SIMフリー端末のメリット、デメリットや、au・docomo・softbankなどキャリアスマホのSIMロックを解除する方法

スマホ・携帯・格安SIM

中古でスマホを買おうとすると、SIMフリーやSIMロック解除という言葉をよく見かけますよね。

キャリアのスマホから格安SIMに乗り換えて通信費を安くしたい人にとっては、知っておいてほしい言葉のひとつです。

今回はSIMフリーとSIMロック解除の違いや、SIMロック解除の仕方、SIMフリー端末のメリットデメリットを紹介します。

スポンサーリンク
  1. SIMフリーとは?SIMロック解除との違いやロック解除や端末入手方法
    1. SIMフリーとは
    2. SIMフリーとSIMロック解除との違い
    3. SIMロック解除の方法
      1. ドコモのSIMロック解除方法
      2. auのSIMロック解除方法
      3. ソフトバンクのSIMロック解除方法
    4. SIMフリー端末の購入方法
  2. SIMフリー端末のメリット、デメリット
    1. SIMフリー端末のメリット
      1. 好きな回線、格安SIMを選ぶことができる
      2. 端末の種類が豊富
      3. 海外でもSIMを差し替えて使うことができる
      4. 中古の買取金額が高い
    2. SIMフリーのデメリット
      1. 端末の疑問や不具合については自分で解決する必要がある
      2. SIMやWiFiを自分で契約しなければならない
      3. 格安SIMとセット購入できるのは旧モデルの端末
      4. キャリアメールアドレスなどキャリア独自のサービスが使えない
      5. 端末によっては緊急速報が受け取れない
      6. 故障時の端末保証サポートが少ない
  3. SIMフリー端末に挿すおすすめ格安SIM
    1. 速度を重視するならY!mobileかUQモバイル
        1. 格安SIMの中でも特に速度の安定性に定評のあるY!mobile
        2. ポケットWiFiとの併用で月額料金が割引になるUQモバイル
    2. 通信制限後も1Mbpsで使い放題の楽天モバイル
    3. 決まったアプリを使うならカウントフリーのあるSIMがおすすめ
    4. たくさん通信するならポケットWiFiも検討しよう
  4. 結論:SIMフリー端末はスマホ中級者向け。自分に合ったSIMを探して通信費を節約しよう

SIMフリーとは?SIMロック解除との違いやロック解除や端末入手方法

スマホなどに入れるSIMカードにはそれぞれ固有の番号が記録されており、これを認識することで機器を使っているのがどこのだれかを明確にし、通話やインターネット通信を行うことができるようにしています。

SIM役割

docomoやau、Softbankなどといったキャリアで契約したスマホは基本的に、そのキャリアの回線しか使えないように端末にロックがかかっています。これをSIMロックと呼びます。

SIMロック

しかし最近では、キャリアで契約するよりも安い「格安SIM」が色々な事業者から提供されていますよね。

格安SIMはキャリアの回線をレンタルして通信を行うため、SIMロックのかかったままのスマホでは自由にSIMを付け替えることができません。

そんなとき便利なのがSIMフリーの端末です。

SIMフリーとは

SIMフリーはその名の通り、SIMロックが掛けられていない端末を指します。

格安SIMは提供している事業者(MVNO)ごとに回線が異なるため、「この格安SIMで契約したいけど、ドコモ回線にしか対応していない」なんてこともしばしば。

MVNO種類

一方SIMフリー端末であれば、上記のどの回線のSIMを挿入してもロックがかかって使えないということはありません。

そのため使用したいSIMが決まっていなかったり、いろいろなSIMを付け替えたりしたい場合には、とりあえずSIMフリーの端末を選んでおいた方がいいでしょう。

SIMフリーとSIMロック解除との違い

新しく端末を購入するのではなく、キャリアで購入したスマホをそのまま使いたい場合には、SIMのロックを解除し、他社回線のSIMを使える状態にすることができます。

ロックを解除すればSIMを自由に選べるようになり、一見SIMフリーの端末と同じように思えますがこの二つは別物です。(ネットの記事や中古品出品者の中にはSIMフリー=SIMロック解除端末として書いているものもあるので注意して読みましょう)

SIMフリースマホがあらかじめ多様なSIMに対応するよう作られているのに対して、キャリアで購入したスマホには、そのキャリアの回線の周波数に対応するように設定されている場合があります。

この周波数が新しいSIMの回線と合致していないと、SIMロックを解除したところでネットなどの通信を行うことはできません。

そのため各格安SIM事業者(MVNO)では、各キャリアのスマホにSIMを挿し正常に動作するかを確かめ公表しています。

SIMロックを解除した端末に格安SIMを挿す場合は、必ずキャリアごとに「動作確認済端末」であるかを確認しましょう。

SIMロック解除の方法

SIMロックの解除は各キャリアのショップか公式マイページで行うことができますが、店舗で行うと手数料がかかります。

また購入から100日経過していることなど条件があるため確認しておきましょう。

ドコモのSIMロック解除方法

ドコモのSIMロック解除は店頭や電話では3,000円、オンラインでは無料でSIMロックが可能です。

ただし機種によっては電話解除を受け付けていなかったり、店頭でも無料になるケースがあるので、解除する際は一度公式サイトを確認しましょう。(ドコモ公式サイト

docomoのSIMロック解除
解除条件 1)SIMロック解除対象機種であること
2)購入日から100日経過していること
※ただし以下の場合は購入から100日以内でも解除可能
・過去に同回線でSIMロック解除を行っていて
その受付から100日経過している
・一括払いもしくは分割払い金の清算が済んでいる
3)お任せロックやネットワーク利用制限にかかっていないこと
解除方法
手数料
ドコモショップ店頭で申し込み【手数料~3,000円】
電話(115)での申し込み【手数料~3,000円】
My docomo(パソコン、スマホ)の申し込み【手数料0円】

店頭での解除申込は契約者本人の身分証明書が求められますが、中古で購入した場合なども来店者の身分証提示でロックを解除してもらえます。

auのSIMロック解除方法

auも店頭では3,000円の手数料がかかりますが、オンラインで解除する場合は無料です。(au公式サイト

auのSIMロック解除
解除条件 1)2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能のある機種
2)機種を購入してから101日目以降であること
(購入当日が1日目)
3)ネットワーク利用制限中ではないこと
解除方法
手数料
auショップ店頭での申し込み【手数料3,000円】
My au(PC、スマホ)からの申し込み【手数料0円】

ただしauでは解約済のスマホのSIMロック解除はすべてauショップでのみの受付となっており、オンラインからの、申し込みはできません。

そのため中古などで購入したスマホにSIMロックがかかっている場合などは3,000円がかかってしまうことに注意しましょう。

ソフトバンクのSIMロック解除方法

ソフトバンクでも店頭申込3,000円、オンラインでは無料という手数料は変わりません。

ソフトバンクのSIMロック解除
解除条件 1)SIMロック解除対象機種であること
2)機種購入日から101日以降であること
(2015年4月までに発売された端末は除く)
3)各種の機能制限やネットワーク利用制限中でないこと
解除方法
手数料
ソフトバンクショップ店頭での申し込み【手数料3,000円】
My softbank(PC、スマホ)からの申し込み【手数料0円】

以前までは解約後90日以内、申し込みは契約者本人のみと条件が厳しかったSoftbankのSIMロック解除ですが、現在は緩和され、中古端末でも解除が可能となっています。

ただしSoftbankもau同様、中古端末の解除は店舗のみとなっているため、身分証と手数料が必要な点に気を付けましょう。

SIMフリー端末の購入方法

SIMフリー端末はキャリアで購入できないため、入手できる場所が限られています。

たとえばiPhoneのSIMフリー端末は以前までAppleの公式オンラインストアAppleストアでしか購入することができませんでした。

今ではキャリアの端末値下げ幅が小さくなった影響もあり、家電量販店などでも購入することが可能です。

また、中古ショップネットオークションなどでもSIMフリーやSIMロック解除済端末を購入することができますが、中には不正に入手されたり端末代金が滞納されている所謂「赤ロム」状態の端末が紛れていることがあります。

「赤ロム」の端末はキャリア側で使用に制限をかけた端末のため、購入したSIMが使えない可能性があり注意が必要です。

赤ロムか否かは中古端末の「製造番号(IMEI)」と各社の「利用制限状況」で確認することができます。製造番号がそもそもわからない端末は避けた方がいいでしょう。

各キャリア利用制限検索ページ
docomo】【au】【Softbank

結果は〇、△、×の3種類。(「ー」は入力ミス)

現状は安全な端末
現在分割払い中の端末
× 赤ロム

○である場合も、その後赤ロムとなるケースがあるため、中古端末はできるだけ赤ロムになった場合返金、交換に応じてくれる「赤ロム保証」のある中古ショップで購入するのが安全です。

中古端末購入時の注意点について詳しくは以下の記事も参考にしてください。

赤ロムと白ロムの違いとは?中古スマホやルーター購入時の確認事項や気を付けること
格安SIMを契約した人の中には、中古でスマホの端末を購入する人も多いでしょう。 その際に絶対に注意しなければいけないのが「白ロム」と「赤ロム」です。 中古スマホを取り扱っている店舗の中には「赤ロム保証」と書いてあることもあります...

赤ロムと白ロムの違いとは?中古スマホやルーター購入時の確認事項や気を付けること

SIMフリー端末のメリット、デメリット

SIMフリー端末を購入するメリットとデメリットを確認しましょう。

SIMフリー端末のメリット

まずはSIMフリー端末のメリットから確認していきましょう。

  • 好きな回線、格安SIMを選ぶことができる
  • 端末の種類が豊富
  • 海外でもSIMを差し替えて使うことができる
  • 中古の買取金額が高い

好きな回線、格安SIMを選ぶことができる

SIMフリーの端末は好きなSIMを挿すことで料金を安く抑えたり、契約期間を短くしたり、プランの自由度が高いのが魅力です。

例えばdocomoであればプランは大きく分けて、7GBまでの「ギガライト」か30GBまでの「ギガホ」の2つのみ。

月に10GB程度使う人は割高な「ギガホ」プランで申し込むしかありません。

しかしSIMフリー端末で好きな格安SIMを選べば、より自分の使い方に合わせたプランで契約することが可能です。

同じドコモ回線を利用できるBIGLOBEモバイルなら、1GB、3GB、6GB、12GB、20GB、30GBと細かく通信量がわかれています。

月10GBしか使わないのであれば12GBのプランで月額3,400円。

ドコモなら月6,980円(家族割や光回線セット割を含める場合月4,980円)はかかってしまうことを考えれば、かなりの節約であることがわかりますね。

端末の種類が豊富

現在スマホ端末は1万円の安価なものから、10万円以上するハイエンドのものまで多種多様です。

しかしキャリアで取り扱いしている端末はそのごく一部。取り扱いのされていないスマホも数多くあります。

こだわりの強い人ならSIMフリー端末の方が選択肢が広がり、自分好みの価格やデザイン、スペックの端末が見つかりやすくなるでしょう。

特に低価格帯のスマホはキャリアでの取り扱いが薄いため、SIMフリーのものを探すのがおすすめです。

海外でもSIMを差し替えて使うことができる

SIMフリーの端末であれば、海外の現地SIMを契約し旅行の間だけ使用する、なんて使い方も可能です。

端末のバンドが対応している場合に限りますが、キャリアの海外ローミングプランを利用するよりはるかに料金を抑えることができます。

端末がデュアルSIM対応(ひとつの端末に複数枚のSIMを挿すことができる)であれば、国内用と、海外現地SIMの2枚を挿し併用できるため、海外に行く機会が多い場合はおすすめです。

中古の買取金額が高い

SIMフリースマホは万一使わなくなり中古ショップやオークションで売る場合でも、キャリアのロックがかかった状態のものより高額で取引することが可能です。

先に述べたようにキャリアのロックがかかった状態だと、使用できる回線が限られてしまうため、どうしても需要が低く、価格も安くなりがち。

キャリアのスマホの場合もSIMロックを解除すれば問題ありませんが、オンライン以外での解除は有料な上、iPhoneの場合アクティベーションロックなどさらにややこしい問題もあります。

将来的に手放すことを考えているなら、SIMフリー端末を選んでおくと面倒がないでしょう。

SIMフリーのデメリット

SIMフリーの端末で気を付けなければいけない点は多くあります。ひとつずつ確認しましょう。

  • 端末の疑問や不具合については自分で解決する必要がある
  • SIMやWiFiを自分で契約しなければならない
  • セット購入できるのは旧モデルの端末のみ
  • キャリアメールアドレスが使えない
  • 端末によっては緊急速報が受け取れない
  • 故障時の端末保証サポートが少ない

端末の疑問や不具合については自分で解決する必要がある

まず前提として、疑問点が出た際に自分で調べて解決することが難しければ、SIMフリーの端末に手を出すのは考え直した方がいいでしょう。

格安SIM業者は格安というだけあって、キャリアのような手厚いサポートはありませんし、端末の購入先に問い合わせても、使い方までは教えてくれないケースがほとんどです。

幸い今は、ネットで検索するだけでとんどの疑問点が解決できますが、最低限データのバックアップや移行初期設定を自分で行うのが難しい場合はSIMフリーのスマホは諦めましょう。

SIMやWiFiを自分で契約しなければならない

SIMフリーの端末は、キャリアで契約するようにそのまますぐ使えるようにはなりません。

通信するためには中に入れるSIMか、WiFi環境(固定回線やポケットWiFi)を別途契約する必要があります。

SIMも種類がたくさんあり、自分に合ったものを探すのはそこそこ大変です。

わからないことがある場合は、格安SIMの中でも実店舗を多くもつ、UQモバイルY!mobileを選んでおくと相談しながらプランを決めることができるため安心できるでしょう。

格安SIMとセット購入できるのは旧モデルの端末

SIMフリーの端末は格安SIMとセットで販売しているケースもあります。

しかしMVNOで提供している端末は、たいていが一世代か二世代前のモデルであることが多いため、新発売のiPhoneなどはまずセット購入ができません。

新機種が欲しいという場合は端末とSIMを別々に入手しなくてはならないので、少々難易度が上がってしまうことを考慮しておきましょう。

キャリアメールアドレスなどキャリア独自のサービスが使えない

SIMカードがない状態は携帯会社のどことも契約を行っていないことになるため、当然携帯会社独自のキャリアメールアドレス(docomo.ne.jpなど)を利用することができません。

ただメールとして利用するならフリーメールアドレスで問題ありませんが、フリーのメールアドレスは簡単に取得、利用ができてしまうため、キャリアのものより信用度が低くなってしまいます

銀行の手続きなど一部の契約や登録は、フリーのメールアドレスで行うことができず、キャリアメールアドレスを求められる場合があります。

必須というわけではありませんが、どうしても必要な場合は、オプションでキャリアアドレスを付与できるSIMと契約するといいでしょう。

キャリアメールの必要性とは?2019年に始まった+メッセージサービスとフリーメールがあればスマホは大丈夫!?
皆さんは普段キャリアメールを使っていますか。 最近ではLINEやInstagramなどのSNSやGmailなどのフリーメールを連絡手段にしていて、キャリアメールはほとんど使っていないという人が多いのではないでしょうか。 2018...

キャリアメールの必要性とは?2019年に始まった+メッセージサービスとフリーメールがあればスマホは大丈夫!?

【2020年版】フリーメールのおすすめ一覧。安全に使えるセキュリティ対策が充実しているものがベスト
連絡手段としてLINEがすっかり浸透した現在においても、サイトやサービスの利用などにメールアドレスは欠かせません。 携帯やパソコンを持っていながらメールアドレスを一つも持っていないという人はいないでしょう。 ただ、MNPや格安S...

【2020年版】フリーメールのおすすめ一覧。安全に使えるセキュリティ対策が充実しているものがベスト

端末によっては緊急速報が受け取れない

災害時や緊急時にアラームで知らせてくれる「緊急速報」ですが、SIMフリースマホの場合この速報が届かないことがあります。

万が一のときに警報や避難情報を受け取れないと命にかかわり非常に危険ですよね。

まず緊急速報はETWS(Earthquake Tsunami Warning System)というシステムを使用しています。

ETWSとは
地震や津波など緊急性の高い情報の伝達を主な目的とする、一斉配信の方式。対象となるエリアの全端末へ向けて無差別にメッセージを送信する。

(参考:KDDI用語集

一見便利なシステムですが、実はこのETWS、受け取る端末がシステムに対応していなければメッセージを受けとることはできません。

キャリアから購入した端末を使用している場合は、ETWSでメッセージが届きアラームが鳴ります。

契約が切れていようが、SIMロックを解除していようが、キャリアが販売したものであれば問題ありません。

しかしSIMフリーの端末はこのETWSに対応していない場合があるのです

地震や津波の速報は受け取れても、Jアラート(全国瞬時警報システム)は届かないというケースも実際にありました。

iPhone4、Android8.1以降ではETWSに対応しましたが一番確実なのは、防災速報アプリを入れておくことです。

SIMフリースマホを利用する場合は万が一に備えてインストールしておきましょう。

【Yahoo!防災速報:iPhone版/android版

故障時の端末保証サポートが少ない

携帯会社と契約しているとオプションで端末補償などのサービスが用意されています。

しかしSIMフリースマホはどこにも属していない、いわば野良スマホ。

新品端末であれば1年間はメーカーの保証を受けることができますが、中古端末の場合壊れてしまっても基本的に保証を受けることはできません

必要なデータはこまめにバックアップを取るなど、使用は自己責任で行いましょう。

SIMフリー端末に挿すおすすめ格安SIM

SIMフリー端末に格安SIMを挿したいけど、格安SIMは種類が豊富で正直どれがいいのかわかりにくいですよね。

ここでは速度やサポート面で優れた格安SIMを紹介していきまます。

もっと詳しくSIMの料金やサービスについて知りたい場合は以下の記事も参考にしてください。

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介
格安SIMには大きく分けて2種類「通話SIM」と「データSIM」とがあります。 通話SIMはその名の通り電話ができるSIMですが、データSIMは電話番号での通話ができないデータ通信のみ可能なSIMを指します。 特にタブレットやモ...

格安データSIMで料金が最も安いMVNOはどれ?3GB以内、10GB以内、20GB以内でそれぞれ紹介

大容量の人気格安SIMを徹底比較、20GB~50GBの最安値は?おすすめはどれ?キャリアに比べるとどう?
キャリアのプランよりお得にネットができるとあって最近需要が増えている格安SIM。 見ると1~7GBの利用者が多いようですが、タブレットにテザリングをしたり、動画を見たりしていたらつい容量がかさんでしまうという人も中にはいるのではないで...

大容量の人気格安SIMを徹底比較、20GB~50GBの最安値は?おすすめはどれ?キャリアに比べるとどう?

速度を重視するならY!mobileかUQモバイル

格安SIMのデメリットの一つに、速度が不安定で遅くなりがちな点があります。

特に通勤通学時、お昼休み、夕方から夜にかけては利用者が多く、通信しようと思っても読み込みまでに時間がかかってしまうというケースも多いです。

しかしY!mobileやUQモバイルはそれぞれSoftbankとauのサブブランドのため、他のMVNOに比べてきちんと速度が出やすい格安SIMと言えるでしょう。

格安SIMの中でも特に速度の安定性に定評のあるY!mobile

Y!mobileの月額料金は格安SIMにしては多少割高になってしまいますが、その分通信速度は今のところナンバーワンです。

(画像引用:Y!mobile

通常電話番号での通話が可能なSIM(通話SIM)では契約期間の縛りがあるケースが多いのですが、Y!mobileにはそれがないため契約しやすくなっています。

ただし契約から6カ月目以降は4GBで2,680円と、同じSoftbank回線を使用できるLINEモバイルの5GBプランとは1,000円ほど差があるため、安定した速度をとるか料金をとるかは悩みどころですね。

ポケットWiFiとの併用で月額料金が割引になるUQモバイル

UQmobileでは月1,980円~(3GB)で、Y!mobileとは異なり10分間のかけ放題がオプションとして選択自由となっています。

そのため通話をそんなにしないという場合は、UQモバイルの方が月額料金を抑えることができますね。

(画像引用:UQWiMAX

容量から考えても特別安いわけではないですが、サブブランドという安心感やサービスの質などで選ぶ人は多いです。

また同じUQコミュニケーションズのWiMAX回線を使用したポケットWiFiを併用することで月額料金が300円割引となる「ギガMAX月割」も大きな魅力のひとつ。

WiMAXは月間の通信容量が無制限のポケットWiFiのため、たくさん通信を行う場合におすすめです。

ポケットWiFiについては後程詳しく解説します。

WiMAXにはどんな種類がある?違いは?料金、キャッシュバックやサポート、契約期間をチェック
WiMAXはUQコミュニケーションが提供する「高速モバイルデータ通信ができる回線」の一種。 WiMAX回線を契約するにはUQWiMAXなどのプロバイダと契約する必要があります。 しかしWiMAXのプロバイダは現在20社以上。それ...

WiMAXにはどんな種類がある?違いは?料金、キャッシュバックやサポート、契約期間をチェック

通信制限後も1Mbpsで使い放題の楽天モバイル

楽天モバイルでおすすめなのは10分の通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイプラン」です。

通常格安SIMやキャリアのスマホは、契約した容量を超えてしまうと最大200Kbpsや128Kbpsというメールなどのテキストデータしか使えない速度になってしまいます。

しかし楽天モバイルでは契約したプランの容量を超えても、最大1Mbpsというほかの格安SIMの約5倍の速度で通信することが可能です。

もちろん「最大速度」なので、1Mbpsが保証されているわけではありませんが、通信制限後でも使えるという口コミは多いです。

ちなみに1MbpsはYoutubeの標準画質動画が見られる程度の速度。調べ物をしたりするくらいなら十分な速さと言えるでしょう。

1Mbpsの速度について詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 最近ではdocomoが制限時最大速度を128Kbpsから1Mbpsに変...

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説

決まったアプリを使うならカウントフリーのあるSIMがおすすめ

カウントフリーとは、特定のアプリやサービスを使うデータ通信量をカウントしないシステムのこと。ゼロレーティングやデータフリーとも呼ばれています。

通常スマホを契約している場合、月に10GBなどの制限が設けられていることがほとんどですが、カウントフリーのサービス内であれば、この上限に関係なく通信が可能です。

カウントフリーは対象のプランに契約するか、別途月額料金を支払いオプションをつけることでサービスを受けられます。

各キャリアや格安SIM事業者(MVNO)によってカウントフリーとなるアプリが異なるため、自分のよく使うサービスが対象になっているものを選ぶのがいいでしょう。

格安
SIM
LINE Twitter Face
Book
イン
スタ
You
tube
ニコ
ニコ
Abema
TV
Google
Play
Music
Spotify Apple
Music
radiko
LINE
モバイル
× × × × × × ×
DMM
モバイル
× × × × × × ×
BIGLOBE
モバイル
× × × × ×
OCN
モバイル
× × × × × × × × ×
LINKS
MATE
× × × × × ×
カウントフリーとは?仕組みやカウントフリーオプションがあるおすすめ格安SIM、対象アプリやサービスまとめ
カウントフリーは一部のキャリアプランや格安SIMで利用できるサービスです。 うまく利用すれば、どれだけ動画やSNSを見ても通信制限にかからないとあって、通信費を節約したい人たちの間で人気が高まっています。 今回は各事業者ごとにカ...

カウントフリーとは?仕組みやカウントフリーオプションがあるおすすめ格安SIM、対象アプリやサービスまとめ

たくさん通信するならポケットWiFiも検討しよう

大容量の通信を行うなら格安SIMの大容量プランより、格安SIMを挿したスマホと無制限プランのポケットWiFiを持つ方法がお得です。

ポイントはWiMAXなどポケットWiFiの無制限プランと格安SIMを1GBなど少量な最安プランで契約すること。

基本的にはポケットWiFiにつなげて通信をすることで、1GBの最安プランでも通信制限にかかることなく通信が可能です。

携帯会社の大容量プランと比べるとその差は歴然。

最大で月5,000円、年間にすると60,000円の差があります。かなりの節約です。

月額料金は安くしたいけど、通信量は減らしたくないし…格安SIMの速度が気になる…という人には特におすすめの方法です。

結論:SIMフリー端末はスマホ中級者向け。自分に合ったSIMを探して通信費を節約しよう

SIMフリーのスマホは端末やSIM、使い方の選択肢が格段に広がる点がメリットです。

その代わりに、何が自分に合っているのか、自分で見極めることが重要になります。

初期設定を行ったり、疑問点を調べたり、キャリアではショップにいけば解決していたものをほとんど自分の力で行わなければいけなくなるのは、どうしてもハードルが高いように感じてしまうでしょう。

ただし慣れてしまえばそう難しいものでもありません。

自分に合ったスマホやSIMを見つけて通信費を節約しましょう。