐに着信拒否して、今後は心当たりのない国際電話は徹底的に無視するようにしましょう。

繰り返しになりますが、絶対に折り返し電話はしないようにしてくださいね。

不安な場合は消費生活センターに相談を

そもそも、なぜ海外から国際電話が掛かってくるのか、自分の個人情報が漏洩しているのではないか、と不安になることがあるかもしれません。

しかし、こういった詐欺の電話は単にコンピューターでランダムに番号を作って、適当に掛けているだけなので安心してください。

日本国内の「090」から始まる11桁の電話番号は1億通りなので、何回もトライし続ければ偶然電話が繋がることがあるというだけです。

とはいえ、やはり海外から怪しい電話が掛かってきたときは、どうしても不安になってしまうこともありますよね。

そんな場合は「消費生活センター」のホットラインに相談してみてください。

近年は「国際ワン切り詐欺」が多発していて、実際に折り返し電話を掛けて高額な通話料を請求されたという人が増えてきています。

消費生活センターにはそういった詐欺被害に関する相談が多く寄せられているので、不安があればいつでも下記のホットラインを利用しましょう。

【消費者ホットライン】

電話番号:188 (いやや!)

「188(「いやや」と覚えましょう)」と入力してホットラインに電話をかけると、居住地の郵便番号7桁を入力するように求められます。

郵便番号を入力すると、最寄りの市区町村の消費生活センター、もしくは消費生活窓口に繋がるので不審な電話について相談してください。

ただし、平日は混雑することが多いので、繋がらない場合は下記の問い合わせ先にて「平日バックアップ相談」を利用できます。

電話番号:03-3446-1623
受付時間:平日10時~12時、13時~16時

プラスで始まる電話番号から掛かってきたら基本折り返し厳禁!

知らない番号から電話が掛かってくるだけでも「???」となるのに、プラスで始まる電話番号から掛かってくると、なぜか興味本位で出てしまうという人もいます。

実際私も気になって折り返してみたことがあり、何やら中国語の音声が流れてきて「これはやっちまったな…」と後悔することになりました。

しかも翌月の通信料金がいつもより高かったので、余計に自分の行為を反省することに…。

もしプラスで始まる電話番号から電話が掛かってきても、知り合いの電話番号でなければ決して掛け直すことのないよう、気を付けてください。