Spotify(スポティファイ)のデータ通信量は意外に多い?音質ごとの目安や節約方法

役立つ情報
在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、端末・SIMの在庫不足による発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

ポケットWiFi 月額 料金 初期 費用 容量 回線 公式 詳細
限界突破WiFi 3,500円 0円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
THE WiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 無制限 クラウドSIM 公式 詳細
ギガゴリWiFi (※1) 2,350円 3,000円 20GB ソフトバンク 公式 詳細
2,650円 30GB
GMOとくとくBB WiMAX 3,296円 (※2) 3,000円 無制限 WiMAX 公式 詳細

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくはこちら→詳細

※2:キャッシュバック込みの平均月額


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

在庫情報

現在コロナウイルスの影響で、発送遅れ・一時受付停止となっているポケットWiFiが多数でています(どんなときもWiFi、MugenWiFi、FUJIWiFiなど)。


現在、即入手可能なポケットWiFiは以下の通りです。

限界突破WiFi(無制限3,500円、詳細)
THE WiFi(無制限3,480円、詳細)
めっちゃWiFi(無制限3,480円、詳細)
ギガゴリWiFi※1<(20GB2,350円、詳細)
GMOとくとくBBWiMAX(無制限3,296円(※2)、詳細)

※1:当サイト経由での申し込みで特典あり(詳しくは詳細ページ)
※2:キャッシュバック込みの平均


在庫情報の詳細はこちら→「ポケットWiFi最新在庫情報

Spotify(スポティファイ)は配信曲数4000万曲以上の音楽ストリーミングサービス。

運営はスウェーデンの企業ですが、無料で音楽が聴き放題とあって2019年現在、2億3,200万人ものユーザーを抱える人気サービスとなっています。

そんなSpotifyですが、無料だからとずっと音楽を聴いていたら、通信量がものすごいことになっていたという話も。

今回はそんなSpotifyの通信量について、目安や節約方法をまとめました。

スポンサーリンク

Spotify(スポティファイ)の通信量目安 高音質は低音質の約6~7倍!

Spotifyでは4種類の音質があり、音質が高くなるほど通信量が多くなります。

ストリーミング再生は低音質で1曲1MB程度

Spotifyの通信量を測った結果、以下のようになりました。

  音質 5分
(1曲) 
1時間
(~12曲) 
1日2時間再生した
場合の月間通信量
低音質 24Kbps 約1MB 約10MB 約600MB
標準音質 96Kbps 約4MB 約45MB 約2.5GB
高音質 160Kbps 約6MB 約70MB 約4.2GB
最高音質 320Kbps 約12MB 約144MB 約8.5GB

※プレミアムプランのみ

低音質では1曲聞くごとに約1MB消費します。

高音質では1曲約6MBのため、6倍の通信量が必要となってしまうことがわかりますね。さらにこれを毎日続けるとその差は大きく広がります。

サラリーマンの通勤時間の平均は片道1時間。

往復の間、毎日高音質で音楽を再生するのであれば、それだけで1日140MB、1カ月では4GB以上消費してしまう計算になります。

1GBではどれくらい聞くことができるのか測定

通信量をもとに、1GBではどれくらい曲を聴くことができるのかまとめてみました。

  音質 1GB 1GB/月での
1日再生曲数
低音質 24Kbps 約1000曲 1日33曲
標準音質 96Kbps 約250曲 1日8曲
高音質 160Kbps 約160曲 1日5曲
最高音質 320Kbps 約80曲 1日2曲

1GBでは1日33曲(3時間弱)程度、低音質での再生が可能です。

ただし標準音質では1日8曲(40分)、高音質は1日5曲(30分弱)しか聞くことができません。

もっと長い時間利用する場合には、通信量を増やすか音質を下げて対応しましょう。

高音質と低音質で違いはある?

Spotifyの低音質と高音質の違いは多くの人が感じ取れるでしょう。

高音質と標準音質であれば比べれば違う、といった程度ですが、低音質は明らかに音質が悪いと個人的には感じました。

一方最高音質は、使用する再生機器やヘッドフォンなどの環境にも左右されるため一概には言えませんが、スマホの再生ではあまり違いを感じることはできませんでした。

  個人的な感想
低音質 単体で聞いてもざらついてこもった印象
標準音質 高音質と比べると劣るが音楽を聴く分には支障ない
高音質 しっくりくる
最高音質 音質がいいと言われればそんな気がする

必要な音質は好みや用途にもよります。

たとえば音楽をがっつり聴く場合にはやはり高音質で再生したいですが、作業用BGMのようにただ何か耳に入れていたいといった場合には低音質でも支障ないでしょう。

基本的には通信量と相談しながら、標準か高音質で聞くといった使い方がおすすめです。

Youtubeと通信量を比較すると?

Youtubeの最高音質は256Kbps。ただしYoutubeはアプリで再生する場合は最大128Kbpsとなります。

  Spotify Youtube
  音質 5分(1曲)  音質 5分(1曲)
静止画
5分(1曲)
動画
低音質 24Kbps 約1MB 48Kbps 約2.5MB 約22MB
標準音質 96Kbps 約4MB 128Kbps 約6MB 約24MB
高音質 160Kbps 約6MB 256Kbps 約11MB 約27MB
最高音質 320Kbps 約12MB

Youtubeの標準音質である128KbpsとSpotifyの高音質である160Kbpsは耳のいい人であれば違いが分かるかな、という程度の差です。(私にはわかりませんでした)

通信量にも大きな差はないため、どちらを使えば節約になるといったこともありません。

ただしYoutubeの場合、動画を再生してしまうと途端に通信量が大きくなるため、その点が気になる場合はSpotifyを利用した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

Spotifyの通信量節約方法

Spotifyを快適に楽しむために、通信量の節約方法についてまとめました。

低音質にする データ節約モードを活用しよう

低音質での再生は高音質に比べて1/6~1/7まで通信量を節約することができます。

設定は【Home(家のマーク)>設定(歯車マーク)>音質】から変更が可能。※デスクトップ版は右上のアカウント名横から

初期設定では自動となっているので、これを標準や低音質に変更します。ただしWindowsデスクトップ版は低音質に対応していないため、注意しましょう。

ダウンロードしオフラインで再生する 無料のフリープランでは利用できないので注意

Spotifyにはあらかじめ音楽を保存しておけるダウンロード機能があります。

通常のストリーミング再生との違いは以下の通り。

  メリット デメリット
ストリー
ミング
待ち時間が少ない
スマホの容量を使わない
通信量が多い
ネット環境がないと使えない
ダウン
ロード
通信量が少ない
オフラインでも視聴可能
待ち時間がある
スマホに空き容量が必要

あらかじめWiFiの使える場所でダウンロードし、保存しておけば以降の再生は通信量を消費することがないため、節約になります。

ただしこの機能が使えるのは月額980円(学割480円)の有料プレミアムプラン加入者のみ。

有料版は広告がないなどのメリットがありますが、Spotifyの広告は新しい曲に出会うチャンスでもあるのでYoutube広告ほど邪魔に感じることもなく、そういった点では有料のうまみが少ないと言えるでしょう。

WiFi環境下で使う 外出先での利用はポケットWiFiがおすすめ

WiFiを通して再生を行えば、その分通信量は節約できます。

自宅の固定回線やカフェなどのフリーWiFiを使うのもいいですが、ポケットWiFiであれば場所にこだわらず外出先でも通信量を気にせず再生することが可能。

たとえば最安のものだとどこよりもWiFiが2,980円(無制限)、FUJIWifiが1,980円(25GB)とかなり安い料金で早いLTE回線を使うことができます。

普段からデータ通信をたくさん行っている人はこれらを使った方がスマホ代が安くすむはずです。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...

格安SIMのカウントフリーオプションならSpotifyが使い放題

格安SIMの中には、どれだけSpotifyを使っても、通信量をカウントしない(=カウントフリー)サービスをオプションとして提供しているところがあります。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーはYoutubeも対象

BIGLOBEモバイルは、大手プロバイダであるBIGLOBEが運営しているため回線ノウハウを自社で持っている点が強みです。

そのため安定した速度を保っていると言えるでしょう。

(画像引用:BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイル の特徴は、Spotifyの他にもさまざまなコンテンツがカウントフリーとなるエンタメフリーオプション。

月額+480円(データSIMは+980円)で、Youtubeなどの対象サービスでの通信量をカウントしないようにするオプションです。

動画や音楽の視聴で月の通信量がかさんでしまう人はこのオプションをつけておくと、基本プランの通信量が少ないものでも十分利用できるようになります。

対象サービスは以下の通りです。

エンタメフリーオプション対象サービス 
動画 Youtube/AbemaTV/U-NEXT/Youtube KIDS
音楽/ラジオ Google Play Music/Youtube Music/Apple Music
Spotify/AWA/Amazon Music/LINE Music/radiko
らじる★らじる/dヒッツ/RecMusic/楽天ミュージック
電子書籍 dマガジン/dブック/楽天マガジン/楽天Kobo
SNS FaceBook Messenger

なお、対象サービス内であってもエンタメフリーとならない機能があるため、利用する際はよく確認しましょう。

月額料金は以下の通り。ドコモとauの回線に対応していますが、SMSなしのプランはdocomoのみ提供となっています。

プラン 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB 容量追加
通話 1,400円 1,600円 2,150円 3,400円 5,200円 7,450円 100MB/
300円
SMS
あり
1,020円 1,570円 2,820円 4,620円 6,870円
データ 900円 1,450円 2,700円 4,500円 6,750円

公式サイト:BIGLOBE

OCNモバイルONEは音楽特化のカウントフリーが利用料無料

OCNモバイルONEでは音楽サービスに特化した「MUSICカウントフリー」を展開しています。

(画像引用:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのおすすめポイントはオプション料金が無料であること。

申し込みさえすれば、下記の音楽サービスにかかる通信量はカウントしないシステムです。

エンタメフリーオプション対象サービス 
音楽 AmazonMusic/AniUta/AWA/dヒッツ/
Google Play Music/LINE MUSIC/Rec Music
Spotify/ひかりTVMusic

支払う月額料金も変わらず利用できるなら申し込んだ方が絶対お得ですよね。

回線はdocomoにのみ対応。au、Softbankのスマホに挿す場合はSIMロックを解除しておきましょう。

プラン 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB 容量追加
通話 1,180円 1,480円 1,980円 2,880円 4,400円 5,980円 1GB/
500円※
SMS
あり
1,000円 1,500円 2,400円 3,920円 5,500円
データ 880円 1,380円 2,280円 3,800円 5,380円

※アプリ経由以外0.5GB/500円

OCNモバイルONE公式サイト

結論:Spotifyは低音質で使って節約!有料プランならダウンロード再生を活用しよう

Spotifyの通信量は1曲1~12MB。

1日2時間利用すると、1カ月で最大8GB以上の消費となります。

  音質 5分
(1曲) 
1時間
(~12曲) 
1日2時間再生した
場合の月間通信量
低音質 24Kbps 約1MB 約10MB 約600MB
標準音質 96Kbps 約4MB 約45MB 約2.5GB
高音質 160Kbps 約6MB 約70MB 約4.2GB
最高音質 320Kbps 約12MB 約144MB 約8.5GB

手っ取り早く通信量を節約するには、音質を下げるのが有効です。しかし音にこだわりのある人にとってはなかなか難しいですよね。

その場合は、SIMをカウントフリーのものにしたり、WiFiを上手く使うのがいいでしょう。

外出先でのストリーミング再生が多ければ、ポケットWiFiを契約するのがおすすめです。

【最新】ポケットWiFiの総合おすすめランキング、徹底比較してわかった後悔しないポケットWiFiはどこ?
ポケットWiFiは、LTE無制限で使えるものやWiMAXなど種類が多くてなかなか比較しづらいですよね。 そこで本記事では、料金や速度などの一面だけでなく、エリアや速度、容量や口コミも観点に入れて多角的に比較・評価した総合ランキングを作...