ポケットWiFiはいくらかかる?総額費用、初期費用、月額料金を徹底解説

ポケットWiFiの基礎知識
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

ポケットWiFiは端末を持っているだけでは電波を受信し、スマホやタブレットで通信できるようにはなりません。

ポケットWiFiを通して通信をするには回線を持つ携帯会社と契約し、スマホのように毎月通信費を払う必要があります。

通信費と一口に言っても、その料金形態は各社さまざま。きちんと選んで契約すれば今よりもっと通信費をおさえることができます。

「契約してみたけど思ったより高い」、「もっとお得に契約できたかもしれない」ということがないように、ポケットWiFiにかかる費用をしっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

ポケットWiFiの費用ってなにがかかるの?

ポケットWiFiの費用は大きく分けて毎月支払う「月額料金」、契約時にだけかかる「契約事務手数料」、無料と有料に分かれる「端末料金」、加入を選べる「オプション料金」の4つがあります。

さらにそこから各社の設定する「キャッシュバック」や「月額料金割引」などのキャンペーンにより、料金が変わったり、特典を受け取れたりします。

ポケットWi-Fi総額費用

注意しなくてはいけないのは、たいていのポケットWiFiの広告では「月額料金0,000円~」と月額料金の最低金額しか表記されていないことです。

ポケットWiFiは2~3年の契約が主流ですが、だいたい広告で示されている最低料金は初月や2~3カ月間と期間が短いことがほとんど。

さらに見落としがちな契約事務手数料などは注釈で小さく書かれていたり、契約とは別のページにしか書かれていないケースが多くなっています。

(引用:Y!mobile公式サイト

そのため、ポケットWiFiの料金を比較するときは上記の料金をすべて含めた「契約期間内での総額費用」で比べるのが最も信頼できるといえるでしょう。

ポケットWiFiの初期費用 契約手数料、端末代金はいくら?

ポケットWiFiは毎月支払う月額料金のほか、初月の契約時にだけ支払う初期費用があります。

初月無料と掲載されたプランでもこの初期費用は別途かかるため注意が必要です。

各社の初期費用は以下のようになっています。

ポケットWi-Fi初期費用比較

契約手数料はどこも同じですが、端末料金の扱いにはかなりの差があります。

docomoではポケットWiFiの端末に割引はなく25272円の端末代金が最初にかかります。24回、36回の分割払いも可能です。

UQWiMAXも同じく初期費用として端末代金がかかりますが、その額は3,800円とドコモに比べると控えめ。こちらは分割できないため初月の月額料金と一緒に支払いをしてしまえば、以降費用が掛かることはありません。

一方SoftbankとY!mobile、一部のWiMAXプロバイダでは端末代金を実質無料としています。

【Y!mobileの端末代金割引】
わいもば端末代金

(引用:Y!mobile公式サイト

実質無料とはこのように分割払いにした端末代金を毎月割引することで実質負担額を0円とするシステムです。

一見お得なようですがこの方法だと、途中解約する際に未払い分の端末料金が発生することになります。

途中解約する場合、契約の違約金もかかるため端末代金と合わせると大きな出費になるため注意が必要です。

対してauやWiMAXのほとんどのプロバイダでは端末料金が完全に無料で手に入ります。分割での割引でないため、解約時に端末代金が発生することはありません。

ポケットWiFiの3年間総額費用と1カ月当たりの平均費用比較

ポケットWiFiの料金プランは大きくわけて月間の通信量に「制限のあるプラン」「無制限のプラン」があります。

それぞれ最新端末を月初に契約し、3年間使用した場合で比較しました。

7GBプランの場合の費用

まずは通信量に制限のあるプランを見てみましょう。

ポケットWiFiのプラン上限は7GBである場合が多いため、各社の7GB使用できるプランで比べた結果、以下のようになりました。

ポケットWi-Fi7GB月額比較

※UQWiMAXは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはUQWiMAX新プランを参照してください。
※docomoは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはドコモポケットWiFi新プランを参照してください。
※Softbankは2019年9月より新プランで料金を変更しています。詳しくはSoftbankポケットWiFi新プランを参照してください。

月額料金だけを比較すると月額割引を行っているWiMAXのプロバイダからの契約が最も安く契約できます。

WiMAXにはほかにもプロバイダがありそれぞれ料金が異なります。WiMAXを契約する際はそちらも参考にしましょう。

反対に、最も料金が高いのはdocomoのポケットWiFi。docomoにはデータ通信用のプランがないため、料金内に通話など不要なサービスが含まれ他よりかなり高額になってしまいます。

ひと月7GBでできること

  • WEBサイトの閲覧:約30,100ページ(1日約1000ページ)
  • メールの送信:約140万通(1日約4万6千通)
  • LINE通話:約13,000分(1日約7時間)
  • 動画:高画質なら約630分(1日21分)、低画質なら2,100分(1日70分)

3年間使用した場合の総額費用

7GBポケットWi-Fi月額比較

最も総額料金がかかるのがdocomo、最安値がWiMAXのキャッシュバックタイプのプロバイダとなりました。

docomoでは「みんなドコモ割」というグループ内で契約している回線ごとに、2つなら500円引、3つであれば1,000円引という家族割サービスがあります。

しかしこれを適用しても3年間で最大36,000円の割引にしかならず、まだダントツで高額です。

スマホをdocomoで契約している場合も、ポケットWiFiでdocomoを契約するのはおすすめではないことがわかりますね。

最も安いのはWiMAXのキャッシュバックタイプのプロバイダですが、システム上特典をもらうまでの期間が長く設けられていることも多いです。

受け取りには手続きも必要なため、つい申請を忘れてしまったということもあり得ます。

「もらい忘れ」が不安な人は月額割引型のプロバイダを選ぶといいでしょう。少し割高になってしまいますが毎月確実に恩恵を受けられます。

残るSoftbank、UQmobile、Y!mobileの3社はほとんど横並びです。端末代金の分UQmobileが少し多くかかります。

1カ月当たりの平均費用

7GBポケットWi-Fi月額比較ひと月当たり

1カ月ごとの支払いとして考えると上記のようになります。

WiMAXの回線を使うのであればプロバイダ経由、LTE回線を使用するのであればSoftbankかY!mobileがいいでしょう。

無制限プランの場合の費用

次に通信上限が無制限のプランで比べてみましょう。

docomo、Softbankには無制限プランはないため、au、WiMAX、Y!mobileの3社の比較となります。

ポケットWi-Fi無制限月額比較

※UQWiMAXは2019年10月より新プランで料金を変更しています。詳しくはUQWiMAX新プランを参照してください。

アドバンスオプション
Y!mobileのポケットWiFiを通信量無制限にできるオプション(月額684円)。ただし使用できるエリアは通常より狭く、限られている。(関連記事)

こちらの場合もWiMAXの月額割引型のプロバイダと契約するのが最も安い結果となりました。

UQWiMAXとY!mobileの基本料金は同じですが、Y!mobileは無制限で使用できるエリアが地図上の青い部分のみとかなり狭くなっています。

赤い部分は7GB制限の通常プランとして通信量がカウントされるため、きちんとエリアの確認をしなければ、すぐに通信制限となる点に注意しましょう。

アドバンスモード

(引用:Y!mobile公式サイトエリア確認

3年間使用した場合の総額費用

無制限ポケットWi-Fi月額比較

無制限プランの場合もWiMAXのプロバイダでの契約が最も安く、他社と比べ30,000円以上もお得です。

さらにWiMAXの一部プロバイダはauスマホを利用している場合、スマホ代が最大1,000円割引になる「auスマートバリューmine」UQmobileを使用している場合月額300円の割引が受けられる「ギガMAX月割」を適用させることができます。

Y!mobileには月額500円割引になる「家族割」がありますが、この場合当然家族で契約する必要がある上、アドバンスオプション3カ月無料の特典との併用はできない点に注意しましょう。

1カ月当たりの平均費用

無制限ポケットWi-Fi月額比較ひと月当たり

1カ月ごとの平均にすると、月額3,000円台で使用できるのはWiMAXをプロバイダ経由で契約した場合のみとなりました。

こちらも7GBプランの場合と同じく、キャッシュバック型の方が総額としては安くなります。

受け取りがきちんとできる場合はぜひとも活用したいですね。

しかしWiMAXでも3年目以降は月額料金が4,000円台になってしまいます。

そのため契約更新ごとにプロバイダを変更し、月額料金を下げるのが最もお得な方法といえるでしょう。

まとめ

ポケットWiFiについて比較しましたがいかがでしたか。

  • docomoはデータ通信用プランがないため最も高額
  • 月額料金の最安値はWiMAXの月額割引型のプロバイダ
  • 総額費用ならWiMAXのキャッシュバック型が最もお得だが、特典受け取りが複雑な場合も
  • LTEを無制限で契約するならY!mobileだがWiMAXに比べると高い

ということがわかってもらえたかと思います。

今回はBroadWiMAXとGMOとくとくBBWiMAXで比較しましたが、WiMAXのプロバイダは20社以上あり、それぞれに独自の料金プランを持っています。

プロバイダで契約する際は、以下の関連記事も参考にしてください。