【料金最安保証?】SPACE WiFiの特徴、口コミ・評判まとめ。契約期間縛りなしでもWiMAXとLTE回線を選べないのはかなりきつい

WiMAXプロバイダ情報
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,246円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,246円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

SPACE WiFiは「最安値保証」という少し変わったシステムを持つ民泊WiFiです。

安い、縛りがないという評判を見かけるため、気になっている人も多いのではないでしょうか。

SPACE WiFiの運営は株式会社スペースエージェント。2015年設立の比較的新しい会社です。

本記事では、SPACE WiFi(スペースWiFi)の料金やメリット・デメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

SPACE WiFi(スペースWiFi)とは?

SPACE WiFiの概要について早速確認していきましょう。

月額料金 3,680円
事務手数料 0円
送料 なし
発送までの
期間
3営業日
返却 あり/送料自己負担
月間
容量制限
なし
速度制限 WiMAX3日10GB/Softbank1日3GB
最大128Kbps
最低利用
期間
2カ月
回線 WiMAX/Softbank
速度 下り最大440Mbps~112.5Mbps/
上り最大75Mbps~37.5Mbps
取扱機種 WiMAX/W04
ソフトバンク/801ZT
公式サイト SPACE WiFi公式サイト→

月額料金は最安値保証で手数料もなし

月額料金 3,680円
事務手数料 0円
送料 返却時のみ自己負担

SPACEWiFiの料金プランはとてもシンプルです。

月額3,680円で契約時の手数料や送料、端末代金がかかることもないので、安心して使えます。

1年間使うと3,680円×12カ月の44,160円。

SPACE WiFiでは最安値保証というシステムがあり、2019年2月1日時点でGoogle/Yahooにおいて「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるものの中で「最安値」であることを約束するというものです。

公式サイトの料金比較表を確認しても最安値であることがわかります。

(画像引用:SPACE WiFi公式サイト

契約期間・解約金・更新月

SPACE WiFiは、契約期間の定めが無く、解約違約金は掛かりません

契約期間が決まっていないので、契約満了月や更新月といった、ポケットWiFiを使うときに気にしてしまうポイントを気に掛ける必要がないのはうれしいですね。

最低利用期間は1カ月ですが解約は申請した翌月のため、少なくとも2カ月は利用することになります。

解約月の料金は日割りにならないので、月末まで使い続けるのがいいでしょう。

回線の種類・エリア・回線速度

SPACE WiFiでは、SoftbankのLTE回線WiMAXの回線が提供されています。

回線と端末は原則選ぶことができませんが、通信エリアの関係で電波が受信できないなどの場合は、申し込み後サポートセンター(0120-546-573/info@spacewifi.info)から回線の指定が可能。

端末はSoftbankなら「801ZT」、WiMAXは「W04」が対象です。注文が増え端末が足りなくなるとFS030Wが送られてくることもあります。

回線 端末 下り最大速度 同時接続台数 連続通信時間 連続待受時間
Softbank 801ZT 112.5Mbps 10台 約8.5時間 約1,050時間
WiMAX W04 440Mbps 10台 約10.5時間 約850時間

※利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。

通信エリアは、Softbank回線であればSoftbankのエリア、WiMAX回線であればWiMAXのエリアが適用されます。

WiMAX回線は通常のキャリアのLTEより通信できる範囲が狭くなっているため、契約前にエリアマップで確認しておきましょう。

ちなみにWiMAX回線を使用する場合、ルーターを「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、auの4GLTEも利用できるようになります。

しかしこの場合、月額料金に1,050円が上乗せになるほか、月の通信量上限は7GB。

SPACE WiFiではこの機能の使用は推奨はされていないため注意しましょう。

通信制限

SPACE WiFiには通信量に上限があり、それを超えると速度が制限されてしまいます。

届いた端末ごとに制限が微妙に異なるため、注意しましょう。

短期制限 制限期間と制限中速度
Softbank端末 1日3GBまで 制限を超えた当日中128Kbps
WiMAX端末 直近3日間の合計10GBまで 制限を超えた翌日18時~26時の間1Mbps

ちなみに通信量1GBでは以下のことが可能です。

  • WEBサイトの閲覧:約4,300ページ
  • メールの送信:約20万通
  • LINE通話:約1852分
  • 動画:高画質なら約90分、低画質なら300分

つまり1日に3時間以上高画質で動画を見る人は、速度制限にかかってしまう可能性があるため注意しましょう。

支払い方法

SPACE WiFiの支払方法はクレジットカード払いか口座振替のどちらかを選ぶことが可能です。

【クレジット払いの場合】

初回は初月分の日割り料金を商品発送前に決済されます。翌月以降は月の最終営業日に引き落としです。

【口座払いの場合】

初月分の日割り料金と2カ月目分を合わせて利用開始月翌月の27日に引き落としとなります。以降引き落とし日は当月27日。

どちらを選んでも問題ありませんが、口座振替の方は本人確認書類の提出や審査などでクレカ払いよりも登録に時間がかかってしまうので要注意。

契約方法と解約方法

SPACE WiFiの契約や解約の方法は、以下の通りです。

SPACE WiFiの契約方法

SPACE WiFiは公式サイトから申込み手続きをすることができます。

\公式HPはこちらから/
SPACE WiFi公式サイト

手順1)「SPACE Wi-Fiを申し込む」ボタンを選択

まずは画面右上の申し込みボタンから、契約画面へと進みます。

手順2)契約者情報を入力

画面に添って、契約者情報を入力します。

口座振替を希望する場合は、申し込み完了後、別途本人確認書類をメールにて送付しなければならないので注意しましょう。

すべて入力したら重要事項を確認し同意欄にチェックを付け、確認画面へ進みます。

手順3)契約内容確認/クレジット情報入力

入力した情報に誤りがないか確認します。

問題なければ口座振替の場合は「申し込む」ボタンを押し、申し込みが完了します。

その後メールの指示に従って、口座登録と本人確認書類の提出をしましょう。

クレジットカード払いの場合は、契約内容確認後、クレカ情報を入力します。

情報が入力できたら、申し込みは完了です。

端末は14時以内の申し込みで最短翌日発送ですが、混み合っている場合はさらに時間がかかる可能性もあります。

口座振替は特に審査に数日かかるため、時間に余裕をもって申し込みをしましょう。

SPACE WiFiの解約方法|フォームに連絡すると翌月末に解約に

SPACE WiFiの解約は公式サイトにきちんと明示されている通り、専用の解約フォームから連絡し、端末を返却するだけでOKです。

ただし、申請をしてからすぐに解約になるわけではありません。公式には以下の注意書きがあります。

  • ご解約申請をいただいた翌月末が解約月となります。
  • 当月解約は出来兼ねておりますので、予めご了承下さい。
  • 端末一式を、解約月の翌月5日まで弊社に届くようご返送下さい。
  • 翌月5日以降に到着した場合、1ヶ月分のご利用料金が発生致します。

【8/20に解約申請の場合】
9月末に解約(ご利用料金の最終請求月は9月分)。10/5までに返却。
※10/6以降に到着の場合、最終請求月は10月となります。

つまり解約したい月の1カ月前には申請をしなければならない、ということですね。

返却するものは以下の3つ。

  • Wi-Fiルーター 本体
  • 充電ケーブル
  • ACアダプタ

不備があると損害金を請求される恐れがあるので、一式揃っているかきちんと確認しましょう。返却先は以下の通りです。

返却先 〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西5丁目20
郵政福祉札幌第一ビル1F
《札幌南1条郵便局留め》
SPACE Wi-Fi宛
0120-546-573

送料は自己負担で、郵便局を使った発送方法が指定されています。追跡サービスのあるレターパックなどがおすすめです。

SPACE WiFiのメリット

SPACE WiFiで契約するメリットは次の通りです。

  • 端末代金や送料など初期費用が無料
  • 月額料金の最安保証がある
  • 外国人対応のサポートがしっかりしている
  • 口座振替での支払いが可能

端末代金や送料など初期費用が無料

ポケットWiFiでは初月に事務手数料や端末代がかかるケースが多いですが、SPACE WiFiではそれらがなく、月額料金の支払いのみとなっています。

シンプルでわかりやすいですね。

事務
手数料
端末代 送料
SPACE WiFi 0円 0円 返却時
めっちゃWiFi 3,000円 0円 返却時
どんなときもWiFi
3,000円 0円 返却時
よくばりWiFi 3,800円 0円 返却時
限界突破WiFi 0円 0円 なし
SAKURAWiFi 3,000円 0円 返却時
FUJIWiFi 3,000円 0円 返却時
UQWiMAX 3,000円 15,000円 なし

初期費用の掛からないポケットWiFiは他に限界突破WiFiがありますが、こちらは2年契約のため、短期間使う場合はSPACE WiFiがおすすめです。

ただし返却時の送料だけは自己負担となるので注意しましょう。

月額料金の最安保証がある

最安値保証とは簡単にいうと家電量販店でよく見る「他店よりお安く!」のシステムです。

他のポケットWiFiと比較し、2年間の総費用を最も安くすることを約束してくれます。ポケットWiFiにはありそうでなかったシステムですね。

ただしSPACE WiFiの最安値保証には条件があります。

2019年2月1日時点でGoogle/Yahooにおいて「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるすべての民泊用Wi-Fi商品と比較し、契約から2年間利用して解約した際までの「総費用」が最安値であることをお約束いたします。

つまり2019年2月以降に登場したポケットWiFiに関しては対象外ということですね。

最近では「民泊WiFi」という呼称も少なくなってきたので、期待しすぎないようにしましょう。

外国人対応のサポートがしっかりしている

SPACE WiFiは民泊WiFiなので、海外からの旅行客にも対応できるようなサポートが整っています。

申し込み後通知されるURLから英語、中国語の端末操作マニュアルをダウンロードできる上、9時~22時まで受け付けしているコールセンターでは日本語、中国語に対応

個人で使用する場合にはあまり意味のないメリットではあるのですが、民泊WiFiとしては頼もしいですね。

口座振替での支払いが可能

SPACE WiFiはクレカ払いの他、口座振替に対応しています。

クレカ払いのみのポケットWiFiが多い中、選択肢があるのはうれしいですね。

クレカ 口座振替 コンビニ
払い
SPACE WiFi ×
めっちゃWiFi × ×
どんなときもWiFi
×
よくばりWiFi × ×
限界突破WiFi ×
SAKURAWiFi × ×
FUJIWiFi ×
UQWiMAX ×

ただし口座振替を利用すると、申し込み時の審査に時間がかかったり、口座の登録が遅れた場合でも申し込み時指定した端末到着日から利用料金が発生してしまう、などといったデメリットもあるので気を付けましょう。

SPACE WiFiのデメリット

対して、SPACE WiFiのデメリットには何があるのでしょうか。

  • 月額料金が高い上、短期の通信制限がある
  • 端末は別途連絡をしないと選べない
  • 故障、紛失時の弁済金が、保証に入っていても高額
  • マイページがない

月額料金が高い上、短期の通信制限がある

月額料金だけを見ると残念ながらSPACEWiFiは最安値のポケットWiFiではありません。

月額料金 初期
費用
回線 契約
期間
通信
容量

詳細
SPACE
Wi-Fi
3,680円 0円 WiMAX なし 3日10GB
1日3GB
Mugen
WiFi
3,280円 3,000円 3大キャリア 2年 無制限 詳細
どんなときも
WiFi
3,480円 3,000円 3大キャリア 2年 無制限 詳細
限界突破
WiFi
3,500円 0円 3大キャリア 2年 無制限 詳細
FUJIWifi
(100GB)
2,780円
(※1)
0円
(※1)
ソフトバンク なし 100GB 詳細
FUJIWifi
(無制限)
3,480円
(※1)
0円
(※1)
3大キャリア なし 無制限 詳細
どこよりも
WiFi

2,980円
(※2
3,000円 ソフトバンク 2年 無制限 詳細

※1:FUJI WiFiの料金は2020年4月30日までの期間限定キャンペーン価格
※2:台数限定のキャンペーン価格

SPACE WiFiのプランは1日3GBか3日10GBで制限がかかります。そのため月に使えるのはだいたい100GB程度。

FUJIWiFiの100GBプランなら、月額3,480円で利用できるためSPACEWiFiよりもお得になります。

契約期間に2年の縛りを設けるとさらに安いポケットWiFiはたくさん。「最安値保証」の文字だけで判断してしまうと早計かもしれませんね。

端末は別途連絡をしないと選べない

SPACE WiFiにはWiMAXとSoftbankの2つの回線が使えるルーターが提供されていますが、どちらが届くのかは申し込み段階では選ぶことができません。

エリアなどの都合上、どちらかの回線がいいという場合は申し込み完了後に別途サポートセンターまで電話しなくてはいけません。

電波状況等の理由により端末にご希望がございましたら、お申込完了後にサポートセンター(0120-546-573/info@spacewifi.info)までご連絡ください。

ただしSPACE WiFiのサポートは手厚いと評判な上、電話もフリーダイヤルなので少し手間が増えてしまうくらいのデメリットです。

故障、紛失時の弁済金が、保証に入っていても高額

SPACE WiFiでは端末を故障、紛失してしまった場合、弁済金として端末代金40,000円、SIMカード交換3,000円がかかってしまいます。

月500円で端末補償を受けることもできますが、保証オプションに加入していた場合でも、弁済金10,000円は払わなければならず、無料にはなりません。

他のポケットWiFiと比べると、SPACEWiFiの弁済金が高めであることがわかります。

保証
適用
保証
なし
保証
月額
SPACE WiFi 10,000円 40,000円 500円
めっちゃWiFi 5,000円
どんなときもWiFi
0円 18,000円 400円
よくばりWiFi 0円 18,000円 380円
限界突破WiFi 0円 18,000円 500円
SAKURAWiFi 0円 20,000円 500円
FUJIWiFi 0円 20,000円 400円
UQWiMAX 3,300円 15,000円~ 380円

保証未加入時の弁済金は他ポケットWiFiの約2倍。

保証加入時には無料交換してくれるケースが多い中、SPACE WiFiでは10,000円もかかるので、特に故障紛失しないよう気を付けましょう。

マイページがない

SPACE WiFiにはマイページがありません。

そのため契約内容の変更や通信量の確認をする際には必ずサポートセンターに問い合わせをしなくてはいけません。

いくらSPACE WiFiのサポートが手厚いとはいえ、マイページのある他のポケットWiFiのサービスに手軽さは劣ってしまいます。

こまめに契約内容を確認する人はSPACE WiFiには向かないと言えるでしょう。

SPACE WiFiの評判や口コミは?

SPACE WiFiを実際に使っている人の口コミをまとめました。

【SPACE WiFiの口コミ】

  • 発送が遅いことがある
  • サポートセンターの返答が遅いことがあるが丁寧
  • 契約期間に縛りがないのが楽でいい
  • 通信制限にやや不満の声

SPACE WiFiのサポート面ではいい意見と悪い意見が見られました。

https://twitter.com/amamizu_am/status/1185521134826975234

悪い意見で多かったのは、「発送が遅い」ということ。

SPACE WiFiでは発送が遅くなってしまっても「端末到着希望日」から料金が日割りで発生してしまうので、申し込みが込み合う期間は特に注意が必要ですね。

速度の面では他のLTEやWiMAXのポケットWiFi同様20~40Mbps程度が出ており、問題ないとの意見がありましたが、中には使いすぎて通信制限にかかってしまったという口コミも。

最近では同価格帯で無制限にりようできるポケットWiFiも増えています。

1日に3GB以上使用する場合は、短期制限のないどんなときもWiFiなどを検討するといいでしょう。

SPACE WiFiのメリットは契約の縛りがないところ。解約もスムーズにできるという評判が多かったです。

返却の手間はありますが、「解約の電話がなかなかつながらない」とイライラした経験のある人ならあまりにサクッと終わりすぎて、むしろ「これでいいの?」と思うほどあっさりしています。

ありがたいですね。

結論:サポートも手厚い民泊WiFiだが、料金面では割高

SPACE WiFiは縛りがない点と、最安値保証が魅力のレンタルWiFiです。

しかし、最安値保証というのは「民泊WiFi」で検索した場合での話。

民泊WiFiという言葉がそれほど定着していない中では、少し魅力は薄れてしまいます。

さらにSPACE WiFiでは1日3GB、3日10GBの制限がかかってしまうのもデメリット。

無制限に利用できるポケットWiFiも増えているので、1日に使用する容量が多い人はそちらを検討した方がいいでしょう。

【SPACE WiFiのメリット】

  • 端末代金や送料など初期費用が無料
  • 月額料金の最安保証がある
  • 外国人対応のサポートがしっかりしている
  • 口座振替での支払いが可能

【SPACE WiFiのデメリット】

  • 月額料金が高い上、短期の通信制限がある
  • 端末は別途連絡をしないと選べない
  • 故障、紛失時の弁済金が、保証に入っていても高額
  • マイページがない

\公式HPはこちらから/
SPACE WiFi公式サイト