ぷらら光のIPv6って速度は出るの?評判や口コミ、キャッシュバックの注意点についても徹底解説!

ぷらら光(plala光)は、次世代高速通信である「v6エクスプレス」で速い通信ができる光回線サービス。

速度に対する満足度は高い一方で、キャンペーンやキャッシュバックに対する不満が多いのがちょっと気になるところです。

本記事では、ぷらら光の料金や特徴、口コミや評判、メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
  1. ぷらら光(plala光)とは?
    1. NTTコミュニケーションズのグループ企業「NTTぷらら」の光回線サービス
    2. IPv6 IPoE通信に対応した次世代高速通信「v6エクスプレス」に対応
  2. ぷらら光の料金
    1. 【料金】戸建ては月4,800円、マンションは月3,600円で高くも安くもない
    2. 【工事費】新規回線だと戸建ては18,000円、マンションは15,000円が目安
    3. 【ひかりTV】セットで申し込むと月1,600円分お得になる
  3. ぷらら光の口コミや評判
    1. 速度が速くて快適に通信できると満足している人が多い
    2. 通信の不安定さや通信障害が気になる声もあり
    3. キャッシュバックのメールが来るのは10ヶ月後…後から申請してもOK?
  4. ぷらら光のメリット
    1. IPv6対応ルーターが無料でレンタルできる
    2. フレッツ光からの転用や、他の光コラボからの事業者変更で工事不要
  5. ぷらら光のデメリット
    1. 35,000円の高額キャッシュバックはお得だが3年の縛りがついてくる
    2. ひかりTVをセットで申し込むと契約期間の縛りが2年発生するので注意
    3. スマホとのセット割引が無いのでドコモの人はドコモ光を選ぶべき
    4. プロバイダはOCNのみ、プロバイダ変更はできない
  6. ぷらら光の契約方法や解約方法
    1. ぷらら光の契約方法
    2. ぷらら光の解約方法
    3. ぷらら光を初期契約解除制度を利用して解約する
  7. 【結論】速度は速いが通信の安定性にはやや欠けるかも

ぷらら光(plala光)とは?

ぷらら光

(引用:plala光公式)

ぷらら光とはどのようなサービスなのか、簡単に確認しておきましょう。

NTTコミュニケーションズのグループ企業「NTTぷらら」の光回線サービス

ぷらら光は、元々プロバイダ運営が中心。フレッツ光やドコモ光のプロバイダとして利用している人もいるかもしれませんね。

ぷらら光を運営するNTTぷららは、NTTコミュニケーションズのグループ企業の一つで、同じグループ企業には老舗プロバイダのOCNもあります。

今回の「ぷらら光」はそんなプロバイダのぷららが運営する光回線サービス。

回線はNTT東西、プロバイダがぷららで、契約や連絡窓口をぷららが担当する光コラボレーションです。

IPv6 IPoE通信に対応した次世代高速通信「v6エクスプレス」に対応

ぷらら光の特徴は、何といっても「v6エクスプレス」に対応していることが挙げられます。

v6エクスプレスとは、次世代高速通信であるIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6技術を使って、回線混雑を避けながら速く快適に通信できる方法です。

IPv6接続は有料オプションになるケースも他社では見られますが、ぷらら光は基本料金込みで全員が使えます。

しかもIPv6対応ルーターは無料でレンタルできるので、自分でわざわざ費用を捻出して用意しなくても良いのは助かりますね。

参考:v6エクスプレス

ぷらら光の料金

ぷらら光の料金についてまとめました。

【料金】戸建ては月4,800円、マンションは月3,600円で高くも安くもない

ぷらら光の料金は戸建てで月4,800円、マンションは3,600円です。

契約の縛りが無い光回線サービス「おてがる光」や「enひかり」と比べるとやや高いですが、ドコモ光やauひかりなどの大手と比べると少し安く使えます。

 光回線戸建てマンション 契約年数
ぷらら光4,800円3,600円なし
おてがる光4,280円3,280円なし
enひかり4,300円3,300円なし
ソフトバンク光5,200円3,800円2年
ドコモ光5,200円4,000円2年
auひかり5,100円3,800円3年
NURO光4,743円1,900円
~4,743円
2年

ただ、ものすごく安いといった感じでもありません。

【工事費】新規回線だと戸建ては18,000円、マンションは15,000円が目安

光回線の工事費用は、毎月一定額が月額料金から割引される「実質無料」タイプと、自己負担するタイプがあります。

ぷらら光は後者のパターンで、新規回線だと戸建てで18,000円、マンションだと15,000円を自己負担しなければいけません。

他社と変わらない料金ではありますが、工事費を実質無料にしたい人は、NURO光やドコモ光などで契約することも検討すると良いでしょう。

光回線の工事費用はどれくらい?実質無料は本当?工事費負担の目安や注意点を解説
契約すればすぐに使える携帯と違って、光回線は工事やそのやり取りなどが面倒なうえに、配線工事でお金が掛かる…そんなイメージを持っている人は多いでしょう。 しかし、実際に工事をしてみると思ったよりも安く済んだり、割引によって実質工事費用無...

光回線の工事費用はどれくらい?実質無料は本当?工事費負担の目安や注意点を解説

【ひかりTV】セットで申し込むと月1,600円分お得になる

ぷらら光のひかりTV

(引用:plala光公式)

ぷらら光では、ひかり電話(月500円~)やひかりTVをオプションで申し込むことができます。

特にひかりTVは、2ねん割とセット割を適用することで、通常より月1,600円分もお得になります。

ただ、この割引を適用することで契約期間の縛りが生じたり、ひかりTVチューナーのレンタル料金が別途発生したりするので、実際そこまでお得というわけではありません
(詳しい料金は「セット価格における注意事項および割引適用イメージ」に記載されています)

最近ではAmazonプライムビデオやHuluなど様々なVODサービスもありますので、本当にひかりTVの契約が必要かはちょっと考えたいところです。

ぷらら光の口コミや評判

ぷらら光の口コミや評判を集めました。

速度が速くて快適に通信できると満足している人が多い

ぷらら光のv6エクスプレスを使うことで、以前よりも快適に通信できるようになったという人が多い印象を受けます。

インターネット検索や動画視聴などをするなら30Mbps程度、オンラインゲームを快適にプレイするなら最低100Mbpsは欲しいところ。

割と速度に満足している(不満が無い)人の速度を見てみると、やはり100Mbps程度速度が出ているようです。

通信の不安定さや通信障害が気になる声もあり

一方で、ぷらら光の利用者の中には速度よりも、通信の不安定さや接続切れ、通信障害を気にする人が見受けられました。

動画視聴やSNSチェックくらいならそこまで問題はありませんが、オンラインゲームをするなら安定性はかなり重要なポイント。

「速度は速いけれど、通信の安定性に不安がある」というのが全体的に見られる意見でした。

キャッシュバックのメールが来るのは10ヶ月後…後から申請してもOK?

ぷらら光のキャッシュバックをもらうには、以下の条件をクリアする必要があります。

・期間中に、対象のサービスを新規にお申し込みのうえ、お申し込み月から3か月後の月末までに利用開始されたお客さま

・対象のサービスを継続して10か月ご利用いただいたお客さま

(引用:plala光公式)

すぐもらえるわけでもなく、契約から10ヶ月後に送られてくる「ぷららwebメール」から振り込み口座確認をしないといけないので、忘れてしまいそうですよね。

という上のような例もあるので、事後申請でも念のため問い合わせてみると良いでしょう。

ぷらら光のメリット

ぷらら光のメリットは以下の通りです。

  • IPv6対応ルーターが無料でレンタルできる
  • フレッツ光のからの転用や、他の光コラボからの事業者変更で工事不要

IPv6対応ルーターが無料でレンタルできる

IPv6オプションのある光回線サービスでは、IPv6対応ルーターを有料でレンタルしたり、自前で用意することを求めたりするところが多いです。

有料レンタル期間が長いと「自分で買ったほうが安く済んだかも」と思ってしまいますし、自前で用意すると「対応していない機種を買って無駄になってしまった」ということも珍しくありません。

ですが、ぷらら光はIPv6対応ルーターが無料でレンタル可能です。

v6エクスプレスが無料で、対応ルーターが無料でレンタルできるのは、ユーザーとしてはありがたいですね。

フレッツ光からの転用や、他の光コラボからの事業者変更で工事不要

ぷらら光は回線がNTT東日本・西日本、プロバイダがぷららです。

したがって、フレッツ光からぷらら光に転用する際も、他の光コラボからぷららに事業者変更する際も、同じNTT回線なので工事は要りません

ただ、NURO光やauひかりなど他の回線から乗り換えるには工事が必要になるので、注意してください。

ぷらら光のデメリット

ぷらら光のデメリットは以下の通りです。

  • キャッシュバックを受け取ると3年の縛りがついてくる
  • ひかりTVをセットで申し込むと2年の縛りがついてくる
  • スマホのセット割引が無いのでドコモの人はドコモ光を選ぶべき
  • プロバイダはぷららのみ、プロバイダ変更はできない

35,000円の高額キャッシュバックはお得だが3年の縛りがついてくる

ぷらら光は、新規回線の申し込みで最大55,000円、転用や事業者変更に対しても30,000円の高額キャッシュバックがあります。

ただこのキャッシュバックには、受け取ることで契約期間の縛りが発生するという落とし穴があるため気を付ければいけません。(下表参照)

サービス最大
キャッシュバック
契約期間の
縛り
途中解約時の
違約金
新規回線35,000円3年35,000円
転用
・事業者変更
30,000円2年10,000円

新規回線のキャンペーンページには、以下の注意事項が記載されています。

ぷらら光の開通から3年以内に解約された場合、違約金としてキャッシュバック金額の一部(35,000円)を請求させていただきます。

(引用:plala光公式)

本来期間の縛りが無いぷらら光にも関わらず、キャッシュバックをもらうことで3年以内の途中解約時に35,000円も請求されてしまうのは結構しんどいですね。

また、転用や事業者変更の場合も2年以内の解約で10,000円の違約金が掛かるなど、ぷらら光のキャッシュバックはお得なように見えて、実は契約の縛りと違約金が生じるのが大きなデメリット

しかも最低でも10ヶ月は契約しないとキャッシュバックをもらうこともできないので、契約する時は適用条件やキャッシュバック方法、注意事項をよく確認しておきたいところです。

ひかりTVをセットで申し込むと契約期間の縛りが2年発生するので注意

回線に加えてひかりTVを申し込む人は、より縛りや違約金に注意が必要です。

なぜなら、ひかりTVの「2ねん割」を適用すると、料金が安くなる一方で、2年自動更新の縛りが生まれるから。

途中解約すると、回線の契約期間や違約金とは別に、ひかりTVの縛りと違約金も支払わなければいけません

例えば、新規回線とひかりTVを申し込んで55,000円のキャッシュバックをもらっても、どちらも途中解約した場合は35,000円と9,000円で45,000円もの違約金を請求されることになります。

サービス最大
キャッシュバック
契約期間の
縛り
途中解約時の
違約金
新規
+ひかりTV
55,000円3年
/2年
35,000円
+9,000円
45,000円
転用
・事業者変更
+ひかりTV
30,000円2年
/2年
10,000円
+9,000円
19,000円

ぷらら光は工事費用が自己負担ですから、せっかくキャッシュバックをもらっても、工事費とキャッシュバックの違約金を合算すると、結局は損をするだけです。(最低でも3年は契約する前提の人なら良いですが)

ぷらら光は「契約期間の縛りが無い」光回線サービスではあるものの、キャンペーンを適用するとそれだけ契約の縛りを生んで自分の首を絞めることになりますので、注意してください

スマホとのセット割引が無いのでドコモの人はドコモ光を選ぶべき

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手のキャリアや格安SIMは、光回線とセットで契約することで携帯料金が割引されることが多いです。

※各月額料金はキャッシュバックやその他割引適用前の料金

 光回線
(携帯回線)
 セット割戸建てマンション
ソフトバンク光
(ソフトバンク)
最大月1,000円割引
1回線につき10回線
5,200円3,800円
ドコモ光
(ドコモ)
最大月1,000円割引
1回線につき20回線
5,200円4,000円
auひかり
(au)
月500円~2,000円割引
1回線につき10回線
5,100円3,800円
NURO光
(ソフトバンク)
最大月1,000円割引
1回線につき10回線
4,743円1,900円~
4,743円

例えば、ソフトバンクユーザーは、NURO光やソフトバンク光を契約することで1回線につき最大月1,000円がスマホ料金から割引されます。

しかし残念ながら、ぷらら光にはそういったスマホとのセット割引がありません

スマホ以外のサービスでも一緒に使うことで安くなるようなものはないので、月額料金や割引を重視する人は他の光回線サービスの利用をおすすめします。

なお、ドコモユーザーは、ドコモ光 for ぷららを選んだほうが、毎月料金割引が適用されてお得です。

ドコモ光のキャンペーン評判はどう?料金や割引、メリットやデメリットも徹底解説!!
ドコモ光とは、ドコモが提供する光回線で、光電話や光テレビにも対応しているサービスです。 ドコモのスマホを契約すると、「料金が割引される」「お得になる」と言った理由でショップの店員からドコモ光への加入をおすすめされることがあります。 ...

ドコモ光のキャンペーン評判はどう?料金や割引、メリットやデメリットも徹底解説!!

プロバイダはOCNのみ、プロバイダ変更はできない

フレッツ光やドコモ光のように、複数のプロバイダがあれば、途中でプロバイダ変更をすることもできます。

ただ、ぷらら光のプロバイダはぷららだけで、他のプロバイダがありません

プロバイダを変えるとなれば、乗り換えは光回線ごと。ぷらら以外のプロバイダが良い人は、そもそもぷらら光以外の光回線サービスを選ぶようにしましょう。

プロバイダを乗り換える方法は?プロバイダの乗換や転用は違約金に注意して
固定回線の速度が遅い、料金が高い…そんな時に見直したいのが、プロバイダです。 回線業者を乗り換えなくても、プロバイダを乗り換えるだけで、速度の改善や料金の節約に繋がります。 そこで本記事では次の点についてまとめました。 ...

プロバイダを乗り換える方法は?プロバイダの乗換や転用は違約金に注意して

ぷらら光の契約方法や解約方法

ぷらら光の契約方法と、解約方法は以下の通りです。

ぷらら光の契約方法

ぷらら光の契約は公式WEBサイトからもしくは電話で申し込むことになります。

相談したいことがある人は電話で、24時間いつでも自分のタイミングで申し込みたい人はWEBサイトで申し込むと良いでしょう。

公式:ぷらら光

WEBサイトの申込み手順については、以下の通り。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 新規・転用・事業者変更から申し込み方法を選択
  3. 住所情報などの登録
  4. 支払い情報の入力
  5. 契約内容の確認連絡
  6. (工事日の決定)
  7. 利用開始

既にフレッツ光やドコモ光などでぷららをプロバイダとして契約している場合は、IDやメールアドレスをそのまま利用可能です。

転用や事業者変更で乗り換える詳しい方法については、こちらの記事を参考にしてください。

インターネット光回線を乗り換えるメリットや注意点、乗換手順・方法は?転用や事業者変更もこれでバッチリ!!
光回線の乗り換えは、月額料金が安くなるなどのメリットがある一方で、乗り換えのタイミングが悪いと、工事費や違約金の支払いで困ることもあります。 乗り換えるなら、手続きの時期や順番のコツを押さえて、できるだけお得に済ませたいものです。 ...

インターネット光回線を乗り換えるメリットや注意点、乗換手順・方法は?転用や事業者変更もこれでバッチリ!!

ぷらら光の解約方法

ぷらら光を解約する時は、ぷららに電話で連絡します。

解約申し込みをしてから最短で7日間手続きに時間が掛かること、解約月の利用料金は日割りになることに注意してください。

電話連絡先:

  • ぷららダイヤル電話番号:009192-33 通話無料
  • ひかり電話からおかけの場合 0120-971-391 通話無料
  • 携帯電話・公衆電話・海外からおかけの場合 050-7560-0033

レンタルしていたルーターを返却するのも忘れないようにしましょう。

ぷらら光を初期契約解除制度を利用して解約する

申し込んでからやっぱり契約をキャンセルしたい…という時に使えるのが「初期契約解除制度」で、光回線版のクーリングオフのような制度です。

申し込んでから8日以内に解約すると、通常発生する違約金を支払わずに契約をキャンセルすることができます。

初期契約解除制度を利用する場合は、以下の問い合わせ先に連絡してください。

〒060-8633
株式会社 NTT ぷらら ぷらら申込受付センター行

参考:ぷらら光重要事項説明書

【結論】速度は速いが通信の安定性にはやや欠けるかも

ぷらら光の料金、口コミや評判、メリットやデメリットについて解説してきました。

ぷらら光の速度に関する不満はそう多くありませんが、「通信が切れる」「障害が多い」といった通信の安定性に欠ける状態が気になっている人も多い様子。

料金としてもそこまでお得というわけでもなかったので、多くの光回線の中からあえてぷらら光を契約する必要もなさそうです。

より月額料金を安くするならenひかりやおてがる光を、スマホとのセット割を考えているのであれば、ドコモ光やNURO光などのサービスを検討してみると良いでしょう。

光コラボとは?フレッツ光からの転用や乗り換えにおすすめの事業者一覧!
最近よく聞くようになった「光コラボ」ですが、どのようなサービスかと言われるとなかなか難しいですよね。 本記事では光コラボについてとことん解説します。 転用や乗り換えなどの言葉や、おすすめの事業者も合わせて見ていきましょう。 光...

光コラボとは?フレッツ光からの転用や乗り換えにおすすめの事業者一覧!