WiMAXでSIMのみで契約できるプロバイダまとめ、UQやBIGLOBEならSIMだけ契約もOK!!

WiMAXを解約すると端末は売るか処分する人が大半で、持っていたとしても引き出しの中で眠ったままという人も多いでしょう。

実はそんなWiMAX端末を再活用する方法として、UQ WiMAXBIGLOBE WiMAXSIMのみを契約できるプランがあるのをご存知でしょうか。

本記事ではWiMAXのSIMのみプランの概要や料金、契約方法について解説していきます。

スポンサーリンク

UQ WiMAXやBIGLOBEはなぜSIMのみプランを始めたのか?

(引用:UQ WiMAX)

SIMプランには2年自動更新プランだけでなく、縛りのないプランもあります。

つまり解約金や端末を気にせずにWiMAXを使うことができるということになり、これはなかなかWiMAXにしては画期的なこと。

これまで端末とセットでしか販売してこなかったWiMAXが、ここに来てUQやBIGLOBEでSIM単体の販売も扱うようになった理由について考えてみました。

理由1:SIMロック解除しなくても使えるSIMを出すことで契約を増やす

WiMAX端末はSIMロックが掛けられており、WiMAXのSIMカード以外を入れて使用することは原則できません。

そのため解約後のWiMAX端末は売るか捨てるかしか選択の無い状態でした。

裏技としてau回線対応の格安データSIMを入れて接続する方法もありますが、これもあくまでも非公式の手段。

また契約中のWiMAX SIMを差し替えて別のWiMAX端末に入れて使うというのも、公式としてはあまり推奨していない方法でした。

そんな状況で発表されたのが、UQやBIGLOBEから出たSIMのみ契約プランです。

新しい端末とセットで買わせるのではなく、解約後のWiMAX端末を使ってSIMだけでも契約してもらおうとする選択肢を公式が出したのはなかなか意外に感じられますね。

mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXのルーターを使う場合の条件や選び方、設定方法、通信速度。メリットってあるの?
mineo(マイネオ)はユーザー同士でデータ容量を分け合えるなど独自のシステムで人気の格安SIMです。 スマホやタブレットに挿すのが一般的な格安SIMですが、実はWiMAXのルーターに挿すとLTE回線の他にWiMAX回線も使うことがで...

mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXのルーターを使う場合の条件や選び方、設定方法、通信速度。メリットってあるの?

理由2:通信費を抑え、中古端末を再利用する方法が浸透し始めた

最近ではメルカリやヤフオクがすっかり浸透し、捨てるよりも売って再利用してもらうシステムが社会に広く定着してきました。

これまで捨てられてきた中古の機器でも出品され、使いたい人の手元に渡りやすい環境ができたことで「SIMさえ契約できればWiMAXを使えるのに」という層の需要が以前よりも増えたことでしょう。

格安SIMや中古端末を使って通信費をできるだけ抑えたい、そんな社会の情勢を読んだ上で設定されたプランだと思います。

理由3:電気通信事業法の一部改正で大幅な端末代金割引ができなくなった

電気通信事業法の一部が2019年秋に改正され、UQやBIGLOBEなど一定数のユーザ契約があるサービスでは、定期契約中における大幅な端末代金割引などの販売方法を取ることができなくなりました。

(※参考:総務省「電気通信事業法の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について」)

法律施行後、UQやBIGLOBEではWiMAXの端末代金を料金から毎月少しずつ割り引くプランを撤廃し、月額料金とは別に端末代金をユーザーに請求するプランへ変更しています。

UQ WiMAXの新料金プラン(10月~)「ギガ放題」は2年契約で月額料金3,880円に。
2019年5月に総務省が発表した改正電気通信事業法が10月に施行されるに伴い、WiMAX回線を提供するUQコミュニケーションズもUQWiMAXの新料金プランを発表しました。 大手キャリアの料金プランと同じく、月額料金や契約期間などが大...

ただ販売側としては、月額料金とは別に端末代金が掛かるようになったことで、「端末代金0円」を掲げているプロバイダにユーザーが流れていかないか心配ですよね。

SIMのみ契約プランはそこに対抗すべく、端末代金負担を強いることなくユーザーに契約してもらうために生み出した術であるように思えます。

WiMAXをSIMのみで契約するならUQ?それともBIGLOBE?

(引用:BIGLOBE公式)

ではWiMAXをSIMのみで契約する場合、UQとBIGLOBEのどちらで契約するのが良いのでしょうか。

料金や契約期間、違約金等について確認しておきましょう。

UQ WiMAXBIGLOBE WiMAX
料金3,880円/月(2年自動更新)
解約:1,000円
2,980円(3ヶ月)~
3,980円/月(4か月以降)
最低利用期間:1年解約:1,000円
3,880円/月(自動更新なし)
解約:1,000円(3年以降は0円)
4,050円/月(期間条件無し)
事務手数料3,000円
(端末代)(15,000円)(19,200円)

BIGLOBEは4ヶ月目から3,980円に上がるものの、3ヶ月は2,980円で契約することができます。

途中解約でも違約金は1,000円なので、1年契約を考えているのであればBIGLOBEがおすすめです。

対して2年以降の契約を考えていたり、期間条件の無いプランで契約するならUQが良いでしょう。

もし試しに短期間の利用を考えているのであれば、違約金無しの「期間条件無プラン」を選んでおけば、解約時の手数料は無料で済ませられますよ。

いずれにしても端末の購入分を考えると、SIMだけプランならUQやBIGLOBEをお得に使えそうですね。

契約は各公式ホームページの申し込み画面で「SIMのみ」を選択し、手続きを進めてください。

なおUQやBIGLOBEのキャッシュバックは、端末購入時のみ適用されるため、SIM契約だけではキャッシュバック特典をもらうことはできませんので注意してください。

端末だけの購入はできない。手持ちになければ中古で調達

WiMAXはSIMだけの契約はできても、端末だけの購入についてはどこからも申し込むことができません。

手持ちにWiMAX端末がなければ、中古で調達することになります。

中古で手に入れるならメルカリやヤフオク、Amazonでも可

メルカリやヤフオクはどの機種も出品数が比較的多く、価格も安いことが多いです。

クレードル付きや箱付きでも充電ケーブルがないなど欠品しているものがあったり、動作確認が十分にされておらずトラブルに巻き込まれたりする可能性は十分にありますので注意してください。

なおAmazonでも中古ショップなどから出品されている中古品がいくつもあります。

メルカリやヤフオクよりも価格は高いものの、動作保証がなされているものもあるため、どこから手に入れるかは自分の判断次第ということになるでしょう。

手持ちの端末に入れる時はSIMカードの大きさに注意

 nanoSIMmicroSIM
対象
データ
端末
WX06/
W05/W06/
WX04/WX05
L01s/L02/
HOME 01
W01/W02/
W93/W04/
WX03/L01/
novasHome+CA

SIMカードの契約で一番気を付けてほしいのは、SIMカードの大きさです。

WX04以降の機種のSIMカードはnanoSIM、それ以前の機種はmicroSIMを使っています。

違うサイズを注文しても別途アダプターを用意してサイズを合わせて使う方法もありますが、できれば正しいサイズで契約しておきたいもの。

挿入する端末とSIMのサイズだけはしっかり確認しておきましょう。

結論:端末があればUQやBIGLOBEのSIMのみ契約でWIMAXを利用できる

WiMAXをSIMのみで契約する方法や料金、端末を手に入れる方法について解説してきました。

毎年1月頃になると新機種が発売されているWiMAXですが、契約期間の縛りや高額な違約金があっても新機種を使いたい人はUQやBIGLOBE以外のWiMAXでの契約が良いでしょう。

多少機種が古くてもSIMのみ契約で十分という人は、利用する期間に応じてUQやBIGLOBEからの契約がおすすめです。

ただしUQやBIGLOBEは端末契約が無ければキャッシュバック特典を受けることはできませんので、勘違いしないように気を付けてください。

公式:BIGLOBE WiMAX