ポケトークSで格安SIMは使える?専用グローバルSIMの更新や料金はどうなるの?

役立つ情報
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

日本語を話せない相手と話す時は、片言の英語やジェスチャーで何とかしているという人も多いと思います。

相手の言語で話すことができればもっと会話が弾むのに…と歯がゆい気持ちになりますよね。

そんな人でも相手とテンポよく会話ができると何かと話題になっているのがAI翻訳機のポケトーク。

ただ残念ながらポケトークは、インターネット通信が無ければ翻訳機能が使えません

専用グローバルSIM付きのポケトークを購入する方法もありますが、値段が少々お高めなのがネックで購入を見送っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、最新機種「ポケトークS」の機能や特徴、専用グローバルSIMを使わずにネット接続する方法について解説していきます。今後ポケトークを使う際の参考にしてください。

スポンサーリンク

ポケトークとは74言語対応のAI翻訳機、最新機種はポケトークS

(引用:ポケトーク公式)

ポケトークとは、74言語に対応する音声入力対応のAI翻訳機です。

相手の言葉が互いに分からなくても、ポケトークを通すことで自国語のままテンポよく会話ができるのがポケトークの最大の魅力。

発売されて以降、海外旅行グッズとしてまた外国人旅行客が訪れる店舗でのコミュニケーション道具として導入が進められています。

2019年12月には、以前から人気にあるポケトークWに加えて、より機能を充実させた最新機種のポケトークSが発売されており、気になっている人も多いのではないでしょうか。

ポケトークSの概要や、ポケトークのデメリットについて確認しておきましょう。

ポケトークS ポケトークW
料金 29,800円 19,800円
eSIMなし 24,800円 18,000円
サイズ 幅53.8mm
厚11.5mm
高91.6mm
量75g
画面2.8inch
幅59.8mm
厚15.8mm
高110mm
量75g
画面2.4inch
言語数 74言語
音声とテキスト:55言語

テキスト:19言語
バッテリー 1,200mAh
連続待受
60時間
2,200mAh
連続待受
240時間
カメラ
翻訳
×
現地単位
翻訳
現地時刻
表示
定型文
登録機能
英会話
学習機能

ポケトークSから搭載された機能とは?

(引用:ポケトーク公式)

ポケトークSで搭載された新機能から、主に「カメラ翻訳機能」と「AI英会話レッスン」について取り上げます。

カメラ翻訳機能を使えばお店のメニューや看板、注意喚起表示も読める

(引用:ポケトーク公式)

先日私は新婚旅行に行った友人から、海外旅行先で地元の人が利用するようなレストランに入った時に、全く読めないメニュー表を渡されて注文するのが大変だったという話を聞きました。

そんな場合にあると便利であろう機能が、ポケトークSの「カメラ翻訳機能です。

搭載されたカメラで文字を撮影すると、自動で翻訳して画面上に表示してくれます

普段からGoogleカメラ翻訳やポケットWiFiで使っている人も多いかもしれませんね。

ポケトークは55もの言語を翻訳し、履歴を後から確認することもできます。

お店のメニューだけでなく、滞在先の新聞や看板、注意喚起のお知らせなどもカメラ翻訳機能を使えば理解や動作がスムーズになりますね。

AI英会話レッスン機能を使って英語の勉強もできる

AI英会話レッスン機能」とは、機内食の注文や入国審査、両替など海外旅行でありそうなシーンを中心に会話の事前練習ができる機能です。

回答の内容に応じて各シーンの展開が変わってしまうのは、AI機能が付いているポケトークならではと言えます。

海外旅行はたまにしか行かないという人でも、普段から自分や子どもの英会話練習や発音練習にと活躍してくれそうです。

ポケトークのデメリットはインターネット接続がないと翻訳できないこと

海外旅行や観光地、案内所などでの導入がどんどんと拡大しているポケトーク。

実は、インターネット環境が無ければ音声翻訳機能が使えなという最大のデメリットがあります。

したがって使用する際には次の3種類のいずれかのネット接続を確保しておかねばいけません。

ネット接続する方法の一つは、ポケトークに内蔵されている専用グローバルSIMを使う方法

次にベーシックなのがお店や街の公衆WiFiや、ポケットWiFiを使った接続。

そしてサポート対象外の方法にはなりますが格安SIMを利用する方法など主に3種類あり、利用場所や利用頻度に応じて使い分けたいところです。

eSIM内蔵タイプを選べば専用グローバルSIMで2年間翻訳使い放題

ポケトークでは、翻訳を快適に行えるように「S」と「W」の両方でeSIM内蔵タイプをメイン機種として販売しています。

eSIMとは、特定のサービスへの登録やアプリのダウンロードによりネット接続が可能になるSIMのこと。

専用グローバルSIM対応のポケトークではチップ化されたSIMが本体に組み込まれているため、別にSIMを用意しなくても、翻訳機能が2年間使い放題です。

2020年1月現在、ポケトークSは専用グローバルSIMタイプが29,800円Wは19,800円で販売されています。

ちなみにSIMの利用期限が切れる2年後以降は、WiFi環境で使用するか、SIMの有効期限を延長するかの選択が可能。

ただ更新には1年5,000円、2週間3,000円とやや割高な料金が掛かるので、この機会に新しいポケトーク端末を購入するのも良いかもしれません。

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット 
どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどで何かと話題になるクラウドSIM。 端末にSIMがなくても通信できるその仕組み、気になりますよね。 本記事では、クラウドSIMの仕組みや、似たような「eSIM」についてもできるだけ分かり...

【トリプルキャリア】クラウドSIMの仕組みとは?eSIMとの違いやクラウドSIMのポケットWiFiを使うメリット・デメリット

サポート対象外になるが格安SIMを挿入することも可能

渡航先の街中にあるWiFiやポケットWiFiを使うことが可能であれば、通常より5,000円安いグローバル通信の付いていないタイプを購入するのもありでしょう。

その場合、WiFi環境が無い場所では当然翻訳機能などが使えず、ポケトークとしての機能を果たせなくなってしまいます。

ちなみにもし海外にはほとんど行かず、利用はもっぱら日本国内という場合は格安SIMを挿入して使うこともできないわけではありません

実際にポケトークの側面を見ると、確かに側面にはSIMスロットがありますよね。

(引用:ポケトーク公式)

ただサポート対象外にはなってしまうので、自分でSIMを入れる場合は自己責任でお願いします。

ポケトークにプリセットされているAPN設定はほとんどの格安SIM対応

実はポケトークに格安SIMを挿しても、プリセットされているAPN設定はほとんどの国内SIMにも対応しています。

2020年1月現在で、APN設定が確認されている主なSIMは次の通りです。

・ASAHIネット

・BIGSIM

・BICモバイルONE

・BIGLOBE

・DMMmobile

・DTI SIM

・FREETEL

・IIJmio

・OCNモバイル

・U-mobile

・YAMADA SIM

・mineo

・hi-ho

・nuroモバイル

・イオンモバイル

・ロケットモバイル

・ワイヤレスゲート

・日本通信(b-mobile)

・LINEモバイル

※種類や使用回線は一部割愛、手元のポケトークで確認したものを掲載

つまり、普段は自宅や店舗のWiFiを中心に使い、外出先では維持費が掛からず維持費も少ない格安SIMを使って通信するといった使い方も可能になります。

mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXのルーターを使う場合の条件や選び方、設定方法、通信速度。メリットってあるの?
mineo(マイネオ)はユーザー同士でデータ容量を分け合えるなど独自のシステムで人気の格安SIMです。 スマホやタブレットに挿すのが一般的な格安SIMですが、実はWiMAXのルーターに挿すとLTE回線の他にWiMAX回線も使うことがで...

格安SIMは国内で使う分には問題ないが、海外旅行の時には手間になる

日本国内で使うだけなら、WiFiや格安SIMを使っておけば基本的に問題はないでしょうし、渡航先の海外空港でSIMを購入し、現地の回線を使って通信する方法も確かにあります。

ただ毎回空港に着いてから購入するのは手間ですし、現地SIMとポケトークとの相性が悪かったり、通信量を超過して速度制限に掛かってしまったりして使えなくなる可能性も多いにあるでしょう。

海外での利用が多い場合は、最初から専用グローバルSIM付きの機種を選択しておくことをおすすめします。

なお専用グローバルSIM付機種と無い機種の価格差はたった5,000円で、2年間で換算すると417円/月程度にしかなりません。

国内利用がメインであっても、格安SIMの月額料金がこれよりも高くなってしまいそうなら、専用グローバルSIM付き機種を選んでおけば十分なように思えます。

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介
格安SIMには大きく分けて2種類「通話SIM」と「データSIM」とがあります。 通話SIMはその名の通り電話ができるSIMですが、データSIMは電話番号での通話ができないデータ通信のみ可能なSIMを指します。 特にタブレットやモ...

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介

ポケトークの購入先は?

ポケトークを入手する方法としては、公式サイトでの購入もしくは家電量販店になります。

公式サイトからの購入で貯まるポイントは、ポケトークを販売するソースネクストの商品購入に使えたり、WAONやLINEポイントに変換したりできるので、単に購入するなら公式サイトがおすすめです。※

※ポケトーク公式「ポケトークのサービス

旧型端末や中古ならメルカリやヤフオクでも取引されていますので、一度検索してみてください。

ただ私が見たところポケトークWでも1万5,000円前後の値が付けられていることが多く、わざわざ中古品を手に入れるよりはグローバルSIM付きのポケトークWを選ぶほうが良いかもしれません。

ポケットWiFiに翻訳機能が付いた限界突破WiFiやMugen WiFiもある

ポケトークを購入するほどではなくても短期間使いたいという人向けに、レンタル制度があります。

多くはグローバルWiFiの海外向けポケットWiFiと一緒にレンタルする方法が定番です。

残念ながらレンタルは補償制度なども入ると利用期間が短期の割に費用が割高になりやすいため、2年間に2回以上ポケトークをレンタルするくらいなら購入したほうがお得なこともあります

自分の普段の利用頻度を考えてレンタルか購入かを選ぶと良いでしょう。

また普段からポケットWiFiを使うなら、カメラ翻訳機能付きの海外対応ポケットWiFiを契約しておくと便利。

ポケットWiFiの限界突破WiFiやMugen WiFiのG4にはそういったそれらの機能が付いているため、わざわざポケトークをレンタルしなくても旅行先で役に立つはずです。

限界突破WiFiとは?メリット・デメリットやどんなときもWiFiネクストモバイルとも徹底比較、口コミや評判は随時更新中
どんなときもWiFiに始まり、Mugen WiFiやよくばりWiFiなど短期制限や月間制限の無いWiFiサービスが次々と販売を開始するなか「限界突破WiFi」が2019年10月にリリースされました。 完全無制限を謳うポケットWiFiが...
MUGEN Wifiってどうなの?プランや料金、メリット、デメリットまとめ。口コミ・評判も随時更新中。
どんなときもWiFiやめっちゃWiFiと同じく、短期制限や月間制限の無いWiFiサービス「MUGEN WiFi」(ムゲンワイファイ)が2019年9月にリリースされました。 完全無制限を謳うポケットWiFiサービスが次々と登場するなか、...

専用グローバルSIMの購入もしくはレンタルの利用がおすすめ

ポケトークSの新機能や料金詳細、格安SIMを使う裏技などについて見てきました。

1年に1回以上海外へ出かけるようであれば、専用グローバルSIMを購入しておけば間違いないでしょう。

ただ自宅や店舗のWiFiや格安SIM、ポケットWiFiを併用するなど、環境次第ではeSIMなしプランを選ぶのもありです。

ポケトークを購入するかレンタルするかは自分の利用頻度や費用を計算した上で選択するようにしてください。

【この記事のまとめ】

  • 専用グローバルSIM付きポケトークSは29,800円
  • カメラ翻訳機能やAI英会話絵レッスンはSの新機能
  • WiFi接続のみは5,000円安い24,800円
  • eSIMなしで格安SIMを挿入する方法もあるがサポート対象外
  • ポケットWiFiの限界突破WiFiやMugen WiFiのG4にはカメラ翻訳機能付き
  • レンタルは費用が割高、場合によっては購入した方がお得かも
グローバルWiFi(海外で使えるレンタルWiFi)の概要、口コミ、評判。イモト、Wi-Ho!と徹底比較
海外へ旅行や留学、出張をする際、いつものようにスマホで通信を行ってしまうと、「海外通信料」が発生し、驚くほど高額な料金が請求されてしまいます。 かといってホテルやお店のフリーWiFiだけでは、限度がありますよね。 そこで今、海外...