格安SIM

povo(auの新料金プラン)をがっつり解説。料金やオプションをahamo・ソフトバンク・楽天と比較して20GBで使うならどれがいいの?

auから低価格の新プラン「povo」(ポヴォ)が発表されました。(正式名称は「povo on au」)

ドコモのahamoやソフトバンクのSoftBank on LINEと同様、月間データ通信量は20GBですが、月額料金が2,480円と、他社よりも500円安いのが目玉です。

申し込みはオンラインで受け付けていて、auやUQmobileからの移行に手数料は掛かりません。

本記事では、povoの概要や、au大容量プランにあってpovoには無いもの、4キャリアでの料金比較結果について解説していきます。

スポンサーリンク

auの新プラン『povo』とは

総務省が求める「携帯料金引き下げ」に応じてドコモが「ahamo」を、ソフトバンクは「SoftBank on LINE」を発表していましたが、3キャリアの中で最も遅い発表となったのがauです。

新プランの価格設定などに注目が集まっていた中、20GBで月2,480円と他の2社よりも安い価格設定プラン「povo」を打ち出し、話題を呼んでいます。

主な特徴は以下の通りです。

  • povoのサービス開始は3月から
  • 20GB月2,480円
  • 月500円のオプションで5分以内の通話料無料
  • 1回200円で24時データ使い放題
  • au回線利用
  • スマホとのセット割引は無し

povoの料金|20GB月2,480円、通話料無料はオプションで付け外しできる

povoは、月間20GBまでの通信容量を月額2,480円で使えるというシンプルなプラン

auスマートバリューや家族割プラスなどの割引は一切適用されない代わりに、ドコモやソフトバンクの新プランに比べて、1ヶ月あたり500円安く使うことができます。

ドコモやソフトバンクの月2,980円だけでもかなり驚きの価格でしたが、auの新プランpovoはそれよりもさらに安いプランとなりました。

povoの月額料金
20GB2,480円
オプション①
5分以内の国内通話無料
500円
オプション②
データ使い放題 24時間
200円
オプション③
データ追加1GB
500円/1GB
オプション④
通話かけ放題
1,500円

ただ、ドコモやソフトバンクの新料金に含まれている「5分までの国内通話無料」が、povoでは任意でつけるオプションとなっています。(オプションの500円をつければ月2,980円は同じ)

また、ドコモやソフトバンクとの大きな違いは、20GBとは別に24時間データ通信が使い放題できるオプション(月200円)を月に何度でも適用できること。

YouTubeやNetflixを高画質で1時間見ると約1GBを消費しますが、シリーズものや長時間に渡るLIVE中継を見るなら、20GBではちょっと心もとないですよね。

そんな時でもこのオプションを使えば、通信容量や速度制限を気にせずに通信することができます。

povoの通信回線|auの回線とエリアで使用可能!5Gは2021年夏以降の予定

povoはauの高品質な4G LTEネットワークを使用するため、エリアはauと同じく全国で利用できます。

2021年夏以降、5Gにも対応する予定です。

povoの速度制限|20GB超過後でも1Mbps以下で使える

povoのデータ容量である20GBを超過すると、通信速度が掛かります。

しかしそれでも、最大1Mbpsで使い続けることは可能です。

画像の表示や動画の再生に時間が掛かる可能性はありますが、ネット検索やTwitter閲覧程度であれば問題なく使えます。

もし通常の速度が良いなら、1GBあたり500円でデータ容量を追加購入するまでです。

au大容量プランにあって、povoにないこと

povoの発表と同時に、auのデータMAX 4G/5Gについても料金の引き下げが伝えられました。

以前は月額7,650円(5Gは月額8,650円)でしたが、価格改定後は月額6,580円
(データ利用料が3GB以下であれば、自動的に1,500円の割引)

auスマートバリューや家族割プラスなど各種割引を全て適用すると、4,480円から。

両者の違いをまとめました。

povoはスマホのセット割も家族割も使えない

キャリアのスマホプランと言えばお馴染みなのが、光回線とスマホのセット割や家族割ですが、povoにはいつもの割引が一切ついていません

そのため、セット割や家族割を適用していた人がpovoに乗り換えた場合、auユーザーの割引額は減少します。

例えば、家族3人でau回線を契約していた場合、auスマートバリューで月1,000円引き、家族割プラスでも月1,000円の割引があるため、家族全員で6,000円の割引を受けることができました。

しかし、auを契約する家族3人のうち2人がpovoに切り替えると、家族全員の割引額は1,000円に留まります。(家族割プラスが0円になる)

auから
povoへ移行
家族3人とも
au
家族2人au
1人povo
家族1人au
2人povo
月額料金6,580円
6,580円
6,580円
6,580円
6,580円
2,480円
6,580円
2,480円
2,480円
auスマート
バリュー
-3,000円
(3回線)
-2,000円
(2回線)
ー1,000円
家族割
プラス
-3,000円
(3回線)
-1,000円
(2回線)
合計※16,740円12,640円10,540円

※au PAYお支払い割を適用すると1回線あたりさらに-100円引き

家族全体の料金を合わせると月6,000円安くはなりますが、auを契約している家族の割引額は下がる点には注意ですね。

ちなみに、ドコモのahamoは家族割の適用はされないものの、家族割の対象回線としてカウントはできるため、家族割引きが減額されることなく適用されます。

家族間通話も無料じゃない

家族割が使えなくなるだけでなく、povoでは家族間通話も有料扱いとなります。

オプションをつける方法もありますが、家族との電話は5分以上になることのほうが多いでしょう。

LINE電話よりもキャリアの音声通話を長時間使う場合は、povoに1,500円の掛け放題オプションをつけて使ったほうが良さそうです。(合計月3,980円)

ちなみに、ドコモの場合、ahamoから家族に電話を掛けると5分以上の通話は有料ですが、ドコモのギガプラン(ギガライトやギガホなど)からahamoに掛ける場合は従来通り無料となっているという違いがあります。

キャリアメールが使えなくなる

povoに切り替えると、それまで使っていた「@ezweb.ne.jp」や「@au.com」のつくキャリアメールアドレスは使えなくなります。

普段のやり取りがLINE中心になっていたとしても、会員登録や手続きの場面でメールアドレスを求められることは今でも多いです。

auからpovoへの移行を考えている人は、事前にGmailやYahoo!メールなどの「フリーメール」への登録と移行を済ませておくのがおすすめ。

最近のフリーメールは迷惑メール対策などもしっかりなされているため、無料でありながら安心して使うことができます。

ショップや電話でサポートしてもらえなくなる

povoはオンライン申し込み。SIMの挿入や設定などは全て自分ですることになります。

「困ったことがあったらショップやカスタマーセンターに電話して相談する」などして対処していた人も多いかと思いますが、povoではこれまでのような手厚いサポートがありません

申し込みやトラブル解決、解約までをオンライン手続きを通してするのは心配…という人は、これまで通りauで契約しておくのが無難です。

povo・ahamo・ソフトバンク・楽天の4キャリアとの比較表

auのpovoとドコモのahamo、ソフトバンクのSoftBank on LINE、楽天モバイルの4キャリアから出ている低価格プランの情報をまとめました。

povoahamoソフト
バンク
楽天
料金2,480円2,980円2,980円2,980円
容量20GGB20GGB20GGB20GGB
データ
追加
1GB
500円
1GB
500円
1GB
500円
1GB
500円
音声
通話
20円/30秒5分以内
無料
5分以内
無料
国内通話
無料
(アプリ)
通話
定額
5分以内無料
(500円)
通話かけ放題
(1,500円)
かけ放題
1,000円
かけ放題
1,000円
かけ放題
9800円
速度
制限
最大
1Mbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
eSIM対応予定×対応
5G2021年夏
(予定)
セット割××××
家族割×
××
海外未公表アメリカ
(料金含)
82ヶ国
(料金含)
66の
国と地域
(料金含)
テザ
リング
詳細詳細詳細

※ahamoの家族割引きは無いが、ドコモの他のプランを使っている家族の割引にahamo回線分もカウントされる

最近は「LINEでしか電話をしない」という人も多いことを考えると、5分以内通話無料をオプションにして自由に取り外しができるのは割と便利。

しかも、シンガポールの会社(CIRCLES LIFE)の技術を使ったオプションメニュー(トッピングメニュー)で簡単に操作できるのも使い勝手が良さそうです。

povo トッピングメニュー

(引用:au新料金発表会資料)

イメージ画像には「2時間ムービー見放題」や「24時間SNS使い放題」といった文字があることから、3月以降に順次追加されるトッピングにも期待が持てますね。

一方、3キャリアのなかでもauのpovoは5G対応が遅れていますが、2021年夏時点でも5Gエリアはまだそこまで全国的に広がっているわけではないため、さほど気にするほどではありません。

いずれにせよ、20GB月額2,480円というのはpovoの大きなポイント。少しでも安くスマホを使いたいという人や、柔軟にオプションを付け外ししたい人は、povoを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、本サイトではこれらのキャリアよりも安く使える日本通信SIMの「合理的20GBプラン」についても解説しています。

気になる方は、「日本通信SIMの合理的20GBプランの料金や速度比較」を参考にしてください。

日本通信SIMの合理的20GBプランの料金や速度比較。ドコモのahamoに対抗した新プランの口コミ、評判まとめ
ドコモの新プランahamoが発表されたことにより盛り上がっているスマホ料金の値下げ。 中でもahamoよりさらに安い料金」を打ち出し話題となったのが日本通信の「合理的20GBプラン」です。 今回は2020年12月10日にスタート...

まとめ|オプションを自由にトッピングできるpovoはアリ

povoの概要やauとの違い、他社の低価格プランとの比較した結果について解説してきました。

  • 最安2,480円で使える
  • 「5分以内国内通話無料」オプション(月500円)は付け外し可能
  • 24時間データ放題(月200円)オプションで満足に動画視聴ができる
  • その他にも順次オプションを追加予定
  • 5Gは2021年夏以降対応

他社に比べると5G対応が2021年夏とやや遅れ気味ですが、5Gを使うには5G対応端末を、5Gの対応エリアで使う必要があり、普段使いを考えるとそこまで重要性は高くありません。

「月に20GBを安く使えればそれでいい」「あまり使わない機能は極力削りたい」ようなユーザーにpovoはぴったりのプランと言えます。

今後追加されるであろうオプションにも期待が高まりますね。

 

タイトルとURLをコピーしました