格安SIM

楽天モバイル利用で楽天ポイントはどれだけ貯まる?アップする倍率やメリット、損益分岐点を解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

楽天モバイルはスマホ自体の料金が安いだけでなく、楽天市場で買い物する際に獲得できるポイントが増えるというメリットがあります。

実はこれにより、楽天モバイルの利用料金以上にポイントが増えるケースもある為、毎月一定金額以上を使う場合はたとえ楽天モバイル自体をメインのスマホとして使わない場合でも、とりあえず契約した方が良いというケースもあるのです。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • エリア・回線速度は大幅回線
  • パートナー回線(au回線)も無制限利用可能に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
お得情報

  • iPhone購入で楽天ポイント大幅還元
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 1円端末あり

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのメリットは料金の安さと楽天ポイントが貯まりやすくなること

ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ4つめのキャリアである楽天モバイル

新しいキャリアであるが故にサービス開始当初は基地局が少なく、エリアが狭い、通信速度が遅いといった悪い評判も多かったですが、基地局の増強が進み現在は人口カバー率99.9%、苦手としている地下での繋がりやすさも徐々に改善されていっており、使い勝手はだいぶ良くなってきました。

そんな楽天モバイルの一番のメリットは「料金の安さ」。プランは使った容量に応じて変動する段階料金制の一つだけですが、20GB以内なら2,178円、20GBを超えるとどれだけ使っても3,278円しかかかりません。

ドコモなど3大キャリアの無制限プランの基本料金は7,000円以上。楽天モバイルはその半分以下です。

そしてもう一つのメリットが「楽天ポイントが貯まりやすくなること」です。

他のスマホと比較する際につい見落としがちになりますが、実はこのメリットは人によってかなり大きく、楽天モバイルの料金以上となるケースもあるので注目すべき点です。

楽天モバイルの公式サイト

スポンサーリンク

楽天モバイルを使うことで楽天ポイントはどれだけ貯まる?

では具体的に楽天モバイルを利用することで、楽天ポイントがどれだけ貯まりやすくなるかにについて紹介していきます。

楽天市場での買い物によるポイントが最大3倍アップ(SPU)

ステータス ポイント倍率 上限獲得
ポイント
ダイヤモンド会員 +3倍 月7,000ポイント
ダイヤモンド会員以外 +2倍 月6,000ポイント

楽天カード、楽天トラベル、楽天ブックスなど楽天の各サービスを使うことで、楽天市場で買い物した際のポイント倍率がアップする「SPU」というプログラムがあります。

その中で、特にポイント倍率が増えるのが楽天モバイル

楽天モバイルを利用するだけで、楽天市場で買い物する際のポイント倍率が最大で3倍増えます。

すなわち1万円のものを購入した時に貰える楽天ポイントが、最大で300ポイント増えるということ。4万円使えば1,200ポイントとなり、それだけで楽天モバイルの料金(〜3GB)がまかなえる形となります。

また楽天モバイル利用によるSPUでのポイント獲得上限額は最大7,000ポイントと大きいのもメリットの一つ。

ダイヤモンド会員の場合だと楽天市場での買い物約23万円相当です。大きい買い物をしない限り、1ヶ月でここまで行く人は少ないでしょう。

ただし楽天モバイル利用よるポイント増加分は期間限定ポイントの為、使わないとなくなってしまうという点は注意しなければなりません。

楽天モバイルの公式サイト

端末購入、iPhone下取り、アップグレードプログラム利用でポイント還元

楽天モバイルでは、回線の契約、端末の購入、iPhoneの下取り、iPhoneアップグレードプログラム(※1)の利用、でそれぞれ楽天ポイントを獲得できます。

サービス 獲得ポイント
回線の契約 3,000ポイント
端末の購入 最大6,000ポイント
iPhone下取り 下取り金額に加えて
5,000ポイント
iPhoneアップグレード
プログラムで購入
10,000ポイント

全てが適用できれば最大24,000ポイントもらえますし、回線の契約だけでも3,000ポイント貰えます。

※1:48回の分割払いのうち24回分払ったら、端末の返却を条件に最新のiPhoneに機種変更できるプログラム

それ以外にもポイント獲得のチャンスは多数

楽天モバイル利用による楽天ポイントの獲得は他にも以下のものがあります。

  • 家族・友人を楽天モバイルに紹介すると1人につき7,000ポイント
  • 楽天モバイル2回線目以降の申し込みで3,000ポイント
  • iPhoneあんしんサポート申し込みで1.300ポイント
  • 楽天カード同時申し込みで最大10,000ポイント
格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • エリア・回線速度は大幅回線
  • パートナー回線(au回線)も無制限利用可能に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
お得情報

  • iPhone購入で楽天ポイント大幅還元
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 1円端末あり

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

貯まった楽天ポイントの使い道

楽天モバイル利用に伴い獲得できる楽天ポイントは期間限定ポイントとなる為、有効期限が切れる前に使う必要があります。

ここではポイントの使い道を紹介します。

楽天モバイルの支払いに利用可能

楽天モバイルの料金は楽天ポイントで支払うことが可能です。

利用ポイントを設定しておけば毎月自動で楽天ポイントが引かれますし(足りない場合は残額をクレカから引き落とし)、ポイントも自動で期間限定ポイントから消費されていきます。

楽天モバイルは3GBまで利用で料金が1,078円。毎月1,000ポイントは楽天モバイル利用によるポイントアップ分で十分貯まるポイント数ですから、実質0円となる人も多いでしょう。

ただし楽天モバイルの支払いに楽天ポイントを支払う為には、クレジットカード払いでの登録が必要。口座振替を選択するとポイント払いはできません。

楽天市場での買い物、楽天トラベルなどで利用

楽天ポイントは楽天市場での買い物、楽天トラベルの利用など、楽天が展開している様々なサービスで利用することができます。

ただし楽天市場で買い物する際にポイントを使ってしまうと、その部分のポイントが獲得できなくなってしまうので注意が必要です。

たとえば楽天ポイント5倍で1万円の買い物をする際、ポイントを使わずに買い物すると500ポイント獲得できますが、全てポイントで支払うとポイント獲得は0です。

楽天モバイルの利用によりせっかくポイント倍率が上がっているのに、ポイントで支払ってしまうと意味がなくなってしまいます。その為、できれば他のポイント獲得が少ないサービスで利用するのがおすすめです。

加盟店舗で利用

楽天ポイントやファミリーマートやマクドナルド、ガスト、ミスタードーナツなど様々な店舗で1ポイント=1円分として利用可能です。

加盟店舗は多数ありますから、期間限定ポイントの使い道がない場合はこういった店舗で支払いにあてるのも良いでしょう。

参考:楽天ポイント加盟店舗

スポンサーリンク

楽天モバイルと楽天市場を合わせて使う場合の損益分岐点

楽天モバイルを利用している場合、楽天市場でのポイント獲得増加分は以下の通りです。

なお通常獲得ポイント、他サービスのSPUによる増加分は含まれていません。

楽天市場
利用金額
ダイヤモンド会員
(+3倍)
ダイヤモンド会員以外
(+2倍)
10,000円 300 200
20,000円 600 400
30,000円 900 600
36,000円 1,080 720
40,000円 1,200 800
50,000円 1,500 1,000
54,000円 1,620 1,080
73,000円 2,190 1,460
100,000円 3,000 2,000
109,000円 3,270 2,180
110,000円 3,300 2,200
165,000円 4,950 3,300
200,000円 6,000 4,000
233,400円 7,000(上限) 4,668
300,000円 7,000(上限) 6,000(上限)

楽天モバイルが実質0円となる条件(損益分岐点)

楽天モバイルの料金は〜3GB、3〜20GB、20GB〜無制限の3種類。

ダイヤモンド会員とそれ以外の会員で、獲得ポイントが楽天モバイルの料金を上回るのは以下の通りです。

ダイヤモンド会員の場合

楽天モバイル
利用料金
楽天市場
利用金額
ポイント獲得
(アップ分)
1,078円
(〜3GB)
36,000円 1,080
2,178円
(3〜20GB)
73,000円 2,190
3,278円
(3〜20GB)
110,000円 3,300

ダイヤモンド会員の場合、月36,000円を使うだけで一段階目の料金以上のポイント増加となります。

逆に毎月これ以上の金額を楽天市場で使っているのであれば、楽天モバイルの最低金額を上回る為、実質無料で持つことができるということになります。

楽天モバイルの公式サイト

ダイヤモンド会員以外の場合

楽天モバイル
利用料金
楽天市場
利用金額
ポイント獲得
(アップ分)
1,078円
(〜3GB)
54,000円 1,080
2,178円
(3〜20GB)
109,000円 2,190
3,278円
(3〜20GB)
165,000円 3,300

ダイヤモンド会員以外の場合は楽天市場で月54,000円以上使うと、実質無料で楽天モバイルが使えます。

ただ頻繁に買い物するのであれば、ダイヤモンド会員になるのがおすすめ。ダイヤモンド会員になる条件は以下の通りです。

  • 過去6ヶ月の獲得ポイント:4,000ポイント以上
  • 過去6ヶ月のポイント獲得回数:30回以上
  • 楽天カード:保有

楽天モバイルを使わないとしても契約した方が良いケース

楽天モバイルを持つことで、楽天市場での購入はダイヤモンド会員の場合だと3倍アップします。。

月36,000円以上(ダイヤモ ンド会員以外は月54,000円)の買い物を楽天市場ですると、楽天モバイルにかかる費用(1,078円)を上回るポイントを獲得することになり、さらに使えば使うほど得するポイントも増えます。

ダイヤモンド会員は36,000円以上、それ以外の会員は54,000円以上使うと、

ポイント増加分>楽天モバイル料金(〜3GB)、となる

もし毎月この金額以上を使うのであれば、たとえ使わないとしても楽天モバイルを契約するのがおすすめです。

ちなみに楽天モバイルには1円で購入できる端末(RakutenHand)もあるので負担なく契約することができます。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルをメインスマホとする場合はどの格安SIMよりも最安となる

3GB・20GBプランについては楽天モバイルよりも安く使うことができる格安SIMがあります。

3GBプランだとソフトバンクのオンライン専用プランLINEMOが990円で、楽天モバイルの1,078円よりも78円安いです。

20GBプランだとMVNO格安SIMのIIJmioが2,000円で、楽天モバイルの2,178円よりも178円安いです。

ダイヤモンド会員であれば楽天市場で月6,000円使うだけで差額を埋めることができます。それ以上使えばトータルコストは逆転です。

楽天モバイルのエリアはかなり良くなったとは言え、キャリアやサブブランド、MVNOの格安SIMに比べて繋がらない場所が多いので、料金だけを見て一概にベストであるとは言えないものの、コストという観点でみたならばベストであると十分言えるスマホでしょう。

まとめ

楽天市場での購入、楽天トラベルでホテルへの宿泊など、お金とほぼ同じような使い方ができる楽天ポイントが楽天モバイルを使うことで格段に貯まりやすくなります。

基本料金の安さと楽天ポイントの貯まりやすさを合わせて考えれば、キャリア・格安SIMを含めてもコスパはトップクラス。

もちろんエリアで言えばまだドコモなど3大キャリアには及びませんが、現在の回線状況とコスパの良さを考えれば十分使う価値のあるスマホだと言えるでしょう。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルの詳細、評判・口コミをチェック!

タイトルとURLをコピーしました