どんなときもWiFi、限界突破WiFiが遅い原因はRakuten mobile回線(楽天回線)かも。他のトリプルキャリア(めっちゃWiFi)も要注意!

LTEポケットWiFiについて
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,246円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,246円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

クラウドSIMを使った無制限プランの多くは、トリプルキャリアに対応した回線で通信しています。

ただ、それらのSIMがRakuten mobileの回線を掴むと、通信速度がかなり落ちることが分かってきました。

本記事では、どんなときもWiFiと限界突破WiFiなどのトリプルキャリアを使うクラウドSIMがRakuten mobile回線(楽天回線)を拾った時の速度とその対処法について、実際の体験を交えて解説します。

スポンサーリンク

トリプルキャリアとは

先ほどから使っているトリプルキャリアとは、自社回線を持っているドコモ・au・ソフトバンクの3つの通信キャリア(MNO)のことです。

総務省の報告書※1によると、全国の基地局数は2018年時点でドコモが20万局以上、auとソフトバンクもグループ会社を併せると17万局以上設置してあるため、人が暮らしているエリアでキャリアの電波が繋がらないということはほとんどありません。

自社回線をもたない格安SIM(MVNO ※2)などは、これらの大手3社に対して利用料を支払うことで回線を借り、ユーザーにサービスを提供しています。

※1:参考「平成30年度携帯電話・全国BWAに係る電波の利用状況調査の調査結果及び評価結果の概要

※2:MVNOやMVNEについては別記事「意外な会社がMVNOになれる理由」も参照してください。

Rakuten mobile回線(楽天回線)とは

(引用:楽天モバイル公式)

トリプルキャリアに加えて、2019年10月から第4のキャリアとしてMNO事業を開始する予定だったのがRakuten mobile回線です。

Rakuten mobile回線は第4のキャリアとしてのサービス開始が遅れている

Rakuen mobileでは以前からドコモとauの回線を借りて通信サービスを提供してきました。

しかし、第4のキャリアとしてMNO事業を開始する予定だった10月直前になって発表されたのが一部地域を対象とした「無料サポータープログラム」。

これはサービスが本格的に始まるまでの期間において、無料で無制限に通信できるというプログラムで、東京23区、大阪市、名古屋市および神戸市のいずれかに住んでいる5,000人を対象としています。

結局のところ、基地局の設置が追い付いておらずサービスを本格的に提供する体制が間に合っていないのが実情で、キャリアとしての正式なサービスはまだ開始に至っていません。

なお、今回の対象エリア外の地域や繋がりにくい場所はKDDI(株)・沖縄セルラー電話(株)の通信を使える協定(ローミング協定)が結ばれています。(※参考:楽天mobileプレスリリース)

Rakuten mobile回線と言っても、その実態はドコモ回線?au回線?

楽天の決算説明会資料では、「2020年までに3,432局を解説する予定で建設を進めている」としているものの、トリプルキャリアの局数と比較すると、MNOとして必要なハード面がまだまだ整っていません。

2019年11月現在のRakuten mobile回線を一旦整理すると、次のようになります。

  • 一部地域ではRakuten mobileの自社回線(MNO)を使える
  • その他の地域や繋がりづらいエリアではローミング協定を結んだau回線を拾う
  • 既存の楽天mobile契約者はドコモ回線とau回線で通信(MVNO)、今後順次移行

こうした中で最近問題になっているのは、トリプルキャリアに対応しているはずのクラウドSIMのポケットWifiが、Rakuten mobile回線(楽天回線)を拾ってしまうこと。

どんなときもWiFiのお客様サポートTwitterアカウントでは、ユーザーからの指摘に対して以下のように答えています。

すなわち、「トリプルキャリアに対応」という言葉にはMNOだけでなくMVNOの回線を掴むという意味が含まれており、クラウドSIMが拾っている楽天回線はドコモ回線を使っている楽天のMVNOだということです。

スポンサーリンク

クラウドSIMが楽天回線を掴むと速度が遅いという口コミも

(引用:LinksMate公式HP)

MVNOの通信速度は、借りている回線の量と利用状況によって変動し、利用者数が多ければ多いほど回線が混雑して「繋がりにくい」「遅い」といった状態に陥ります。

そのため、クラウドSIMがMNVOの楽天mobile回線(ドコモから借りている回線)を拾ってしまうと、他の回線に比べて速度が落ちてしまう可能性が大きいです。

実際に楽天mobile回線を掴んでしまった利用者の評判や口コミから見えてきたのは、「楽天回線を掴むと速度が遅くなる」状態になった時の速度に対する不満でした。

どんなときもWiFiや限界突破WiFiで突然速度が落ち、1Mbps~2Mbpsの速度に突然落ちるという事例が報告されています。

先日、私も実際にどんなときもWiFiや限界突破WiFiで突然速度が落ちて楽天mobile回線に繋がるという現象に出会いました。

どんなときもWiFi、限界突破WiFi、めっちゃWiFiがRakuten mobile回線を拾うと速度はかなり遅くなる

どんなときもWiFiや限界突破WiFi、めっちゃWiFiで楽天mobileの回線を拾ったときの状態や速度についてまとめました。

Rakuten mobile回線を拾った時の回線速度

私が楽天回線を拾ったのは、めっちゃWiFiが昼間、その他は夜21時から22時頃でした。

どんなときもWiFiや限界突破WiFiは、普段から同時間帯でも下り速度で平均20M~40bps程度で通信できていましたが、突然がくっと速度が落ちた時に確認すると楽天回線を掴んでいました。

限界突破WiFiのレビュー及び詳細調査、通信速度まとめ。WiMAXやキャリアと比較してみると?
限界突破WiFiを契約して、時間帯別に速度を調査し、使い勝手についてのレビューをまとめました。 実測では、キャリアの4GやWiMAX、固定回線と徹底比較してあります。 限界突破WiFiの速度や端末について気になっている人は、ぜひ...

限界突破WiFiのレビュー及び詳細調査、通信速度まとめ。WiMAXやキャリアと比較してみると?

どんなときもWiFiで楽天回線を拾った場合

どんなときもWiFiで楽天回線を拾った時の速度は、夜21時で下り4.85Mbpsで上りが7.78Mbps

普段の通信速度の5~10分の1の速度に落ちると、ページの読み込みや切り替わりが遅く感じられました。

限界突破WiFiで楽天回線を拾った場合

限界突破WiFiで楽天mobile回線を拾った時の速度は、夜22時で下り1.45Mbpsで上りが7.26Mbps

夜22時は、ネット利用者の通信量が最も多い時間帯だと言われています。

どんなときもWiFiで楽天回線を拾ったときよりもさらに速度が落ちているのも納得できますね。

めっちゃWiFiで楽天回線を拾った場合

めっちゃWiFiで楽天mobile回線を拾った時の速度は、昼13時で下り1.22Mbpsで上りが12.7Mbps

上りに対して下り速度が1.22Mbpsは厳しいですね。

TwitterのTL上のリンク記事を読み込むのに10秒程度掛かりました。

再起動後に再度計測(au回線)

Rakuten mobile回線に繋がる状態が続いたので、どんなときもWiFiを再起動したところ、au回線を掴み直してくれました。

下り43.4Mbps、上り24.8Mbpsで普段通りの速度に戻ってくれたので助かりましたね。

めっちゃWiFiは再起動でも楽天回線を拾ったため、その後電源を完全に落としてから繋いでようやくau回線を拾ってくれました。

ネットを使いすぎると楽天mobileに繋がるといった話もありますが、ほとんど通信していなかっためっちゃWiFiでも拾ったことを考えると、通信量よりもエリアや繋がりやすさが優先されたのかもしれません。

今度も楽天mobile回線に繋がることがあれば、その前後の通信や状況について追記していきます。

スポンサーリンク

他にこの現象が起きる可能性があるポケットWiFi

楽天回線への回線提供はドコモとauであるため、ソフトバンク回線だけを使うよくばりWifiなどのクラウドSIMは、この問題を特に気にする必要はありません。

逆に、トリプルキャリアに対応したクラウドSIMを採用しているポケットWifiは、該当する可能性があります。

2019年11月現在、楽天mobileを掴む可能性があるポケットWifiは以下の通りです。

クラウドSIMを使った無制限プランは通信速度も速く便利ですが、自分では回線を選べない以上、「トリプルキャリア対応」だとしても、回線が混雑しているMVNOの回線を掴んでしまう可能性があることを理解しておかねばいけないのかもしれません。

Rakuten mobile回線を掴んでしまった時の対処法は?

もし、楽天のMVNO回線を掴んでしまった時はどうしたら良いのかについて解説します。

どんなときもWiFi・めっちゃWiFi・Mugen WIfi(格安プラン)の対処法

どんなときもWiFiやめっちゃWifiの機種U2s(D1)は、とにかく再起動を試みましょう。

U2sの再起動は、電源ボタンを18秒長押しする必要があります。

20秒近くボタンを長押しするのは、なかなか面倒ですよね。

なお、電源を入れ直すのでも良いですが、すぐに入れ直すとあまり意味が無いことがあるため、電源を落としたら1~3分ほど置いてから電源を入れるようにすると確実です。

Mugen WiFi(アドバンスプラン)の対処法

(引用:Mugenwifi公式HP)

GlocalMe G4は画面付きの端末ですが、電波を切り替える時は一度電源を切る必要があります。

側面の電源ボタンを長押しすると「電源を切る」「再起動」を選択できるので、「再起動」を選択しましょう。

限界突破WiFiの対処法

限界突破WiFiはホーム画面で「ON/OFF」を切り替えられるので、まずは一度Wifiを切ってみてください。(機内モード)

それでも同じ回線を掴んだままであれば、Mugen WifiのG4と同じように電源ボタンを長押しして、画面上から再起動を選択してみましょう。

クラウドSIM以外の無制限・大容量ポケットWiFi

クラウドSIMは複数のキャリアを掴む為、このように速度が遅くなるという問題があります。

再起動で直るものの、再起動には少し時間もかかるし面倒だという面はぬぐえません。

そこで、それは嫌だという人の為にクラウドSIMではなくソフトバンク回線のみに対応しているポケットWiFiを紹介します。

どこよりもWiFi|キャンペーンで最安!

現在無制限プランで最安なのがどこよりもWiFi

通常は3,280円ですが、台数限定キャンペーンで2,980円で利用可能となっています。

2年契約のプランであればその料金は2,980円と全ポケットWiFiの中で最安値。

回線はsoftbankのLTE回線でエリア・速度も十分です(10~30Mbpsでるので高画質の動画もなんなく閲覧可)。

台数限定なので、もし利用したい人はなくならないうちに早めに申し込みましょう。

ただし無制限といってもあまりに大容量を使うと制限されてしまいます。だいたい300GBがその容量です。

どこよりもWiFiの公式サイトはこちら

どこよりもWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

【当サイト限定プランあり】無制限プランが月3,050円で使えるギガゴリWiFi

プラン
【通信容量】
月額料金 初期費用 契約期間
20GB 2,350円 3,000円 1年
30GB 2,650円
無制限 3,050円

※無制限プランの新規受付が終了したため、現在は20GB/30GBプランのみ利用可能となっています。

無制限で月額3,050円という最安の低料金で利用可能なのがギガゴリWiFi

softbankのLTE回線を利用しているので、エリアも回線速度も十分です。それこそ固定回線の代わりにも十分使えます。

たとえばSoftbankの大容量プランであるメリハリPLANは50GBで7,480円。半額以下でしかももっと容量を使えるのですから、キャリアで大容量を使うわけにはいきません。

またWiMAXだと3日で10GBの制限があったり、エリアが狭く繋がらない所があったりで不満を感じている人も多いですが、このギガゴリWiFIならその心配も不要です。

ギガゴリWiFiは通常プランだと1年目は安いのですが2年目になると料金が上がってしまう(無制限プラン:3,050円→3,500円、20GBプラン:2,350円→2,850円、30GBプラン:2,650→3,100円)というデメリットがありました。

しかし当サイトでは、特別に2年目も料金アップなしの「当サイト限定特別プラン」を設けてもらっています。

申し込み方法は当サイトに掲載している公式へのリンクを経由して申し込むだけ。そうすれば、2年利用時の総額が5,000円以上安くなるので、ぜひ利用してください。

ギガゴリWiFi(当サイト特別プラン)

ギガゴリWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

20GB~50GB0GBの利用ならFUJI WiFi

無制限まではいらないというならば、20GBから50GBで最安のFUJIWifiがおすすめです。

2020年4月末までの登録が必要なキャンペーンですが、25GBが1,980円、50GBが2,480円とかなり安くなっています。

FUJIWifiは無制限プランだとクラウドSIMですが、容量が決まっているプランはどこよりもWiFi同様にソフトバンク回線のみを利用します。

またFUJIWifiにはSIMプランもあるのでデュアルSIM対応端末であれば、データ通信はFUJIWiFi、音声をIIJmio詳細)など別の格安SIMとして1台のスマホで格安に大容量の通信が可能となります。

FUJIWiFiのSIMプランは20GBが1,480円、50GBが1,980円(※1)。しかも初期費用無料。

たとえば、みおふぉん(月額920円)と併用すれば、合計2,400円で大容量通信のスマホを持つことができるということです。キャリアの3分の1以下です。

※1:この料金の適用は2020年4月末までに登録が必要となるキャンペーンです。通常は+500円に初期費用に3,000円かかります。

FUJIWiFiの公式サイトはこちら

\料金詳細や契約方法を紹介/
FUJIWiFiの詳細、評判・口コミをチェック!

クラウドSIMで掴む楽天のの回線はキャリアではなくMVNO

クラウドSIMが掴む楽天mobile回線は、楽天のMNO回線ではなくMVNO回線であること、時間帯によっては楽天回線を掴むことでかなり速度が落ちてしまうことについて触れました。

2019年11月現在、クラウドSIMで掴む楽天mobileの回線は、キャリアの楽天ではなくあくまでもMVNOのドコモ回線を使った楽天回線です。

「#楽天モバイル無料サポータープログラム」で検索すると30Mbps以上の回線速度を多く見掛けますが、基地局の設置状況を考えると、今後すぐにクラウドSIMに楽天のキャリアが対応していく可能性は低いでしょう。

低速回線から抜け出したい時は、端末再起動などで対処してみてくださいね。

ポケットWiFiの無制限は嘘!?無制限を謳っているクラウドSIMのWiFiにも制限がかかる場合はあるので要注意
ポケットWifiの広告に踊る「無制限」の文字を見て「あんなの嘘でしょ」「本当に無制限に通信できるわけが無い」と思う人も多いでしょう。 結論から言うと、ポケットWifiで一切何の制限もないものは存在しません。 ただ、それは別にポケ...

ポケットWiFiの無制限は嘘!?無制限を謳っているクラウドSIMのWiFiにも制限がかかる場合はあるので要注意