縛りなしWiFiの評判・口コミは大丈夫? 料金やメリット・デメリットをわかりやすく解説!

LTEポケットWiFi、商品別情報
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

ポケットWiFiを使用するには「購入」と「レンタル」の2種類があります。

レンタルWiFiの中でも最近特に人気を集めているのが「縛りなしWiFi」。

その名の通り定期契約の縛りなしに使える上、月額料金も安いと言われている「縛りなしWiFi」ですが、そんなうまい話があるのか?と疑ってしまうのが人間というものですよね。

そこで今回は縛りなしWiFiは本当にお得なのか、とことん解説していきます。

スポンサーリンク

縛りなしWiFiとは?

(引用:縛りなしWiFi公式サイト

縛りなしWiFiとは株式会社クーペックスが運営するポケットWiFiのレンタルサービス。

WiMAXやY!mobileなど各社が提供しているポケットWiFiとは違い、2年や3年などの契約期間の縛りがないのが魅力です。

プランや契約方法などを詳しく見ていきましょう。

料金プランは2種類-縛っちゃうプランと縛りなしプラン

縛りなしWiFiプラン比較

(引用:縛りなしWiFi公式サイト

縛りなしWiFiには「縛りなしプラン」「縛っちゃうプラン」があります。

縛りなしプランの特徴は、その名の通り契約期間の縛りがないこと。月額料金は3,300円です。

初期費用はなく、月額料金だけで利用できます。

対して「縛っちゃうプラン」は3年の定期契約。更新月以外に解約すると15,000円の違約金がかかってしまいます。

縛りなしWiFiにもかかわらず縛っちゃうプランなんて矛盾を感じますね。

契約期間が設けられている代わりに「縛っちゃうプラン」の月額料金は2,800円と縛りなしプランよりも500円お得になっています。

回線も2種類-ソフトバンクLTEとWiMAX

縛りなしWiFi端末

(引用:縛りなしWiFi公式サイト

縛りなしプランでは、SoftbankのLTE回線WiMAXの回線が提供されています。

回線と端末は原則選ぶことができませんが、通信エリアの関係で電波が受信できない場合のみ回線の指定が可能です。

端末はSoftbankなら「603HW」と「502HW」、WiMAXは「W04」と「WX05」が対象で、在庫がない場合、Softbankの「FS030W」など別の端末が送られてくることもあります。

縛っちゃうプランはSoftbankの601HWのみの取り扱いです。

回線 端末 下り最大速度 同時接続台数 連続通信時間 連続待受時間
縛りなしプラン Softbank 603HW 612Mbps 13台 約8.5時間 約850時間
502HW 187.5Mbps 10台 約10時間 約850時間
WiMAX WX05 440Mbps 10台 約14時間 約700時間
W04 440Mbps 10台 約10.5時間 約850時間
縛っちゃうプラン Softbank 601HW 612Mbps 14台 約8.5時間 約850時間

※利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。

通信制限 1日2GBで通信制限に改定(2019年9月~)

1カ月間の通信量が無制限の縛りなしWiFiですが、厳密には1日2GB以上の使用で当日最大速度が128Kbpsとなる制限が設けられています。

実はこの制限、2019年8月までは以下の通りでした。

短期制限 制限期間と制限中速度
Softbank端末 1日3GBまで 制限を超えた当日中128Kbps
WiMAX端末 直近3日間の合計10GBまで 制限を超えた翌日18時~26時の間1Mbps

今まで3GB以上使用できていたものが急に変更されたため、突然の通信制限に驚く口コミも多くなっています。

ちなみに通信量1GBでは以下のことが可能です。

  • WEBサイトの閲覧:約4,300ページ
  • メールの送信:約20万通
  • LINE通話:約1852分
  • 動画:高画質なら約90分、低画質なら300分

つまり1日に3時間以上高画質で動画を見る人は、速度制限にかかってしまう可能性があるため注意しましょう。

契約と解約はオンラインのみ

縛りなしWiFiの契約、解約はすべてオンラインのみとなっています。

契約の場合は、契約お問い合わせで以下の流れに従って必要事項を入力していくだけです。クレジットカードを用意しておきましょう。

(引用:縛りなしWiFi公式サイト

解約の場合は、まずお問い合わせフォームから解約を選択し申請をします。

縛りなしプランの場合は1カ月の使用後はいつでも解約が可能です。

申請をした翌月末が解約日となるため、契約終了日から5日以内に「端末とUSBケーブル」を返却しましょう。

縛っちゃうプランの場合、契約から36カ月目の更新月以外での解約には15,000円の違約金と端末代金の残債が請求されます。

端末の返却は必要ありませんが、中に入っているSIMカードは返却しなくてはいけません。

返送にかかる送料は両プランとも契約者負担となります。

荷物の発送状況を追跡できる方法で返却しましょう。

【荷物追跡のできる発送方法例】

  • 佐川急便:飛脚宅配便/飛脚ジャスト便
  • ヤマト運輸:宅急便/宅急便コンパクト
  • 日本郵便局:レターパック/ゆうパック

縛りなしWiFiのクーポンコードは?キャンペーンや割引はある?

縛りなしWiFiを申し込みしようとすると、クーポンコードの入力欄があります。

何か割引になるのかな?と気になる方も多いと思いますが、2019年12月現在使用できるクーポンは残念ながらありません。

以前はYoutubeとの連動企画なども行っていましたが、端末が届かなかったり通信量の制限を強めている様子を見る限り、申し込みを増やす企画はしばらくやらないのではという予想もあります。

SAKURAWiFiなどはサイトに隠されたクーポンを利用しないと月額料金が高くなってしまう仕組みですが、縛りなしWiFiにはそのようなシステムはないので、新たなキャンペーンが始まらない限り、クーポン欄は無視して申し込みましょう。

支払方法はクレジットのみ 口座振替とデビットカードは非対応

縛りなしWiFiの支払方法はVISA/JCB/MasterCard/AMERICANEXPRESS/DinersClubのクレジットカードのみに対応しています。

デビットカードや口座振替には対応していません。

もしクレジットカード以外で支払いしたい場合は、携帯会社各社か以下の口座振替が可能なプロバイダで契約しましょう。

クレカのみ 限界突破WiFi/Mugen WiFi/
縛りなしWiFi
/GMO/カシモ/JP/

sonet/ASAHI/novas/Smafi…
口座支払が可能 どんなときもWiFi/UQWiMAX/
BroadWiMAX/BIGLOBE

縛りなしWiFiのメリット

縛りなしWiFiのメリットは契約期間の縛りがないのに月額料金が安いこと。

他のレンタルWiFiでも縛りのないプランはありますが、縛りなしWiFiよりは月額料金が高くなってしまいます。

また契約手数料などの初期費用がないのもうれしいですね。

WiMAX、Y!mobile、レンタルWiFiとして有名なSAKURAWiFiと比較してみましょう。

縛りなしWiFi
(縛りなしプラン)
縛りなしWiFi
(縛っちゃうプラン)
WiMAX
(BroadWiMAX)
Y!mobile SAKURA
WiFi
月額料金 3,300円 2,800円 0~2カ月目2,726円
3~24カ月目3,411円
25カ月目以降4,011円
4,380円 3,680円
初期費用 0円 0円 3,000円 3,000円 3,000円
契約年数 1カ月 3年 3年 3年 0カ月
違約金 0円 15,000円 1年目19,000円
2年目14,000円
3年目9,500円
9,500円 0円
3年総額 118,800円 100,800円 131,241円 160,680円 135,480円

それぞれを3年間使用した総額では月額料金の安い「縛っちゃうプラン」がY!mobileよりも60,000円ほども安くなっています。

契約期間の縛りがない「縛りなしプラン」と「SAKURAWiFi」を比べても、月に300円、3年では16,000円ほどの差になるので縛りなしWiFiがいかに安いかわかりますね。

縛りなしWiFiの注意するべきデメリット

縛りなしWiFiのいいところを紹介してきましたが、一方で注意しなければならない点もたくさんあります。

縛りなしプランと縛っちゃうプランそれぞれのデメリットを見てみましょう。

縛りなしプランのデメリット

まずはいつでも解約できる縛りなしプランのデメリットです。

端末が選べず何が届くかわからない 最新機種は対象外

縛りなしプランは4種類の端末が用意されていますが、届くまでどの端末になるか知ることはできません

そのため同じ月額料金を払っていても、届いた端末によっては速度にかなりばらつきがあります。

たとえばSoftbankの603HWの最大速度は612Mbpsですが、公式サイトには載っていないFS030Wが届いた場合、その最大速度は150Mbpsと1/4になってしまいます。

WiMAXのW06、WX06やSoftbankの802ZTなど最新端末が選べないこともデメリットの一つです。

また、縛りなしWiFiの口コミを見ると、WiMAX端末が届いたという人は少なく、Softbank端末が届く割合の方が多く見受けられます。

WiMAX回線で希望を出した場合、1カ月待ちとされるケースもあるので、確実に利用したい場合、WiMAXプロバイダと契約をするのが一番ですね。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは有料! 月額料金がかえって高くなる

WiMAX端末で提供しているハイスピードプラスエリアモードはWiMAX回線に加えてauのLTE回線も使用できる機能です。

WiMAXは電波の特性上、地下や屋内でつながりにくかったり、エリアが狭いなどのデメリットを抱えていますが、LTE回線と組み合わせることでその点を克服しています。

WiMAXのほとんどのプロバイダがこのLTEオプションを無料で提供していますが、縛りなしWiFiではハイスピードプラスエリアモードの利用は原則禁止、もし使用すると別途1,005円が必要です。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは原則ご遠慮いただいております。万が一お客様がハイスピードプラスエリアモードに切り替えを行ってしまった場合、別途1,005円(税抜)の費用をご請求させていただきますのでご了承下さい。

(縛りなしWiFi公式サイトよくある質問)

つまりハイスピードプラスエリアモードを利用した場合の月額料金として考えると、縛りなしWiFiが月4,305円なのに対し、WiMAXプロバイダのGMOとくとくBBWiMAXでは月3,480円と縛りなしWiFiの方が高くなってしまいます。

故障、紛失した場合の端末代金が最大42,800円と高額

縛りなしWiFiでレンタルした端末を壊したりなくしたりした場合、最大で42,800円の端末代金を請求されてしまいます

お客様の過失による本体の故障や画面割れ、水没した場合
・端末を紛失した場合
端末1台につき39,800円(税抜)、SIMカード再発行が必要の場合は、SIMカード1枚あたり3,000円(税抜)が発生致します。

(縛りなしWiFi公式サイトよくある質問)

もし月500円の安心サポートプランに加入した場合はこの代金が10,000円(SIM再発行の場合+3,000円)に減額となりますが、保証なしで42,800円、保証をかけても13,000円の端末代金を支払わなくてはいけないのはほかのポケットWiFiと比較するとかなり高額です。

UQWiMAXの保証内容と比べてみましょう。

縛りなしWiFi UQWiMAX
保証料金 安心サポートプラン
月500円
端末補償サービス
月380円
加入時負担額 10,000円
(SIM再発行3,000円)
0~5,300円
(SIM再発行2,000円)
未加入時負担額 39,800円
(SIM再発行3,000円)
0円~20,000円

UQWiMAXを解約する場合の「違約金」が19,000円~9,500円であることを考えると、縛りなしWiFiの「弁償金」がいかに高いかがわかりますね。

端末は返却必須 送料は自己負担

WiMAXやY!mobileなどとポケットWiFiを契約すると、端末は「無料で購入」することができます。

そのため解約することになっても、端末は手元に残り返却する必要はありません。

残った端末は中古品として売ったり、万が一のためにとって置いたりできます。

しかし縛りなしWiFiはレンタルサービスのため、解約した後すみやかに返却しなくてはなりません。

送料も自己負担で約500円程度かかります。

もし返却を忘れてしまった場合、翌月分の月額料金が請求されてしまうため気を付けましょう。

即日解約ができず、翌月解約扱いに 8日キャンセルはできないので注意

縛りなしWiFiを解約する場合、解約申請をした翌月末が解約日となります。

つまり4月1日に解約申請をしても、実際に解約となるのは翌月末の5月31日。

最大で約2カ月間かかってしまいます。

UQWiMAXなどでは申請をしたその日に解約することができるため、無駄な時間やお金を使うことはありません。

また、ポケットWiFiの契約には通常「初期契約解除制度」という「8日以内であれば違約金無料で解約できる」システムがありますが、縛りなしWiFiにはそれが適用されないのも大きなデメリット。

もし契約してみたけど思ったより使えなかったという場合にも、月額料金が最低でも2カ月分発生してしまいます。

縛りなしWiFiを受け取り後すぐ解約する場合と、UQWiMAXを8日キャンセルする場合で、必要な費用を比較してみましょう。

縛りなしWiFi UQWiMAX
契約手数料 0円 3,000円
違約金 0円 0円
月額料金負担額 6,600円(2か月分) 0円(日割)

UQWiMAXでは契約手数料の3,000円がかかっていまいますが、月額料金を負担することはありません。

いくら契約手数料が無料でも、使わないポケットWiFiの料金を2か月間も払わなければならないのは痛手ですね。

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと
ポケットWifiや固定回線、スマホを契約した後に、「契約を取り消したい」「キャンセルしたい」なんて時に思いつくのがクーリングオフ制度。 ただ、重要事項説明書や契約書にはクーリングオフ制度には触れられておらず、「初期契約解除制度」などの...

ポケットWifiはクーリングオフできる?初期契約解除との違いは?固定回線やWiMAXを契約後すぐに解約する時に注意したいこと

縛っちゃうプランのデメリット

3年契約の縛っちゃうプランは月額2,800円で一見お得です。

しかしこのプランは「縛りなしプラン」と比べても、またほかのポケットWiFiの契約と比べても、あまりおすすめとは言えません。

対応機種はSoftbankの601HWのみ WiMAXはなし!

(引用:Softbank公式サイト

縛っちゃうプランは縛りなしプランとは異なり端末は1種類。Softbankの601HWが届きます。

601HWは2017年春に発売された端末です。下り最大速度は660Mbpsですが、Softbankの最新端末802ZTが最大988Mbpsであることを考えると見劣りしてしまいますね。

縛りなしWiFiであればいつでも解約できますが、縛っちゃうプランは3年この端末と添い遂げなければなりません。

1年目はよくても2年目、3年目となると通信業界はさらに成長します。

2020年からは5Gの時代。

さらにWiMAXやdocomoが1Gbpsを超える光回線並みの速度のポケットWiFiを出している中、これから3年間使い続けるには601HWのスペックでは物足りないでしょう。

途中解約の際の違約金が高い上に端末代金が請求される

縛っちゃうプランの違約金は15,000円

同じ601HW端末を提供しているSoftbankは2年契約で違約金が9,500円なので、縛っちゃうプランは1年契約が長い上に違約金が5,000円以上も高いことになります。

さらに縛っちゃうプランを途中解約する際に気を付けなければならないのは端末代金の残債です。

たとえばWiMAXのプロバイダであれば、端末は無料で手に入るため、途中解約する場合でも違約金以外の費用は基本的に掛かりません。

しかし縛っちゃうプランの場合はただでさえ高額な違約金に加え、1,200円×36カ月契約の残月数が請求されます

UQWiMAXと比較すると、解約時にかかる費用は歴然です。

※UQWiMAXは2019年10月より新プランで違約金を変更しています。詳しくはUQWiMAX新プランを参照してください。

縛りなしWiFiでは1年目の解約金こそ、WiMAXより安いものの、2年目からはそれが逆転します。

さらに端末代金の残債が加わると、解約時に最大で55,800円も費用がかかることに。

これでは気軽な気持ちで契約はできませんね。

契約したのに端末が届かない…という声も

現在人気を集めている縛りなしWiFi。

そのためなのか端末の手配が追いついておらず、「最短翌日発送」とうたっているにも関わらず待てど暮らせど届かないという声が多発しています。

中には1カ月待っても届かず、利用料金だけが請求されたという人も。

契約する際はこういったリスクを考慮しなければなりません。

【最新口コミ】突然の速度制限に驚きの声 1日3GBがいつのまにか2GBに…

いつものように使っていたはずなのに、急に速度制限にかかった!という人が2019年9月あたりから急増しました。

それもそのはず、いつの間にか「1日3GBまで」だった通信上限が2GBまでに変更されていたのです。

口コミでも悪い評価が増えてしまいました。

回線の混雑による変更は仕方のないことかもしれませんが、こうも急に変わってしまうと、今後もこういったことがあるのでは…と不安になってしまいますね。

何にせよ契約内容に変更がある場合は、きちんとした説明はあってしかるべきでしょう。

結論:縛りなしWiFiはLTEを短期~中期で使うならおすすめ!WiMAXはプロバイダ契約がお得

縛りなしWiFiの「縛っちゃうプラン」はたしかに月額料金自体はお得ですが、故障時や解約時の費用、端末が選べないことを踏まえるとリスクが大きすぎてあまりおすすめはできません。

しかし「縛りなしプラン」で契約期間がないのはやはり強い魅力です。

  • 2カ月~1年ほど利用する予定
  • LTE回線をたくさん利用したい
  • 1日2GB未満しか使用しない

上記のような人にとっては使い勝手のいいプランなことは間違いないでしょう。

ただしLTEより速いWiMAX回線を利用したい場合は、縛りなしWiFiでランダムに届く可能性の低さを考えてもWiMAXプロバイダと契約するのが確実でお得です。

また、1日2GB以上使用する場合には、どんなときもWiFiや限界突破WiFiといった無制限WiFiが続々登場しているのでそちらも併せてチェックしましょう。

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?
どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスが開始されたポケットWiFiです。 テレビやYouYubeの広告で見たことがあるという人も多いでしょう。 どんなときもWiFiは「無制限で使い放題」を売り文句にしていますが、実際は...

どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?