楽天モバイルのUN-LIMITとmineoを徹底比較!!料金やエリア、対応端末など10項目で比べてみた

スマホ・携帯・格安SIM
在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・受付停止となっているポケットWiFiが多数あります

1週間程度(一部即日発送)で入手可能なポケットWiFiは以下の記事で確認してください。

在庫情報の詳細:「ポケットWiFi最新在庫情報

2020年4月8日、ついに楽天モバイルがキャリア回線サービス(自社の回線による通信提供)を始めました。

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアと言えば、ユーザーの通信量や家族形態に合わせたサービスがある印象を受けますが、第4のキャリアである楽天モバイルのプランはたった1つ、「Rakuten UN-LIMIT」のみ

しかも最初の1年は月額料金無料、楽天回線でデータ使い放題といった驚きの内容です。

そろそろ格安SIMへの乗り換えを考えている人、2台目のスマホのSIMをどこにするか悩んでいる人にとって、楽天モバイルのプランは非常に魅力的に感じられますよね。

そこで本記事では、この楽天モバイルと、3大キャリア回線対応でサポートにも定評のある格安SIMの「mineo」とを徹底比較しました。どちらがいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」を徹底解説。料金やキャンペーンやエリア、口コミについても紹介
2020年4月8日から新しいプランが始まった「楽天モバイル」。 これまで提供していた「格安SIM」とは異なり、docomoやau、Softbankと肩を並べる「第4のキャリア」としてのスタートです。 今回はそんな「楽天モバイル」...
mineo(マイネオ)を徹底解説!プランや料金、キャンペーンから口コミ・評判まで紹介。通信速度が遅い噂は本当?
格安SIMはスマホに挿し込むSIMカードを扱ったサービスのこと。 その名の通りドコモなどのキャリアと比べて料金が安いのが特徴で、中にはキャリアから乗り換え、月4,000円近くも通信費を節約できる人もいます。 mineo(マイネオ...
スポンサーリンク

楽天モバイルのUN-LIMITとmineoを徹底比較!!

楽天モバイルのUN-LIMITとmineoを比較するにあたり注目したのは、「料金」「プラン」「エリア」「通話料」「速度」「速度制限」「契約期間・解約金」「海外」「対応端末」「サポート」の10項目。

まず各項目の内容を表にまとめました。

公式 楽天モバイル mineo
料金 1年間基本料金
無料
(1年後2,980円)
1,310円
~6,950円
事務手数料
実質無料※
(3,000円)
事務手数料
3,000円
SIM発行手数料
400円
プラン 楽天エリア
:データ使い放題
500MB/3GB
/6GB/10GB
/20GB/30GB
パートナーエリア
:5GB(4/22より)
エリア 楽天エリア
各プランによる
ドコモ
au
ソフトバンク
パートナーエリア
通話料 Rakuten Link
通話料無料
mineoでんわ
30秒10円
通常は
30秒20円
通常は
30秒20円
速度 楽天エリア◎
パートナー◎
基本は○
昼は△
速度制限 楽天エリア
速度制限なし
各プランの
通信量超過で
128Kbps
パートナーエリア
5GB超で1Mbps
契約期間 なし なし
解約金 なし
(SIMは返却)
なし
海外 データ通信2GB無料

アプリ利用で
通話・SMS無料

申込不要

音声通話可
データ通信不可

端末対応
限定的

ほぼ使える
サポート ○~△
賛否両論

手厚い
詳細ページ 詳細 詳細

※4/30までのキャンペーン期間中にUN-LIMITを申し込み、特典適用条件をクリアした場合

ではそれぞれについて、詳しく見ていきましょう。

【料金】楽天モバイルは1年間基本料金無料が強み、ただ1年後は2,980円/月

楽天モバイルとmineoの料金は以下の通りです。

月額料金は、今後1年間使うことだけを考えるなら、楽天モバイルの圧勝です。なぜなら楽天モバイルのUN-LIMITプランは、「1年間基本料金無料」だから。

mineoも格安SIMなのでキャリアに比べると随分と安いですが、さすがに楽天の基本料金無料には勝てません。

楽天モバイル mineo
1年間基本料金
無料
(1年後2,980円)
各プランによる
1,310円
~6,950円
事務手数料
実質無料
(3,000円)
3,000円
SIM発行手数料
400円

ただ、楽天モバイルの基本料金が無料になるのは、利用開始後の1年間だけなので、その後も利用を継続する場合は2,980円/月の基本料金が掛かってくることは注意しておかないといけません。

まあせこい話、使うだけ使って、基本料金が発生する前に解約してしまえば1年無料で使えるわけですが。

もしキャリアで契約していたら、30GBや50GBのプランを使うにしても月7,000円程度は掛かるります。

それが楽天回線なら3,000円でデータ使い放題になると考えれば、まず1年試しにつかってみる価値はあるでしょう。(後述しますが、データ使い放題になるのは楽天エリアのみ)

mineoにはデータ使い放題のプランはありませんし、キャリアの約半分の費用でデータ使い放題になるなら、悪くない気もしますね。

ちなみに、楽天モバイルはmineoのようにSIM発行手数料が発生しませんし、4/30までのキャンペーン期間中に申し込めばポイント還元で事務手数料も実質無料です。

【プラン】mineoは回線や通信量などプラン充実、楽天のプランは1つ

mineoが通信量や回線(ドコモやau、ソフトバンク)で細かく分かれており、料金や通信量などを見て契約中にプラン変更するなど、細かなニーズに応えられるプランであるのに対し、楽天モバイルはUN-LIMITのたった1つのプランのみ。

楽天モバイル mineo
楽天エリア
:データ使い放題
500MB/3GB
/6GB/10GB
/20GB/30GB
パートナーエリア
:5GB(4/22より)

しかも、楽天モバイルは、楽天エリアならデータ使い放題、パートナーエリアのau回線なら月5GBまで使える、という何とも大胆なプランです。(エリアについては次で詳しく説明あり)

ただ考えてほしいのは、1年経っても自宅や職場周辺エリアが楽天エリアならなかった場合のこと。エリア外だとデータ放題にならず、月2,980円支払っても使えるのはau回線で5GBまでとなります。

mineoのau回線なら、6GBプランで2,190円ですから、楽天モバイルを使うよりもずっとお得です

mineoデュアルタイプ月額料金
【容量】 Aプラン
(au回線)
7GB
(6GB)※
1,390円
(2,190円)
参考
4GB
(3GB)※
710円
(1,510円)
参考
500MB
1,310円

※5月31日まで月額800円引き&データ量+1GBキャンペーン。6カ月目以降は()内通常価格、データ量に。500MBは対象外。

1年経っても楽天モバイルのエリア対象にならないようであれば、契約を継続するよりもmineoに乗り換えたほうが通信費を安く済ませられるでしょう

【エリア】楽天回線はかなり限定的、地方住みならmineo一択

自宅や職場がエリア内なのか気になる方は、楽天モバイルのエリア検索や地図で一度調べてみましょう。(※楽天モバイルエリア検索はこちら)

下の写真の濃いピンク色の部分が楽天対応エリアです。

現状では東京や名古屋、大阪といった大都市圏など限られた地域しか対象になっていませんし、地方で使えたとしてもごく一握りの地域のみ

まあパートナーエリア(薄いピンク色)であるauのエリアは全国的に広がっているので、楽天モバイルが使えない地域の利用者は必然的に月間通信量に制限のあるau回線に接続することにはなりますが…

(引用:楽天モバイル)

一方、mineoは契約時に3大キャリアから好きな回線を1つ選ぶことが可能で、3キャリアであれば人口カバー率99%と言われていますから、よっぽどの田舎でない限りは電波がなくて繋がらないなんてことはありません。

そう考えると、行く先々で電波を気にする必要のないmineoのほうが圧倒的に使い勝手が良いですね。

それに例え楽天エリア内だったとしても、ビルの中や地下など楽天モバイルの電波が弱いと、知らないうちにau回線になってしまうことが多々あるようです。

「今は楽天回線?、au回線?通信量は消費されない?」と気にしないといけないなんて煩わしい…という人は、mineoを選んでおけば安心して使えるでしょう。

mineoの公式サイトはこちら

【通話料】楽天Link利用で通話・SMS無料、mineoでんわは30秒10秒に

楽天モバイルの基本料金は無料ですが、通話自体はかけ放題ではありません。もちろん、利用に応じて通話料金が掛かりますし、mienoも同様に電話を掛けた場合は基本料金に加えて別途通話料金が発生します。(通常30秒ごとに20円)

ただ、どちらもデフォルトの電話アプリからではなく、専用のアプリから電話を掛けることで通話料が無料になったり、割り引かれたりするサービスがあるので、利用しない手はありません。

それでは、楽天の「Rakuten Link(楽天リンク)」と、mineoの「mineoでんわ」を利用した際の通話料金を確認しておきましょう。

楽天モバイル mineo
Rakuten Link
通話料無料
mineoでんわ
30秒10円
通常は
30秒20円
通常は
30秒20円
国内通話の
かけ放題
オプションなし
10分かけ放題
オプション
850円

まず「Rakuten Link(楽天リンク)」とは、楽天モバイル契約者がAndroidスマホに「Rakuten Link」アプリをインストールし、そこから通話をした場合、通話料が無料になるというもの。

通話料が無料になるのはありがたいですが、あくまでもデータ通信を使った電話なので、パートナーエリアの利用者は電話を掛けることでデータ通信量が消費されてしまう点には注意が必要です。また、残念ながらiPhoneには非対応になっています。

対してmineoの「mineoでんわ」は、AndroidスマホでもiPhoneでも使えるアプリで、mineoでんわから発信することで通話料が通常の半額(30秒20円が10円になる)ものです。

mineoは通話料金が発生するものの、Rakuten Linkと違ってデータ通信を使うわけではないため、データ通信量が減る心配も要りません。

それに通話頻度の多い人は、10分以内の通話がかけ放題になる850円のオプションを利用することもできます。

楽天回線エリアに自宅や職場があればRakuten Linkが良さそうですが、パートナーエリアに住んでいる方でデータ通信量が気になる方は、通常の電話を利用するか、mineoを選んだほうが良いでしょう
https://wifi-kiwami.net/link

楽天Link(リンク)とは?iPhoneでは使えないの?対応機種や料金、使い方、評判を紹介

【速度】楽天は第4のキャリアだけあって速い。mineoは昼や夜は混雑で遅い

では実際の速度がどうかと言うと、やはり自社回線で運営している楽天モバイルは速いです。

楽天モバイル mineo
楽天エリア◎
パートナー○
基本は○
昼は△

mineoはキャリアの回線を借りている格安SIMだけあって、キャリアユーザーの通信が優先される昼休みなどの時間帯の速度は壊滅的。速度制限に掛かったのかと錯覚するような速度です。

一方、楽天モバイルは回線が混雑しやすい昼でも下り(ダウンロード)速度30Mbps超が出るなど、動画視聴やSNSチェックでも何ら支障のない十分な速度が出ます。

パートナーエリアであるau回線も同様です。

mineoも夜間や日中など回線が混雑しない時間帯であれば40Mbps程度出ることも珍しくありませんが、回線が混雑している時でも速い速度が出るほうが、やはりユーザーとしてはありがたいですよね。

ただmineoも「ゆずるね。(詳細)」や「パケット放題サービス(詳細)」を展開して昼の速度改善に努めていますし、mineoで回線混雑による通信速度の遅さが解消される日も近そうです。

【速度制限】楽天の制限は1Mbps以下、mineoは128Kbpsだが柔軟な対応可

mineoは各プランの月間通信量を超過すると128Kbps以下の制限に掛かってしまいますが、楽天モバイルはエリア内であれば速度制限のない利用が可能です。

楽天モバイル mineo
楽天エリア
速度制限なし
各プランの
通信量超過で
128Kbps
パートナーエリア
5GB超で1Mbps

ただ、au回線を利用することになるパートナーエリアは、月5GB(4/21までは2GB)を超過することで1Mbps以下の速度制限を掛けられることになります。

楽天モバイルエリア内であれば制限なく毎日使えるかもしれませんが、現段階では電波に安定性があるとは言えない状態であるため、どの人も1Mbps以下の制限に掛かる可能性があることは気を付けておいた方が良さそうです。

ただmineoの128Kbpsに比べれば1Mbpsというのは緩い制限と言えますし、1Mbpsあれば、ある程度の読み込み時間はあるものの、動画再生やSNSも利用は可能

発表当初は128Kbpsとしていただけに、1Mbpsまで速度制限を緩めてくれたのは結構ありがたい対応でしたね。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 最近ではdocomoが制限時最大速度を128Kbpsから1Mbpsに変...
128Kbpsってどのくらい?速度制限にかかってもできることってあるの?さすがに動画は無理?
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムに、困らされた経験がある人は多いのではないでしょうか。 通信制限時の回線速度は最大「128Kbps」。 通常スマホ...

【契約期間・解約金】楽天モバイルもmineoもなし

両者とも契約期間に縛りがないため、いつ途中解約しても契約解除料などが発生することはありません。(mineoは、2019年9月末までの申し込み者による12か月MNP転出に関しては解除料請求あり)

楽天モバイル mineo
契約期間 なし なし
解約金 なし
(SIMは返却)
なし

キャリアと違って契約に縛りがないため、自分の好きなタイミングで解約することができるのはありがたいですね。

ただ楽天モバイルに関しては、解約後にSIMの返却が必要なので、忘れずに返すようにしてください。

【海外】楽天Linkで66の国や地域との通話・SMS無料は強い

海外での利用に向いているのは間違いなく楽天モバイルです。

楽天モバイル mineo
データ通信2GB無料

アプリ利用で
通話・SMS無料

申込不要

音声通話可
データ通信不可

mineoも事前申し込み要らずで海外での音声通話は可能ですが、それなりに料金は発生しますし、データ通信はできないので、ポケットWiFiやホテルのWiFiなどの利用が欠かせません。

一方楽天モバイルは、楽天Linikを使えば指定された66の国や地域との通話やSMSなどが無料、データ通信も2GB/月まで無料と、キャリアもびっくりするくらいの大盤振る舞いっぷり。

離れて暮らす家族や友人との通話が多い人や、出張や旅行で海外へ行くことが多い人なんかも良さそうですね。

【対応端末】mineoは優等生、楽天はiPhoneの動作保証対象外

楽天モバイル mineo

限定的

ほぼ使える

対応端末に関しては、3キャリアに対応しているmineoが優等生すぎます。Androidスマホでもかなりの種類で使えますし、データSIMをWiMAXに挿して使えたりもしますし、何しろiPhoneでもばっちりです。

それにmineは新機種が出るたびにすぐさま動作保証対象端末の速報を出してくれるので、ユーザーからの信頼も厚いという特徴があります。(参考 mineo公式)

一方、楽天モバイルが公式に発表している機種はかなり限定的で、iPhoneは動作保証対象外です。

eSIM対応機種(iPhoneXR、11など)を中心に使えないこともないようですが、楽天LinkなどのアプリはiOSに非対応。楽天Linkなどの特長も活かすことができません

様々な機種に対応できるmineoと、対応機種がまだ限定的な楽天。手元のiPhoneが使える(SIMフリー端末でなくてもOK)、応用が利くといった点で考えれば、mineoのほうが優秀ですね。

【サポート】分かりやすさ、アフターサービスならmineo

サポートの手厚さ、アフターサービスの信頼感ならmineoです。

楽天モバイル mineo
○~△
賛否両論

手厚い

初心者から玄人まで集まるmineoのコミュニティ「マイネ王」や、ユーザーの声から生まれた「パケット放題サービス(詳細)」や「mineさんぽ」など、ユーザーの声を反映した様々なサービスを展開してきています。

通信障害が起きた際も、公式からの詳しい説明や謝罪など丁寧な対応がありました。

対して楽天は「Twitterのサポートアカウントが素早く対応してくれた」という声も見られる一方で、「ひどい対応だ」「全然話にならない」とサポート対応の悪さを嘆く人もいます。

UN-LIMIT自体はまだ始まったばかりですし、まだ甲乙つけがたいですね。

楽天モバイルのUN-LIMITとmineo、どんな人が向いている?

では結局、楽天モバイルとmineoはそれぞれどのような人が向いているのかまとめました。

楽天|楽天のエリア内にいる、もしくはエリア外で通信量が月5GB以内

楽天モバイルが向いているのはこんな人です。

  • 楽天モバイルのエリア内に居住・職場がある
  • 楽天モバイルエリア外だが通信量が毎月5GB以内
  • メインではなくサブ利用で使う人
  • 楽天対応のAndroidスマホを持っている
  • 海外の家族や友人との通話が頻繁にある
  • 速度はそれなりに出てほしい
  • 1年無料で使えるならそれでいい

とりあえず、現段階で楽天モバイルのエリア内に居住もしくは職場がある人は、使わない手はありません

MNP(番号そのまま乗換え)でメイン回線にするのはちょっと怖いので、2台目のスマホとしてサブ回線くらいの気持ちで使ってみましょう。データ使い放題で満足に通信ができれば、1年後の本格利用も検討したいところですね。

もしエリア外でも、月5GB以内しか使わないならパートナーエリアでも速度制限に掛かることはないので、試してみる価値はあると思います。(それにもし制限に掛かっても1Mbpsで済む)

また1年間は無料なので、新しいもの好きで気になっている人なら、どんなものかとりあえず使ってみるのがおすすめ。事務手数料実質無料や端末購入時のポイント還元は制約も多いので注意が必要です。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

mineo|1年以上利用予定がありアフターサービスにも安心が欲しい人向け

mineoに向いているのはこんな人です。

  • 今後1年以上使う予定がある
  • 楽天のエリア外で月6GB以内
  • サポートやアフターサービスに安心感が欲しい
  • 手持ちのiPhoneにSIMを挿したい
  • 3キャリアの中から好きな回線を選びたい
  • 昼の速度が遅くてもかまわない

楽天回線は1年間基本料金無料ですが、1年後には2,980円/月が固定費として発生し始めます。

mineoの3GBや6GBなどのプランなら、楽天の2,980円より通信費は抑えることもできますし、1年ほどで解約やMNP手続きをしなければいけないのは面倒…と感じる人は、mineoを契約してしまったほうが楽です。

またminepはサポートが手厚いですし、マイネ王ではユーザー同士の交流やフリータンク(誰でも通信量を入れたり引き出せたりできる)の利用もできるなど、キャリアとは違った「利用する楽しさ」があります

上述の箇条書きや雰囲気が自分に合っていると感じたら、楽天モバイルよりもmineoのほうが向いているでしょう。

mineoの公式サイトはこちら

【まとめ】楽天モバイルは試す価値あり、mineoは抜群の安定性あり

楽天モバイルとmineoについて、10項目の観点から徹底比較してきました。

それぞれの項目を◎・○・△・×で評価付けしたのが以下の表になります。

楽天モバイルのほうが◎は多いものの、プランや対応端末の豊富さ、サポートの手厚さなどに関してはmineoのほうが優勢です。

公式 楽天モバイル mineo
料金
(1年後以降は○)
プラン
エリア
通話料
速度 ◎~○
速度制限
契約期間
解約金
海外 ○~△
端末対応
サポート ○~△
詳細ページ 詳細 詳細

ただ、楽天モバイルの、「楽天回線利用時データ使い放題」はかなり魅力的であることは間違いありません。

1年後以降2,980円/月という料金がプラン内容に見合ったものとして受け入れられるかは、今後楽天エリアがどこまで広がるかに掛かっているでしょう。

【楽天モバイルに向いている人】

  • 楽天モバイルのエリア内に居住・職場がある
  • 楽天モバイルエリア外だが通信量が毎月5GB以内
  • メインではなくサブ利用で使う人
  • 楽天対応のAndroidスマホを持っている
  • 海外の家族や友人との通話が頻繁にある
  • 速度はそれなりに出てほしい
  • 1年無料で使えるならそれでいい

【mineoに向いている人】

  • 今後1年以上使う予定がある
  • 楽天のエリア外で月6GB以内
  • サポートやアフターサービスに安心感が欲しい
  • 手持ちのiPhoneにSIMを挿したい
  • 3キャリアの中から好きな回線を選びたい
  • 昼の速度が遅くてもかまわない

楽天モバイルの公式サイトはこちら

mineoの公式サイトはこちら