SAKURA WiFi(サクラワイファイ)の口コミ・評判。解約金が無いって本当?クーポンの使い方は?

LTEポケットWiFi、商品別情報

ここ最近になって、日常的に使うWiFiとして需要の高まっているレンタルWiFi

SAKURA WiFiもそんなレンタルWiFiの一つで、クーポンコードの入力で月額料金がお得になること、端末の取扱いが豊富であることが魅力です。

本記事では、SAKURA WiFiの口コミや評判、料金、契約・解約方法、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
  1. SAKURA WiFi(サクラワイファイ)とは?
    1. SAKURA WiFiの月額料金はクーポンコード利用で4,500円が3,680円に
    2. 初期費用は事務手数料3,000円と保証のSAKURAガード500円で3,500円
    3. 他のレンタルWiFiと比較すると月額料金は標準的な価格
    4. 契約期間なし|解約金なし|更新月なしのレンタルWi-Fi
    5. 回線の種類・エリア・回線速度・通信制限
    6. 支払い方法はクレジットカード払いのみ
    7. SAKURA WiFiでは扱っている端末の種類が多い
  2. SAKURA WiFiの契約方法と解約方法
    1. SAKURA WiFiの契約方法
    2. SAKURA WiFiの解約方法
      1. 解約したい月の21日までにお問い合わせフォームからメールして解約申請をする
      2. 解約したい月の末日までに本体とUSBケーブルをレターパックライトで返送する
      3. 初期契約解除制度はないが、1ヶ月以内なら安心全額返金保証を利用可能
  3. SAKURA WiFiのメリット
    1. 2~3営業日後に発送、送料無料でポスト投函してもらえる
    2. 当月と翌月からの利用を選べる(日割りはなし)
    3. マイページがある
  4. SAKURA WiFiのデメリット
    1. データ通信無制限ではあるが、速度制限に掛かることがある
    2. レンタルする端末が選べない
    3. オプションへの加入が必須、解約忘れに注意
    4. 口座振替支払いができない
    5. サポートに不安がある
  5. SAKURA WiFiの評判や口コミは?
  6. 結論:SAKURA WiFiは端末にこだわらず短期間使いたい人向け!!

SAKURA WiFi(サクラワイファイ)とは?

(引用:SAKURA WiFi公式サイト)

SAKURA WiFiは、愛知県名古屋市に本社を置く株式会社BALDIAが運営する事業の一つです。

では早速、SAKURA WiFiの概要について確認していきましょう。

月額料金 3,680円
事務
手数料
3,000円
送料 なし
発送までの
期間
3営業日以内
返却 あり/送料自己負担
月間
容量制限
なし
速度
制限
最大128Kbps
最低利用
期間
1ヶ月
回線 Softbank回線
速度 下り最大612Mbps
上り最大75Mbps
取扱
機種
FS030W/ARIA2
/602HW

/601HW/501HW

SAKURA WiFiの月額料金はクーポンコード利用で4,500円が3,680円に

(引用:SAKURA WiFi公式サイト)

SAKURA Wifiの月額料金は、定価4,500円のところクーポン利用で「ずっと定額3,680円と記載されています。

公式サイトのトップページや公式twitterを見ても特にクーポンらしきものはありませんが、メニューボタンから各ページを見て進むと、「よくある質問」ページの上部に記載されています。

2019年9月現在のコードは「sakurasaku」です。

このコードを入力しないと、3,680円で使うことができません。

契約時にはコードの更新がないか、スぺルが間違っていないかを確認してから入力しましょう。

初期費用は事務手数料3,000円と保証のSAKURAガード500円で3,500円

事務手数料 付加機能
使用料
SAKURAガード
3,800円 4,980円
3,000円 0円(廃止) 500円

2019年6月上旬までは事務手数料が3,980円、「付加機能使用料」が4,980円でした。

その後の改訂で事務手数料は3,000円、付加機能使用料が廃止となっため、初期費用負担が軽減。

保証オプションであるSAKUTAガード(500円/月)が初月加入必須であることから、これらを合わせた3,500円が初期費用となります。

他のレンタルWiFiと比較すると月額料金は標準的な価格

他のレンタルWiFiやUQ WiMAXと月額料金を比較してみると分かりますが、クーポンを適用したからといって特に月額料金が安いというわけではありません

月額料金と初期費用のどちらも、レンタルWiFiとしては標準的な価格と言えるでしょう。

  月額料金 初期費用

SAKURAWifi
3,680円 3,500円
※1

KINGWifi
3,600円 4,400円
※2

どんなときもWiFi
3,480円
3,000円

縛りなしプラン
3,300円  0円

UQWiMAX
3,880円
18,000円
※3

※1:事務手数料3,000円+初月加入必須オプション500円
※2:事務手数料3,800円+初月加入必須オプション600円
※3 :W06端末代金15,000円+事務手数料3,000円

契約期間なし|解約金なし|更新月なしのレンタルWi-Fi

SAKURA Wifiの特徴は、契約期間の定めが無く、解約違約金が掛からないこと。

最低利用期間は1ヶ月から使えるので、短期の出張などにもおすすめです。

契約期間が決まっていないので、契約満了月や更新月といった、ポケットWiFiを使うときに気にしてしまうポイントを気に掛ける必要がありません。

回線の種類・エリア・回線速度・通信制限

SAKURA WiFiのはSoftBank回線です。

回線の種類やエリアはSoftBank回線に準じることになります。

【SAKURA WiFiの回線の種類・速度】

SoftBank回線は、SoftBank 4G/Softbank 4G LTE/3Gと種類が細かく分かれており、端末によって対応している回線が異なります。

機種によって出る速度に違いがありますが、下り最大612Mbps~150Mbps上り最大75Mbps~13Mbpsとなっています。

速度としては1MbpsあればYouTubeの標準画質で見ることのできる速度と言われているので、動画を観る、SNSをチェックするといった使い方であれば、特に支障もなく十分にネットを楽しめる速度と言えるでしょう。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 最近ではdocomoが制限時最大速度を128Kbpsから1Mbpsに変...
LTEと4GLTEって実は違う!?SoftBank4G LTEとSoftBank4Gの違いや、Hybrid 4G LTEについても紹介
4G LTEと4Gは同じようなものだと思っている人はいませんか。 確かに似ているのですが、SoftBankは「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」というように表記を分けています。 さらに「Hybrid 4...

【SAKURA WiFiのエリア】

契約前は必ずSoftBank回線のエリアマップで、エリア内に入っているかを一度確認してみてください。

キャリアは人口カバー率99%なので、地方であっても使えない地域はそう多くありません。

(参考:SoftBank公式HP「サービスエリア」)

【SAKURA WiFiの通信制限】

月間制限も短期制限も基本的には「無制限」ですが、公式には次のような記載があります。

「月間データ量は定め無し(無制限対応)で仕入れております。 ですが以下の場合、全ての方に公平公正な通信の利用を提供するため、回線元の判断により地域毎に定める基準に従い速度制限(低速化:128kpps)が発生いたします。」

(引用「SAKURA Wifi公式サイト」)

回線元(=Softbank)が地域ごとに基準を定めていて、その基準を超えると128Kbpsの速度制限に掛かるということですね。

速度制限に掛かるような使い方は次のように示されています。

  • 申込者あるいは利用者が過剰な通信を行った場合。
  • 著しく短期間で膨大なデータ量の消費または、異常な通信量とみなされた場合。
  • P2P通信などで一定期間大量の通信を発生させ、他のユーザのご利用に影響を与えるなど、キャリアがトラフィック異常値、違法な利用用途であると判断した場合。
  • 動画ストリーミング・オンラインゲーム・VOIP・FTP等負担の大きな通信を行った場合。

(引用「SAKURA Wifi公式サイト」)

無制限だからといって大容量通信を継続して行っていた場合は上記のケースに該当して月末まで低速化の制限を受けることになるかもしれません。

口コミなどを確認したところ、100GBを超えたあたりで速度制限になるといった人もいましたが、120GB使っても掛からないという人もいました。

その人のネットの使い方、継続性、地域の基準など多くの要因が絡んでくるため、「〇GBで速度制限に掛かる」とは一概には言えないのが正直なところです。

支払い方法はクレジットカード払いのみ

支払い方法はクレジットカード払いのみとなっています。

契約後すぐに初期費用などが引き落とされるので、使用可能額が上限になっていないかよく確認しておきましょう。

翌月以降は、毎月28日にカード決済されます。

SAKURA WiFiでは扱っている端末の種類が多い

最低利用期間や速度制限、回線、扱っている端末の種類を一覧にしてみると、ほとんどの項目はKING Wifiと同じになっていますが、取扱端末は5種類と豊富なことが分かります。

どの端末も少し古い型で決して新しい端末ではありませんが、色々な端末を使う楽しみがあるのも良いですよね。

  端末 最低利用
期間
月間
速度制限
短期
速度制限
回線

SAKURAWifi
FS030W/ARIA2
/602HW
/601HW/501HW
1ヶ月 128Kbps
※5
なし Softbank

KINGWifi
FS030WMB1/
602HW
1ヶ月 128Kbps
※5
なし Softbank
 

どんなときもWiFi

D1 2年
(26ヵ月)
384Kbps
※5
なし Softbank/
docomo/
au

縛りなしプラン
602HW/W04/
WX05/502HW
1ヶ月 なし 1日2GB
以上
※6
Softbank/
WiMAX

UQWiMAX
W06
/WX05など
2年
or
なし
なし 3日/10GB
以上で
1Mbps
WiMAX/au

※5:通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のために一定期間に大量の通信があった場合の制限
※6: 速度制限中の速度の目安は非公表

SAKURA WiFiの契約方法と解約方法

SAKURA Wifiの契約や解約の方法は、以下の通りです。

SAKURA WiFiの契約方法

SAKURA WiFiは公式HPからのみ申込み手続きをすることができます。

手順1)「よくある質問」ページ上部のクーポンコードを確認する

(引用:SAKURA Wifi公式HP)

2020年1月現在、クーポンコードは「sakurasaku です。
メモしておきましょう。

 

手順2)「まずはお試し」or「お申込み」ボタンを選択

(引用:SAKURA Wifi公式HP)

お申込みフォームが選択されたら、契約者情報を入力していきます。

 

手順3)本人確認書類のアップロード

運転免許証/パスポート/マイナンバーカードなどの本人確認書類をアップロードします。

部屋の照明が反射しないようにしながら、明るい場所で撮影すると良いでしょう。

 

手順4)オプション契約内容を確認

SAKURAガードとウイルスセキュリティのオプションは、初月加入必須です。

ウイルスセキュリティは初月のみ料金が無料になっているので、不要な人はお問い合わせ画面から連絡して早めに解約しておくと、翌月以降の月額料金を節約することができます。

 

手順4)クーポンコードを入力

最初にメモしておいたクーポンコードをここで入力します。

コードなんて知らないという人は、必ず「よくある質問」の画面に戻ってコードを確認しましょう。

面倒臭がって確認を怠るのは、後になってただ損をするだけです。

 

手順5)クレジットカード情報を入力

契約日に「契約事務手数料」「クーポン適用前の月額料金」「SAKURAガード代」の決済をされるので、使用可能額の上限が危ないカードは使わないようにしておきましょう。

 

手順6)利用規約や配送について承諾し、確認画面後に契約を完了させる

正しく入力されているかを確認し、契約を完了させれば後は待つだけです。

 

手順7)端末を受け取り、利用開始

端末が届いたら、Wifiを接続して機器に問題がないかを確認しましょう。
これで無事に使い始められます。

SAKURA WiFiの解約方法

SAKURA WiFiの解約は公式サイトのお問い合わせフォームからのメールのみとなっています。

電話での解約受付はしていません。

解約したい月の21日までにお問い合わせフォームからメールして解約申請をする

解約したい場合は、公式サイトのお問い合わせフォームからメールをして解約申請となります。

件名から「申し込みキャンセルまたはご解約」を選択し、解約したい旨を記載してください。

毎月21日までに手続きをしなかった場合は、翌月分の料金も発生してしまいますので注意しましょう。

(引用:SAKURA Wifi公式HP)

解約したい月の末日までに本体とUSBケーブルをレターパックライトで返送する

SAKURA WiFiを解約した場合でも、その月の28日までは利用することができます。

ただ、レンタルWiFiは解約後に返却しなければいけません

SAKURA WiFiの場合は、本体とUSBケーブルをレターパックライトで郵送します

返却先は公式サイトに記載されていませんが、解約時の問い合わせメールの返信に記載されていますので、その宛先に送りましょう。

2月の場合は要注意です。

うるう年以外は末日が28日となりますので、少し早めに返却するように気を付けてください。

(参考:日本郵便公式HP「レターパック」)

初期契約解除制度はないが、1ヶ月以内なら安心全額返金保証を利用可能

レンタルWiFiは通常のポケットWiFiの契約とは異なり、初期契約解除制がありません。

ただし、1ヶ月以内であれば安心全額返金保証」制度を利用することができます。

適用条件は以下の4つです。

  1. 申込日から1ヶ月以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」を連絡すること。
  2. 「発送日時」が1ヶ月以内であること。
  3. SAKURA WiFiの利用が初めてであること。
  4. クーポンを利用しての申込であること。

(引用:SAKURA Wifi公式サイト)

この4つ全てを満たすことで、契約事務手数料も含めて全額返金対象となります。

返却処理手数料1,080円は発生しますが、「思っていたのと違った」「申し込んだ後に不要となってしまった」などの場合に全額返金となるのはありがたいですね。

(参考:SAKURA WiFi公式HP「利用規約p4」)

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと
ポケットWifiや固定回線、スマホを契約した後に、「契約を取り消したい」「キャンセルしたい」なんて時に思いつくのがクーリングオフ制度。 ただ、重要事項説明書や契約書にはクーリングオフ制度には触れられておらず、「初期契約解除制度」などの...

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと

SAKURA WiFiのメリット

SAKURA Wifiで契約するメリットは次の通りです。

2~3営業日後に発送、送料無料でポスト投函してもらえる

土日祝日の発送は対応していませんが、通常であれば2~3営業日後には発送されます。
(28日~末日に申し込んだ場合は、翌月の4日までに発送)

SAKURA WiFiはゆうパケットのクッション封筒で、送料は無料です。

ポストに入ってしまうサイズなので、平日は仕事で受け取り時間に間に合わないという人でも安心ですね。

当月と翌月からの利用を選べる(日割りはなし)

月額料金の日割りはありませんが、当月と翌月から利用開始の月を選ぶことができます。

日割りがないのに下旬に申込みをしてしまった!

と焦ることもなく、安心して使い始められます。

ただし28日から末日までの申込は翌月からしか選択できません

また、初回の支払については当月であっても翌月であっても、即日決済となることに気を付けてください。

マイページがある

ポケットWiFiの契約中、ネットから登録情報や支払い方法の変更ができると助かりますよね。

SAKURA WiFiにはマイページがあり、それらの手続きの他にも、新規や追加での契約や領収書の発行などが可能となっています。

問い合わせフォームからしか手続きができないといった事業者もあるので、ネットから住所変更やクレカの情報変更などができるのは便利です。

私は年に三度住所異動などで役所に何度も行く機会がありましたが、いつでもどこでも情報変更ができるものはその待ち時間で手続きができたので、非常に助かりました。

ちなみに、マイページへのログインIDとパスワードは、最初の申込みをした際の自動返信メールに載っています

見当たらない場合は、問い合わせフォームから連絡しましょう。

SAKURA WiFiのデメリット

対して、SAKURA WiFiのデメリットには何があるのでしょうか。

データ通信無制限ではあるが、速度制限に掛かることがある

データ通信無制限を謳っていますが、回線元がソフトバンクである以上、速度制限からは逃れられません。

近年は動画定額配信や音楽のストリーミングサービスなどの普及により、一人当たりの通信量が年々増加しています。

つまり、無制限に通信したい層も以前よりも増えてきており、今後もその傾向は続くと思われます。

完全無制限に通信したいという場合は、クラウドSIMを導入しているポケットWi-Fiを検討すると良いでしょう。

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際は...

どんなときもWi-Fiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?

レンタルする端末が選べない

他のレンタルWiFiに比べると、SAKURA WiFiで借りられる端末の種類は多いように感じますが、実は自分では端末を選ぶことができません

せっかく扱っている端末の種類が多くても端末が選べないというのは残念なポイントですね。

機種ごとの回線速度を確認すると、下り最大150Mbps~612Mbpsとかなり開きがあります。

より新しい端末が来るように祈るしかありませんね。

オプションへの加入が必須、解約忘れに注意

契約時に「SAKURAガード」と「セキュリティ」オプションへの加入が必須となっています。

SAKURAガードは初月から500円、セキュリティオプションは初月無料ですが、解約し忘れると毎月1,000円プラスで払うことに

(引用:SAKURA Wifi公式サイト)

SAKURAガードは故障・破損、水没、紛失・盗難、バッテリー交換など幅広いトラブルに対応しています。

ポケットWiFiは、小さくて軽いので気が付くとカフェに忘れてきてしまったり、カバンに入れたつもりが無くしてしまったりなんてことが付き物です。

ましてや端末を無くすと、高額な弁済金を求められるレンタルWi-Fiも多いもの。

SAKURA WiFiも、SAKURAガードに入っていれば端末代などを補償してくれますが、未加入の場合は最低でも20,000円を請求されることになります。

加入者 未加入
本体 弁済金
20,000円
電池パック
(年に一度)
弁済金
5,000円
SIMカード 弁済金 5,000円

加入していれば、電池パック交換も年に一度の補償に対応している(未加入は5,000円)ので、不安な人はこの機会に入っておくと良いかもしれません。

口座振替支払いができない

クレカのみ GMO/カシモ/JP/SAKURA
sonet/ASAHI/novas/Smafi…
口座支払が可能 どんなときもWi-Fi/UQWiMAX/
BroadWiMAX/BIGLOBE

支払いはクレジットカード払いのみで、デビットカードや口座振替支払いはできません。

レンタルWi-Fiであっても口座振替支払に対応しているポケットWiFiもあるので、口座振替が良い人はそちらを検討するという選択肢もあります。

サポートに不安がある

私は20時を過ぎてからWiMAXの手続きを電話でした経験があります。

仕事で少し遅くなっても電話で手続きができると、問題もすぐに解決できて助かりますね。

残念ながらSAKURA WiFiのサポートは基本的にお問い合わせフォームからのみとなっています。

土日祝日は休日、解約もフォームからのみであることからも、サポート面に不安を感じる人もいるかもしれませんね。

手厚いサポートを求める人は、料金が少し高くてもキャリアや大手で契約したほうが、いざという時も安心です。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

SAKURA WiFiの評判や口コミは?

SAKURA WiFiの評判や口コミを集めました。

【良い評判】

縛りがないってのがサイコー。1年以上使うかも分かんないのに3年契約とかしてらんないでしょ(笑)。ほどほどに無制限に使えて解約金もない契約は楽だわ。
(30代・男性)
この田舎でも繋がるのがありがたい。さすがSoftbank回線。
帰省しても使えるのは助かる。
(40代・男性)

1年後の自分がどう過ごしているかも分からないのに、3年の契約なんてしづらいという人も多いでしょう。縛りがなく、解約違約金もないポケットwifiはそんな人にぴったりかもしれません。

【良くない評判】

公式HPが重いし、申込みフォームはなんか古いし、申し込もうと思ってたけど心配でやめた。
クレカ払いなのに顔写真UPする意味って何なんだろ。端末も選べないのにはびっくり。
(20代・女性)
無制限って言ってたのに、120GB超えてから速度制限。
100GBあたりでなるって話聞いてたし、それに比べたらマシか。
(20代・男性)

Softbank回線を借りている以上、完全無制限で使うというのは難しいもの。200GBのプランなどがある他のレンタルwifiを検討するのも良いでしょう。

結論:SAKURA WiFiは端末にこだわらず短期間使いたい人向け!!

SAKURA WiFiは、縛りがなく違約金もないため、短期間だけでも利用したいといった人におすすめです。

長期契約を前提としたキャリアやWiMAXのプロバイダに比べ、短期間の利用であればレンタルWi-Fiを使った方がお得に使うことができます。

端末は選べませんが、無制限のデータ通信を短期間でも使えれば良いといった人にはうってつけのポケットWifiと言えるでしょう。

では、最後にSAKURA WiFiのメリット・デメリットをまとめておきます。

【メリット】

  • 2~3営業日後に発送、送料無料でポスト投函してもらえる
  • 当月と翌月から利用開始月を選べる
  • マイページがある

【デメリット】

  • データ通信無制限ではあるが、速度制限に掛かることがある
  • レンタルする端末が選べない
  • オプションへの加入が必須、解約し忘れに注意
  • 口座振替の支払ができない
  • サポート面に不安がある