光回線の再契約はやめたほうがいい!強制解約ではなければ他社を新規契約したほうがお得

以前フレッツ光を契約して一度解約したけれど、再契約したいということがあるかもしれません。そんなとき、どうすればいいのでしょうか。

フレッツ光では特定の条件を満たした場合に限り再契約となりますが、新規契約と手続きの流れはいっさい変わらず、再契約のメリットも特にありません。

フレッツ光ではなく光コラボを契約する場合は再契約とはならず、その事業者への転用手続きが必要です。

本記事では、フレッツ光の再契約や注意点、光コラボへの転用などについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

フレッツ光の再契約をしたい!

他社の回線への不満などで、以前使っていたフレッツ光をもう一度契約したい場合、フレッツ光では再契約することが可能です。

ただし、再契約が適用されるかどうかは条件があり、それを満たさない場合は新規契約となります。

フレッツ光を以前使っていたけれど、今度は光コラボを契約したい場合は「転用」になり、新規契約や再契約とは異なるので注意が必要です。

まずはフレッツ光の再契約と、光コラボの転用について、重要なポイントを詳しく見ていきましょう。

名義や住所が変われば再契約ではなく、新規契約になる

フレッツ光では、契約する名義と住所が以前と同じ場合に限り、再契約を行うことができます

契約者と住所のいずれかが異なる場合、再契約とはならず新規契約扱いです。

もし引っ越しで住所が変わる場合は、「移転手続き」を行うことで転居先でも継続利用が可能です。

肝心の再契約の手順なのですが、新規契約の場合と同じです。詳しくは後ほど改めて解説しますが、光回線の引き込み工事が必要な場合は工事費も発生します。

言い換えれば、フレッツ光を再契約する場合でも、新規契約と変わった点は特にないということです。そのため、再契約のメリットというものも特にはありません。

仮に再契約が適用されず新規契約となった場合でも、何か損をするようなことは基本的にはないので気にする必要はないでしょう。

関連:転勤族は光回線を使わないほうがいい?引越しが多い人が選ぶべき光回線はどれ?

転勤族は光回線を使わないほうがいい?引越しが多い人が選ぶべき光回線はどれ?
ビジネスなどの都合で頻繁に引っ越しをする「転勤族」の人は、ネット回線で困ってしまうことが多いです。 引っ越しのたびに光回線の解約と契約を繰り返さないといけませんし、その際の違約金や工事費などの負担も決して少なくありません。 しか...

光コラボを契約するのは再契約ではなく、転用になる

以前フレッツ光を契約していたけれど、今度はドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボレーション」を使いたいという場合は、再契約ではなく「転用」になります。

光コラボレーション(光コラボ)とは、フレッツ光の光回線を使用して、独自のプロバイダサービスと組み合わせて提供している光回線サービスです。

光コラボサービス

転用とは、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを、簡単にしてくれるサービスのこと。光回線の設備自体はフレッツ光と光コラボでは同じなので、工事は必要ありません

転用することで何かデメリットが生じるようなことはないので、フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合は、ぜひとも転用を利用して気軽に乗り換えましょう。

ただし、すでにフレッツ光回線の回線設備を撤去してしまっている場合は転用できず、光コラボを新規契約しないといけないので注意してください。

その場合はフレッツ光の新規契約と同じく、工事費などの初期費用が掛かってしまいます。とはいえ、光コラボでは工事費の実質無料キャンペーンがあるものが多いので、初期費用の負担は軽めです。

なお、光コラボ事業者からフレッツ光へ戻す場合は「事業者変更」となり、新規契約や回線工事などは必要ありません。

フレッツ光を再契約する時の注意点

フレッツ光を再契約するときは、次の2つの点に注意が必要です。

  • 新規契約と同じく契約料や工事費が掛かる
  • 長期割引の「にねん割」は通常どおり適用される

それぞれの注意点について、重要なポイントを詳しく見ていきましょう。

新規契約と同じ扱いなので契約料や工事費が掛かる

前述したように、フレッツ光を再契約する場合でも、手続きの方法や流れは新規契約の場合と変わりません。

つまり、必要に応じて契約料(800円)や工事費など、初期費用が掛かるということです。再契約だからといって、初期費用や工事費などが割引されるといった特典は、いっさい無いので注意してください。

特に、工事費は高額なので気になるところですよね。フレッツ光を解約したときに光回線の設備を残していれば、その設備を使えば良いので初期工事は必要ないか、あったとしても費用は安めです。

しかし、以前フレッツ光を解約したときに光回線も撤去している場合は、再契約時に改めて回線の引き込み工事が必要になります。

この場合でも工事費は新規契約と同じ18,000円(戸建てタイプ)で、工事の手順や内容なども変わりません。

NTT東日本の工事内容(戸建て)

(引用:NTT東日本公式)

光回線の引き込み工事では、電柱から光ファイバーケーブルを引き込み、光コンセントの設置やホームゲートウェイの接続などが行われます。

このように、再契約の場合は光回線の設備があるかどうかによって、手続きや初期費用などが変わってくるので注意が必要です。

関連:光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説

光回線の工事内容って?マンションと戸建てで工事の流れや料金、開通までの期間を丁寧に解説
光回線工事は、戸建てやマンション、アパートなどでインターネットを使えるようにするために欠かせない工事です。 ただ、工事内容についてはよく知らなかったり、何となく時間が掛かって高そうといったイメージを持っている人も多いと思います。 ...

長期割引の「にねん割」は通常適用される

フレッツ光を再契約したからといって、割引をいっさい受けられないわけではありません。もちろん、適用されなくなる割引もあります。

例えば、キャンペーンにフレッツ光を初めて契約する人限定という条件や、解約から一定期間は適用できないという条件がある場合は、再契約の場合には適用されません。

ただし、長期割引の「にねん割」は再契約の場合であっても、条件なしで再度適用できるので便利です。

にねん割

(引用:NTT東日本公式)

にねん割を適用すると、戸建てタイプは毎月700円、マンションタイプでは毎月100円の割引を受けることができます。

しかし、にねん割を利用すると2年間の最低利用期間が発生するので、契約から2年以内に解約すると戸建てタイプ9,500円、マンションタイプ1,500円の違約金を請求されます。

参考:フレッツ光「にねん割」

フレッツ光以外の光回線で新規契約特典がある場合は?

フレッツ光以外の光回線を再契約する場合であっても、基本的には新規契約と同じ扱いになります。

しかし、場合によっては新規契約者限定の特典は適用されず、お得に契約できない可能性があることに注意が必要です。

auひかりやソフトバンク光の再契約で新規契約特典は適用されない!

auひかりソフトバンク光では、新規契約者がお得に利用できるキャンペーンが開催されています。しかし、これらのキャンペーンは一度しか利用できません

つまり、キャッシュバックなどのキャンペーンを利用した後に解約して再契約しても、そのキャンペーンを再度受けることはできないということです。

auひかりの「初期費用相当額割引」は1設置場所につき1回限り

例えば、auひかりの「初期費用相当額割引」では、毎月625円の割引を60か月間受けられるキャンペーンがあり、合計で最大37,500円の還元となります。

(引用:auひかり公式)

しかし、このキャンペーンには「1設置場所につき1回限りとさせていただきます」という但し書きがあることに注意が必要です。

これは、初期費用相当額割引を以前利用していた場合は、再契約時にもう一度このキャンペーンを利用できないことを意味します。

つまり、たとえ契約者名義を変えたとしても、同一住所で契約する限りはこのキャンペーンを再度適用することはできないということです。

また、前回の契約時に60か月未満で解約したとしても、再契約時にこのキャンペーンを再度利用することはできません。

関連:auひかりの料金・契約方法まとめ。契約する前に確認しておくべきこととは?

auひかりの料金・契約方法まとめ。契約する前に確認しておくべきこととは?
auひかりの料金は、複雑で分かりにくく、マンションでも設備機器によってプランが変わってくるため、自分がどのプランに当てはまるのか調べるだけでも一苦労です。 そこで今回は、ごちゃごちゃしていて分かりづらいauの料金を、分かりやすく説明し...

ソフトバンク光のキャッシュバックや月額料金割引も一度限り

ソフトバンク光では、24,000円のキャッシュバックもしくは、月額料金1,000円の割引を24か月間受けられるキャンペーンも利用可能です。

(引用:Softbank光公式)

しかし、こちらにも「本キャンペーン開始時点で対象サービスをご利用中の方が、対象サービスを解約し再度同一サービスに申し込まれた場合は対象外です」という注意書きがあります。

このように、一度契約していた光回線を解約してから再契約する場合は、新規契約者限定のキャンペーンが使えない場合があることに注意が必要です。

関連:ソフトバンク光の評判は?料金やキャンペーンはお得?

ソフトバンク光の評判は?料金やキャンペーンはお得?メリットやデメリット、契約・解約方法まとめ
ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホとのセット割引があり、乗り換えや工事の際に使えるキャンペーンも充実している光回線です。 そんなソフトバンク光の評判や口コミは、実際どうなのでしょうか。 本記事では、特徴や月額料金、メリットや...

強制解約による再契約の場合は、要相談

料金の滞納や未納などで光回線を強制解約させられてしまった場合は、必ずしも再契約できるわけではありません。再契約ができるかどうかは、回線事業者によって異なります。

強制解約になるとなぜ再契約が難しいのか

強制解約とは、月額料金の滞納や未納などが原因で「支払い能力がない」とみなされて、光回線を利用者の意思とは無関係に解約させられることです。

例えば、フレッツ光の場合は1か月間料金を支払わないと回線停止となり、2か月以上の滞納で強制解約となることがあります。

また、ソフトバンク光では、3か月ほど料金を滞納すると利用停止となり、滞納が半年ほど続くと強制解約となるようです。

こうした強制解約の後での再契約には事業者への相談が必要になりますが、そのままの状態ではまず認められません

再契約を目指すならまずは未納分の料金を全額支払うこと

光回線の契約時には「審査」が行われますが、審査にはいくつかのステップがあります。その中では同業他社で月額料金の未納がないかチェックされるようです。

同業他社とは他の光回線事業者のこと。例えば、フレッツ光を強制解約させられた後にソフトバンク光を契約しようとしても、ソフトバンク側でフレッツ光時代の未納が発覚することがあります。

そうなると審査に通らないので、光回線を契約すること自体が難しくなってしまうのです。

こうした状況を打開するためには、支払い能力があることを証明する必要があります。支払い能力には、未納分の料金を全額支払うことが有効なようです。

ただし、再契約が認められるかどうかは事業者側の判断によるので、必ずしも再契約できるわけではありません。

料金未納による強制解除は厄介で、他のサービスの契約にも影響が出てしまいます。そのため、可能な限り料金はきちんと支払うようにして、未納状態は避けるようにしましょう。

まとめ|再契約するなら前回と異なる事業者を選ぶのがポイント

一度解約した光回線を再契約することは可能ですが、ほとんどの場合は新規契約と同じ扱いになります。

そのため、以前の光回線設備をすでに撤去している場合は新規工事の費用が発生しますし、新規契約者限定のキャンペーンは使えないこともあるので注意が必要です。

新規契約扱いになれば、キャンペーン特典等を使って工事費をカバーしてもらうこともできるので、前の契約先にこだわらず、別の事業者を選んで契約するほうが無駄な費用が掛かりません

また、長期契約の割引は再契約でも利用できることが多いので、あらかじめ割引の条件などを確認しておきましょう。

強制解約させられた後は必ずしも再契約できるわけではないので、月額料金はしっかり支払うようにすることが大切です。

なお、おすすめの光回線については下記の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

【2020年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。マンションでも戸建てでも重要なのはスマホのセット割!
光回線サービスはやたらと色々なものが多く、キャッシュバックや月額料金もまちまち過ぎて調べても結局よくわからない。なんて人もおそらく多いはずです。 ただその時に単に「キャッシュバックが多いところ」、「月額料金が安いところ」と決めてしまう...

【2020年最新】インターネット光回線のおすすめランキング。マンションでも戸建てでも重要なのはスマホのセット割!